粉もんスイーツ&パンが大好きな京都の主婦です。このブログでは私が食べた物を中心に紹介していきます♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「bread house Bamboo」 の バレンタインシュトーレン
2013年02月21日 (木) | 編集 |
さて、神戸記事の途中ではございますが、今回は、紫竹にあるパン屋 「bread house Bamboo」 のパンをご紹介。

まずは、バレンタインに合わせて販売されていた

<バレンタインシュトーレン ¥1,300>
s-P1070363.jpg

s-P1070364.jpg

お店の説明書きによると、

『カカオパウダーと2種のチョコをまぜたチョコレート生地をベースに、ラムレーズンをほんのり香らせ、くるみとオレンジピールをアクセントに入れてシュトーレンの製法でバレンタインのお菓子を作りました』

とのこと。

原材料は・・・

小麦粉、レーズン、バター、チョコチップ、自家製天然酵母、くるみ、砂糖、オレンジピール、マジパン、牛乳、カカオパウダー、バトンショコラ、ラム酒、塩、バニラ


や~ん、マジパンが入ってるだなんて素敵じゃないのぉ~232374.gif


断面はこんな感じね↓
s-P1070366.jpg

s-P1070367.jpg

結構、みっちり具は入ってるので、薄くスライスし過ぎるとポロポロになるタイプです。

で、これ、美味しかったぁ~292979.gif


ホイルでくるんでオーブントースターで焼き戻す↓と、外側はクッキーのようにサックリして、中は生地が馴染んでしっとりねっとりになり、ブラウニーちっくな感じになります。

s-P1070418.jpg

ベースの生地もチョコだし、中にもチョコチップとかを使っているから甘いかな?と思いきや、ビターテイストの中にレーズンやオレンジピールの酸味、胡桃の香ばしさがほどよくアクセントになってて食べやすいです。

見た目にも食べた感じにもはっきりとしたマジパンの存在は解らなかったんですが、きっと濃厚なコクの中にマジパンの存在はあったんじゃないかなぁ・・・と思います。

今年はチョコに対してのテンションが全く上がらず、デパートのバレンタイン売り場やイベントに顔を出すこともなかったのでバレンタイン関連で買ったのはこのシュトーレンぐらいでしたが、これはワタシの中ではヒットでした。

Bamboo さんは定番のクリスマスのシュトーレンに加え、今回のバレンタインシュトーレンやお正月には新春シュトーレンといったシュトーレンも販売されてるみたいなので、また変り種のシュトーレンが出ることがあれば買ってみたいです。

そして、ついでに買ったパン達もご紹介。

<淡路島産玉ねぎのフォカッチャ マディラ酒風味 ¥130>
s-P1070188.jpg

s-P1070191.jpg

厚くスライスした玉ねぎ154777.gifとベーコンをオリーブオイルでソテーし、マディラ酒をふり入れたものをフォカッチャ生地にのせて焼いてあります。

玉ねぎが甘くて、めっさおいし~232365.gif

マデラ酒はフワッと香る程度で、思ったほど気になりませんでした。

<焼きそばフランス ¥160>
s-P1070189.jpg

朝の情報番組で紹介されたことのあるパンです。
一般的な焼きそばパンと違って、フランスパンで包んであるのが特徴です。
(ちなみに一般的なパンのバージョンも売ってます)

s-P1070190.jpg

これでもかっ!!っていうぐらいパンパンに自家製焼きそば入ってて、ちょっと硬めのソフトハードな生地にソースが馴染んで、ウマイのです。

これはイケます168979.gif

<はちみつ食パンのフレンチトースト ¥130>
s-P1070185.jpg



s-P1070187.jpg



s-P1070186.jpg

断面

たっぷりの卵液に浸しているとのことで、柔らかく、もっちりした食感です。
パン自体にはちみつの甘みがあるので、コクのある甘さですが、優しい甘さでおいしいです。

実は以前にも何回か買いに行ったことがあって、未アップだったパンもついでに紹介。

<くるみのクロッカン ¥140>
s-P1020425.jpg

さいころ状に切ったクロワッサン生地とくるみをあわせて焼き上げ、仕上げにはちみつが塗ってあります。

サイコロ状に切ったことによって増しているザクザク感とくるみのカリカリ感で食感が楽しく、はちみつのコクとくるみの香ばしさでお菓子テイストなパンでした。

<有機バナナをのせたフォカッチャ ¥150>
s-P1020426.jpg

s-P1020427.jpg

全粒粉入りのフォカッチャ生地に有機バナナとクルミを乗せ、李和香糖をまぶして焼き上げてあります。
卵、乳不使用なフォカッチャで、一般的なお食事フォカッチャという感じではなく、素朴なテイストでふんわりもっちり食感です。
焼くことによってバナナの甘味が凝縮されてて、バナナ好きにはツボでした142885.gif

<色々フルーツのデニッシュ ¥150>
s-P1020475.jpg

デニッシュ生地の上にカスタードクリームを敷き、イチジク、ぶどう、あんず、ブルーベリー、ラズベリーを乗せて焼いてあります。

これ、小ぶりながらも一度に色んなフルーツが食べれて、何だか得した気分になれます。

<キャラメルクリームパン ¥140>
s-P1020430.jpg

s-P1020431.jpg

キューブ型のブリオッシュにキャラメルクリームがイン。
ほろ苦甘いキャラメルクリームが美味しいです。

<きいちごのクリームパン ¥150>
s-P1020479.jpg

s-P1020480.jpg

上で紹介した、キャラメルクリームは定番商品で、通年あるんですが、こちらは季節のクリームパンで、

春→木苺、夏→パッションフルーツ、秋冬→カシス

とクリームのフレーバーが変わるそうです。

木苺のキュンとした甘酸っぱさが酸味好きにはたまりませんでした。
パッションとカシス、どっちも好きだから、違うバージョンも是非、食べたいわ~223880.gif

2011年5月にオープンと、比較的、新しい店舗ではありますが、

食パン、玄米食パン、フランスパン、全粒粉、フォカッチャ、天然酵母のカンパーニュ、菓子パン、デニッシュ、サンドイッチ

と、パンのジャンルが幅広く、種類も50~60と多く、割とリーズナブルな値段設定のパンが多く魅力的なパン屋さんだと思います。
(ただ、お客さんも多いみたいで、昼前に行っても既に売り切れたっぽいプライスカードがたくさんよけてあったりします)

ひとつだけ難を言えば、アクセスかなぁ・・・、車で行けばいいんですが、市バスとなると46号系統(上賀茂神社行き)で最寄りのバス停は遠くないですが、本数が少ないので要注意。
(ワタシ、2回ほどバスで行きましたが、2回ともお店を出た瞬間に目の前を帰りのバスが通り過ぎて行くという悲劇に見舞われましたから184071.gif

ま、いざとなったら、お隣にはバームクーヘンで有名な 「ズーゼス ヴェゲトゥス」もあるので、そこに立ち寄って時間を潰すのもありですけどね。

<お店の紹介>
「bread house Bamboo」
住所:京都市北区紫竹下竹殿町16
TEL:075-495-2301
営業時間:8:00~18:30
定休日:月曜・第1・3・5日曜
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:パン
ジャンル:グルメ
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。