粉もんスイーツ&パンが大好きな京都の主婦です。このブログでは私が食べた物を中心に紹介していきます♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「Lichtte 」の シュトーレン
2013年01月23日 (水) | 編集 |
ふ~、今回の風邪もなかなか手強くて、参りました(*´д`*)
まだちょっと鼻水が出てるし、今週末から来週頭にかけてまた一段と寒くなるみたいなので202090.gif、再々ぶり返しにならないよう気をつけなくては・・・。

さて、1月になっても販売されているシュトーレンがあると知って(デパ地下のアンデルセンで売ってるのも見かけましたけどね)、やって来たのは逆瀬川にあるこちらのお店↓
s-c0130705_1435391.jpg

「Lichtte(リシェット)  ~~~っ」

s-リシェット

店名の ”リシェット” とはフランス語で「ちいさなパンのかけら」という意味なんだそうで、実はこのお店、このアパート↑の1室が小さい工房となっているんです。


果物や野菜や穀物から自家製の酵母を育て、できるだけ国産の素材を使ってパンを焼いておられます。

パンの主な販売はブログを通じての発送、他に朝市(手作り市)やイベントでの販売、カフェなどにも卸しておられます。
そして、月に何日かこの工房でもパンを購入することができます。

(工房の開店日についてはブログ内の 工房開店日のこと というカテゴリで発表されますし、ブログ記事にてその日に焼き上がるパンの案内もあります。)

さて、工房の方ですが、扉を開けると、目の前すぐにショーケースがあり、1人入れば限界の広さでの対面販売となっています。
s-f0207312_20262394.jpg

ご覧の通りの小ぶりなショーケースなので、通常のパン屋さんみたいに数はあまり多くはありません。

感じのいい女性店主さんが、パンの説明を1つずつ丁寧にしてくれます。

<レモン酵母のレモンのシュトレン ¥700>
s-P1060915.jpg

今回のお目当て品

無農薬のレモン43686.gifから酵母を起こし、その酵母を使って作ったシュトーレン。
表面にはきび砂糖がまぶされ、ほんのりしょうが味のするシュトーレンなんだそう。
(ちなみにシーズン本番のクリスマス時期には 木の実がたっぷり入った「森のシュトーレン」ってのがあったらしいです←食べたかったぁ223880.gif

s-P1060916.jpg

s-P1060917.jpg

中はこんな感じで山葡萄と胡桃、レモンピールが入ってます。

断面からもお解り頂けると思いますが、酵母を使っているので、生地はぎゅっと詰まった感じで密度が濃いです。

一般的なシュトーレンはバターがたっぷり使われているものが多く、食べるとジュワッとバターを感じるのですが、こちらのシュトーレンはバター感はさほど感じず、あっさり素朴な味わいの中にレモンピールのほろ苦さがメインになり、時折、感じる胡桃の香ばしさと山葡萄の酸味がアクセントとなり、後味でほんのりふわっとしょうがの風味が抜けていき、噛み締めるほどに旨味が出てくる感じで、食べやすくて美味しいです163770.gif

<レモン酵母のレモンのワッフル>
s-P1060918.jpg

s-P1060919.jpg

こちらはレモン酵母を使い、生地にレモンピールが練り込まれたワッフル。
画像からもお解り頂けると思いますが、生地にちょっとゴツゴツ感がありますよね?
こちらも一般的なお菓子的なワッフルとは違ったしっかりとした噛みごたえのある生地で美味しかった。

<田舎マフィン・ピーナッツ>
s-P1060972.jpg

s-P1060973.jpg

ここ最近、ワタシがハマってるのは、マフィン、キッシュ、スコーンなんですが、マフィン独特のコロンとしたフォルムになぜだか心惹かれてしまうのです0119_20111028203609.gif

生地に細かく砕いたピーナツが練り込まれている直火焼きのマフィン。

こちらのお店の田舎マフィン、いつもは3種類ぐらいあるんですが、この日は1種類しかありませんでした。
「お食事用マフィンです」と言う説明を受けたので2個買って、サンドにして楽しみました↓

s-P1060975.jpg

s-P1060976.jpg

s-P1060996.jpg

s-P1060999.jpg

欲張りな正確なので、ついついあれもこれも挟み過ぎる為、いつも食べる時は具材がしたたり落ちてエライことになりながら食べてます。
そのまま食べると、酵母の酸味を感じるんですが、モチモチしてとってもおいしゅうございました1_20101018195750.gif1_20101018195750.gif1_20101018195750.gif

<京丹後青木さんのじゃがいもフォカッチャ>
s-P1060977.jpg

s-P1060978.jpg

s-P1060980.jpg

フォカッチャまでもサンドにしてしまいました。
風邪気味だったせいか、具を挟み過ぎたせいか、じゃがいもがよく解りませんでしたが、でも美味しかったです。

逆瀬川の工房にはなかなか行けそうにありませんが、通販や、京都方面に卸される場合があったらまた買いたいと思います。(以前は百万遍の手作り市にも参加されてたみたいなので)

ちょっと前に紹介した 「コウボパン 小さじいち」もそうなんですが、こういうこじんまりしたスタイル(曜日限定でカフェや雑貨屋に卸してたり、発送がメイン)のパン屋さんが最近、何気に増えていて、しかも、結構、固定客を掴んでいることを知って、パン屋さんの形が変わってきてることを実感させられます。

話はそれますが、近々とある雑貨屋さんで、素敵なパンが販売される情報を入手したので、それまでに風邪を完璧に治して、是非、買いに行きたいと思ってますので無事に買えたらまたご紹介しますね~♪

<お店の紹介>
「Lichtte」
住所:宝塚市伊孑志1-5-11
工房販売日・開店時間は ブログ にて確認願います
※工房開店日のみお問い合わせ可能(接客中は出れない場合有り)
 0797-62-8801
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:パン
ジャンル:グルメ
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。