粉もんスイーツ&パンが大好きな京都の主婦です。このブログでは私が食べた物を中心に紹介していきます♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「La Mano di Marco 」でランチ
2012年09月03日 (月) | 編集 |
イタリアンランチが続きますが、体調を壊す前だったかな?に、実家の母と行ったのは荒神口に今年の3月にオープンした「La Mano di Marco (ラ・マノ・ディ・マルコ)」

シェフは、イタリア トリノ生まれのマルコさんなんだそうです。
ランチの混雑を避ける為にちょっと早めの11:30スタートで予約して行ったのに、11:30スタートが他に3組もいて、アララってな感じでした201155.gif

今回、¥1,500のランチコース<前菜+パン+パスタ(通常の1/2サイズ、2種類よりチョイス)+リゾット(通常の1/2サイズ、2種類よりチョイス)+ドルチェ+紅茶>を頂きました。

尚、+¥1,000でメイン料理がつけれます、食後をコーヒーにする場合は +¥200になります。

<前菜2種盛り>
s-P1040430.jpg

<ツバスとお野菜のサラダ>
s-P1040432.jpg

ツバスは美味しかったんだけど、野菜がもろセロリだったぁ~。
(セロリ嫌いなんだってば・・・59636.gif

<若鶏のインボルディーニ赤ワインのソース>s-P1040433.jpg

これは生ハムも巻かれてて、とても美味しく、凝った感じの一品でした168979.gif

<パン>
s-P1040434.jpg

フォカッチャのようで、フォカッチャじゃない、何パンって言ったらいいのかな?ちょっとパサついてる系。

パスタもリゾットも2種類から選択だったので、色々食べてみたかったので、全種類を頼んでみました。

<リガトーニ 豚肉とキノコ・パプリカのソース>
s-P1040435.jpg

本来、ショートパスタ系はパスタを食べてる気がしないので、ワタシは好んで食べないんですよね。
モチモチしてて、ソースも美味しいんだけど、やっぱりパスタ自体がワタシの好みでないので物足りなさを感じてしまいました。
これ、ロングパスタで食べたかったなぁ・・・。

<スパゲティーニ 魚介とレタスソース>
s-P1040438.jpg

レタスソースって、なかなか斬新だと思いません?
で、食べると、確かにレタス味ってか、緑の味・・・に加えて、とても薄味だったのでなんだか寝ぼけた感じのテイストで、これはちょっとワタシの好みではありませんでした。

<サーモンとオーブン焼きした茄子・バルサミコのソースのリゾット>
s-P1040442.jpg

マルコさん、リゾットが得意なんだそうです。
ほどよく芯が残った美味しいリゾットでしたが、バルサミコの酸味が結構しっかり効かせてあって、うちの母親は苦手な味だったようでした。
(ワタシも、バルサミコはもうちょっと弱くてもいいんじゃないかな?と思いました。)

<ツナとオリーブとトマトソースのリゾット>s-P1040444.jpg

こちらは安心できる味で、とても美味しかったので、ほとんど母親が食べました。

<パンナコッタ&ジェラード>
s-P1040445.jpg

パンナコッタはクリーミーで、ジェラードもベリーだったので、サッパリ系で美味しかったです。

<アイスティー>
s-P1040448.jpg

¥1,500で、前菜はちゃんとしたものだし、パスタとリゾットと両方が楽しめるのでコスパは悪くないと思うんですが、後はその日のメニューが好みかどうか?ですね・・・、好みのメニューであればすごく満足度は高いと思うんですが、今回のような斬新系があると、”ちょっと・・・”ってなるかも知れないです。
(下調べで他の人が食べたものを見てる時は好みのパスタやリゾットが多かったので、行くまで斬新系があると思ってなかったので)

近くには、ワタシの大のお気に入りの「アゲハクラッシック」がありますので、行かれた場合は是非、ハシゴして帰って下さいね。

<お店の紹介>
「La Mano di Marco」
住所:京都市上京区河原町荒神口下る上生州町214
TEL:075-744-1601
営業時間
ランチ 11:30~15:00(L.O.14:00)
ディナー17:30~22:30(L.O.21:30)
定休日:火曜
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:イタリアン
ジャンル:グルメ
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。