粉もんスイーツ&パンが大好きな京都の主婦です。このブログでは私が食べた物を中心に紹介していきます♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「エスコヤマ」の夏ケーキ&夏パン♪♪♪
2012年07月25日 (水) | 編集 |
6月の末頃から エスコヤマ のHPのケーキのライナップに マンゴー140612.gif と モモ91866.gif が登場してたので、旦那に

「コヤマで、ワタシの大好きなマンゴーとアナタの大好きなモモのケーキ達が色々と始まっちゃったんだけど・・・、三田には今度いつ行く?」

って、しつこく聞いてたんですが、行くのはまたしてもコヤマの定休日の水曜日ばかり164131.gif

「おいおい、このままだとマンゴー終わっちゃわないか246216.gif???」

と心配になった頃、ようやく水曜日以外に行ってくれることになり(しかも2週連続で)、るんるんで予約のTELをして引き取ってきてもらいました92596.gif

<トロワヴェリーヌ V3 ¥1,365>
s-P1040269.jpg

ヴェリーヌ(透明なグラスにムースやゼリーなどを幾層にも重ねたデザート)が3種類セットになっています。

「分解」そして「再構築」という新たなアプローチが引き起こす おいしさの科学反応がテーマ なんだそう。

<アフォガード風夏のティラミス(濃厚なマンゴーのクーリーを添えて)>
s-P1040275.jpg

こちらは、コーヒー×マンゴーの意外な美味しさをヒントに生まれたんだとか188474.gif

構成は底から

深煎り豆のコーヒーゼリー → マスカルポーネで作ったクレームブリュレ&ムース → エスプレッソを染み込ませたビスキュイ →角切りマンゴー

s-P1040284.jpg

このスポイトは濃厚な マンゴーのクーリー140612.gif

s-P1040285.jpg

お好みでこんな風にかけて食べます。

で、これは↓
s-P1040279.jpg

パチパチキャンディ。
これもお好みでそれぞれのヴェリーヌにかけて、鮮烈なアクセントを楽しむそうですよ261230.gif

s-P1040287.jpg

口の中に入れて、初めてはじけるもんだと思ってましたが、こうやってかけたらすぐにパチパチ言い始めます。
遊び心のある仕掛けではありますが、かなり刺激的なパチパチ感なので、このパチパチ感に気を取られて肝心のケーキの味が解らなくなりそうなので、これはなくてもいいかも知れないなぁ・・・と思いました。

ワタシ、ティラミス大好き、マンゴー大好きなので、この好きなものドッキングは食べる前から期待度マックスですよ~39369.gif

エスプレッソを染み込ませたビスキュイと深煎り豆のコーヒーゼリーはかなりビターな大人味でビックリ。
でも、その苦味とマスカルポーネのコクとマンゴーのフレッシュな酸味と甘味が口の中で一体化すると、不思議と、驚きの美味しさになるんですぅ~147787.gif

<マンゴーとバジルのデザート(季節の果実に完熟白ぶどうのジュレと苺のクーリを添えて)>
s-P1040293.jpg

構成は底から 

白ぶどうのジュレ → マンゴーのジュレ →バジルババロア → 生クリーム →フレッシュいちじく&モモ

s-P1040296.jpg

こっちのスポイトは 苺のクーリー127559.gif

s-P1040216.jpg

フレッシュないちじくとモモはジュシーで、瑞々しいです。

s-P1040219.jpg

この薄っすら緑色のがバジルのババロアなんですが、「果たしてどんな味?」って気になりますよね・・・、バジルのほのかな風味と香りはするものの、フルーツ、ジュレ達の相性が良く、陰の引き立て役みたいな感じなんです。

s-P1040217.jpg

s-P1040221.jpg

この透明部分の白ぶどうのジュレが、めっちゃ美味しかったぁ~0039_20110705171556.gif

爽やかなんだけど、甘味があって、夏にピッタリな透き通る美味しさです191781.gif

<ブルーベリーとりんごのデザート(生チーズのジュレと酸味とハーブの刺激を添えて)>
s-P1040226.jpg

s-P1040227.jpg

構成は底から

フロマージュブランジュレ →ブルーベリー&リンゴのジュレ → ビスキュイ →リンゴのババロア87093.gif →生クリーム →フレッシュブルーベリー2545505.gif 

s-P1040229.jpg

これはスポイトではなく注射器204609.gifがついてきます

中身は ローズマリー&レモン・ライムのソース

s-P1040233.jpg

s-P1040232.jpg

s-P1040242.jpg

解りますかね?このソース、とろ~り粘度があるんです。
これまたレモン、ライム、ローズマリーと結構パンチ効かせ系のものが融合したちょっと変り種のソースなんですが、これまた不思議とマッチしちゃうんだから、スゴイよね~。

s-P1040238.jpg

この紫色のブルベリー&りんごのジュレの中にコンポートのブルーベリーがゴロゴロ入ってるんです。
トップのフレッシュブルベリーと合わせると、Wブルベリーなのでブルーベリー好きにはたまらない1品ですね。

s-P1040240.jpg

白いのがフロマージュブランなんですが、これがワタシ好みに酸味が効いてて、レアチーズみたいで超・美味しかった101-24.gif

このヴェリーヌセット、食べてる間中、色んな味の変化が次々とやってくるので、食べてて飽きない素敵デザートでした141762.gif

<ディスタンゲ ¥472>
s-P1040076.jpg

s-P1040077.jpg

「ディスタンゲ」とはフランス語で ”際立つ” という意味なんだそうで、”隠し味や脇役としての役回りが多いヘーゼルナッツを主役として考えれば新しい感覚のケーキができるのでは?”という逆転の発想から生まれたケーキなんだそう。

構成としては、一番下から 

クッキー生地 → ナッツ入りスポンジ → キャラメルプラリネクリーム → ホワイトチョコレートババロア →マンゴー&パッションクレーム → ホワイトチョコレートババロア

という多層構造。
で、トップの丸いのはホワイトチョコレートの中に・・・
s-P1040090.jpg

ヘーゼルナッツのプラリネ~♪

これがサクサクで、とても香ばしくて美味しい~の29958.gif

メインのババロアにはDOMORI社のホワイトチョコレート”ビアンコ”を使用してあり、甘さを控え、上品なコクを演出しているんだとか。

見た目、ババロアメインな感じなんで、ホワイトチョコ味なのかな?って思うんですが、口の中に入れると、大好きなナッティの風味がぐわ~んと広がる素敵味。

真ん中に挟まれているアクセントのマンゴー&パッションにクレームのキュンとした酸味がワタシにはたまらない感じ。

<ピーチメルバ ¥525>
s-P1040082.jpg

s-P1040096.jpg

モモ好き旦那用に購入。

構成としては、

フランボワーズのコンフィチュール入り桃のムースをバニラババロアでくるみ、カスタードクリーム、半個の桃で作ったコンポート、生クリームがオン。
周りにキラキラジュレ(白ワインのジュレかな?)とフレッシュフランボワーズ、レッドカラントが散らしてあります。


一般的に言うピーチメルバとは ”バニラアイスクリームの土台に桃のコンポートをのせラズベリーソースがかかっている” ものなんですが、これはコヤマ風にアレンジされた1品なんだそう。

小山シェフが修行時代、”桃をまるごと使ったお菓子を”というリクエストに応えて創った思い出深いお菓子がピーチメルバで、その時のレシピを土台に更に変化を重ね、コヤマ風ピーチメルバとして復活させたんだそう。

これねぇ、モモのコンポートがヤバイくらいに美味しかった。

フレッシュのモモって美味しいんですけど、ちょっと生臭い感があったり、甘さに当たり外れがあるとガッカリじゃないですか?
その点、コンポートにすると、モモの旨味をきちんとのこした状態で、いい感じに甘味が加わり、モモの食感もしっかり残っていて外れ感がないから安心して食べれますよね。

このコンポートは手が加わっているのに瑞々しさやジュシー感がしっかりあって、何とも言えない美味しさでした256569.gif

<シブースト オランジュ ¥420>
s-P1040222.jpg

構成は タルト生地 → アーモンドとココナッツのプラリネ→ オレンジムース →マンゴーのクリーム →オレンジのコンポート → オレンジのムース →メレンゲ →キャラメリゼ

アーモンドとココナッツのプラリネはショコラティエのミッシェルさんが「アンリー・ルルー」時代に作っていたという自家製のプラリネなんだそう。

一般的なシブーストって洋梨がインしてることが多く、全体的にちょっと甘めだったりするんですが、このシブーストはオレンジベース140610.gifでマンゴーまで加わって、酸味があるので非常に爽やかな印象なんです。

でも、ただ爽やかだけに終わらない、プラリネの濃厚ナッティな甘味が酸味に絡んで爽やかながらもコクがあるという奥深い味を醸し出していて、ワタシの中のシブースト感を変える勢いの美味しさでした1_20101018195750.gif

<オレンジココナッツのフィユテ ¥158>
s-P1040288.jpg

s-P1040292.jpg

たっぷりバターを効かせたデニッシュ生地に国産ネーブルのママレードとカスタード、ローストココナッツチップをトッピング。

ワタシにはちょっとママレードが甘かったかなぁ・・・。

<黄色い果実のデニッシュ ¥315>
s-P1040290.jpg

s-P1040291.jpg

このパンのテーマは ”お菓子屋さんのパン屋ならでのはのパン” なんだそう。
デニッシュ生地の中にはカスタードクリームとアーモンドクリームがイン、トップにはキャノナードとバニラビーンズで軽くソテーした パイン146497.gifと マンゴー140612.gifをデコレーション感覚でオンし、ココナッツローストを添えてあります。

これは、マンゴーとパイナッポーがめっちゃジュシーで、中のクリームとアーモンドクリームとの相性も良くてデザートみたいなパンでした。

ここからは、以前にこの記事にて ご紹介したことある夏ケーキのリピ買いとなっていますので、今回は画像のみあげさせてもらいますね。

<マンゴーソレイユ ¥420>
s-P1040079.jpg

<完熟マンゴーのクリームパイ ¥472>
s-P1040080.jpg

s-P1040093.jpg

<白桃のクリームパイ ¥472>
s-P1040085.jpg

s-P1040089.jpg

<白桃のショートケーキ ¥367>
s-P1040283.jpg

マンゴーの季節が終わるまでにこの素晴らしいケーキ&パン達を食べれて本当に良かったぁ~114574.gif

旦那君、おつかい任務、ご苦労様でした~145435.gif

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:スイーツ
ジャンル:グルメ
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。