粉もんスイーツ&パンが大好きな京都の主婦です。このブログでは私が食べた物を中心に紹介していきます♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アッシュ、9月から来年5月頃まで一旦休店され、中之島に移転されるそうです
2012年08月26日 (日) | 編集 |
あまりにも更新が滞っているので、何だかワタシの知らない所でもワタシの心配をして頂いてる方がいるようで・・・、どうもすみません153232.gif

しばらく食欲がなくて、食べ物を見るのもちょっと・・・0117.gifって感じだったので、なかなかブログを書く気になれなかったんですが、量は食べれないんですが、一応、食欲自体は戻ってきた感がありますので、徐々に溜まってるネタ書いていきますので、心配はなさらないで下さいね。

まずは、またまた溜まりまくった アッシュ のパンを一気にご紹介~♪

いつものことながら、アップまでにものすごく時間がかかり過ぎている為、ほとんどのパンは今は売ってないと思われますので、ご了承を・・・201155.gif

一応、買ったのが 古い順 → 新しい順 で挙げときます。

<ガレット スリーズ・エ・ピスターシュ ¥250>s-P1020841.jpg

ピスタチオとクランベリーがふんだんに練りこまれたガレットに、ピスタチオクリームとキルシュ漬けのサクランボを乗せ焼き上げてあります。

ピスタチオがザクザクで濃厚テイストですが、クランベリーの甘酸っぱさと妙にマッチしてます。
キルシュ漬けのサクランボはジューシーでこれはハマル美味しさでした。

<ブリオッシュ パスィオン ¥210>
s-P1020679.jpg

s-P1020680.jpg

パッションフルーツのブリオッシュ生地にパッションフルーツクリームをサンドしてあります。
パッション&パッションなので、キュンとした甘酸っぱさがワタシのツボでたまらんウマかったぁ。

<さつまいもとココナツのフラン ¥240>
s-P1020484.jpg

s-P1020483.jpg

ココナッツとダイズカットのさつま芋176258.gifの入ったフラン。
画像では解りにくいかも知れませんが、ココナッツが結構しっかり入っててシャリシャリ食感がします。
さつま芋もほく甘で美味しい。
めずらしい組み合わせと思いきや、食べてみるとあまり違和感もなく、とても美味しく頂きました。

<ロキナウエイ ¥210>
s-P1020677.jpg

s-P1020678.jpg

こちらは以前にも紹介したことがありますが、表面にココナッツがまぶされたサクハラ食感のデニッシュの生地の中に酸味の効いたパッション風味のクリームとマンゴーの果肉がゴロンと入ってます。
まさしくトロピカルの王道の組み合わせの夏パンで大好きです。

<フロマージュブランと軽いフランボワーズのフラン ¥260>
s-P1020684.jpg

フロマージュブランとフランボワーズのフラン。
酸味がしっかり効いたフロマージュブランにフランボワーズの甘酸っぱさが加わるとフランボワーズ入りチーズケーキのようで激しくウマし!!

<花美のブレッサンヌ ¥230>
s-P1020685.jpg

クリスマスの時に食べたの とはちょっとバージョンが変ってました。

今回のはトッピングの苺が焼きこまれていて、焼かれたことによって甘味がよりジューシーになってました。
うん、このバージョンも間違いなく好きだぁ~0107_20111102235552.gif

<ガレット ピスターシュ ¥230>
s-P1020686.jpg

s-P1020687.jpg

一番最初に紹介したスリーズが乗ってないバージョンのピスタチオとクランベリーのガレットです。
ナッテイ&甘酸っぱいで美味しいです。

<トロペジェンヌ バナーヌ ¥230>
s-P1030239.jpg

s-P1030240.jpg

ふわっしっとりのブリオッシュ生地にバニラビーンズ入りのたっぷりのカスタードとバナナのスライスがサンドしてあります。
冷蔵庫で冷やして食べましたが、パンというより、もはやデザートな感じで美味しかった。

<パンペルデュ バナーヌ ¥160>
s-P1030248.jpg

以前も紹介したことがあるので詳細は割愛しますが、これはうちの旦那も大のお気に入りです♪

<木いちごのベーグル ¥260>
s-P1030496.jpg

s-P1030497.jpg

s-P1030498.jpg

ホワイトチョコがねりこまれた苺生地に、木いちごジャムがサンドされたベーグルです。
なんか、今のカメラ、赤い色に弱いみたいで・・・、画像ではあまり美味しそうに見えないのが残念ですが、苺とホワイトチョコの組み合わせは練乳いちごぽくて、ペパン入りのジャムはキュンと甘酸っぱくてベリー感たっぷりでステキでした。

<フラン(ミルクチョコ、キャラメル、オレンジ) ¥260>
s-P1030502.jpg

s-P1030501.jpg

ミルクチョコ、キャラメル、オレンジ が使われたフランです。
ミルクチョコとキャラメルなので、少し甘めですが、オレンジのほのかな酸味がアクセントになっていて美味しい~。

<生ハムとマンゴーのタルトフランベ ¥230>
s-P1030493.jpg

s-P1030495.jpg

ドライマンゴーがねりこまれた生地に、生ハムが乗ったタルトフランベです。
ドライマンゴーはしっかり甘味があり、生ハムの塩気との相性もバッチリでした168979.gif

<紅茶とフランボワーズのガレット ¥230>
s-P1030544.jpg

紅茶葉とチョコが練り込まれた生地、トップにフランボワーズとサワークリームがオン。
口の中で紅茶の香りと風味がフワッと広がります。
フランボワーズはかなり酸っぱかったんですが、チョコの甘さがそれを緩和させてる感じでした。

<梅雨 ¥190>
s-P1030539.jpg

s-P1030543.jpg

生地にピスタチオ、ピスタチオペースト、ゴルゴンゾーラ、青梅が練り込まれています。
口に入れると、まずはゴルゴン臭がド~ンとやってきます、ゴロゴロ入ったピスタチオは香ばしくてナッティ、これまたゴロゴロ入った青梅は甘酸っぱくてジューシーです。
マニアックですが、クセになるテイストでした。

<エレレーヌ ¥190>
s-P1030540.jpg

s-P1030426.jpg

生地にクランベリー、ピスタチオ、デジョンマスタードが練り込まれています。

ピスタチオの香ばしさにマスタードの風味が加わるとまるであらびきウインナーを食べてるかのような錯覚に襲われます。
ジュシーで甘酸っぱいクランベリーがアクセントになっててこれもマニアックですがクセになるテイストです。

<いちごのフラン ¥260>
s-P1030548.jpg

s-P1030433.jpg

いちごのフラン~127559.gif

トロやわなフィリングは、超・いちごで、超・うまかぁ~101-24.gif

<ブルーベリーとフロマージュブランのフラン ¥240>
s-P1030674.jpg

s-P1030675.jpg

ブルーベリーとフロマージュのフラン。
いつものフランよりしっかりと固さのあるフィリングは茶色だったのでチョコが入ってたのかな?でも、しっかり酸味効いてるし、ちょっとお酒が効いてたような・・・?
大粒のブルーベリーは甘酸っぱく、ブルーベリーチーズケーキ的な感じでした。

<ライチとオレンジの花水のフラン ¥260>
s-P1030676.jpg

s-P1030677.jpg

この日のフィリングは超とろっとろでした。
大粒なライチがゴロッと入ったフィリングは口に入れるとまずオレンジの香りと卵の風味がふわっと広がり、ライチを噛むと、ジューシーなライチの旨味が加わって、めちゃウマ141761.gif

<ブルーベリーとルバーブのガレット ¥230>
s-P1030796.jpg

s-P1030797.jpg

生地にビターなチョコとルバーブが練り込まれていて、トップにブルーベリーがオン。
ルバーブは独特の繊維食感ときゅんとした甘酸っぱさを放って存在をしっかりアピールしてました。

<ブルーベリーのガレッド ¥230>
s-P1030824.jpg

s-P1030825.jpg

これ、正式名称がこれであってるのか微妙なんですけど、生地がとってもネチネチしてました。
大粒のブルベリーがいっぱいのっててとってもジューシーでした。

<サクリスタン カシス ¥190>
s-P1040266.jpg

s-P1040267.jpg

カシスのパティシィエールを生地に巻き込んで焼き上げられたデニッシュで、トップもカシス風味でコーティングされてました。
カシスのコクと甘酸っぱさがサクハラのデニッシュ生地の層にしっかり絡んで美味しかった。

<フラン フィグ ¥260>
s-P1040255.jpg

s-P1040259.jpg

卵のしっかりした風味のフィリングにいちぢくがペースト状で入ってるようで、目で見て解るこれといった存在感はないのですが、種のプチプチ感で存在感を放っていました。

<ガレットセーグルフィグ ¥230>
s-P1040246.jpg

s-P1040245.jpg

一方、こちらは目で見て解るイチジク祭り~97db7948e83c85ddb0e069f8da841359.gif

ドライイチジクを練り込んだガレット生地の上にフレッシュいちぢくをふんだんに乗せて焼き上げたガレットです。
ドライとフレッシュと両方の味を一度に楽しめるイチジク好きな人にはたまらないであろう1品です。

<ビエノワ リュバーブ ¥180>
s-P1040261.jpg

s-P1040264.jpg

オレンジピールがねりこまれたビエノワ生地にリュバーブのクリームがサンドされてます。
オレンジピールが結構存在感が強く、甘酸っぱいリュバーブとオレンジで、とても爽やかでした。

<いちごとグレープフルーツのフラン ¥260>
s-P1040381.jpg

s-P1040379.jpg

見えますかね?苺ベースのフィリングにグレープフルーツの粒々が入ってるという感じ。
グレープフルーツと苺ってうまい具合に合うんですね、爽やか甘い感じでとても美味しかった。

<ガレット ココ フレーズ ¥230>
s-P1040370.jpg

s-P1040371.jpg

ココナッツとマカデミアナッツが練りこまれた生地の上にフレッシュ苺をのせて焼き上げたガレットです。
生地のザクザクのナッティ感がハンパなく、苺の酸味がアクセントになってて美味しかった。

<ルヴァーブ ルージュ ¥190>
s-P1040372.jpg

s-P1040374.jpg

フランボワーズをねりこんだ生地に、自家製ルヴァーブのジャムがサンドされています。
これは全体的に酸味がバシッと効いてて、酸味好きのワタシもオヨヨ164361.gifと思ったほど。
クリチを塗って、酸味をちょいと和らげて食べたらワタシ好みの味になりました。

<いちごとフレッシュミントのブリオッシュ ¥190>
s-P1040373.jpg

s-P1040375.jpg

苺のブリオッシュ生地に、ドライ苺とミントがねりこまれています。
ミントがあまり好きじゃないので、どうしようか迷いながら買ったんですが、買って正解!!
ミントは存在は解るんですが、イヤなスッと感もせず、苺の風味が全面に出てて、とても食べやすかったです。

で、表題の件ですが、アッシュは

来月の22日(土)をもって一旦、休店され、来年の5月頃に中之島のビルに移転オープンされるそうです。
(ビルは只今建築中で、その間、シェフはフランスに修業に行かれるそうです。)

最近、名店と呼ばれる店が相次いで閉店していくようなご時世の中で、休店で良かったと思わないといけないんでしょうが、8ヶ月・・・、あまりにも長過ぎるので、その間アッシュパンが食べれないと思うと、禁断症状が出ないか、めっちゃ不安です184071.gif
(買い占めて冷凍しておいた方がいいかしら?)

ただ、ただ、美味しいと思って食べていたアッシュのパンですが、シェフが迷いを感じ、不安や焦燥感を感じながら悶々とされていたとを今回知って、ちょっとビックリしました。

長い充電期間を経て、更にパワーアップしたパンが食べれることを期待して気長に待とうと思います。
(今年はクリスマス限定パン食べれないんだなぁ・・・204040.gif

ということなので、アッシュ好きの方いらっしゃったら、9月22日までに足しげく通って下さいね~。

ちなみに スタッフさんのブログ に詳しいことが書いてありますので、良かったらご参考にして下さい。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:パン
ジャンル:グルメ
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。