粉もんスイーツ&パンが大好きな京都の主婦です。このブログでは私が食べた物を中心に紹介していきます♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「福島 もう利」 にて 素敵なランチ♪
2012年06月07日 (木) | 編集 |
さぁ~てと、何から挙げていけば・・・236989.gif と、悩むところですが、今回ご紹介するのは、3月末だったかしら?にお久しぶりの華食の会で行った福島にあるこちらのお店↓
s-P1010774.jpg

s-P1010775.jpg

「福島 もう利 ~~~っ」

去年の11月にオープンしたばかりなんだそうです。
なんだか、敷居の高そうな門がまえでございますね・・・

s-P1010776.jpg

こちらは、エントランスから入り口までのアプローチ。
ここにも高級感が漂ってます。

s-P1010773.jpg

店内から見える中庭もス・テ・キ。

s-P1010772.jpg

ワタシ達の食べていた部屋に飾ってあった絵。

お昼は以下の2種類のみ↓
s-P1010777.jpg

今回は ¥2,625のコース を頂きましたぁ。

s-P1010727.jpg

急須は南部鉄器の曳船(これ、お洒落だけど、めっちゃ重い)、コースターは喜一澤製、写真を撮り忘れましたが、和食なのにカトラリーにシャトーラギオールのシルバーが置いてあり、こだわりを感じます。

<御付だし>
s-P1010729.jpg

「きゃ~っ、素敵~141762.gif

のっけから素敵なビジュアルのものが登場して一同、テンションが上ります39369.gif

<鯖寿司>
s-P1010731.jpg

鯖が肉厚で脂乗ってて、バリうま147787.gif

<飯蛸とうるい>
s-P1010732.jpg

飯の部分の感触が、卵のようなお米のような・・・とっても不思議食感でした。

<セミドライフルーツトマトのハニージンジャー そば粉煎餅>
s-P1010733.jpg

トマトは甘味と旨味が凝縮されてて、煎餅はカリカリでおいし~

<ほたるいかの瞬間燻製 蕗味噌>
s-P1010734.jpg

口の中に広がる燻製風味がツボ

<温物>
s-P1010735.jpg

蓮根もちとよもぎ麩と小松菜の蕎麦湯餡です。

s-P1010736.jpg

s-P1010737.jpg

断面確保しようと試みたところ、箸ではなかなか切れないほどの弾力があった蓮根もちの中に大きな海老がインしてました。
蓮根もちもよもぎ麩もモチモチしてて、トッピングのあられとゴマの香ばしさがアクセントとなったそば湯餡は優しい味で、とっても好きな味~1_20101018195750.gif

<造里:3人前>
s-P1010740.jpg

s-P1010738.jpg

塩、レモン、しょうが、わさび、醤油が出てくるのでお好きな組み合わせにて頂きます。

s-P1010742.jpg

明石の桜鯛、伝助穴子の炙り

鯛はプリプリ~、穴子の炙りは表面は炙ってあるので香ばしく、レアな身にはほどよく脂がのってて甘味があってもう最高に美味しかったぁ~~~101-24.gif

s-P1010744.jpg

鰹、ミンク鯨のさえずり

鯨のさえずりは脂ノリノリなんですが、その脂には甘味がありました。
そしてとても噛み応えありでかみ切れず、しばし噛み噛みしてから最後はゴックンしちゃいました。

<煮魚>
s-P1010747.jpg

s-P1010749.jpg

めかじきの煮つけ。
付け合せは大根、南高梅と菜の花です。

見た目、濃そうなんですが、梅が効いてるのか意外にアッサリテイストでした。
この梅おいしい!!と、メンバー皆で大絶賛~229415.gif

<手打ち蕎麦>
s-P1010755.jpg

これがこちらのお店のスペシャリテなんだそう。

s-P1010753.jpg

そして、このお蕎麦、御主人の手打ちなんだとか。

「手打ちなので、時間が経つと伸びていきますのでお早めにお召し上がり下さい」

と言われたので、慌てて、写真を撮って食べることに。

s-P1010751.jpg

s-P1010756.jpg

鴨と焼きねぎの入ったおだしにつけてちゅるちゅるっと頂くのです251631.gif


「鴨、柔らかい~、蕎麦、うっまぁ~い157511.gif

黒七味をかけると、味がしまってこれまたウマし168979.gif

麺が出てきたから〆かと思いきや、まだまだお料理は続きます。

<野菜料理>
s-P1010757.jpg

野菜のテリーヌ マスカルポーネ、サラダセロリ添え。

ここでようやくシャトーラギオールのシルバーの出番です。

s-P1010759.jpg

s-P1010760.jpg

ヤングコーン、レタス、パプリカなどの野菜をコンソメ風味のゼリーで固めて生ハムで巻いてあり、まるでフレンチの前菜で出てきそうな1品ですね。

付け合せのソースは ミント酢、マンゴーソース、桜海老バター、バーニャカウダソース の4種のソース。

ミント酢はミントの風味が濃く結構な酸味で、思わずむせそうになり、一度しかつけませんでした。
(基本、ミントが得意でないので)

バーニャカウダと、桜海老バターが好みの味で主にこの2種類で頂きました。

ちなみにマンゴソースはマンゴー風味が濃厚でテリーヌにのってるマスカルポーネつけたらデザートちっくになっておいしいと他のメンバーが教えてくれたので、邪道な食べ方で楽しんでしまいました♪

<香物&汁物>
s-P1010761.jpg

s-P1010762.jpg

北海道鵡川産の本ししゃも。

s-P1010767.jpg

しじみのお味噌汁。
ちょっと前までは白子入りの味噌汁だったらしい、白子好きとしては白子入りが飲みたかったよ~164131.gif

<土鍋ご飯>
s-P1010765.jpg

鯛と針生姜の土鍋ご飯

s-P1010769.jpg

お店の人が丁寧に身をほぐし、量を聞いてくれ、よそってくれます。
(余ったご飯はおにぎりにして持ち帰らせてくれます)

s-P1010770.jpg

鯛の旨味が染み込んで、しみじみ美味しいご飯でしたぁ142885.gif

お料理ごとに出てくる食器も、とても凝ってて、目でも楽しめますし、それぞれのお料理には手間がかかっているし、和食でこの内容で ¥2,625 って、コスパ最高だと思いません?

もう、大満足だったんですが、欲を言わせてもらえるならば・・・、¥3,150になってもいいからデザート(水物)つけて欲しかったな。
(ど~しても、デザートがついてないと気がすまない242220.gif

和食といえば、新地の 「秋やま」、 三宮の「かなやま」が好きなんですが(ああ、どちらも長らく行ってないわ・・・)、こちらのお店も、もれなくお気に入りに入りましたとさ4985.gif

<お店の紹介>
「福島 もう利」
住所:大阪市福島区福島6-17-7
        オアシス梅田 1F
TEL:06-6453-1117
営業時間
ランチ: 11:30~14:00(L.O.)
ディナー:17:00~22:00(L.O.)
定休日:不定休
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:美味しくて、オススメ!
ジャンル:グルメ
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。