粉もんスイーツ&パンが大好きな京都の主婦です。このブログでは私が食べた物を中心に紹介していきます♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「cafe.shuu」 @三宮 にて グリグラパンケーキ 
2012年04月04日 (水) | 編集 |
皆様、またまたお久しぶりです。
本当にサボリ癖が板についちゃって、なかなか更新できなくてすいません。

書かなきゃいけない記事が多過ぎて、画像の整理とか、何から書こうか迷ってるうちに書くのがイヤになってしまうんですよねぇ・・・。
(お店で写真撮ることに満足してしまってる自分がいるのも否めない今日この頃)

ってな感じですので、皆様もボチボチな感じで見に来て下されば、幸いでございます。

さて、ここからが本日の本題。
ぐりグリ_M~1 ぐらグラ_M~1の名前がついてるメニューと言えば・・・、以前 この記事でも紹介しましたが、中津にある「絵本と珈琲 ペンネンネネム green」 の この↓ぐりぐらホットケーキがあまりにも有名ですよね。
s-P6041845.jpg

で、ここでおさらい。

実際のぐりとぐらの絵本で焼かれたのは・・・
s-2010072517215417d.jpg

s-a0122968_23361140.jpg

s-080401.jpg

ホットケーキではなく、カステラ100163.gif なんですよね~。

フライパンなんかで焼かれちゃってるから、一般的なカステラとはイメージが違ちゃってますので勘違いしてる方も多いと思いますが、皆さんは覚えていらっしゃいましたか?

ワタシなんか、もはや遠い記憶過ぎて、「ぐりとぐら」という名前しか覚えなく、どんなハナシだったか全く覚えてませんでしたから・・・201155.gif

で、今回、たまたま調べごとをしてて見つけてしまったのが、こちらt00200020_0020002011394455120.gifの・・・
s-P1010550.jpg

            グリグラパンケーキani49c291e7ca57a.gif139431.gif

見つけてしまったからには食べに行っちゃうわよね~。

で、このパンケーキを求めてやってきたのは、三宮の北野坂途中にありますこちらのお店
s-P1010567.jpg

「cafe.shuu ~~~っ」

その日は他にもお客さんが結構、居たので、店内の全体写真が撮れなかったのですが、入り口入ってすぐは雑貨の販売スペースがあり、ソファー席、カウンター席、テーブル席など色々なタイプの席があり、アンティーク家具を基調としてインテリアにも凝ってる感じで、お店の雰囲気はとってもいい感じです。
(カウンター席には絵本や本もたくさん置かれてて読むことも可能です)

s-P1010562.jpg

唯一撮れた画像、ワタシが座った席もそうだったんですが、足ぶみミシンをテーブルにした席が2席あって、これもなかなかおしゃれでしょ?

s-P1010563.jpg

こちらのお店、女性が一人で切り盛りされているようで、事前に調べた時に「店が混雑してる時はパンケーキは断られる場合がある」という情報があったのですが、ご覧の通りメニューもちゃんと書かれています。

ワタシが行ったのは平日の13時過ぎで店内には、お1人様が2組と3人様が1組。
見渡した感じ、全てのテーブルの料理は出切ってる感じみたいだったので、ドキドキしながら

「グリグラパンケーキはいけますかぁ・・・228132.gif

と、聞くと

「はい、お時間30分ほどかかりますが・・・」

と言われ、

「大丈夫ですので、お願いします!!」

と、無事オーダーができてホッ。

そして、待つこと30分の間に次から次へとお客が入ってきてアッという間に満席に。

”ふ~危ない、もうちょっと遅く行ってたら、断られてかも・・・?”と思った頃に登場しましたよ~

s-P1010549.jpg

お~、フルーツと生クリームがトッピングされ、絵本のカステラと同じ黄色で、見た目はバッチグー168979.gif

s-P1010552.jpg

キレイな卵色で、ケーキの厚みがしっかりありますね。

まずはこのままパクリンこ73024.gif

スフレケーキみたいでおいし~101-24.gif

焼きたてなので熱々で外側ホワホワ、中側はしっとりでスフレとスポンジの間ぐらいの柔らか食感です。

お店で出てくる大概のホットケーキやパンケーキはそのまま食べると何だか素朴で味気なかったりするものが多いんですが、こちらのものは生地自体に甘さがあるので、このままでも全然OKな感じです。

でも、メイプルシロップ192610.gifがついてるのでかけときましょうね。
s-P1010554.jpg

s-P1010555.jpg

うん、甘さは加わりますが、甘過ぎることもなく違った甘さで、これはこれでおいし~1_20101018195750.gif

s-P1010556.jpg

これはドリンクについてきた蜂蜜97482.gif、蜂の巣入りの本格派。
それもかけてみました↓
s-P1010560.jpg

うん、これはね、ワタシにはちょっと甘過ぎました。
一緒にサーブされてないのに邪道なことは辞めとけってことですかね。

パンケーキと言う名前はついてましたが、一般的なパンケーキというよりは、カステラとスフレケーキを足して割ったような感じに近い味のように思います。

パンケーキを目指して食べに行くと、多分、「これは違う!!」ってことになると思うんですが、焼きたてホワホワケーキと思って食べると美味しくて満足できるお味だと思いますので、興味のある方はお試しあれ!

ちなみに後日、別のお店で巡りあったこのパンケーキ↓
s-P1010703.jpg

メニュー名にぐりとぐらという冠はついてませんでしたが、見た目といい、お味といい、これこそがワタシの中では、ぐりとぐらの絵本のカステラに近いイメージなのでは・・・?と、勝手に思っております。

あっ、このパンケーキについては後日、別記事にてご紹介させて頂きますね。
(最近、サボリ癖に拍車がかかっててご覧の通りのボチボチ更新なので、すぐにはあがりませんので、あまり期待しないで下さい・・・47682.gif

ちなみに、ぐりとぐらのカステラレシピ ってのをみつけたので、今度、一度挑戦してみようかな~と思います。

小さなお子様のいらっしゃるお母様もお試しになってみてはいかかでしょうか?
お子様も喜ぶこと間違いなし!!なのでは。

さて、ハナシが大脱線しましたが、こちらのお店、ドリンクにも力が入ってるんです。
たくさんの種類があるんですが、今回ワタシが頼んだのは

<丹桂瓢香(たんけいひょうこう) ¥650>
s-P1010546.jpg

ドリンクはスイーツと一緒に頼むと ¥200引き になります。
小菓子と蜂蜜とともにこんなカワイらしいセットで出てきます。
(コーヒーやカフェラテを頼んでる方でも、この四角のお盆と小菓子はセットで出てきてましたよ)
で、右横にあるグリーン色のポット、頼まなくてもマストで出てきた差し湯です。
この大きさなので、なみなみ入ってます。

s-P1010540.jpg

s-P1010541.jpg

s-P1010559.jpg

こちら、お湯をそそぐと花が開く工芸茶で、キノコの形をした茶葉が開くと、いい香りと共に朱色の百合の花が咲き、中から無数のキンモクセイの花が踊ってるかのように水中に舞い出でき、3煎目ぐらいまでは楽しめるお茶なんだそうです。

こんな風に、ゆっくりと花が開いてくさまを見ながら、ボーッとするひと時は、なかなかの贅沢な時間で、心癒されますね。

この画像では解りにくいんですが、小さなキンモクセイの花がふわふわと舞い踊るように出てきて236999.gif見てて楽しいんですよ。

工芸茶には他に万紫千紅(カーネンションの花)、心心想印(ジャスミンと千日紅)の2種類があり、その他では中国茶、八宝茶、花茶など、一般的なカフェではお目にかかれないようなめずらしいお茶が飲めるのもこのカフェの魅力だと思います。

先にも言いましたが、1人で切り盛りされているので、タイミングが悪いとお待ち時間が長かったり、パンケーキは食べれなかったりするかも知れませんが、店主さんが作るスイーツも人気らしく(ケーキ屋での経験があるそうです)三宮でお茶を何処でするか迷った時にお友達を連れて行くと、
”あら、素敵なお店を知ってるわね・・・”って、褒められちゃうんじゃないかなと思います。

<お店の紹介>
「cafe.shuu」
住所:神戸市中央区中山手通1-23-10
        モンシャトーコトブキ1F
TEL:078-271-2715
営業時間:11:00~20:00
定休日:不定休
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:cafe
ジャンル:グルメ
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。