粉もんスイーツ&パンが大好きな京都の主婦です。このブログでは私が食べた物を中心に紹介していきます♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雨の平日でもダダ混みだったエスコヤマ
2012年03月12日 (月) | 編集 |
またまた、暫しの放置にてすいませんでした・・・125988.gif

以前、ちょっと書いたと思うんですが、旦那が仕事の関係で三田に週1ぐらいで行くかも知れない・・・と聞かされていて、せっかく喜んでたのに

「今週、三田行くけど・・・」って言うてくる日が

 全て水曜のコヤマの定休日で、何の意味もない!!1961730238ca73054d2b086a01870d16.gif

ようやく定休日以外の日に行く日が現れ、

「おっしゃぁ~っ 153486.gif189774.gif

っと、意気込んで予約の電話をするにも、”只今、電話が混み合ってますので後ほどおかけ直し下さい”というアナウンスが延々と流れ、またもや、全く繋がらない・・・t00200020_0020002011553207095.gif

これは、この間の情熱大陸の影響としか思えない・・・。

で、先週のハナシになりますが、雨降りしきる59524.gif平日の15時頃に取りに行ってもらったんですけど、雨なのに!平日なのに!!ケーキ屋もパン屋も大行列で、予約引取りのギフトサロンまで、旦那の前に9人程のお待ちがあり、その後旦那の後ろにあれよあれよと20人ぐらい並んだらしく

「なぁなぁ、ありえへんぐらい混んでるけど・・・、これはなんなん?0126_20111102235932.gif

と、不機嫌な感じでの報告電話があり。
確かにね、予約の際に

「ギフトサロンでも、お客様が重なりましたら、多少、お待ち頂く可能性がありますので・・・」

とは言われたんですけどね、ここまでとは思ってなかったのでちょっと焦りました。
(たかがケーキやのに並んでまで買うなんてアホちゃうかt00200020_0020002011447963248.gifという考えを持っている旦那なので、何だか並ばせるのが申し訳なくて・・・)

恐るべし、テレビのチカラ。
雨降りの平日でこんな感じらしいので、土日のことなんて恐くて想像できません・・・188368.gif

皆さん、行かれる際は覚悟をして行くか、落ち着く頃まで待たれた方がよろしいかと・・・。
(いつになったら落ち着くかはナゾですけどね)

そんなこんな中、引き取って来てもらった エスコヤマ のケーキ達はこちらt00200020_0020002011394455120.gif

<コンティノン・パッショネ ¥472>
s-P1000996.jpg

s-P1000995.jpg

コンティノン・パッショネとはフランス語で「情熱的な大陸」という意味なんだそうで、例の情熱大陸の収録最中にこのケーキが生まれたことからこの名前がついんたんだそうです。

小山シェフは、既に今秋の C.C.C. 、サロン・デュ・ショコラ・パリへの参加を見据えており、そこで発表しようとしているのがサンビラーノ産カカオにフランボワーズ、ピスタチオを合わせたボンボンなんだとか。

それをまずアントルメにて体現したものが、こちらのケーキなんですって。

底にはザクッとした食感のショコラタルト生地、その上にフランボワーズの果肉とソース入りのねっとり濃厚なアパレイユを流しこみ、サンビラーノ産カカオとメレンゲを合わせたシブーストショコラ、クレームピスターシュを重ね、トップはクレームブリュレのように表面をパリッと焦がしてあります。

見た目、ものすごく甘そうに見えると思うんですが、サンビラーノ産のカカオは酸味があるので、シブーストショコラはほどよい酸味のあるチョコ味で、そんなに甘くはないんです。

クレームピスターシュとアパレイユはまったり濃厚テイストなんですが、アパレイユの中に忍ばされてあるフランボワーズがいい具合に酸味のアクセントを効かせててあるので、絶妙なバランスで美味しく頂けました。

あ、1つだけ言わせてもらえるなら、表面のキャラメリゼがしっかり甘かったので、それはなくてもよかったかなぁ・・・。

これが、秋にはどんな風なボンボンになるのかとても楽しみですね~201157.gif

<三田苺のショートケーキ ¥420>
s-P1000991.jpg

s-P1000993.jpg

エスコヤマが創業当初から近隣の苺農家と一緒に作り上げてきたのが「三田苺127559.gif」なんだそう。

トップにのってる大粒な苺からもお解かり頂けると思いますが、朝採りされた真っ赤で大粒な「三田苺」は口の中に入れると、みずみずしくてとってもジューシーで、ものすごく甘いんです!!
その苺の美味しさを引き立てるように、ふわふわエアリーなジェノワーズと、甘さ控えめで軽~い食感の生クリーム。

ショートケーキって、シンプル過ぎるので、基本、あんまり買わないんですけどね、これは本当に美味しくて買って良かったと思える1品でしたよ。

<五香粉とホワイトチョコのお菓子 ¥420>
s-P1010012.jpg

s-P1010016.jpg

仏産バローナ社のホワイトチョコ ”イヴォアール”を使ったケーキです。

土台はジャリジャリ食感のフィアンティーヌとチョコスポンジその上にの甘酸っぱいパッションフルーツのクーリー入りのホワイトチョコムースをのせ、トップにはパッションソースとフランボワーズの果肉、そしてアクセントの五香粉がかかってます(茶色の粉ね)

で、五香粉って何だ?ってハナシになると思うんですが、中国の代表的な混合香辛料なんだそうです。
五香とは数種の意味で、一般的にはシナモン、クローブ、ウイキョウ(フェンネル)、花椒、陳皮などの中から5種類を一緒にすり潰して作られますが、中国では必ずしも5種類とは限られていないんだとか。
一般的には肉や魚の臭み消しや煮込み、マリネ、お料理の風味付けに、また塩と混ぜ合わせて揚げ物などに添えたりされたりするものなんだそう。

そんなものをケーキに使おうだなんていうマニアックな発想が小山シェフぽいですけどね。

で、五香粉がどれくらいの存在感を放ってくるのかとドキドキしながら口に入れたんですが、本当にほのかにフワッと香る程度です。
スパイスが苦手だわ・・・って方でも大丈夫なくらい存在感は薄めです。

で、残念なことに思った以上にホワイトチョコが甘かった・・・184071.gif
あ、ここで言っておきますが、ワタシはホワイトチョコの甘さがあまり得意ではありません。
(なので、ホワイトチョコが好きな方には何の問題もないと思いますので)

パッションの酸味をアクセントにしてあるはずなんですが、パッションの酸味もさほどキツ過ぎなかったせいか、ホワイトチョコの甘味がかなり立っているんですよねぇ・・・。

商品説明に ”ホワイトチョコの甘味を生かしながら・・・”って書いてあったし、この甘さは当然の甘さなんだと思いますが、ワタシには甘過ぎました。

パンに入ってるホワイトチョコもそれなりに甘いんだけど、その甘さがたまんなくて美味しいって思うのに、ケーキやお菓子だと甘いって感じてしまうのは何でなんでしょうね?

<ロマンスムロムナード ¥399>
s-P1010014.jpg

s-P1010002.jpg

そして、こちらも、バローナ社のホワイトチョコ”イヴォアール”を使ったケーキです。

構成としては ビスキュイ → そしてバルサミコでソテーした苺入りホワイトチョコムース → 苺のムース →ホワイトチョコムース 

トップには苺とマカロンと、ホワイトチョコがオン。


で、このホワイトチョコムースにはホワイトチョコの甘味を和らげる為にホワイトペッパーが散らしてあるんだそう。

食べた瞬間はホワイトペッパーはほとんど感じず、ホワイトチョコのコクのある甘味が口の中に広がり、後からじわっとピリッとスパイシーな刺激がやってきます。

そして、普通の苺ではなく、バルサミコで煮詰めた苺が入ってるのもポイントです。
苺本来の持つ甘味と酸味に、バルサミコの酸味と甘味が加わり、味わいが凝縮され、甘いんだけどサッパリという奥深いテイストになってて、周りのムースともしっかり合っています。

こちらの方は、苺とホワイトペッパーによってホワイトチョコの甘味をうまく緩和できてたので、甘々な印象はさほど感じることもなく美味しく頂きました。

<クレームブリュレ ¥336>
s-P1010006.jpg

これ、翌日に食べたので、表面のパリパリがすっかり溶けてしまいましたぁ・・・201155.gif

s-P1010008.jpg

播州地鶏の卵黄と生クリーム、バニラビーンズを使い、とろとろクリーミーに仕上げた生地で表面はキャソナードで香ばしくパリパリにしてあるんだそう。

これは、一口食べて目を見張るほどのねっとりリッチな濃厚さでしたよ。
しかも、底の部分はバニラビーンズがたっぷりと沈んで更に濃厚な味わいでした。

<桜と苺のミルク大福 ¥367>
s-P1010013.jpg

s-P1010017.jpg

こちらは今回1番お気に入りだったケーキで、エスコヤマ風いちご大福206627.gif

小山シェフがいちご大福を作るとこんなに素敵で複雑な構造になるんですよ~141762.gif

断面が見ずらくて解りにくいかも知れませんが、底から

桜餡 → 抹茶ビスキュイ → スライス苺入り生クリーム → 2種の桜の花びらの香りを閉じ込めたパンナコッタと苺ソース  

をバニラ風味のババロアでくるみ、その上にスライス苺入り生クリームをコーティングしモチモチビニョーンとした求肥でくるんであります。


これ、苺大福と桜餅とケーキがコラボされてる感じっていったらいいのかな?
食べてる間に次から次へと色んな味が現れ、それが和と洋の絶妙なコラボレーションのテイストで、めっちゃ美味しかったです229933.gif201015.gif

<キャラメルショコラ ¥157>
s-P1000997.jpg

s-P1000999.jpg

こちらは定番商品の「いたずらシュー139430.gif」のショコラバージョンで期間限定商品です。

発酵バターを使って焼き上げるザックリした食感の生地にはチョコレートが練りこんでありちょっとビターテイストです。
そのシュー皮の中にはとろ~り濃厚なキャラメルソース、キャラメルカスタード、クレームシャンティと3種類のクリームが入ってます。

いつものシューよりちょっとビターで大人味なシューなんですが、キャラメルソースとキャラメルカスタードがワタシのツボの味で美味しかったぁあ142885.gif

これ、こんなに凝ったつくりなのに「いたずらシュー」と同じ値段だし、一般的なケーキ屋のシュークリームよりも安い値段で、このクオリティなんでめっちゃCPがいいと思います。(大きさも大きいです)


今回も、美味しいケーキが食べれて、とても幸せでした157511.gif
(旦那に感謝!!)

近々、また行くよ~って言われたケド、4月ぐらい?に季節メニューが一新するまで暫くは我慢したいと思います・・・。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:スイーツ
ジャンル:グルメ
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。