粉もんスイーツ&パンが大好きな京都の主婦です。このブログでは私が食べた物を中心に紹介していきます♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「キルフェボン京都」にて素敵なクリスマスケーキ試食会に参加♪
2011年11月12日 (土) | 編集 |
10月のとある日、ワタシの元に素敵なイベントへの招待状が届きましたぁapani48ca0cf3aa349_20101108130207.gif
s-20111109_01.jpg

そして、イベント当日に行ってきたのは・・・、こちらっ↓↓↓
s-20111110_53.jpg

「キルフェボン 京都 ~~~っ」

以前に書いたことがありますが、キルフェボンでは、たまぁ~に新作タルトなどの試食会をやってるんですよね。

で、今回、ケーキメニューのチェックの為にたまたまHPを覗きにいった際にクリスマスケーキ67191.gifの試食会(要参加費¥1,000/人)の参加募集を発見し、今回、京都店は2日間の開催で計20組40名の募集枠に対し、326件の応募があったそうで約12倍の倍率を突破し、見事、参加権をゲットさせて頂いた次第でございます0b6603790341c59036e55b30c1e11060.gif

今回は、平日の20時からの開催で帰りが遅くなることもあり、大阪の友達に声をかけるのは気が引けたので母をお供に連れて行きました。
(母、ラッキー♪)

店内は、こんな感じでクリスマス仕様になっておりました↓
s-20111110_52.jpg

s-20111110_07.jpg

試食会向けのテーブルセッティング↓
s-20111110_04.jpg

そして、ショーケース内に試食会用のケーキ達が並べ始まりましたよぉ~っ
s-20111110_08.jpg

で、試食の前に・・・まずは、タルト生地の食べ比べです。
s-20111110_23.jpg

キルフェボンでは、合わせるクリームや果物によって、現在、数種類のタルト生地を使い分けてるそうですが、今回は6種類の生地を食べ比べをさせて頂きました。
    
左側に縦に並んでいるのがタルト生地のベースとなるもので
 ”ブリゼ”、”シュクレ”、”サブレ” 
※今回はありませんでしたが、もうひとつ”フォンセ”という生地があるそう


181171.gif ブリゼは バターたっぷりで塩気があり、パイっぽい食感の生地 

181171.gif シュクレは バター少な目のクッキー生地 

181171.gif サブレは ザクザクのクッキー生地  

なんだそう。


上記の3種類のプレーン生地をベースにし、素材をプラスしたものが右側の縦1列で上から 

181171.gifココナッツブリゼ・・・グリゼにココナッツをプラスさせたもので、南国風に仕上げたい時 
(ホワイトチョコとマンゴーのタルトetc・・・) 

181171.gifアーモンドシュクレ・・・シュクレにアーモンドをプラスさせたもの
(今現在は使用しているタルトはないそう) 
 
181171.gifコーンフレークサブレ・・・サブレにコーンフレークをプラスさせたものでどっしりと重いケーキに軽さを出したい時 (さつまいものタルトetc・・・) 

確かにキルフェボンのケーキを頂く時、ケーキによってタルト生地を変えてるのは何となくは解ってたんですが、こうやって生地だけで食べてみると、クリームや果物の味に誤魔化されない分、食感や風味を直に感じることができ、それぞれに明らかな違いが解って、ほほぉ~って感じです。

ベースの生地ではシュクレ生地のサクサク感が好きで、コンフレークサブレのザクザク感のハンパなさも結構なツボでした。

そして上に添えられているのが、生地とクリームに使われてる

フランス・ブルターニュ産 “ル ガール”の発酵バター46702.gif
一般的なバターより風味香りがより引き立ち、油っぽさはなく、生で食べても美味しいんだそう。

フランス・ブルターニュ産 “ル ガール”のナチュラルクリームチーズ139426.gif
非加熱のフレッシュチーズでミルクの香りが強いんだとか。

※ 「ル ガール」 はブルターニュ地方の優れた原料乳から良質のバターを始め、様々な乳製品を製造しているフランスでは80年を持つ信頼のブランドだそうです。

クリームチーズもバターもアッサリした感じでそのままでもタルト生地と食べても、美味しく食べれました。

そして、次に今回のクリスマスケーキ3種類の説明がありました。

<タルトプレミエ 赤いフルーツのリースタルト ~金の星とともに~>
s-20111110_13.jpg

20cm(5~6人用)  6,500円
28cm(9~10人用) 1,1500円


真ん中に親子雪だるま145886.gif(組み立て式、食べれないそう)を飾り、ふんだんにのせた赤いフルーツのリース127641.gif 型のタルトです。

真ん中の雪だるまは去年は1体だったそうなのですが、今年は家族をイメージして2体になったそう。

HPより

ココア風味のタルトの中にはシングルモルトウイスキー”マッカラン12年”を効かせたチョコレートムースとコクのあるホワイトチョコレートムースを2層に重ねました。
ほどよい酸味のフレーズ・デ・ボア(野イチゴ)ソースが間に入り味のアクセントになっています。
ほろ苦いココア風味のタルトと濃厚なムースの甘み、フレッシュな赤いフルーツのほど良い酸味が口の中で一体となる至福の瞬間をお楽しみ下さい。


ケーキの構造は

タルト生地(ブラックココアブリゼ)→”ザ・マッカラン12年”入りチョコレートムース→フレーズデボアソース(野イチゴのソース)→ホワイトチョコレートムース→チョコレートスポンジ→フルーツ(イチゴ、ぶどう、アメリカンチェリー、黒イチジク、ブラックベリー、フランボワーズ、ブルーベリー、赤スグリ)、ナパージュ、金箔の185086.gif

となっています。

<10種のフルーツタルト ~ホワイトチョコレート風味~>
s-20111110_11.jpg

 15cm(2~3人用) 3,000円 
 17cm(3~4人用) 3,600円 
 21cm(7~8人用) 5,500円


HPより・・・

まるで宝石箱101811.gif147825.gif101811.gifを開けたような贅沢なタルトを作りました。
ふんだんにのせたフルーツとやさしい甘さに仕上げたホワイトチョコレート風味のカスタードクリーム、バター風味豊かなパイ生地との相性は抜群です
「どのフルーツを食べよう?どう切り分けよう?」そんなおしゃべりをしながらクリスマスの夜をお楽しみ下さい。


構造は

タルト生地(ブリゼ)→スポンジ、キルシュ(サクランボ)シロップ→ホワイトチョコレート入りカスタードクリーム→10種類のフルーツ(オーストリラリアマンゴー・黒イチジク・洋梨・ブルーベリー・オレンジ・フランボワーズ・パイン・ブラックベリー・若桃・苺)、ナパージュ

となっています。

<ブルターニュ産“ル ガール”クリームチーズのムースタルト ~銀の星とともに~>
s-20111110_12.jpg

15cm(2~3人用) 3,300円
19cm(5~6人用) 5,300円


HPより・・・

“ル ガール”のナチュラルクリームチーズをふんだんに使用したまろやかな口当たりのムースとたっぷりの生クリーム、相性抜群のイチゴ、フランボワーズ、ブルーベリーを一面に飾りました。
キラキラ光る銀の星がクリスマスの夜を演出します。


構成は

タルト生地(ブリゼ)→”ル ガール”ナチュラルクリームチーズのムース→スポンジ、トリプルセック(グレープフルーツのお酒)のシロップ→生クリーム→フルーツ(イチゴ・ブルーベリー・フランボワーズ)、ナパージュ、銀箔の185086.gif

となっています。

さて、いよいよお待ちかねの試食のスタートですよ~97db7948e83c85ddb0e069f8da841359.gif

s-20111110_16.jpg

s-20111110_24.jpg

ケーキのお供に、ダージリンファーストフラッシュをポットサービスで出してくれました。
緑茶に近い紅茶でストレートで飲むのがおすすめなんだそう、なくなったら差し湯もしてくれ至れり尽くせりでした。

ちなみに試食サイズはこの大きさ↓
s-20111110_25.jpg

店長さん曰く、張り切って大きめにカットし過ぎてしまったらしいです。
うん、なかなかのパンチ効いてる大きさですが・・・、無事、食べきれるでしょうか???

お持ち帰りはできない規則なので、完食するには「食べる順番が重要だな・・・」と、思ってたので重そうなのから食べることにしました。

<タルトプレミエ 赤いフルーツのリースタルト ~金の星とともに~>
s-20111110_49.jpg

s-20111110_27.jpg

s-20111110_29.jpg

見本のホールのタルトにはのってましたが、アメリカンチェリー143719.gifの入荷が間に合わなくて、試食用ケーキにはのっておらず、代わりに黒イチジクが多めにのせてあったそうです。

これ、Wチョコムースなので甘いと思うかも知れませんが・・・、そうではありませんでした。

お店から

「見た目は雪だるまとかあってお子様に好かれる感じなのですが・・・、”ザ・マッカラン12年”がしっかり効いた大人味のケーキです」

という説明を受けてたんですが、一口食べた瞬間にぶわっとお酒の香りと風味が広がり、本当にしっかりめに効いてるのがヒシヒシと解り、ワタシ、酔っ払う138157.gifんちゃうかな・・・?と、少し不安になるくらいでした。

でも、たっぷりの赤いフレッシュなフルーツ達の果実の酸味とジューシーさ、野いちごのソース、ほろ苦タルト生地などと一緒に食べると、「甘酸っぱい、ほろ苦い」という風味が前面に出てくるので、お酒の風味やチョコムースの濃厚さがだいぶ緩和され、口の中で一体になると、まさに至福な瞬間 がやってきます。

基本は濃厚ではありますが、途中からお酒も気にならなくなり、思ったよりいい感じで食べれました。

で、ちょっとビックリだったのは、タルト生地がブラックココアブリゼということで、基本のパイ生地に近いものにブラックココアを混ぜたものなんですが、ココアを混ぜたら、パイ生地というよりは、シュクレやサブレ生地のようにザクッと固め食感のほろ苦タルトちっくになってたこと。

どっちかというとパイ生地よりシュクレ生地の方が好きだし、甘くないほろ苦テイストだったのでこの生地自体はすごく好みだったんですが、なんせ、生地の厚みがしっかりあるので(上の試食サイズの画像の隣りのタルト生地達の厚さと比べてみて下さい)、フォークではなかなか切れないし、Wチョコムース使いで重みがありパンチ効いてて今回の中では1番ボリューミィだったので食べるのにひと苦労&食べ終わる頃にはいきなりお腹いっぱいになってしまいました169688.gif

おっと、忘れてはいけない、見えづらいですがポイントは・・・、クリスマスを意識した金箔の185086.gifがポントです↓
s-20111110_32.jpg

<10種のフルーツタルト ~ホワイトチョコレート風味~>
s-20111110_20.jpg

s-20111110_46.jpg

s-20111110_43.jpg

う~ん、見るからにカラフルで華やか101811.gifなこのタルト。

キルフェボンの人気レギュラーメニューに季節のタルトってのがありますが(一番下にも秋バージョンの画像載せてます)それのクリスマススペシャルバージョンって感じですかね?

試食用ケーキでは全部のフルーツがいただけるようにという配慮で、実際のクリスマスケーキのトッピングのフルーツを季節のタルト風に散らしてるバージョンで出てきました。
(ケンカにならずに済んでよかった)

レギュラーの季節のタルトはカスタードクリームオンリーなんですが、こちらはカスタードクリームにホワイトチョコレートが加わっているので、いつもとは違う少し甘めな感じに仕上がってるそうです。

参考画像を こちら に載せますが、クリームの色と質感がちょっと違うの解りますかね? 

他の2種類と違って、フルーツをたくさん使って、フルーツの美味しさを存分に堪能するタイプのケーキなので、基本構造はタルト生地、クリーム、フルーツとシンプル構造ですが、やっぱ、フレッシュフルーツたっぷりなだけあって、めっちゃ、フルーティージューシーです。

ホワイトチョコ入りのカスタードは、ベリー系(イチゴ、ブルーベリー、フランボワーズ、ブラックベリー)の酸味とも、マンゴー、パイン、オレンジのトロピカルフルーツの甘酸っぱさとも、黒イチジク、若桃、洋梨の優しい甘みとのバランスが合うように考えられている感じで、バター風味のさくさくパイ生地のタルトとの相性も抜群で美味しかったぁ

で、このケーキのポイントは・・・、この緑のフルーツ↓
s-20111110_48.jpg

若桃って、見たことも聞いたことも食べることも初めてだったんですが、桃を赤ちゃんの時に摘み取り、シロップ漬けにしたもので、食感は梅酒の梅のような感じでシャクっとした食感で、甘い中にかすかに桃の風味がするフルーツでした。
桃をイメージすると何か違いますが、食感、風味ともにおもしろい食材でした。


<ブルターニュ産“ル ガール”クリームチーズのムースタルト ~銀の星とともに~>
s-20111110_17.jpg

s-20111110_37.jpg

お店の方曰く、他の2つに比べると見た目がシンプルなので、一番人気薄らしいです・・・。
でもね、ワタシ的には1番好きだったなぁ1_20101018195750.gif

まず見て解る、丸々の大きさでデデーンとのってる巨大ないちごちゃん、これ、いちご好きな方にはたまんないでしょうね。

サクサクパイ生地、ル ガールのクリームチーズをふんだんに使用したまろやかな口どけのチーズムースと甘さ控えめの生クリーム、ふわふわスポンジが層をなし、それにベリーの酸味が絡んでくる、ケーキの王道、ショートケーキのクリームチーズタルト風ってな感じで、食べた感じも重くないので、万人受けする外さない美味しさがありましたよ。

クリームチーズが入ってるおかげで、サッパリ感もあり、非常に食べやすかったので、最後に食べて正解でした

こちらのポイントは銀箔の185086.gifね↓
s-20111110_34.jpg

お腹、パンパンでありましたが・・・169688.gif169688.gif169688.gif、気合で完食させて頂きましたよ!!

タルトという素材を使い、キルフェボンと言えば「フレッシュフルーツ」と言うべく、フレッシュフルーツをふんだんに使いながら全く異なった3種類のクリスマスケーキを作りあげたキルフェボンさん、本当に素敵だと思いますDIMG0202.gif

我が家は2人家族なので、買うのにはなかなか勇気がいる感じですが、お友達とのクリスマスパーティとかでこのケーキを持っていけば盛り上がること間違いなしでしょう!!

今年のクリスマスケーキがまだお決まりでない方は候補に入れてみてはいかがでしょうか?
以上のケーキ、3種類とも10/11より予約が始まっています。

受渡期間は 12/20~12/25

詳細は こちら にてご確認頂けますので。

ついでですが、ショーケースの中にあったホールタルトをパチリんこ181090.gif
<季節のフルーツタルト~秋バージョン~>
s-20111110_14.jpg

ピース¥630 
ホール:(15cm)¥2,625、(17cm)¥3,045、(21cm)¥4,830、(25cm)¥5,985


秋バージョンということで今が旬の柿をメインに色とりどりの華やかなフルーツがいっぱいのタルトで美味しそう♪

12月からガラッと冬メニューに切り替わるそうなので、またチェックして行かなくては!!

キルフェボンさん、今回は素敵な試食会を有難うございました。
通常、カット売りでの販売がないクリスマスケーキを1度に3種類もお試しできて、今思い出すだけでも、happyなひと時☆彡でございました0120_20111028203609.gif

今後も東京だけではなく、京都でも頻繁に試食会を実施して頂きますよう宜しくお願いします!!

  
<お店の紹介>
「キルフェボン京都」
住所:京都市中京区木屋町通三条上ル恵比須橋角恵比須町534-18
TEL:075-254-8580
営業時間:11:00~20:00 
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:スイーツ
ジャンル:グルメ
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。