粉もんスイーツ&パンが大好きな京都の主婦です。このブログでは私が食べた物を中心に紹介していきます♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夢の国でのイートイン&テイクアウト
2011年09月29日 (木) | 編集 |
ふ~、時差ボケがちょいと残ってて、変な時間に強烈な眠気が襲ってきます

さて、色んな記事がたまり過ぎてどれからアップしていいのか解らないのですが、とりあえず、かき氷&マカロンアイス編だけアップした エスコヤマ をいっときましょうかね。

前にも言いましたが、ワタシが行ったのは8月末なので、今はないメニューが多いと思いますのでご了承下さい。

丁度、ワタシが行く前の週が夏期休暇だったエスコヤマ、なんと休み明けにガラッとメニューが秋仕様に変わってしまい、それまであったマンゴー使いのケーキがゴソッと消えてしまって ワタシは大ショックだったのです 

そして、 hanare のイートインメニューに奇跡的にあったマンゴー使いのケーキに飛びつきました↓

<ミルフィーユ マンゴー・マンゴー>
s-20110830_10.jpg

ケーキセットにしたので、もれなく季節のジェラードがついてくるのですが(お店側がチョイスしたものがのってくる)油断してたら、な、なんとメロンのソルベでございました
うん、コヤマの力を持ってもメロンはやっぱり好きになれないね・・・。

s-20110830_09.jpg

や~ん、トッピングにヘーゼルナッツのってる。
ナッツが好きなワタシにとっては嬉し過ぎっ

でもね、このミルフィーユ、どうにもこうにも食べにくいので、お行儀悪いですが、倒させて頂きました↓
s-20110830_16.jpg

パリサクのミルフィーユ生地、カスタードクリーム、きゅんと甘酸っぱいマンゴーのジュレ、スポンジ、キャラメリゼナッツの層と、全てが美味し過ぎましたぁ~

<ハウスティー ルフナhanreスペシャル>
s-20110830_12.jpg

飲み物はいつもの紅茶をミルクで頂きました。

で、甘いものの後にはしょっぱいものが食べたくなるので、 エスブーランジェリー にて購入したパンを温めてもらって食べました↓
<日向牧場のカチョカバロ¥315>
s-20110830_18.jpg
s-20110830_21.jpg

カンパーニュが結構弾力がございまして、微妙な断面になってしまいましたが、カンパーニュの上にピクルス、ベーコン、ポテトを乗せ、エキストラバージンオイルで風味つけ、更にスモーキーなカチョカバロを薄くスライスしてその上をカバーリングのようにのせ、ペッパー、シーソルトをのせオーブンで焼き上げたタルティーヌです。

で、このカチョカバロ、本場イタリアで修業した職人が三田の牛乳を使って創りあげているそうです。
カチョカバロがいい感じでスーモクされており、めっさエエ香りがしてお味もグーでした。

さて、お次はテイクアウトしたものをズズズぃっと、いってみよ~♪

<コヤマロール ¥1260>
s-20110830_56.jpg

カット断面がちょいと汚いですが、コヤマといったらお約束のコヤマロール
久々に食べても、改めて”ウっマぁ~”と、感動できるのがこのロールのスゴいとこだと思う。

<クリーミー2 ¥336>
s-20110830_59.jpg
s-20110830_61.jpg

基本、ケーキは事前にHPをチェックして予約して行くのですが、これは、HPに載っていなかったのに店頭に並んでいたので買いました。
ホワイトチョコレートムースの中にフロマージュブランが入ったケーキ。

全体的にとってもエアリーで、クリームもフロマージュブランもムースもフワッとしてます。
ホワイトチョコムースは甘すぎず、中のフロマージュも酸味が効いていていい感じ。

<スピリッツH ¥472>
s-20110831_67.jpg

見た目は秋っぽさ全開のケーキですよね、でも輝く夏の大地をイメージしたものなんだそう。
パッションのムースとミルクチョコレートの相性の良さから考えられたケーキなんだそうで、キャラメルとチョコレートで広がる大地をイメージさせ、トッピングのマカロンで太陽を表してるそうです。

s-20110831_68.jpg

構成としては薄いチョコレート、ちょっと酸味のありながらもビターテイストのチョコのグラサージュ、キャラメルムース、チョコスポンジ、ココナッツムース パッションムース、パッションジュレ、ココナッツ入りダコワーズ、と複雑な多層構造。

これが、また、ワタシのストライクど真ん中の味だった!!

複雑な構造なんだけど、甘さの中に酸味がいい感じで効いてて、ちゃんと融合できてて、チョコとパッションの相性の良さが解ります。

s-20110831_74.jpg

トッピングのマカロンはマンゴー(生地)とバジル(クリーム)のマカロンで、小さいながらにも手抜きはなしですよ~

<カプチーノ ¥420>
s-20110831_76.jpg

このケーキはある雑誌の企画から生まれたんだそう。
その時のテーマはビールに合うお菓子だったそうで、コヤマシェフはフランスアルザスで飲んだオレンジの薬草リキュール「アメール・ピコン」をビールで割ったカクテルを思い出し、それに更にコーヒーの苦味を加えてみたら?と思い、このケーキを作ったんだそうです。

s-20110831_77.jpg

名前だけ聞くと、飲み物とカプチーノと同じ感じのコーヒー味のケーキを想像しがちですが、構成としては、ホワイトチョコをきかせたカフェオーレムースの下にオレンジの苦味をきかせたジュレとムースジョコンド、そしてワタシの大好きなサクサク食感のフィアンティーヌが層をなしてます。

カフェオーレとオレンジってあまり一緒に食べる機会ないですよね?
どんな感じなの?って思いますよね?

これがカフェオーレムースのほろ苦甘みの中にオレンジの苦味と爽やかさがうまい具合にきいていて、意外なくらいに違和感なく美味しいんです~

<レモンパイ ¥336>
s-20110901_84.jpg

一般的にケーキ屋のレモンパイっていうと、トップがメレンゲモリモリってのが多いですよね?
ワタシ、メレンゲの甘味があまり好きじゃないので、メレンゲがのってないコヤマのレモンパイはまさに理想的。

で、断面からお解かり頂けるかと思いますが、下の方に茶色の層がありますよね?
その層はヘーゼルナッツのシャンティとミルクチョコのムースの層なんです。

ザクザク食感のパイにふんわりなめらかな口どけのレモンクリーム、アクセントできいてくるヘーゼルナッツの香ばしさとミルクチョコの優しい甘味がレモンクリームの酸味を緩和させて食べやすくしてくれてて、食べながら、お~っと感心してしまう美味しさです。

<おはぎさんの煮込みハンバーグロコモコ風キッシュ ¥630>
s-20110830_50.jpg

コヤマシェフのハンバーグへのこだわりを最大限に生かす為、パティシエールの荻原さんという方と試行錯誤の上、作った煮込みハンバーグがのったキッシュ。

断面はこんな感じ↓
s-20110830_52.jpg

ロコモコということで、トップにうずら卵の目玉焼きがのってたんですが、ご覧の通り中にはごはんも入ってます。

このキッシュが ヤバうま だったんですよ!!

パイ生地はサクサク、中のアパレイユが濃厚クリーミーでめっさ美味しいし、煮込みハンバーグも肉々しくて美味しい、そしてご飯の粒々モチモチ感が゚*。最 (*゚д゚*) 高。*゚なんです。

小ぶりなのにお値段が¥630もするので、お高めなんですが、食べて後悔なしの一品でした。

続いて、エスブーランジェリーでのテイクアウト↓

<ベーグルきなこ ¥168>
s-20110830_45.jpg

HP見た時にオレンジピールとサルタナレーズンが入ってるベーグルドーナツを買うつもりだったのに、現地で買う時に間違えて隣に並んでたベーグルきなこを取ってしまいまいました。

s-20110830_48.jpg

この断面↑で、アンコが入ってるのを見て、始めて間違いに気づいたワタシ

捨てるワケにも行かないし、恐る恐る食べて・・・、ビックリ

「あら、美味しい」

あんこが粒餡なのにさほど甘くないんです。
そして、このベーグルはきなこもちをイメージしているとかで、実際に細かく刻んだお餅を生地に練りこんであるそう。

で、ベーグルと言えば、一旦湯通しした生地を焼くのが一般的なんですが、このベーグルは焼かずに油で揚げてあるのでどちらかというとドーナツ風な感じです。

たっぷり黄粉がまぶしてある表面はカリッと甘香ばしく、中はねっちりもっちり食感できなこおはぎのよう。
このもっちり食感が見事にワタシのツボにはまりました。

<3種のベリーとパイナップルのベーグル ¥189>
s-20110830_42.jpg

s-20110830_47.jpg

こちらはノーマルタイプのベーグルで、生地にベリー果汁が練りこまれてるのかな?とってもキレイなベリー色をしています。
そして中にはセミドライのクランベリー、ブルーベリー、パイナップルが入ってます。
これもモッチリ食感で、ドライフルーツがジューシーで美味しかったぁ♪

<パティシエが創ったクリームパン ¥168>
s-20110831_63.jpg

s-20110831_65.jpg

これも毎回必ず買っちゃうパンです。
カバーリングしてるビスキュイ生地とクリームがたまらなく好き

<ピスタチオチュロス ¥120>
s-20110830_44.jpg

s-20110830_53.jpg

チュロス生地にピスタチオをたっぷり練り込み、周りにフランボワーズのジュガーをまぶしてあります。
これもモチモチッ食感で美味しい
ピスタチオの濃厚さと甘酸っぱいフランボワーズがマッチしてたまんない

今回、マンゴー尽くしは叶わなかったけど、どれも美味しくて大・大・大満足!!

エスコヤマは、やっぱりワタシにとっては夢の国でしたぁ。

次はいつ行けるかなぁ・・・?
kayomaruさん、連れってくれて本当に有難う~っ♪感謝☆(人゚∀゚*)☆感謝♪
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:スイーツ
ジャンル:グルメ
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。