粉もんスイーツ&パンが大好きな京都の主婦です。このブログでは私が食べた物を中心に紹介していきます♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
尾道でテイクアウトしたもの
2011年08月25日 (木) | 編集 |
さて、今回は尾道で買ったものをご紹介♪

かき氷を食べた後、線路沿いに国道を尾道駅方面へと歩き、光明寺を目指します。
光明寺境内をそのまま突き抜けて、裏道(路地)に出るとすぐに看板が出てきますので、それに従って行くと、現れるのがこちらのお店↓
s-画像 058

s-20110813_81.jpg

s-画像 061

s-20110813_80.jpg

 「ネコノテパン工場 ~~~っ」

ご覧の通りの間口も店舗も小さくて(1畳ぐらい?)、人、1人入るのが限界ではないでしょうか?
古民家を改装した感じで、抜群にカワイらしい雰囲気のお店です。

販売スペースが狭いのでパンの種類はさほど多くありません。
パンを選んだ後、販売スペースの奥にある工房に続く小窓が開いて、そこからお店の人が顔を出して、お会計をするという仕組み。
なんか、そんなやり取りもカワイく思えてしまう尾道マジック。

次の日にホテルで、旦那が朝食として食べました↓
<チョコパン ¥100>
s-20110814_109.jpg

s-20110814_110.jpg

<チョコクロワッサン ¥50>
s-20110814_108.jpg

家まで持ち帰ってワタシが食べました↓
<日替わりパン:ごま・カマンベールチーズのパン ¥130>
s-20110815_06.jpg

s-20110815_07.jpg

モチモチ生地にごまの風味も効いてて、焼き戻したら、カマンベールがトロ~ンとなって美味しかったぁ。

<チョコとクランベリーのリュスティック ¥130>
s-20110817_26.jpg

s-20110817_31.jpg

チョコとクランベリーって合いますよねぇ。

基本、小ぶりでお手頃価格のパンが多いです、味も悪くないと思います。
今回は売ってなくて買えなかったんですけど、日替わりメニューでバナナのパンやレモン食パンとかあるらしく気になります。

<お店の紹介>
「ネコノテパン工場」
住所:広島県尾道市東堂町7-7
TEL:050-5532-4716
営業時間:10:00~夕暮れ頃まで
定休日:火・水


さて、続きましては、絶品モナカアイスのからさわのすぐ近くのこちらのお店↓
s-20110813_95.jpg

「夕やけカフェドーナツ ~~~っ」 

今年の3月にオープンしたばかりというお店はちょっと、手作りレトロ感があり、カワイイ感じのお店です。

こちらのドーナツ、全て形がハート型なんですよ!!

ドーナツ生地には北海道の純国産小麦の中でも最高ランクの小麦粉のみ、他には国産大豆で作ったとうふ、てん菜糖、アルミニュウムフリーのベーキングパウダーなど、全て安心できる素材を使用し、100%純国産米ぬかから作られたこめ油で揚げており、トッピング素材にも、有機きなこや有機黒ゴマ、沖縄のきび砂糖、黒糖など こだわりの材料を厳選し、安全なドーナツを作っているそうです。

ドーナツの種類は結構ありますので、気になる方はリンクしてあるお店のHPを参考にして下さい。
食べてみたいのものたくさんあったんですが、日持ちがしないということで、1個ずつ買って次の日の朝食で食べました。

<きび砂糖のプレーンドーナツ ¥130>
s-20110814_104.jpg

旦那、チョイス。

<瀬戸の塩生キャラメル ¥180>
s-20110814_106.jpg

s-20110814_111.jpg

ワタシ、チョイス。
プライスカードに「冷やして食べてもおいしい!!」って書いてあったんですけど、買った時に冷えたものをくれたので、ホテルの冷蔵庫で再び冷やして頂きました。

ミスドで言うとことのオールドファッションタイプのドーナツで、外側サクッ、中は身が詰まった感じでドーナツ生地自体はやさしく素朴な感じ、油こさはなく、冷やしても生地が固くなる感じもなかったです。

これねぇ、トッピングの塩生キャラメルが エラウマ

冷やしても、噛むとビニョーンと伸びがある生キャラメルは、塩気が効いてるので甘じょっぱくて笑顔のこぼれる美味しさ。

身が詰まった感じなので1個食べると結構お腹が膨れます。

他にも気になるフレイバーがあったので、色々買えなかったことが心残りです。

そして、最後は尾道駅の近くにあるこちらのお店↓
s-画像 077

「おやつとやまねこ ~~~っ」

福山・尾道に数店舗の飲食店を手がける いっとくグループ の中の尾道にある やまねこカフェ からとびだしたおやつ部門なんだそうです。

こちらもレトロ感いっぱいのお店構えでカワイイでしょ?

行列はできてないけど、1人帰ると次の人が来て・・・と、5分弱シャッターチャンスを狙ってましたが、なかなか人が途切れないので、買いに来たお客さんの後ろ姿入りの画像になってしまいました。

<尾道プリン ¥300>
s-20110814_102.jpg

s-20110814_103.jpg

表には山猫、裏にはプリンを作ってるスタッフと、プリンと、それをねだる子供が描かれたオリジナルデザインのミニ牛乳瓶に入ってます。

s-20110814_112.jpg

でね、カラメルの代わりに添付されてるのがお弁当のお醤油によく使われるお魚型容器。
中には、因島や瀬戸田産の安心安全なレモンを贅沢に使用した特製レモンシロップが入ってるんです。
(なぜ、お魚型なのかというと”ネコはお魚が好きだから”なんだそうです)

この発想も何だかカワイらしいですよね。

s-20110814_114.jpg

買った時に保冷材をつけてくれたので、ホテルで冷蔵庫に入れ、次の日の朝に食べました。

お店がくれた案内においしいお召し上がり方が書いてあって

①冷蔵庫でよく冷やして、まずはそのままスプーンで一口
→広島北西部の「砂谷牛乳・生クリーム」、北海道産「てんさい糖」、尾道御調産「新鮮卵」など、体に優しい素材を集めて作られているプリンは、ちょっと固さがありながらも滑らかに口の中で溶けていくタイプで、濃厚クリーミィーで、めっちゃ美味しいです

②別添えのレモンシロップをかけると柑橘の酸味が甘さを抑え、甘酸っぱい初恋の味に・・・。
→きゅきゅんとすっぱいシロップを想像してましたが、甘味ベースの中にほんわり酸味が効いてる感じでプリンともほどよく馴染み、サッパリ感を産んで1つで二度美味しいって感じでした。

プリンは他にも抹茶味、塩カラメル味、季節限定でラズベリー、いちじく、はっさくetc・・・があるみたいです。

1個¥300で、割といいお値段がしますが、尾道に来たら一度は試して欲しい一品ですね。

<スコーン ¥180>
s-20110817_25.jpg

s-20110817_29.jpg

自家栽培の小麦で作っているスコーン。
ほんのり甘く、ザクッホロッで全粒粉のプチプチ感が味わえます。

<お店の紹介>
「おやつとやまねこ」
住所:尾道市東御所町3-1
TEL:0848-23-5082
営業時間:10:00~19:00(売り切れ次第、終了)
定休日:月(祝日の場合は翌日)


さて、これにて尾道編は終了です。

ワタシが今回行ったのは一部で、他にも色んなお店や映画ロケ地など、見所あり、食べ物あり、買い物もありと1日あったら充分楽しめるんじゃないかな?と思いますので、行ったことのない方はちょっと遠いですけど足を伸ばして出かけて見てはいかがでしょうか?
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:旅日記
ジャンル:旅行
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。