粉もんスイーツ&パンが大好きな京都の主婦です。このブログでは私が食べた物を中心に紹介していきます♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京はやしやにて「桃山ミルク」を食べる
2011年08月05日 (金) | 編集 |
ワタシの京都のかき氷探索は続いておりますよ~。

今回行ったのは、大行列の続く「茶寮 ぎょくえん」からそう遠くはない河原町三条にあるこちらのお店↓
s-20110804_10.jpg

「京はやしや 京都三条店 ~~~っ」

「京はやしや」といえば、創業宝暦3年の老舗のお茶屋さんが展開するカフェで、上質のお茶と、抹茶やほうじ茶などにちなんだオリジナルの和風スイーツを楽しめるお店です。
店舗一覧見たら、京都には1店舗しかないのに東京近郊に激しく進出しててビックリです

和風スイーツということで、これまたワタシにとっては縁遠いお店なので、これまで足を運ぶことがなかったのですが・・・、今回伺うことになったのは、これが食べたかったから↓↓↓
<桃山ミルク ¥850>
s-20110804_12.jpg

基本、京はやしやのかき氷は 
抹茶「千代の白」使用の ”宇治氷” とアッサムを使用した ”紅茶氷” の2種類なんです。

それにオプションで 白玉・抹茶わらびもち・ミルク・ヨーグルト金時・アイスクリーム・ソフトクリーム(抹茶・紅茶)がつけられるんだそうです。

そのかき氷のラインナップに去年から、夏季限定で登場したのがこの桃山ミルク。
京都三条店限定のかき氷なんです。

ちなみに、ワタシの撮り方が微妙だったので解りづらいのですが、名前に「山」とついてるだけあって高さも結構あるんですよ↓
s-img4999a8c8zik0zj.jpg
(※京はやしやのブログより写真を拝借しました。実際はこれよりちょっと高さは低かったかな?)

断面はこんな感じ↓
s-20110804_14.jpg

うん、自分で見て思いますが、これまたとっても解りづらい画像ですね・・・

氷はきめ細やか&ふんわりで、トッピングのアイスクリームがしっかり固めなので、アイスクリームを食べようとすると、アイスクリームが沈んでいきそうな勢いだったので、アイスクリームは後回しで氷から食べることに。

氷にかかってる桃のシロップ&練乳は、とても爽やかな桃味で甘過ぎなくて丁度いい感じです。
(もっと甘いのかと思ったけど、全然そんなことなく、ヘタしたら古の花のもも氷の方が、甘いかも知れないとワタシは思いました)

白玉はモチモチで、桃の果肉はコンポートかな?しっかり歯応え感があって酸味もちょいと効いてます。

でもね、悲しいことに結構な勢いで、氷が溶けてくの・・・

食べるのがしんどくなって、自ら潰してジュースにしなくても、底から勝手にジュースができていく感じ↓
s-20110804_15.jpg

s-20110804_16.jpg

で、ビックリしたのが、底面にちかづくにつれ、やんわり桃風味?の寒天ゼリーがゴロゴロ出てきます。
これが、最終的にパンチを効かせてくるので食べ終わる頃には腹パンでっせ~。

桃の風味をきちんと感じられ、すっきりした味で、美味しかったんだけど、氷がね、ふわふわ感はいいんだけど、もうちょっと溶けにくいとパーフェクトだったのにな・・・と、思いました。

行ったのは平日の15時過ぎ、店内が広いこともあり、お客さんはそこそこいるけど、並ばずスッと入店できました。

ぎょくえんの行列が無理だと思ったら、逃げ道としてこちらに行くのもありではないでしょうか?
(溶けやすい感じは似てますが、氷のキメが違いますし、ぎょくえんは今年限りなんで、無理でも頑張って並んだ方が後悔はないと思いますけどね~)

<お店の紹介>
「京はやしや 京都三条店」
住所:京都市中京区三条河原町東入る中島町105
               タカセビル6F
TEL:075-231-3198
営業時間:11:30~21:30(L.O.21:00)
無休
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:おやつ
ジャンル:グルメ
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。