粉もんスイーツ&パンが大好きな京都の主婦です。このブログでは私が食べた物を中心に紹介していきます♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たくさんのファンに惜しまれながら今年で閉店されるそうです・・・。
2011年07月25日 (月) | 編集 |
この夏、かき氷に、はまりかけている junjun でございます。

”京都 かき氷 絶品 ” というキーワードでググると ワタシのお気に入りの 古の花 、中村軒 etc・・・、皆さんもご存知であろう有名所が何店か出てくるんですが、そんな中で 今年で店を閉めるというウワサの 「茶寮 ぎょくえん」 に行ってきました。
(行くのは初めてです)

ご夫婦2人で営んでおられ、席数も多くないので、夏のピーク時には大行列で警備員さんまでいるというウワサだったので、ドキドキしながら行ったのはバイト帰りの平日の15時過ぎ、店の前に行列がなかったので ラッキー と思って中へ入って、店内を見渡すと、おっと満席。

すると、中からチャキチャキなおかみさんが出てきて

「只今満席ですから外でお待ち下さい、空いたら呼びますからねっ」

と、結構な勢いで言い放たれ、その勢いにビックリ&ビビって 追い出されるように外に出てお待ち椅子にかけて待っていました。

で、その後、お1人さんがやってきて、ワタシの横のお待ち椅子に座られました。
そして、5分もしないうちに食べ終わったお客さんが出ていかれ、おかみさんが出てきて「どうぞ」と言われたので、立ち上がったら

「あっ、そちらの方が先ですからっ、さっきから待っておられましたからっ!!」

と、またもやピシッと言い放たれ、またもやビビッて  座り直すワタシ。

どうやら待ってる間、その方はどっか行かれてたみたいで、でも、順番待ちの名前書いたりするとこないからここで待っといてくれないとワタシが来た時誰もいなかったら、自分が一番だと思うじゃん、それをワタシが順番抜かししたみたいに言われても・・・と、ちょっと気分を害しました。

そして、その後すぐに

「お1人さんね、さっきの方と相席でどうぞ」

と声かけられ、店内に。
ワタシは行く前からオーダーを決めていたんですが、先に入った相席の方が長い間、悩んでおられ、

「どうぞ、ゆっくり考えて下さい」

と、おかみさんに言われてはったので、「じゃ、お先に失礼・・・」と、ワタシのオーダーを言おうとしたら、おかみさんにちょっとけげんそうな顔をされ、「えっ?あかんの?」と、再度ビビる  ワタシ。
(ま、けげんながらにも先にオーダーは聞いてくれましたけどね・・・)

で、結局、ワタシのオーダーが先だったのに出てきたのは、ワタシの後にオーダーした相席の方が先でした。
(オーダー順ではなく、入店順なのね)

う~ん、何だかな・・・、この時点で ”どうやら、ワタシはこのおかみさんと波長が合わないな・・・”と、感じずにはいられませんでした。

なので、 ”長居は無用、絶品と言われるかき氷を頂いてとっと退散しよう” と心に決めました。

メニューはこんな感じね↓
s-20110722_25.jpg
s-20110722_27.jpg

<黒みつミルク¥550+白玉のせ¥130>
s-20110722_22.jpg

お~、ウワサ通り、まるでカンナで削ったかのような薄さで、まるで羽か樹氷のような形状の氷が芸術的に美しいではないですか

s-20110722_23.jpg

裏向けると、ちゃんと、オプション追加の白玉も入ってまぁ~す。

s-20110722_24.jpg

で、食べようとスプーンを氷に入れた瞬間、ザクッという手応えではなく、スプーンの圧力でシュワ~ンと氷が溶けながらズボッと氷の中に入っていったでビックリ

急いで口の中に入れると、これまた口の温度でほわぁ~と溶けてなくなります。

これはねぇ、今まで食べたことがない食感のかき氷でした。
はかな過ぎるほどの繊細氷で、口当たりがめっちゃいいんです。


で、黒糖の風味がしっかり効いた黒蜜とミルクがその繊細な氷に絶妙に絡んでおいしぃ~
白玉も固くなることがなく冷たくてモチモチでおいし~

一番すごい所は口の中でスッと溶けてなくなるので、かき氷特有の頭に抜ける「キンキン感」を全く感じないまま食べ終えることができる ことかな?

店内に ”今年で閉店します”的な張り紙等はありませんでしたが、何人かのお客さんがおかみさんに

「今年で辞められるんですか?」

って、聞いておられ、

「あら、よくご存知で・・・、そうなんです、辞めないでくれぇ~って声もあるんですけどね・・・」

と、おっしゃっていたので、やはり 今年限りで閉店される ようです。

氷を削ってるのはご主人なんだそうですが、刃の角度や削り方を研究し、時間をかけて細かく細かく氷を削っているそうなんで、注文してから出てくるまでに時間がかかるので、外で待って、中でも待って・・・ということになるみたいですね。

食べ終わっていそいそとお店を出たら、すごい行列ができていたので、ワタシはタイミングよくお待ち時間が少なく食べれたみたいです。

今年で最後というウワサは確実に広まってるみたいです。
全国レベルでファンがいるみたいなので・・・、最後となるとこの夏は更に行列になることは間違いないでしょうね。

食べたことのない方は行列覚悟で、一度は食べておきたいかき氷ではないでしょうか???
(かき氷は10月迄だそうです、お店自体は夜遅くまでやっているので平日の夜が穴場かな?と思いますが、氷がなくなり次第、終了されるみたいなので要注意で・・・)

美味しかったら、閉店までに旦那を連れてもっかい行こうと思ってたんですが、ものすごく美味しかったけど、あのおかみさんとは波長が合わない感じなので(多分、ああいうしゃべり方で、きっと悪い人ではないんですが、あの強気な態度がね、お客さんを誤解させることもあるんじゃないかと思います・・・)、ワタシはもう行きませ~ん。

最初で最後の絶品かき氷、とてもおいしゅうございました

<お店の紹介>
「茶寮 ぎょくえん」
住所: 京都市中京区 先斗町三条北突当り
TEL:075-231-8353
営業時間:14:00~21:30(L.O.21:00)
定休日:水・木
※子供はお断りなんだそうですので、連れていかないようご注意を・・・(きっと、ピシッと言われちゃいますよ)

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:おやつ
ジャンル:グルメ
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。