粉もんスイーツ&パンが大好きな京都の主婦です。このブログでは私が食べた物を中心に紹介していきます♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デカネタ寿司対決!?
2011年10月18日 (火) | 編集 |
しばしの放置で、失礼しました。

ネタが溜まり過ぎてて何からあげていけばよいのか・・・?ってな感じに陥っておりますので、

お得意の画像中心で一気に2店舗分アップさせて頂きますね~

いつのハナシやねんっ・・・なんですが、母の日、父の日でお互いの両親を連れていったお店でございます。

まず、旦那の両親と行ったのは・・・
s-画像 001

「一楽ずし ~~~っ」

最寄は京阪香里園駅です。

ワタシは旦那と付き合い初めてすぐぐらいに1回行ったことがあります、旦那の両親も過去に旦那と1回来て気に入ったらしく、リクエストされたんだそうです。

ここの特徴は、お寿司のネタの大きさがハンパないこと。

義父&義母に食べたいものを頼んでもらい、私達はそれをつまむという形式にしました。
(こちらは奇跡的にレシートが残ってましたので、こんなけ日が経っていても料理名もお値段も完璧でございますのよ

<活貝柱の造り ¥667>
s-画像 002

なんか、よくよく見返してみると、他のものはキリのいい値段なのにこれだけ半端な値段だったことが不思議

<タコの造り ¥700>
s-画像 004

<あわびの造り ¥1,900>
s-画像 005

義父がアワビ好きでオーダーしはったんですが、メニューには値段が載っていない時価でドキドキ
結構、いいお値段でしたね・・・(安いランチなら2回食べれるよね)

<はまちの造り ¥1,350>
s-画像 009

義母がはまちが好きでオーダーしはったんですが、これ、量が多かった。
(半分の値段で半分の量にして欲しかった。)
うちの旦那がはまちが苦手だし、義父もワタシもハマチはそないに食べれないのでモテ余し気味になってたような。

<ゲソ塩焼き ¥500>
s-画像 008

<ブリかま ¥350>
s-画像 011

<鮭カブト焼き ¥500>
s-画像 015

<鯛 あら煮 ¥1800>
s-画像 012

これは義母がオーダー。
これも時価だったんですが、出てきてビックリの大きさ、お会計時にビックリのお値段でしたね
しかも、最後の方に頼んだのでやっつけるのが大変でした。

<手巻 明太 ¥250 イカ明太 ¥250 サーモンマヨ ¥250 >
s-画像 007

<赤貝 ¥800 サーモン ¥680>
s-画像 006

s-画像 010

ネタが大き過ぎる為、予め、ネタに半分で切り込み入ってるんですが、半分でこの大きさなんです。
すごいでしょ?

<鉄火巻 ¥240 ウナギ ¥470>
s-画像 003

<イカ ¥350 穴子 ¥680>
s-画像 014

<貝の赤だし ¥300>
s-画像 013

ネタの大きさの割にはリーズナブル?いや、ネタが大きいから少量でお腹一杯になるから結果的にリーズナブル?
そんな感じのお店ですね。

私達が行った時、お店はダダ流行りなのに人手が足りないのか?店員さんの対応がおっついてない(テーブルにベルあるのに鳴らしてもなかなか来ない)ことがかなり気になりました。

<お店の紹介>
「一楽ずし」
住所:寝屋川市香里新町3-8
TEL:072-832-0233
営業時間:12:00~23:00(L.O.22:45)
定休日:水曜・第3火曜


そして、ワタシの両親と行ったのは・・・
馬ん場

「すし・ごはん 馬ん場 ~~~っ」 

以前、この記事にて ランチレポはさせて頂いております。

こちらはお値段、メニュー名とも解るものが何ひとつ残ってませんでしたので・・・画像をお楽しみ下さいませ。

<刺身盛合わせ&赤貝造り>
s-20110717_01.jpg

<明太ダシ巻き>
s-20110717_04.jpg

<鮭ハラス焼き>
s-20110717_06.jpg

<焼きホッケ>
s-20110717_07.jpg

握り寿司は1個からオーダー可能です

<サーモン、マグロ、炙りホタテ、トリ貝> 
s-20110717_02.jpg

<貝柱、鯛、マグロ、海老、玉子>
s-20110717_08.jpg

<穴子>
s-20110717_03.jpg

<ネギトロ、カニ味噌、ウナギ、炙り鯖>
s-20110717_09.jpg

<北海スペシャル>
s-20110717_11.jpg

サーモン、貝柱、イカ、ウニ、イクラがのってます。
これ、スペシャルで美味しかった

<サーモンマヨ巻き、うめしそ巻き>
s-20110717_05.jpg

<左:うめしそ巻き 右:海老サラダ巻き>
s-20110717_12.jpg

天ぷら盛合せも頼んだんですが、画像がない・・・。

画像では解りにくいかも知れませんが、ここはネタが分厚いのが特徴です。

冬場じゃなかったので白子炙り焼きとか食べれなくて残念でしたが、こんなけ食べて、ワンドリンク(全員アルコール飲めないのでオールウーロン茶)で確か1万ちょいぐらいだったような・・・?

皆さんお酒が入るのでランチタイムほどの張りつめた緊張感はなかったですが、でもちょっとピリリとした雰囲気はあったかな?

ここも流行ってるのに、ホールがおばちゃん1人しかいなくて、てんてこまいになってて、最後の方はオーダーしてもなかなかお料理が出てきませんでした。

<お店の紹介>
「すし・ごはん 馬ん場 (ばんば) 」
住所:京都府京都市南区吉祥院大河原町17-1 カドノハイツ103
TEL:075-313-0567
営業時間:ランチ 11:30~14:00
       ディナー 17:30~23:00
※ネタ切れ次第、終了
定休日:不定休


普段、こういう海鮮系のお店にはなかなか行かないので(くろしをぐらい?そいえば、くろしをも長いこと行ってないなぁ・・・)たまに行くと、ちょっと新鮮な気持ちになりますね。

あっ、肝心のデカネタ寿司対決、ネタの大きさは一楽ずしの勝ちでした!!
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:+お外でごはん+
ジャンル:グルメ
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。