粉もんスイーツ&パンが大好きな京都の主婦です。このブログでは私が食べた物を中心に紹介していきます♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「Bistrot Ramage(ビストロ ラマージュ)」でランチ
2011年06月25日 (土) | 編集 |
ワタシにしてはめずらしくちょいと頑張って、連日のアップをしていきますよ~

とある5月の休日にちょっとリッチなランチを食べに行こうと旦那君とやってきたのは高倉押小路にあるこちらのお店↓
s-画像 009

「Bistrot Ramage(ビストロ・ラマージュ)~~~っ」

こちらのお店、1990年3月に四条烏丸西にオープンし、2008年10月末からしばしお休みに入られ(シェフが病気をされたんだとか)、2010年4月に移転&再開店されたんだそうです。

ランチメニューはこんな感じね↓
s-画像 010

今回は真ん中の ¥3,150のコース(前菜+スープ+メイン+デザート+カフェ ※デザート以外はプリフィクス) を頂きました。

窓際に奥様の趣味というこんなカワイイオブジェがあり、思わず激写です↓
s-画像 011
s-画像 012
s-画像 013
s-画像 014

<炭酸入りブドウジュース 赤&白>
s-画像 015

リニューアル1周年ということでHPにドリンクサービスのクーポンがあったので使用しました。

<アミューズ:仔羊のパテとライ麦トースト>
s-画像 017

小さいながらもパテが出てくると、思わずテンション上るよねぇ↑↑↑
ちょっと羊臭さはありましたが、肉々しくピスタチオも入ってて、濃厚で美味しかったです♪

<前菜:魚介類テリーヌ>
s-画像 020

フワッフワ食感で、魚介の旨味がギュっと凝縮しててウマし~

<前菜:えぞ鹿とフォアグラのショーソン>
s-画像 024
s-画像 029

手前の緑色のソースはナスなんだそう。
えぞ鹿のミンチにフォアグラを加え、さっくりしたパイ生地で包んでこんがりと焼き上げてあります。
パイにナイフを入れると、肉汁が出てきてジューシーで美味すぃ
(鹿の臭みもほとんど解らなかったです)

<パン>
s-画像 030

このパンが、熱々で出てくるんですけど、まわりがハードでサクッとした生地で中の白い部分がもっちりしててバリうまなんですよ!!
で、ついつい食べちゃう。
なくなると、言わなくてもスッとお代わりを持ってきてもらえるので、旦那は計3個も食べてました

<魚介のビスク ルイユ添え>
s-画像 031

スープも2種類からチョイスできて、この日のもう1種類はカリフラワーのポタージュだったんですが、事前にこれが美味しいって調査済みだったので2人ともこれにしました。

このビスクが、大好きキャトルラパンの甲殻類のスープと似てて、魚介のエキスがギュギュっと濃縮されたスープでバリうま

s-画像 033

で、添えてあるルイユとはマスタードとニンニクのペーストで作ったプロヴァンスソースのことで、ニンニク風味でピリ辛のマヨネーズソースみたいな感じ。

s-画像 034

「お好みでクルトンにルイユを付けてスープに浮かべて召し上がってください」

とのことだったので、やってみたら、一味変わって、これがまた超・ウマ

余ったルイユは、パンにつけて食べても美味しいので、パンが益々進むよねぇ~。

<メイン:牛フィレ肉 マッシュルームとマスタードのソース>
s-画像 039

肉、柔らかぁ~い、そして、ソースがウマぁ~い

<メイン:鴨モモ肉のコンフィ>
s-画像 036
s-画像 037

コンフィとは鴨のモモ肉の余分な脂を掃除して、粗塩、コショウ、ニンニク、タイム、ローズマリー、ローリエをまぶして一晩つけておき、それを翌日に、流水で洗い、本来は鴨の脂で低温で数時間、肉が柔らかくなるまで煮込み、その脂の中で保存するそうなんですが、こちらでは、鴨の脂の代わりに、オリーブオイルとグレープシードオイルを使って、少し軽い風味に仕上げているそうで、サーブする際は、皮をカリッと焼き、中がしっとりホロリとなるように調理しているんだとか。

骨付きなので、食べるのにちょっと苦労しましたが、皮パリで、ジューシーで美味しかったぁ

<デザート盛合せ>
s-画像 040

波照間島の黒糖を使って作るクレームブリュレ、クルミ入りガトーショコラ、マンゴーのシャーベットの3種。

マンゴーがとっても濃厚で美味しい!
ただのガトーショコラでなくカリッとクルミのアクセントが効いてるガトーショコラはナッツ好きのツボにはまりました。

s-画像 044

で、付け合せのフランボワーズとタピオカのタピオカが緑色なの解ります?
これ、ミント風味がつけてあるんですよ、しかもフランボワーズの中にも仕込んであるという芸の細かさ

s-画像 049

黒糖のクレームブリュレってめずらしいですよね?
一般的なブリュレより生地は粗い感じでねっとりした食感ですが、黒糖の風味が効いていて美味しいですよん♪

<コーヒー>
s-画像 045

アミューズからデザートまで全てが美味しかったので大満足です!!

特に魚介のスープはヤバイですからっ!!!

最近流行りの創作系ではなく、基本に忠実なフレンチといった感じで、食べてて丁寧な仕事ぶりが解るので、どれを食べても安心して美味しく食べれるのでいいと思います。

ただ、事前調査の際とワタシが行った時とメニューがほとんど一緒な感じだったので、1回目はいいけど、2回目以降はどうかな・・・?って感じですかね。

お料理はとても美味しいので、今後、メニューのバリエーションを増やしていって欲しいなと思います。

<お店の紹介>
「Bistrot Ramage(ビストロ ラマージュ)」
住所:京都市中京区高倉通押小路上ル瓦町555-1 
          西村良ビル1階
TEL:075-255-1072
営業時間
ランチ  12:00~15:00 (LO 14:00)
ディナー 18:00~23:00 (LO 21:00)
定休日 水曜日 & 第3木曜日
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ランチ
ジャンル:グルメ
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。