粉もんスイーツ&パンが大好きな京都の主婦です。このブログでは私が食べた物を中心に紹介していきます♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「Gaspard de la Nuit」 でランチ
2011年06月07日 (火) | 編集 |
本日は関西ネタ、行っときまぁ~す

ココット料理を売りにしていた ガスパール の3号店 ガスパール・ド・ラ・ニュイ が、この1月に ”牛肉料理専門のフレンチ食堂” としてリニューアルオープンしてたんだそうです。

で、それまではディナー営業のみだったんですが3月からランチ営業を始めたという情報を聞きつけて、烏丸に用事があったついでに行ってみました。

ワタシはお店には初めて行ったんですが、ビルの地下にあるお店は入ってすぐにカウンター席が6席ぐらい?と奥に10人がけくらいの大テーブルが1つのみと、かなりこじんまりした規模の店舗だったのでビックリでした

ランチは 基本、1,000円(税サ込み)の1種類で、メインを6種類ぐらいから、デザートは2種類から選べるスタイルです。

<ドライカレーとガーリックトースト>
s-画像 012
s-画像 013

「ドライカレーに卵黄をよ~く絡めて、ガーリックトーストにのせて食べて下さい」

と言われたのでその通りに。

うん、卵黄が絡んだことによってまろやかさが出た感のあるドライカレーをカリカリのトーストにのっけて食べるのはちょっとしたおつまみ感覚で美味し~

<ガスパール風野菜サラダ>
s-画像 016

確か、「10種類ぐらいの野菜が採れます・・・」って言われたと思うんですが、実際の所は ”ラディッシュ、プチトマト、ヤングコーン、ブロッコリー、パプリカ、絹サヤ、ハスイモ” と計7種類だったかな?の温野菜と生野菜のサラダでした。
見た目がとってもキレイでいい感じですよね。
お皿にドット柄で描かれてるソースはパプリカのピューレのソースだそうです。

s-画像 017

この器に入ってるのがは西京味噌入りのバーニャカウダソース
これが、ヤバうま

「お野菜もっと下さいなっ!!」と言いたくなるほどの濃厚テイストでした。

続いて、ワタシが選んだメインはこちらっ↓
<オニオングラタンスープとステック・アッシェのミニバーガー>s-画像 018

これまたビジュアルがカワイくてグー

ちなみにこの日のメインは他に

☆牛タンとキャベツの春巻き芽キャベツのフリット

☆牛ホホ肉とトリップの赤ワイン煮込みのハヤシライス

☆大きな大きなメンチカツ 水菜のサラダ、 タルタルソース

☆牛ハラミステーキ丼


がありましたよん。

s-画像 019

ワタシの大好きなオニグラスープ。
ザンザンのランチだと、冬季限定でしか出てこないっぽいですが、こちらではレギュラーメニューであるみたいなので嬉しいですね!!

玉ねぎの甘味と旨味がギギュッと凝縮し、チーズがトロけてる熱々のスープをハフハフ言いながら食べるとたまらんウマイ

s-画像 023

手でつまめるぐらいかわいいサイズのミニバーガー

「牛肉100%のハンバーガーです」

と言われたんですが、”スティックアッシェ”ってのが、フランス風ハンバーグだそうで、原則として赤身牛肉の粗引き肉だけを使い、パン粉などのつなぎを使わないで作るハンバーグのことを言うそうです。

スティックアッシェ以外にはキャロットラペ、マスタード、ネギのソテーが挟まれてます。
このハンバーグが肉汁ジュワって感じじゃないんだけど、まさに牛肉100%!!って感じで肉々しくて肉の旨味があって美味しいの

肉の旨味に加えて、ネギのソテーが香ばしいし、キャロットラペもいい仕事してるので小さいけど満足感のあるバーガーでした♪

s-画像 022

オニオンリングは、甘みはあったんですが、衣がよれてて、ちっとばかし油こかったかな。
ワタシ的にはオニオンリングよりポテトフライを希望したい感じです。

バーガーはミニサイズですが、スティックアッシェに肉々しさがあるのでよく噛んで食べるし、スープに揚物とお腹膨らむ系の構成なので、このメインは女子なワタシには丁度よい感じでしたが、男性人にはちょっと物足りないかも知れませんね。

ちなみに隣の人が食べてた牛ハラミステーキ丼は女性のワタシが「少なっ」と思うぐらいのボリューム小(ステーキなんで原価の関係もあると思いますが)だったので、ステーキという言葉に惹かれると大食いさんは後悔することになるでしょう・・・。
(実際頼んだ人も「あら、カワイイサイズ・・・」と思わず声に出してましたから。)

<チョコレートのムース仕立て オリーブオイルのソース>s-画像 026

デザートはこの他にガスパール定番のデザート グレープフルーツのプリンが選べますが、グレープフルーツプリンは食べたことがあるので、チョコレートムースにしてみました。
生クリームとチョコレートだけで作ったムースなんだとかで、めっさ濃厚で甘いです。

s-画像 030

でね、オリーブオイルソースってのが気になりません?
ちょっとビックリだったのがご覧の通り、オリーブオイルが大量なんです。
しかも、オリーブオイルをベースにしたソースじゃなくてオリーブオイルそのものなんです。
でね、ムースにいい感じで馴染むのかと思いきや、油分なので、ずっと分離したままなんですよねぇ・・・

オリーブオイル自体はいいものを使ってると思うので、食べてて油のクドさとかは感じなかったけど、チョコレートムースとの一体化みたいなのがワタシには実感できなかったのでこのオリーブオイルをソースにした意味が理解ができませんでした。
(EXオリーブオイル入りのチョコレートとかあるからそのイメージから考えたのかな?でも、普通に生クリームトッピングとかの方が絶対合ってると思います)

このデザートはワタシの好みとはちょっと違ったので・・・、次、行く時はグレープフルーツプリンをオーダーすると思います。

ま、色々言いましたが、¥1,000でこの内容なんでコスパはとても良いと思います!!

前にも言ったことがありますが、ガスパールはどの店舗にも共通しますが、ランチタイムであってもサービスさんが完璧なとこがスゴイと思います。
カウンター席がちょっと高めで座りずらい感じなんですが、イスの差し引きも完璧ですし、お冷も頻繁につぎに来てくれます。
 
この記事 で紹介した2号店の 「ガスパール・ザンザン」 の名物ランチ ”大人のお子様ランチ” と比較すると 値段の差が110円で食後のドリンクまでついてるのでザンザンの方が若干、お得感あるかなぁ?
(記憶が曖昧なんですが、ド・ラ・ニュイの方は食後のドリンクの別料金がランチセット的な感じではなく普通にドリンク金額だったような・・・、ガスパールはどの店もそうなんですが、紅茶とエスプレッソのみでコーヒーがないのがコーヒー党のワタシにはちょっと残念な感じなんですよね

今のところ、ザンザンみたいに事前に予約しなくても気軽に行ける感じなのでハヤシライスとか気になるのでまた行ってみたいと思います。

<お店の紹介>
「Gaspard de la Nuit(ガスパール・ド・ラ・ニュイ)」
住所:京都市中京区烏丸通蛸薬師下ル東側
      四条烏丸スタービル B1F
TEL:075-212-1382
営業時間
ランチ:11:30~14:00(L.O.)
ディナー:18:00~26:00(L.O.)
定休日:木
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:Lunch♪
ジャンル:グルメ
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。