粉もんスイーツ&パンが大好きな京都の主婦です。このブログでは私が食べた物を中心に紹介していきます♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京都の新顔ケーキ屋 ずずずい~っと♪
2011年04月23日 (土) | 編集 |
最近、すっかり  パン  づいてる感が否めないワタシですが・・・
今日は京都で比較的新しくオープンしたケーキ屋を3店一気にご紹介しますっ!!

まずは、京都市動物園の裏手に2010年10月にオープンにしたこちらのお店↓
s-画像 005

s-画像 006

「菓子・茶房 チェカ~~~っ」

最近、雑誌にもよく取り上げられてるので、きっとご存知の方も多いかと思います。
1Fが販売店舗と工房、2Fは茶房(カフェスペース)になってます。

今回はテイクアウトのみだったんですが、2Fの茶房には鉄製の茶釜があり、その釜で沸かしたお湯でお抹茶、珈琲なんかを入れてもらえ、雰囲気もめっちゃエエ感じらしいです。

お店に入ってショーケースの前で悩むワタシにお店の方が

「お持ち帰りですか?」

と聞いてきて

「ハイ」

と応えると大きめにカットされたロールケーキを素敵な陶器のお皿に載せて出してくれ

「こちら、ロールケーキの試食となってますので、お召し上がりになりながらゆっくりお選び下さい~」

と言ってくれました。

試食と言っても一口サイズではなく、ちゃんと食べてロールケーキの味が解るサイズだったのでこの太っ腹なおもてなしに買う前からお店の印象がグーンと急上昇

物凄く美味しかったので、思わず買っちゃったよね↓
<ロールケーキ カット¥250>
s-画像 024

画像で解るかどうかナゾですが、なかなかの大きさがあるんですよ~。
で、見て解る黄身色のスポンジは、卵黄の濃い卵をたっぷり使用してるそうで、いい卵の美味しい味がするふかふんわり食感で、そのスポンジにくるまれてる生クリームが甘さ控えめでありながらミルキーで軽くて、生地とクリームのバランスも良くてめっちゃウマイ!!
(クリームは堂島ロールのクリームと似てる気がする)
1本売りでも¥800と超・お手頃値段なので手土産に人気らしく、遅い時間に行くと売り切れてるらしいです。

<チェカのティラミス ¥400>
s-画像 018

で、雑誌でよく紹介されてるのがこちら。
この店オリジナルのティラミスで、今回、これが目当てで買いに行きました。

まず、見た目がティラミスと言うよりドーナツっぽいですよね?
断面はこんな感じね↓
s-画像 027

お見苦しい断面になってしまったのは、カバーリングされてるホワイトが邪魔して、思ったように包丁が入らなかったのです

構成としては
チョコタルトの上にイタリア産マスカルポーネチーズを使用したティラミスムースをのせ、ホワイトチョコでカバーリングし、中央のくぼみに濃いコーヒー風味のシロップ(ちょっとゼリー状になってる)をたらし、サイドにはローストしたカカオ豆を砕いたものがトッピングしてあります。

これが久々に 来たぁ~  と思えるほどの 超・ウマ!!

まず、土台のチョコタルトが素晴らしい
タルト台はサックリ、チョコフィリング部分がまるで生チョコのようにねっとり柔らかで濃厚ビター味なんです。

カバーリングのホワイトチョコはパリっパリで、フォークでさしても割れづらいので一瞬、としますが、綺麗に食べようと思わないで、ここは思い切って叩きわりましょう、そしてその下にはパリパリとは対照的なふんわり柔らか食感で優しい味のマスカルポーネのティラミスムースが隠れてますから、それにコーヒーシロップを絡めて食べれば、何とも言えない至福なひと時があなたを待ってますよ~。

でね、忘れてならないのが、アクセントとも言えるサイドのローストカカオ。
苦味とカリカリ食感が最終的に味をキュッと引き締めてくれてるのです。

何て言えばいいのかな?ほろ苦ビターチョコティラミスって感じ?本当にね今まで食べたことのない味のティラミスです。

ワタシの大好きなマンゴーもリンゴもフランボワーズもピスタチオもキャラメルもナッツも一切使用してないこのケーキが、現状での私の好きなケーキNO1に踊り出てしまうほどワタシはこのティラミスが気に入ってしまいました

中にはこれはティラミスじゃないと言う人もいるかと思いますが、チェカさんオリジナルのここだけでしか味わえないこの変わり種のティラミスを是非、是非一度味わってみて欲しいと思います!!

<日向夏のタルト ¥400>
s-画像 021

季節のタルトで、季節によってのってるフルーツが変わるみたいなんですが、行った時は日向夏でした。
画像では解りにくいかも知れませんが、タルトのねアーモンドクリームがね黄身色なんですよ♪

土台のタルト生地がバターの効き具合もよく、サックサクでウマイっ!
(次の日に食べたんですが、サッサクでした)
この生地を食べるとこのお店の焼き菓子もきっと美味しいに違いない!!と思えるほどです。

黄身色のアーモンドクリームはラム酒が効いててしっとり食感、その上にカスタード、その上に酸味のあるクリーム(サワークリームなのか、生クリームにレアチーズを混ぜたものなのか?よく解りませんでした)その上に日向夏がのってます。
日向夏はみずみずしく上品な甘さとほのかな酸味、ふんわり食感の白い肉皮がとても美味しいです。

日向夏ってこういった形でしか食べる機会がないので、旬の今の時期に食べておきたいフルーツですよね。
そいえば、グルニエでも今頃、日向夏のタルト、出てるかしら???

<シュークリーム ¥150>
s-画像 022

こちらのシュークリームはクッキー生地タイプのサクっとした食感のシュー皮で、オーダーが入ってからカスタードクリームを注入してくれます。
断面をば↓
s-画像 025

トロりん濃厚のカスタードクリームが隅々までたぁ~ぷり入ってて、おぃひぃ
これも手土産で持っていったら喜ばれると思います。

今回は買えてないけど、プリンも評判らしいし、焼き菓子も美味しそうだったし、何と言ってもティラミスの虜なんでね、絶対に近いうちにまた行きますからぁ~。

あ~、次は雰囲気のいい2Fの茶房でイートインもしたいなぁ。

京都外の皆様、美術館、平安神宮に来ることがありましたら、是非是非、立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

<お店の紹介>
「菓子・茶房 チェカ」
住所:京都市左京区岡崎法勝寺町25
TEL:075-771-6776
営業時間:10:00~19:00
定休日:月・火


さて、お次は四条烏丸をちょいと南に下がり あの爆盛りイタリアン「ラットンゾーロ ドーロ 」の近くに今年の1月にオープンしたこちらのお店↓
320x320_rect_6877797.jpg

「LOTUS KYOTO 洋菓子店」

こちらのシェフは、な、なんとグルニエ出身なんだそうです。
(買った時に厨房の中で作っている姿が見えたのですが、お若い感じの方でした。)

師匠のお店と同じ烏丸界隈に店を出すとはスゴイですよね~。
(それを許した西原シェフの心が広いと思いますけどね)
買ったのは以下の2つ。

<木苺とアーモンドのケーキ ¥450>
s-画像 096
s-画像 095

”ワタシ、好きだよね~、間違いなく”っていう1品。
師匠の店、グルニエでは見たことないタイプのケーキなのでオリジナルなんでしょうかね?

木苺のバタークリーム、シロップで浸された感のあるしっとりアーモンドスポンジペパン入りフランボワーズジャムが層をなしています。
で、トップにはキャラメリゼダイスカットアーモンド、フランボワーズ、ピスタチオがオン。

食べてもやっぱり、めっちゃ好みの味でした♪

フランボワーズと言えば甘酸っぱそうですが、酸味好きのワタシはマヒしてるかも知れませんが、「す~っぱ」というような酸っぱさはなかったです。
バタークリームも木苺の酸味のおかげかしつこすぎない感じで、スポンジのナッテイでしっとりした感じがクリームとマッチし、時折、ペパンのツブツブと、ジャムの酸味、トッピングのキャラメリゼアーモンドが甘めで香ばしくておいし~よ~

<ミルフィーユ ¥390>
s-画像 100
s-画像 103

もう1品はシンプルなミルフィーユ。
割と厚みのあるパイ生地3枚でカスタードクリームを挟んでます。

カスタードはぽってりトロ~ンとしっかりしたタイプ、卵の風味、バニラビーンズ入りなのでバニラの香りもしっかりとしてます。
パイ生地は表面を見てもらうと解るかと思いますがカラメリゼシロップを塗ってる感じなのでザクザクっとした強い食感で、カラメル臭とバター風味がふわっと広がります。

s-画像 105

で、パイの層はご覧の通りのみっちり系。
シンプルではありますが、美味しいですよ。

そいえば最近、グルニエで食べてないからどんなんだったけかな?と過去記事からグルニエのミルフィーユを探したら出てきたので画像のみ比較してみましょう(ワタシったら意地悪かしら?)↓
<イチゴ>
s-middle_1174912067.jpg

<チェリー>
s-20070603133334.jpg

<イチゴのパイの層>
s-middle_1174912183.jpg

こうやって見比べてみると、チェリーのミルフィーユの生地とすごく似てますし、パイ生地の詰まり具合も似てますね。
グルニエで身につけた技がきちんと生かされてる感じですよね。

いちごなどのフルーツを挟んでないパイ生地とカスタードのみというシンプルで勝負に出てるとこが、グルニエ出身という肩書きにとらわれたくないという想いがあるのかな・・・?と勝手に想像してしまいましたが、グルニエの素晴らしい所とオリジナルを合体させて、今後、素敵なケーキを生み出していってくれることに期待してます

買ってないけど、このお店にはティラミスがありました。
グルニエでは見たことないので気になるので次回は買ってみよっと♪

<お店の紹介>
「LOTUS KYOTO 洋菓子店」

住所:京都市下京区烏丸通松原上る因幡堂町699 バインオークサーティーン 1F
TEL:075-353-2050
営業時間:10:00~19:00
定休日:水曜日※祝日と毎月8日の場合は営業、その場合は翌日休み


そして最後は烏丸御池をちょっと上がった所に今年の2/6日にオープンしたこちらのお店↓
320x320_rect_7266276.jpg

「grains de vanille(グラン・ヴァニーユ)~~~っ」
 
こちらのシェフは渡仏修行の際、「ピエール・エルメ」「ジャンポール・エヴァン」東京では「イデミスギノ」「資生堂パーラー」といった超・有名所で修行をさられたというすご腕の持ち主なんだそうです。

ちなみに店名の「grains de vanille」は「バニラのさや」の意味だそうで、ショップカードや紙袋にバニラのさやのロゴマークが使われてます。

ケーキはほとんどが¥550均一で、少しお高めなお値段設定です。
イデミスギノと聞くとお酒の効き具合が心配になるワタシ、販売の方に

「お酒が強いのはどれですか?」

と聞いて、なるべく強くないものを選びました。

<キャラメル・オランジュ ¥550>
s-画像 021

行く前に何処かのブログで見た時とトップのフォルムが変わってたのでちょっと残念。
前の方が何かカワイかったんです。

食べて驚愕、めっさ美味しい!!

酸味の効いた爽やかオレンジジュレをマカロンのようなサクねっちり食感のするダックワーズ生地(しかもシロップをしみこませしっとりをプラスさせてある)とほろ苦いカラメル風味のバタークリームの層で挟んでいます。
で、オレンジの酸味のせいか?カラメルのほろ苦さのせいか?バタークリームが口どけ滑らかで全く重たく感じないんです。

で、トップのクリーム状のものがクリームだと思って食べてビックリ、カラメル風味のメレンゲで、空気感いっぱいで口の中でフワッと溶けていきます。

う~ん、これは奥が深いし、レベルが高いケーキだなと思いました。

<ミカン?オレンジ?のタルト ¥550>
s-画像 023

1品はすぐに決まり、もう1個をどうしようかと悩みに悩んでたら、ショーケースの奥の方から「これ、新作なんです」といって出てきたので、正式名は定かではありません。

つやめくオレンジを見て思わず「それで!!」と言いましたが、よく考えると、どちらもオレンジ系になってしまいましたね。

s-画像 024

金柑、蜜柑、オレンジを使ってると思われます。
中にも爽やかなオレンジのクリームが入ってます。
タルトはサクッと香ばしく、オレンジ達はみずみずしくジューシーで、キャラメル・オランジュのような凝った感はなく素材を楽しむ感じのケーキでした。

キャラメル・オランジュが驚愕の美味しさだったので、他のケーキへの期待が広がりますので、お酒の弱そうなものから順々に攻めていこうと思います。
(お値段高めなので、プーなワタシには大人買いできないとこが辛いとこです、旦那君の好きなシュークリームとかロールケーキとかシンプルチーズケーキとか売ってないしね)

こちらのお店、ケーキ好きさんの間でも評判になってて遠方から買いに来られてる人も多く、夕方に行くとほとんど商品が残ってないみたいなので行くならお早めの時間をお薦めします。

<お店の紹介>
「グラン・ヴァニーユ(grains de vanille)」
住所:京都市中京区鍵屋町間之町通486
電話:075-241-7726
営業時間:11:00~18:00
定休日:火曜:水曜日


それにしても、まだ買いに行ったことはないけど(お酒が効いてるイメージがあって)パティスリーSとかね、京都はレベルの高いお店が増えていってるのでケーキ好きとしては嬉しい限りです♪
ケーキにも力入れなければ!!(脛かじりのプーの分際だけどね・・・

こんなに長く書いといてまだ書くのか?って感じですが、ワンコ達の日常を。
1日1回はこんな感じ↓でおもちゃ争奪戦からケンカが始まります。
s-20110413_01.jpg

s-20110413_04.jpg

京介はど~しても下になっちゃいます。

s-20110413_02.jpg

「コラッ、辞めなさい!!」と怒ったら、一瞬、動きが止まります。

それにしてもタロウの悪そうな顔と言ったら・・・、お母さんはあなたをそんなワル顔に育てた覚えはないわよっ!!
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:スイーツ
ジャンル:グルメ
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。