粉もんスイーツ&パンが大好きな京都の主婦です。このブログでは私が食べた物を中心に紹介していきます♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「懐石カフェ 蛙吉」に再訪♪
2011年04月01日 (金) | 編集 |
この時 に行って、ものすご~く気に入った
伏見稲荷の 「懐石カフェ 蛙吉」 に母と再訪しました。

ちなみに、この日も平日ではありましたが、満席のお知らせが↓
s-画像 008

前回行った時は席のゆとりを考えた感じで、完全な満席ではなかったのですが、今回は完全な満席で人気の高さが伺えました。

行ったのは3月で、月替わりの懐石は
s-画像 007

「萌春懐石(¥2,000)」でした

s-画像 026

今日もグラスの底にはちゃん、そして箸置きはちょうちょ

<いちごのカプチーノ えんどう豆のグリッシーニ>
s-画像 010

デミカップに入って登場したいちご色した冷製スープには泡々がオンしてあって、まさしくカプチーノ風です。
いちごのスープは甘酸っぱくていちごの種のツブツブ感もありながらちょっと塩気も効いてます。
生ハムを巻きつけたえんどう豆のグリッシーニがこれまた美味しいんだわ♪

<早春賦>
s-画像 014

”春の小川”をイメージしたサラダなんだそうで、河原は葉サラダとポテトサラダとブロッコリー、しらたきで小川を作り、シラスを泳がせて、大根で作ったサクラの花びらを散らせ、パスタでちょうちょと、本当にうまい具合に表現してあります
ドレッシングはジュレ仕立てになってます。


<春香パイ>
s-画像 018

ふきのとうのミートパイです。
ふきのとうの香りが閉じ込められてるので、食べた瞬間、ふきのとうの苦味が広がって大人味ですが美味しいです。

<はまぐりの桜餅>
s-画像 022
s-画像 024

こちらは桜餅の中にはまぐり入りの餡が入ってます。
モチモチして美味し~

<旬魚の春キャベツクリームソース>
s-画像 028

この日のお魚はスズキでした。
スズキは皮目パリッと焼かれていて、クリームソースとの相性もバッチリでした

<ご飯&香の物>
s-画像 030

<食後の飲み物&デザート>
s-画像 031

<花氷>
s-画像 032

サクラのかき氷、サクラの形の生麩がカワイイ
ほんのりさくら餅風味のする氷でした

今回も凝った内容でコースの一品一品から春を感じられる素敵な懐石内容で大満足でした

で、食後に気になったスイーツのプチを2人でシェアすることに。
<喫茶去プチ ¥450>
s-画像 033
※食後のスイーツは¥50引きが適用されます。

出てきてビックリ、結構なボリューム(6種盛りだったらどんなことになるのかしら?)
上から時計周りに梅チーズのカップケーキ、アーモンドの塩タルト、サクラシフォンとの3種盛りです。
このスイーツも季節ごとに内容が変わるそうなんですが、どれも春らしくって美味しかったです♪

ちなみに蛙吉さん、4月をもって3周年を迎えるそうで、4月の懐石は日本の美をテーマに 日本にエールを込めて「和」心の美しさを意識したお料理 「NIPPON懐石」 なんだそうです。

是非、また行きたいなぁ~

<お店の紹介>
「懐石カフェ 蛙吉(あきち)」
住所:京都市伏見区深草一の坪町20-13
TEL:075-644-1530
営業時間: 10:00~18:00(LO 17:00)
      ※懐石コースは12:00~14:00
定休日:日曜、祝日、毎月1日(※詳しくは月初めにHPにてお知らせ有)
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:Lunch♪
ジャンル:グルメ
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。