粉もんスイーツ&パンが大好きな京都の主婦です。このブログでは私が食べた物を中心に紹介していきます♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
既に3月4月のディナー予約は満席御礼になってる「キャトルラパン」
2011年03月01日 (火) | 編集 |
先月末にも行ってきましたよ、北新地の キャトルラパン

ちなみにね、今回も受付開始わずか2日で4月の予約が全席埋まっちゃったそ~ですよ!!

ますます予約のハードルが上がってて、脅威だわ・・・

ということで、次回の予約開始日に5月の予約が可能になりますので、それまではTELしても運良くキャンセルが出てない限りはすべり込めないのでご注意を・・・。

ということで、今回も ¥3,670コースで行ってみよ~。

で、今回もまたいきなり

「オマエ達、今日もフォアグラはないからなっ!!」

宣言をされちゃいましたから。

「ええっ~、何でなん!?」

「毎回、毎回、フォアグラばっかり飽きたやろ?それにあんなもんばっかり食べたら体に悪いぞ」

「いやいや、毎日食ってないし、それに前回も言ったけどフォアグラに限っては飽きるとかないし、毎日だって食べれるし、体悪くなっても、え~っちゅうねんブツブツブツ・・・

「まぁまぁまぁ、その代わり的なものが出てくるから・・・」

ってな感じで誤魔化されちゃいましたが、ワタシったら、間違いなく軽~くテンション下がったわよね。

<前菜盛り合わせ>
s-画像 003

今回も、豪華で素敵過ぎ~

シェフ曰く、この前菜盛り合わせのことを

”量が多過ぎるので考えた方がいいのでは・・・?”

的なコメントをされてる方がいたとかで「多いかな?減らした方がいい?」と、ちょっと気にしてたので、この日のお客さん全員で(うちの旦那以外は全て女子でございました)

「この採算度外視的な前菜の盛り合わせが素敵なんじゃないのよね~、これは絶対に品数は減らして欲しくないわ~、減らすなら、魚か肉のボリュームですよねぇ?」

と、満場一致でその意見にブーイングしときました

ちなみにコースの途中で苦しくなってきたら、申告すれば、魚や肉の量は調整してくれますので、シェフが用意にとりかかる前に言うといいですよ。

と、話がそれましたが、本線に戻って、前菜のご紹介をば。
個別で撮るのを忘れて食べ始めてしまったのですが・・・、食べてしまったのは平目のカルパッチョバルサミコソース(全体画像にてご確認を)

s-画像 007

右上から時計周りで

スイートコーンのババロア海老とオリーブと下仁田葱のマリネ仔牛とキノコとフォアグラのパテ

この海老のマリネの海老がね、見た目、完全に火が通った海老に見えるかも知れないですけど、中がレアでプリップリ食感に驚きです、それプラス下仁田葱があんまぁい!!

s-画像 008

右上から時計周りで

たいらぎ貝柱のソテー生ハムいちごケンケンカツオのマリネ鴨肉ローストタスマニア産粒マスタード添え

このね、たいらぎ貝柱ってのが、フォアグラに匹敵する原価の高級食材なんだそうです。

確かに肉厚がスゴイですよね、これが貝柱ってことは、貝の大きさは巨大ですか?みたいな。
最近では韓国産も出回ってるみたいですが、キャトルラパンでは馴染みの魚売りのおっちゃんから仕入れてるそうなんで、物は確かでしょう、公表はできませんが、1個の原価を教えてもらいましたが、確かに原価率高かったです。

確かにホタテの貝柱とは全然違って、身がギュっと詰まってる感じで、シコシコの歯応えと、甘味が何とも言えない美味しさです

表面だけ香ばしく火入れしてあり中身がレアな焼加減もたまりませ~ん

貝大好きな旦那君は、めっさ喜んでましたよ、めっちゃ美味しかったですけどね、でも、やっぱりワタシはフォアグラが食べたかったよ~

あと、鴨よ、鴨!!
厚みもあったし、さながら、メインの縮小版じゃないの?っていうくらい満足度の高い1品だったわよ。

本当にね、ヘタなフレンチ行ったら、この盛り合わせだけで¥2500超え取られるんぢゃないかと思うぐらいの豪華さですから、本当に採算度外視のシェフの心意気に拍手です

<パン>
s-画像 009

さて、お次はスープ、シェフが用意を始めた瞬間、ワタシは匂いでピンと来ちゃいましたよ、
そして出てきたのは・・・、こちら~↓
<甲殻類のスープ>
s-画像 010
s-画像 011

「きゃ~、きゃ~、きゃああああ~っ、久々の甲殻類のスープぢゃないのぉ~~~っ

この間「当分出さないぞ」的なことを言い渡されたから、プチ情報としてわざわざブログにも載せたのにいきなり出てくるとは、もしかしてワタシ達ラッキーですか?
ちょっと、下がったテンションも速攻に回復でっせ。

今回の甲殻類はワタリガニで、

「あ~、濃厚で美味しすぎて、たまらんやないのぉ、神様、この味に再会させてくれて有難う

久々に飲んだ極旨スープは、カニの濃厚エキスを舌に絡ませながらゆっくり喉を通ってゆき、じんわり胃に染み渡って、飲んでる間中、ワタシを幸せな気分にさせてくれました。

うぷ、甲殻類のスープってパン泥棒でついついパンが進んじゃうから、軽~くお腹にジャブ入ってきたかも・・・

その様子を見たシェフが

「次の魚、量減らそうか?」

と、聞いてくれましたが、

「いや、あかんかったら食べてくれる人いるから普通サイズで大丈夫です!!」

とお断りしときました。

<メダイのポワレ マリニエルソース>
s-画像 014

香草とトマトとニンニクを使ったソースなんだそうですが、香草臭さは全然なくて、皮目パリッ、身はふっくらジューシーのメダイと、バッチリ合って、超・うんまィ

<宮崎産 皮つきもちもち豚 マルサラ酒煮込み>
s-画像 020

おっと、今回も豚で煮込みだぁ~、ボリューミィ~だぁ

もちもち豚(あっ、正確にはもち豚ね)なので、本当にお肉はもちもちしてて、柔らかジューシ~です。
脂身部分も甘くて、ソースともうまく絡んでおいし~♪

美味しくて食べたいんだけど、ど~にもこ~にもお腹が苦しくて、半分は旦那君の胃の中へ消えてゆきましたとさ。

<デザート>
s-画像 022

今回は別添えバージョンで。
クレームブリュレ&柚子とレモンのソルベ&果物モリモリ合わせ。

柚子とレモンのソルベなのに、なぜ黄色い色をしてるのかと言うとマンゴーが少し入ってるからだそ~です。
とてもすっきりしてて美味しかったですよ~。

フォアグラは食べれなかったけど(前菜のパテにちょこっと入ってるけどね)、甲殻類スープ飲めたし、今回も満足じゃ~。

今月はこちらの諸事情により残念ながら伺えないので、次回は4月に訪問予定でぇ~す。

<お店の紹介>
「キャトルラパン」
住所:大阪府大阪市北区堂島1-3-33
            新地萬年ビル5F
TEL:06-6343-8663
営業時間:ランチ:12:00~14:00 
(※ステーキランチのみ&平日のみ)
尚、ランチタイムはお肉がなくなり次第終了、12:40以降の来店であれば予約可(前日までに)

ディナー:18:00~24:00

(※要予約 営業時間中は電話に出れませんので、ご理解のほどをとのこと)


<ご参考:今まで私が行ったキャトルラパンディナーの軌跡>

その①:Mちゃんと行ったご褒美ディナー¥5,250コース

その②:T君のお誕生日ディナーでT君初来店¥5,250コース

その③:クリスマス時期に¥5,250コース

その④:¥3,670コースに初挑戦

その⑤:またまた¥3,670コースで

その⑥:Tガーマスクで来店¥3,670コース

その⑦‐1
その⑦‐2:T君のお誕生日¥5,250コースで

その⑧:ハロウインに来店¥3,670コース

その⑨:2009年ちょっと早めのクリスマスディナー ¥5,250コース

その⑩:2010年初来店はスーパータイガーで ¥3,670コース

その⑪:2010年2回目の来店 ¥3,670コース

その⑫ :お腹いっぱい大満足の¥5,250コース

その⑬ :久々にマスクを被って¥3,670コース

その⑭ :今年も淀川花火大会とかぶっちゃったので浴衣にマスクで¥3,670コース

その⑮ :今回も美味しすぎて大興奮の¥3,670コース

その⑯ :2010年最後の来店の¥3,670コース

その⑰ :2011年最初の来店の¥3,670コース

※尚、食べているコース代金はぐるなびクーポン使用で、通常金額の半額となっています
(要予約、要1人1ドリンク以上注文のこと)


関連記事
スポンサーサイト
テーマ:美味しかった♪
ジャンル:グルメ
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。