粉もんスイーツ&パンが大好きな京都の主婦です。このブログでは私が食べた物を中心に紹介していきます♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シェ・シバタのケーキ&テオブロマのマカロン
2007年09月13日 (木) | 編集 |
名古屋遠征ネタ第2弾は、私の大好きなケーキアップロードファイル編でございますぅ~heart0


「シェ・シバタぁあああ~っ」

「シェ・シバタ」に関しては以前こちらの記事でも紹介していますが、2006年4月に多治見店に次ぐ2号店が覚王山にオープンしたことを知り行ってきました。
覚王山とは名古屋駅から地下鉄東山線で7駅目にあるんですが、思った以上に遠くてちょっとビックリしました。
名古屋の中心部でもないのに、カフェは満席だし、テイクアウトもひっきりなしにお客が来てさすがキラキラって感じで、とても流行ってました。

で、遠路はるばる持ち帰ったケーキなんですが・・・、一応、保冷の銀バック持参で行ったのにも関わらず、家で箱空けてみたら

「ガビーン・・・、溶けてるや~~~んマジですかビックリみっちゅ

<トロピック・リオカリベ¥460>
20070912212623.jpg

このケーキが重症だったんです大泣き
半分以上、流れ落ちるように溶けていたので、全貌画像は↑公式HPより拝借しました。

で、少し見苦しいですが、断面は何とか確保↓

20070912212827.jpg


このケーキ、すご~く凝ったつくりになってるんですよ。

下に薄いスポンジが敷かれ、その上にソテーさられたバナナの果肉、パッションソース、キャラメル、ヘーゼルナッツを忍ばせたショコラムースで包み、トップにはビターなチョコソースと、チョコパフっぽいものがトッピングされてます。

「これが、最高にうまかったぁああああ~キャハハ-2上

トシ・ヨロイズカのリオネルに肩を並べるウマさで、私が今年食べたうまかったケーキランキングの中では堂々の1位に踊り出ましたピース

前にも言いましたが、私、チョコ系のケーキってそんなに好きじゃないんですよね汗・2

でも、このケーキは口の中に入れた瞬間、コクがあるけど、甘過ぎない上質なチョコの風味がフワ~ッと広がり、その後にナッツの香りがグワ~ッときます。
で、パッションの酸味に、キャラメルとバナナの風味があいまって何とも言えないおいしさになるんです。
トップのチョコソースは苦みがあって味を引き締め、トッピングのチョコパフがサクッとしたアクセントをうみ、

「もう、最高にうまいっ!!これだけを買いにわざわざ名古屋に行きたい絵文字名を入力してくださいくらい私好みの味~きゃー

何ていうかなぁ・・・、香りと味わいにすごく深みがあるんです。

柴田シェフ、あなたはスゴイです!!

続いてのケーキは<ムラング・オ・カシス¥420>
20070912212705.jpg


パリのブロンシャン通りで食べたお菓子をアレンジしたケーキだそうです。

これねぇ、解りますかぁ???
この綿帽子みたいなメレンゲがほんのりブルーがかった色合いなんですよぉ

20070912212724.jpg


断面を見てもらうと解りますが、構成としては

土台は折込パイ生地のパイケース→クレームダマンド→バニラビーンズ入りのクレームパティシエール→カシスの実→カシス風味のメレンゲを粉砂糖でデコレーティング

って感じになっています。

表面はサクッとしてて、中はトロ~ンとしたカシスのメレンゲ。
その中には、少し重みのある洋酒を効かせたプリンプリン食感のクレームパティシエールが隠れています。

それぞれのパーツの食感が違うので、いろんな意味で楽しめるケーキです。

特にパイケースのパイ生地のパリサク感は最高だし、クレームパティシエールのコクが私のツボにはまる雷美味しさでした。

メレンゲ部分のカシス風味がちょっと弱くて、メレンゲ特有の甘味が結構前面に出てきてるのでこの甘味が気になってしまう人もいると思うんですが・・・、(私も甘過ぎるケーキは苦手です)でも、中に入ってる生のカシスの実が小さいくせにかなりパンチの効いた酸味を放ってるので、一緒に食べると丁度いい感じになるんで、私的にはOKなケーキでした。

<ネオ・アナナ¥420>20070912212741.jpg


このケーキはシェフが昔、修行した「ジャンムーラン」のスペシャリテをアレンジしたものでココナッツのタルトの上にソテーしたフレッシュパイナップルをのせ、その上にメレンゲキャラメリゼをのせて食感のアクセントをつけているそうです。

20070912212851.jpg


切ってビックリ。
めっちゃ大きいパイナッポーがデデーンと入ってます。
で、食べてビックリ!!
タルト台に染み込むくらいの果汁たっぷりのジューシィなパイナッポーで

「常夏気分~nami

でも、これはちょっとメレンゲの甘さが気になったかな・・・えへへ・・・

とりあえず、

「トロピック・リオカリベ、ラヴぅ~~~は-と

これだけを買いにわざわざ名古屋まで行けるね、きっと・・・。
って言うくらい気に入ってしまいましたワン絵文字名を入力してください

で、予告しましたが<「テオブロマ」のマカロン>
20070912212803.jpg

20070912212912.jpg


しつこいくらいに好きだ好きだと言っているここのマカロン。
前回はこの味を食べたんですが、今回はこの2フレイバーを買ってみました。

<フランボワーズ>
20070912212925.jpg


クリームじゃなくて、ペパン入りのジャムが入ってます。

甘酸っぱくてウマ~゚
<シトロン>
20070912212938.jpg


こちらは、クリーム入り。
マカロン生地のシトロンの風味がちょっと人工的ぽかったけど、

「マカロン生地がうま~い喜

ここのマカロンの口に入れた瞬間に広がるアーモンドプードルの風味が何とも言えなく好きなんですよね~。

テオブロマのマカロンもラヴぅ~アップロードファイル

テンションも血糖値もコレステロール値もダダ上がり上のケーキ編、これにてしゅ~りょ~。

そして、パン編に続く~
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:スイーツ
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
せっかく保冷バック持参したのに溶けてしまってたのは残念v-12
チョコ系は溶けやすから要注意ですねv-21
でもそんなにラブv-274食べれたら名古屋v-235なんてことないっすねv-218
2007/09/14(Fri) 16:22 | URL  | kayomaru #-[ 編集]
覚王山
なつかしい地名だなあ。
通学路でした。
2007/09/14(Fri) 22:44 | URL  | たが #gCdjPySU[ 編集]
>kayomaruさん
実はお店の人に「お持ち帰り時間は?」と聞かれ、
「最高に入れれる保冷剤でお願いします」
って言ったら、1時間しかないって言われたんですよ!!i-231
(今時、2時間が主流ですよねぇ?)
で、別料金で長時間用の保冷バックが売ってたんですけど、一応保冷バック持参で行ったから、
「じゃあ、1時間で・・・」
って言ったら
「非常にデリケートなケーキですんで、帰ったらすぐ冷蔵庫に入れて下さいね!!」
って念は押されたんですよねぇ。

一応、名鉄のデパ地下の生鮮食品の所にあった持ち帰り用の小さい保冷剤を2つほどパクってみたんですが、それまでの移動で溶けちゃったみたいなんですi-241
でも、本当においしかったから、「シェ・シバタ」はおすすめよ~。
(確か、大丸と松坂屋統合記念で梅田大丸に限定スイーツを出すとか出さないとか言うてたような・・・。)

>たがさん
おおっ、通学路ですか。
私の通学路だったら、毎日途中下車しちゃいますわi-229
2007/09/16(Sun) 11:15 | URL  | junjun #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。