粉もんスイーツ&パンが大好きな京都の主婦です。このブログでは私が食べた物を中心に紹介していきます♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「パスタコレクションハウス 道月」でランチ♪
2011年03月03日 (木) | 編集 |
2月の話になりますが・・・、実家の母から

「ランチに行かない?」

と誘われ、

「行く~~~っ

と、2つ返事で行くことに。
ラッキーなことにお店のチョイスも任せてもらえたので、気になってたこちらの店へと行って参りましたぁ↓
s-画像 026

「パスタコレクションハウス 道月~~~っ」

場所は京都市役所裏側の通りを西へ入った所で、築100年の京町屋をリノベーションしたイタリア料理店です。
入店して右側がテーブル席16席ほどの食事スペースで、奥に厨房と個室、食後のお茶が楽しめるお座敷があります。

食事スペースはこんな感じね↓
s-320x320_rect_4637999.jpg

行ったのは平日でしたが、満席で、女性率98%で、マダム組多し!!

ちなみにシェフはピエモンテ出身のイタリア人でぇ~す。

ランチは基本 ¥1,500 で

前菜

ショートパスタ

ロングパスタ

デザート

紅茶


という構成。

上記の内容にプラス¥800でメイン(肉or魚)がつけられます。
私達はつけませんでしたが、ちなみにこの日は、

お肉は 鹿児島産黒毛和牛
お魚は 尾鷲産3種の鮮魚 でしたよ。

s-画像 029

ドリンクは何も頼まないと、イタリアのミネラルウォーター「スルジーヴァ」がサーブされます。
(ガス入りだと¥300しますが、ガスなしはタダです)
やわらかい口当たりのお水で飲み易かったです。

<パン>
s-画像 034

スライスされた小ぶりなバケットが常温で出てきます。
ウワサによるとフリップアップのものらしいですが・・・、確かにほどよい塩分の効き具合で、美味しかったぁ。

お替りはOKですよ~。

前菜は2種類よりチョイス可能で肉系か魚系の違い になります。

うちの母は肉が  なので、1つずつオーダー。

<鹿児島産黒豚のロースト マデラ酒とオーブン焼したトマトと小玉葱のソース>
s-画像 030

<尾鷲漁港直送サワラのソテー つぼみ菜とオレンジのソース>
s-画像 033

かなり寄せて撮ったので、画像では解りづらいかも知れませんが・・・、どちらの前菜とも、メインほどのボリュームはありません(お肉は薄く、お魚は小さいです)
メインっぽい食材が前菜の分量で出てくる感じです。

なんか、サラダちっくなものが添えてあると、見た目がよろしいのではないでしょうかね・・・。

でも、豚肉は柔らかくジューシーで、ソースもいい感じで、”メインの量でガッツリ食べてぇ!!”と思ってしまいました。
母曰く、お魚も美味しかったそ~ですよん。

続いて、パスタですが、こちらのお店では、全て手打ち生パスタで、その日の気温や湿度によって材料の配分を変えられるそうで、こういった種類の中から、ショートパスタ2種類とロングパスタ2種類が出されます。
s-181_2.jpg

で、ワタシがオープン当初ぐらいに仕入れた情報ではこのパスタというのが、

A: ショートの ☆☆☆ と ロングの 〇〇〇

B: ショートの △△△ と ロングの *** 


という風に、予めショートパスタとロングパスタの組み合わせがお店の方で決められていてAかBのどちらかをチョイスするって形式だったみたいですが・・・、

今現在は、ショートのAorBのいずれかと、ロングのAorBの好きなパスタをチョイスできる形式に変わっていました。
見た感じ、前菜と同じくショートパスタで魚系と肉系、ロングパスタで魚系と肉系を用意してる感じですね。

肉が苦手な母ですが、パスタには言うほど激しく肉は入ってないであろう・・・ということで、分け分けしながら食べようと1種類ずつ全部違うのをオーダしました。

<自家製生ショートパスタ ”ニョケッティ” パンチェッタと玉葱とマッシュールームのトマトソース>
s-画像 037
s-画像 038

ワタシ、パスタはショートよりロング派なので、ニョケッティは初めて食べました!!
耳たぶ?貝殻?みたいな形をしてますね、ものすごくモチモチしてて、熱々でトマトソースの味付けがまた好みな感じだったのですごく美味しかったぁ

<自家製生ショートパスタ ”フッジリ” ノルウェー産サーモンとオリーブグリンピースのソース>
s-画像 039

s-画像 040

フッジリは食べたこともあるような・・・。
ちゃんとメニューを読まずに、全種類で!!って頼んだもんだから、出てきた時の色合いで勝手にバジルって思ってたのですが、食べたら味が違って、ちょいとビックリ。

ソースは豆の濃ゆい味がして、ワタシにはちょっと緑臭かったけど、パスタの溝に味がしっかり絡んで美味しかった。

でもね、ちょっと気になったのはこのショートパスタ達、同じようなタイミングで出てきたんですが、フッジリが微妙に冷めてるんですよね・・・

ニョケッティは熱々なのに、この差は何?と思うぐらい。
(母もデジカメを買ったので練習がてら撮ってるので2人で撮った後に食べても熱々だった、しかも、フッジリの方がクリームベースなので、冷めると明らかに味が落ちてくのよね。)

その日がたまたまそうだったのかも知れませんが・・・、多分、1皿が大量じゃないし、同じタイミングのオーダーごとに一気に作って、盛り付けて、次のパスタのできあがりを待って出すって言う形をとってるんだと思うんですが(トイレに行く時に、レジ横のテーブルで出来上がってるのに出さずにサーブ待ちをしてるらしきパスタを見かけたので)時間差で出てきてもいいから熱々で持ってきて!!と思ってしまいました。

<自家製生ロングパスタ ”タリアッテレ” 尾鷲漁港直送海老 4種のキノコのソース>
s-画像 041
s-画像 042

<自家製生ロングパスタ ”スパゲティーニ” 桜島地鶏とグアンチャーレとほうれん草 根セロリのソース>
s-画像 044
s-画像 045

ロングパスタは思った以上に肉が入ってたので(しかも、母は鶏肉がダメ)ワタシが鶏、母が海老を食べました。
若干、根セロリのソースにビビってたんですが、ほとんどセロリ味はしなかったです。

麺は両方ともモッチモチでソースと絡んでウマし

でもね、ここでも、スパゲティーニが熱々で、タリアッテレが冷めてる感じ。
う~ん、なんかもったいない気がする

食事が終わると、

「デザートは温かいお部屋に移動してお召し上がり頂けますが・・・」

と、お店の方から提案を受け、奥のティールーム(お座敷)に移動しました。
(靴を脱がないといけないのと、今の時期、コートや荷物を持って移動するのがちょっと面倒くさかったです)

s-320x320_rect_5761756.jpg

<マスカルポーネチーズをたっぷり使った、これが本場のティラミス>
s-画像 048

<リンゴと洋梨のパイ>
s-画像 051

デザートは6~7品からの選択できます、プラス¥600するとお好きなだけ食べれるそうですよ!!
どちらも美味しかったです。

<紅茶>
s-画像 047

食後の飲み物はは基本、紅茶(フレイバーティ)のみです。
毎日異なる、その日のフレーバーティーが出されるそうです。

席にカップとソーサーが予めセットされており、ポットを持って席まで来られ、入れてくれました。
デザート皿を下げる際に、「お替りいかがですか?」と聞いてくれたので、お願いしましたけど、コーヒー派のワタシとしては、食後に紅茶を飲んでる自分がちょっと変な感じでした。
(なら、お替りするなよ!!)

部屋を移動させることによって、その空いた席に次のお客を入れて・・・と回転をよくさせるのが狙いなのかな?
確かにティーで粘っても、次の組が食事が終わるまで、1時間ぐらいはかかりますから。

女性なら基本ランチで充分かと思いますが、男性の方だとメインをつけないと物足りないかも知れないですね。
好き嫌いのない2人で行くと、全種類を頼んで分け分けすると色んな種類のものが食べれて、とても満足感が増すと思います。

こんなけ選択肢があったらランチのメニューは週替わりなのかなぁ・・・?と、思ったんですが、丁度、その日メニューの下に前日のメニューが挟んだままになってたので、見たら、前菜もパスタの種類もソースも違ってましたので、どうやら日替わりで前菜もパスタも替わるようです。
(前日のロングパスタはオマール海老のソースだったみたいで、羨ましかったです)

パスタのサーブだけ熱々でお願いできれば、色んなパスタが食べれるし、食感もモチモチで美味しかったし、コスパもいいと思うので、また行きたいでぇ~す。

<お店の紹介>
「パスタコレクションハウス道月 (どうげつ)」
住所:京都市中京区押小路通麩屋町東南角橘町616
TEL:075-253-1185
営業時間
ランチ 11:30~15:00(L.O.14:00)
ディナー 17:30~23:00(L.O.22:30)
定休日:火曜日 (月曜日が祝日の場合、水曜日に変更)
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:イタリアン
ジャンル:グルメ
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。