粉もんスイーツ&パンが大好きな京都の主婦です。このブログでは私が食べた物を中心に紹介していきます♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ギリセーフで食すことができたチャンピオンのガレットデロア
2011年02月01日 (火) | 編集 |
予想外の体調不良&京介の加入に振り回されてるうちに・・・アッちゅ~間に1月が過ぎ去ってゆきました 

そんな中、ふと思い出したんですよ、 この店 のことを・・・。

この時に ”次は、ガレットデロアが売ってる時に行くぞ!!”と、思ってたはずなのに、うっかり?すっかり?忘れてて、お店のブログを確認したら、ガレットデロアは1月中迄 だと書いてあったので、旦那君に頼んで、最終日の日曜に  で連れていってもらいギリギリセーフでGETできましたぁ

という訳で、このオーソドックスのプレーンタイプのガレットデロアはもう売ってなくて申し訳ないんですが、気になられた方は来年のお楽しみということで。
※ちなみに2月からは、バレンタインつながりなのか?ショコラ味のガレットデロアが販売されるそうです。

<ガレットデロア カット売り ¥400>
s-画像 006

なんせ、ホールだと¥4,000もするんでね・・・、プーのワタシにとってこのカット売りは、あ~り~がぁ~た~や~でした。

カット売り分には1台にフェーブを2個入れて焼いて作ってはるそうで、注文したら、ショーケースの中からわざわざ出してくれて

「このカットされたのいずれかにフェーブというものが入ってまして、それが入ってた人はその日一日みんなから祝福され、王様(女王様)になれると言われてるんですよ~、さぁ、どれがよろしいですか?」

と、太っ腹に選ばせてくれたんですが・・・、残念ながらワタシには運がないらしく、フェーブは入ってなかったのであります

s-画像 008

前回記事でも説明させて頂きましたが、 こちらのオーナーさんは「ガレットデロワ」のコンテストのスーチアン部門(職人ではない製菓・製パン愛好家)での優勝経験が2回もある という実力の持ち主なんですよね。

 カットタイプでは模様が解りにくいんですが、表面は綺麗な模様のつけられたパイ生地でカバーされ、中はアーモンドクリームのフィリングの入った実にシンプルなケーキです。

半分にカットして、半分はそのまま、もう半分はホイルでくるんでトースターで焼き戻してみました。
(温めると、バターのいい香りに鼻を奪われます♪)

さて、チャンピオンの作るガレットデロアのお味はいかほどなものかしら・・・?と思いながら、口に運ぶと

うわっ、めっちゃ、杏仁の香り~

ふんわり柔らかでありながらバターがほどよくきいてしっとりしているクレームダマンドからは芳醇過ぎるほどの杏仁の香りがファ~と鼻に抜けていきます。

パイ生地は底と表面はしっかり焼かれた感があり、薄いながらにパリッと香ばしく、耳の部分は細かい層の重なりがサックリ食感を演出、ほんのりの塩気とバターの味と風味、小麦の香りとのバランスが絶妙

うん、これはウマイ~~~っ

シンプルなんだけど、こだわって作ってる感をしかと感じることができる一品でした。
はぁ、ギリギリ食べれて良かったわぁ~。

<柚子のシフォンケーキ ¥250>
s-画像 003

s-画像 010

パンセさん、基本的に生のケーキが少ないんですよねぇ・・・。
本当はブログに書いてあった水尾の柚子を使った「柚子のタルト」が食べたかったんですけど、売り切れなのか売ってませんでした。
代わりといってはなんですが、柚子のシフォンケーキが売ってたので買いました。

生地にピールが練りこまれてますが、そんなにガッツリ練りこまれてないのに、これまた一口目で、驚くほどふわぁ~と柚子の爽やかな香りと風味が鼻を突き抜けていくんです

空気をたっぷり含んだエアリーな生地はフォアンとしてて美味し~

普段食べるシフォンとは一風違ったお上品&大人味的なシフォンでございました。

<お店の紹介>
「パンとお菓子のお店 La Pense’e (ラ・パンセ)」

住所:京都市左京区田中西高原町19-2
               ウィング佐藤1F
TEL:075-708-7206 
営業日:土日のみ店頭販売
営業時間:11:00~17:00すぎまで
※平日は予約販売のみ


スイーツ続きということで、久々に MONICA に行った時に買ったケーキも紹介しときます。

<名前失念 ¥400強>
s-画像 022

うっかり名前を忘れてしまいましたがヤマザキの雪苺娘に似た感じの求肥でくるまれてるケーキです。

外側が求肥なんで、上手にカットできるか心配でしたが、なんとかカットに成功(クリームが同化しちゃってますけどね)↓
s-画像 028

カットしてビックリ、これはなかなかの懲り具合でした

土台はロールケーキスポンジカスタード苺クリーム苺が丸ごと1粒生クリームスポンジを求肥でくるんでます。

土台のロールケーキが卵の風味たっぷりで、モチッと弾力系でワタシの好きなタイプのロールケーキでした。
代わってスポンジはフワッとエアリー、苺クリームも苺の風味がしっかり効いてて、カスタードはしっとり、生クリームはミルキー、求肥はモチモチビヨーンで、味と食感の七変化を楽しめるケーキでした

<ティラミスタルト ¥440>
s-画像 026

結構、ティラミスは好きなんで、”ティラミスのタルトってどんな感じ?”って期待でワクワク。

クルミがゴロゴロ入ったどっしりと重めのガトーショコラっぽい生地コーヒークッキー生地マスカルポーネムースで濃い目のコーヒーを染み込ませたスポンジをくるんであり、表面はココアスプレーがけのホワイトチョコとクリームとバナナとチョコがトッピングといった構造です。

一般的なエアリーな食感のティラミスとはちょっと違う感じで、ボリュームがあって、底のショコラ生地の印象が強く、ちょっと甘めでした。
(ティラミスというよりは・・・、チョコレートケーキといった印象でした。)
チョコレートケーキと思えば美味しいんですが、ティラミスと思うとワタシの思うティラミスとはちょっと違ったので、何だか期待外れ&不完全燃焼に終わってしまいましたとさ

決してマズくはなかったんですが、モニカって、今までどのケーキを食べても外したことがなかったので、ちょっとショックでした

やっぱ、モニカはフルーツ使いのケーキかチーズケーキだねっ!!と。

<お店の紹介>
「モニカ 今出川本店 」
住所:京都市上京区今出川通御前東入ル西今小路町809
TEL:075-465-3233
営業時間:11:00~21:00
定休日:不定休
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:スイーツ
ジャンル:グルメ
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。