粉もんスイーツ&パンが大好きな京都の主婦です。このブログでは私が食べた物を中心に紹介していきます♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
我が家のクリスマスご飯&ケーキ
2010年12月25日 (土) | 編集 |
今年の我が家のクリスマスご飯はこのような感じでした↓
kako-ohysC9EtCk9pBZYL.jpg

※注:これは、大食いさんの1人分です!!
 メインのお皿よりパスタの方がデカイってどういうこと!?
(ちなみに、パスタの量は230gリクエストされました

クリスマスと言えば、チキンのはずなのに安く買えたので、思わずステーキにしちゃいましたぁ。
我が家の旦那君はステーキをこよなく愛してますから

今回、力を入れたのはサイドメニュー的な以下の2品です↓
<粒々コーンポタージュ>
s-画像 020

アイスクリームを作ろうと思って買ってあった生クリームが使わないまま賞味期限を迎えそうになってたので、慌てて使うことに

缶詰のコーンをミキサーでやや粒が残るようにして、コンソメ、牛乳、生クリームと混ぜて煮立てました。
中にミキサーにかけないそのままのコーンも仕込んであります。
トッピングはあわ立てた生クリームと焼き目をつけたコーンをトッピングしました。

<玉ねぎバターパン>
s-画像 016

エヘヘ、イルグラの玉ねぎバターパンを真似して作ってみました。
ちなみにこれが本家イルグラの玉ねぎバターパンです↓
s-画像 010

食べた感じは、

「オオ、玉ねぎから甘味が出てだいぶ近い感じにできたじゃんよ!!

って、大満足だったんですけど、こうやって画像で比べると、トロトロ具合がまだ足りなかったわね・・・

ネットでレシピを探したんだけど、皆、玉ねぎ3~4個とか使って作ってるレシピだったので、ちょっとだけ欲しかったので、何となく材料だけ確認して大玉ねぎ3/4個を使ってテキトーに作りました。
(炒めるとものすごい勢いでかさが減りますので、大量に作りたい方は玉ねぎをたくさん使って下さい)

玉ねぎをアメ色になるまでじっくり炒めないとダメなんですけど、素で炒めると20分ぐらい時間かかるみたいなので、時短レシピを参考に、スライスした玉ネギを耐熱皿に入れて軽く塩もみしてラップかけて、4分ほどチン。
そして、その後、バターでアメ色になるまで炒め、アメ色になったら、仕上げに砂糖とお酢少々で味を調えて出来上がり↓
s-画像 012

大雑把なO型丸出しで、玉ねぎのスライス加減もテキトーなので、分厚かったスライス分の玉ねぎが炒めても溶け切れてないのがよく解りますね・・・

塩をふることによって玉ねぎから水分が出て組織が壊れて早くトロっとなりやすいらしいです。
ただ、塩をふり過ぎると、塩味がつきすぎてしまうので、かけ過ぎないように注意を。

s-画像 013

パンに塗ってもいいですが、もし余ったら冷凍しておけばカレーやシチューなどの時にブイヨンとしても使えます。
自宅でもイルグラ風玉ねぎバターパン楽しめるので、是非お試しを♪

クリスマスケーキは、初め、何も考えてなかったのでナシの予定だったんですが、旦那さんの実家からお裾分けで「LIPTON」のをもらいました↓
twin2010_image.jpg
※LIPTONのHPより画像拝借しました。

s-画像 059

ツイン(チョコと苺ショート)で1セットだったみたいで、我が家はショートの方を頂きました。
何気にトッピングがツリーの形でカワイイじゃん。
甘すぎず、スポンジもフワフワで美味しく頂きました♪

よ~く考えたらスイーツの女王とか言われてる割りに、今までの人生でちゃんとしたクリスマスケーキをあまり買った記憶がないjunjunなのでありました。

会社の付き合いで買わされることとかも多かったし、基本、クリスマスケーキってやたらめったら高いでしょ?
で、ホールでケーキ買うと同じ味を食べ続けないとダメだしできれば、違う味を何種類か食べたいなぁ・・・とウダウダ考えてるといつも買いそびれてしまうんですよね。

来年こそはどっかのお店で頼んでみようかな。

s-画像 027

ねぇ、ねぇ、母さん、今回、アタイのケーキはないのでしゅか?
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:おうちごはん
ジャンル:グルメ
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。