粉もんスイーツ&パンが大好きな京都の主婦です。このブログでは私が食べた物を中心に紹介していきます♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今ならまだ穴場であろう・・・「うめぞのCAFE&GALLERY」
2010年12月02日 (木) | 編集 |
前回の記事でちょっと話しましたが、スイーツモニター前に軽食気分で食べたもののお話をば。

ちょっと前に誰かのブログで偶然見て、激しく気になってた、蛸薬師新町(最寄駅は四条烏丸から徒歩10分ほどかな?)にあるこちらのお店へ行ってきました↓
s-画像 001
s-画像 002

「うめぞの CAFE&GALLERY~~~っ」

梅園と言えばご存知の方も多いと思いますが・・・、河原町や清水に店舗があり、四角い形をしたみたらし団子があまりにも有名な京都を代表する老舗の甘味処ですね。

その店の3店舗目として今年の7月にオープンしたお店がこの 「うめぞの CAFE&GALLERY」 なんです。

外観からお解かり頂けるかと思いますが、町屋を改装したカフェなんですが、オープンして5ヶ月ということで、店内は白壁、板張りの床、木製のテーブルと椅子と、シンプルにまとめられ、まだ、真新しさが残ってます。

入り口入ってすぐは、器などの食器や、ジャムやメイプルシロップ、ギフトなどの販売スペース↓
s-画像 003
(※画像の右側の扉が入り口になります)

段を土足のまま上がるとこんな感じで喫茶スペースが広がってます(一番奥の席は中庭が眺められます)
s-画像 004

ちなみにテーブル数はそんなに多くないです。
中庭が見える席が大テーブルが1つ(6人ほど座れるのかな?混んでると相席になりそう)
4人がけが2テーブル、2人がけが1テーブルあります。
上の画像に写ってる瓶(特製の栗の渋皮煮)がたくさん並んだ2人がけ用の席も混雑すると使うんでしょうね・・・。

河原町店なんかと比べると、席幅がゆったりと取ってあり、席自体も広くて、椅子に根を生やしてしまいそうなほどの癒しの空間が広がってます。

2Fは 貸しギャラリー になっているそうです。

さっきも言いましたが、梅園さんといえば、みたらし団子が有名ですよねぇ↓
s-画像 007

みたらし団子メニュー、たくさんあります。
色んなものがちょっとずつ食べれるという「甘味点心」が気になりますよねぇ・・・

季節メニューはこんな感じ↓
s-画像 006

ナッツ好きとしては

 「ヘーゼルナッツクリームあんみつって、どんなんよ!?」 

と、ひじょ~に気になりましたでぇ。

他の2店舗では食べれないこちらのお店だけの限定メニューのこれが↓ 大人気 みたいですよ
s-画像 009

ワタシが行ったのが平日の12時。
他に2組のお客さんがいましたが、全ての人がこれを食べてました!!
結構なボリュームのホットケーキが2枚で、あれは間違いなく腹パンになりそうだぁ~。

このホットケーキ、ナイフとフォークではなく、なんと、 お箸で食べる みたいです。
端から見てると、意外で不思議な光景でした

これはおすすめメニューページかしらね?↓
s-画像 005

甘味点心はみたらし団子のページにも載ってましたが、フレンチトーストも生麩のパフェも気になるじゃんよ!!

冷たい甘味もございます↓
s-画像 008

もちろん、これからの季節に大人気であろう温かい甘味もございますよ↓
s-画像 010

行く前から下調べしてたので、一応、何を食べるかは決めてたんですけどね、いざ行ってみたら、想定外の季節メニューとかがあるもんだから、気になってしまい、少々悩みましたが・・・、やっぱり初志貫徹でこちらを頂くことに↓

<生麩パフェ¥750>
s-画像 011

解りますかね?スプーン置きが梅の形しててカワイイんです

ワタシ、生麩が大・大・大好きなのよねぇ~

ではでは、生麩パフェにズームイン↓↓↓
s-画像 015

温められた生麩(ヨモギ、粟)が2種類と、白玉、わらび餅の上にバニラアイスクリームと生クリームをのせて、トッピングにきなこと醤油たれがかかってます。

画像では解りずらいかも知れませんが、生麩、白玉、わらび餅は、結構な数(4個ずつぐらい?)が入ってます。
生麩は温められてるので、ムニムギュモチッとしてて(粟麩の方はプチっと感もあり)、白玉はツルモチッ、わらび餅はしっかりとした弾力があってプリンとした感じで

一度に色んな食感が楽しめて、美味しいよぉ~~~~

醤油たれは、気持ち程度しかかかってないので、醤油の味は極ほんのりって感じ、濃い味が好きな方は「もうちょっとかけて!!」と、物足りなさを感じるかも知れないです。

多分、お店のコンセプトとして、素材の味を味わって欲しいという気持ちがこもってるんじゃなかろうか?と、勝手に思ったんですが、生麩、白玉、わらび餅のそのものの味を殺してないので、素材の味も存分に楽しめます。

ま、何か味が足りないと思ったら、アイスクリームが結構もりもりなので、アイスに絡めて食べれますのでご安心を。

で、ワタシ、梅園のわらび餅を今回初めて食べたんだと思うんですが、これが驚きのツボな味だったのでビックリ

茶洛のように口の中でトロけるタイプではなく、しっかりした食感あるタイプなんですが、黒糖味ということでしたが黒糖独特のクセは感じられず、奥深いコクがあってすご~く美味しかったんです

ムニッ、ムギュ、モチッ、プチッ、プルンと色んな食感や味を楽しんで・・・、終始にやけながらごちそうさまでしたぁ~

モチモチ食感好きのそこのあなた、これは是非、食べてみて!! 
(抹茶ホットケーキの誘惑に負けたらダメよ~)

で、このメニュー、餅系が多いので、見た目以上のボリュームが食後にやってきます。
お店を出て、「2時間後のケーキモニター、大丈夫ですか!?」と、軽~く青ざめるワタシが居たことは言うまでもありません。

場所が烏丸ということで、他の2店舗と比べると、まだ知られてない分、今の所、穴場なんじゃないかなぁ~と思います。

休日の混み具合がどんな感じかは解らないんですが、ワタシが行った平日のお昼間は、カフェタイムには早いせいもあってか?ゆったりしてました。
(お店が掲載された雑誌とかも置いてあるので、出てくるのを待ってる間それを読んだりできるので1人で行っても全然苦にならない空間です)

ただ、最近、雑誌やブログ等で目にする機会が増えてますし、ワタシは知らなかったんですが、先月、関西の朝の情報番組で、上でも紹介した抹茶ホットケーキが紹介さられたそうですので、言うてる間にものすごく混雑するようになると思います。
(だから、揃いも揃って、皆が抹茶ホットケーキを食べてたのか~)

ちなみに

抹茶ホットケーキは注文してから、焼きあがるのに15分ほどかかりますからね

皆がいっせいにこれを頼んじゃうとお待ち時間が長くなること間違いなしです。
(厨房もそんなに広くなさそうだし、スタッフも2人ぐらいです、ワタシが入店した時、既に居た2組はいつ入られたのかは謎ですが、私が入ってから10分ぐらい経ってからそのホットケーキが出てきてましたから。その2組がサーブされてから私のを作り初めた感じなので、ワタシもそこそこ待ちました)

と、いうことで、気になられた方は、混み混みになる前にお早めのご訪問をおすすめします。

ワタシは ”黒糖のフレンチトースト(何でもトッピングのアイスがヘーゼルナッツのアイスなんですって!!)”ってのも激しく気になるので、また再訪したいと思いますぅ

<お店の紹介>
「うめぞの CAFE&GALLERY」
住所:京都市中京区蛸薬師新町西入不動町180
TEL:075-241-0577
営業時間:11:30~19:00
定休日:水曜

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:京都
ジャンル:地域情報
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。