粉もんスイーツ&パンが大好きな京都の主婦です。このブログでは私が食べた物を中心に紹介していきます♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12/1に高島屋大阪店にオープンの新ブランドスイーツの試食モニターをしてきました
2010年12月01日 (水) | 編集 |
関西スイーツさん の ☆第18回関西スイーツモニター別バラ隊試食会☆ に参加させて頂きましたぁ。
(ふ~、月末のイベントだったので働いてたら絶対参加できなかったわ)

今回は12/1(水)に 高島屋大阪店 のリニューアルに伴い、「高島屋」と 「洋菓子のエーデルワイス」 がコラボレーションしたスイーツの新ブランド ”マルクト” の スイーツたち  をオープンに先駆けて30名のブロガーがお試しするというイベント内容でした。

s-画像 051

”マルクト”は 百貨店内で気軽に買える洋菓子を提供しよう というコンセプトをもとに、2年強の歳月をかけて、商品を開発し、今回実現さられたショップなんだそうで、セルフ方式でスイーツを購入するという今までにないスタイルを売りにしているそうです。

特徴としては、1個から購入できたり、包装を簡素化するなどし、通常の百貨店商品に比べて価格を約1割抑えてるそうです。
(パッケージはスタイリッシュな感じで、安っぽさは全く感じませんでした)

では、そのスイーツたちの画像をず・ず・ずい~っとご覧下さいマシ
s-画像 020

s-画像 028

s-画像 029

s-画像 030

こんな感じ↓で、高島屋さんのバイヤーさんや、エーデルワイスの比屋根会長さん、パティシエさんの話を聞いた後、お楽しみの実食開始~♪
s-画像 039

上記で紹介したのは、現品ですが、モニター用のスイーツ達はこんな感じでズラッと並んでおりました↓
s-画像 017
s-画像 019
s-画像 022
s-画像 040

うぉ~、ホテルのケーキバイキングみたいでテンション上がるね~

ディスプレイの関係で、現品も混じってますが、食べれるのは銀のトレーの上と白い小皿にカットでのってる分でした。
ケーキバイキングさながらにケーキの数が減ってくると、きれいに補充されていくのがスゴイなと思いました。

「欲望のままに色々取ってみましたぁ~」と、言いたいとこですが・・・、

このイベントの開始が14:30~で、その日は別件で朝早くから出かけたので、すきっ腹にたくさんのケーキを食べる自信がなくて・・・、12:00頃に食べた軽食が思いの外、お腹を一杯にしてくれて、開始時間の時、微妙にそのお腹の一杯さが響いてた&年のせいもあって全種類は食べきれないことを自覚してたので、とりあえず苦手な栗系は避けて、好きそうなものを取ってみました↓
<生ケーキたち>
s-画像 035

真ん中から時計周りに 冷凍でも冷蔵でもふた口サイズの 「マルクトチーズケーキ R・I・N」(5個入り¥788)→ シュークリームの「ポップオーバー(1個¥168)→ ふわふわ生クリームがメガ盛りの「パンビ チョコバナナ味」(1ホール¥1050 全3種類)→凍ったままでも、冷蔵庫で解凍してもの「ダックワーズグラッセ レーズン味・マンゴー味」(1個¥250 全5種類)→ワンスプーンでちょっとリッチなスペシャルケーキ「スプーンケーキ ティラミス味・マンゴー味」(1個 ¥750~¥800 全6種類)

エーデルワイスさんと言えば、百貨店でもお馴染みブランドの「ヴィタメール」や「アンテノール」などのケーキも手がけてますので、ケーキ自体のレベルは悪くありませんので、どれもそれなりに外さない美味しさです。
(イベントの構成上、常温に暫くさらされてた為、一部、美味しさが軽減してただろう・・・ものもありましたが・・・)

で、今回、このブランドを発足するにあたって、練乳をたっぷり使った ”たくさん食べても胃にもたれないミルクリッチクリーム” を開発したそうなんです。

そのクリームがふんだんに使われてるのが、バナナののってる「パンビ」というケーキで、今回ワタシが1番気に入ったケーキなんですが、一番上の画像で見てもらえばホールサイズは解ると思いますが、試食サイズでもクリームはトッピングにも中にも盛り盛りぃ~

スポンジはふわふわで、クリームは甘さ控えめながらミルキーで、本当に軽くてもたれません、練乳が入ってると聞くと甘ったるい気がしますが、そんなことは全然なかったので驚きました!

画像で解るかしら?、このパンビには中にフルーツと、プリンが入ってるんですよ~
う~ん、ワタシも好きだけど、子供も間違いなく好きだね!!

これは、お子さんのいる家に遊びに行く時なんかにお持たせで持っていくと喜ばれると思います~
(入ってる箱もカワイイかったですよ)

<焼き菓子たち>
s-画像 042
真ん中上から 「マルク ¥800/8枚入り」→「ドーナツ 抹茶・クランベリー ¥158/個 全5種類」

焼き菓子系は生ケーキのような派手さはありませんが、マルクはアンテノール?ヴィタメール?どっちだったかな?にあるチョコ&マカデミアナッツのクッキーと似た感じ(マルクはマカデミアではなく、アーモンドを使用)で美味しかったし、ドーナツも普通のドーナツよりはフィナンシェっぽい感じでバターの風味たっぷりですが、具材(クランベリーや抹茶ゴマ)の風味がよく効いていて、安心して食べれる外さない味でした

う~、腹パンだぁ&甘いものばっかだったので、最後はちょっと気分悪かったですけどね・・・

でもね、ワタシの前に座ってた、明らかに10代後半もしくは20代前半のお姉ちゃんは、何回もお代わり取りに行って、それこそ、「あなたはフードファイターですか!?」って言うぐらいの勢いでお召しあがりになられてました。
(若いって素晴らしいわねっ!!)

今回の試食にはありませんでしたが、この他にも

「ロールケーキ ¥850/本 全3種」、ケーキみたいなアイスクリームの「パテイスクリーム ¥300/個 全6種」、「カップケーキ ¥250~280/個 全5種」、「なめらかプリン ¥250/個」、「チーズティーケーキ ¥750/ホール」、「キュービックケーキ ¥900/箱 全2種」、「ホームメードパイ 1/4カット、1/2カット¥300~¥700 全2種類」、「バームクーヘン ¥1000/ホール、1/4カット¥280」、「ブリオッシュー ¥180/個」、「パーネ¥400/個 全2種類」「プティシュー ¥450/8個入り」etc・・・、

約140種類ある中から様々なローテーションを組んでお店に並ぶそうですよ。


そして、太っ腹なことに、マルクトブランドのトートバッグに入ったこんな素敵なお土産まで頂きましたぁ
s-画像 049
s-画像 047

試食にもありましたが、マル・ク(8枚入り)
他にはスティックパイ(チーズ味)、クラシックチョコレート(パフミルク)、マルクトバターケーキ(5個入り)

<マルクトバターケーキ>
s-画像 046

ストロベリー→キャラメル→プレーン→抹茶→チョコレート

この新ブランド「マルクト」は色んな種類もあるし、百貨店の中に買えるのにお手軽値段ということで、お持たせ使いや、ちょっと自分が色々食べたい時に使えるんじゃないかな~と思います。
(男性なんか、特に買いやすいのでは?)

ワタシにとって難波はなかなか行く機会はないのですが、パンビはもっかい食べたいな~。

新しいスタイルのマルクトのスイーツを皆様も一度、お試しあれ!!

最後にこのイベントを開催して頂いた、高島屋大阪店さん、エーデルワイスさん、関西スイーツさん、本当に有難うございましたぁ

<お店の紹介>
「マルクトスイーツデザインマーケット 大阪高島屋店 B1F」
TEL 06-6632-9773
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:スイーツ
ジャンル:グルメ
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。