粉もんスイーツ&パンが大好きな京都の主婦です。このブログでは私が食べた物を中心に紹介していきます♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
くせになる味の”坦々麺&てりどん”を出す店
2010年09月24日 (金) | 編集 |
京都のフリー雑誌 「go baan」の ”たらふく食べチャイナ特集”のページで取り上げられていたこの店のランチに行ってみましたぁ↓

s-20100823_74.jpg

「中華料理 大鵬~~~っ」

場所はJR二条駅から徒歩5分ほどのところにあります、店内に入ってみるとスタッフの数がとても多いことにビックリ!!

食べたのは以下のもの↓

<坦々麺定食 ¥880>
s-20100823_69.jpg

私チョイス。
坦々麺、唐揚、ご飯、漬物のセットになります(ご飯と唐揚1個は、はなからT君に輸出予定)

s-20100823_70.jpg
この坦々麺、単品(¥750)で頼むと、鉄鍋に入って出てきます、単品で頼んでる人も結構いたので、人気メニューなんだと思います。

まずはスープをひと口飲んでみて・・・、

「えっ?この坦々麺、甘い・・・、ん?でも、最終的にピリッと辛い、うわ、なんか不思議な味~

見た目もそこそこ赤いし、普通の坦々麺を想像して食べているので、想像してない味が口の中に広がるので最初は違和感いっぱいなんです。

味としては、ゴマの濃厚クリーミーな風味の甘さがメインなんですけど、恐らく四川特産の花椒(日本でいう山椒みたいな香辛料だが味も香りも日本の山椒とは別物)が入った香味油が入っている為、独特の香りが鼻に抜け、後味に辛味がやってきます。

そのスープは固めの麺にしっかり絡み、食べていくうちに舌がその味に慣れ、その深みのある味を美味しいと思うようになってしまうという、くせになるウマさがこの坦々麺にはありました

いや~、この坦々麺だけでも、何か本格さを感じます。
唐揚もジューシーで美味しかったですよ~

ちなみにランチには坦々麺ハン¥880(坦々麺+やきめし小)というセットもあるので、単品で頼んで鉄鍋の熱々を楽しむのもよし、唐揚と白ご飯のコンビで食べるのもよし、やきめしとの王道中華コンビで楽しむのもよしなので、お好きな組み合わせで楽しんでみられてはいかがでしょう?

そして、T君チョイスは↓

<てりどん地獄盛¥780>
s-20100823_71.jpg

こちらのお店の名物とも言えるてりどん。
てりどんとは、簡単に言ってしまうと

”濃厚テイストの豚肉の生姜焼きどんぶり”

です。

で、詳しく言いますと、濃い目に甘辛く炒められた豚肉と玉ねぎが白ご飯にのってるというシンプルな内容。

これが、

ご飯がススム君の味でやめられない、止まらない~~~のまさに虜ロールな味なんですってば!!

一般的な生姜焼きにコッテリと甘辛いをプラスしただけなのに、何だこのクセになるテイストは!!
男性は間違いなく好きな味だと思いますよ~~~

女性はてりどんはちょっと濃過ぎかなぁ~と思う方もおられるかも知れません、添えてある紅しょうがでも緩和はできるんですけど、肉の量が多いんでね、そんな要望に応えるかのように、

豚肉と玉ねぎの下に錦糸たまごが敷かれた”てりどんきんし”

というメニューがあるんです。

今回、T君が「シンプルが好きだから錦糸たまごはない方がいい」と言ったので、ノーマルてりどんになりましたが、ノーマルてりどんだけでも充分美味しいですが、きっと、てりどんきんしはたまごの風味がプラスされることによって、違う美味しさを醸し出してると思われます。

で、このてりどんには

てりどん(¥580)→てりどんきんし(¥730)→てりどん地獄盛¥780→てりどんきんし地獄盛(¥880)

という風に味と量に段階が踏まれたメニューがあるんです。
(地獄盛りとは、大盛りのことです)

今回、頼んだてりどん地獄盛とは・・・

s-20100823_73.jpg

本当にそびえたつ地獄盛りでございました
(大きなラーメン鉢にご飯も肉もモリモリ~♪)

同じ味でも飽きることなく笑顔で食べ続けてはりましたけどね
(私も味見程度に2~3口もらうつもりが、やめられないとまらない・・・で、結構もらっちゃいました)

行ったのは平日のランチタイムなんですが、メインなランチタイムを過ぎても、ひっきりなしにお客さんがやってきて、人気のお店なんだなぁ・・・と思いました。
(カウンターもあるので1人客の方も多かったです、スタッフの数も多いので、ランチタイムの回転はさほど悪くないと思います)

セットメニュー以外にも、単品料理も充実してますし、そんなに値段も高くありません。
”よだれ鶏”という、名前からして美味しそうな料理や、某有名シェフから会得された小籠包もあるらしいので、次はいろいろ食べてみよっと

<お店の紹介>
「中華料理 大鵬」
住所:京都市中京区西ノ京星池町38-27
TEL:075-822-5598
営業時間: ランチ 11:30~14:30
      ディナー17:00~23:00
定休日:火曜日
駐車場3台有
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:中華料理
ジャンル:グルメ
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。