粉もんスイーツ&パンが大好きな京都の主婦です。このブログでは私が食べた物を中心に紹介していきます♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
また!×5 ラボフィセルへ♪
2010年11月12日 (金) | 編集 |
さてと、前記事で名前が出た所で、3つストックがあるうちの1つを放出しておきましょうかね・・・

はや、5回目の訪問となります ラボフィセル~~~っ 

今の予定では、7回目の訪問までご紹介する予定ですので、お付き合いのほどヨロシクです。


<黒ごまホワイトチョコ甘栗 ¥190>
s-20100917_18.jpg

あれ?前回の時に ”大好きなフィセルであっても私の中のマロン感を変えれなかった・・・” と思ったはずなのに、なぜか、今回も2つも栗系を買ってる私。

私のアルツったら、相当、進み過ぎ!?

そういえば、この間、アイフォン持ってる人に

「わぁ~、それって、何って言うんだったっけ?」 

って、言うたら、

「おいおいおい、これ見て、今のような有り得ない反応した人、オマエが初めてやけど、大丈夫か!?」

と、呆れかえられたっけ 


はい、”アイフォン”って言葉が出てこなかったんですが・・・、何か? 

日々、着々と脳細胞が死に急いでる junjun なのであります。


言い訳をするとですね、フィセルは前日にメニューが発表され、商品についての詳しい説明は当日の朝のブログで紹介されたりするので、初登場のパンは名前からパンのイメージを想像しなきゃいけないんです。

で、このパンに関しては”黒ごま”ってフレーズに惹かれて予約しちゃったんだと思われます。

生地にオリジナルの黒ごまクリームと、黒ごま、甘栗とベルギー産ホワイトチョコをねりこみさらに甘栗をつつんでいるという、黒ごまも2乗だけど、栗も2乗なパン。

s-20100917_19.jpg

食べると、まずは、ものすごくゴマの味が広がります、が、しかし、その後すぐにホワイトチョコ&甘栗がやってきて、結構な感じで甘い・・・。
和菓子食べてる気分になってしまいました・・・

アカン、これは私の好みではありませんでしたぁ

<マロン生地のクランベリーホワイトチョコアーモンド ¥180>
s-20100917_20.jpg

もうひとつの栗パンです。

ベースの生地に甘露煮と白あんのマロンクリームを練りこみ、具材はクランベリー、ホワイトチョコ、アーモンドがふんだんに散りばめられます。

s-20100917_21.jpg

栗の甘露煮に白あんって私の苦手なものがベースなのね・・・、大丈夫かしら???と、不安いっぱいながらに食べてみましたが、

「おっ、これはイケるんちゃう!?

生地自体が栗と白あんによってほっくりした食感にはなってるんですが、それほど栗味も白あん味もせずに、クランベリーの甘酸っぱさと、アーモンドの香ばしさと、時折あるカリッと食感、ホワイトチョコの甘味のバランスがよくておいし~です。

<アプリコットアップルパンプティング ¥190>
s-20100917_16.jpg

s-20100917_17.jpg

りんごの甘煮とドライアプリコット、パンプディングと好きなものばっかりががぎっ~しり入ってるパン。
アプリコットの甘酸っぱさがツボですからっ


<クッキーパン木苺ミルク>
s-20100917_12.jpg
s-20100917_13.jpg

クッキーパンも具材を変えて色んなバージョンがあるんですが、私、中に入ってるクッキーのしっとり食感が好きなんですよね~。
今回は木苺ミルクというお味。
ミルク(ホワイトチョコ)が効いてるので、木苺ですが、甘酸っぱ過ぎることもなくいちごミルクみたいなまろやかな味わいです。

<カステラパン すももといよかん>
s-20100917_14.jpg
s-20100917_15.jpg

今回のカステラパンは細かく刻んで練り込み系でした。
カステラと共に練り込まれてるいよかんピールは爽やかながらほろ苦さがあり、トップにコーテイングされたすももジャムがキュンと甘酸っぱかったです。

<いちじくいよかんくるみ ベリーのソース ¥190>
s-20100917_22.jpg
s-20100917_23.jpg

ベースはライ麦生地で、トッピングされたベリーのソースの赤紫色が鮮やかなパンです。

ドライイチジクのプチプチ感、いよかんピールの爽やかさ、クルミのコリコリ食感と香ばしさにベリーソースの甘酸っぱさがたまらん~


<キャラメルホワイトチョコくるみ ¥180>
s-20100917_24.jpg
s-20100917_25.jpg

見た目の派手さはないですが、キャラメルソースを練りこんだ生地にホワイトチョコがたーっぷり入ってます。
ホワイトチョコとキャラメルでWパンチの甘さで、結構甘いんですが、ハマる味なんですよね~。
そして、所々に入ってるくるみも香ばしくておいしいです

<グリエールチーズとくるみ>
s-20100917_26.jpg
s-20100917_28.jpg

ブラウン生地にグリエールチーズとくるみが練りこんであります。
クリーミーで芳醇なコクがあり、加熱すると糸を引くようにのびるのがグリエールチーズなんですが、焼き戻すとチーズがじんわり溶けてウマイのであります


<ペコリーノロマーノ(セミハードチーズ)とオニオンバジル¥190>円
s-20100917_27.jpg
s-20100917_29.jpg

お次はペコリーノロマーノというチーズを練りこんだパン。
グリエールやエメンタールチーズと同じセミハードチーズの仲間で、中でもこのペコリーノロマーノはなかなか濃厚なんだそうです。
他に甘くなるまでいためた玉ねぎと香りが強いフライドオニオン、バジルソースが一緒にねりこんであり、香りと風味が抜群のパンで、パスタと食べたい感じです。

<コーヒーボストック>
s-20100917_31.jpg

私、表面の茶色の部分だけがコーヒー味なんだと思ってたんですが、ひっくり返してびっくり↓
s-20100917_30.jpg

ジュワジュワッと、たっぷりめに染み込ませてあるんですぅ~。
コーヒーの苦味と表面のダマンドのしっとりリッチ感が絶妙で、大人のお菓子パンって感じでウマイのぉ

最近、ボストックの新作で、私の好きなバナナを使った”チョコバナナ”とリンゴ”が出てるらしくめっちゃ気になってます。

次回行ったら絶対GETするぞぉ~

<お店の紹介>
「boulangerie labo ficelle(ブーランジェリー ラボ フィセル)」
住所:大阪市西区立売堀3-8-5
    阿波座2番出口から徒歩2分

TEL:080-5705-0805
 ※お店には置いてなくて予約やお問い合わせの受け付け用になってるそうです。

営業時間 11:00~売り切れ次第終了

定休日:土・日・月・祝
  ※たまに土曜日営業するときは事前にブログでお知らせ有

予約について
  受付時間 7:30~19:00
  (仕事でどうしても上記時間が無理な場合は20:00まで可)


当日分のご予約は10:30までに。
 ※「土曜日と日曜日のお電話はできるだけご遠慮ください」とのこと

予約の商品の引き取りは18:30まで
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。