粉もんスイーツ&パンが大好きな京都の主婦です。このブログでは私が食べた物を中心に紹介していきます♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
両親と和食ランチ
2010年08月24日 (火) | 編集 |
相変わらず、先月の話続きで申し訳ありませんが・・・、母の誕生日に両親をランチに連れて行きました。
行ってきたのは、烏丸にある↓
s-画像 032

「旬菜 なみ里~~~っ」

今回、お昼の会席(¥3,300)を頂きましたが・・・、何もメモってなく、記憶も曖昧なので、今回も画像中心にお楽しみ下さい・・・

<前菜>
s-画像 012

うざく、枝豆、ダシ巻き、多分・・、鮭の幽庵焼、多分・・・、モロコの煮付け、冬瓜、茗荷寿司。

和~って感じで、丁寧に味付けされてます。

<お造り>
s-画像 015

ハマチ、鯛、貝柱、生ゆば

生ゆばの造りが、チュルンとした食感で、超、ウマ

<焼き物>
s-画像 017

おお~っ鮎ですぅ~

鮎も季節限定で和食に来ないと食べる機会がないので、お久しぶりに食べました。

<炊き合せ>
s-画像 021

こちら冷たい一品で、茄子とかぼちゃを冷たい鳥そぼろ餡で頂きます。
お味がしっかりしゅんでて、めっちゃ美味し~

<揚げ物>
s-画像 022

ハモ、茄子、ししとうの天プラを塩で頂きます。
熱々で、サクッと揚がってて美味しかったです。

<蒸し物>
s-画像 025

馬鈴薯饅頭です。
トッピングの赤いのは福神漬けで、餡はカレー風味です。

s-画像 026

中には貝柱が入ってます。
カレーなんで、洋っぽいんですが、カレーうどんのように和のおだしがベースなので、和っぽく仕上がってます。
ほくほくで、餡とよく絡んでおいしいです。

<御飯・赤だし、香の物>
s-画像 028

ごはんは、じゃこご飯~♪
s-画像 029

じゃこの味がお上品な薄味だったのですが、私的にはもうちっと濃い味の方が良かったなぁ。

<水物 >
s-画像 031

牛乳餅ということでしたが、お餅のモチモチ感というよりは、淡雪ムースみたいなシュワッと口の中で溶けていく系でした。

どれも、丁寧に作られてる感があったし、美味しかったし、私はお腹一杯になったのですが、父親は腹八分目だったようで・・・

「やっぱ、秋やまが好きだなっ!!」

と、言われてしまいましたとさ、チッ
(文句言うならもう連れてかないぞ!!)

最近行ってないので、今の秋やまがどんな感じかよく解りませんが・・・、京都の和食としてはこの内容でこのお値段ならお手頃だと私は思うんですけどね。

<お店の紹介>
旬彩 なみ里
住所:京都市中京区蛸薬師通高倉西入ル泉正寺町323 1F
TEL:075-212-3204
営業時間
ランチ  11:30~14:00
ディナー 17:00~22:00(L.O.21:00)
定休日:水曜日
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:和食
ジャンル:グルメ
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。