粉もんスイーツ&パンが大好きな京都の主婦です。このブログでは私が食べた物を中心に紹介していきます♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夢の国テイクアウト編~ケーキ~
2010年08月02日 (月) | 編集 |
さぁさぁ、夢の国の マンゴー&桃づくし のケーキ編をいってみよ~

<完熟のマンゴーのクリームパイ¥472>
s-画像 011

実は3年前の夏にコヤマに行った時もこの商品はテイクアウトしてるんですよね~

ケーキの構成としてはサックサク食感のパイカップの中にスポンジ、パッションフルーツとマンゴーのジュレ、カスタードクリーム、クレームシャンティ、その上に角切りしたカットマンゴーをもりもりにのせ、バジル入りのナパージュがかけてあるボリューミィなパイケーキです♪

s-画像 013

カットして気づいたんですが・・・、パイ生地とスポンジの間にうっすらチョコレートクリームの層があったんです。
で、それを分解しながら食べてみるとヘーゼルナッツ入りのチョコクリームで、めっさナッティでめっさ香ばしい!!

HPの商品説明に

パイの中にフルーツを引き立てるアクセントを忍ばせること!それがエスコヤマのマジックなのです

と書いてあったんですが、まさしくこのちょっとしたナッツチョコクリームがアクセント的な役割を果たすマジックだったのかしら?

そして、もうひとつの発見、3年前はクリームパイの中にバナナが中に忍ばせてあったことを この記事 で確認して思い出したんですけど(アルツですっかり忘れてました)、ケーキにも年々、アレンジが加わっているんだなぁ~ということに、ビックリ&現状のケーキに満足せず更に美味しい何かを探してる小山シェフの信念に感動しちゃいました

もう、本当にウ~、マンゴ~って感じでマンゴーを満喫できるのでマンゴー好きの方は是非、ご賞味あれ!!

<白桃のクリームパイ¥472>
s-画像 015

これは上記で説明したパイの白桃版ですね。
桃好きのT君の為に購入しました。

s-画像 016

基本的な構造は似てますが、こちらには、チョコの層はなく、ジュレ部分には3種のベリーのジュレが忍ばせてあります。

こちらも、白桃はみずみずしくてジューシィでウマイですぅ~

<パフェエキゾチック¥420>
s-画像 017

パッと見、

「これ、ムースじゃん!!粉入ってないじゃん!!!」

って、思うでしょ?
私も入ってると思ってなくて、マンゴー&パッションという言葉だけで買ったんですが、後から判明した嬉しい誤算で中にスポンジが薄っすら入ってたのと、ピスタチオのムースが入ってました

ピスタチオのムースも、パッと見、見えないでしょ?
オレンジのジュレの中に忍ばせてあるんですよ~
で、これまた見えないけど底にヴァローナ社のミルクチョコレートのジュレが忍ばせてあるんです。

構成はチョコのジュレ、パパマンガ(バナナ・マンゴー・パッションのムース)とピスタチオのムースを重ねパッションソースでコーテイングし、トップにはマンゴー、タピオカ、バジルシート、バナナをのせパフェ感覚で食べるデザートなんです。

酸味のパンチが効いてるので、南国テイストで、めっちゃ好みの味です

酸味の中にチョコのビター感とピスタチオの濃厚ナッティ感がアクセント的に存在をアピールしてきて、芸の細かさも実感できるし、小さいカップデザートですが、本当にパフェのように楽しめます

<シャルロットオマンゴー¥378>
s-画像 021

今回、ケーキは事前にHPでチェックして予約して行ったんですが、コヤマ自体がいつものように混んでなかった為、ケーキショップを覗いてみた所、お店の人から

「沖縄のマンゴーが入荷したから今日だけ特別に販売してるケーキでお勧めです」

と言われたので買ったケーキです。

沖縄産マンゴーとレアチーズムースの組み合わせのケーキです。
で、沖縄産マンゴーが取り立ててでウマイという感じはなかったんですが・・・、(今回、どのマンゴーのケーキも美味しかったから)レアチーズ部分が私の好きな感じで酸味が効かせてあって、シャルロット部分もふんわり軽い食感で、美味しくペロリと頂きました♪

<白桃のショートケーキ¥367>
s-画像 002

これもT君用。
はちみつたっぷりのふわふわジェノワーズの生地でクレームシャンティと桃、イチゴをサンドしてあり、トップは桃とフランボワーズがのってます。

これもふわふわのジェノワーズが口の中でスーと消えていき、甘すぎないクリームにみずみずしい桃の組み合わせがシンプルだけど、美味しすぎぃ

<黄色いシャルロット¥420>
s-画像 008

コシがありながらふわふわしっとりした食感のビスキュイで、パッション&マンゴーのジュレを差し込んだふんわりなめらかな口当たりオレンジのババロアを挟んでいます。

トップにはたっぷりのクレームシャンティを絞りパインとマンゴーをのせてあります。
ビスキュイ部分がコヤマロールの生地っぽい食感でグー

<マンゴーソレイユ¥420>
s-画像 014

土台はドライパイナップル入りのココナッツメレンゲ、その上にアニスのリキュールをきかせたココナッツムースにマンゴージュレ、ムースマンゴームース、トップにもマンゴーがあしらわれてます。

マンゴーとココナッツがまた合うんだな
で、メレンゲのサックリ感とムースのなめらか感、同じココナッツでも使い方を分けてある所が憎い演出です。

<コヤマロール¥1260>
s-画像 003

皆さん、知ってました?
コヤマロールには、おいしい食べ方ってのがあって ここに載ってる んですけど、私、今まで確実にNGな食べ方をしてたもんだから、今回は掟に従って実食してみました↓
s-画像 006

こうやって食べると、 生地の気泡がつぶれなく、最後まで極上な味わいとふわふわ感が楽しめる んですって。

確かに、こうやって食べると美味しいですが、こうやってフォーク入れると、一口目はいいけど、クリームがムギュと飛び出してきたりで、段々、ロールが無残な姿になっていくのは私だけなんでしょうか・・・???
(薄く切り過ぎ?もっと分厚く切ればいいのか?)

知らなかった方がいらっしゃったら、次回の際に是非、試し下てみてさい。
で、キレイに食べれたら、その食べ方を伝授して下さい。

<小山ぷりん 夏色爽快マンゴー¥262>
s-画像 007

この時期の小山プリンはもちろん、ウ~・マンゴぉ~!!
アルフォンソ、アップル、フィリピンのカラバオ種と3種のマンゴーをブレンドし、氷上牛乳とミックスして作るこだわりマンゴープリンなんだそうです。

瓶の底にはスパイシーなジャンジャーキャラメルが忍ばせてあります、これが、また密かにいい仕事してます

はぁ~、今回も、大満喫

小山シェフ、いっぱいの美味しいをありがと~~~~

マンゴーの季節のうちに、もっかい行きたいわ~、T君に頼もうかなぁ・・・

ちなみにエスコヤマは、8/18(火)~27(金)までの間、夏期休暇なのでご注意を!!

後、1つコンフィチュール買ったんですけど、まだ開ける予定がないので、とりあえず、今回の夢の国レポはここまでで
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ケーキ
ジャンル:グルメ
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。