粉もんスイーツ&パンが大好きな京都の主婦です。このブログでは私が食べた物を中心に紹介していきます♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひっさびさに「サトゥール」でヤバうまスペシャルディナーを堪能♪
2007年08月12日 (日) | 編集 |
前ブログの「happyなひと時☆彡」の時には頻繁に登場していた私のお気に入りフレンチのサトゥールですが、私自身の諸事情で気軽に大阪に行けなくなったことによってすっかり足が遠のいてしまっていました。

気がつけば、前回行ったのは3月で、何と半年近くも行ってない・・・OO

そんな時にいつもの女性ばっかりのガッツリオフのメンバーから

「是非、サトゥールでオフ会を開いて欲しい!!」

という熱~いリクエストを受けました。
自分自身があまりにもご無沙汰すぎて、何だか連絡が取りづらいわ・・・焦る3と思いながら、恐る恐る電話を入れてみた。

こんなにご無沙汰している私のお願いをシェフは快くOKをしてくれたので、調子に乗って「あれが食べてみたいこれが食べてみたい」とわがままなリクエストを言い、こんな素敵過ぎる↓ヤバうまスペシャルディナーを女子8人で堪能してきましたぁ~っ絵文字名を入力してください

ではでは、こんな私のわがままに力一杯応えてくれたシェフに感謝の意味を込めて、私も力いっぱい気合入れてレビューを書きますよぉ~っ絵文字名を入力してください

まずは、前菜です。

予約の電話の時にシェフと話をしてた時に、「今日はちょっとしたパーティで利用したお客さんに頼まれてコースメニューにパスタを入れた」と言う話を聞き、咄嗟に

「あっ!!私、冷製カッペリーニがめっちゃ食べたいですけどぉ・・・、作れますかぁ・・・!?」

と、言うと「やってみようかぁ・・・」とOKしてくれたシェフ。

で、出てきたパスタは予想をはるかに上回るこんな素敵なビジュアルキラキラで一同、

「おおっ~~~~えぇきれ~、美味しそ~っ」

と、ひと叫び。

<海の幸の冷製カッペリーニ>
20070812074135.jpg


見た目でも驚かされたんですが、運ばれてきた瞬間、爽やかでフルーティな香りがフワァ~ッと辺り一面に漂い

「何?何なのこのいい香りはっ!?」

と、またまた一同、大騒ぎ。
で、よくよくお皿を見ると、パスタの周りにソース状にかかっている粒々を発見。

「も、もしかして、これは以前シェフから聞いたことがある奄美大島から取り寄せた極上のパッションフルーツなんぢゃないのぉ~?」

と思ったら、まさしくその通りのパッションフルーツの果肉がソースとしてのってました。

で、冷製パスタと言えば、トマトベースを思い浮かべません?

今回、シェフが作ってくれたのは、バジルベースのパスタ。
アクセントとしてお皿の周りにかけてあるキャロットオレンジソースとパッションフルーツの果肉と混ぜ混ぜして頂くんですが、このパスタが

 「あり得ないくらいウマイっ~~~~~love

アルデンテの固さに茹でられた極細のカッペリーニにバジルの味がベストな感じで絡み、バジル味の濃厚テイストをパッションフルーツの甘酸っぱさとキャロットオレンジの爽やかな酸味が和らげる感じで何とも言えない美味しさです。

パスタの具は、ホヤ、帆立、サザエ、いくら、ウニと豪華な海の幸の競演なんですが、それぞれが自身の甘味や旨味を確実に主張しながらもソースの味を邪魔することなく口の中でウマッウマハーモーニーを奏でていくんですおんぷsan

「すごいよぉ~すご過ぎるよぉ~、ブラボーよぉ~~~アップロードファイル

料理って、豪華な食材やいろんなソースを使えばいいってもんでもないんですよね、使うものが多ければ多いほどそれぞれの味がバラつかないようにきちんとまとめないと美味しい料理にはならないんですよね。
それをキッチリ作りあげた、シェフに拍手~ 
いやぁ、のっけからやられちゃいましたよ&テンションダダ上がりぃ~上

ハッアップロードファイル、まだ1品目なのにこんなに力いっぱいに書いたら、私、軽く疲れてしまいましたけど・・・、この調子でこの先どうなるのかしら・・・???
(皆さんも疲れないでついてきて下さいね)

続いても、またまたオーダー品です。
夏といえば、冷製スープよね、でも、普通のスープじゃつまらないし・・・と考えた末に思いつき

「桃のスープを作って欲しいんですけどっ!!」

これは、パスタみたいにジャンル違いの料理ではないのでちょっと強気にオーダーしてみました。
去年、紅芋のスープを出してもらったことがあるので、シェフなら多分、作ってくれる気がしたんです。

で、出てきたのはこちらっ↓↓↓

<桃のスープ>
20070812074151.jpg


画像では解りにくいですが、桃モモを器にしてあるんです。
(桃の器だけだと安定しないので、一応グラスに入ってます)

半分に切った桃の種と果肉を取り冷凍し、それを器にし、じゃがいもの味を弱めにしたビシソワーズに桃の果汁を入れて作ったスープなんだそうです。
(今回、女子チームということで、特別に桃で器を作ってくれましたが、この器が思った以上に手間かかるらしいので今後はこの形では出てこないと思います

で、黒いのはキャビアぁ~。
(あっ、このキャビアは明らかにサービスですので・・・)

口に入れると、クリーミーなスープの中から桃の香りと風味が口いっぱいに広がって

「う~わっ、めっちゃ美味しぃ~~~~喜アップロードファイル

甘いデザート系のスープではなく、軽く塩分もきいていてちゃんとした料理のスープなんです。

で、キャビアがめっちゃいい仕事してるんですよ!!

なくても全然OKなんですけど、キャビアが入るとキャビアの塩分がコク味を演出してまた違った味が楽しめます。

器の桃がシャーベットみたいになってるから、スープを飲み干したら、皆でその桃をガシガシ食べる。
甘い桃だったので、ちょっとだけのつもりが、やめられない止まらない・・・で、ほとんどの人が桃を完食。

いや~、これまたやってくれましたね。
予想を遥かに上回るウマウマでしたアップロードファイル

続いては魚料理。
今回、8人中5人はサトゥールお初ということで、あの名物料理を事前にオーダーです。

<鮮魚のハンバーグ プロヴァンサルソース>
20070812192410.jpg

2口ほど頂きましたがやっぱりウマイのねぇ~egao

で、私を含む残り3人は
<魚介のスフレ ニューバーグソース>
20070812074218.jpg


ニューバーグソースとはソテーしたオマールをコニャック(ブランデー)などの酒で香り付けし、魚のだし汁と生クリームを加え、最後にオマールのミソを加えたソースです。
私、甲殻類のエキスソースは大好きですからぁ~、期待大↑

で、メンバーから

「断面の女王!いつものように断面行っといて!!」

と言われましたので、いつものように断面です↓↓↓
(言われなくてもあるんですけどね・・・)
20070812074234.jpg


「おおっ~、具が入ってるぅ」

スフレの中には海老、オマール、鰆、帆立がゴロッと入っててます。

スフレのベースは鮮魚のハンバークと同じで、海老、帆立、鰆をミンチにし、生姜、大葉を入れ、セルクルに詰めた後、焼き上げてあります。

「これも、間違いなくめっちゃおいしかったぁ~はーと2こ2こ

オマールエキス凝縮の濃厚ソースとフワフワ食感のスフレが合うんだなぁ。

はぁ~、おいしかった。
でも、正直、お腹がいっぱいになってきました、次はお肉なんですけどね、この調子でいくとデザートが別腹でない私としてはドキドキモードです。
(張り切って桃を食べるんじゃなかったと今さら後悔です)

そして、運ばれてきたのはこちらぁ~↓↓↓
<但馬牛バラ肉の赤ワイン煮込みフォアグラステーキ添え>
20070812074251.jpg


・・・。
久々に見ためけど、このフォアグラの厚さは何!?
明らかに私仕様の分厚さで素敵過ぎるぅ~きた jumee☆DaNcE2 は-と

せっかくですからアップで!!
20070812074308.jpg


20070812074331.jpg


そして、焼き具合もほんのりレア感を残しているし、食べても臭みもないフレッシュなフォァグラで

「うめぇ~よぉおおおおっ~絵文字名を入力してくださいheart0

私、フォアグラを食べたのが久々だったんですけど、やっぱりここのフォアグラが好きぃ~ポッ

こんなけ豪快に出てくるとなくなることを惜しむようにみちみち食べなくてもいいから嬉しいワン。

で、お肉なんですが、ナイフを入れると崩れるくらいトロトロッに煮込まれてていい感じ~と、思ったんですが、食べてみるとバラ肉なんで結構脂身が多くてちょっと脂こかったです・・・。

しかも、しっかり濃い味がついていたので、ここまでで結構食べてたから、お腹一杯過ぎて、ちょっとツラくてお肉は完食できませんでした。

ああ、ヤバイわぁ、お腹一杯だわぁ、デザート命なのに私ったら大丈夫かしらぁ・・・ソ猝ヨ

<デザート盛り合わせ>
20070812074408.jpg


出てきてホッとひと安心、いつもみたいにてんこもりバージョンじゃないわ。
巨峰のタルト、桃のコンポート、バニラアイス、アールグレーのアイスです。

実は「マンゴーのタルトが食べたい」とこれまた事前にわがままオーダーしたんですが、いいマンゴーが手に入らなかった為、巨峰のタルトに変更になったそうです。

私、以前、タルト生地にダメ出しをしたことがあって、シェフはそれがトラウマになって最近はタルトはやってなかったそうです。

今回は、知り合いの某有名パティシエにタルト生地の作り方を伝授してもらったとかで、耳部分はサックリ、アーモンドクリーム生地はしっとりフワフワでめっちゃおいしかったし、皆も

「タルト生地おいし~」

と大絶賛でございましたclover

桃のコンポートもめっちゃおいしかったし、大好きなバニラアイスにアールグレイのアイスも相変わらずおいしかったぁ~love

シェフ、今回も大サービスをして頂き、本当にありがとう~ちな♪

ハイハイ、言われなくても解ってますよ!!
完全に食べ過ぎですっ!!帰って体重計に乗ったら800gも増えてましたからっ!!!
(でも、今日には元に戻ったのでセーフですピース

で、いつもながら思うのは、完璧なまでに私好みの料理を作りあげてしまうシェフの料理の腕の素晴らしさアップロードファイル

どれも美味しかったけど、中でもカッペリーニと桃のスープは驚愕のウマさでした

イタリアンのシェフでもないのに、あのカッペリーニは今まで食べてきたカッペリーニの中ではNO1だったし、桃のスープも軽い思いつきで言ってみたのに、完璧に作り上げていて本当に恐れ入りました。

「美味しいから、絶対にメニューに入れた方がいいよ~」

とは言ったんですが、手間もかかるし、イタリアンでもないのでディナー時に事前予約の特別オーダーメニューでしかやらないそうです。
(しかも、2つとも冷製なので夏限定ですよ~)

どうしても気になる方はお店に電話をしてシェフに

「junjunのブログを観たんですが・・・」

と言って、相談して見て下さいね~
(ブログに載せるとは言ってありますのでそれで通じると思います)

この2つに関しては、満場一致の大絶賛だったので、ご満足頂けると思います。

さて、次はどんな難題をふっかけてみるかな・・・ちなニヤリ
(「うわっ、アイツ、最悪や・・・雷」というシェフの声が聞こえる)

<お店の情報>
Satour(サトゥール)
大阪市西区江戸堀2-7-22ガーデンハイツ江戸堀1F
TEL 06-6444-6344
ランチ 12:00~(L.O.14:00)
ディナー 平日 18:00~(L.O.22:00)
     土日祝18:00~(L.O.21:30)
定休日 :月曜、第3日曜(料理教室)


※お盆期間中は休まず営業してるそうです

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:フレンチ
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
あうー
Satourごぶさたしてるよー。
いきたいよー。
2007/08/13(Mon) 08:19 | URL  | たが #gCdjPySU[ 編集]
あう~あう~っ
>たがさん
私も半年ぶりくらいだったんですけど、相変わらずのウマウマでしたよ~v-10

大阪に気軽に行けなくなったので、なかなかお供もできないんですが、よかったら行ってみて下さいねぇ~i-246
2007/08/13(Mon) 23:29 | URL  | junjun #-[ 編集]
>「junjunのブログを観たんですが・・・」

電話で言ってみよぅかな・・・www
2007/08/13(Mon) 23:55 | URL  | ひろひろ #-[ 編集]
肉ねえさんの日記で見たとき、そうめんの上に海の幸が乗ってるのかとおもったよ ^_^;
すっごく美味しそう~
ぼくも久しぶりにサトゥールに行きたくなってきた!
そういえあ、サトゥールで夜ごはん食べたことないなぁ
こんどは夜にいかなきゃ♪
2007/08/14(Tue) 19:44 | URL  | まさい #-[ 編集]
>ひろひろさん
サトゥールネタなので、きっとコメントはくれるだろうな・・・とは思ってましたぁi-229
「junjunのブログ観たんですが・・・」
って、わざわざ言わなくてもひろひろさんも立派な常連さんなんだから(私がご無沙汰してる間に私より常連さんになってはる気がする)事前に言えばスッペシャルしてもらえると思いますよぉ~。
久々に食べたけど、やっぱ、サトゥールだねi-189って感じでウマウマでした。
あ~、気軽に行けないのが悲しい・・・。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。

>まさいさん
そうめんってぇえええ~、フレンチでそうめん出てきたらビックリしますやんっ!!
このカッペリーニは本当に美味しかったから是非食べてみて欲しいです。

で、そっかぁ、まさいさんは夜i-118、行ったことないんですね~。
(ここで気軽にお供しますと言えないのが悲しいi-241のですが・・・)
土日のランチはバタバタしてたりするんですけど、夜はゆっくり落ち着いた感じで食べれますよi-194
是非、夜も行ってみて下さいね~i-256

2007/08/14(Tue) 20:28 | URL  | junjun #-[ 編集]
カッペリーニと桃のスープは、ホント、驚愕の美味しさでしたねv-10
junjunさんのお陰で、美味しいお料理をいただくことが出来ましたヾ(o・∀・o)ノ”
ありがとうございますv-238
2007/08/16(Thu) 11:19 | URL  | Princess #-[ 編集]
やばいぐらいウマそうですぅ。
見てるだけで食欲がUP↑
私もシェフにお願いしてみま~す。
2007/08/17(Fri) 15:26 | URL  | kayomaru #-[ 編集]
>Princessさん
先日はお疲れ様でしたぁ~i-179
喜んでもらえてよかったですi-194
また、ウマウマ行きましょうね

>kayomaruさん
本当にヤバうまでしたからぁ~っi-233
kayomaruさんも是非是非食べてみてぇ~i-236
2007/08/17(Fri) 22:07 | URL  | junjun #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/10/28(Fri) 19:43 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
容量:700mlアルコール度数:42%タイプ:5種類のプルーン(アルザス産系クエッチ、フランス北東部メッツ産系ミラベル、フランス北東部ナンシー産系ミラベル、西洋系2種)を栽培しており、これらがこのオー・ド・ヴィーに使用15年もの間オーク樽と大瓶で熟成させたもの・マ
2007/08/13(Mon) 23:56:50 |  ブランデーの極意
夫が好きなブランデーです。ブランデーは好きではなく飲めない私でも、漂ってくる香りがとても良くて美味しそうだなといつも思います。安く買えて良かったです。・「コニャック」・チキンのカルヴァドス風味・コニャックって何?・ひっさびさに「サトゥール」でヤバうまスペ
2007/09/17(Mon) 12:05:14 |  ブランデーがたくさん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。