粉もんスイーツ&パンが大好きな京都の主婦です。このブログでは私が食べた物を中心に紹介していきます♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新宿伊勢丹にてスイーツを買う~アンリ・ルルー編~
2007年07月07日 (土) | 編集 |
横道にそれたまま、もう戻って来れないかと思いましたが・・・えへへ・・・、1歩戻って、東京ネタを。

ショップカードに写っているこの方は↓世界で唯一のキャラメル職人(キャラメリエ)のアンリ・ルルー氏。
20070707091404.jpg


って、ことで、今回、ご紹介するのは
アンリ・ルルーのキャラメルぅううう~っ

最近、パティシエ、パティシエール、ショコラティエという言葉はよく耳にするようになりましたが、キャラメリエって言葉があるんですねぇ・・・。
私、今回、この言葉を初めて知りました・・・焦る3

ルルー氏はパティシエである父親からケーキ作りを学び、その後スイスでショコラティエとしての修業を積んだ後、夫人の出身地であるフランス・ブルターニュの港町、キブロンに1997年に「Le Roux」を開業、土地の特産である有塩バターや自然海塩などを使ったオリジナルのキャラメルの「C.B.S.(セー・ベー・エス)」を創り出して販売したところ、そのおいしさは瞬く間に知れ渡り、今ではルルー氏の作るキャラメルは「大人が味わう高級なキャラメル」として、フランスのみならず世界のスイーツファンをとりこloveにしているんだとか。

そんな人気キャラメリエと「株式会社ヨックモック」が業務提携し、2007年5月1日に待望の海外初出店を東京の新宿の伊勢丹で実現させたんです。

で、さすが、高級なキャラメルキラキラというだけあってお値段はそこそこします。
人気商品のC.B.S.は10個入りで¥1575です。

基本、少しづつ、いろんな味を食べてみたい人なので、

「いくら人気とは言え、同じ味ばっかりはなぁ・・・」

という思いもあって、今回は6種の味が1個ずつ入っているアソルティモン・ドゥ・キャラメル(サシェ)¥945を買いました。

20070707091426.jpg


写真からも解ってもらえると思いますが、ルルー氏の作るキャラメルはと~っても柔らく、指に力を入れて持つとたちまち形が変わってしまうほどの繊細さなんです。
(この柔らかさはルルーキャラメルの特徴とも言える有塩バターをたっぷりと使うことによってうまれるそうです。)

で、今回食べた6種類の味の説明をば。

<C.B.S.(セー・ベー・エス)>
C.B.S.とはキャラメル・ブール・サレ(塩入りバターキャラメル)の略で、ルルーキャラメルの看板商品です。
これはただの塩入りキャラメルではないのですっ!!
刻んだアーモンド、クルミ、ヘーゼルナッツが入っていてます。

ウキウキしながら口に入れると・・・

「あんまぁああああ~いっ、fビックリみっちゅ

オーマイガッ~マジですか
ダメだぁ~、この甘さは苦手だぁ、甘過ぎるってばぁ~・・・OOガーン

持つとすごく柔らかいんですが、口の中でスッ~と溶けてはいかず、粘りながら最後は舌の上にはりついて残る感じなので結構、なめ応えがあります。

塩味もナッツの食感や香ばしさも解るんですが、とりあえず、めっちゃ甘いんですよねぇ・・・雷

私、基本、甘味を求めてるというよりは、酸味と粉生地を求めてる人なんでねぇ・・・、この甘さはと~っても厳しいものがありましたぁ・・・ソ猝ヨ

甘味の好きな方にはおすすめしますが、甘味の苦手な人にはあんまりおすすめしないです。
(いいお値段しますから・・・)

軽い恐怖に脅えながら・・・残る5種類も実食しました。

<カシス>
20070707091440.jpg


「おおっ~、セーフだぁ、これは甘過ぎないぞ」

まず、カシスの酸味とコクが口の中に広がり、最後に塩とバターの味がフワッときます。
これはおいし~ハート

<フランボワーズ>
これもフランボワーズの甘酸っぱさがギュッと凝縮されててウマウマアップロードファイル

<オランジュ・ジャンジャンブル>
これは、オレンジキャラメルと思いきや、な、なんと生姜が入ってるんですよ!!
甘味の濃いオレンジ果汁オレンジを使っているのでとってもジューシィ、で、生姜がキリリッとスパイシーなアクセントを見事に演出。
オレンジと生姜がこんなに合うなんてOHと、感心させられる一品です。

<アナナス・べ・ローズ>
これは甘くてジューシーなパイナップル味のキャラメルにピンクペッパーが入ってます。
パインが結構甘いんですけど、ピンクペッパーのピリッとした辛味が後味をスッキリさせてくれるんです。
いやぁ、これもうまく考えられてますegao

<ショコラ>
フルーツテイストのものは酸味等で甘味が緩和されてたので、このショコラを食べる時に再び恐怖が・・・。
まず、口元に運ぶ時にカカオの香りがフワッ~と鼻をくすぐり、口に入れると

「んんっ!?思ったほど甘くないえぇ、そして、これはおいしいぞぉおんぷsan

カカオ率が高いのかなぁ?ビターテイストで、カカオのコクと塩バターのココクが絶妙なバランスで甘さ控えめに仕上がってるんです。

私、チョコの甘さもあんまり得意じゃない人なんですが、このキャラメルはフルーツテイストのものよりも甘さが控えられてて一番好みの味でしたきゃー

看板商品のC.B.S.だけ残念ながら好みに合いませんでしたが・・・、他のキャラメルはさすがアップロードファイルって感じで、とってもおいしゅうございました。

伊勢丹にはキャラメルの他にマカロン、チョコレート、生ケーキ、焼き菓子なんかも扱ってますので、東京に行かれた際には、キャラメリエの味を是非お試しあれぇsc06
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:スイーツ
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
キャラメルキャラメル(''caramel''、カラメルともいう)とは、調味料の一種。水に溶かした砂糖を茶色くなるまで酸化|熱して作る。黒砂糖のような良い香りがする。また、キャラメルと牛乳を煮詰めて作るソフトキャンディーをも指す。.wikilis{font-size:10px;color:#66666
2007/07/28(Sat) 02:25:59 |  お菓子先生
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。