粉もんスイーツ&パンが大好きな京都の主婦です。このブログでは私が食べた物を中心に紹介していきます♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京都でうまうまディナーデート♪~「ア・プ・プレ」にて~
2009年04月07日 (火) | 編集 |
ちょこっと前振りさせてもらってからだいぶと経ってしまいましたが・・・、毎月恒例行事になりつつある読者のkayomaruさんとのうまうまデート、今回は京都五条にあるこちらのお店へ↓

s-DSCF1112.jpg

s-DSCF1113.jpg

 「ア・プ・プレ~~~~っ」 

地下鉄五条駅8番出口を出てすぐの細い路地のような道(的場通り)を西に約3分ほど歩くと、住宅街の中に町屋風なレストランがひょっこり現れます。

こちらのお店は、最近、雑誌等でもよく取上げられてるんですが、フランスで修行を積んだ奥様がシェフ、旦那様がサーブを担当するという通常のお店とは逆転したスタイルのお店なんです。

築100年以上のかなり傷んだ状態だった町家をほとんど自分たちの手で改修したんだそうで、玄関を開けると土間が広がり、一段上って引き戸を開けて土足のままあがると、そこが客席となっています。

席数は少なく4テーブルくらいで、椅子やテーブルはアンティーク調なのでおしゃれ感は漂ってますが、席によってはテーブルが低いので食べずらそうだったりもします。

私達は奥のテーブル席に通されたんですが、目の前にはこんな和風な箱庭が広がってて、はんなり~って感じです↓
s-DSCF1117.jpg

ディナーはアラカルトやお手軽なセットメニューもあるんですが(リンクのHPのMENUページを参考にして下さい)今回、私達が頂いたのは

「Suprème(シュプレーム)」
★アミューズ・ブーシュ
★前菜メニューより1品チョイス
★パン
★スープ
★本日の魚料理
★主菜メニューより1品チョイス
★デザートメニューより1品チョイス
★食後の飲み物:コーヒー/エスプレッソ/紅茶/ハーブティーよりチョイス

という¥4200のコースです。


前菜で食べたいものが3品あって、ど~しても選べ切れないでいたら、ご主人が、お魚なしで前菜2品チョイスと肉料理チョイスでも対応しますよ~と提案してくれたので、1人は通常コース、1人は対応コースでオーダーし、前菜3品とお魚はシェアして、メインは1人ずつオーダーという形にしてもらいました。

<アミューズ:グジェール&スズキのカルパッチョ>s-DSCF1120.jpg

グジュールとはグリュイエールチーズ香る塩味プチシューなんですが、ふんわりとした食感でチーズ風味が香ばしくって美味し~ですぅ笑う

<パン>
s-DSCF1122.jpg

添えてあるバターがシェル型でカワイくありません?
でね、このパンが美味しかったんですよ!!
バケットってサーブされた時はホカホカで柔らかいんですが、時間が経つにつれて硬くなったりするじゃないですか?ここのバケットはほどよい柔らかさで冷めてもおいし~んです。

あんまり美味しいからご主人に聞いてみると「MASH Kyoto(マッシュ キョウト)」さんのパンなんだそうです。
お代わりは自由なので、めずらしく2個も食べちゃいました。

<前菜:自家製サーモンマリネと山羊のチーズフィユテ>
s-DSCF1123.jpg

これは確かこのお店のスペシャリテだったかな?
これはこの形でしか出せないということで、これが通常の1人前の形です。

でも、半分こしてこんなにあってボリューミィーです↓
s-DSCF1126.jpg
サクサクのパイ生地の中に山羊のチーズが入っていて、その上に野菜サラダをのっけて厚みのあるサーモンがグルッと巻いてあります。

サーモンが脂のってて、うまぁ~、チーズも臭みがなく、クリームチーズみたいでうっまぁ~いハート

<前菜:フォアグラテリーヌ>
s-DSCF1127.jpg

これは予め分けてサーブしてくれたので、これは半人前です。
点々とあるのが玉ねぎのコンフィチュールでこれをつけて食べます。

う~ん、ねっとり濃厚でうっまぁ~い絵文字名を入力してください

少なめで物足りないように見えるかも知れませんが、濃厚テイストなので、これぐらいの量で丁度いいと思います。

<前菜:ウッフ・アン・ムーレット>
s-DSCF1129.jpg

「ウッフ・アン・ムーレット」って聞きなれないし、舌を噛みそうな名前なんですが、ブルゴーニュ地方のお料理で、本来はポーチドエッグにベーコンと木の子入りの赤ワインアップロードファイルとフォンドヴォーで煮詰めたソースをかけるんだそうですが、こちらではそのソースに独特にアレンジを加え、白ワインで似てクリームソースちっくなソースにしてあるんだそうです。

これも取り分けてサーブしてくれたのでこれは1人分です。
でも、片方がアレンジで魚料理がない分、値段調整で1人1個ずつの卵にしてくれたんだと思います。

s-DSCF1131.jpg

これ、赤ワインじゃなくて正解!!
ワインの味はほとんど感じることなくめっちゃクリーミィーでバリうま絵文字名を入力してください
角切りベーコンときのこからエエ感じで旨味も出てますグッ

<スープ:かぶらのポタージュ>
s-DSCF1133.jpg

トッピングはパセリとカカオパウダーです、かぶの甘味でほっこりします。

<魚料理:平目のポワレブールブランソース>
s-DSCF1136.jpg

これは取り分けてサーブしてくれたので半人前です。
魚が見えにくいので野菜をのけてみました↓
s-DSCF1138.jpg

フレンチの魚料理の定番とも言えるブールブランソース、見た目はクリームっぽいですが、意外なくらいアッサリテイストなので美味しく魚が食べれるので私は好きです。
で、このソースはパン泥棒ソースなのでついついパンが進んでしまうんですわ・・・苦笑

<肉料理:フォアグラとキャベツのウズラ包み>s-DSCF1139.jpg

お肉料理はこれで1人分です。
他にはホホ肉の煮込みだの、羊だのがあったんですが・・・、今回は2人揃って同じものをチョイスしました。
断面はこんな感じぃ~↓
s-DSCF1141.jpg

これはフランス産のウズラを丸ごと1羽使った料理だそうで、骨と内臓を取り除いたウズラの中にフォアグラとキャベツ、乾燥イチジクを詰めてオーブンで焼き、その上に骨と香味野菜を煮詰めたソースがかけてあります。

ウズラの肉汁&フォアグラの旨味がキャベツにジュワッと染み込んでて、ただのキャベツが旨味のあるキャベツに大変身してる~えぇ
ウズラ肉はホロッと柔らかく、いちじくの甘味とフォアグラの濃厚さが絶妙にマッチしておいし~顔です。

魚&肉料理を見てもらうと解ってもらえると思いますが、ガルニチュール(付け合わせ)に野菜が多いですよね?
シェフが「出来るだけ多くの種類の野菜を使って、濃厚なソースでたっぷりのお野菜を食べる美味しさを伝えられたら」と思って、このスタイルにしているんだとか。
(さすが、女性って感じの考え方ですね)

続いて、デザートは4種類くらいからチョイスできます。
kayomaruさんセレクトは↓
<オレンジのサバイヨン>
s-DSCF1142.jpg

私セレクトは↓
<アルザス風りんごのタルト>
s-DSCF1146.jpg

ナイフを入れて断面確保しようとしたんですが、ホロホロ崩れるタイプだったので、フォークにて分解↓
(画像が汚くてすみません・・・)
s-DSCF1149.jpg

シャキシャキ食感のリンゴりんご2がたっぷり入ってておいちかったぁ~っ


最後はコーヒー&プチフールにてフィニッシュ
s-DSCF1148.jpg

これで¥4200は、間違いなくお得でしょ
私達はアレンジにも対応して頂いたおかげで、美味しくていろんな種類のものが食べれたので超満足笑うでした。

お店を決める際の事前調査の食べログ等は、ご主人のサーブがぎこちない的なコメントが結構書かれていましたが、今回、アレンジコースへの提案や料理の説明なども丁寧にして頂いて、そんなことは全然気にならないくらいの気持ちのいい対応をしてもらえましたので、その点は改善されたんだと思われます。

場所が微妙だと思われるかも知れませんが(確かに京都に住んでる私からみても五条はちょっと微妙な場所です)地下鉄四条駅(阪急烏丸と連絡してます)から1駅で、こんなに雰囲気が良くてコスパのいい素敵なお店があるなら、是非、足を伸ばして頂きたいと思います。

以前に紹介した「ルナールブルー」が、ここ最近の1番のおススめだったんですが、「ア・プ・プレ」も同率1位でおすすめのお店としてランクインしたので、皆様、京都に来られる際のお食事は、こちらのお店も候補に入れてみてくださいねぇ~ウインク

アップにモタついてる間に次のウマウマデートが明日に迫っていたりなんかして・・・。
ふ~、危ない危ない・・・汗・2


<お店の紹介>
「ア・プ・プレ」
住所:京都府京都市下京区的場通新町東入ル銭屋町249
TEL: 075-361-3231
定休日:日曜ディナー・月曜日
営業時間:
昼 11:30~14:00(ラストオーダー)
夜 18:30~21:00(ラストオーダー)


関連記事
スポンサーサイト
テーマ:フレンチ
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
No title
アップ☆ありがとう。
なんか、懐かしい感じやわ(笑)

ほんまサービスもお味も良かったよね♪

またリピろうねぇ~!

2009/04/08(Wed) 12:29 | URL  | kayomaru #-[ 編集]
おいしそう!
junjunさんオススメのお店。
メニュー的にも気になります。
う~ん美味しそうです。
2009/04/08(Wed) 13:21 | URL  | ひびき #WpbHSf/E[ 編集]
No title
アタシも同感です。
料理人(のはしくれ)のアタシとしては
ここの奥様は 火のいれかたとか 塩の塩梅とか
料理の温度とか そういうのがすごくいいと思いました。

有名店で いろいろ凝った組み合わせがしてあっても
そういうのができてないお店はアタシは好きではないのでーー

ちなみにjunjunさんは 油小路四条の
B  lagume a tableさんはいかはりました?
アタシはここのシェフのお料理もププレの奥さんと同じ理由でお勧めでっす。
いかはりましたか??
2009/04/08(Wed) 21:42 | URL  | さんこ #WqUt9MVg[ 編集]
Re: No title
kayomaruさん

> アップ☆ありがとう。
> なんか、懐かしい感じやわ(笑)

→遅くなりまして申し訳ありません・・・(>▽<;;

> ほんまサービスもお味も良かったよね♪
> またリピろうねぇ~!

→今度行く時は迷わないぞっと!!
2009/04/09(Thu) 22:51 | URL  | junjun #-[ 編集]
Re: おいしそう!
ひびきさん
> junjunさんオススメのお店。
> メニュー的にも気になります。
> う~ん美味しそうです。

→ここは本当におすすめですよ~。
ひびきさん、京都にはちょくちょく来られるんですよね?
機会があれば是非行ってみて下さいね~i-236
2009/04/09(Thu) 22:53 | URL  | junjun #-[ 編集]
Re: No title
さんこさん
> アタシも同感です。
> 料理人(のはしくれ)のアタシとしては
> ここの奥様は 火のいれかたとか 塩の塩梅とか
> 料理の温度とか そういうのがすごくいいと思いました。

→さんこさんと違って私は食い意地の張ってるだけの一般ピーポーなので料理についてエラそうなことは言えないんですが・・・、ここのお料理は素材をおいしいく食べさせようという気持ちが伝わってくる料理でした。

> 有名店で いろいろ凝った組み合わせがしてあっても
> そういうのができてないお店はアタシは好きではないのでーー

→そうですね、凝ってる料理もそれなりにおおっ~って思うんですけど、ソースで素材の味を消さずに料理をおいしく食べさせることって、難しいけどとても大事なことだと思います。

> ちなみにjunjunさんは 油小路四条の
> B  lagume a tableさんはいかはりました?
> アタシはここのシェフのお料理もププレの奥さんと同じ理由でお勧めでっす。
> いかはりましたか??

→大阪勤めが長かったせいで、京都開拓が全然できてないので、会社の人からウワサは聞いたことあるんですが、まだ行ったことないんですよ~i-229

さんこさんおススメなら、うまうま候補店リストに入れてみますね~♪
2009/04/09(Thu) 23:05 | URL  | junjun #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/10/31(Sun) 00:07 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/01/17(Mon) 21:37 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/01/18(Tue) 00:50 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。