粉もんスイーツ&パンが大好きな京都の主婦です。このブログでは私が食べた物を中心に紹介していきます♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
oggiでランチ
2007年07月02日 (月) | 編集 |
「hohoemi」でパンを買った後にその足でランチへGO絵文字名を入力してください
行ったのは荒神口にある

oggi(オッジ)~ぃっ」

ここは2006年の11月にオープンしたお店で最近、雑誌やブログ等で紹介されているのを目にする機会が多かったんですが、パスタランチってのがなかなかお得な感じでちょっと気になっていたんです。

前回、hohoemiを探して彷徨ってた時に偶然店の前を通りかかって

「へぇ~、ここがあのお店かぁ・・・」

とチェックを入れていて、今回の訪問とあいなりました。

お店の外観等の写真を撮るのをすっかり忘れてしまいましたが・・・えへへ・・・、河原町通りに面したお店の入り口は完全にオープンエアになっていています。

大正時代の町屋を改装した店内は1Fはスタンディング&テーブル、2Fはがゆったり幅のソファー席になっていて、お昼はランチやカフェ、夜はバル使いと1人でも大勢でも楽しめるスパニッシュダイニングなんだそうです。

ランチは、パスタランチのほかにパニーニランチ、メインランチとあるんですが、気になっていたパスタランチ¥1000が一番お得な感じだったのでそれをチョイス。

で、すんません<(_ _)>、ちょっと遠い過去の記憶になりつつあるんで・・・今回はサラッと簡単にご紹介になっちゃいますがお許しを。

まずは、前菜プレートの登場です。
20070702211923.jpg


おおっ~、何だか豪華な感じじゃんめキラキラ

20070702212009.jpg


ビジソワーズです。
これからの季節、冷たいスープが嬉しいですよね。
でも、これはちょっと味が濃いめでした。

20070702211940.jpg


マイタケのフリット生ハムのせとスパニッシュオムレツです。
オムレツにはズッキーニがたっぷり入っていておいしかったです。

20070702211951.jpg


鶏肉のマリネ。
プリプリのお肉にフレッシュトマトで作ったソースが合います。
夜のバルメニューのタパスをちょっとずつ盛り合わせで出してると思うんですが、なかなかの美味しさなので夜のバルメニューもきっと美味しいんだろうなぁ~って思いましたちなニヤリ

20070702212030.jpg


フランスパン。
飛びぬけて美味しくもマズクもなく、これは普通のパンでした。

20070702212106.jpg

パスタは日替わりで2種類から選べます。
私は白金豚のラグーソースをチョイスしました

「これは、おいしかったぁ~ハート

写真では解りづらいかも知れませんが、結構なボリュームで出てきます。
麺は細麺で、茹で加減も少し硬めなアルデンテでなかなかいい感じです。

肉の旨味がギュッと染み出したトマトソースは白金豚のお肉もゴロゴロ入っていて麺とうまく絡んでてウマウマですぅlove

20070702212047.jpg


〆はコーヒーで。

デザートアップロードファイル命の私にはめずらしく今回はデザートがついてないランチを食べたのですが、¥1000でこの内容ならデザートなくてもヨシとしましょう!!
っていうか、お腹いっぱいでデザートはなくても平気って感じです。

夜のバルメニューには22ヶ月熟成させたパルマ産生ハムや生ムール貝の蒸し焼き、有頭エビのアヒージョ(ガーリックオイル煮)と魅力的なメニューがたくさんあって飲めない私でもとても気になるラインナップが勢揃いです。(お酒アップロードファイルにとても合いそうですよね)

場所がちょっと微妙な所なので、京都在住でない方がわざわざ行くのはしんどいかも知れませんが、「hohoemi」や「ボンボランテ」にパンを買いに行ったついでにランチとかで使うのがおすすめではないでしょうか?

<お店の紹介>
「oggi(オッジ)」
住所:京都市上京区河原町荒神口下ル上生洲町239
TEL:075-241-9510
営業時間:11:30~24:00
    (L.O. フード23:00 ドリンク 23:30)
     <ランチタイム:11:30~15:00 >
定休日:水曜
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:Lunch♪
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。