粉もんスイーツ&パンが大好きな京都の主婦です。このブログでは私が食べた物を中心に紹介していきます♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「Restaurant RENARD BLUE」でウマウマディナー(^¬^)♪
2008年12月08日 (月) | 編集 |
コヤマのうまうまデートに引き続き、kayomaruさんと先月に行ったディナーデートのご紹介~♪
今回は京都までお越しいただき、オープン1年のというまだまだ新しい店にも関わらず、最近、京都のフレンチで評判が上々絵文字名を入力してください「青いきつね」という意味のこちらのお店へGOっ↓

s-2008_1129.jpg

「Restaurant RENARD BLUE(ルナール ブルー)~~~っ」

京都のフレンチ店 「DOUZE GOUT12+」で修行されたシェフがチーズソムリエのマダムとオープンさせたお店なんだそうです。

ディナーはアラカルトとコースがあり、コースは
Aコース¥4,200
<前菜・本日のスープ・メイン(魚or肉)・チーズorデセール>

Bコース¥6,300
<前菜・スープ・メイン(魚と肉)・チーズorデセール>

本日のシェフのおまかせコース¥8400
の3種類で、どのコースも前菜、メインが選べるプリフィクススタイルになっています
(チョイスによりプラス料金有)

最初にメニューの説明があり、
「料理のポーションが大きめなので女性の方ならAコースでも満足していただけると思います・・・」
と、言われたのでAコースとアラカルトで前菜を1品プラスすることにしました。
※それぞれ違うものを頼んでシェアし、たくさんの種類を楽しむことにしましたぷぷ

<パン>
s-2008_1129(001).jpg
クルミ入りパンとバケッドの2種類で、タプナードとバターが添えられてきます。

<シャラン村ビュルゴー家の鴨を使った特製テリーヌ>
s-2008_1129(006).jpg
こちらは追加で頼んだアラカルトです(画像は1/2サイズ)
これはシェフのスペシャリテ的料理で、窒息鴨を使った特製テリーヌです。
少し身を残した皮に、ミンチにし滑らかにした鴨肉を巻いてテリーヌにしたものだそうです。
まずは高温で脂を落とした後に、低温でじっくりと火を通しているため、余分な脂が落ち、濃厚でありながら、上品な味わいに仕上がっているそうです。

オーダー前の説明ではパテっぽい感じのものを想像してたのですがテリーヌとパテの中間って感じでした。
ほどよい脂のり加減でおいしかったです。

<仏産フレッシュフォアグラのテリーヌ はちみつ添え>
(※プラス料金有、画像は1/2サイズ)
s-2008_1129(008).jpg
ブリオッシュが添えられています。

s-2008_1129(010).jpg
こんな風にはちみつが添えられてくるので、こんな感じで頂きます↓
s-2008_1129(011).jpg

「いや~ん、これめちゃうまぁ~~~っ絵文字名を入力してください 

鼻血( ̄TT ̄)出そうなくらいの濃厚フォアグラ味がたまらない~
で、このフォグラ、はちみつをかけると、全然違った風味になるんですが、それもまた激ウマっ

<北海道産くもこ(白子)と濃厚タマゴのオムレツ>
※プラス料金有
s-2008_1129(012).jpg
黄金色に輝く半熟のタマゴの上にどでかいくもこが乗って登場~♪
取り分けたのがこちら↓
s-2008_1129(016).jpg
オムレツというより、スクランブルエッグっぽいんですが、白子は表面に味付けした衣がまぶされていて、カリッと絶妙な感じで火入れされています。
タマゴの濃厚さと白子の濃厚さというW濃厚でコレステロール値も急上昇しそうな組み合わせなんですが、これまたテリーヌに負けないくらいうっめぇ~顔

<スープ>
s-2008_1129(018).jpg
スープは2種類から選択でき、この日は栗のポタージュとカリフラワーのポタージュでした。
私達は2人揃って栗をチョイスしました。
仏産の栗を使用しているということで栗の甘さがしっかり出てる、甘めのポタージュでした。

メインは魚と肉から1種類ずつチョイスしました。
<本日の鮮魚3種盛り合わせ>
s-2008_1129(020).jpg
スズキ、的鯛、ホタテ白ワインとバターのソースで頂きます。
付け合せのお野菜は京都らしく聖護院大根と九条葱です。
今まで濃厚メニューが続いたのでこのお魚はアッサリしてて美味しかったです。

<豚舌の赤ワイン煮と豚足の詰め物(ひき肉、フォアグラ)の盛り合わせ>
s-2008_1129(024).jpg

見てくださぁ~いこの豚舌の分厚さを↓
s-2008_1129(025).jpg
私、豚舌って食べるの初めてだったんですが、ホホ肉やタンシチューと似た口の中でホロホロと崩れる食感で、うまい~グッ

s-2008_1129(026).jpg
こちらは豚足で、中にひき肉とフォアグラが入ってます。
う~ん、このコラーゲンのプルプル食感がお肌に効きそうだぁ~jumee☆yippee3Ljumee☆yippee3R

1皿でいろんな味が楽しめるので大満足な1品でしたぁ。

<デザート>
s-2008_1129(028).jpg
デザートはシェフではなくパティシエさんが作ってるそうです。
3種盛りでシナモン風味のパンナコッタ、フランボワーズ&チョコロールケーキ、洋ナシのソルベです。

s-2008_1129(031).jpg
このロールが私好みの味でおいしかったですウインク

kayomaruさんがフランボワーズとチョコと洋梨が苦手だと伝えるとパティシエさんに相談してくれ、こちらのデザートに変更してくれました。
s-2008_1129(029).jpg
チーズケーキとバニラアイス。

<カプチーノ&小菓子>
s-2008_1129(033).jpg
小菓子がつくところがナイスぅ~

濃厚好きの2人なのでチョイスが濃厚テイストなものが多く、それぞれに味付けがしっかりしてたし、言われた通りボリュームもあったので、追加の前菜がなくてもよかったくらいお腹一杯で大満足ちなニヤリ
女性は¥4200のコースで充分満足できると思います。

いろんなブログでも書かれてますが、マダムの笑顔の接客が最高なので、終始、気持ちよくお料理が頂けます。
最後はシェフとマダムと揃ってお店の外までお見送りしてくれ、
「ここにはまた来たい!!」と思ってしまうほど久々にトータル的に素敵なお店を見つけてしまいました

また、必ず行くぞ~走る1

<お店の紹介>
「Restaurant RENARD BLUE(ルナール ブルー)」
住所:京都市中京区姉小路通高倉東入南側 加藤重ビル1F
TEL:075-231-0972
営業時間
ランチ:11:30~14:30(L.O)
ディナー:18:00~22:00(L.O)
定休日:月曜・第1日曜休
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:+お外でごはん+
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
NEWカメラ☆綺麗に撮れてるやん。
ほんまにヒットやったねぇ。
ボリュームあるし安いし愛想良いし
人気になるのがわかるよな。
また絶対に行こうねぇ。
2008/12/09(Tue) 12:24 | URL  | kayomaru #-[ 編集]
>kayomaruさん
NEWカメラは綺麗に撮れたり撮れなかったりでまだまだ不安定な感じですわ・・・(; ̄ー ̄)
でもね、ホワイトバランス機能があるから淡い照明の店でも平気になったのがうれし~i-175

「RENARD BLUE」、本当に当たりだったよね。
是非是非、リピしませう♪
2008/12/09(Tue) 21:01 | URL  | junjun #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/02/11(Mon) 22:20 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。