粉もんスイーツ&パンが大好きな京都の主婦です。このブログでは私が食べた物を中心に紹介していきます♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ブザンソン」でうまうまディナーデート♪
2008年07月16日 (水) | 編集 |
前回この記事で紹介し、最近、恒例行事となりつつあるkayomaruさんとのうまうまデート手書き風ハートで今回行ってきたのは福島にあるこちらのお店っ↓
s-P7123366.jpg

「ブザンソ~ン~~~っ」

kayomaruさんが以前、ディナーに行かはった時のお料理の写真を見たらど~しても行きたくなってしまい、お願いして行ってもらいましたぁルン♪

こちらのお店、昨年の12月にオープンし、シェフは33歳とお若いんですが、あの神戸の「ジャン・ムーラン」で修行した後に、「ペルージュ」でスー・シェフを務めたという実力の持ち主だそうです。

店内はカウンターが6席、テーブル席が16席ほどです。
テーブル席は間隔を広めにとり、ゆったりとセッティングされているし、内装はウッド調で上品&オサレな雰囲気が漂い、めっちゃエエ感じです。
(初めてのデートとかでこの店に連れて来られたら、「いやん、センス、エエやんっ!!」って思ってしまうくらい女性が好きそうな雰囲気のお店だと思います)

今回は¥5000のコースを頂きました
(別途パン・アミューズ代で+¥600/人)


まずはアミューズ
<サニーショコラの冷製スープ>s-P7123367.jpg

サニーショコラという品種のトウモロコシを使った冷製スープです。

s-P7123369.jpg

スープの中にはタピオカと生ハムを揚げたものが入ってます。
トウモロコシの甘味がギュ~ッて詰まってて、甘くてウマァ~い
タピオカはツルリンという喉越しでアクセント的な食感を醸し出してるんですけどねぇ、特にこれといった味があるわけでもないし、このスープに入れる必要性はあったのかなぁ・・・?という感じ。
やっぱ、タピオカはココナツミルクで食べるのが一番!!と思ったのは私だけぇ???

<パン>
s-P7123372.jpg

タカギのバゲットらしいんですが・・・、美味しいんだけど、結構ハードな固さ。
ソースをパンで拭いたくても、うまくつけられなくて軽~くイライラ怒りしてしまいました。

<前菜:鴨のフォアグラソテー温玉&根セロリのピューレを添え>
s-P7123373.jpg

前菜は確か4種類くらいから選べましたが、私達、2人揃ってフォアグラjumee☆LoVe4 なので、迷わずこれに決定!!
フォアグラと温玉の組み合わせだなんて、ステキ過ぎ
でも、私、セロリが苦手なので若干、ドキドキ
s-P7123377.jpg

温玉の黄身を潰してトロ~ンとさせていざ実食

「ひぇええええ~、フォアグラの濃厚テイストに温玉のまろやかなコクがマッチしてうっまぁ~~~いハート

フォアグラの周りに見えるオリーブオイルっぽいオイルがねぇ、フォアグラと絡まるとまた美味しいのよ
根セロリの味はほとんど解らなくて気にならなかったです
かなり濃厚テイストなので、好き嫌いが別れそうな一品ですが、私は大・大・大好きぃ

<魚:メバルのポワレ白ワインのクリームソース>
s-P7123378.jpg

魚料理は本日の魚料理なので選択はできません。
付け合せはフランス産ムール貝、鶏のダシで煮た冬瓜、サヤエンドウに白髪ネギ、人参のピューレが添えてありまぁ~す

ハイ、お約束なので、本日の勝手にミルフィーユ仕立てはこちらのお料理にて実践↓↓↓
s-P7123382.jpg

魚自体はアッサリなんですが、ムール貝や冬瓜にしっかり下味がついてるし、クリームソースと人参ピューレが濃厚なのでこれまたうっまぁ~いグッ

<肉料理:鶉の詰め物&ホホ肉の赤ワイン煮込み>
s-P7123387.jpg

肉料理は5種類くらいから選択できます(種類のよってはプラス料金ありです)
これは1品ずつ頼んで、「予め取り分けてサーブして頂けますか?」と聞いたら、快く了解してくれてこんな感じで出してくれました。

<ホホ肉の赤ワイン煮込み>
s-P7123390.jpg

s-P7123396.jpg

ホホ肉ラブ~なのでテンション上りますぅ~、ほら、ナイフを軽く入れただけで、こんな風にほぐれるくらいトロットロ~で柔らかうまぁ~笑う

<付け合わせの野菜達>
s-P7123391.jpg


<鶉の詰め物、鶉のジュのソース>
s-P7123394.jpg

中にはワイルドライスが入ってるんですが、私、このプチプチした食感が結構好きなんですよね~
美味しかったんですけどねぇ、これはちょっと火入れが強過ぎたんじゃないのかなぁ・・・?って思いました。
もうちょっとレア感が残ってる方がよりジューシーで美味しかったんじゃないかなぁ(若干、パサつきを感じたので)

最後はデザート
これも4~5種類くらいから選択可能です
<クレームブリュレ>
s-P7123398.jpg

kayomaruさんセレクト。
本当はバナナのパウンドケーキとセットなんですが、バナナが苦手なのでアイス盛り合わせに変更してもらってました。

<アップルマンゴーのタルト>
s-P7123400.jpg

マンゴー好きな私セレクトです。
付け合せはキャラメルのアイスとダークチェリーさくらんぼのコンポート
s-P7123406.jpg

マンゴーがモリモリでテンション上るぅアップロードファイル↑↑↑

が、しかぁ~し、食べてビックリ、あれれ?マンゴーが甘酸っぱくなぁ~い・・・orz
何だろう?私の好きなアップルマンゴー独特の甘酸っぱさがなく、のっぺり甘い感じのマンゴーでパンチがなかったんですぅ大泣き

生のフルーツは当たり外れがあるんで、仕方ないんですけど、自分の想像している、アップルマンゴーの味と違う味が口の中で広がったら違和感でいっぱいで修復不可能なんです怖い

キャラメルアイスはほろ苦でおいしかったですよ~

<コーヒー>
s-P7123402.jpg


デザート良ければ全てヨシ!!の人なので、最後がちょっと微妙ではありましたが・・・、マンゴーの味はシェフのせいではないですからね、全体的には美味しくて、非常に満足度の高い食事が楽しめました♪♪♪

行く前に見た「食べログ」での評価が賛否両論だったので、ちょっとドキドキだったんですが・・・、サービスの人も丁寧&親切だったし、シェフは帰り際にわざわざ出てきてくれてお見送りもしてくれたし、濃厚テイストではあったんですが、濃厚好きな私達には何の問題もなし!!で、また来たいわと思えるお店でした。

まぁ、人にはそれぞれ好みがありますので・・・、しっかり濃厚な味付けがお好きな方におススメしまぁ~す。
(薄味の人にはちょっとキツイかも知れません・・・)

次回のうまうまデートは京都の予定でぇ~すちなニヤリ

<お店の紹介>
「 ブザンソン 」
住所: 大阪府大阪市北区大淀南2-6-4 福井ビル 1F
TEL:06-6451-1811
営業時間:ランチ 11:30~14:00(L..O)
           18:00~21:30(L..O)
定休日:月曜日(祝日の場合翌日)
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:+お外でごはん+
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
うまうまデート♪お付き合いありがとう(*^_^*)

タカギのバゲットなの・・・
知らなかった(笑)
でも確かに固かったなぁ。

あらっ・・・お肉の火入れ具合まで感じなかったわ(笑)
パサついてたけ?
覚えてねぇ~~~(笑)
パクパク食べて味わってなかったのかな?

アップルマンゴーがハズレやったのが残念やな・・・
最後のデザートでテンション↓なっちゃったね。
私としても心残りだわ(ΘoΘ;)

次回のうまうまデートIN京都も楽しみ♪
2008/07/17(Thu) 11:39 | URL  | kayomaru #-[ 編集]
>kayomaruさん
こちらこそ有難うございました<(_ _)>

そやねん、タカギのバケットらしいですわ。
あと、鶏はねぇ、肉質のせいなのかなぁ?ちょっとジューシーさが足りない気がしたので、火が入り過ぎてるせいちゃうかな?って思ったのi-229

次回のうまうま、只今候補店を絞り込み中です。
メールするんでしばしお待ち下さいね~i-175
2008/07/19(Sat) 21:03 | URL  | junjun #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。