粉もんスイーツ&パンが大好きな京都の主婦です。このブログでは私が食べた物を中心に紹介していきます♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジャケ買いケーキ①~マガザン・デ・フレーズ~
2008年07月01日 (火) | 編集 |
す、すいません、毎度毎度のことながら月末で仕事がバタバタでブログ書く気力がなくて更新を怠っておりましたぁ・・・汗・2
(心配して頂いた皆様、どうもすみません<(_ _)>)

ようやく仕事も落ち着きましたので、溜まりまくっているネタをボチボチアップしていきますねぇ。

この間、「ドゥ・ビガロ」でイートインした時に、「京都とってもおいしいケーキ屋さん」という単行本がおいてあったのでそれを隅から隅まで丸暗記するくらいの勢いで読んでたんですが、その中に

「何これっ!?めっさカワイイや~んハート

と、ハートを打ち抜かれてしまうほどカワイイケーキ絵文字名を入力してくださいをいくつか見つけてしまいましたっ!!

もう、スイーツバカとしては実物を見たくて仕方がないのでそれを実際買いに行き、順次紹介していきたいと思いまぁ~す。

まずは、上京区の商店街の一角にある小さなお店でカワイイオーラを放っているケーキ屋

「Magasin Des Fraises(マガザン・デ・フレーズ)ぅううう~っ」

※他のブログでは結構、お店やショーケースの写真が載ってたりするんですけど、私が行った時は「ショーケースや、商品の撮影をご遠慮願います」という注意書きがあった為、お店の外観写真は撮っていません。
偶然、ショーケースのイメージ画像を見つけましたので参考までに載せておきますので興味のある方はポチッと見て下さいマシ→ こんな 感じ。

何かこのショーケースだけでもカワイさが伝わってきませんか?

こちらのお店、有機栽培農家から取り寄せるイチゴ苺などのその季節の美味しいイチゴを使って作ったイチゴのお菓子専門店なんです。

オープンは2003年4月で、もともとデザイナーだった二人の女性がおいしいイチゴに出会ったことから会社を辞めて、このお店を開いたそうです。

苺をふんだんに使ったお菓子達は 層に挟むものからクリーム・トッピングまで、生食用のいちごを贅沢に使用し、スイーツの種類によって酸味や甘さの違ういちごを使い分け、毎日、その日のいちごを試食して、そのイチゴにあうようにお砂糖などの分量を調整しているというこだわりよう なんだそうです。

箱もイチゴ模様で何だかカワイイでしょ?
s-P6293331.jpg


で、買ったのはこの2つ↓↓↓
s-P6293336.jpg


<イチゴのミルクレープ¥567>
s-P6293339.jpg

T君セレクトケーキです。
イチゴだけかと思いきや、銀紙をはがすとバナナバナナ2も挟まれてましたぁ~

T君はですねぇ、私と違って甘い物にそんなに執着がなく(特に生クリームが苦手)、あれば食べるけどわざわざ買ってまで食べたいと思わないタイプの人間なんで・・・苦笑

「うわっ、ここのケーキ、高けぇ~、これさぁ、もし美味しくなかったら、俺、走って怒り怒りに行くで!!」

と、言いながら実食して放ったひと言は→→→

「うめぇ~~~~、クレープがうまいし、甘くもなくてうまいわぁ~、これなら高くても許すわ~顔

私もひと口頂きましたが、バナナとイチゴが合うっ笑う
クリームもイチゴ味でウマイっ、クレープもモチッ&しっとり食感でグーでしたグッ

<イチゴのミルフィーユ¥567>
s-P6293332.jpg

あ、さて、さて、これが問題のハートを打ち抜かれミルフィーユですっ!!

本に載ってたのは白地にピンクのドット柄のリボンで超・キュートは-とだったんでちょっとカワイさがダウンなんですが・・・、銀色のリボンでもカワイイのでまぁ、許しましょう。

セロファンで覆われていて、その上からリボンされているので、断面が見えないので↓
s-P6293334.jpg


セロファンはがして、直まきしてみましたが、ああ、倒れそうだぁ・・・ハムハムヒクヒク
s-P6293342.jpg


s-P6293343.jpg

パイ生地→カスタード→イチゴ→カスタード→イチゴ→カスタード→薄い板チョコ(ビター)→イチゴクリーム→イチゴムース(ピンクで丸い分)&フレッシュフランボワーズ→イチゴクリーム→パイ生地(半分はフランボワーズジャムとピンクペッパー、半分は粉砂糖&フランボワーズソースをトッピング
という、複雑な構成です。

「どうやって食べたらいいのか解らないくらいものすごく食べにくかったけど、バリうまでしたぁ~笑う

これ見かけだけじゃなく、食べてもおいしかったですよグー
パイ生地はサクサクでカスタードがブリンブリンっていう表現がピッタリなくらいの固さでバニラビーンズもたっぷりでいちごと合ってウマイのだぁ~ルン♪
で、イチゴのムースとフランボワーズがキュンっていうくらい甘酸っぱいんだけど、イチゴクリームのほどよい甘さで緩和され、板チョコのビターさがうまい具合に味を引き締め、あとはトップのフランボワーズジャムの中のピンクペッパーがピリッとアクセント的役割を果たしてます。
複雑な構成ながらも部分部分の味を殺すことなくうまい具合に仕上がってる一品だと思います

商品の値段は全体的に高めなんですが・・・、単に高いのではなくイチゴにこだわっている&結構大胆にいちごを使っているので、食べたら、「うん!納得!!」って感じではないでしょうか?

この他にもイチゴのマシュマロ、イチゴのマカロン、イチゴの胡麻豆腐などたくさんのイチゴスイーツがあります(洋菓子だけに限らず和菓子テイストのものもあります)し、お店構えがカワイイ好きの女子にはたまらない感じなので、よかったら行って見て下さいね~。
(ここのお菓子は、手土産に持っていくと、きっと喜ばれると思います)

ちなみに一部商品がこちらでネット販売してるそうなんで、ご興味のある方はこちらも見て下さい。

さぁ、次はどんなビジュアルのケーキが登場するのか、乞うご期待!!

<お店の紹介>
「Magasin Des Fraises(マガザン・デ・フレーズ)」
住所:京都市上京区千本通魯山寺上ル閻魔前町29
TEL:075-463-8898
営業時間:11:00~19:00
定休日:毎週月曜日・第一、第三火曜日
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ケーキ
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
ケーキにリボン♪
かわいいね~!
でも確かに食べにくそう・・・(笑)
またどこか場所がわからにわぁ。
2008/07/02(Wed) 12:59 | URL  | kayomaru #-[ 編集]
>kayomaruさん
このミルフィーユ、本当にめっちゃカワイイんですよ~e-266
ケーキにe-312をまくなんてウマイこと考えたなぁって、思わず感心しちゃったもん。
でね、すごいカワイかったのに、食べてるうちに見るも無残なくらいグシャグシャになっていって・・・横で見ていたT君に「あ~あ、エライことになってはりますけど、大丈夫i-198」って言われちゃいました。

場所は微妙なとこです・・・i-229
(行くとなると、これだけを目指して行くみたいな感じになっちゃいます)
2008/07/03(Thu) 22:44 | URL  | junjun #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/03/21(Mon) 09:05 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/05/05(Thu) 22:32 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/08/15(Mon) 23:27 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。