粉もんスイーツ&パンが大好きな京都の主婦です。このブログでは私が食べた物を中心に紹介していきます♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すごい偶然!!
2007年05月20日 (日) | 編集 |
先週、兄がケーキアップロードファイルを買って帰ってきました。

「へぇ~、見慣れない箱と袋だけど、何処の店?何処の百貨店の催事に来てたの???」

兄は大抵、百貨店でしかケーキを買ってこない。
その週は、私も大阪にも出たし京都にも出たのでひと通り百貨店のデパ地下はチェックしたはずなのにあんな袋の店見なかったぞと思いながら聞いてみると、店の名前は「サンク センス ル・プティ・ブーレ」で、京都の京田辺市で買ってきたんだとか。

聞いた所でその店の名前には全くといっていいほどピンとこず、しかも、京田辺が何処にあるのかもよく解らない始末・・・sc06

「ほら、写真撮るんやろ、早く撮りや~」

と言われ、箱を開けて中を見てハッと息を飲む私・・・。

「うわっ、スゴイアップロードファイルこの断面が緑色のケーキ、めっちゃ食べてみたかったケーキやねんけどぉ~、螯rヲW、J、O!!」
P5132416.jpg


京都・滋賀のお店を主に載せてる「Leaf」という雑誌があって、その雑誌社が別冊で出したスイーツ本があるんです。
ま、ケーキバカとしては当然、スイーツとバイブルとしてその本を買うわけですよ。
で、その本に載ってた76件のケーキ屋の中で、写真だけで私を釘付けOHにしたのがまさしくこのお店だったのです。

で、その雑誌には本店の情報が載っていて、住所が八幡市だったので

「微妙な場所過ぎて、行けないじゃん・・・ウルウル

と思ってたのに、何と支店が京田辺市にあって、兄は仕事でたまにその地に行くらしいんですよね。
で、兄は私と同じ血が流れていてもそんなにケーキには詳しくない人で、たまたま駅前にあってよく流行ってるからという理由で今回、ここの買ってきてくれたんです。

「何て素敵な偶然なのぉ~98666はーと3つって感じですよね。

ここのケーキは「素材の配合やバランスが単調にならないように」というシェフのコンセプトによって作られており、意外な食材の組み合わせから生み出される思いもよらない味わいのケーキがウリなんだそうです。

<パッソア¥357>
P5132426.jpg


このケーキがねぇ、食べてみたくてしょうがなかったんですよねぇ~。
ピスタチオのビスキュイ生地にパッションフルーツのカスタード、ラズベリーゼリーが美しく層をなしています。

ものすごく食べたかったから、思わず笑みを浮かべながら食べてみる

「うぉ~っ、このパッションフルーツのカスタード、んまぁああああ~゚

もうねぇ、めっさストライクな味。
パッションというから強い酸味を想像したんですが、意外にまろやかな甘酸っぱさなんです。
で、ピスタチオのスポンジはシロップでひたしてあって、しっとり。
フランボワーズゼリーはキリリと甘酸っぱいんです。

「あ~、これって美味しんだろうなぁ~rainbow」と思いながら観ていたものが目の前にあって、それが予想以上に美味しかった時、私のテンションは急上昇↑するわけです。

「めっちゃ、おいし~グッド、めっちゃ好きぃ~わほー

とひと口食べることに騒ぎまくり。
しかも、数ある種類からこのケーキを選んだ兄のセンスに感謝!!

で、自分で買ってきた時は、半分ずつとかにして全種類を制覇するんですけど、兄が買ってくるケーキは、全種類制覇っていうのができないんですよね・・・。
(なぜだか、兄は半分こがキライ→でも、ひと口はくれる)

だから、母が食べたものとは半分こしたんですが、後はひと口ずつしか食べてないのでひと口しか食べてないものの感想は微妙ですのであしからずぅ~汗(だらだら)

<プランタニエ¥357>
P5132424.jpg


ひと口食べたんですが、モカ風味のスポンジとバニラムース(いや、ホワイトチョコムースだったかも?)のケーキでした。

<フロマージュブラン¥399>
P5132430.jpg


これは母と半分こしました。
濃厚なクリームチーズと、ベリーソースがかかっていて
土台のクッキー地の中にもブルベリーソースがイン。
クッキー地も普通のクッキーというより、塩分の効いた、ゴツゴツした食感の雑穀入りのクッキーで、なんかねぇ、シナモンっぽい香辛料的な味がする通常のチーズケーキの土台とはちょっと違うなぁ~って感じでした。
レアチーズの爽やかさとスパイス的な味が意外に合っておいし~です。

<フレジェール¥378>
P5132428.jpg


これもひと口のみ。
スポンジの上にたっぷりのカスタードと、いちごが入り、トップはふわふわメレンゲでコーテイング。
メレンゲは見た目はかわいいんですが、ちょっと甘い~。

とりあえず、パッソアが最高よ~んあアップロードファイル

で、今回買ってきて頂けなかったけど、この店にはもう1つ気になるケーキがあるんです。
それは、本に載っていた<セリカ>という名前のケーキCAKE
イチゴとバナナのミックスムースとアニスのババロアという構成のケーキなんだそうです。
バナナ好きとしてはめっちゃ気になるケーキです。

親愛なるお兄様ぁ~、お願いですから次は是非、セリカを買ってきて下さいな~

<お店の紹介>
「サンク センス ル・プティ・ブーレ」
住所:京都府京田辺市田辺十曽2-101
TEL: 0774-64-7007
営業時間:9:00~20:00
定休日: 年中無休

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:スイーツ
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
スイーちゃん
このレベルになると、私は全然わかりません!

ただ、junjunさんの写真で美味しそうなのは充分伝わります。
しかし、恐るべし兄弟・・いや兄妹やねv-15
junjunさんは、ほんまにスイーちゃん(スイーツ好きな女の子の意)やね。

恐れ入りました。

注 スイーちゃんは私の造語です。辞書しらべても載ってまへん。
2007/05/20(Sun) 23:31 | URL  | 高兄 #-[ 編集]
羨ましい~!私にも兄がいますが一度もケーキを買ってきてくれた事ないです。
2007/05/21(Mon) 16:00 | URL  | kayomaru #-[ 編集]
いい、お兄さんやね~♪
2007/05/21(Mon) 21:35 | URL  | まさい #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/05/22(Tue) 23:46 |   |  #[ 編集]
>高兄さん
スイーちゃんって、かわいい呼び名ですねi-269
昨日、会社で
「○○ちゃん、”ラ・ヴァチュール”っていうタルトタタンが有名な店、知ってる?」
と聞かれ、名前ではピンと来なかったんですが、場所を聞いたらすぐ解ったので
「あ~、おばあちゃんが作ってる所ですよね」
って答えたら、端で聞いてた違う人が
「ほんまに恐ろしいくらいの知識やな、その知識を生かした仕事をした方がええんちゃうか?」
と何気に転職をすすめられました・・・i-209

と、いうわけで、会社では「スイーツバカ」が定説ですわ。
2007/05/26(Sat) 07:57 | URL  | junjun #-[ 編集]
>kayomaruさん
同じ血が流れてるだけあって、ケーキv-274は好きみたいなんですよ。
でも、買ってくるのは「アンリ」とか「アンテノール」とか、「マールブランシュ」とかメジャー系が多いんですよね。
私は催事で来てるめずらしい店のケーキが食べたいんで、「お金くれたら私が買ってくるねんけどな・・・」って、よく思います。
2007/05/26(Sat) 08:03 | URL  | junjun #-[ 編集]
>まさいさん
普段は、ウザイって思うことが多いんですけどね、ケーキ買ってきてくれる時だけ「いい兄だぁ~」って思います。
2007/05/26(Sat) 08:06 | URL  | junjun #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/01/19(Wed) 02:27 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/06/08(Wed) 16:42 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
アニス アニス (Anise, ''Pimpinella anisum'')は、セリ科の一年草。原産地はギリシア、エジプトといった地中海東部地域。開花期には花茎が伸びて高さ50cmほどの高さにまで成長する。種のように見える果実(ア
2007/06/15(Fri) 20:15:30 |  スパイス&ハーブの研究
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。