粉もんスイーツ&パンが大好きな京都の主婦です。このブログでは私が食べた物を中心に紹介していきます♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015年シュトーレン @ 「BURDIGARA」&「Etretat 」&「KOCSI」
2015年12月20日 (日) | 編集 |
さてさて、クリスマスも刻々と近づいてきましたので、まとめて3つご紹介!!

s-P1140892.jpg

まずは「BURDIGARA」の小サイズ。
SUVACOの「BURDIGALA EXPRESS」では箱なしで¥1,480で販売されてましたが、ワタシはフルニ(「BURDIGALA EXPRESS」の直営工場)で購入したので¥1,300で買うことができました♪

s-P1140893.jpg

s-P1140896.jpg

s-P1140897.jpg

他の店のシュトーレンと同時に買って、賞味期限に余裕があったので1番最後に食べたので、買ってから3週間ほど寝かせてしまったのでバターや砂糖が生地にまわり、かなり熟成しております。

ローマジパン入りですが、目に見えないので生地に練りこまれてる感じ、カバーリングは甜菜糖とバニラシュガーと粉砂糖でしっかり厚めなのでこのまま食べるとかなり甘めな印象なので、ワタシは剥がして食べました。

具材のドライフルーツ洋酒漬けはレーズン、イチジク、オレンジピール、カレンズ、適度な洋酒の効き加減で美味しい!
ナッツ類はアーモンド、クルミ、カシューナッツ、ナッツが大ぶりで含有量が多く、とても香ばしいです。

スパイスはシナモン、カルダモン、ナツメグと入ってる割にはほぼ気にならなかったです。

生地はバターがまわってるせいもあってかなりしっとりめで、若い時に食べたらどんな感じだったんだろう?と、気になりまくり。
(今までこんなに寝かせたことがなかったので)

パンの美味しさに定評があるブルディガラだけあって、シュトーレンも美味しかった~♪♪
ワタシの中での唯一のひっかかりはコーティングの砂糖の多さだな、剥げば問題ないんだけど、いちいち剥ぐのはまぁまぁ、面倒クサイので。

続いては、JR大山崎駅前にある、「Etretat 」 の くりのシュトーレン 1/3サイズ ¥310
数年ぶりに高校時代の友達とランチに大山崎にあるイタリアンに行ったついでに、シュトーレンという文字に惹かれてゲットしておりました。

s-P1140889.jpg

s-P1140891.jpg

こちらのシュトーレンは変わり種で大粒の栗とチョコチップとスライスアーモンド入りです。
上から見るとパンぽいですよね?
確かに包丁でスライスする時の手応えもパンぽかったんですが、食べると不思議とパンぽくないんですよね~。
しっとり生地にチョコチップの甘さ、スライスアーモンドのザクザクした食感、栗のほっくりした甘さのバランスもいい感じ。
普通のシュトーレンを想像して食べると、ドライフルーツが入ってないから、めっちゃ違和感を感じると思うんですが、これはこれで美味しくてワタシにはクセになる味でした。
何て言えばいいかな~?お店のFacebookに 毎年大好評なくりのシュトーレン”販売しています! って書いてあるんですが、好評なのが解る感じ。
ごく一般的なシュトーレンが苦手な人でも食べれるタイプだと思います。

シュトーレンもそうなんですが、ベーグルがね、色白でモチモチしてて好みでした。
長岡京市民がこんなこと言うと怒られそうですが、大山崎なのに平日の14時過ぎに次々と人が入ってくる繁盛店でございました。

そして、最後は「KOCSI」のシュトーレン¥1,080
s-P1140899.jpg

s-P1140900.jpg

s-P1140903.jpg

去年、美味しかったから、リピ買いで~す♪
今年はノーマルタイプのみの販売で、去年より¥100値上げしてました。
包丁を薄く入れてもボロッと崩れないほどの密度の濃さで、口の中に入れるとスパイスの香りがふわ~っと香り、ドライフルーツの洋酒の風味が後味で美味しく口の中に留まる感じ。
安定した美味しさで今年も頂きました!!

動く絵文字とかで美味しさを伝えたかったのですが、まだ年賀状も作らないとダメなので、サラッと終了させて頂きます。

ちなみに、この土日で3店舗のシュトーレンを追加で仕入れてしまいました!!

どう考えてもクリスマスまでには食べ切れないので、できれば年内にレポりたいですが、どうでしょうね・・・( ̄▽ ̄;)

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:美味しかった♪
ジャンル:グルメ
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。