粉もんスイーツ&パンが大好きな京都の主婦です。このブログでは私が食べた物を中心に紹介していきます♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もうすぐ休業の 「hohoemi」 に駆け込みで行ってきました
2011年11月28日 (月) | 編集 |
皆さんも既にご存知のことかと思いますが・・・、荒神口にある 「hohoemi」 が 以下の通り↓11月30日をもって休業される(再開の予定は未定) ということで・・・
s-20111127_53.jpg

”後悔のないように、あのパン達をもう一度・・・”

という思いにかられ、旦那にお願いして車を出してもらい、休業ギリギリになりましたが行ってきました。
休業の情報を知っての駆け込みが多いのか?いつも以上にお客さんも多かったです。

なぁのに、大・大・大好きだった バナナキャラメルチーズサンド は売ってませんでしたぁ・・・20100914220842cc5.gif

そして、大好き&1番人気の フロマージュ は1番人気だけあって、オープン2時間後ぐらいに行ったにも関わらず行った時は丁度、売切れて在庫切れを起こしており、フロマージュというプレートのかかった空のカゴだけが無残に置いてあり、これまた大ショック~9170ea15e15a8605bf2553554c260aef.gif

もう、この時点で、心残り発生ですからっ!! 

心が軽~く折れながら、今回買ったのは、以下のパン達です↓

<ショコラ ¥168>
s-20111127_62.jpg

<練乳とクランベリーのスコーン ¥136>
s-20111127_55.jpg

<柚子とホワイトチョコのベーグル ¥210>
s-20111127_58.jpg

<バナナとブルーベリーのブリオッシュ ¥157>
s-20111127_54.jpg

もう食べられないのかと思うと、すぐに食べるのがなんか、もったい気がして、思わず冷凍してしまってまだ食べてませんので、詳しいレポは食べてからさせて頂きますね。

今年の9月に2号店と言われる ドーナツ店100700.gif「ひつじ」 をオープンされ、現在、店主さんは「ひつじ」の方にいるみたいで、「hohoemi」の店内ではスタッフが3人ぐらいかな?一生懸命、パンの成形をし、焼いておられました。

”焼き手がいない感じでもないし、なら、このまま継続できそうなんじゃない・・・?”

と、思ったりもしたんですけど、

実は、ワタシが会社勤めをしてた頃のハナシですが、うちの営業さんが「hohoemi」の店主さんと仕事で関わっていてその時に

「”hohoemi” がドーナツ専門店を出すらしいですよ・・・」

と、情報を仕入れて教えてくれたのが、確か3年ぐらい前のこと。
(その時には店の場所も決まってて、店主さんが自身で店の内装にも手を入れてはり、他の店のドーナツなども食べながら色々研究してる風に聞きました)

それからなかなかオープンの声も聞くことなく月日だけが流れ、”あの子のデマ情報だったのか!?誰にも話さなくて良かったよ”と思いながら、忘れかけてた頃にようやくひつじのオープンを聞き、「随分、時間かけはったなぁ・・・」と、思ってたので、上記のお知らせ文の中にある

”ドーナツ店に全力で取り組み、挑戦したいという思いが強くなりました”

という言葉の通り、多分、こだわり抜いて長い時間をかけてオープンさせたドーナツ店「ひつじ」1本に全力を尽くしたいというのが店主さんの強い強い思いで、その思いの結果が今回の「hohoemi」の休業なんだろうなぁ・・・という風に感じました。
(非常に残念ではありますが、店主さんの思いがそうである以上ワタシ達にはどうすることもできませんからね。)

今まで美味しいパンを有難うございました101327.gif

s-20111127_25.jpg

普段の営業からいうと水曜が定休なので、30日にやっているのかはナゾなんですが、この看板が見れるのも残り僅かです。

もし、ワタシのように心残りのある方は是非に駆け込みで行かれては・・・142061.gif

ちなみに 「ひつじ174466.gif100700.gif」 には未だいけてないので、近々、行きたいと思います。
スポンサーサイト
テーマ:パン
ジャンル:グルメ
コダマを探そう 緑いっぱい癒しの「codama cafe」でモーニング
2011年11月27日 (日) | 編集 |
※ こちらのお店、2013年6月末をもって閉店されていますのでご注意を!!

素敵雰囲気のカフェを見つけたので、モーニングに行ってみましたぁ97db7948e83c85ddb0e069f8da841359.gif

行ってきたのは、京都の有名人気パン屋グランディール下鴨をちょいと北に上がったところにある(下鴨本通り北大路を上がって白川疎水を越えてすぐの道を西に入る)こちらのカフェ↓
s-20111113_09.jpg

s-20111113_27.jpg

s-20111113_26.jpg

「codama cafe~~~っ」

今年の1月にオープンしたばかりのこちらのカフェ、若い女性2人でやっておられます。
中に入るとご覧の通り、164565.gif164565.gif164565.gifをイメージした緑いっぱいの素敵空間が広がっておりますのよ142885.gif

s-20111113_19.jpg

s-20111113_20.jpg

この画像で解りづらいかも知れませんが・・・、この窓際の席↓の横が大きな窓になっていて、疎水沿いの緑が額の中の絵のように目の前に広がるしくみで素敵なんです。

s-20111113_25.jpg

しかぁ~も、疎水沿いが 桜並木138600.gif になっているんで、桜シーズンはお茶しながら絶景が見えること間違いなし!!です。
(絶対に桜の季節に来ようと心に決めましたもん)

その眺望抜群の窓際の席、テーブルが低いので食べるのには若干、適しておりませんがくつろぐには最適です。

s-20111113_12.jpg

このウォーターグラス、レトロ柄でカワイくないですか?
後から説明しますが、雑誌の他、こんな感じ↑の 105334.gifジブリ105337.gif の絵本やマンガも置いてあります。

モーニングは、結構種類があります。
詳しい内容は こちら のページにて確認できます。

<トーストセット ¥500>
s-20111113_16.jpg

旦那、チョイス。
トースト+サラダ+目玉焼き+ゼリー+飲み物(コーヒーor紅茶)

<ラタトゥユチーズトーストセット ¥500>
s-20111113_18.jpg

ワタシ、チョイス。
コダマフィンセットとか、たまごのせトーストセットとか、色々気になったんだけどね・・・、ラタトゥユ好きなので今回はコレに。

ラタトゥユチーズトースト+ゼリー+飲み物(コーヒーor紅茶)

s-20111113_21.jpg

ゼリーはオレンジゼリーね。

うひょ~、ラタトゥユがたっぷりのっててチーズのトロけ具合も最高で おぃすぃ~0119_20111028203609.gif

s-20111113_15.jpg

2人共、ドリンクはホットコーヒーにしました。
カップもレトロな感じでカワイイし、ティースプーンが桜と梅?(菊?)の形をしててキュートなの

そして、このカフェの特徴といえば、店名の codama にかかっていると思われるジブリ映画「もののけ姫」のキャラクターの98489.gifコダマ48815.gif がこんな感じ↓で店内のあちこちにいるんです。
s-20111113_10.jpg

s-20111113_11.jpg

こんな風↓に、解りにくい感じでひそんでたりもします。
s-20111113_13.jpg

s-20111113_24.jpg

s-20111113_23.jpg

ここには メイちゃん と ジジ49093.gif も一緒にいましたよ~。

お料理も美味しかったし、緑溢れる癒し空間が何とも素敵で、とっても気に入りましたよ♪

他のモーニングメニューも気になるし、カフェタイムのスイーツも美味しそうでめっちゃ気になりますので、桜の季節を待たずしてまた行きたいです~。

<お店の紹介>
「codama cafe 138605.gif
住所:京都市左京区下鴨北園町51-1
TEL:075-200-5016
営業時間:8:00~19:00(L.O.18:30)
定休:不定休※HPでお知らせ有り
駐車場有(2台可)156796.gif

テーマ:カフェ
ジャンル:グルメ
久々に我が家のお犬様
2011年11月25日 (金) | 編集 |
皆さん、急に寒くなりましたが、体調など崩されてないでしょうか?

ワタシはですねぇ、只今、 風邪引き真っ只中126965.gif でございます。
(人の心配してる場合じゃない感じです)

悲しいかな、ここ数年、風邪を引くと、簡単に治ってくれず、必ずといっていいほど長期戦に突入。
おかげでいろんな予定が全部おじゃんになって、めっちゃ悲しい・・・0020_20110705173252.gif

と、いうわけで、手抜き感が漂いますが・・・、今回は簡単に書ける我が家のお犬様達記事にて失礼します。
(丁度、ある程度下書きして放置してあった記事があったので、それを採用)

s-画像 249

皆さんお久しぶりです、タロウ(右)&京介(左)です。

行きつけのドッグカフェが閉店してしまったので、最近は専ら、高雄パークウェイのドッグランで遊んでます。

京介はこんな感じ↓で割りと社交的、相手が大きな犬でも果敢にアタックしていきます。
s-画像 044

ねぇ、ねぇ、どこのドックフードが美味しいん?
(犬端会議???)

s-画像 092

お友達のヨシノブ君と♪
僕、鼻ペチャだけど、ヨシノブ君はシュッとお鼻が長くて格好いいね~♪

s-画像 048

コンニチハ、僕、京介言いますねん・・・。

s-画像 015

ひぇ~、挟みうちされたぁ~、とりあえず固まっておこう。

s-画像 167

何話してるの?僕も混ぜて♪

s-画像 220

キミ、僕より随分、大きいんだね・・・。

s-画像 214

あ、これ、ビンタじゃないよ、カワイイねって撫でてくれたの。

s-画像 216

そして、背伸びしながらチュー158440.gif158439.gif

s-画像 297

ここでもチュー158440.gif158439.gif

彼は、将来、プレイボーイになる予定です。

一方、タロウときたら・・・
s-画像 140

s-画像 195

s-画像 315

相変わらず、ボールが友達184813.gifで、自分のボールで遊んでるか、他の犬が遊んでるボールを横取りすべく歩き回っている感じ。
(探しても、他の犬と絡んでる写真がみつからない)

でもね、ボールさばきがね、なでしこジャパンに入れてもらっても大丈夫なくらいの腕前で、他の飼い主さん達からも「あの子、すごいなぁ~、上手やなぁ~」と、脚光を浴びてはります。

s-画像 280

母さん、アタイ、将来はサッカー選手になろうかしら?

s-画像 298

母さん、僕は何になればいい?
(いつまで経っても、ちっともおもちゃ類に興味を示してくれないので・・・、ある意味、残念!)

いつも言いますが、同じ犬種でもこうまで性格が違うもんかな?と思うぐらい、片や、やんちゃ(タロウ)、片や、大人しい(京介)の2匹です。
(2匹が唯一、同じなのは食い意地くらいかしらね・・・0117.gif

ちなみに、外ではあまり絡んでませんが、うちの中では京介がタロウの後をついてまわり、ひっついて丸まって寝てる158928.gifので、基本、ものすごく仲良しなんですよ。

ワタシ達が京介に意地悪(太ももをギュッとにぎると痛いらしく、びっくりするほど悲痛な泣き声を出す155182.gif)をしたりすると、タロウが「おいおい、京介に何してんねんっ!!」とばかりに怒りにきます。

ってな感じで、我が家のお犬様達は元気に育っておりまぁ~す。

ワタシの風邪、気のせいでなければ、あともう一歩のとこまで来てる気がするので・・・、来週には復活できるよう頑張ります74660.gif
ちょっと変ってるけど美味しいシブースト
2011年11月21日 (月) | 編集 |
今の時期、ワタシの苦手なモンブラン35152.gifが猛威を振るっているので、パンの誘惑に負けてご無沙汰気味のケーキ屋にますます足が遠のいているワタシなんですが・・・、そんなこの時期、ワタシにとってのケーキ界の一筋の光101811.gifと言えばこちら↓
s-20111108_62.jpg

アップルパイ139432.gif を始めとする リンゴ87093.gif使いのお菓子 ~~~っ

ちょっと前のリビンク新聞京都版に上記のような特集記事があり、思わず釘付けになったのです。
(速攻、切り抜いて完全保存版にしましたけどね4985.gif

この記事の詳細は こちらのページ にて確認できますので気になられる方はポチッとなしてみて下さい♪

で、その中で一番気になったのが、右上に載っていたケーキ。
そのケーキが売っているお店は・・・こちらのお店↓
s-20111108_39.jpg

「ロトス洋菓子店 ~~~っ」

このブログでは2回目の登場になりますこのお店、グルニエ出身の方が営まれているケーキ屋になります。
(前回記事は こちら

<りんごとシブースト ¥450>
s-20111108_52.jpg

さて、今回紹介されていたこのケーキ。

シブーストといえば・・・

”カスタードクリームにイタリアンメレンゲを混ぜ合わせたクリームの間にフルーツなどの甘露煮を挟んだものが乗った、タルトやパイで、トップには砂糖をかけ、焦がして焦げ色をつけている”

もので、見た目でいうと一般的にはこんな感じ↓ですよね
s-画像 016

なのに、こちらのシブーストは上記の画像の通り、淡雪67172.gifのような白色なんです。

この白色の正体とは・・・フロマージュブランというチーズを使っているんだそうです。

s-20111108_55.jpg

構成としては白ワインとシナモンでコンポートしたリンゴをカシスを一緒に焼きこんだタルトとフロマージュブランのシブーストクリームでサンドしてあります。

りんごがめっちゃシャキシャキ感があって、りんごの酸味もほどよく効いてます(ついでにカシスの酸味も効いてます)
タルト台がね、お師匠さんとこのタルトを彷彿させるような味わいで、めっちゃおぃすぃ~141762.gif

一般的なシブーストと言うと、カスタードとメレンゲの組み合わせなんで、お店によってはちょっと甘ったるかったりするんですよね、でも、こちらのシブーストはベースがクリームチーズなので、甘さが抑えられてる上にサッパリ感も加わってる感じなので、とてもエエ感じ0038.gifなのです。

ちなみにお師匠さんとこのシブーストと言えば、木苺のシブーストなので、形状も色も違うので、独自のスタイルでいかはった感じですね。

このシブースト、ワタシはとっても気に入りました。
他ではあまり見かけないタイプなのでこのお店の看板ケーキになるといいな~と思います。

今回、ショーケース内にはモンブランとか、濃そうなチョコ系とか茶色のケーキが多かったので、「あれ?お師匠さん所のと似てる!」と思い、買ったのは

<シュークリーム ¥250>
s-20111108_47.jpg

s-20111108_61.jpg

ちなみにお師匠さんところのシュークリーム¥33035168.gifは こんな感じ ね。
 
ナッツでカバーリングされてる所といった外観はお師匠さんところのものとと似てますが、ちょっと小ぶりなのと、断面カットするとクリームの違いに気づきます。

たぁ~っぷり入ってる黄身色のカスタードクリームは、ポテッとした粘度があり、口の中でバニラビーンズの香りが広がりながらもしっかりとコクのある卵の風味がし、甘さ控えめのとても美味しいクリームです。

そのクリームを包むシュー皮はハード系で、外側部分はカリッと、クリームと接してる内側部分はパイ生地のような感じでちょっと厚みがあります、ナッツがまぶされてるので噛んだ時にザクッと感があり、ナッツの香ばしさがカスタードの旨味をエエ感じで引き出しててしみじみ美味し~です

お師匠さんとこのは美味しいけど、シュクリームとしてはちょっとお高めなので(クリームの系統が違いますが)、一般的なシュークリームより凝った感じがあり、安っぽくもないのでお持たせ36824.gifとかで持っていくのに丁度よいのではないでしょうか?

前回に引き続き、ついついお師匠さんとこのケーキと比べてしまってすいません・・・110450.gif

お師匠さんに負けないぐらいの美味しいケーキを作ってはると思いますので、前回も言いましたが、オリジナルと学んだ技を生かしながらこれからも新しいケーキを色々とつくっていって欲しいと思います。

<ロトス洋菓子店>
住所:京都市下京区烏丸通松原上ル因幡堂町699
   パインオークサーティーン1F
TEL:075-353-2050
営業時間:10:00~19:00
定休日:水


ちなみにこの特集に載ってるリンゴのお菓子を攻めようと思いながらも、まだ1店舗しかいけてないのでありましたとさ・・・98408.gif

オマケ。

この間、めざましテレビのコーナーで紹介されて美味しそうだったこちら↓をスーパーで見かけて買ってみました
s-20111117_51.jpg

ホテルオークラチーズプリン ¥137

ホテルオークラエンタープライズ総料理長監修のもと、北海道乳牛という会社がつくった商品なんだそうで、パッケージが紫&金色でちょっとゴージャス感が漂っています。

で、中身はこんな↓感じね。
s-20111117_54.jpg

見た目は白いプリン、底部にカラメル的な何かがあるのかな?と思いきや、特にありませんでした。

食感はプリンに近いゼリー?ってな感じ、滑らかさはあるんだけど、ゼラチンぽさがね、ちょっと気になります。
(プッチンプリンをもうちょい粘度を濃くした感じの食感)

北海道の生乳からつくったクリームチーズを14%使用してるとのことなんですが、味自体は加糖ヨーグルトにほんのりクリームチーズのコクが効いてる感じで、酸味も甘さ控えめでお上品にまとまってはいますが、チーズというよりはミルクプリン的な要素の方が強く感じました。

商品名に ホテールオークラ という冠 62738.gif をつけてしまっているので、その期待感からするとちょっと力を出し切れてないような・・・って感じでした。

ただ、¥137なんでね、あまり高いクオリティを望むのもね・・・20090120212652.gif

有名料理人や有名店とのコラボ商品って、名前に釣られてついつい買ってしまいますけど、なかなかこれだぁ~って思える絶品に巡り合えないことの方が多かったりしませんか?

わかっちゃいるのに辞められず、”次こそは!!”と思いながら、買っちゃう自分がいたりするのでした・・・。
テーマ:スイーツ
ジャンル:グルメ
まずは・・・、7月分の「ラボ フィセル」
2011年11月17日 (木) | 編集 |
さぁ~てと、重過ぎた腰をようやくあげて、溜まりに溜まった ラボ フィセル いっときましょ~。
(ちなみに行ったのは7月の末でございますので177355.gif

<すもも白あんロール>
s-20110726_22.jpg

s-20110726_23.jpg

この日限りのお楽しみパンとして造ったパンとかで事前に予約はしてなかったんですけど、行った時に店頭にあってお値段も格安だったので思わず買いました。

ミキシングの最初から自家製のすももじゃむと白あんを練りこんだ生地なんだそうで、小ぶりなんですがかなりの重量感がありました。

特に具が入ってないシンプルパンで、ほんのり甘酸っぱい味がしてモチッと食感で、ワタシには白あんの存在感はほとんど解らず・・・でした。

<ミニカステラパン・ミルクチョコ蜂蜜1個とホワイトチョコ蜂蜜1個>
s-20110726_44.jpg

<ホワイトチョコ蜂蜜>
s-20110726_45.jpg

<ミルクチョコ蜂蜜>
s-20110726_46.jpg

確か夏休みのお子様のおやつ用に・・・とのことつくられたバージョンで、いつものカステラパン100163.gifのシンプル小ぶりバージョンが2個入りで1度に2つの味が楽しめるのが嬉しく、大人なワタシも満足でした♪

<ピーチとすももホワイトチョコ・フルーツパンプティングパン>
s-20110726_34.jpg

s-20110726_35.jpg

生地にセミドライピーチ、自家製すもジャム、フルーツパンプティング、ホワイトチョコをねりこんだマイルドな甘さがとってもやさしい、焼き菓子感覚のおやつパンとのことでしたがこれ、めっちゃフルーティーで焼き菓子みたいで美味しかったぁ97db7948e83c85ddb0e069f8da841359.gif

<バナナとくるみ・フルーツパンプティングパン(セミドライバナナもバナナピュレも)>
s-20110726_36.jpg

s-20110726_37.jpg

バナナはセミドライバナナとバナナピューレ、生地にはクレームダマンドも混ざってます。

めっちゃバナナ味で美味しい~0120_20111028203609.gif

所々のクルミがコリコリ食感のアクセントでエエ仕事してはりますし、パンプディングは少量でしたが、独特のムチムチ感がして、バナナピュレがね、バナナ味がギュギュっと凝縮された感じの濃ゆい味で、バナナ好きには、本当にたまらんかったわぁ。

<抹茶マスカルポーネクリームチーズ生地にクランベリーホワイトチョコ>
s-20110726_30.jpg

s-20110726_31.jpg

画像では解りづらいかも知れませんが、グリーンの色が濃くてとってもキレイなんです。
見た目の通り、抹茶味も濃いです、クランベリーの甘酸っぱさとホワイトチョコの甘さがいい感じに効いてます、でも、マスカルポーネの存在がワタシにはあまり解らずでした・・・

<自家製オレンジピールとスイートポテト(さつまいもとじゃがいも)カンパーニュ>s-20110726_32.jpg

s-20110726_33.jpg

おいも176258.gifが入ってるので生地がムチムチ~。
おいもの甘さとオレンジピール140624.gifの爽やかな甘さが絶妙にマッチして美味しかぁ。

<バナナと赤ワインで炊いたレーズンホワイトチョコ>
s-20110726_42.jpg

s-20110726_43.jpg

この断面画像では解りづらいですが、レーズンがいっぱい入ってて、赤ワインで炊いたレーズンはめっちゃジューシーです(お酒っぽさはそんなにキツくはなかったような・・・)

それにホワイトチョコの甘さとセミドライバナナの甘味が加わると、とてもいい感じで美味し~

<自家製オレンジピール入りクグロフ 1カット>
s-20110726_52.jpg

自家製オレンジピールが練り混んであり、発酵バターも玉子もリッチな配合で使ってあるとのことだったんですが、クグロフ型ではなくパウンドケーキ型で焼かれてたし、食べてみてもバターたっぷりのしっとりした生地でどっちかというとクグロフというよりはパンドケーキっぽい食感と味でした。
(でも、美味しかったのは美味しかった)

<イタリア産レモンとクランベリーエダムチーズのもっちりねじりパン>
s-20110726_40.jpg

s-20110726_41.jpg

名前の通り成形時にねじりを入れた生地はカリッモチっ食感で他のパン達とはちょっと違う食感でちょっと斬新でした。
レモンの爽やかさとクランベリーのフルーティーな甘酸っぱさの中にエダムチーズの香ばしい風味と塩気があって美味しかったぁ。

<ピーチとブラックベリークリームチーズ>
s-20110726_27.jpg

s-20110726_28.jpg

ピーチ、いっぱい入ってて甘酸っぱぁ~い0119_20111028203609.gif

s-20110726_29.jpg

クリチも負けずにこの塊で!!

それにクルミも入ってコリコリ~でウマぁ~い、でも、ブラックベリーはジャム?ピューレが生地に練り込まれてて、インパクトが薄かったのがちょっと残念だったな。

<黒五穀パンの和風ポテサラと青ジソチーズ>
s-20110726_50.jpg

最近、めっきりなくて悲しいんですが、丁度、梅雨時期159682.gifということで、お客さん集客の為にこの時期は毎日サンドイッチ133670.gifがあったんですよねぇ。

で、この日のサンドはご覧の通り、パン生地が変り種で、キヌア・黒米・黒ごま・黒豆・アマランサス入りの黒五穀と米油を練りこんだ黒ゴマ色のパンでした。

s-20110726_51.jpg

具はかつおじゃこ入りの和風ポテトサラダ、チーズ、実家で栽培された無農薬の大きな青ジソが1枚と玉子サラダが入ってます。

メニュー名に玉子サラダが入ってなかったので、入ってると思ってなかったので断面カットしてビックリの嬉しい誤算にルンルン♪

これ、激しく美味しかったですぅ~141762.gif

黒五穀のパンはごまの香りがメインで香ばしく、生地が驚きのむっちりモッチリ食感
その間に挟まってる甘辛いかつおじゃこが入った和風ポテサラが、本当、超絶品なんですよ。
ポテサラと玉子サラダの間に仕込んであるチーズと青ジソが実にいい働きをしてて、更に旨味アップo0020002010440772870.gifしてるんです。

<黒五穀パンのロースハムと玉子サラダ>
s-20110726_47.jpg

s-20110726_49.jpg

これも間違いなくうまかったぁ~0110_20111028203149.gif

こちらは、ロースハムと玉子サラダ入り。
こちらの玉子サラダは味付けにもアクセントでケチャップが入ってて、これがまた意外な感じなんですけど美味しいの!!

<ブラックオリーブとセミドライトマト・エダムチーズ>
s-20110726_38.jpg

s-20110726_39.jpg

セミドライトマト91960.gifを使ったパンは過去に何回か食べたことがあり、甘味が凝縮してるので好きなんですけど、今回初のエダムチーズとの組み合わせにどんなんかな?と期待いっぱいでした。

う~、これもツボだったぁ。
エダムの香ばしさがセミドライトマトとオリーブとマッチしてイタリア~ンな一品でございました。
 
<ハニーグレインブレッド>
s-20110726_24.jpg

s-20110726_26.jpg

オールブランと押し麦、蜂蜜を練りこんだ生地です。

シンプル生地なのでサンドイッチにしたら美味しそうかな?と思って、サンドイッチにしましたぁ。

ラボ フィセルの和風ポテサラを真似して、甘辛く煮たじゃこをポテサラに入れて~↓
s-20110801_63.jpg

これまたラボ フィセルの真似で青シゾ挟んで、スライスハムものっけてぇ~↓
s-20110801_64.jpg

玉子サラダものっけてぇ~(もちろんケチャップも入れました)↓
s-20110801_65.jpg

ふたの方にとろけるチーズのせて、軽く温めてぇ↓
s-20110801_66.jpg

合体させたら出来上がり↓
s-20110801_71.jpg

我ながらウマくでき過ぎたぁ~~~っ1-8.gif

たくさん具を挟みましたが、具の味に消されることなく、蜂蜜のほのかな甘味とオールブランと押し麦の香ばしさがしっかり効いたモチモ食感のパンで噛めば噛むほどに味わい深いパンでした。

ふぅ、このまま続けて8月に行った分も一緒にあげようと思ったんですけど、ワタシが燃料切れになりましたぁ・・・9170ea15e15a8605bf2553554c260aef.gif

8月分は別記事にてぇえええ。
(その後、9月、10月、11月分と、まだまだフィセル記事は溜まり続けてますので・・・)

<お店の紹介>
「boulangerie labo ficelle(ブーランジェリー ラボ フィセル)」
住所:大阪市西区立売堀3-8-5
    阿波座2番出口から徒歩2分

TEL:080-5705-0805
 ※お店には置いてなくて予約やお問い合わせの受け付け用になってるそうです。

営業時間 11:00~売り切れ次第終了

定休日:土・日・月・祝
  ※月1回土曜営業有り、その代休で月1回火曜定休有り(詳細はブログにて発表あるの要確認で)
  
予約について
  受付時間 7:30~19:00
  (仕事でどうしても上記時間が無理な場合は20:00まで可)


当日分のご予約は10:00までに。
 ※「土曜日と日曜日のお電話はできるだけご遠慮ください」とのこと

予約の商品の引き取りは18:30まで
※夏場(日が長くなる季節)は19:00まで延長
テーマ:パン
ジャンル:グルメ
「cafe meuble」 @岡本  で パンケーキ♪
2011年11月15日 (火) | 編集 |
この間ちょっと言いましたが、とある日、 パンケーキt00200020_0020002010442844929_20101006194953.gif を求めて阪急神戸線「岡本」駅に降り立ちました。(何年ぶりだろ?)

そして、向かったのはこちらのお店↓
s-20111101_03.jpg

「cafe meuble ~~~っ」

店内はこんな感じね↓
s-20111101_10.jpg

ハワイアン音楽が流れるゆったりとした空間でした♪
パンケーキが焼けるまで20分ほどかかるので、雑誌を読みながら待ってると・・・、やってきました愛しのパンケーキは・・・

<焼きリンゴと生クリームパンケーキ2枚 ¥840>s-20111101_04.jpg

季節限定のパンケーキです。(※3枚だと¥1,050)
レーズン入りの温かい焼きりんごのソテーとゆるめの生クリームとメイプルシロップにパウダーシュガーがかかってサーブされます。
焼き色が素敵な感じで、見ての通り結構なボリュームがあります。

注文時に 「シナモンはおかけしてよろしいですか?」と聞かれ、「どれくらいかかってるものなのですか?」と聞くと、「お聞きして必要ならかけてお出しするのですが、いらない場合はかけないんです・・・」と言われ、「気持ち程度、ほんのりかけて下さい」と言ったら「では、別添えでお出ししますのでご自身でかけて下さい」と言われ、別添えで出してくれました。
(※右上に写ってるのがシナモン)

s-20111101_06.jpg

いつものごとく、まずはこのままプレーンな所をパクリンこ693646_20.gif

うん、フワっもちだけど、このままだとやっぱ味気なくて、何だか寂しい・・・。

s-20111101_09.jpg

生クリーム、焼きりんごと一緒に食べると・・・

「うん、美味しくて幸せ~~~~っ 1_20101018195750.gif

焼きりんごがね、絶妙なくらいの好みの焼加減と甘酸っぱさで、まさにツボ~っ

s-20111101_08.jpg

シナモンをちょこっとかけて食べると、りんごの旨味が引き立ってアップルパイちっくな感覚でおいすぃ~

2枚重ねの下の方のパンケーキにプレーンな部分が多く、備えつけでシロップがついてこなかったので足りるか心配だったんですが・・・、ギリな感じで最後まで食べれました。

美味しいんだけど、同じ味が続く&ボリューミィなので、最後の方は飽きる&お腹いっぱいで、ワタシ的にはちょっと辛かったです、2枚が丁度で、あれで3枚は結構キツいと思うんだけどなぁ・・・、3枚食べる人って多いのかなぁ?
(甘いパンケーキを1人で食べに行ってはイケナイかも・・・?ってことに薄々気づいたけど、まだまだリストアップしたお店があるので、気づかなかったことにします)

<コーヒー ¥350>
s-20111101_07.jpg

パンケーキと一緒に頼むとドリンクは¥100引きになります。
元々の値段もお安めですね♪

そして、食後にサービスでお茶を出して下さいます(冷たいのか温かいのかまで聞いてくれました)
s-20111101_11.jpg

ワタシの中では fukumimi さんのパンケーキを超えることはできませんでしたが・・・、ここのパンケーキも美味しかったですよ。

帰りがけに道路沿いの河原で、行った日のすぐ後ぐらいに出没情報がニュースになっていたヤツら184196.gifを偶然にも目撃↓
s-20111101_02.jpg

近づくのが怖かったので、最大ズームにてパチリ181090.gif

どうやって川に降りたんだろ?と、思いながら、こんなに普通に街中にいるなんて・・・と、コワさを覚えました。

<お店の紹介>
「cafe meuble(カフェ ムーブル)」
住所:神戸市東灘区岡本2-5-8
TEL:078-200-4101
営業時間:10:00~18:00(L.O.17:00)
定休日:日曜
テーマ:cafe
ジャンル:グルメ
「キルフェボン京都」にて素敵なクリスマスケーキ試食会に参加♪
2011年11月12日 (土) | 編集 |
10月のとある日、ワタシの元に素敵なイベントへの招待状が届きましたぁapani48ca0cf3aa349_20101108130207.gif
s-20111109_01.jpg

そして、イベント当日に行ってきたのは・・・、こちらっ↓↓↓
s-20111110_53.jpg

「キルフェボン 京都 ~~~っ」

以前に書いたことがありますが、キルフェボンでは、たまぁ~に新作タルトなどの試食会をやってるんですよね。

で、今回、ケーキメニューのチェックの為にたまたまHPを覗きにいった際にクリスマスケーキ67191.gifの試食会(要参加費¥1,000/人)の参加募集を発見し、今回、京都店は2日間の開催で計20組40名の募集枠に対し、326件の応募があったそうで約12倍の倍率を突破し、見事、参加権をゲットさせて頂いた次第でございます0b6603790341c59036e55b30c1e11060.gif

今回は、平日の20時からの開催で帰りが遅くなることもあり、大阪の友達に声をかけるのは気が引けたので母をお供に連れて行きました。
(母、ラッキー♪)

店内は、こんな感じでクリスマス仕様になっておりました↓
s-20111110_52.jpg

s-20111110_07.jpg

試食会向けのテーブルセッティング↓
s-20111110_04.jpg

そして、ショーケース内に試食会用のケーキ達が並べ始まりましたよぉ~っ
s-20111110_08.jpg

で、試食の前に・・・まずは、タルト生地の食べ比べです。
s-20111110_23.jpg

キルフェボンでは、合わせるクリームや果物によって、現在、数種類のタルト生地を使い分けてるそうですが、今回は6種類の生地を食べ比べをさせて頂きました。
    
左側に縦に並んでいるのがタルト生地のベースとなるもので
 ”ブリゼ”、”シュクレ”、”サブレ” 
※今回はありませんでしたが、もうひとつ”フォンセ”という生地があるそう


181171.gif ブリゼは バターたっぷりで塩気があり、パイっぽい食感の生地 

181171.gif シュクレは バター少な目のクッキー生地 

181171.gif サブレは ザクザクのクッキー生地  

なんだそう。


上記の3種類のプレーン生地をベースにし、素材をプラスしたものが右側の縦1列で上から 

181171.gifココナッツブリゼ・・・グリゼにココナッツをプラスさせたもので、南国風に仕上げたい時 
(ホワイトチョコとマンゴーのタルトetc・・・) 

181171.gifアーモンドシュクレ・・・シュクレにアーモンドをプラスさせたもの
(今現在は使用しているタルトはないそう) 
 
181171.gifコーンフレークサブレ・・・サブレにコーンフレークをプラスさせたものでどっしりと重いケーキに軽さを出したい時 (さつまいものタルトetc・・・) 

確かにキルフェボンのケーキを頂く時、ケーキによってタルト生地を変えてるのは何となくは解ってたんですが、こうやって生地だけで食べてみると、クリームや果物の味に誤魔化されない分、食感や風味を直に感じることができ、それぞれに明らかな違いが解って、ほほぉ~って感じです。

ベースの生地ではシュクレ生地のサクサク感が好きで、コンフレークサブレのザクザク感のハンパなさも結構なツボでした。

そして上に添えられているのが、生地とクリームに使われてる

フランス・ブルターニュ産 “ル ガール”の発酵バター46702.gif
一般的なバターより風味香りがより引き立ち、油っぽさはなく、生で食べても美味しいんだそう。

フランス・ブルターニュ産 “ル ガール”のナチュラルクリームチーズ139426.gif
非加熱のフレッシュチーズでミルクの香りが強いんだとか。

※ 「ル ガール」 はブルターニュ地方の優れた原料乳から良質のバターを始め、様々な乳製品を製造しているフランスでは80年を持つ信頼のブランドだそうです。

クリームチーズもバターもアッサリした感じでそのままでもタルト生地と食べても、美味しく食べれました。

そして、次に今回のクリスマスケーキ3種類の説明がありました。

<タルトプレミエ 赤いフルーツのリースタルト ~金の星とともに~>
s-20111110_13.jpg

20cm(5~6人用)  6,500円
28cm(9~10人用) 1,1500円


真ん中に親子雪だるま145886.gif(組み立て式、食べれないそう)を飾り、ふんだんにのせた赤いフルーツのリース127641.gif 型のタルトです。

真ん中の雪だるまは去年は1体だったそうなのですが、今年は家族をイメージして2体になったそう。

HPより

ココア風味のタルトの中にはシングルモルトウイスキー”マッカラン12年”を効かせたチョコレートムースとコクのあるホワイトチョコレートムースを2層に重ねました。
ほどよい酸味のフレーズ・デ・ボア(野イチゴ)ソースが間に入り味のアクセントになっています。
ほろ苦いココア風味のタルトと濃厚なムースの甘み、フレッシュな赤いフルーツのほど良い酸味が口の中で一体となる至福の瞬間をお楽しみ下さい。


ケーキの構造は

タルト生地(ブラックココアブリゼ)→”ザ・マッカラン12年”入りチョコレートムース→フレーズデボアソース(野イチゴのソース)→ホワイトチョコレートムース→チョコレートスポンジ→フルーツ(イチゴ、ぶどう、アメリカンチェリー、黒イチジク、ブラックベリー、フランボワーズ、ブルーベリー、赤スグリ)、ナパージュ、金箔の185086.gif

となっています。

<10種のフルーツタルト ~ホワイトチョコレート風味~>
s-20111110_11.jpg

 15cm(2~3人用) 3,000円 
 17cm(3~4人用) 3,600円 
 21cm(7~8人用) 5,500円


HPより・・・

まるで宝石箱101811.gif147825.gif101811.gifを開けたような贅沢なタルトを作りました。
ふんだんにのせたフルーツとやさしい甘さに仕上げたホワイトチョコレート風味のカスタードクリーム、バター風味豊かなパイ生地との相性は抜群です
「どのフルーツを食べよう?どう切り分けよう?」そんなおしゃべりをしながらクリスマスの夜をお楽しみ下さい。


構造は

タルト生地(ブリゼ)→スポンジ、キルシュ(サクランボ)シロップ→ホワイトチョコレート入りカスタードクリーム→10種類のフルーツ(オーストリラリアマンゴー・黒イチジク・洋梨・ブルーベリー・オレンジ・フランボワーズ・パイン・ブラックベリー・若桃・苺)、ナパージュ

となっています。

<ブルターニュ産“ル ガール”クリームチーズのムースタルト ~銀の星とともに~>
s-20111110_12.jpg

15cm(2~3人用) 3,300円
19cm(5~6人用) 5,300円


HPより・・・

“ル ガール”のナチュラルクリームチーズをふんだんに使用したまろやかな口当たりのムースとたっぷりの生クリーム、相性抜群のイチゴ、フランボワーズ、ブルーベリーを一面に飾りました。
キラキラ光る銀の星がクリスマスの夜を演出します。


構成は

タルト生地(ブリゼ)→”ル ガール”ナチュラルクリームチーズのムース→スポンジ、トリプルセック(グレープフルーツのお酒)のシロップ→生クリーム→フルーツ(イチゴ・ブルーベリー・フランボワーズ)、ナパージュ、銀箔の185086.gif

となっています。

さて、いよいよお待ちかねの試食のスタートですよ~97db7948e83c85ddb0e069f8da841359.gif

s-20111110_16.jpg

s-20111110_24.jpg

ケーキのお供に、ダージリンファーストフラッシュをポットサービスで出してくれました。
緑茶に近い紅茶でストレートで飲むのがおすすめなんだそう、なくなったら差し湯もしてくれ至れり尽くせりでした。

ちなみに試食サイズはこの大きさ↓
s-20111110_25.jpg

店長さん曰く、張り切って大きめにカットし過ぎてしまったらしいです。
うん、なかなかのパンチ効いてる大きさですが・・・、無事、食べきれるでしょうか???

お持ち帰りはできない規則なので、完食するには「食べる順番が重要だな・・・」と、思ってたので重そうなのから食べることにしました。

<タルトプレミエ 赤いフルーツのリースタルト ~金の星とともに~>
s-20111110_49.jpg

s-20111110_27.jpg

s-20111110_29.jpg

見本のホールのタルトにはのってましたが、アメリカンチェリー143719.gifの入荷が間に合わなくて、試食用ケーキにはのっておらず、代わりに黒イチジクが多めにのせてあったそうです。

これ、Wチョコムースなので甘いと思うかも知れませんが・・・、そうではありませんでした。

お店から

「見た目は雪だるまとかあってお子様に好かれる感じなのですが・・・、”ザ・マッカラン12年”がしっかり効いた大人味のケーキです」

という説明を受けてたんですが、一口食べた瞬間にぶわっとお酒の香りと風味が広がり、本当にしっかりめに効いてるのがヒシヒシと解り、ワタシ、酔っ払う138157.gifんちゃうかな・・・?と、少し不安になるくらいでした。

でも、たっぷりの赤いフレッシュなフルーツ達の果実の酸味とジューシーさ、野いちごのソース、ほろ苦タルト生地などと一緒に食べると、「甘酸っぱい、ほろ苦い」という風味が前面に出てくるので、お酒の風味やチョコムースの濃厚さがだいぶ緩和され、口の中で一体になると、まさに至福な瞬間 がやってきます。

基本は濃厚ではありますが、途中からお酒も気にならなくなり、思ったよりいい感じで食べれました。

で、ちょっとビックリだったのは、タルト生地がブラックココアブリゼということで、基本のパイ生地に近いものにブラックココアを混ぜたものなんですが、ココアを混ぜたら、パイ生地というよりは、シュクレやサブレ生地のようにザクッと固め食感のほろ苦タルトちっくになってたこと。

どっちかというとパイ生地よりシュクレ生地の方が好きだし、甘くないほろ苦テイストだったのでこの生地自体はすごく好みだったんですが、なんせ、生地の厚みがしっかりあるので(上の試食サイズの画像の隣りのタルト生地達の厚さと比べてみて下さい)、フォークではなかなか切れないし、Wチョコムース使いで重みがありパンチ効いてて今回の中では1番ボリューミィだったので食べるのにひと苦労&食べ終わる頃にはいきなりお腹いっぱいになってしまいました169688.gif

おっと、忘れてはいけない、見えづらいですがポイントは・・・、クリスマスを意識した金箔の185086.gifがポントです↓
s-20111110_32.jpg

<10種のフルーツタルト ~ホワイトチョコレート風味~>
s-20111110_20.jpg

s-20111110_46.jpg

s-20111110_43.jpg

う~ん、見るからにカラフルで華やか101811.gifなこのタルト。

キルフェボンの人気レギュラーメニューに季節のタルトってのがありますが(一番下にも秋バージョンの画像載せてます)それのクリスマススペシャルバージョンって感じですかね?

試食用ケーキでは全部のフルーツがいただけるようにという配慮で、実際のクリスマスケーキのトッピングのフルーツを季節のタルト風に散らしてるバージョンで出てきました。
(ケンカにならずに済んでよかった)

レギュラーの季節のタルトはカスタードクリームオンリーなんですが、こちらはカスタードクリームにホワイトチョコレートが加わっているので、いつもとは違う少し甘めな感じに仕上がってるそうです。

参考画像を こちら に載せますが、クリームの色と質感がちょっと違うの解りますかね? 

他の2種類と違って、フルーツをたくさん使って、フルーツの美味しさを存分に堪能するタイプのケーキなので、基本構造はタルト生地、クリーム、フルーツとシンプル構造ですが、やっぱ、フレッシュフルーツたっぷりなだけあって、めっちゃ、フルーティージューシーです。

ホワイトチョコ入りのカスタードは、ベリー系(イチゴ、ブルーベリー、フランボワーズ、ブラックベリー)の酸味とも、マンゴー、パイン、オレンジのトロピカルフルーツの甘酸っぱさとも、黒イチジク、若桃、洋梨の優しい甘みとのバランスが合うように考えられている感じで、バター風味のさくさくパイ生地のタルトとの相性も抜群で美味しかったぁ

で、このケーキのポイントは・・・、この緑のフルーツ↓
s-20111110_48.jpg

若桃って、見たことも聞いたことも食べることも初めてだったんですが、桃を赤ちゃんの時に摘み取り、シロップ漬けにしたもので、食感は梅酒の梅のような感じでシャクっとした食感で、甘い中にかすかに桃の風味がするフルーツでした。
桃をイメージすると何か違いますが、食感、風味ともにおもしろい食材でした。


<ブルターニュ産“ル ガール”クリームチーズのムースタルト ~銀の星とともに~>
s-20111110_17.jpg

s-20111110_37.jpg

お店の方曰く、他の2つに比べると見た目がシンプルなので、一番人気薄らしいです・・・。
でもね、ワタシ的には1番好きだったなぁ1_20101018195750.gif

まず見て解る、丸々の大きさでデデーンとのってる巨大ないちごちゃん、これ、いちご好きな方にはたまんないでしょうね。

サクサクパイ生地、ル ガールのクリームチーズをふんだんに使用したまろやかな口どけのチーズムースと甘さ控えめの生クリーム、ふわふわスポンジが層をなし、それにベリーの酸味が絡んでくる、ケーキの王道、ショートケーキのクリームチーズタルト風ってな感じで、食べた感じも重くないので、万人受けする外さない美味しさがありましたよ。

クリームチーズが入ってるおかげで、サッパリ感もあり、非常に食べやすかったので、最後に食べて正解でした

こちらのポイントは銀箔の185086.gifね↓
s-20111110_34.jpg

お腹、パンパンでありましたが・・・169688.gif169688.gif169688.gif、気合で完食させて頂きましたよ!!

タルトという素材を使い、キルフェボンと言えば「フレッシュフルーツ」と言うべく、フレッシュフルーツをふんだんに使いながら全く異なった3種類のクリスマスケーキを作りあげたキルフェボンさん、本当に素敵だと思いますDIMG0202.gif

我が家は2人家族なので、買うのにはなかなか勇気がいる感じですが、お友達とのクリスマスパーティとかでこのケーキを持っていけば盛り上がること間違いなしでしょう!!

今年のクリスマスケーキがまだお決まりでない方は候補に入れてみてはいかがでしょうか?
以上のケーキ、3種類とも10/11より予約が始まっています。

受渡期間は 12/20~12/25

詳細は こちら にてご確認頂けますので。

ついでですが、ショーケースの中にあったホールタルトをパチリんこ181090.gif
<季節のフルーツタルト~秋バージョン~>
s-20111110_14.jpg

ピース¥630 
ホール:(15cm)¥2,625、(17cm)¥3,045、(21cm)¥4,830、(25cm)¥5,985


秋バージョンということで今が旬の柿をメインに色とりどりの華やかなフルーツがいっぱいのタルトで美味しそう♪

12月からガラッと冬メニューに切り替わるそうなので、またチェックして行かなくては!!

キルフェボンさん、今回は素敵な試食会を有難うございました。
通常、カット売りでの販売がないクリスマスケーキを1度に3種類もお試しできて、今思い出すだけでも、happyなひと時☆彡でございました0120_20111028203609.gif

今後も東京だけではなく、京都でも頻繁に試食会を実施して頂きますよう宜しくお願いします!!

  
<お店の紹介>
「キルフェボン京都」
住所:京都市中京区木屋町通三条上ル恵比須橋角恵比須町534-18
TEL:075-254-8580
営業時間:11:00~20:00 
テーマ:スイーツ
ジャンル:グルメ
京都にパンケーキ旋風到来か!?
2011年11月09日 (水) | 編集 |
皆さんもよ~くご存知かとは思いますが・・・この夏はかき氷にハマりにハマっていたワ・タ・シ。

9月に行ったハワイで思いのほか、パンケーキが食べれなかったせいもあり・・・、

只今、 パンケーキ熱t00200020_0020002010442844929_20101006194953.gif が 急上昇231.gif 中でございますの。

ということで、かき氷に続き、今後やたらパンケーキネタが増えると思いますが・・・、飽きずにお付き合い下されば幸いでございます 

Fukumimi のフルーツパンケーキも食べたかったんだけど、京都市内に数店舗展開している人気カフェ サラサ の1店舗が10月にリニューアルして、注文を受けてから焼き上げるパンケーキを看板メニューにしたアメリカン・ダイナーになったという情報を聞きつけたので行ってみることに。

そのお店は、押小路富小路にあるこちらのお店↓
s-20111108_36.jpg

「COFFEE AND PANCAKE SARASA ~~~っ」

このお店、元は この記事 にて紹介したことがある 「サラサ mange」 でございました
(※ mangeは8/31日に閉店されました)

基本的なお店の造りはmangeのままだったように思います、1Fが禁煙席で2Fが喫煙席だそうです。
お店のスタッフさんは元気よく、愛想もバッチグーです
(店の前を通りかがると”こんにちは~”と声をかけられます)

この日のランチメニューはこんな感じでした↓
s-20111108_37.jpg

ドリンクメニューはこんな感じ↓
s-20111108_38.jpg

<パンケーキランチ ¥890>
s-20111108_29.jpg

パンケーキを食べることが目的だったので、メニューをよくよく確認せずに名前がついてるパンケーキランチにしたんですが、他のランチでもパンケーキついてたことに帰って、メニュー画像を見てから気づきました。
クラムチャウダーのスープランチでもよかったなぁ。

出てきた瞬間、何よりも衝撃だったのは バターとメイプルシロップがポーションタイプで出てきたこと 

何だかね、飲食店とかでもコーヒーを頼んでフレッシュがポーションタイプで出てくると、軽さを感じてしまいませんか?
(あくまでも個人の感覚なので、一概には言えないと思いますが・・・)

もしかして、ランチは数が出るから、ランチだけこのスタイルなのかなぁ?
そうだったらいいけど、違うならせめて、シロップだけでも何かの容器に入れて欲しいなぁ・・・。

おっと、ハナシがそれてしまいましたが、このランチ、基本は、

 本日の一品(日替わり)+ パンケーキ3枚、サラダ、ドリンク  

という内容です

この日の一品は ”自家製ソーセージ とろとろマッシュポテト添え” でした

s-20111108_33.jpg

セットのドリンクが coffe(アメリカン) or 紅茶 or オレンジJ or GFJ から選べるので、coffeにしました、ちなみにホットだとお替り自由でございます。

s-20111108_30.jpg

パンケーキはご覧の通り、小ぶりで薄めな感じ。

サラサのケーキ職人 キャサリン(日本人)さんの配合による特製生地なんだそうです。
          ↑
(なぜにキャサリン!?うちのタロウがメスなのにタロウというのと同じような感覚か?)

s-20111108_31.jpg

まずはこのままパクリんこ693646_20.gif

ウン、モチモチはしてるけど、このままだとこれといって味はない・・・。

バターとメイプルをオン↓
s-20111108_32.jpg

うん、味はパンケーキになった!普通に美味し~♪
でも、生地が薄いからちょっと頼りない感じで、インパクトに欠けるような・・・。

s-20111108_34.jpg

このソーセージは、中にハーブが入ってて肉々しくておいしかったぁ~

う~ん・・・、最近食べた Fukumimiや、ブログには未アップですがちょっと前に食べに行ったパンケーキ屋のパンケーキと比べてしまうと、ちょっとワタシの好みではなかったかなぁ・・・。

でも、このスタイルで食べると甘いだけのパンケーキじゃないので途中、味に飽きたり、最後の方で気持ち悪くなったりすることがなかったので、食べ易さの点では良かったと思います。

今回はランチメニューでのパンケーキだったので、メインというよりは添え物的な要素があったので、単品だとまたイメージが違うのかも知れません。

この薄さ、この大きさで出てくるのかはちょっとナゾなんで何とも言えないのですが、単品のパンケーキはこんな内容みたいです↓
s-20111108_35.jpg

プレーン+¥250で食べれる バナナ&ナッツ withアイスクリーム、リンゴ&キャラメル withアイスクリームってのがワタシ好みの組み合わせでとっても気になるじゃないのよ。

メニューには載ってなかったんですが、店の黒板に

パンケーキ、1枚¥200、2枚¥350、3枚¥500、4枚¥600、5枚¥700・・・・10枚¥1,200なのでお好きな枚数を!!

みたいに書いてあったので、単品だとあの大きさで5枚なのかも知れません。

オープンして1ヶ月ほどなので、情報がまだ少ないので、またどこかのブログで単品の甘い系を見かけたら、再チャレンジもありだと思ってます。

パンケーキ以外にも、ハンバーガー、ピラフ、サンドイッチの軽食やお肉といったガッツリメニューもありますし、ケーキ職人キャサリン特製のケーキ(サラサのスイーツは美味しいって聞くし、ケーキも色んな種類があって美味しそうだった)&飲み物がセットになったケーキセットが¥670というお手頃価格だったので、街中でちょっと疲れた時のカフェ使いとしても使えるんじゃないかと思います。

<お店の紹介>
「COFFEE AND PANCAKE SARASA」
住所:京都市中京区押小路富小路東入る橘町630
TEL:075-241-4884
営業時間:10:00~23:00
定休日:水曜日
テーマ:Lunch♪
ジャンル:グルメ
パンとケーキ @京都
2011年11月08日 (火) | 編集 |
パンとケーキの画像が眠っておりましたので・・・まとめてアップしときます~。

まずは、北大路の ブラウニー

行ったのは8月頃だったんですが、行くこと自体が久々で、しかも、夕方16時過ぎだったので、店内、かなりの品薄でしたぁ・・・

<クランベリーキャラメルベーグルTYPE-50 ¥180>
s-20110805_27.jpg

s-20110805_28.jpg

ご覧の通りなかなかの具沢山な感じでクランベリーとキャラメルチョコチップが入っとります。
口の中に入れるとキャラメルの甘い香りと味がフワッと広がって、クランベリーの甘酸っぱさが所々でおっかけてくる感じ。

で、久々に食べたブラウニー、何だかね、生地が重い?堅い?詰まってる?密度が高い?水分が足りない感じ?何て表現したらいいんだろ?何だかワタシが思い描いてるベーグルとはちょっと違う・・・そんな感じだったんです。

よくよく調べたら ブラウニーのベーグル生地にはTYPE-60とTYPE-50ってのがあって、50は本場のベーグルマシンで作られる正統派ベーグルで、もっちりさが強調された弾力の強いスタンダードなタイプなんだそう。
(今まで食べたのと明らかに違う感があったので、60しか食べたことなかったのかも?)

で、TYPE-50はサンド向きということで・・・残りの2種類はサンドイッチにして食べちゃいました↓
<バジルチーズベーグル TYPE-50 ¥180>
s-20110805_29.jpg

s-20110805_30.jpg

見ての通りバジルはふんだんに練り込まれてますが、チーズが思った以上に少なかった。
食べるとしっかりとバジルの香りがします♪

s-20110807_20.jpg

s-20110807_22.jpg

レタス、玉子サラダ、トマト、厚切りベーコン、チーズとBLT&玉子サラダな組み合わせに。

<ガーリックチーズベーグル TYPE-50 ¥180>
s-20110805_31.jpg

s-20110805_32.jpg

フライドガーリックとチーズの入ってますが、これもチーズは少なめだった。

s-20110808_25.jpg

s-20110808_26.jpg

こちらはは玉子をオムレツ風にして、食べるラー油をトッピングーしました。

う~ん、最近、フリップアップのようなもっちもちベーグルに慣れ過ぎてるので、このTYPE-50はちょっとワタシの好みではなかったです。
今回、何も気にせず買ったのですが、偶然にも全部TYPE-50だったので、次回はTYPE-60の生地を買ってみて今までワタシが食べてたのはTYPE-60であることを確認したいと思います。

そして、ベーグル櫂
行ったのは10月、時間は15時過ぎだったのでこちらも品薄でした。

<ハムとクリームチーズのフォカッチャ 値段失念>
s-20111002_13.jpg

s-20111002_14.jpg

旦那が白パンが好きなので購入。
具は真ん中にギュッと寄ってます、生地がモチモチッとして美味しゅうございました。

<白桃のカップチーズケーキ ¥190>
s-20111002_60.jpg

s-20111002_61.jpg

これ、知らなかったんですが、中に白餡が入ってたんです
他にはラム酒漬けの白桃、トッピングにはカシス、キリのクリームチーズ、ヨーグルトソースがかかっているそう。

全体的には爽やかなチーズケーキな感じで、白餡の存在はあまり気にならなく美味しく頂きました
櫂さんの甘い系のパンは結構、ツボです。

お次は フリップアップ

もちろんベーグルは買ったのですが、新作は特になかったので紹介はしませんが、食べたことのなかったこれを買ってみました↓
<キャラメルチップ ¥120>
s-20111003_34.jpg

s-20111003_36.jpg

ヘーゼルナッツを練りこんだふんわり柔らかな生地にキャラメルチップがたっぷりちりばめられています。
ナッツとキャラメルって合うよね~、美味しかった♪

そして、8月にマンゴータルトを求めて久々に グルニエ にも行きましたが、まだ出てなく新作だったこちらを購入↓
<ローズ ロワイヤル ¥480>
s-20110819_03.jpg

見た目がしゃれおつ~

s-20110819_06.jpg

s-20110819_12.jpg

確か、季節限定品だったようなので、多分、今はもう販売されてないかと・・・

土台はピスタチオのタルトでその上にバラの花びら入りのジュレがのっており、トッピングにお洒落にバラの花びらが1枚。

これ、色んな所で美味しいと絶賛されてるのを見かけたのですが、グルニエ好きのワタシ的にははめずらしくう~ん・・・ ってな感じであまり好みではなかったのです。

何だろ?土台のピスタチオのタルトも甘めでピスタチオの風味が薄めだったし、ジュレの中の花びらはシロップ漬けしてあるようで、匂いや風味とかバラの癖らしきものは一切なく、花びらの食感のみで食べ易かったんですが、ジュレが基本甘めなので、上も下も甘いので全体的に甘々な印象でした。

見た目で味の期待し過ぎたのかなぁ・・・?
見た目ほど食べてオオ~っという驚きがなかったです。

<キリチーズのタルト ¥410>
s-20110819_11.jpg

これは旦那用。
ウン、外さない美味しさでした

そして、旦那が仕事中に見つけて気になってたけど、いつも開いてなかったお店が偶然開いてるのに遭遇したので買ってきたのが、毎週金曜日のみの営業 「ガトー・ド・ミエル」 のケーキ。
(買ってきてから調べたら金曜日しか営業してないことが発覚、どうりでいつも開いてないワケね)

<極楽チーズケーキ ¥250>
s-画像 015

お店の看板商品らしいです。
”まるでチーズを食べているかのような濃厚なチーズケーキを食べたい”という一心から作り上げたものだそうで余分なものを加えないこだわりのチーズクリームを香ばしいタルト生地の上に流しいれ低温でじっくり丁寧に焼き上げた濃厚なNYタイプのチーズケーキなんだとか。

土台生地がクッキー生地なので、サザクッとした歯応えのタルトを求めるワタシとしてはちょっと残念な感じ。
チーズフィリングは確かに濃厚過ぎるほど濃厚でした、ワタシ的にはもうちょっと酸味がある方が嬉しかったかなぁ・・・。
あっ、これはあくまでもワタシの好みなんで・・・、チーズケーキ好きの旦那は「美味しい」と言ってたので一般的に美味しいと思いますよ。

<ダークチェリーのタルト>
s-画像 008

<プラリネナッツのタルト>
s-画像 010

小ぶりでお値段もお手頃だったらしいんですが、どちらも具沢山で美味しくワタシはチーズケーキよりもこちらのタルト達の方が好みでした♪

お店はわざわざ行くにはちょっと不便な所らしいので、上加茂の手作り市によく参加されてるみたいなのでそちらで購入するのもひとつの手ではないでしょうか?

<お店の紹介>
「Gateau de Miel (ガトー・ド・ミエル)」
住所:京都市上京区寺ノ内通り新町西入ル妙顕寺前町499
TEL:075-874-7973
営業日:毎週金曜日
営業時間:10:30~売切次第終了(TELにての予約可)


最後はこの間の11/3(祝)に行った たま木亭

これまた久々だったんですが、行ったのが15時過ぎ、店内に入ってビックリ、まさかの品薄
今までは16時過ぎに行ってもどんどん焼きあがってきて数が少ないという印象はなかったんですが、今回は明らかに少ない、なのに、お客はひっきりなしにやって来て、お店の中は大混雑。
(何?最近はこんな感じなの?)

種類は10種類あるかないか・・・って感じで見たことのないパンがないのは当たり前ですが、好きなパンもほとんどなくテンション上がらないまま3つだけ買いました↓
<クリームパン ¥168>
s-20111104_32.jpg

s-20111104_34.jpg

以前、 この時 と見た目が違った感じだったのでリニューアルしたのかと思い購入。

相変わらずのバニラビーンズたっぷりの卵色のクリームでしたが、ちょっと生地の味が落ちたかなぁ?
他のパンを食べた時のような うめぇ!! 感がなかったな。

<ブルーベリーチーズバンズ ¥210>
s-20111104_35.jpg

「ブルーベリーとチェダーチーズって合うんかな・・・?」

と思いましたが、これしか初めて見るパンはなかったのでエイヤ~ッと購入。
(※以前からあるパンみたいですが、ワタシが遭遇したのは初めてでした)

s-20111104_36.jpg

断面はこんな感じ。
トッピング~だけかと思いや、中にもたっぷりブルベリーとチェダーチーズ!!しかも嬉しいクルミ入り♪

それにしてもたま木はチェダーチーズ率高いですよね、普通、ブルーベリーといえば、クリチじゃないですか?そこにチェダーを持ってくるとこがたま木らしいんですけどね。

で、感じのお味と言えば、焼き戻して食べたんですが、

「これは、ウマイ、クセになる感じの甘しょっぱさかもぉ

このパン、多分、好き嫌いは分かれると思います、嫌いな人はブルーベリーが邪魔だ!!と、言うでしょうね。

確かにブルベリーは酸味と甘味を前面に放って存在感ありありです、そしてチェダーもクセのある旨味を放って存在感ありありでどっちも負けてない感じ、そこにバターの油分たっぷりのジューシーパン生地のモッチリ感とクルミの香ばしさが加わると何故だか不思議美味しく感じるのであります。

ワタシ的にはアリでした・・・っていうか、結構、ツボ でした。

<クランベリーの練乳仕立て ¥189>
s-20111104_37.jpg

s-20111104_38.jpg

これは以前も紹介したことありますね、久々に食べたかったので購入しました。
相変わらずの爆発的なクランベリーの量がステキ

濃厚甘い練乳クリームとクランベリーの酸味が合わさると、甘いけど美味しいのであります。

最近、油っこいものがキツイわ・・・と思ってたけど、たま木の中毒性のある油っこさはまだ全然大丈夫なワタシがいました

で、悲しい発見。
早くもシュトーレンの販売が始まってたのですが(黒豆、カソナッドと両方)去年は¥945だったのに今年は¥1,155と¥200近くの値上げ!!


ううっ、世知辛い世の中ですこと・・・

バイトも辞めちゃったし、これからのシュトーレンシーズン、どう乗り切ろうかしらね?
(シュトーレンは割高&旦那はキライ)
テーマ:パン
ジャンル:グルメ
虹が見えたらいいな・・・京都の素敵カフェ「虹色カフェ」
2011年11月05日 (土) | 編集 |
10月末にて約3ヶ月ちょいのバイト生活を終了し、お気楽ぐうたら専業主婦生活に戻りましたっ!!

バイト帰りの寄り道♪というお楽しみもなくなり(色々行きたかったのに結果、かき氷ばっかり行ってたような・・・)、時間にも余裕ができたので、溜まりまくっているネタを頑張って書いていく予定です。

ということで、バイト最終日の寄り道で行ったのは京大農学部近くにあるこちらのお店↓
s-20111028_13.jpg

「虹色カフェ ~~~っ」

京大の農学部東側横のほそ~い道を入っていった住宅街の突き当たり手前にひっそりあります。
見えますかね?
扉の左上に虹のステンドグラスがはめこまれているのが。
もう、このアプローチからして素敵過ぎでしょ?

お店自体は若くて笑顔のカワイイお姉さんが1人で切り盛りされてるよう。

1Fの壁に大きくかかっている黒板に書いてある手書きのメニューを見てオーダーしてから2Fに上がっていくというシステムみたいです。
(このメニューが、黒板が大きいしチョークで書かれてるのでちょっと見づらかったりしたんですけどね・・・)

s-20111028_36.jpg

階段にもこんな絵が書かれていて、カワイイですね。

階段を上がると2Fは何だか屋根裏部屋風の素敵空間が広がってまぁ~す↓
s-20111028_20.jpg

s-20111028_34.jpg

s-20111028_32.jpg

s-20111028_28.jpg

s-20111028_29.jpg

s-20111028_33.jpg

席は2人掛けのソファー席が1席、2人掛けテーブル席が2席、京大の緑が見える窓際のカウンター席は3~4席な感じと大箱ではありません。
ワタシは15時過ぎに訪問しましたが、先客が2組おられ、カウンター席しか空いてませんでしたのでそこに座りました。

先客が座っておられた為、残念ながら写真を撮ることができなかったのでお店のブログから画像を借りましたが、この店の名物はこの遊び心のあるテーブル席達↓
s-オセロ

オセロテーブル。

s-バッグギャモン

バッグギャモン テーブル。

ところで皆さんはバッグギャモンというゲームはご存知ですか?
ワタシは知らなかったので、上にリンク貼り付けておきましたのでご存知ない方はポチってみて下さい。

これ、そのまま遊べちゃうんですから素敵じゃないですかぁ~♪

カウンター席横に本棚があり、この夏、ワタシを虜にしたかき氷の素敵な本があったので、お料理が出てくるまで食い入るように読みふけっておりました↓(ワタシは興味ないんですがワンピースのマンガもかなりの巻数ありましたよ)
s-20111028_16.jpg

この本、素敵でした。
表紙の写真もそうですが、どのお店でも蒼井優ちゃんが満面の笑みでかき氷食べてて、すごくかき氷のことが好きなのが伝わってくる本でした。

中にぎょくえんの紹介もあったんですが、最後のページに蒼井優ちゃんとぎょくえんのご夫婦が記念撮影したものが載っていてビックリしました。
(あの後、おかみさんの強烈な対応ぶりを他のブログ記事でも目にして”やっぱりコワイおばちゃんだったのね・・・”と、確信したんですが、おかみさん、さすがに蒼井優ちゃんには優しく接しはったんでしょうね・・・ 

と、ハナシがそれましたが、ワタシがオーダーしたのは↓
<骨付きチキンのカレー ¥700>
s-20111028_18.jpg

ハイッ、バイトあがりでお腹が空いてたこともあり軽い感じのカフェメニューではなく、手羽元3本入りのがっつりフードを食べました。
(出た来た瞬間、想像外のデカさに一瞬ひるみましたけどね 

作ってはる時からスパイシーでめっさいい匂いがしてたんですが、ご飯は麦入り?(雑穀系)のご飯でスプーンで、ほぐれるほど鶏肉は柔らかく、ルーは食べた瞬間は甘い感じなんですが、後からピリッとしっかりしたコクと辛さがやってくるカレーで、とっても美味しかったです♪

s-20111028_19.jpg

これまた大きめサイズのひじきとサラダまでついてましたよ~。

これを食べ終わった時点で、腹パンパンでしたが、フードのアフターデザートとしてミニパフェが¥200でつけれるのでつけておいたのです。
(お腹も減ってたんですが、このパフェがお得で美味しいと事前情報で調べていたので、フードを食べたのです)

<抹茶チーズケーキのミニパフェ>
s-20111028_25.jpg

パフェも3種類(チーズケーキパフェ、フルーツいっぱいヨーグルトパフェ、芋タルトのパフェ)から選んで下さいと言われて悩みに悩みましたよ。

s-20111028_26.jpg

ウォーターグラスに抹茶アイス、バニラアイス、チョコアイス、栗がゴロゴロ入っており、抹茶チーズケーキと¥200でこんなにいいんですか!?というほど具沢山&クオリティの高さ

しかも、この抹茶チーズケーキがめっさウマかったんです

オーダー時にそれぞれのパフェの特徴を聞いたんですが、

「抹茶のチーズケーキがのっていて全体的には和風な感じに仕上げてあります」

という説明を受けて、抹茶はあまり得意ではないんですがチーズケーキが食べたかったのでオーダーしたら、出てきた抹茶チーズケーキが

抹茶スポンジ→粒餡→チーズフィリング

という構成だったんです。

あんこが入ってるのを想定してなかったので、「アチャー、やってもうた?」と思ったんですが、 チーズフィリングがフワッフワッで酸味もバッチリ効いてて、超・好みの味 だったので苦手な粒餡が気にならなく、栗もマロングラッセ?と思いきや、ちょっと塩気のきいた栗がゴロゴロ入ってて、とっ~ても美味しかったので、これをチョイスして正解でした

普通、ミニデザートって、お値段安いだけあって、小さいケーキとかアイスだけとか物足りないもの多くないですか?
ここのパフェはチョイスもできて、内容が濃くて満足度は100点満点!!
(思わずヨーグルトパフェやタルトパフェがどんなものだったのか気になりましたよ)

ちなみにカフェメニューでも通常の大きさのパフェが¥800前後であったり、ケーキもあったりしますし、フードのアフターでミニケーキがプラス¥250でつけれるセットなんかもあります。

今回は見ることができませんでしたが、お天気のいい日だと、窓辺につるしてあるこのクリスタルの飾り↓が太陽の光のチカラを借りて・・・
s-20111028_15.jpg

こんな感じ↓で店内に虹を出現させてくれるそうなんです(お店のブログより写真を拝借しました)
虹2

虹色

こんな虹に遭遇できたら、間違いなくテンションあがりますよね~。

お姉さんがすごく感じのいい人だし、お料理も美味しいし、素敵雰囲気なので、まったりできる素敵カフェで、とても気に入りました0088_20111017180618.gif

次回はオセロテーブルに座って、自分の目で虹の出現をみるぞぉ~~~

京都以外の皆さん、近くには 毎月15日に行われる手作り市 で有名な 知恩寺もありますので(徒歩10分ぐらいの場所にある)、手作り市の帰りに寄られてみるのもいいのではないでしょうか?

<お店の紹介>
「虹色カフェ」
住所:京都市左京区北白川西町87-28 京大農学部東側上ル
TEL:075-724-0034
営業時間:11:30~20:00
定休日: 日曜、月曜
テーマ:カフェ
ジャンル:グルメ
☆絶品☆フレンチトーストを食す♪
2011年11月01日 (火) | 編集 |
とある平日のバイト帰り、腹ペコ状態で向かったのは、河原町御池をちょいと上がった所にあるこちらのお店↓
s-20111020_91.jpg

「京野菜 了以(りょうい) ~~~っ」

店名の ”了以” は 高瀬川を開削した 角倉了以 の名からきてるそうです。

こちら、京都ホテルオークラ の直営になりますが、ホテル内ではなくホテルの北隣のビルの1Fにあり、店内からは 史跡 一之船入 を眺められるカフェになります。

ワタシが行ったのは、ティータイムだったので、メニューはこんな感じでした↓
s-20111020_89.jpg

で、頼んだのはこちら↓
<フレンチトーストセット ¥1,000>
s-20111020_76.jpg

s-20111020_77.jpg

単品だと¥600ですが、コーヒーor紅茶 をつけれるセットがあるので、コーヒーで頂きました。
ちなみにコーヒーはお替りは自由です♪

s-20111020_79.jpg

フレンチトーストには バニラアイス、メイプルシロップ、バター がついてきます♪

で、このフレンチトースト。
ご存知の方も多いと思われますが、ホテルオークラのフレンチトーストと言えば

”このフレンチトーストは、世界一”

と、絶賛した外国の元首もいるという逸品なんですよね~。

調べてみると、ホテルオークラ東京では そのフレンチトーストが この内容で 提供されてるそうです。

オーキッドルームで食べたら、コーヒーが¥1,200もするらしいので、税サを加えると軽く¥3,000超えなんですってぇ~

一応、京都ホテルオークラ内の「カフェ レックコート」でも1日10食限定でフレンチトーストセット(税・サ込 ¥1,732)があるらしんですが・・・、カフェ レックコートのページ にはフレンチトーストについての詳しい記載がありませんでした。

※一応、スタッフブログで こんな感じ で紹介されていたのであることはあるんだと思います。

そんなこんなで、本家の東京はもちろん、京都オークラ内のレックコートで¥2,000弱というお値段はしがないバイト生活の主婦には厳しいな・・・と思っていたら、なんと、系列店の了以で、そのフレンチトーストがお手軽価格で食べれるらしい・・・という情報をゲットしたので、鼻息荒く張り切って行ってきたのです

ではでは、断面をご覧頂きましょう↓
s-20111020_81.jpg

どうです?
こんなに分厚いのに真ん中までしっかり卵液がしみこんで、まるでおだしたっぷりの出し巻き玉子のようなしっとり感たっぷりのふわふわ素敵断面だと思いません?

で、このフレンチトースト、オークラのHPによると・・・

”サンドイッチブレッド(約30cm)1本を8等分に厚くカットし、卵、牛乳、砂糖とバニラエッセンスを溶き混ぜた中に、丸1日じっくりと浸け込みます。
お客様のご注文をいただいたら、低めのオーヴンで全面に焼き色がつくまでふっくらと焼きあげること7~8分。
(ここが決め手。焼き色が悪いとすぐしぼんでしまい、ぷるんとした食感のおいしさを味わえません。)
そして、メイプルシロップを添えて提供いたします”


なんですって。
丸1日浸け込むとあんなに中までしっかりしみ込むものなのねぇ、すごいわねぇ。

前置き長くなりましたが、まずはこのまま何もつけずにパクリんこ693646_20.gif

うわっ、何なの?このふわプルっモッちりな食感はっ!!
今まで食べたことのないフレンチトーストの食感ぢゃないのよぉ~


焼き目のついた表面はカリッとしてて、内側は卵液が充分にしみ込んでるので、フワプルっモッちりでいてジューシー ♪♪♪

パン屋とかで売ってるフレンチトーストだと所々で乾きを感じたりするじゃないですか?
これにはそれが一切ないのがスゴイ。

味はね、このままだとほんのり甘い卵味でまさしく玉子焼きな感じで、ワタシとしてはちょいと物足りない感じかな。

じゃあ、まずはメイプルからいってみるよ~↓
s-20111020_82.jpg

う~わっ、これ、やっばぁ~っ、めっちゃ、美味しいんですけどぉ!!!
メイプルの魔法で一気にフレンチトーストになりましたよ!しかもハンパなくウマイっ
1_20101018195750.gif

お次は、バターでいってみちゃうよ↓
s-20111020_86.jpg

フレンチトーストの温かさでバターがジュワんと溶けてしみ込んでいくのがまた美味しそうじゃないのよ。
で、このバター、有塩バターで、塩気が加わると、これまたたまらんウマいんですけどっ

お次は、アイス&メイプルで↓
s-20111020_83.jpg

うっひょ~、甘い&甘い組み合わせなんだけど、温かい&冷たいという温度の違いもあってこれはこれでおいひぃよ~

お次は、バター&メイプルで↓
s-20111020_84.jpg

うきぃ~、これ、甘しょっぱくて、極ウマなんですけどぉおおおお~っ DIMG0202.gif

この組み合わせが1番好きやで、間違いないっ


最後は、アイス&メイプル&バターで↓
s-20111020_87.jpg

う~ん、さすがにこれはやり過ぎでちょっとクドイかも・・・。
何でもかければいいってもんじゃない、欲張り過ぎるなっちゅうことやね・・・

いやはや、これはウワサ以上に絶品なフレンチトーストでございましたわ。
パン屋で売ってるフレンチトーストとは明らかに違う極上品で、大満足でした!!!

で、このフレンチトースト、 京都ホテルオークラ内のレックコートのホテルデリカ にて¥630でテイクアウトできるそうなんです。

家に帰ってから温め直すのがウマくできるのかがナゾなんですが・・・、フレンチトースト好きの我が家の旦那にも是非一度食べさせてあげたい逸品でございますわ。

<お店の紹介>
「京野菜 了以」
住所:京都市河原町押小路角 ヤサカ河原町ビル1F
   (京都ホテルオークラ北隣)
TEL:075-211-5110
営業時間:10:00~22:00(L.O.21:30)
 ランチ:11:30~14:30
ディナー:17:30~21:00

テーマ:美味しかった♪
ジャンル:グルメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。