粉もんスイーツ&パンが大好きな京都の主婦です。このブログでは私が食べた物を中心に紹介していきます♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夢の国でのイートイン&テイクアウト
2011年09月29日 (木) | 編集 |
ふ~、時差ボケがちょいと残ってて、変な時間に強烈な眠気が襲ってきます

さて、色んな記事がたまり過ぎてどれからアップしていいのか解らないのですが、とりあえず、かき氷&マカロンアイス編だけアップした エスコヤマ をいっときましょうかね。

前にも言いましたが、ワタシが行ったのは8月末なので、今はないメニューが多いと思いますのでご了承下さい。

丁度、ワタシが行く前の週が夏期休暇だったエスコヤマ、なんと休み明けにガラッとメニューが秋仕様に変わってしまい、それまであったマンゴー使いのケーキがゴソッと消えてしまって ワタシは大ショックだったのです 

そして、 hanare のイートインメニューに奇跡的にあったマンゴー使いのケーキに飛びつきました↓

<ミルフィーユ マンゴー・マンゴー>
s-20110830_10.jpg

ケーキセットにしたので、もれなく季節のジェラードがついてくるのですが(お店側がチョイスしたものがのってくる)油断してたら、な、なんとメロンのソルベでございました
うん、コヤマの力を持ってもメロンはやっぱり好きになれないね・・・。

s-20110830_09.jpg

や~ん、トッピングにヘーゼルナッツのってる。
ナッツが好きなワタシにとっては嬉し過ぎっ

でもね、このミルフィーユ、どうにもこうにも食べにくいので、お行儀悪いですが、倒させて頂きました↓
s-20110830_16.jpg

パリサクのミルフィーユ生地、カスタードクリーム、きゅんと甘酸っぱいマンゴーのジュレ、スポンジ、キャラメリゼナッツの層と、全てが美味し過ぎましたぁ~

<ハウスティー ルフナhanreスペシャル>
s-20110830_12.jpg

飲み物はいつもの紅茶をミルクで頂きました。

で、甘いものの後にはしょっぱいものが食べたくなるので、 エスブーランジェリー にて購入したパンを温めてもらって食べました↓
<日向牧場のカチョカバロ¥315>
s-20110830_18.jpg
s-20110830_21.jpg

カンパーニュが結構弾力がございまして、微妙な断面になってしまいましたが、カンパーニュの上にピクルス、ベーコン、ポテトを乗せ、エキストラバージンオイルで風味つけ、更にスモーキーなカチョカバロを薄くスライスしてその上をカバーリングのようにのせ、ペッパー、シーソルトをのせオーブンで焼き上げたタルティーヌです。

で、このカチョカバロ、本場イタリアで修業した職人が三田の牛乳を使って創りあげているそうです。
カチョカバロがいい感じでスーモクされており、めっさエエ香りがしてお味もグーでした。

さて、お次はテイクアウトしたものをズズズぃっと、いってみよ~♪

<コヤマロール ¥1260>
s-20110830_56.jpg

カット断面がちょいと汚いですが、コヤマといったらお約束のコヤマロール
久々に食べても、改めて”ウっマぁ~”と、感動できるのがこのロールのスゴいとこだと思う。

<クリーミー2 ¥336>
s-20110830_59.jpg
s-20110830_61.jpg

基本、ケーキは事前にHPをチェックして予約して行くのですが、これは、HPに載っていなかったのに店頭に並んでいたので買いました。
ホワイトチョコレートムースの中にフロマージュブランが入ったケーキ。

全体的にとってもエアリーで、クリームもフロマージュブランもムースもフワッとしてます。
ホワイトチョコムースは甘すぎず、中のフロマージュも酸味が効いていていい感じ。

<スピリッツH ¥472>
s-20110831_67.jpg

見た目は秋っぽさ全開のケーキですよね、でも輝く夏の大地をイメージしたものなんだそう。
パッションのムースとミルクチョコレートの相性の良さから考えられたケーキなんだそうで、キャラメルとチョコレートで広がる大地をイメージさせ、トッピングのマカロンで太陽を表してるそうです。

s-20110831_68.jpg

構成としては薄いチョコレート、ちょっと酸味のありながらもビターテイストのチョコのグラサージュ、キャラメルムース、チョコスポンジ、ココナッツムース パッションムース、パッションジュレ、ココナッツ入りダコワーズ、と複雑な多層構造。

これが、また、ワタシのストライクど真ん中の味だった!!

複雑な構造なんだけど、甘さの中に酸味がいい感じで効いてて、ちゃんと融合できてて、チョコとパッションの相性の良さが解ります。

s-20110831_74.jpg

トッピングのマカロンはマンゴー(生地)とバジル(クリーム)のマカロンで、小さいながらにも手抜きはなしですよ~

<カプチーノ ¥420>
s-20110831_76.jpg

このケーキはある雑誌の企画から生まれたんだそう。
その時のテーマはビールに合うお菓子だったそうで、コヤマシェフはフランスアルザスで飲んだオレンジの薬草リキュール「アメール・ピコン」をビールで割ったカクテルを思い出し、それに更にコーヒーの苦味を加えてみたら?と思い、このケーキを作ったんだそうです。

s-20110831_77.jpg

名前だけ聞くと、飲み物とカプチーノと同じ感じのコーヒー味のケーキを想像しがちですが、構成としては、ホワイトチョコをきかせたカフェオーレムースの下にオレンジの苦味をきかせたジュレとムースジョコンド、そしてワタシの大好きなサクサク食感のフィアンティーヌが層をなしてます。

カフェオーレとオレンジってあまり一緒に食べる機会ないですよね?
どんな感じなの?って思いますよね?

これがカフェオーレムースのほろ苦甘みの中にオレンジの苦味と爽やかさがうまい具合にきいていて、意外なくらいに違和感なく美味しいんです~

<レモンパイ ¥336>
s-20110901_84.jpg

一般的にケーキ屋のレモンパイっていうと、トップがメレンゲモリモリってのが多いですよね?
ワタシ、メレンゲの甘味があまり好きじゃないので、メレンゲがのってないコヤマのレモンパイはまさに理想的。

で、断面からお解かり頂けるかと思いますが、下の方に茶色の層がありますよね?
その層はヘーゼルナッツのシャンティとミルクチョコのムースの層なんです。

ザクザク食感のパイにふんわりなめらかな口どけのレモンクリーム、アクセントできいてくるヘーゼルナッツの香ばしさとミルクチョコの優しい甘味がレモンクリームの酸味を緩和させて食べやすくしてくれてて、食べながら、お~っと感心してしまう美味しさです。

<おはぎさんの煮込みハンバーグロコモコ風キッシュ ¥630>
s-20110830_50.jpg

コヤマシェフのハンバーグへのこだわりを最大限に生かす為、パティシエールの荻原さんという方と試行錯誤の上、作った煮込みハンバーグがのったキッシュ。

断面はこんな感じ↓
s-20110830_52.jpg

ロコモコということで、トップにうずら卵の目玉焼きがのってたんですが、ご覧の通り中にはごはんも入ってます。

このキッシュが ヤバうま だったんですよ!!

パイ生地はサクサク、中のアパレイユが濃厚クリーミーでめっさ美味しいし、煮込みハンバーグも肉々しくて美味しい、そしてご飯の粒々モチモチ感が゚*。最 (*゚д゚*) 高。*゚なんです。

小ぶりなのにお値段が¥630もするので、お高めなんですが、食べて後悔なしの一品でした。

続いて、エスブーランジェリーでのテイクアウト↓

<ベーグルきなこ ¥168>
s-20110830_45.jpg

HP見た時にオレンジピールとサルタナレーズンが入ってるベーグルドーナツを買うつもりだったのに、現地で買う時に間違えて隣に並んでたベーグルきなこを取ってしまいまいました。

s-20110830_48.jpg

この断面↑で、アンコが入ってるのを見て、始めて間違いに気づいたワタシ

捨てるワケにも行かないし、恐る恐る食べて・・・、ビックリ

「あら、美味しい」

あんこが粒餡なのにさほど甘くないんです。
そして、このベーグルはきなこもちをイメージしているとかで、実際に細かく刻んだお餅を生地に練りこんであるそう。

で、ベーグルと言えば、一旦湯通しした生地を焼くのが一般的なんですが、このベーグルは焼かずに油で揚げてあるのでどちらかというとドーナツ風な感じです。

たっぷり黄粉がまぶしてある表面はカリッと甘香ばしく、中はねっちりもっちり食感できなこおはぎのよう。
このもっちり食感が見事にワタシのツボにはまりました。

<3種のベリーとパイナップルのベーグル ¥189>
s-20110830_42.jpg

s-20110830_47.jpg

こちらはノーマルタイプのベーグルで、生地にベリー果汁が練りこまれてるのかな?とってもキレイなベリー色をしています。
そして中にはセミドライのクランベリー、ブルーベリー、パイナップルが入ってます。
これもモッチリ食感で、ドライフルーツがジューシーで美味しかったぁ♪

<パティシエが創ったクリームパン ¥168>
s-20110831_63.jpg

s-20110831_65.jpg

これも毎回必ず買っちゃうパンです。
カバーリングしてるビスキュイ生地とクリームがたまらなく好き

<ピスタチオチュロス ¥120>
s-20110830_44.jpg

s-20110830_53.jpg

チュロス生地にピスタチオをたっぷり練り込み、周りにフランボワーズのジュガーをまぶしてあります。
これもモチモチッ食感で美味しい
ピスタチオの濃厚さと甘酸っぱいフランボワーズがマッチしてたまんない

今回、マンゴー尽くしは叶わなかったけど、どれも美味しくて大・大・大満足!!

エスコヤマは、やっぱりワタシにとっては夢の国でしたぁ。

次はいつ行けるかなぁ・・・?
kayomaruさん、連れってくれて本当に有難う~っ♪感謝☆(人゚∀゚*)☆感謝♪
スポンサーサイト
テーマ:スイーツ
ジャンル:グルメ
しばし、国外に逃亡しておりました
2011年09月27日 (火) | 編集 |
皆さん、アロハ~♪

しばらく放置させて頂いておりましたが、この3連休にひっかけて約1年ぶりにハワイに行っておりました 
(とりえず、ダイジェスト画像↓)
s-20110924_65.jpg

s-画像 029

s-20110924_90.jpg

今回は1日だけレンタカーを借りたので、遠出もできました。

s-20110924_93.jpg

s-20110925_124.jpg

エヘヘ、ハワイでもちゃんとかき氷食べてきましたよ~

s-画像 005

3店舗ぐらいピックアップしてたのに、結局、アサイボウルは1店舗しか食べれなかった

s-20110923_19.jpg

パンケーキ屋も1店舗だけ。

s-20110924_102.jpg

マラサダも1店舗だけ。

ハワイでワタシが食べたいのは、スイーツ系
旦那が食べたいのは、肉系


で、基本、ハワイって1品の量が多いですよね。
ワタシは量があまり食べれない、旦那は大食いだけどスイーツはそんなに量を食べれないので、いつもみたいに助けてもらえないということで、色んな店に行きたいと思っても、なかなかこなせないのがハワイ旅行での歯痒い所なんですよね~。

本当はパンケーキも2店舗行くつもりが、1店舗目が終わった所で

「なぁなぁ、この後、まだ他にもパンケーキの店に行く予定ってあるん?」

と、やんわりイヤがられたので、諦めましたから

s-20110923_25.jpg

ダイヤモンドヘッド登山をせずにとある坂道を延々と登ってきました。

事前から綿密に予定を立てて行ったものの思い通りに行かなかったりするのが旅というもので・・・、英語が全くできない夫婦(ネイティブの人が話してることの聞き取りはほとんど無理なので、何か話しかけられても、基本、聞こえないふりをしてましたから)の珍道中を笑いを交えながらまた紹介していきたいと思います。

(旦那がハンバーガー屋で ”ミニッツメイドオレンジ” を頼んだはずなのになぜか ”レモネード” が出てきたり、ワタシがスタバで名前を聞かれて ”junko” と言ったのにカップにかかれた名前は ”zunko” だったりとかね  )

なんせ、他の記事が溜まりまくっているんでね・・・、(前回のハワイの記事も結局タイミングを逃してアップできてなかったりする)自信はないのですが、バイトを辞めてから(この旅行に行く為の期間限定バイトだったのです)時間ができたら去年のと合わせてのんびりとハワイ記事も書いていこうかな~と思っていますので、あまり期待しないで待っていて下さい。

次回からはまた溜まっている記事を書いていきますのでヨロシクお願いしまぁ~す
テーマ:ハワイ
ジャンル:海外情報
「Unisson des Coeurs」 でのランチ
2011年09月22日 (木) | 編集 |
い~つのことだかぁ、思い出してごぉ~らぁ~ん♪

ってな感じで、必死こいて思い出そうと頑張りましたが・・・、正直、はっきりとは思い出せないくらい前の話になりますが、久々の華食の会でのランチ~

行ったのは、北浜にあるこちらのお店↓
s-画像 004

「Unisson des Coeurs (ユニッソン デ クール) ~~~っ」

こちらのお店、「ミシュランガイド京都・大阪・神戸2011年版」 で 1つ星 を獲得されたとかで、否が応でもお料理への期待感が高まります!!

行ったのは6月の頭ごろだったかな・・・?、以下のメニューをもらえた↓のをいいことに何もメモらなかったのでほとんど覚えてないので、記憶の糸を辿りながらお送り致します。
s-画像 005

今回、¥3,200のコースを頂きました。

<アミューズ>
s-画像 007

なんだか、しゃれおつな感じで出てきましたよ~♪
(って、ワタシは誰やねん!?)

左から セロリのムース・エスプーマ人参ピューレ胡麻とチーズのグジェール蛤のジュレ

おっとぉ、まさかの左半分(セロリと人参)が苦手なものっぽいではないですか。
事前に好き嫌いは聞いてもらえたと思ったけど、こんなガッツリな形で出てくるとはおもわなんだから油断した私の負けだわ・・・。

で、セロリはめっちゃセロリの味!!そして、人参もめっちゃ人参の味!!
(嫌いだから余計と感じるみたい)
小さいながらに、確実にボディブローが決まるお味でございました

右半分は好きな感じだったので、お口直し的に頂きました。
グジェールは香ばしく、蛤のジュレもいい出汁が出てて美味しかった♪
(ただ、はまぐりがフォークでお上品に食べづらく、ジュルっと流し込ませてもらいましたけどね)

<パン>
s-画像 011

ローズマリーのパンと、海藻が練り込まれたバター。
バターがホワッと柔らかい食感で海藻の風味も効いてて美味しかった。

続いてはこのような蓋がかぶせられた状態で全員の前にお皿が運ばれてきて↓
s-画像 012

いっせいに目の前でオープン
(魚も肉も、確かデザートまでも同じ手法で出てきました)

<イタヤ貝とスープ・ピストー>
s-画像 008

本来ならこの後、すぐに上からスープがかかるはずだったらしいのですが、特に説明もないまま、忘れられたかのようなしばしのタイムラグがあり、ワタシみたいに写真に時間がかかってるメンバーは問題なかったんですが、撮らなかったりワンショットで決めるメンバーは危うくこのまま食べそうになりましたからっ!!

そして、無事にスープがかかって完成形がこちらね↓
s-画像 009

冷たく濃厚なバジルのスープがかかります。
イタヤ貝のコリコリ感と、野菜と濃厚バジルスープが合って美味しかった。

<ポワソン・ド・マルシェ レタスとチンゲン菜のエチュベ>
s-画像 013

お魚は確か、鯛だったような・・・。
皮はパリで白ワインベースのソースだったかな?で、おいしゅうございました。

<パン>
s-画像 020

2個目はゴマ。
確か、ここのパンは温かくなかったような・・・。

<徳島四元豚 じゃがいもと玉ねぎのマルメラード>
s-画像 016

これがねぇ、ビックリなメインだったんですよ

肉が固くてナイフが最後まで入らない!!
ワタシ達だけかと思って周りの様子を伺うと肉を食べている全ての人がまるでノコギリでものを切るかのように悪戦苦闘しながら肉を切っていたのです。


しかも、豚でこの肉厚さなでに真ん中の火入れが微妙なんです、噛んでも噛み応えのある肉で、メンバーのKちゃんの肉はあからさまに生で、血まで見えてる感じ。

サービスの方に

「これ、明らかに生っぽいんですけど・・・」

と言ってみたものの

「低温で調理してじっくり火を入れてるのでそんな色に見えますが、大丈夫です・・・」

みたいなことを言われ、

「もう少し焼き直しましょうか?」

というような提案がなかったことにビックリです。

客が生っぽいって不満を言ったら、とりあえずそれに応えるべきではないのでしょうか?
(焼けば済む話だと思うんですよね)

そんなこんなで、Kちゃんは怒り心頭でお肉を食べるのを諦め(どう頑張っても食べれる状態の肉ではなかったから)、その他のメンバーは肉を切るのと噛むのに必死で味が実際の味がどうだったかはよく覚えておらず、食べ終わる頃にはメンバー全員の腕が痛くなっているという始末

これが一つ星の料理なのか?対応なのか?と、疑問ばかりが残りました。

<ババ・オーロム ラムレーズンのグラス>
s-画像 022

デザートが肝心のワタシにとって、お酒たっぷりのババの登場は大誤算で、軽~くテンションが下がります。
(店が悪いワケではないんですけどね)

ラム酒を効かせたスポンジもそうだけど、ラムレーズンのラムがハンパなくキツかったぁ~

〆はハーブティー(他にコーヒーもあります)
サービスの方が箱に入った数種類のフレッシュハーブを見本で持ってきて見せてくれたもんだから、ガラスのティーポットにそのハーブが入って提供されるんだと勝手に思い込み、絵づら的にいいかな?という理由だけで、好きでもないハーブティをチョイスしたメンバーがワタシを含め4人ほど。

なのに、出てきたのは、これ↓
s-画像 024

しかも、フレッシュのせいか?煮出しきれないようで、めっちゃ味が薄くて、味はお白湯のようでした・・・

<小菓子:3人分>
s-画像 025

フィナンシェ&カヌレ&オレンジ風味のチーズケーキ。

ハーブティの味が衝撃過ぎて、皆で騒いでたので詳しい味がどんなんだったか覚えてないけど、確かカヌレも歯応え抜群でで噛むのが大変だった気がする。

と、言った感じで、サービスの方の対応、お肉料理と残念なことの印象が強過ぎて

「ミシュランの一つ星の基準って、何?」

というモヤモヤを抱えながら、ワタシ達は店を後にしましたとさ。

お店の紹介
「Unisson des Coeurs」
住所:大阪市北区西天満1-7-4 協和中之島ビル 1F
TEL:06-6131-0005
営業時間
ランチ  12:00~14:00(L.O) 
ディナー 18:00~21:00(L.O)
定休日:水曜日
テーマ:フレンチ
ジャンル:グルメ
サンクのパン&長岡でもかき氷
2011年09月16日 (金) | 編集 |
実家(長岡京)に行った時に久々に 「CINQ」 に行ってきました。

<ブリオッシュカシス ¥220>
s-20110828_49.jpg

見た目からして愛らしいこのパンは確か、土、日、祝日限定販売のパンだったような・・・。

ブリオッシュ生地にカシスとグレープフルーツピール入りのビターなチョコクリームを挟み、トップにカシス風味のアーモンドクリームを絞って焼いてあるそう。

s-20110828_53.jpg

これが、まさにワタシ好みで 超・ヤバイ、超・ウマイ!!

リッチなブリオッシュ生地の食感と具沢山のクリームの甘酸っぱさのコラボが、もうたまんなぁ~い


<ノワノワゼット ¥231>
s-画像 010

s-画像 011

くるみの入ったパンにアーモンドクリームを塗りピスタチオと丸ごとヘーゼルナッツをたっぷりのせてあるパン。
ナッツ好きとしてはたまらん感じですわぁ

もう、鼻血出そうなくらいの超・ナッティで、

”これはパンなのか?ナッツなのか?いや、ナッツだねっ!”

と言うぐらいナッツの主張がハンパなかったです。

<ベーコン胡椒ナッツ ¥189>
s-20110828_41.jpg

s-20110828_42.jpg

沖縄産のベーコン、マカデミアナッツ、大粒のグリンペッパーが入ったパン。
ベーコンの塩気と旨味、マカデミアナッツの香ばしさ、グリンペッパーのスパイシー感でお酒と合いそうなパンでした。
(ワタシは一切飲まないけどね)

<紅茶のヴィエノワ ¥178>
s-20110828_43.jpg

s-20110828_44.jpg

通常のヴィエノワは細長い形なんですが、これは丸いフォルムがカワイらしいです。

マカデミアンナッツを練り込んだもっちもち食感のヴィエノワ生地に紅茶のクリームがたっぷ挟んであります。

クリームがね、香り高くて、マカデミアンナッツとの調和もよくて美味し~よ~


<パンクール ¥210>
s-画像 015

これまたハート型がカワイイですね。

外側パリッと中身がモチモチの生地に、ホワイトチョコとクランベリーを練り込んであります。
ホワイトチョコは生地に溶け込んでいるので、目に見ては解りませんが、クランベリーの甘酸っぱさにガシッとマッチしてて美味しいです♪

<パンペルデュ ¥136>
s-画像 012

s-画像 013

見た目、とがった感じですが、なかなかの歯応えがあって、ちょっとアゴが疲れました。
卵液をもうちょっと浸して柔らか食感にしてもらえると嬉しいのになぁ。

ブリオッシュカシスがたまらく好みだったので、実家に行った際には買い占めに行きたいと思います。

<お店の紹介>
「CINQ」
住所:長岡京市友岡4-1-2
TEL:075-874-4169
営業時間:8:00~18:30
定休日:月・火


でね、長岡京にもかき氷があったんですよね

行ったのは 「mon coeur」 (そういえば、最近、とんと買いに行ってないわ)が入ってるロングヒル内の  「PATISSERIE PETIT LAPIN」

こちらのシロップは、手絞りフルーツなんだそうです。

<かき氷オレンジ¥300 ミルクジャム追加+¥100>
s-20110828_39.jpg

s-20110828_40.jpg

結構な大きさで出てきましたが、氷がジャリっとタイプでしたぁ・・・
ま、このお値段だし、かき氷屋さんじゃないんでね仕方ないですよね・・・。

追加したミルクジャムはバニラビーンズが入ってて練乳ぽい感じでミルキーでとても美味しかったんですが、オレンジのシロップは思ったほど濃くなく、ほのかにオレンジ味だったので、オレンジ単体にしたら物足りないような気がしました。

この夏初めてのジャリっとタイプのかき氷だったので、食べてる途中で頭がキーンとなりました。

こちら、ケーキは¥210のものが主流で数種類あり、とてもお手頃なケーキ屋さんなんですよ。
かき氷を食べながらショーケースを見てて、気になったこれ↓を購入しました。
<ファーブルトン ¥168>
s-20110828_54.jpg

s-20110828_55.jpg

モチモチ食感で、でっかいプルーンが入ってて美味しい~♪
これで¥168はお得ですよね!

<お店の紹介>
「パティスリー PETIT LAPIN」
住所:長岡京市開田3-3-10ロングヒル
TEL:075-951-0086
営業時間:10:00~19:00
定休日:月曜日


ハイッ、長々と引っ張り続けたこの夏のかき氷ネタ、このかき氷にてとりあえずは終了です。

あと1回、「古の花」に行くかな?行かないかな?って感じなので、もし行ったら、あと1回お付き合い下さいませぇ~
テーマ:パン
ジャンル:グルメ
かき氷3連発!!!
2011年09月14日 (水) | 編集 |
「かき氷ばっかりで、いい加減、飽きたぞぉ~っ 

と、お思いの方もいらっしゃるかも知れませんが・・・、シーズン終了が近づいてきてますので、あと少しのお付き合いをお願いしますね。

今日はね、3つまとめていっちゃいますよ~。
(本当にね、記事が溜まり過ぎてて困っております

まずは、前記事で「古の花」に行ったSちゃんと同じ日に行ったお店。
イチジク好きのSちゃんが、雑誌で観て気になってたかき氷の店が祇園にあるということで、行きましたよ↓
s-20110907_162.jpg

「GION-NITI ~~~っ」

四条通から石畳の花見小路通りに入り、建仁寺のほど近くの路地を入ったところにこちらのお店はあります。

オープンしてからまだ2年、お昼はCAFE、夜はBAR営業をされているということです。

店内は、カウンター席、テーブル席、和風な個室席があり、大きな窓の外には縁側、坪庭があり、ちょっと暗めの照明の中で和と洋の装飾品などが絶妙なバランスで配置されていて、非常におしゃれな雰囲気を醸し出しております。
(リンクさせてあるお店のHPからおしゃれな雰囲気が解ると思います)

こちらのかき氷は 栃木県日光の氷職人、四代目徳次郎の作る天然氷(天然の寒さで凍らせた氷)を 使ったかき氷なんだとか。

天然氷って何だ?って思いますよねぇ・・・、上に↑リンク貼っておきましたから興味のある方はポチッとしてみて下さい。
(なかなか大変な作業によってつくられた氷なんだと知ってちょっとビックリしました)

さて、お目当てのかき氷は季節の果実が2種類(季節によって色々変動するようです)と、宇治抹茶金時と計3種類ありました。

ワタシ達が行った日はSちゃんが狙っていたイチジクと、桃でしたので、それを1つずつオーダーしました。

<淡雪awayuki/天然氷のかき氷+季節の果実(イチジク)¥1,200> s-20110907_163.jpg

s-20110907_169.jpg

<淡雪awayuki/天然氷のかき氷+季節の果実(桃)¥1,200 >
s-20110907_164.jpg

s-20110907_168.jpg

まず、祇園価格なのか?天然氷価格なのか?かき氷で¥1,200とは、なかなかのいいお値段です!!
(去年は¥1,000だったみたいです)

去年はSWANの手がきのかき氷機を使っていたそうなんですが、手でかくということでどうしても待ち時間が長くなることが多く、悩みに悩んで一周年を機に、今年から新しく電動に変わったそうです。

ご覧の通り、電動でもいい機械を使ってるんでしょうね、ぎょくえんさんを彷彿させるような、樹氷のような細長い薄氷が素晴らしいです

ドロッと果実感のあるシロップは、どちらともほんのりお酒が効いてる感じで、ちょいと大人味。
中にはどちらとも果肉が入ってます。

氷はとても柔らかくてフワフワ食感、口の中でス~ッと溶けてなくなる繊細さ。

他にも季節によってマンゴーや、ダークチェリーなどの氷があるそうでとても興味がありますが、¥1,200のかき氷となると、そうちょいちょいは行けないのが悲しいとこです

<お店の紹介>
「GION -NITI」
住所:京都市東山区祇園町南町南側570-8
TEL:075-525-7128
営業時間
CAFE 11:00~18:00(不定休)
BAR  19:00~26:00(日・祝定休)
 ※月曜が祝日の場合は日曜が営業、月曜を休業、連休の場合は最終日が休業


続いては、ぎょくえんさんから少し南に下がった先斗町にあるこちらのお店↓
s-20110909_04.jpg

「抹茶庵 やまぎし ~~~っ」

SAVY2011年8月号の京都地図本で紹介されたこちらのかき氷↓が気になって、バイト帰りに行ってみました。
<レモンミルク白玉 ¥700>
s-20110909_01.jpg

あれれ?雑誌で載ってたより形がキレイぢゃない・・・
SAVYではもっと高さがあって、綺麗な山形をしていたので、このフォルムにはちょっとガッカリ。
氷が繊細なのか?高い所から落としたかのように白玉が氷にめり込んでる感じも気になります。

s-20110909_03.jpg

食べてみると、氷はサクフワで柔らかだったので、やはり白玉の重みに勝てなかったようです。
レモンシロップは夜店とかで出てくるシロップに近い感じ、久々にこの味を食べたのでちょっと懐かしさを感じました。
かすかな甘酸っぱさにミルクの甘味が加わり、まろやかで美味しいです。

で、ビックリしたのが、白玉がとてもおいしい!!

モチモチッとしてて柔らかい。
この夏食べたかき氷に入ってた白玉の中ではダントツの美味しさでした 

店内は4テーブルほどで広くありません。
平日はすんなり入れましたが、土日とかだとタイミングが悪いとお待ちもあるかも?です。

ぎょくえんさんの行列に並びきれないけど、どうしてもかき氷が食べたい時の逃げ道としての利用もありかと思います。

<お店の紹介>
「抹茶庵 やまぎし」
住所:京都市中京区先斗町三条下ル
TEL:075-221-5298
営業時間:14:00~21:00
定休日:水曜・第3火曜・第3木曜


最後は、大阪のかき氷~♪

大阪でかき氷と言えば、角屋さんなんでしょうが、京都から角屋さんまで行くとなるとなかなか勇気がいるのです。
もっと簡単に行けるとこはないかしら?とググッたところ、ヒットしたのがこちらのお店↓
s-20110910_11.jpg

「浪速氷室 ~~~っ」

場所は北堀江でいいのかしら?にある氷屋さんが店頭(ガレージのような所)でかき氷を販売されています。
ラボフィセルにパンを買いにいったついでに足を伸ばして行ってきました。

かき氷のメニューはこんな感じね↓
s-20110910_08.jpg

この間Sちゃんとかき氷を食べに行った時にSちゃんが「ブルーハワイの練乳がけが好き」と言ってたのを思い出して、それに挑戦してみることにしました。

<ハワイアンブルー¥200 ミルクかけ+¥50>
s-20110910_09.jpg

まず、カップの真ん中まで氷を入れてシロップをかけ、その上に氷を山のように盛り、更にシロップをたっぷりかけてくれます。
色的に美味しそうに見えないかも知れませんが・・・、これがビックリの美味しさ

ハワイアンブルーの爽やかさとミルクが合う!!
氷は、とてもきめ細やかでフワシャリ

スプーンストローがついてますが、最初は食べにくいのでこのままソフトクリーム方式でカブッと食べた方が食べ易いです。

s-20110910_13.jpg

さすが、氷屋さんの氷!!
真中を過ぎてもご覧の通り溶けませんでしたが、最後までほとんど溶けませんでした。

大阪の街中で安くてこんなに美味しいかき氷が食べれるなんてちょっと感激しました。
心斎橋に行かれた際はちょいと足を伸ばして、この美味しいかき氷を試してみて下さい。

かき氷は季節営業だと思います、営業も週末だけみたいな感じなので・・・、行かれる際にはご注意を!
(ワタシが行ったのは土曜日の13時過ぎ)

<お店の紹介>
「浪速氷室」
住所 :大阪府大阪市西区北堀江1-11-3
(地下鉄四ツ橋駅6番出口よりすぐ
TEL: 06-6531-8348
営業時間(かき氷)
12:00~18:00
営業日:お店にご確認下さい
テーマ:おやつ
ジャンル:グルメ
黄桃氷はまだでしたが・・・、新顔のマンゴー氷に出会いました♪
2011年09月11日 (日) | 編集 |
去年から  「古の花」 に行きたがっていたSちゃんが遠路はるばる大阪よりやってきてくれたので、ご案内~♪

(ちなみにワタシは今年2度目の古の花です、前回の古の花は こちら )

平日の14時頃にいきましたが、本当にね、去年の混雑が幻のようにワンツー入店できましたよ

<桃氷 ¥700>
s-20110907_153.jpg


Sちゃんオーダー。

「美味し~

と、初古の花の氷にご満悦でございました♪

で、ワタシ達が行ったのが先週の9月頭。
なのに、まだ白桃が健在で、黄桃ではありませんでした

今回、大将が不在だったのか?表に出てきはらなかったので、レジのお姉さんに確認した所、白桃のシロップがなくなり次第、黄桃に変わるとのこと。

(ワタシは9月になると自動で黄桃に変わるんだと思ってましたが、どうやら、例年、白桃シロップがなくなるのが9月頃でかき氷は10月頭までなので、その頃からまたシロップを作るとなると、市場に黄桃が出回るので黄桃になるんじゃないでしょうかね?)

今年はまだ白桃シロップが残っているようで、お姉さんにも白桃シロップがいつなくなるかは判断できないとのことだったのでひょっとしたら今シーズンは黄桃の登場はナシで終了しちゃうかも知れません。

黄桃狙いの方は事前にお店に確認した方が良いと思いますよ。

今年の白桃の売れ行きを邪魔してるんじゃなかろうか・・・?のはこちらの氷↓

<マンゴー氷 ¥700>
s-20110907_154.jpg

s-20110907_156.jpg

以前、大将に「マンゴーもやったことがある」と聞いたことありましたが、ここ2年メニューで見たことがなかったので、見た時が食べ時!と思ってこちらに流れてる人も少なくないのでは・・・?

あと、新顔でもう1つブルベリー氷ってのもあって、それもかなり気になったんですが、ここの氷はデカイので1人1個が限界なので、また次回の機会に・・・。
(来年あるという保証はないんですけどね・・・)

s-20110907_159.jpg

s-20110907_160.jpg

いつものようにサクフワッのパウダー氷のマンゴー味は

「や~ん、美味し~~~っ

しっかりマンゴーの味がして、甘過ぎないシロップでとても美味しいです!!

ワタシの中ではキウイに続いてNO2に踊り出ました

う~ん、後はブルーベリーと黄桃が気になるよなぁ・・・、あと1回行けるかなぁ、行きたいなぁ・・・。

<お店の紹介>
「いっぷく処 古の花」
住所:京都市上京区北野天満宮前
TEL:075-461-6687
営業時間:9:30~17:00
定休日:毎火曜日


テーマ:おやつ
ジャンル:グルメ
目指せビストロ石川亭!!
2011年09月09日 (金) | 編集 |
さぁ~てと、今回は旦那の自己満的要望により、本題に辿り着くまでの前置き画像が多いので・・・、興味のない方はスクロールで下へ下へとお進み下さいマシ。

s-20110827_01.jpg

8月末の話になりますが、毎月恒例の キャトルラパン の前にマスク姿のヤツが久々に登場です!!

オリジナルDVDを片手に笑顔いっぱいでガサゴゾ物音を立てながら写真を撮っていると、その物音が不審に聞こえたみたいで・・・
s-20110827_03.jpg

「ガチャっ」と、扉が開き、顔を覗かせたシェフは店の前にマスク姿の人間がいたので、のけぞるぐらいビックリしてはりました。
(※シェフは基本、顔出しNGですが、この半顔についてはご本人にブログ掲載のOKを頂いております)

s-20110827_04.jpg

オリジナルDVDの贈呈後、2人は7月末に一緒に行ったCOMPLEXのライブ話で再び盛り上がる、盛り上がる!!

s-20110827_05.jpg

ちなみに今回のこのマスクは ミルマスカラスのオーバーマスクと試合用マスクのハーフ&ハーフなんだそう。

ひとしきり撮影が終わり、何事もなかったのようにマスクを脱いで席に座り、他のお客さんもやってこられ、いよいよお料理のスタートです↓
s-20110827_10.jpg

う~ん、今回も美味しそうな予感の ¥3,670コース
<前菜盛合せ>
s-20110827_12.jpg

s-20110827_13.jpg

右上から時計周りに

赤海老のマリネ  朝挽き地鶏のタタキ タスマニア粒マスタード入りブラックオリーブトマトソース  ヒラマサのカルパッチョバジルソース 

s-20110827_14.jpg

左上から時計周りに

仔豚とキノコのテリーヌ  サバビネガー漬け  セミドライトマト入りクリームチーズ グリシーニ添え  ハマグリの白ワイン蒸し

いつものごとく、どれもこれも美味しいんですが、久々に食べたセミドライトマト入りクリームチーズがウマ過ぎるんだってば

お次のスープが出る時に

「今日は冷製ですかぁ?」

と聞くと、

「違うよ」

と言われ、よくよく覗いてみると、お鍋の中にオレンジ色が見えたので

「もしかして、その色は・・・」

と、期待いっぱいで目をキラキラさせながら言うと

「違う、違う、今日はトマトのスープだよ」

と、言われたんですが、火が入り始めると店内にふわぁ~と香る素敵過ぎる芳醇な香り・・・、出てきたのはやっぱりと言うべく
<オマール海老のスープ>
s-20110827_17.jpg

s-20110827_19.jpg

夏なのに甲殻類!
しかも、今回のはオマール海老だなんて、ヤバ過ぎでしょうよ!!
実際、エエ感じで濃厚な出汁がでまくってて、本当にヤバウマ  だったからっ!!!


思わず、

「うまぁ~い、もう1杯!!」

と、言いそうになりましたがな。

¥3,670コースの時は、好きキライ以外の料理のリクエストはしないようにしてるので、夏に甲殻類スープが出てくるだなんて本当にめっちゃラッキーだったわ

<パン>
s-20110827_22.jpg

3枚も撮ったのに全部ボケてた・・・

<アトランティックサーモンのグリエ キノコのディクセル サバイヨンソース>
s-20110827_24.jpg

今回のこのお魚料理がね、めっちゃ凝ってて、最高に美味しかったのよ

「前回のブログ記事に ”最近、魚料理は鯛続きで・・・”みたいなことを書いてたから・・・」って、シェフに言われたんですけど、ワタシ、別に鯛がイヤだなんて一言も書いてませんからね・・・

(最近、震災の影響で、東京方面に魚が流れていくので、魚の種類があまり入ってこないんだそうです)

s-20110827_25.jpg

そんな中、脂の乗った厚みのあるアトランティックサーモンをソテーした後、キノコのディクセルをのせその上からオランデーズソースをのっけて、サラマンダーで軽くグリエするといった凝った内容。

s-20110827_30.jpg

カットすると、肉汁ならぬ、サーモン汁があふれ出して、きのこもソースも絶妙なくらいにマッチして美味しすぎ

これ、スキぃ~、また食べたぁ~い

普段、肉LOVEで魚料理にはさほど興味を示さない旦那も、食べてる間も食べ終わった後も、1週間後にも
「あのサーモン料理は美味しかったよなぁ、また食べたいよなぁ・・・」
と、大絶賛してました。

ここまでで、テンションが上がりきった感がありましたが、更なるテンション上げ上げの波が押し寄せるのであります。

<仏産仔鴨のロースト&フォアグラ トリュフソース>
s-20110827_32.jpg
s-20110827_33.jpg

まばゆいばかりのピンク色の鴨ちゃんにいつものごとく分厚いフォアグラ。
しかも、トリュソース!!

この表面カリッと中身がちょいレアで、肉汁ジュワッのフォアグラに
s-20110827_35.jpg

惚れてまうやろ~~~っ 

絶妙な火入れの鴨は芳醇な香りのトリュフソースとバチッと合って、これまたウマ過ぎました。

<クレームブリュレ、イチゴのソルベ、フルーツ盛り盛り>
s-20110827_37.jpg

今回もデッカイいちじくがのってきそうだったので外してもらいました。
(パイナップル以外のフルーツは何気に2色使いなんですよ♪)

「今回、¥3,670でこの内容やり過ぎたんちゃいますか!?原価率振り切ってません!?」

と聞いたら、

「目指せ、石川亭だからなっ!!」

とおっしゃってましたが、うちの旦那とのお江戸の旅の後に電話でしゃべった際に、ワタシが考えた旅のスケジューリングが良かったと、とても感謝してくれたので、調子に乗って

「じゃあ、次回行く時にワタシのフォアグラの厚み2倍にしてくれる!?」

とか言ってたんですが、フォアグラの厚みは2倍ではありませんでしたが、その感謝の気持ちが今回のこの素晴し過ぎる料理内容だったのでは・・・?と、勝手に想像しています。

普段からの料理のコスパの高さもそうですが、そんなシェフのさりげない優しさがワタシ達が夫婦は大好きで、2ヶ月前からスケジュールを調整して、必死に電話かけて予約を取って毎月通ってしまうのであります。

言うてる間に今月も行きますのでヨロシクね~。

<お店の紹介>
「キャトルラパン」
住所:大阪府大阪市北区堂島1-3-33
            新地萬年ビル5F
TEL:06-6343-8663
営業時間:ランチ:12:00~14:00 
(※ステーキランチのみ&平日のみ)
尚、ランチタイムはお肉がなくなり次第終了、12:40以降の来店であれば予約可(前日までに)

ディナー:18:00~24:00

(※要予約 営業時間中は電話に出れませんので、ご理解のほどをとのこと)

※尚、食べているコース代金は ”北新地ドットコム”(上記店名にリンクで貼り付けてあります) のクーポン使用で、通常金額の半額となっています
(要予約、要1人1ドリンク以上注文のこと)
 

7月をもってぐるなびのクーポンはなくなったそうなのでご注意を!!



<ご参考:今まで私が行ったキャトルラパンディナーの軌跡>

その①:Mちゃんと行ったご褒美ディナー¥5,250コース

その②:T君のお誕生日ディナーでT君初来店¥5,250コース

その③:クリスマス時期に¥5,250コース

その④:¥3,670コースに初挑戦

その⑤:またまた¥3,670コースで

その⑥:Tガーマスクで来店¥3,670コース

その⑦‐1
その⑦‐2:T君のお誕生日¥5,250コースで

その⑧:ハロウインに来店¥3,670コース

その⑨:2009年ちょっと早めのクリスマスディナー ¥5,250コース

その⑩:2010年初来店はスーパータイガーで ¥3,670コース

その⑪:2010年2回目の来店 ¥3,670コース

その⑫ :お腹いっぱい大満足の¥5,250コース

その⑬ :久々にマスクを被って¥3,670コース

その⑭ :今年も淀川花火大会とかぶっちゃったので浴衣にマスクで¥3,670コース

その⑮ :今回も美味しすぎて大興奮の¥3,670コース

その⑯ :2010年最後の来店の¥3,670コース

その⑰ :2011年最初の来店の¥3,670コース

その⑱ :ラッキーなことに飲みたかった甲殻類スープと遭遇☆¥3,670コース

その⑲ :メインの鴨が激ウマだった¥3,670コース

その⑳ :メインの仔牛肉のトリュフソースが絶品だった¥3,670コース

その21 :夏らしくアッサリ涼し気バージョン¥3,670コース

その22 :コッテリ夏バージョン¥3,670コース
テーマ:関西の美味しいお店
ジャンル:グルメ
夢の国「エス コヤマ」にてかき氷とマカロンアイスを食べる♪
2011年09月08日 (木) | 編集 |
ワタシにとっての夢の国

s-20110830_29.jpg

「eS KOYAMA ~~~っ」

に、8月末にウマ友の kayomaruさん に連れて行ってもらい、行って参りましたぁ~ 

ワタシのこの夏のかき氷熱に合わせたかのように今年からコヤマでもかき氷が登場~
s-20110830_24.jpg

マカロンショップの横のスペースで、12:00からのワゴン販売です。

で、サンプル↓に粒々がのってますよね?
s-20110830_23.jpg

これオプションで+¥100でのせられる生パッションフルーツの種なんです。
もちろん、トッピングするつもり満々だったのに、トッピング用のパッションフルーツが完売たとのお知らせがあり、大ショック~~~

<パティシエの創るかき氷(パッション&マンゴー) ¥300>
s-20110830_26.jpg

ワゴン販売だし、正直、氷の質には期待してなかったんですよね、それが食べてビックリ

「氷がフワフワや~~~んっ

s-20110830_27.jpg

s-20110830_28.jpg

その氷に屋久島パッションフルーツとマンゴーのフレッシュな果実のピューレからつくった自家製みつが中までたっぷりかかってるんですが、パッションの酸味がマンゴーの甘味にうまい具合に重なって、

「くぅ~、甘酸っぱくて、おいしぎるやんかいさぁ~~~っ 

これだけでも充分過ぎるくらい美味しかったので、生パッションがのってたらワタシ、気絶したかも知れないわ。

そして同じワゴンにて販売さられてるマカロンアイス、これも今年初登場!!
s-20110830_22.jpg

当然、買っちゃうよね↓
<マカロンアイス マンゴー&生チーズ ¥300>
s-20110830_32.jpg

種類は全部で4種類。

他には ”キャラメルカフェ、マダカスカルバニラ、ストロベリー&生チーズ ” があります。

短時間の間に2回も来るから、印象的だったんでしょうね?思わず販売のお姉さんに

「マンゴー、お好きなんですかぁ?」

と聞かれたので、力いっぱい

「ハイっ!!」

と、答えておきました

s-20110830_34.jpg

お見苦しい歯型の断面にて失礼します・・・。
 
普段売ってるマカロンより2倍も大きいものにエスコヤマのジェラードをサンドしたというマカロンアイス。

マカロン生地は思った以上にしっかりして食べたら、ザクッと音がするぐらいのサックリ生地で、見えにくいと思いますが、生地とジェラードの間にキュンと酸味の効いたマンゴーのジュレ?ソース?みたいなのも挟まってます。

ジェラードはシャリッとした食感で、暑い中でも割としっかりした固さを終始キープしてくれたので食べやすかったです。

とても美味しかったんですが、マンゴーの甘酸っぱさが前面に出てて、生チーズのチーズ味がよく解らなかったのがちと残念でした。

ワタシが行った時に販売のお姉さんが

「シーズン的にもうすぐ終わるんで・・・」

と言ってましたが、今日現在、HPにまだ載ってるので、一応、まだ販売してると思います。
でも、言うてるうちに終了すると思うので・・・、かき氷&アイス狙いで行かれる際には、事前にご確認をお願いします。

尚、ハナレでのイートイン、テイクアウトしたケーキ&パン編については、後日、別記事にてまた紹介しますね~
(いつものごとく、たくさんの記事が溜まり過ぎてて、どれからアップしていいのか解らない状態に陥っております。とりあえず、季節的なかき氷記事を優先にアップしていきますね)
テーマ:おやつ
ジャンル:グルメ
「梅香堂」でかき氷
2011年09月06日 (火) | 編集 |
なんだか、朝、晩、急に寒くなりましたよね・・・((´д`))

我が家は大きな川が近くに流れてるせいか?夏場でも夜は涼しい日も多かったりするんですが、冷え性のワタシにとってここ2~3日は涼しいを通り越して寒く感じるので、タンスから長袖を引っ張り出してきて朝晩は着ております。
(油断すると日中との温度差で風邪を引きそうなのでそれがまたコワイ)

そんなこんなで段々、シーズン終了が迫ってきてるので・・・、急いでかき氷ネタを消化していきますよぉ~。

以前、この記事 でフルーツホットケーキを堪能した  梅香堂  にソフトクリームが入ったかき氷があると言うのでバイト帰りに行ってきましたぁ。

意外とソフトクリームとコラボってるかき氷店って少ないんですよねぇ・・・。
(アイスはよく見るけど)

前回、冬のメニューを紹介しましたが、夏場のメニューはこんな感じです↓
s-20110826_40.jpg

s-20110826_41.jpg

最近、メニューを撮る時のホワイトバランスがいつもおかしいですね・・・

果物系(レモン、イチゴ、メロン)はあるけど、多分、いわゆる一般的に夜店とかで出てくるかき氷用のシロップだと思われます。
(お子ちゃまのお客さんがイチゴを食べていたんですが、明らかにそれらしきシロップの色のものが出てきてたので。)

ミルククリーム氷と迷ったんですが、ミルク(練乳?)にソフトクリームだと甘々かな?と思って、今回はこちらで↓
<黒糖クリーム氷 ¥580>
s-20110826_45.jpg

じじゃ~ん、デカくて、黒糖シロップもたぁ~ぷりかかってます!!
(しっかりとした黒糖の風味がします)

で、追加しなくても、基本の状態でモチモチの白玉が3つ入っております
氷はパウダーではありませんでしたが、意外に柔らか系でした。
(最後の方は固まってジャリってなるけどね)

s-20110826_43.jpg

中に薄っすら見えてる白いものの正体は・・・
s-20110826_47.jpg

ウフフ、ソフトクリームぅ~~~っ

で、このソフトクリームがハンパなくデカイ!で、美味しい

アイスだと固すぎて、氷にめりこんでいくので食べずらい感が否めないんですけど、ソフトクリームだとめりこまないので食べやすい。
しかも、氷に囲まれてるせいか?意外に溶けずに長い間、ソフトクリーム状態をキープしてるので最後の方まで美味しくソフトクリームを楽しめます。

梅香堂さんのソフトクリームは美味しいと聞いてたけど、本当に美味しかったです。
この大きさでこの内容でこのお値段、京都のかき氷ではコスパ的には1位ではないでしょうか?

あとね、こちらのお店、おかみさん?おばちゃんが物凄く愛想がいい所もポイント高しです。

「ありがとう、おおきにぃ、お待たせぇ~」

と、接するポイントごとに必ず笑顔と柔らかい口調で対応してくれるので、とても気持ちがいいのです。

秋になったらまたホットケーキ食べに行こうっと
(って、言うてる間にもう秋やんっ!!)

<お店の紹介>
「梅香堂(ばいこうどう)」
京都市東山区今熊野宝蔵町6
TEL:075-561-3256
営業時間 (販売) 9:00~20:00
     (甘味処)10:00~18:00
※ホットケーキは秋のお彼岸から4月頃までの期間限定なので、ホットケーキ狙いの方は事前に要確認を
定休日:火曜(祝日の場合は翌日)


ワタシのかき氷ネタ、未アップのかき氷記事があと2つと、今後行く予定にしているお店があと2店。
寒くならないうちにアップする&行かなくては~~~
テーマ:おやつ
ジャンル:グルメ
青春18きっぷの旅、〆は岡山でかき氷♪
2011年09月04日 (日) | 編集 |
さて、旅の〆はデザートです

岡山と言えば、白桃、マスカット、ピオーネの生産量が全国1位を誇り、フルーツの国としても有名ですよね?
本当は 「フルーツパフェの街おかやま」プロジェクト に参加されている店舗のパフェを食べに行こうと思ってたんですが、この夏、ワタシがはまっているかき氷熱がそれを邪魔したんです。

岡山で有名なかき氷屋ってあるのかな・・・?と、思いながらググったら出てきちゃいましたよ~。

そんなこんなで、マリンライナーで岡山まで戻り、岡山から西へ1駅目「北長瀬駅」に降り立ちます。
暑い中、汗だくになりながら歩くこと15分ほど、辿り着いたのはこちら↓
s-20110814_146.jpg

s-20110814_134.jpg

s-20110814_135.jpg

「おまち堂&FRUTAS ~~~っ」

八百屋さんと果物屋さんがタッグを組み本当に新鮮でおいしい果物を使うことを心に誓い、おいしい所だけを寄せ集めたジュースやかき氷が誕生させスタートしたお店で岡山市内に2店舗あり、こちらは2号店なんだそうです。

かき氷のメニューはとても豊富で、食品添加物を一切使わずに、天然のフルーツを使って作り上げたシロップが人気なんだそう。
(宇治ミルク、キャラメルミルクといったフルーツ以外のメニューもあります)

店内にカウンター席が2席ほど、表にテーブルが2つありますが、席数に対してお客さんの数が明らかに多いので、皆、店の前のコンクリートの段に座ったり、立って食べたりしてます。

<もも¥580+ミルク¥100>
s-20110814_141.jpg

s-20110814_143.jpg

ももをオーダーしたら、ミルクトッピングが合うとお店の人に薦められ、言われるがままにトッピングぅ~。

<バナナミルク ¥400>
s-20110814_138.jpg

s-20110814_137.jpg

フレッシュフルーツ盛り盛りでビジュアルが素敵すぎるでしょ?
トップだけでなく、中にもフルーツは入ってますよ~。

氷はキメ細かでサクフワッ。
断面確保しようと思いましたが、かなり高く盛ってあり、横からスプーンを入れると結構な勢いで落氷するので断念しました。

「いや~ん、フルーティーでめっちゃ美味しいや~~~んっ

s-20110814_144.jpg

最後、こうやってジュースにするとまたおいしい

で、美味しさのあまり、もう1個頼んで半分こしよう!!と言うことになり、追加↓
<グレープフルーツ ¥450>
s-20110814_147.jpg
s-20110814_148.jpg

マンゴーも食べたかったんだけど、〆はアッサリ系にしときました。

あ~、近所にあったら、毎週でも通いたいし、全種類制覇したいくらい素敵なかき氷でした。
岡山に行くことがありましたら、おすすめなので是非、食してみて下さい。

<お店の紹介>
住所:岡山県岡山市北区問屋町12-101
       AROW&DEPARTMENT 104
TEL:086-246-3686
営業時間:10:30~18:30
定休日:水曜


そんなこんなで長々と引っ張りましたが、青春18きっぷで行く1泊2日の旅、これにて終了です。
食べブロガーぶりを発揮して、食べてばっかりの旅でしたが、とても楽しい旅でした♪
お付き合い有難うございました~。
テーマ:旅日記
ジャンル:旅行
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。