粉もんスイーツ&パンが大好きな京都の主婦です。このブログでは私が食べた物を中心に紹介していきます♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
餡子が苦手なワタシがあんみつ屋に行ったわけは・・・
2011年07月31日 (日) | 編集 |
とあるバイト帰りの日に立ち寄ったのは河原町今出川下がったところにあるこちらのお店↓
s-画像 008

「みつばち ~~~っ

こちら、築100年ほどの日本家屋を改造し、双子姉妹が営んでいる甘味処なんだそうです。
(ちなみに双子さん以外にもスタッフさんはいらっしゃいました)

この暖簾から、カワイイ雰囲気が伝わってきますよね~。
(季節によってこの暖簾も変わるようです)

お店のサブネームに”京のちいさなあんみつ屋”ってついてるんですが、こちら、あんみつが有名なんだそうです。
お店の前にはこんな感じで、寒天の原料である天草や、赤えんどうが置かれていたり↓
s-画像 009

寒天の説明が書かれた看板が置かれています↓
s-画像 010

皆さんもご存知のように、餡子が苦手なワタシ

”甘味屋には縁遠いはずなのに、なぜ?”って感じですよね・・・。

それは、これが食べたかったから↓↓↓

<特製あんず氷¥700 バニラアイストッピング+¥100>
s-画像 001

夏期限定で かき氷 があるんです。

氷のラインナップは ”特製あんず氷” の他には 

”黒蜜きなこ氷 ¥650””宇治氷 ¥700””ミルク氷 ¥650”
 
があります。

今回、あんずと黒蜜きなこの間で悩みに悩みましたが・・・、あんずに決定!!

でね、事前調査の段階では、ミルクトッピングしかできないと思ってたのに実際行ったら、アイスのトッピングだの、白玉のトッピングだのオプションが結構あったので、迷いましたよ!!

思わず注文を聞きにくれたお姉さんに

「あんず氷を頼もうと思ってて、トッピングをミルクとバニラアイスで迷ってるんですが・・・」

と、言うと、お姉さん、悩む気持ち解ります的な感じでにっこり笑って

「う~ん・・・・、そうですねぇ・・・」

「どちらが、おすすめですか?」

「アイスかなぁ・・・」

「じゃあ、アイスで!!」

何処のお店とは言いませんが、先日伺った某店のおかみさんのような威圧的なトゲトゲ感は一切なく、ほんわり笑顔の対応に食べる前からすっかり心が癒されるじゃあ~りませんか。

s-画像 002

目にもあざやかなオレンジ色のあんず氷

s-画像 003

もれなく、この赤えんどう豆入りの寒天がついてくるので、白玉のトッピングはやめました。

この寒天ってのがこだわりの寒天なんだそうで、千葉県千倉産の「天草」を使用し、2時間じっくり煮込んで仕上げてるそうです。

で、この寒天、口に入れた瞬間は ブリンっと弾力があり、そのあと口の中でホロホロッって崩れてく んです。
味は無味と思いきや海の香りっての?海藻ちっくな風味が結構します。

今まで食べたこのない食感の寒天なので最初はオオッと思いますが、段々、口の中で弾けさせるのが楽しくなっていきます♪♪♪

そして、赤えんどう豆が「出町ふたばの豆もちの豆か!?」と思うぐらい、いい感じに塩気がきいてて、ほっこり食感でおいし~の 

s-画像 005

ウワサではパウダースノーではないと聞いてたのですが、パウダーではないかも知れないけど、思った以上にふんわりしてて、トッピングのバニラアイスの方が固くて、アイスを掬おうとすると、氷にアイスがめりこんでいく感じでアイストッピングは意外に食べずらかった。
(溶けてきたら、いい感じになるんですが、ミルクトッピングの方が最初から氷になじんでくれるから食べやすいかも?です)

で、この特製あんずシロップがね、見て解るかなぁ・・・?
結構、ドロッとトロミがあって、果肉感もあって、美味し~の

もっと、きゅんきゅんに甘酸っぱいのかなぁ?と思ったので、ミルクをトッピングしようと決めて行ったんだけど、ちょっと甘酸っぱい程度なので、別にトッピングなくても大丈夫かも。
(酸味が得意でない方はあった方がいいかもですってか、酸味が苦手ならこれを選ばないか・・・)

半分ぐらい楽しんだ後、寒天と赤えんどう豆をトッピングしちゃいます↓
s-画像 007

なんか、ビジュアル的にもカワイイし、食感と味が変わって、二度美味しい♪

リーフレットにこんなイメージ↓が書いてあるんですが、まさにこんな感じのカワイイお店です。
s-画像 011

ちなみにワタシが食べている間に

「かき氷って、もうやってはりますか?」

と言いいながら何人かが入ってきたので、かき氷の根強いファンもおられるようです。
(あんみつ食べておられる方も結構いました)

あまり席数が多くないので、混んでる時はお待ちも覚悟しないといけないかも知れませんが、スタッフさんの感じがすごく良かったし、黒蜜きなこ氷にミルク&白玉トッピングってのも食べてみたいから、このお店にはこの夏の間にまた行きますよ~

<お店の紹介>
「みつばち」
住所:京都市上京区河原町今出川下る梶井町448-60
TEL:075-213-2144
営業時間:11:00~18:00(売切れ次第終了)
定休日:日・月
スポンサーサイト
テーマ:おやつ
ジャンル:グルメ
これって、アリでしょうか???
2011年07月31日 (日) | 編集 |
以前、勤めていた会社の営業さんから


スイーツ好きの元OL殿。

こんなん↓見つけたけど、どない?


s-IMG_0723.jpg


と、画像付でメールが届きました。

カレー味のカステラなんて、どう考えても美味しそうに思えなかったので・・・

「それはあかんやろ!!試しに買って食べてみて~や」

と、返信すると、

「試食ボックス写ってるやろ。食べたよ。普通に美味しかった。カステラと 味カレー を一緒に食べた感じやったわ」

という返信あり。
(ちなみにワタシ、”味カレー”ってのが何なのかが解りませんでしたけどね・・・

しかも、この商品、名前も知らないような会社の商品かと思いきや、な、なんと、  カステラ銀装 の商品だっていうから再びビックリ
(銀装のHPにはこの商品については何も載ってませんでしたが)

s-IMG_9560.jpg

営業さん曰く、

「ベースはしっかりとカステラやねん、でも相当カレー風味。」

とのこと。

ワタシの中ではアリかナシかで言うたら、ナシ!!なんですが、銀装さんの商品ってことでちょっと気になります。

添付画像で見ると、8/7日までの期間限定販売のようなので勇気のある方は試してみて下さい。

※注意※ 
このカステラ、高石、羽衣の店舗限定の商品だそうです
テーマ:B級グルメ
ジャンル:グルメ
ごま好きにはたまらないであろうイタリアン
2011年07月29日 (金) | 編集 |
実家の母と久々にランチ~♪

行ったのは、阪急桂駅西口から徒歩10分ほどの住宅街にあるこちらのお店↓
s-画像 026

「ピッコロモンド・ヤマダ ~~~っ」

こちらは2007年にごま油で有名な 山田製油 ショップ隣にオープンした胡麻油、胡麻を使ったイタリアンレストランで、おいしくて体にいい「ごま油」を、揚げ物や炒め物だけでなく、生でもたくさん食べていただきたいと考えオープンされたんだそうです。

こちらのお店、ランチタイムはものすごい人気 で予約が取りづらい状況みたいなんで、前もっての予約をオススメします。
(一度、3日前に予約の電話をしたらアッサリ振られましたし、行った日もご近所のマダムでお店は満席でしたから)

ランチは ¥1,575、¥2,625、¥3,675の 3種類ありますが、今回は¥1,575のランチを頂きました。

<前菜盛合せ>
s-画像 032

s-画像 031

一応、テーブルにこんな感じで前菜の説明書きがおいてありますので、参考にしながら頂きます。
ちょっとずつではありますが色んなものが食べれるのが嬉しいですね

<自家製黒ごまのパン>
s-画像 030

金ごまオイル、オリーブオイルが添えられて出されるんですが、この金ごまオイルがハンパなくウマイ!!


メインは パスタ2種類とピザ2種類の中から1種選べる ので、1種ずつ選んで分け分けしました。

<ピッツァ・ヤマダ>
s-画像 033

こちらの店には本格ピザ釜があり、自家製生地を520~530度の高熱で焼き上げるのでもっちりした食感のナポリ風釜焼きピザが楽しめるそうなんです。
(※テイクアウトも可)

で、チョイスしたのは店の名物とも言われるピザで モッツアレラ・ゴルゴンゾーラ、胡麻(白&黒)、松の実、蜂蜜がトッピングされています。
(各テーブルで必ず1枚はオーダーされていました)

「お~、確かに生地がモチモチで胡麻が香ばしくて、2種類のチーズもエエ感じなんだけど、う~ん、蜂蜜がいらないと思う・・・・

蜂蜜がね、結構な甘さを主張してるんですよね・・・、なので、部分的に甘くて何だか違和感があるんです。

クリチに蜂蜜かけてっていうのは他の店でも前菜とかで出てきて美味しかったりするので、その感覚なのかも知れませんけど、基本、デザートっぽい味になってしまうので、それがメインのピザってのはワタシ的にはちょっと微妙な感じでした。
(ちなみに、母親的にも蜂蜜の甘さが微妙だったようです)

各テーブルで必ずオーダーされてるぐらいだから人気なんだろうと思うけど、これ、蜂蜜じゃなくて金ごまオイルとかかけたら最高に美味しいと思うんで、改良して頂けないかなぁ・・・。

<モッツァレラとフレッシュトマトのジェノベーゼソース>
s-画像 035

こっちは、ジェノベーゼの味がしっかり効いてて、モッツラレのモチモチ感とフレッシュなトマトの相性も良くとてもおいしかったです。

<ドルチェ3種盛り合わせ>
s-画像 038

バニラアイス練りごまのソース、ごまのロールケーキ、プリン黒ゴマソースとデザートもごまづくし♪
どれもとても美味しかったです。


<カフェ>
s-画像 039

エスプレッソ・コーヒー・紅茶よりチョイスできるので、アイスコーヒーにしました。

ワタシ的にはピザだけが、ちょっと好みではなかったんですが、全体的に¥1500でこの内容なのでコスパは良いと思います。

ごま好きさんにとってはたまらないお店だと思いますので、桂ではありますがごま好きさんは一度は行かれてみてはいかがでしょう?
(要予約でね)

で、帰りに隣のショップでお買い物しました↓
<食べるらぁ油 ¥550>
s-20110719_13.jpg

すりごま(白&黒)をサービスで頂きました♪

s-20110719_17.jpg

イアタリアンテイストならぁ油で、ごま油、玉ねぎ、ニンニク、グリーンオリーブ、ブラックオリーブ、アンチョビ、ドライトマト、唐辛子、ねぎ、生姜、山椒、桂皮、八角、陳皮が入ってます。

ご飯やパンや、冷奴でお楽しみ下さいとのことだったので、男前豆腐の ”3級勝負枝豆玉三郎” にトッピングして食べました↓
s-20110719_20.jpg

うん、これは合う!めっちゃ、美味し~

<お店の紹介>
ピッコロモンド・ヤマダ
住所:京都市西京区桂巽町4番地
(阪急桂駅西口より徒歩10分)
TEL:075-381-3666
営業時間
ランチ:11:30~14:00(LO)
ディナー: 月~土 18:00~22:00(LO)
       日  17:00~21:00(LO)
定休日:水曜
※駐車場有


久々のワンコ
s-画像 040

この子は京介です、細身ではありますが、体重はタロウを200グラムほど追い抜きました。
冬の間は抱っこ!抱っこ!!と言うてワタシの膝の上で丸まって寝てたのですが、さすがに夏は暑いらしく、抱っこはイヤなんですが、基本、ワタシに近づいていたいらしく、隣のイスで爆酔してはります。
(そういえばタロウも去年はすごい格好でワタシの隣で寝てたよな・・・
ちなみに小~さく写ってるんですが、後ろの床で伸びてるのがタロウです。

s-画像 042

寝顔はまだまだあどけないです。
初めての夏ですが、頑張って猛暑を乗り切ってね!!
テーマ:イタリアン
ジャンル:グルメ
たくさんのファンに惜しまれながら今年で閉店されるそうです・・・。
2011年07月25日 (月) | 編集 |
この夏、かき氷に、はまりかけている junjun でございます。

”京都 かき氷 絶品 ” というキーワードでググると ワタシのお気に入りの 古の花 、中村軒 etc・・・、皆さんもご存知であろう有名所が何店か出てくるんですが、そんな中で 今年で店を閉めるというウワサの 「茶寮 ぎょくえん」 に行ってきました。
(行くのは初めてです)

ご夫婦2人で営んでおられ、席数も多くないので、夏のピーク時には大行列で警備員さんまでいるというウワサだったので、ドキドキしながら行ったのはバイト帰りの平日の15時過ぎ、店の前に行列がなかったので ラッキー と思って中へ入って、店内を見渡すと、おっと満席。

すると、中からチャキチャキなおかみさんが出てきて

「只今満席ですから外でお待ち下さい、空いたら呼びますからねっ」

と、結構な勢いで言い放たれ、その勢いにビックリ&ビビって 追い出されるように外に出てお待ち椅子にかけて待っていました。

で、その後、お1人さんがやってきて、ワタシの横のお待ち椅子に座られました。
そして、5分もしないうちに食べ終わったお客さんが出ていかれ、おかみさんが出てきて「どうぞ」と言われたので、立ち上がったら

「あっ、そちらの方が先ですからっ、さっきから待っておられましたからっ!!」

と、またもやピシッと言い放たれ、またもやビビッて  座り直すワタシ。

どうやら待ってる間、その方はどっか行かれてたみたいで、でも、順番待ちの名前書いたりするとこないからここで待っといてくれないとワタシが来た時誰もいなかったら、自分が一番だと思うじゃん、それをワタシが順番抜かししたみたいに言われても・・・と、ちょっと気分を害しました。

そして、その後すぐに

「お1人さんね、さっきの方と相席でどうぞ」

と声かけられ、店内に。
ワタシは行く前からオーダーを決めていたんですが、先に入った相席の方が長い間、悩んでおられ、

「どうぞ、ゆっくり考えて下さい」

と、おかみさんに言われてはったので、「じゃ、お先に失礼・・・」と、ワタシのオーダーを言おうとしたら、おかみさんにちょっとけげんそうな顔をされ、「えっ?あかんの?」と、再度ビビる  ワタシ。
(ま、けげんながらにも先にオーダーは聞いてくれましたけどね・・・)

で、結局、ワタシのオーダーが先だったのに出てきたのは、ワタシの後にオーダーした相席の方が先でした。
(オーダー順ではなく、入店順なのね)

う~ん、何だかな・・・、この時点で ”どうやら、ワタシはこのおかみさんと波長が合わないな・・・”と、感じずにはいられませんでした。

なので、 ”長居は無用、絶品と言われるかき氷を頂いてとっと退散しよう” と心に決めました。

メニューはこんな感じね↓
s-20110722_25.jpg
s-20110722_27.jpg

<黒みつミルク¥550+白玉のせ¥130>
s-20110722_22.jpg

お~、ウワサ通り、まるでカンナで削ったかのような薄さで、まるで羽か樹氷のような形状の氷が芸術的に美しいではないですか

s-20110722_23.jpg

裏向けると、ちゃんと、オプション追加の白玉も入ってまぁ~す。

s-20110722_24.jpg

で、食べようとスプーンを氷に入れた瞬間、ザクッという手応えではなく、スプーンの圧力でシュワ~ンと氷が溶けながらズボッと氷の中に入っていったでビックリ

急いで口の中に入れると、これまた口の温度でほわぁ~と溶けてなくなります。

これはねぇ、今まで食べたことがない食感のかき氷でした。
はかな過ぎるほどの繊細氷で、口当たりがめっちゃいいんです。


で、黒糖の風味がしっかり効いた黒蜜とミルクがその繊細な氷に絶妙に絡んでおいしぃ~
白玉も固くなることがなく冷たくてモチモチでおいし~

一番すごい所は口の中でスッと溶けてなくなるので、かき氷特有の頭に抜ける「キンキン感」を全く感じないまま食べ終えることができる ことかな?

店内に ”今年で閉店します”的な張り紙等はありませんでしたが、何人かのお客さんがおかみさんに

「今年で辞められるんですか?」

って、聞いておられ、

「あら、よくご存知で・・・、そうなんです、辞めないでくれぇ~って声もあるんですけどね・・・」

と、おっしゃっていたので、やはり 今年限りで閉店される ようです。

氷を削ってるのはご主人なんだそうですが、刃の角度や削り方を研究し、時間をかけて細かく細かく氷を削っているそうなんで、注文してから出てくるまでに時間がかかるので、外で待って、中でも待って・・・ということになるみたいですね。

食べ終わっていそいそとお店を出たら、すごい行列ができていたので、ワタシはタイミングよくお待ち時間が少なく食べれたみたいです。

今年で最後というウワサは確実に広まってるみたいです。
全国レベルでファンがいるみたいなので・・・、最後となるとこの夏は更に行列になることは間違いないでしょうね。

食べたことのない方は行列覚悟で、一度は食べておきたいかき氷ではないでしょうか???
(かき氷は10月迄だそうです、お店自体は夜遅くまでやっているので平日の夜が穴場かな?と思いますが、氷がなくなり次第、終了されるみたいなので要注意で・・・)

美味しかったら、閉店までに旦那を連れてもっかい行こうと思ってたんですが、ものすごく美味しかったけど、あのおかみさんとは波長が合わない感じなので(多分、ああいうしゃべり方で、きっと悪い人ではないんですが、あの強気な態度がね、お客さんを誤解させることもあるんじゃないかと思います・・・)、ワタシはもう行きませ~ん。

最初で最後の絶品かき氷、とてもおいしゅうございました

<お店の紹介>
「茶寮 ぎょくえん」
住所: 京都市中京区 先斗町三条北突当り
TEL:075-231-8353
営業時間:14:00~21:30(L.O.21:00)
定休日:水・木
※子供はお断りなんだそうですので、連れていかないようご注意を・・・(きっと、ピシッと言われちゃいますよ)

テーマ:おやつ
ジャンル:グルメ
また×4「ラボ・フィセル」へ♪
2011年07月22日 (金) | 編集 |
さぁ~てと、大好き  「ラボ・フィセル」  の画像が貯まっていますので・・・、2回分をまとめてアップしまぁ~す。
(確か、5月と6月の土曜営業に行った時の分です、画像がたくさん&長くなりますがお許しを)

<酒粕とのりのつくだ煮味噌チーズカンパーニュ>
s-20110409_25.jpg

s-20110409_09.jpg

断面が抹茶みたいにきれいな緑色ですね~♪
酒粕はふわっ香る感じ、ノリと味噌とチーズがあいまって濃ゆいテイストで美味し~

<酒かすいろいろフルーツジンジャー>
s-20110409_23.jpg

s-20110409_24.jpg

同じ酒粕使いですが、こちらはフルーツバージョン。
たぁ~っぷりのフルーツに酒粕と白あんで作ったクリームとジンジャーの砂糖漬けをまぜて、生地に練りこんであるそうです。
こっちの方が酒粕の風味、香りとも強かったかな?
フルーツの甘味の中に時折、ジンジャーのピリッとしてアクセントになってました。

<エダム蜂蜜 3種ナッツBP>
s-20110409_27.jpg

s-20110409_28.jpg

大好きエダムシリーズのBP使いシリーズ。
今回は3種のナッツ(くるみ、カシューナッツ、ココナツ)ということでナッツ好きにはたまらん感じです。
エダムチーズの香ばし甘さに3種ナッツのカリカリ感と香ばしさがプラスされ、アクセントのBPのスパイシー感がクセになるうまさ

<エダム蜂蜜いちごとオレンジティー>
s-20110409_20.jpg

s-20110409_21.jpg

こちらのエダムチーズはフルーツ系で、エダムチーズと築野いちご農園のいちご、ドライいちご、ムジカのアッサムティー、2種のオレンジをつかった自家製オレンジピール入り。
これ、すごくツボでした!!
まるで、フルーツ入りの紅茶風味の焼き菓子のように爽やかでフルーティーでいい香りのするパンでした。

<黒ごま生地にカステラくるみ黒糖>
s-20110409_18.jpg

s-20110409_19.jpg

オリジナル黒ごまクリームと粉黒糖を練りこんだ生地にカステラとくるみを練りこんあります。
時折、くるみがアクセントになってるはいるんですが、ごまクリームがしっかり濃ゆくて、黒糖の甘味もしっかりしてたのでこれは、ワタシ的にはちょっと甘めだったかなぁ?

<黒ごま生地にホワイトチョコとクッキー>
s-20110409_30.jpg

s-20110409_31.jpg

続いての黒ごま生地バージョン。
黒ごまペースト、ホワイトチョコ、そしてアーモンドクッキーを散りばめてあります。
これもなかなかのみっちり濃ゆ甘い味で、クッキーが入ってるのでお菓子っぽい感じでした。

<濃いめの抹茶きなこはちみつ・ホワイトチョコ>
s-20110409_07.jpg

s-20110409_09.jpg

生地に抹茶ときな粉のクリームが練りこんであります。
ホワイトチョコがいい感じに甘味を出してて美味しかった。

<カステラパン・キャラメルりんごシナモン・サルタナレーズン>s-20110409_16.jpg

s-20110409_17.jpg

キャラメルリンゴにレーズンにカステラの組み合わせだなんて好きに決まってるぢゃないかぁ~、美味しいに決まってるぢゃないかぁ~ということで文句なしにうまかった!!

<クリームパンプキン・ホワイトチョコシナモン(オールブランとクレームダマンド入り)>
s-20110409_13.jpg

s-20110409_14.jpg

グラハム生地にオリジナルのパンプキンクリームとホワイトチョコ、シナモン、クレームダマンドで生地にふんわり感をプラスしオールブランで食感と香ばしさアップしてあるパン。
フルーツやナッツやチーズといった固形物系の具材は入ってないですが、色んなペーストがいい感じでまじわってて奥深い感じでした。
(ワタシ、フィセルさんのパンプキンクリームが結構好き)

<きなこアーモンドくるみのカンパーニュ>
s-20110409_35.jpg

s-20110409_36.jpg

オリジナルきなこペーストを練りこんだ生地にローストアーモンド、くるみがたっぷりが入ってます、で、上に粉黒糖をすこしかけて深みを出してあるんだそう。

シンプルにきなことナッツなんですけど、これが美味しい!!
ナッツ好きな人にはおすすめです。

<ピーナツココアキャラメル・ホワイトチョコくるみ>
s-画像 091

s-画像 092

生地にオリジナルピーナツクリーム、ホワイトチョコ、キャラメルソース、くるみが練りこんであります。
これも、なかなか甘いんだけど、ピーナツクリームが香ばしさが美味しくて好きな味でした。


<いちじくいちごクランベリー 自家製いちごといちじくジャム入り>
s-20110409_32.jpg

s-20110409_34.jpg

生地にはいちじく、いちご、クランベリーと3種のフルーツと隠し味と隠し食感のためにオールブランが少し入ってるそう、トップには自家製いちじくジャムといちごジャムを混ぜたものをのせてから焼いてあるんだとか。
ベリー系の甘酸っぱさといちじくのプチプチ感でフルーティーなパンでした。

<いちごミルクティースティック>
s-画像 093

s-画像 094

ミルクティーというネーミングから、ホワイトチョコとイチゴをイメージしてたんですが、イチゴとクリチと紅茶入りでした。
紅茶風味のストロベリーチーズケーキちっくな感じで美味しかったですよ。

<ボイセンベリーパン・ホワイトチョコ>
s-画像 026

s-画像 027

とてもきれいな色のパン。
水を一切使わずボイセンベリーの果汁だけで練った生地は、口に近づけるだけであまずっぱい香りがし、食べると、ボイセンベリーのジューシーなあまずっぱさが口いっぱいに広がるんですが、ホワイトチョコが加わってることによって、その甘さが酸味をまろやかにしてくれててすごく美味しいです

<国産小麦の全粒粉入りベーグル・クランベリーホワイトチョコ>
s-画像 030

s-画像 031

s-画像 032

<国産小麦の全粒粉入りベーグル・バナナくるみ>
s-画像 028

s-画像 029

久々にフィセルのベーグルを買いました。
全粒粉入りのベーグル生地はモチモチしてて美味しい♪

<抹茶レモンホワイトチョコくるみ>
s-画像 033

s-画像 034

もっちり生地で、ホワイトチョコの甘さとレモンの爽やかさとくるみの香ばしさが口に広がります。
抹茶はトップの部分はほのかに苦味がありましたが、中生地のマーブル模様部分は目で見えるほどの存在感はなかったです。

<ココ・ホワイトチョコポテト(自家製いちじくジャムといちごジャム入りの生地・ココはココナッツ・スイートポテト)>
s-画像 035

s-画像 035

s-画像 036

これ、食べてビックリ、予想をはるかに上まる美味しさでめっちゃ気に入ってしまいました
スイートポテトが練りこまれたほんのり甘くほわっと食感の生地にココナッツのシャクシャク感、いちじくジャムのプチプチ感と様々な食感が重なり、Wジャムが(いちじく&いちご)がしっかりめに生地に染み込んでててめっちゃジューシーなんです。
で、ホワイトチョコの甘さもいい感じに効いてて、もう最高に好きな味!!

<抹茶カステラパン・築野いちご農園のいちごとミルクチョコくるみ>
s-画像 043

s-画像 045

フィセルのいちごとミルクチョコの組み合わせはヤバうまですからね、それに抹茶カステラとくるみがプラスされてるでしょ、美味しいに決まってまっせぇ~ってなもんで、ミルクチョコといちごのパンチの中に抹茶の風味も感じたし、くるみも香ばしくて期待を裏切らない美味しさだったわ

<バナナミルクチョコのパンプティングパン>
s-画像 046

s-画像 047

こちらはバナナとミルクチョコという王道組み合わせにパンプティングがプラスされてます。
パンブディングのムチムチ感がグー、バナナの味が濃ゆいのでバナナ好きにはたまらんねぇ

<かんきつマスカルポーネクリームチーズ・ホワイトチョコ>
s-画像 048

s-画像 049

ホワイトチョコ、イタリア産レモン、自家製オレンジピール、有機レモンのパウダーを入りのチーズフィリング(マスカルポーネチーズとクリームチーズ)がどど~んと入ってます。
このチーズクリームがチーズケーキちっくで、めっさおいしい

<エダムチーズと蜂蜜・オレンジミルクティー>
s-画像 052

s-画像 053

エダムチーズの香ばしさにオレンジの爽やかさ、ホワイトチョコの甘さ、紅茶の風味と香りがベストマッチで、文句なしの美味しさです。

<いちごティラミス>
s-画像 054

s-画像 055 
これ、ハーゲンダッツドルチェのいちごティラミスの発売後ぐらいに新商品で出だして、大人気で予約時点で完売とかになってて、めっちゃ気になってたんですけど、定番商品じゃないのでなかなか買うことができないでいたんですよ。

で、フィセル大好き友達の ”やればできる子のSちゃん” に「いちごティラミスが食べてみたいんだけど、なかなかタイミング合わなくて・・・」って話をしてたら、Sちゃんがお店に買いに行った時に丁度、店頭にいたぱんちゃんにパンのリクエストを聞かれ、「友達が食べたがっているのでいちごティラミスを!!」とリクエストしてくれたので、メニューに入れてもらって買うことができました


断面カットに失敗して、この画像では見えないけど奥にクリチも入ってます。

中にはカステラ、オールブラン、白あん、クリームチーズ、ホワイトチョコ、築野イチゴ農園のいちご、コーヒーキャラメルとスペシャルなほどに複雑な構成。

予想以上にコーヒーキャラメルの味が強く、ほろ苦さが前面に出てて、ワタシ的にはちょっとイチゴが弱い感じに思えました。(もうちょっといちごの酸味が欲しかった)
苦手なあんこ(白あん)が入ってましたが、味はほとんど感じず、カントリーマウムに白あんが入ってるのと同じ感じで食感のアクセントの役割を果たしてるのかな?ってほど気にならない感じでした。

<コーヒーキャラメルセミビターチョコアーモンド>
s-画像 037

s-画像 038

いちごティラミスと同じコーヒーキャラメル使いですが、ローストアーモンドとコーヒーキャラメル生地がめっちゃ合ってます
ご覧の通りのセミビターチョコもいっぱいなんですが、コーヒーのほろ苦さが効いてて、大人テイストのチョコナッツパンって感じでした。

<マンゴーバナナショコラ>
s-画像 039

s-画像 040

これ、クランベリーショコラのバージョン違いなイメージかな?
チョコがいっぱいです、合うよね~、チョコとバナナ、チョコとマンゴーって。
マンゴーもバナナも好きなワタシにはたまらない組み合わせでした

<セミドライトマトと有明のりチーズ>
s-画像 050

s-画像 051

口に入れるとノリの香りがフワッ~と広がって、めっちゃいい感じです!!
ドライトマトの甘味と酸味とチーズがマッチして、それに海苔の風味がプラスされるので和風イタリアンな感じ。

<クリームパンプキン・ミルクチョコとパンプティングパン>
s-画像 041

s-画像 042

クリームパンプキンが入ると生地がモチモチになるんですが、それにパンプディングのムチムチが加わるからモチムチ食感という素晴らしい食感が楽しむことができるパンなんです。

パンプキン生地の甘さとパンプディングのモチモチ間にミルクチョコの甘さが加わると何ともいえない美味しさですよ~。

ハイッ、長々とお付き合い有難うございます、今回はこれにて終了!

たくさんあり過ぎ&5月頭の話もあるので、いつものごとく記憶薄れで、書きながら思い出せないこともありちょいと微妙なレポになりましたが、画像で美味しさが伝わるといいな~と思います。
(まだ1回分の在庫記事があるのと、近々、また買いに行くのでアップがいつのことになるかナゾですが、ラボ・フィセルネタはちょいちょい続きますので。)

<お店の紹介>
「boulangerie labo ficelle(ブーランジェリー ラボ フィセル)」
住所:大阪市西区立売堀3-8-5
    阿波座2番出口から徒歩2分

TEL:080-5705-0805
 ※お店には置いてなくて予約やお問い合わせの受け付け用になってるそうです。

営業時間 11:00~売り切れ次第終了

定休日:土・日・月・祝
  ※月1回第2土曜のみ営業(その時は第2火曜は休みで水・木・金・土が営業)
  
予約について
  受付時間 7:30~19:00
  (仕事でどうしても上記時間が無理な場合は20:00まで可)


当日分のご予約は10:00までに。
 ※「土曜日と日曜日のお電話はできるだけご遠慮ください」とのこと

予約の商品の引き取りは18:30まで
※夏場(日が長くなる季節)は19:00まで延長

テーマ:パン
ジャンル:グルメ
「A-NE CAFE 」でモーニング
2011年07月19日 (火) | 編集 |
ハイッ、まだあったお江戸ネタです
(ってか、まだありますけど・・・、何か?)

とある日の朝食は、新高円寺にあるこちらのお店↓へ行ってきました。 
s-画像 066

s-画像 067

「A-NE CAFE (アーネカフェ) ~~~っ」

こちらのお店のオーナーさんは、姉妹なんだそうです。
以前は別の場所でベーグルを中心としたパン屋「阿佐ヶ谷ベーグル」を営んでいたんですが、カフェ開店の夢を叶え、その店を閉め、2009年に現在地にカフェをオープンさせたそうです。

カフェを切り盛りするのはお姉さんで(だから、A-NE<姉>カフェというウワサ)、妹さんは近所の gigio bakery(ジージョ<次女>ベーカリー)という工房でパンやお菓子づくりに専念しているんだとか。

カフェの1Fがパンやお菓子の販売スペース&カフェスペースで、妹さんが焼いた焼きたてのパンをおじさん(お父さま?)がチャリンコで何回も運んでこられ販売されていて、2Fはカフェスペースとなっています。

もう、お店の作りがカワイ過ぎてテンションあがりますよ~。
(これ↓は2Fから1Fのレジ周りを写しました)
s-画像 056

こちら↓は2Fの様子。窓際にカウンター席と真ん中に大テーブル席があります。
s-画像 055

s-画像 057

で、ワタシ達が頂いたのはこちら↓
<モーニングセット ¥650>
s-画像 058

ジャジャーン!!
バゲット、フランスパン、カンパーニュ、天然酵母のパンetc・・・温められたパンが5切れと、オレンジ風味のコールスローサラダとボリューム大な内容です!!

s-画像 059
s-画像 053

それに、自家製ジャム(苺)、バターとフロマージュブランがついてきます。

s-画像 054
s-画像 061

そして、テーブルにはこんな感じで色んな種類の塩、胡椒、オリーブオイルが置いてあります。

s-画像 064

s-画像 065

s-画像 062

s-画像 063

「おおっ~、パン、うっまぁ~い 

パンはホカホカに温められてサーブされます。
こんな風に、色々トッピングして楽しむんですが、このフロマージュブランが たまらなく激ウマ!!
オリーブオイルと塩、胡椒をトッピングしたら、超ウマイ

s-画像 060

セットのドリンクはカフェオーレにしました(結構たくさんの中から選べるのでお得な気分ですよ)、大きなカップになみなみと入って出てきました。

他にも美味しそうなサンドメニューとかあるんですが、ドリンクがセットになっているのはモーニングだけなので、お得なのはモーニングセットかな?(通常だとドリンクは¥450ぐらいする)

でも、パン5切れはさすがにキツかったけどね・・・
(ワタシは気合で完食しましたが、母は1切れ残してましたから・・・)

販売されてたパンも魅力的だったので、いくつか買い、次の日の朝ご飯としてホテルで食しました↓
(※朝1ぐらいに行くと前日の売れ残りのパンが半額で売っているのでお得です)
s-画像 115

デニッシュ生地にシナモン、クルミ、ドライフルーツがいっぱい練り込まれててめっさウマイ
あっ、シナモンがかなり効いてますが、それでも美味しかったです。

s-画像 116
s-画像 117

カルツオーネ風の形のパンはむちむち食感で中にはジューシーで大粒のプルーンと濃厚なクリチが入ってました。

で、こちらは持ち帰ったもの↓
s-画像 162

s-画像 039

スコーン、こちらは、ノーマルタイプのもの。
ものすごくデカイです。

s-画像 164

s-画像 005

こちらはクランベリースコーン。

同じスコーンという名前ですが・・・、実は大きさはこれほど差があるのです(値段は同じぐらいだったような・・・?)↓
s-画像 163

どちらも甘さ控えめで、外側はサクザク、中はしっとりホロホロの食感。
プレーンは生地自身の優しい甘味だけでも食べきれちゃう美味しさでした

s-画像 159
s-画像 160

イングリッシュマフインは2個セットで販売されてます。
モーニングでも食べたんですが、全粒粉入りのマフィンはしっとりもっちり食感で、周りにまぶしてあるコーングリッツがざくざくしておいしかったぁ

カフェの雰囲気もとってもいいし、パンも美味しいし、近所にあったら間違いなく通ってしまうだろうな・・・と思える素敵なお店でした。

機会があれば、再訪したいお店です♪

<お店の紹介>
「A-NE CAFE (アーネカフェ)」
住所:東京都杉並区梅里1-7-2 LUNA101
TEL:03-3314-3234
営業時間:8:30~18:00(モーニング 8:30~11:30)
定休日 火曜・第2・4水曜

テーマ:cafe
ジャンル:グルメ
祇園祭りと念願の床バックスとおじいちゃんの作る玉子サンド 
2011年07月17日 (日) | 編集 |
旦那君のリクエストによりダダ込みの祇園祭りに繰り出しました。


まずは、三条大橋の床バックスでコーヒーブレイク。

img-index-01.jpg
(※HPより画像拝借しました)

5月から9月まで営業される床席。
今の季節は16:00~22:00の間利用できますが、やっぱり人気があるみたいで、混んでる時は専用の列に並んで順番待ちです。

s-20110716_09.jpg

s-20110716_11.jpg

涼しくて、なごめますよ~。
ちゃんとしたお店で料理とか食べるといいお値段がするので、コーヒーの値段でお手軽に鴨川床が楽しめるのでおすすめです!!

<お店の紹介>
「スターバックス 三条大橋店」
住所:京都市中京区 三条通河原町東入ル中島町113
           近江屋ビル 1F
TEL:075-213-2326
営業時間:8:00~23:00
※床営業時間 5月・9月 11:30~22:00  
         6月~8月 16:00~22:00
         (雨天の場合は利用不可)

定休日:不定休


そして、次に向かったのはこちら↓
s-20110715_07.jpg

「レストラン コロナ ~~~っ」

全国ネットのTVでも紹介されてるので有名過ぎるこのお店、ご存知の方も多いと思いますが、お店は決してキレイではありませんので・・・、潔癖性の人とかは無理かと・・・。

メニューはこんな感じね↓
s-20110715_01.jpg

このお店の名物はお料理を全て1人で作っている 90歳超え(95歳らしい)のおじいちゃんシェフ とこちらのメニュー↓

<玉子サンド ¥500>
s-20110715_04.jpg

作ってるのをハタで見てましたが、材料とかね、突っ込みどころはたくさんありましたが、スローな動きで黙々とマイペースに料理を作り続ける90歳を超えて頑張ってるおじいちゃんシェフに免じて目をつぶりましょう・・・ってな感じ。

以前に行かれた方の画像では飾りにパセリのってたりしたけど、ワタシ達の目の前に出てきたものはパセリすらのってないし(ワタシ達がその日の最後のお客だったのでパセリがもうなかったのか?)、のせかたも微妙な感じで出て来たので撮影用にちょっとキレイに盛り直しましたよ
(それでも、何だか微妙だわ、パセリの存在って大事だなと改めて実感)

s-20110715_03.jpg

それにしても、この卵の量はハンパないですね!!
薄~くデミグラスソースとマスタードを塗ったパンに卵を4個使った分厚いオムレツを挟んであるだけなんですが、この分厚いオムレツをギュギュッと押さえながら、上手に挟み込んでいくのはおじいちゃんならではの熟練の技だと言えます。

「あ、不思議に美味しい~~~っ

このオムレツがね、とってもふわふわで塩気が絶妙に効いてるんです。
で、時折マスタードがアクセント的に存在感をアピールしてきて、美味しいんです。
(※旦那君の知り合いの人の情報ではおじいちゃんご高齢により、日によって味にムラがあり、卵が塩辛過ぎる日もあるんだとか・・・←そんな日には当たりたくないわ)

<チキンカツ ¥700>
s-20110715_06.jpg

見た感じ、家の食卓に出てきそうなビジュアルのカツですが、これも、ソースがちょっと甘いんだけど、それがカツとしっくり合ってて不思議なことに美味しいのです。

オーダーが入っても、料理が出来上がっても、一言も声を発しなかったおじいちゃん、料理を作り終えた後、厨房からワタシ達の席のある客席スペースに出て来て堂々とタバコをすい始めたことにビックリ、そして帰る際に「ごちそうさまでした」と言うと、「おおきにぃ」と、初めて声を発しはったのでまたビックリ

まぁ、色々気になることはありましたが、ずっと気になっていたお店だったので、おじいちゃんが元気なうちに食べに来れて良かったです。

潔癖性の方にはおすすめはしませんが、でない方はおじいちゃんが元気なうちに一度行かれてみてはいかがでしょうか?

<お店の紹介>
「レストラン コロナ」
住所:京都市下京区西木屋町通 四条下る船頭町201
TEL:075-351-0567
営業時間 17:00~21:00
定休日:月・火


さぁ、お腹も満たされたので鉾見に行くぞ~。

<長刀鉾>
s-20110716_18.jpg

<月鉾>
s-20110716_25.jpg

<蟷螂山>
s-20110716_28.jpg

s-20110716_29.jpg

ワタシが一番好きなのが、通称「かまきり山」とも呼ばれるこれ。
唯一のからくり山ということで、子供の頃に見た時は羽や鎌が動いてたんですけど、今回、見た時は動いてなくてとっても残念

カマキリということで子供にも大人気です。

例年、祇園祭中に必ず降ると言われる夕立も今年は降らないままでした。
(去年も降らなかったような・・・?)
今年も猛暑の夏の予感ですが、皆様も夏バテや熱中症には充分気をつけて下さいね。
テーマ:京都
ジャンル:地域情報
「黒メック」と「Flip up!」の夏仕様のパン
2011年07月13日 (水) | 編集 |
何処かのブログで紹介されてた これ↓ がど~しても食べてみたくて 黒メック に行ってきました♪

<パッションフルーツのクロワッサン・オン・ザ・マンド ¥262>
s-20110709_13.jpg
s-20110709_15.jpg

好き好きクロワッサン・オン・ザ・マンドのパッションフルーツ版だなんて、素敵過ぎるぢゃあ~りませんか

あ、ワタシが持ち運びに失敗したワケではなく、カバーリングのアーモンドクリームが重すぎたのか?元々ちょっとペチャンコ気味のザ・マンドです。

キュンとしたパッションのあま酸っぱさがたまんねぇ~~~っ
(あ、酸味が苦手な方には無理かも・・・?)

予想通り、いや以上の美味しさに大満足!!

<レモン風味のパンペルデュ ¥210>
s-20110709_12.jpg
s-20110709_16.jpg

おっと、こちらは、パンペルデュのレモン版ですかっ!?

お~、これまた、チーズケーキみたいな味で美味しいやないですか

レモンの酸味はガツンという感じではなく、爽やかな感じです。
(あ、ワタシのレベルなので、一般的にはどうだろう?キュンって感じまではいかないと思うけど・・・、一応、酸味が得意でないチーズケーキ好きの旦那に食べさせたら「美味しい♪」と言ってました。)

うん、夏向きな感じでグットではないでしょうか

<パン・ア・ラ・クレーム ¥168>
s-20110709_28.jpg
s-20110709_31.jpg

こちら、要冷蔵商品です。
プチメックでクリームパン的なものを見るのが初めてのような気がしたので(クロワッサンにクリームが挟まれてるのは食べたことあるけど)購入したみました。

パン生地は、普通のパンよりややブリオッシュに近いタイプかな?
バニラビーンズ入りのクリームが絶品で、クリームパン好きの旦那が「これ、ウマイ!これ、ウマイやんか」と食べてる間中言うてました。

で、黒メックに行ったなら、当然、 フリップアップ にも行くわよね・・・

<マンゴーベーグル ¥180>
s-20110709_19.jpg

待ってましたぁ~、マンゴーベーグル、発売されてましたぁ~

s-20110709_25.jpg

しかも、去年の画像が これ なんですけど、見てお解かりのように生地にマンゴー果汁練り込まれててバージョンアップされてまぁ~す。
※ワタシのカットが悪いだけでマンゴーもわんさか入ってますよ!!

食べた瞬間、生地からマンゴーの香りと風味がフワ~ッと広がってたまりませんよ
クリチ塗って食べたら更にウマイからっ!!

<ずんだ餡とココナッツのベーグル ¥180>
s-20110709_22.jpg

初めて見た気がするんですが・・・、前からあるのかな?季節ものなのかな?
アンコが苦手なワタシはずんだ餡の ”餡” という響きが若干、気にはなったんですけど、買ってみました。

s-20110709_23.jpg

断面カットしてみたけど、あれ?思ってたイメージと何だか違う・・・。

s-20110709_24.jpg

カット方向を変えてみたけど、やっぱりあれれ?何だかシンプルな感じよね。

ワタシのイメージではずんだ餡が、チョコベーのチョコのようにグルりと練り込まれてるはずだったんですけど、生地全体を混ぜ込んだ感じなのでずんだ自体の存在感はあまりありません。
(薄っすら緑色はあるけどね)
で、ずんだ餡いうよりココナッツ餡みたいなのが真ん中にあって、甘くてシャクシャクしてココナッツ好きとしては好きな味でした。
シンプルな断面ですが、全体的に優しい甘い味がして、美味しいですよ♪

夏は暑くてイヤだけど、大好きなマンゴーやパッションフルーツが本格的なシーズンに突入するので、パンやデザートで色々楽しみたいで~す。
テーマ:パン
ジャンル:グルメ
幻のカフェにて激ウマベーグルサンドと出合う♪
2011年07月11日 (月) | 編集 |
最近、ワタシがバイトを始めたことはお知らせしたんですが、昼のバイトでまかないはついてないので、お昼ご飯がいつも微妙な感じになるんですよねぇ・・・
(帰ってくると16時前で言うてる間に晩御飯の時間だし、朝は10時前後に出るので早めに食べるにしても早過ぎだし)

で、支給されてる交通費にちょっとプラスすると市バスの1日乗車券が買えるので、週1(その週の最終バイト日に)はよく頑張った自分へのご褒美にバイト帰りにカフェ飯かおやつ散策に出かけることにしました。
(ちなみに候補店だけで既に5店ほどあったりするんで、そこに行くのを楽しみにバイトを頑張りたいと思います)

そんなこんなで第1回目に行ってきたのは、やっているか、やっていないかは運次第 という下鴨神社のすぐ近くにあるこちらのお店↓
s-20110706_11.jpg

「yugue(ユーゲ) ~~~っ」

外観はこんな感じの古民家風です。

こちらのお店は不定休で、規則正しく営業されてはないようなんです。で、お店には看板とかは一切出てませんので、お店のことを知らないと見過ごしがちです。
目印は白い暖簾です!!


で、その暖簾がかかっているせいで、遠くから中の様子は見えません!!!
でも、これが出てれば営業中です ので、勇気を出して引き戸を開けて中へ入りましょう。

そして、店内に入ってからも

「いらっしゃいませ~、こちらへどうぞ」

と言った案内とかは一切ございません。
(店主さんが すごい人見知り だとかで、接客的な愛想はあまり宜しくありませんが・・・、でも不快感を感じるとかそういう感じではありません)

なので、何も知らないで初めて行くと、少しとまどうと思います。
ワタシも事前調査で何となくその情報は掴んでましたが・・・、本当にそうだったので、本当は興味があった2F席に行くのを諦め、1F席に座りました。

こちらのお店、雑誌とかにも載ってたりするんですよ。
(ワタシも最初、雑誌でその存在を知ったので)
で、雑誌に載ったりすると反響でお客さんも増えると思うんですが・・・、営業時間もお昼過ぎ(14時頃くらい?)で定まってない感じだし、以前、土曜日の14時過ぎくらいに1回行ってみたことがあるんですが、その時はやってなかったのか?まだ開けてなかったのかで閉まってたんでね・・・、開いてたらラッキー的なお店だと思います。

その日の営業は電話で問い合わせたらいいらしいんですけど、お店の方の電話の声が小さくて聞き取りにくいらしいと食べログの口コミにあったので、ワタシは開いてなかった時用に別のお店を用意して、いちかばちかの問い合わせのTELなしの勝負に出て現地に向かいました。
(丁度、バスが店の前を通るので、暖簾を確認し、下車して無事、訪問とあいなりました。)

先客に学生さんかな?若い男子が1人おられました。

s-20110706_02.jpg

1Fはこんな感じで、コンクリートの土間に小さなテーブル席が3つ、奥は厨房カウンターとなってます。
イスとか机とか種類はバラバラなんですが、何処か統一感のある感じにまとめられていて、店主さんのセンスの良さを感じることができます。

ちなみに写真の右下にある扇風機は飾りではありませんよ、この日は窓を開け、扇風機を回しておられたので、時折、ふわっと風が抜けると涼しいのですが、抜けない時はちょいと暑かったです
(一応、確認したらクーラーはあったので夏本番にはかかるのでは?)

で、頼んだのはこちら↓
<ベーグルサンド:塩ブタチーズ¥380  コーヒー ¥400>
s-20110706_04.jpg

コーヒーのカップとソーサーがカワイイです、しかも量も多めでなんか嬉しい♪
隠れて見えてないけど、ティースプンも木製でカワイイの。

ベーグルサンドは11種類ほどあり、雑誌にはよく、焼きパイナップルチーズのベーグルサンド¥350ってのが載ってるんですど、ワタシ、その日は塩分を欲していたので、塩ブタチーズにしました。

s-20110706_05.jpg

これがもう、予想をはるかに上まるヤバうまテイストなんですけどっ  

ベーグルのしゅくしゅっとした感じの皮目はカリッと焼かれひきがあり、噛み締めるとほのかに甘味がありモチモチッとした食感の生地がたまらんウマイですっ!!

で、クリームチーズのフィリングも相当ヤバイ
ハーブやスパイスを加えて練り上げられた感のあるクリチは酸味にコクと旨味がプラスされてて、ジューシーでほどよく塩分が効いた塩ブタと、絶妙にマッチングしてるんです。

で、それが何だか解らなかったんですけど、一緒に挟んである緑の葉野菜がいい香りと風味がしてまたアクセント的に美味しかったんです。(ルッコラ?ほうれん草?なんだろ?)

こちらのベーグルサンドは美味しいとウワサには聞いてましたが、本当に美味し過ぎました

うわぁ、これは、他の種類のベーグルサンドも制覇せなあかんわぁ、また行くしかないやん・・・って感じにツボにはまる美味しさでした。

s-20110706_09.jpg

コーヒーについてくるサービスのジンジャークッキー。
ちどり型がカワイく、ジンジャーの程よい香りがして美味しいです。

お店自体がゆる~い雰囲気なので、相当なごめますし、何といってもベーグルサンドが激ウマなのでパン好きさんには是非是非、おすすめしたいお店です!!

ちなみに、名物の水餃子も美味しいらしいので、チャンスがあればそちらも試してみたいと思います。

補足ですが・・・、2006年に こちら に店主さんが受けられたインタビユー記事が掲載されているので、行く前に読んでいくと、お店の雰囲気や店主さんの人見知り度が解るのでは?と思います。
(※紹介されてるメニューの価格は現在は変わっているものもあります)

<お店の紹介>
「yugue (ユーゲ)」
京都府京都市左京区下鴨松原町4-5
TEL:075-723-4707
営業時間:14:00過ぎ頃から22:00頃まで
不定休
(※ご来店の際は確認された方がよろしいかと・・・)
テーマ:cafe
ジャンル:グルメ
ワンコインで楽しめるイベント(inお江戸)
2011年07月07日 (木) | 編集 |
皆さん、こんにちは。
こんなに忙しいと知らなかったので、連チャンでバイトのシフトを入れてしまい、バイトの疲れが全く抜け切らない junjun でございます
あまりの疲労感に溜まりに溜まったネタをアップする気に全くなれないんですが・・・、頑張って1記事書きましたのでご紹介。
(で、次はいつだか自分でも予想不可能ですから・・・)

お江戸で1人行動の日に 5/16~21日期間限定で開催されていた とあるイベント に参加してきました。

行ってきたのは、築地にあるこちらのお店↓
s-画像 092

「うおがし銘茶 築地新店 ~~~っ」

こちらでは年5回ほど(だいたい、1月、3月、5月、7月、9月or10月)、期間限定で「茶遊会」というワンコイン(¥500)でお茶が楽しめるイベントをやっておられます。
(ちなみにワタシ、専らのコーヒー派なので自宅で日本茶を飲むことなど皆無に近いんですけどね
                
s-画像 093

ワタシが行った時は丁度、新茶の時期ということで

 「茶遊会 新茶」 ”新茶は春のごちそうです”

をテーマに新茶が楽しめるイベント内容となっていました♪

予約も何もいりません、お店に行ってまず、受付で¥500を払って、以下のスタンプ用紙をもらい、5Fから下へ各階を順にまわっていくというシステムです。
(※普段は、1Fは物販、2、3Fは喫茶室、5Fがイベントスペースになっているそうです)

s-画像 107

【5F】 新茶だ!わっしょい!! 
s-画像 095

部屋の奥に鉢に植わったお茶の樹が並んでます。
どうやら、ここで茶摘みが体験できたみたいなんですが、特に案内がなかったので・・・、茶摘みはしませんでした。
(伺ったのが最終日真近だったので、色んな人に摘まれてしまって、もう芽がなかったのかも・・・?)

<新茶と静岡産の桜海老入りのチヂミ 静岡の「開運」というお酒>
s-画像 096

ミニサイズのチヂミですが、桜海老の風味と新茶の香りふわっとして、モチモチッ食感で美味しかった

<新茶の天ぷら>
s-画像 099

苦味もなくて美味し~♪

<ほうじ茶の 「はいから」>
s-画像 102

う~ん、香ばしい。

【4F】 やぶきた 深蒸し 香りよく
s-画像 105

s-画像 104

「にゅう。」という深蒸しの掛川茶の新茶を頂きました、このお茶は熱湯で淹れて、すぐ茶碗に注いで大丈夫なんだそうです。
深蒸しということで、味は濃厚で香りもとてもよかったです。

ここでは、ニ煎目の入れ方を伝授して頂きました。

1.茶葉は急須の後ろ側に寄せ、
2.茶葉にあたらないようにお湯を入れ、
3.すぐに湯のみにお茶を注ぐ。注ぎ切る。

そうすると二煎目でも美味しく頂けるそうです。


【3F】新茶 温 vs 冷 飲み比べ 
s-画像 106

築地新店オリジナルの 「茶の実倶楽部」というお茶の温かいのと冷たいのの飲み比べです。

こちらでは美味しいお茶を煎れるコツを教えてくれました。
お茶を急須に入れる時、茶筒の蓋ではなく茶さじを使う事、お湯を入れた後、急須をむやみに揺すらない、回さないetc・・・。

どっちがどっちだったか?もはや覚えてませんが・・・、確か左が冷たい方だったような・・・。
水出し(水道水でOK)で簡単に入れられるそう。
同じ茶葉なのに、温かいの冷たいのでは、こんなにも違うのか!?と思うぐらい、味が違いました。
温かいと甘い感じがします、冷たいのは水出ししているので茶葉がしみているのか、少し苦味が感じられました。

【2F】 大好評! 新茶もち 
s-画像 108
s-画像 109

九州産の 「これから」 というお茶の新茶と新茶を練りこんだお餅に粒餡を絡めた”新茶もち”を頂きました。
基本、粒餡は苦手なんですが、これはとても美味しく頂けました

【1F】 新茶 一番人気! 
s-画像 112

ラストは、「しゃん」 という深蒸し掛川茶の新茶です。
色がとてもキレイ!!
1番人気ということもあり、渋みがありながらもすっきり飲みやすいお茶でした。

このイベントに参加されてる方はお店の常連のリピーターさんが多いみたいで、各階でレクチャーを受けてる時のお茶に関する質問が本格的でワタシには何のこっちゃ解りませんでしたが・・・、まぁ、そんなど素人のワタシでも楽しめるイベントなのでとってもお得だと思います。
(お茶をたくさん飲むので、お腹チャプチャプになりますけどね・・・

ちなみに、次回は
 
「茶遊会 夏」 ” 夏だ!冷茶だ!お祭りだ!”

をテーマに 7/11(月)~16(土)<10:00~17:00>の期間限定で行われるそうです。

(内容は こちら でご確認を)

このブログを見られてる方は関西の方が多いのかしら?
もし、東京近辺の方、もしくはその時期に東京に行かれる方がいらっしゃったら、是非、参加されてみてはいかがでしょうか?

<お店の紹介>
「うおがし銘茶 築地新店 (茶の実倶楽部)」
住所:東京都中央区築地2-11-12
TEL:03-3542-2336  
営業時間:10:00~18:00 
定休日:日曜・祝日


※茶遊会の開催期間については、お店のHPにてご確認を
「メゾンカイザー」でパン食べ放題ランチ
2011年07月04日 (月) | 編集 |
ワタクシごとですが・・・、ちょっと前から平日のお昼間に飲食店でホールのバイトを始めました。

学生時代に経験があったのでこのジャンルを選んだんですが・・・、 ”その学生時代って一体、何年前の話やねんっ!?”って感じなので 思ってた以上に体がキツイ・・・ってか、キツ過ぎるぅ・・・

しかも、場所柄、ジャンル柄、そんなに忙しくないだろう・・・と、タカをくくっていたのに予想以上に流行っていて、忙しい

毎回、帰ってきてから晩ご飯の支度するのも面倒クサイくらいの疲労感で、改めて自分が若くないことを実感させられている今日この頃でございます。
(前の仕事を辞めてから1年近くダラダラしてましたからねぇ・・・、体が完全にダラけモードなんですよね

一応、エンドを決めていて、3ヶ月くらいで辞める予定なんですが、3ヶ月頑張れるだろうか???ってな感じです。

そんなこんなで、結構疲れてますので、帰ってきてからPCに向かってキーボードを打つ元気が出ないので、更新頻度が下がるかと思いますがご理解の程を・・・。
(今日は予約投稿ですが、これが投稿される頃には必死こいて働いておりますよっ

と、前置き長くなりましたが・・・、ハイッ、今日は忘れそうになっている お江戸ネタ行っときます!!

今回、宿泊ホテルが池袋だったので、一旦、荷物を預けがてら池袋でランチすることに。
で、行ったのはこちら↓
s-画像 014

「メゾンカイザー池袋店~~~っ」

関西には未だ未上陸ですが、パリの「フィガロ紙」で 美味しいクロワッサン NO.1 に輝いた 「メゾン カイザー」

こちらの店舗ではそのメゾンカイザーのパンが 食べ放題 のランチがあるんです
ちなみに食べれるパンのラインナップはこんな感じね↓
s-画像 012

通常販売で250円~350円ほどのパン達、(残念ながらクロワッサンは含まれておりません・・・)これが食べ放題ってのはなかなかの魅力ですね

<サラダランチ ¥1,000>
s-画像 004

パンを食べる気満々だったので一番ボリュームの少なさそうなのにしました。
日替わりの一品(ブリのタタキ)、サラダ、日替わりのスープ(コーンスープ)、ドリンクパンが食べ放題という内容。

ランチは他に 網焼きセット¥1,300、オムレツランチ¥1,300、サンドイッチランチ¥1,000 がありますが、サンドイッチランチにするとパン食べ放題ではありません。

s-画像 005

ブリのたたきって初めて食べた気がしますが、脂が適度にのってて美味しかったです。

s-画像 006

スープはクリーミーで美味しかった。

s-画像 003

最初にこんな感じで5種類のパンが出てきます(※画像は2人分)
パンの説明は特になかったのですが、全部違う種類です。
これがなかなかパンチが効いた大きさでこれだけでお腹一杯になりそうな感じです。

ちなみにバターはこんな小さいのが2人で1つ、お代わりはできるのかどうかはナゾです。
パンは常温でサーブされるんですが、これがね、常温なのに物凄く美味しくて、ちょっと感動です

お代わりのパンはこんな感じのミニサイズ(こちらはパンのネームプレートがありました)↓
s-画像 011

さつまいもの練りこまれたパンといちじくのパン、くるみとレーズンのパン。
さつまいものパンがめっさ美味しかった

ちなみにお代わりをうたっているので、スタッフが常時周ってると思いきや、忙しい時は呼ばないと来てくれませんのでご注意を。

s-画像 009

ドリンクは珈琲or紅茶から選べます。
※以前はテラス席はドリンクもお代わり可だったらしいんですが、前に出てるパンの種類の看板に書いてあるように4/17日をもってそのサービスは終了したようです。

その日は暑かったのでワタシはアイスコーヒーを頼んだんですが、母の頼んだホットにはプチマドレーヌがついていたので ”しまったぁ~”って感じでございました。

パンを2回お代わりして、計9個ほど食べたかな?
ウコンとヘーゼルナッツの「キュルキュマ」、池袋店限定のシナモンのパン「パン池袋」はサーブされてなかった気がしますが、どのパンも美味しくてこの¥1,000はお値打ちだと思いました!!

<お店の紹介>
「メゾンカイザー池袋店」
住所:東京都豊島区東池袋3-1サンシャインアルパ1F
TEL:03-3980-8880
営業時間
イートイン 11:00~22:00(L.O.21:00)
ベーカリー 8:00~21:00(日祝日10:00~21:00)
定休日:不定休
テーマ:今日のランチ!
ジャンル:グルメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。