粉もんスイーツ&パンが大好きな京都の主婦です。このブログでは私が食べた物を中心に紹介していきます♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ただいまぁ~♪
2010年10月30日 (土) | 編集 |
s-コピー ~ CIMG0063
s-コピー ~ CIMG0066

式を終えて無事帰ってきましたぁ~。

(※画像はわざと粗めにしてあります。)

帰ってきたら、日本、寒すぎて、ビックリですからっ 
(前回のタイ旅行の時の学習を全く生かさず、冷え性のくせして今回も薄着で帰ってきてしまい、街中でも、電車内でも私ってば1人、浮いてました・・・←だって、出発した日、めっちゃ暑かったんだもん!!)

s-ハワイ タケ 109

ハワイ滞在中、何度か虹も見れました♪
ハワイはとっても虹が似合う街ですね~。

とりあえず、今現在、溜めに溜まってる記事からアップしてそれが終わってからハワイネタを書いていきますね~~。
(多分、書き始めるの1ヶ月後とかだと思います・・・)
スポンサーサイト
テーマ:ハワイ
ジャンル:旅行
行ってきまぁ~す
2010年10月24日 (日) | 編集 |
s-10079451406.jpg

挙式の為、しばし、ハワイに行ってきます!!
(帰ってきても、日本のネタが残ってるので、なかなかハワイレポまで辿りつけないと思いますけどね・・・

T君の仕事の関係もあって、 式&新婚旅行というよりは・・・、式をしに行くのがメイン という、ひじょ~にタイトなスケジュールの旅行になっていますが・・・、
なんてったって、私は初ハワイなので、とりあえず、以下の食べ物達に照準を定めましたよん 
(アンタ、結局、食べ物かいっ!!)

<エッグベネティクト>
8B6F31A3E6BD0C70F89FB6311E32CA19.jpg

<ガーリックシュリンプ>
s-bluewater2.jpg

<ロコモコ>
s-d0070088_17211368.jpg

<アサイボウル>
s-DSC00208-e1281889958724.jpg

<パンケーキ>
s-pancake010807.jpg

<マラサダ>
s-marasada.jpg

全部、食べれるかしらね???

ではでは、行ってきまぁ~す 

テーマ:ハワイ
ジャンル:旅行
爆盛りイタリアン「ラットンゾーロ ドーロ」でランチ
2010年10月21日 (木) | 編集 |
え~、旅行の準備が大嫌いな junjun です。

いよいよ、私の直前悪あがきダイエットも架橋に入ってきましたよ~。
最近、ケーキを食べてませんから・・・、この間、フィセルで買い占めたパンも冷凍庫で眠ったままですから。

ああ、炭水化物(粉)を力いっぱい食べたいよ~~~~~~っ

さぁ~て、本日お届けするのは・・・、とある平日に母と行ったランチネタ
(調子に乗って、そんなん行ってるから、悪あがきせなあかんくなるんやでって声が聞こえる~)
行ってきたのは、烏丸にあるこちら↓
s-44009206.jpg

「ラットンゾーロ ドーロ ~~~っ」

横文字が大の苦手  で、外人の俳優さんの名前や、洋画のタイトルなんて基本、覚える気すらない私・・・。

もちろん、こちらの店名も、 ” 何とかドーロ? ” レベルでしか覚えてなかったもんだから、今回、ブログを書くにあたって、リンク先を探すのに、店の名前が出てこず・・・

”烏丸・爆盛り・イタリアン”

で検索かけたら、出てきた次第でございます・・・

で、覚えられないその長い店名の意味は 「金の子豚」 だそうで、見難いと思いますが、お店の軒先に金というより黄色の豚の看板がブラ下がっています。

こちら、2009年の10月にオープンしたんだそうですが、先斗町にある 「トラットリア・ラ・カヴァリーナ」 の姉妹店になります。

「トラットリア・ラ・カヴァリーナ」と言えば、行ったことはないのですが、他の人のブログなどで、”爆盛りイタリアン”であることはだいぶ前から認識してて、
(どれくらいの爆盛り具合なのかは、店名にリンクはりつけてるので、ポチッと確認してみてください)

「ここ、T君向きだわ!是非、一緒に行かなくてはっ!!」

と思ってたんですが、人気がある上に席数が少ない・・・ということと、先斗町までなかなか足を伸ばす機会がないことから、行けずじまいだったんですよね。

そんなお店の姉妹店が烏丸界隈にオープンし、どうやら、そちらも、爆盛りらしい・・・という情報を仕入れたので偵察がてら、行ってきやしたぁ~

ランチは¥1,000が2種類、¥1,400、¥2800、¥5,000までありますが、大概の人は前者3つを食べています。

私、その日の朝、いつもは1回で食べる量の最高は半分のはずの”イリエのクリームパン”をなぜだか?一気に1個食べたちゃったんですよねぇ・・・

で、イリエのクリームパンって、クリーム爆入りですよねぇ、それでどうやら軽い胸焼けを起こしたみたいで・・・、お店に入った時点で、「あんまりお腹空いてないっていうか・・・、軽く気持ち悪い?」といった感じで、胃のコンディションに不安を抱えてたんです。

今日は、同行者も母なので、輸出はされることはあってもできるワケもないので、¥1,400ランチの前菜がそりゃもう爆盛りらしい・・・と聞いてたんですが、今回は2人揃って、パスタランチ¥1,000 をオーダー。

<前菜>
s-20100909_05.jpg

小皿にもられてきます。
基本、お野菜中心(ゴボウ、しいたけ、サツマイモ、ズッキーニ)な感じです、両端のオレンジと黄色のはムースとテリーヌでした。
うん、これはさほど爆盛りではないですね。

しかし、その次に出てきたのが↓これ
<自家製のパンが5種類>
s-20100909_07.jpg

これで、2人前です。
パンの大きさの大小はありますが、5種類×2ということで、計10個あるんです。
陰になってますが、丸いごまパンの下や向こうにまだまだありますからね・・・。

ガーリックフォカッチャ、フランスパン、ゴマパンetc・・・と、それぞれ種類も違うんですよ。

これね、下調べの段階で、 ”食べきれなくてもお持ち帰りできる” ってウワサだったんですが、持ってきはった時に

「残ったら持ち帰りできますので・・・」

と、いったアナウンスは特になく、下げていく時も

「お持ち帰りできますがどうされますか?」

と、いったアナウンスもなく、そそくさと下げられていきました。

他のテーブルではお持ち帰り用で包んでもらってたりしたので、たまたま、アナウンスがなかったのかはナゾです。

女性客がほとんどだったので、基本、普通に食べ切れる人はいないだろう・・・と思うんですが、持ち帰ると言わなかった場合、残ったパンは捨てるんだろうか?
とりあえず、私達が食べれなかった6個ほどのパンは捨てたのかしら・・・?そんなことが気になりました。

そして、パスタは本日のパスタ3種類(オイル系、トマト系、クリーム系)よりチョイスできます。

<鮭とほうれん草のクリームソース>
s-20100909_08.jpg

母、チョイス~♪

<シメジとツナのトマトソース>
s-20100909_09.jpg

私、チョイス~♪♪
これ、画像で伝わりますかねぇ・・・、別に大盛りって指定したワケでもないのに、普通の店で言うところの大盛りに匹敵しそうなボリュームなんですよ!!

両方ともにしっかりと味がついており、美味しいのは美味しいんですが、何せ、食べても食べても一向に減らない・・・

母なんて、クリームソースだから、時間と共に味が落ちてくし、飽きてきたらしく、半分くらい食べたとこで、明らかにモテ余し始めたので、「おいおい、そんなに残されても・・・」と、思い、胃が万全でないのにも関わらず
「交換しようか?」と、言って、変えてあげることに。

味が変わったので、また食べれたんですが、結局、ボリュームに勝てず、2人して完食はできませんでした。
(お店の方、食べ物の神様、ゴメンなさい・・・)

それにしても、私、パスタを残したの久々なんですけど!!
胃の調子が悪かったせい?それとも、いつもは輸出してるから、残したと思ってなかっただけ?

はぁ、パスタランチでこの状態なわけだから、¥1,400ランチにしなくて本当に良かったです。

で、お腹一杯状態のまま、この後、パスタランチはデザートor食後のお飲物(コーヒー、紅茶、カプチーノ、エスプレッソ)をチョイスするんですが、スイーツ大魔神の私は、言うまでもなくデザートをチョイスですね。

<デザート>
s-20100909_10.jpg

パンナコッタ、アイス、パウンドケーキ、マチェドニアちっくなフルーツが少々と、うぉ~、デザートまで盛り盛りなのねぇ・・・
アイスがミルキーで、パンナコッタはフルフルで美味しかったです、パウンドケーキはパサついてたかな・・・?

私、甘い物も同じ腹の人なので、だいぶ苦しかったですが、ど~にかこ~にか完食しました。

というわけで、胃の調子が悪かったんで、もう一度、万全な時にT君と再訪するつもりなのですが、この値段でこのボリュームなんでコスパはいいと思います
が、量的にはかなり、ヘビーですので、小食の女子は¥1,400ランチはオーダーされないように・・・。
(他のテーブルの爆盛り前菜を見ましたが、ものスゴイ量でしたから。)

大食いどんとこい!の方は爆盛り前菜をお楽しみ頂くとよいかと思います


<お店情報>
「 ラットンゾーロ ドーロ」
住所:京都府京都市下京区因幡堂町717
TEL:075-352-7555
営業時間:
[月~金] 11:30~13:15(L.O)
     17:30~24:00(L.O)
[土・日・祝]
     15:00~24:00 LO

定休日:水曜

テーマ:イタリアン
ジャンル:グルメ
美味し過ぎて大興奮の「キャトルラパン」
2010年10月18日 (月) | 編集 |
この間行った時に

「ハッピー、そういえば、最近、ブログ、書いてないだろ!?」

(いつの頃からか、私はハッピーと呼ばれている、そして自分でもキャトルラパンに電話する時「ハッピーですけど・・・」って言ってしまい、それが当たり前になっている)

と、シェフに痛い所を突っ込まれて

「いやいや、アップが遅いだけで、ちゃんと書いてますよぉ~、解りました、今回は早いめに書きますねっ!!」

と言ってから、はや、1ヶ月近く経ってしまいまして・・・、シェフ、ごめんなさい、私はウソつきです

というわけで、お気に入り 「キャトルラパン~~~っ」 に9月に行った時のお話です。

今回も¥3,670のコースを頂きました。

私達、いつも一般のディナーには早い変な時間に行くので、最初の頃はほぼ貸切状態だったんですが・・・、最近は土曜日の予約の希望者が追っつかなくなってて、その変な時間帯ですら満席のことが多いんですが、今回はめずらしく、貸切状態だった為、久々にシェフも私達もまったりした感じで、終始、楽しませてもらいました。

<前菜盛り合わせ>
s-20100918_43.jpg

きゃ~っ、今回も素敵なラインナップ

右上黄色いのから かぼちゃのババロア→かつおのたたきバジルソース
s-20100918_45.jpg

かつおのたたきの下から 生ベーコン、ホロホロ鳥、フォアグラ入りパテ→小あじのエスカベッシュ
s-20100918_46.jpg

右下から ジャマイカチキン→ メキシカンシュリンプ
s-20100918_47.jpg

そして、真ん中に圧倒的な存在感を放ちながら鎮座するのは
s-20100918_48.jpg

「フォアグラのポワレ~~~っ 」

見たって下さい、この真ん中のレア具合を↓
s-20100918_49.jpg

あっ、あかん、今、見てるだけでも、生つばゴックンです

絶妙な火入り加減で、外側カリッ、中身、トロ~ンと濃厚でウマイに決まってますがなぁあああ

<パン>
s-20100918_50.jpg

いつもながらのポワールのパンです。

<玉ねぎ、インカのめざめ、セロリ、にんじんの野菜スープ>
s-20100918_51.jpg

「スープ、温かいのと冷たいのとどっちがいい?」

と、聞かれたので、温かいのをオーダー。

行った時は9月の半ばでまだちょっと暑かったので、温かいのと冷たいのと両方用意してると言ってました。

これがねぇ、予想外の ヤバうま テイストだったんですよ!!

私の大好きな甲殻類のスープと鼻差で2位ぐらいの勢いです。
この間のラ・バッロッタのミネストラほどの違和感はない、スープ以上、ややムース未満のドロッとしたスープで、

これが野菜だけの旨味なのか???

と思えるほど、濃厚でありながら、ギュっと凝縮された野菜の優しい甘さが口の中に広がって得も言われぬウマさ。

あ~、このスープ、パスタに絡めて食べてみたい~とかそんな感じ。
いやぁ、これからは思わずリクエストしちゃうかも?の、激お気に入りのスープです。

<イサキのポワレ オマールのミソのソース>s-20100918_53.jpg

デーデンと、今回の魚もデッカイ!!
そして、今回、初の オマールのミソのソース が これまたヤバかったぁ

オマールのミソのソースって言うと、アメリケーヌソースを想像しがちですが、これはベースがブールブランなんです。
運ばれてきた時はビネガーの酸っぱい香りがしてたんですけど、食べて、一口目で

「私、濃厚なエビのミソですけど・・・、何か?」

っていう、問いかけが口の中に広がるの~、お口の中がパラダイスなのぉ~

濃厚だけどビネガーが効いてるから、サッパリ感もあってくどすぎないし、魚と絡めてもウマいし、パンも進みまくる絶品ソース。

しかも、このミソがねぇ、なかなかいいお値段する代物らしいです・・・。
ここまででも¥3,670でいいんですか!?というコストパフォーマンスなのに、この後、お肉にデザートがつきますからね!!

<マンガリッツアポークの低温ロースト グランマニエソース>
s-20100918_59.jpg

前回、鴨を食べ損ねたから、鴨のつもりでいたんですが、シェフから違うものが提案されて、出てきたのが

今をときめくマンガリッツアポークぅ

私は豚のロースト好きなんですけど、ラパンではなかなか豚のローストがメインで出てくることがないので、前に「私、豚のローストが食べたいねんけど・・・」って言ったことがあるんですけど、シェフは「芸がないから豚をローストで出すのが好きでないねん、だから、豚がメインの時は煮込みで出すことが多いねん」って言うてたんですよ。

だから、まず、豚がローストが出てくることが夢のよう、しかも、今回の豚は今をときめくマンガリッツアポーク!!

うっすらピンク色になるように低温でじっくり焼いた、マンガリッツアポークは、驚きの柔らかさ!!
普通、豚って、多少、弾力ありませんか?それが、本当にびっくりするぐらい柔らかいの。

で、脂身の部分が、甘くて、めっさジューシー

これは、ヤバイ、旨過ぎですからぁああああ

<ブリュレとアイスとフルーツ>
s-20100918_601.jpg

そして、デザートはお誕生日バージョン
T君のお誕生日が翌日だったので、今回はお誕生日のご飯ではなかったんですが、前、いつでも対応できるようにプレートを用意してるって言うてたので、何気に言ってみたら

「えっ、昨日で丁度、チョコペン使い果たしてペンがないねん、何で前もって言わへんかったんや?」

と、言われたので、

「じゃあ、いいですよ、もし、あったらと思っただけなんで・・・」

と、言ったんですが、「いつもお土産とか持ってきてくれるしな・・・」と言いながら、とある所に発注してくれ、即座にプレートが届きましたとさ。
(シェフは時々、口は悪いけど、基本、すごく優しくていい人です)

おっと、プレートに隠れちゃいましたが、アイスもちゃんとあります、柚子のアイスです、サッパリしてておいしゅうございました。

シェフ、お忙しいのに変な手間をかけてすみませんでした、今後は前もって言いますね。

今回は新しい料理との出会いもあったので、いつも以上に大・大・大満足ぅ~でございました♪

最近、1ヶ月遅れのアップはザラで、基本、ウロ覚えが多いんですが・・・、今回、こんなにはっきりと料理を覚えてる自分にビックリです、よほど、印象深く美味しかったんだと思います。

本当にこの内容で¥3,670は儲けはあるんですか?って思うほど、高パフォーマンスの料理だと思いません?
T君なんて、私と付き合い出してからのフレンチデビューなんで、フレンチ=ラパンと思ってる節があるので、他のフレンチの店に行っても、ラパンを基準に考えるので、”美味しいけど、高い・・・、安いけど、少ない・・・”とか言うて、今イチ納得しませんからね・・・
(いやいや、どっちかというとラパンの設定の方がおかしいねん・・・って言い聞かせるんですけどね・・・)

ディナーは相変わらずの予約いっぱいでお忙しいようですので・・・、電話もなかなかつながらないし、つながったと思ったら2ヶ月以上先まで満席とからしいですが、気になる方は頑張って予約取って頂き、この高パフォーマンス料理を実感して下さいね~。

<お店の紹介>
「キャトルラパン」
住所:大阪府大阪市北区堂島1-3-33
            新地萬年ビル5F
TEL:06-6343-8663
営業時間:ランチ:12:00~14:00 
(※ステーキランチのみ&平日のみ)
尚、ランチタイムはお肉がなくなり次第終了、12:40以降の来店であれば予約可(前日までに)

ディナー:18:00~24:00(※要予約)


<ご参考:今まで私が行ったキャトルラパンディナーの軌跡>

その①:Mちゃんと行ったご褒美ディナー¥5,250コース

その②:T君のお誕生日ディナーでT君初来店¥5,250コース

その③:クリスマス時期に¥5,250コース

その④:¥3,670コースに初挑戦

その⑤:またまた¥3,670コースで

その⑥:Tガーマスクで来店¥3,670コース

その⑦‐1
その⑦‐2:T君のお誕生日¥5,250コースで

その⑧:ハロウインに来店¥3,670コース

その⑨:2009年ちょっと早めのクリスマスディナー ¥5,250コース

その⑩:2010年初来店はスーパータイガーで ¥3,670コース

その⑪:2010年2回目の来店 ¥3,670コース

その⑫ :お腹いっぱい大満足の¥5,250コース

その⑬ :久々にマスクを被って¥3,670コース

その⑭ :今年も淀川花火大会とかぶっちゃったので浴衣にマスクで¥3,670コース

※尚、食べているコース代金はぐるなびクーポン使用で、通常金額の半額となっています
(要予約、要1人1ドリンク以上注文のこと)

テーマ:美味しかった♪
ジャンル:グルメ
素敵なフルーツカフェを見つけました♪
2010年10月17日 (日) | 編集 |
ラボフィセルに行く時って、パン好きのお友達と一緒に行くことが多いんですが・・・、ランチも、もちろんするんですけど、それだけじゃ、しゃべり足りない~ってことで、いつもお茶とかするんですよね。
(最終便のパンの焼き上がりを待っている説もありますが・・・)

だから、近くによさげなカフェはないのかね?と、ググって見つけたお店は北堀江にあるこちらのお店っ↓
s-20100917_10.jpg

「MIKI FRUITS CAFE (ミキフルーツカフェ)~~~っ」

あっ、言っときますが、ラボフィセルからめっちゃ近いワケではありませんよ・・・
(徒歩20分ぐらい・・・?いや、もっとかな?、ここの最寄は西大橋駅、ラボフィセルの最寄は阿波座駅なんで・・・)

果物屋さんがやっているカフェなんですが、入り口入ってすぐ果物屋、その奥にテーブルと椅子が置いてある簡易な造りになっています。

食べログでの評判がなかなかだったので、まずは1人で偵察がてらにラボフィセルに行った時に行ってみたなり↓
s-20100917_11.jpg

お~っ、食べログにのってた本日のジュースってやつの、今日のラインナップはこれなのね~♪

パフェやワッフルなど目移りしちゃうほど、色んなメニューがあったんですが、その日はあまりお腹減ってなかったので、”本日のジュースセット”の中から
<ミニパフェセット¥650>
s-20100917_07.jpg

本日のジュースから1品チョイスできるので<完熟もも&すもも>
s-20100917_06.jpg
(※本日のジュー以外のジュースは¥50アップ、フロート、シェイクにすると¥100アップ)

オーダーが入ってから、ミキサーでガガッ~と作ってくれ、サーブされます。
結構、大きめのグラスに入ってくるので、これだけで¥300で飲めるならお得な感じですよね?

で、桃といえば、ネクターのドロッと感を想像しますが、このジュースはサラッとした喉ごしですが、所々に桃の果実感をきちんと感じます、うん、甘酸っぱくておいし~

<ミニパフェ>
s-20100917_09.jpg

ソフトクリームに いちじく、メロン、バナナ、ぶどう、洋梨、パイナップル、生クリームがトッピングーされてました。

さすが果物屋、果物がみずみずしくてウっマっぁ~

本日のジュースも1種類じゃなく3~4種類の中からチョイスできるので、お得なセットですよね~

************************************
そして、美味しいことが実感できたので、友達を引き連れてまたまた行ってきたあるよ
この日もランチの後で、お腹がそこそこ一杯だったので、”本日のジュースセット”の中の
<カットフルーツセット¥500>を2人ともチョイス
s-画像 011

(※1回目と写真の色が違うのはカメラが違うからです、最近ずっとオリンパスを使ってたんですが・・・、こうやって見ると食べ物撮る時はやっぱフジの方がいいなと思わず実感)

<ゴールデンキウイ&バナナジュース>
s-画像 013

お~、めっちゃ好きな味~~~

前回の桃よりも、バナナが入ってるせいか?こちらの方がドロッとしてました。

s-画像 012

カットフルーツは、メロン、バナナ、オレンジ、キウイ、イチジク、ぶどう、ドラゴンフルーツ、パイナップル、梨と、盛り沢山~
※ちなみに果物は常温で冷えてませんので、冷えてないフルーツが苦手な方は要注意!!

私、ドラゴンフルーツって、初めて食べたんですが、友達のご忠告通り 「ん  !?」 って味でしたが・・・、それ以外は美味しく頂きました(メロンは好きじゃないながらにも、めっちゃ甘いメロンでしたよ)、中でもパイナップルがめっさ甘くて一番美味しかったぁ

自宅でこんなけの種類を一気に食べようと思ったら、相当お金かかりますからね、ミックスジュースとセットでワンコインで頂けるなんて、お得過ぎでしょう

リンクの食べログの記事を見て頂くと解りますが、モーニング、ランチなどもあって、いずれもお得な感じです。
お店のHPにもありますが、たまに フルーツバイキング もやってるそうですよ。

友達もすごく気に入ってくれて、「よく、こんなお店見つけたね~、すごいね~」と褒めてくれました。

フルーツ好きの方は是非、一度行ってみられてはいかがでしょうか?
私はいずれも平日の15時ぐらいに行ったんで、そんなに混んでませんでしたが、土日はかなり混んでるみたいなのでご注意を!!
(そんなに席数はありませんので・・・)

<お店の紹介>
「MIKI FRUITS CAFE (ミキフルーツカフェ)」
住所 大阪府大阪市西区北堀江2-2-12 アジル北堀江 1F
TEL 06-6532-5490
営業時間 10:00~20:00
定休日 水曜日
テーマ:カフェ
ジャンル:グルメ
また!また!!また!!!また!!!!ラボフィセルへ♪
2010年10月15日 (金) | 編集 |
ハイッ、この間ちょっと言いましたが・・・、あと2つあると言ってたうちの1つめの ラボフィセル の記事をいっときます。

なぜなら、つい最近また行ってしまったので、今日書いても、在庫の記事があと2つもあるからですの・・・・
ここで書いとかないと在庫が3つになってしまう~ってことで、焦りながらのアップです。

もう、フィセルのパンの画像だらけで、本当にワケ解らないので・・・、画像中心にど~ぞぉ↓
(なんじゃそりゃ~)

<無農薬レモンとホワイトチョコマロンくるみ ¥190>
s-20100901_19.jpg
s-20100901_21.jpg

ご存知かと思いますが、私、甘く加工された栗(モンブラン、栗きんとん、マロングラッセetc・・・)が苦手なんですよね・・・
でも、悲しいことにフィセルには栗を使ったバージョンのパンが結構あるんですよ。
今まではなるべく避けてきたんですが、組み合わせによってはイケるかも知れないし、ものは試しに買ってみよう!と思い買ってみることにしたんです。

中に栗の甘露煮が入ってます。
レモンが入ってて爽やかさはあるんですが・・・、あかん、やっぱり栗がそんなに好きじゃない~~~

<オールブラン甘梅マロン ¥180>
s-20100901_22.jpg
s-20100901_23.jpg

これもどうしようか悩んだんですが、オールブランの生地が食べてみたかったのと梅の酸味でマロンの甘さが和らぐかな?と思いながら買ってみました。
そしたら、こっちの方が激しく栗が入ってたぁ~
梅の甘ずっぱさが加わっても、栗の存在感が強すぎる~。

食べてみたかったオールブラン生地は、ちょっと重みがあってなかなかよい感じでした。

あかん、大好きなフィセルであっても、私の中のマロン感を変えることは無理でした


<甘いトマトとジャンジャーくるみ>
s-20100902_30.jpg
s-20100902_31.jpg

私、生姜もガリと紅生姜しか好きじゃないんですよねぇ・・・、でも、前に、<ぎっしりフルーツチョコジンジャー>ってパンを買った時、ジャンジャーがさほど気にならなかったので、そのイメージを持ちながら買ってみることにしたんです。

このパン、フィセルにしてはシンプルな感じで、中には甘いセミドライトマトとジンジャーとくるみが入ってるんですが、前回のジンジャー入りパンは”クランベリー、マンゴー、はっさくピール、アプリコット、パイン、くるみ、ベルギー産セミビターチョコ、くるみ”の中に紛れるように砂糖漬けしたジンジャーが入ってたんですが、今回はシンプルなラインナップの中だったせいか?セミドライトマトの甘さを持っても緩和できないほどの結構ガツンとジンジャー味がしたのであります

おっと、今回はこんな感じで続いていかはるのか?と思われたかも知れませんが、以下からは、冒険してない好みのパンの紹介でぇ~す↓

<海老のりチーズ>
s-20100902_34.jpg
s-20100902_35.jpg

薄々お気づきかと思いますが、私は、フィセルに行くと思わず甘い系のパンばっかり買ってしまうので、数少ないしょっぱい系のパンです(今回はこれだけ)

これがねぇ、超・ウマだったんですぅ~

桜海老、海苔、チーズが入ってるんですが、素材のそれぞれから旨味が出てて、めっさウマイっ!!
(特に桜海老の旨味がたまらんかった)
焼き戻して食べたら、それぞれの香ばしさも加わって、辞められないとまらないって感じで、ダダッ~と一気食いしてしまいました。

<バナナミルクチョコアーモンド ¥190>
s-20100901_16.jpg
s-20100901_18.jpg

バナナにチョコにアーモンドって、全部私の好きなモンじゃんよ!!
これがね、パン生地にはアーモンドクリームとローストしたアーモンドを入れ、ドライバナナは食感の違う2種類を入れるという凝った作りのパンだったんです。
これはツボな美味しさでしたよ~


<カステラパン・さつまいものオレンジ煮とレーズン ¥180>s-20100902_32.jpg
s-20100902_33.jpg

今までのカステラパンは真ん中に大きなカステラの塊がど~んと1個入ってるものだったんですが、今回のカステラパンはシフォンパンのように細かく刻まれたものが入ってました。
ほくほく食感のさつま芋のオレンジ煮はさわやかフルーティ味でレーズンとも合ってておいし~

<エダム蜂蜜 クランベリーみしょうかんくるみ ¥180>
s-20100902_28.jpg
s-20100902_29.jpg

お気に入りのエダムシリーズ
エダムチーズの香ばしさにクランベリーの甘さとみしょうかんのさやかさが加わりたまらんウマイ~♪

<クリームパンプキン みしょうかんパンプディングホワイトチョコ入り>s-20100902_25.jpg
s-20100902_26.jpg

しっとりむちむちした食感のパン生地は外側は色鮮やかな黄色で中はマーブルになってます、パンプキンクリームが練りこまれてるそ~です。
この生地は金時豆とコラボになってることが多く、アズキなが苦手な私は手が出せなかったんですが、今回、みしょうかんとパンプディングという私の好きなものとのコラボだったのでラッキーって感じでした。
パンキンの風味はそんなにガツンときません、どっちかと言うとみしょうかんの爽やかさやホワイトチョコの甘味が勝ってるかな?
パンプディングのモチモチ感がエエ感じですね

<マスカルポーネのみしょうかんパンプディング>
s-20100902_38.jpg

最近、フィセルではパンプディング入りのパンが多いんですが、これはそのパンプディングそのもので、パンじゃなくてケーキです。
マスカルポーネのチーズ風味とみしょうかんの爽やかさが合わさってるので、柑橘風味のチーズケーキの超しっとり版って感じで、リッチな食感と味わいがして美味しいです。

<チョコと3種ナッツ>
s-20100902_36.jpg
s-20100902_37.jpg

聞いた感じ、チョコとナッツの組み合わせで、どこにでもありそうな気がしますが、これがね、見てお解かりのようにビターチョコがこれでもか!ってゴロゴロ入ってて、焼き戻したら、このチョコがトロ~ンってなってめっさウマいのぉ~
3種のナッツは食感も風味も違うのでアクセントになっててこのパン好きぃ~と、叫びたくなるほど。

最初はどうなるかと思いましたが・・・、好きなタイプのパンには全くといっていいほど外れがなく美味しく頂けたので、今回も幸せでしたぁ

今月はもう行かないと思うので・・・、残り2つの記事も忘れないうちにアップできるよう頑張りまっす。


<お店の紹介>
「boulangerie labo ficelle(ブーランジェリー ラボ フィセル)」
住所:大阪市西区立売堀3-8-5
    阿波座2番出口から徒歩2分

TEL:080-5705-0805
 ※お店には置いてなくて予約やお問い合わせの受け付け用になってるそうです。

営業時間 11:00~売り切れ次第終了

定休日:土・日・月・祝
  ※たまに土曜日営業するときは事前にブログでお知らせ有

予約について
  受付時間 7:30~19:00
  (仕事でどうしても上記時間が無理な場合は20:00まで可)


当日分のご予約は10:30までに。
 ※「土曜日と日曜日のお電話はできるだけご遠慮ください」とのこと

予約の商品の引き取りは18:30まで
テーマ:パン
ジャンル:グルメ
3年ぶりの「ラ・バッロッタ」のお任せランチ
2010年10月14日 (木) | 編集 |
今日は先月に行ったランチの話~♪

最近、月1ペースかな?でランチデートをしているSちゃんと行ったのは・・・久々っていうか、ワタシ、行くの2回目だけど、日本橋の ラ・バッロッタ~~~っ

前回行った時のランチ(約3年前)は、

前菜・パスタ・主菜・ドルチェ(飲み物付) ¥2,000 のシェフにお任せのランチ”

だったんですが、月日が経てば、内容も変わるということで・・・いつからだったか?内容がちょっと変わって、只今のランチは

前菜2品、パスタ、主菜、ドルチェ(飲み物付)¥2,800 の ”シェフにお任せの5皿からなるランチ ”

となっています。
プー、真っ只中の私には、ちょっと思い切った贅沢ランチでございまぁ~す・・・ 
※ワタシの身内関係者に告ぐ(T君&私の父母)!お小言は一切、受け付けていませんからぁ~っ!!
(なんで、逆ギレモードやねん!?)

<バターナッツの冷製ミネストラ リコッタを添えて>
s-20100901_02.jpg

のっけの1品目、期待いっぱいで食べたんですが、これはねぇ、ちょっと微妙だったんですよねぇ・・・
スープと思いきや、スープ以上、ムース未満・・・って感じで、ドロッとしたゆる~い固形なんですよ。
バターナッツというだけあって、物凄く濃厚なんだけど、ナッツ~って感じではなく後味にジワッとナッツテイストがやってきます。

う~ん・・・、ナッツは好きだけど、この食感で食べるなら、このままでじゃなくディップ感覚でパンとか野菜とかみたいなものにつけて食べたかったなぁ~と思いました。

相変わらずのシェフのお任せなので、他のお客さんとはお料理の内容が違うんですが、他のテーブルの1品目の生ハムのサラダの方が良かったなぁ・・・と、思ってしまったのであります。

続いては<大山地鶏のテリーヌ>
s-20100901_04.jpg

お~、これは特別変わった感じもなく、大好きなジャンルもので、ホッ。
厚みもあって、肉の旨味が出てておいし~~~っ

<パン>
s-20100901_05.jpg
パンは、普通。

<燻製したホタテと茄子のキッタラ>
s-20100901_07.jpg

前回は、短いパスタだったので、
”長いパスタが来ますように・・・
と祈っていたら、
やったぁ~っキッタラだぁ~~

燻製したホタテって初めて食べたんですが、絶妙な感じで燻製されてて、口の中で芳しい香りを放ちながら、旨味もジワッと醸しだしてくるのでおいし~よぉ~

パスタもほどよい硬さでモチッモチッとしてて、ソースとしっかり絡んで激ウマでございましたぁ♪

<赤城豚のロースト>
s-20100901_09.jpg

群馬県赤城産の豚さんでっす。
脂ノリもよくジューシーで柔らかくてうっまぁ~

<いちじくのセミフレッド>
s-20100901_11.jpg

イタリアンのドルチェって、基本、粉を使ってない感じのものが多いイメージなので、できたら、オーソドックスにティラミスが希望だったんですが、おっと、そう来たか・・・のセミフレッドでしたぁ~。

Sちゃんはイチジク好きなので喜んでましたが、私はセミフレッドの微妙な食感がそんなに好きじゃないし、イチジクがコンポート状になっててちょっとお酒がきいてる感じだったので・・・、最後の最後でテンションが上がりきれませんでしたが、ま、普通に美味しかったです。

〆は<コーヒー>
s-20100901_12.jpg

基本的には美味しくて、お任せで他のお客さんともメニューが違うし、ワクワク感はあるんですが、そんなに好みじゃないものが出てきた時の自分のテンションのコントロールがちょっと微妙になっちゃいますね・・・(事前に苦手なものは聞いてもらえるので、嫌いではないから食べられるのは食べられんですけどね)

ま、そういうスタイルだと解って行ってるはずなんですが、隣の芝生は青く見えちゃうもんなんで・・・、自分の中での当たり外れは、その日の運次第ってことで、納得しないといけませんね。

ちなみにお店のブログ見たら こんなお知らせ を発見。

通販だなんて手広く展開していかはるのねぇ、さすが流行ってるお店は違うわねぇ・・・。
(でも、私は自宅で上手に茹でられる自信ないけどね・・・)

<お店の紹介>
「la ballotta(ラ・バッロッタ)」
住所:大阪府大阪市浪速区日本橋東1-1-9
TEL:06-6647-3371
営業時間:ランチ  11:30~14:30(L.O.)
     ディナー 18:00~22:00(L.O.)
定休日:不定休
テーマ:イタリアン(関西)
ジャンル:グルメ
お久しぶりぃ~ねぇ♪の「たまき亭」
2010年10月13日 (水) | 編集 |
記事を書く前に、 昨日あった腹立たしい出来事を1つ

本当は言おうか言わまいか・・・迷ったんですけど、あまりにもどうかと思ったので、書くことにしました。
昨日、友達と 愛想があまり宜しくないことで有名な 某ケーキ屋 に行きました。

前に行った時、お1人でお店をやっておられるので、丁度、手の離せない作業をしてはったのか?「ちょっと待って下さい」という声もないまま厨房からなかなか出てきてもらえず、放置プレイだった為、待ち切れなくて買わずに帰ったことがあるんですが、今回はサッと出てきはって

「お決まりになったら、おっしゃって下さい」

と、言われました。

接客態度について、色んなウワサを聞いてるので、この時点で

「いやん、暫くこない間に何か改善さられたんちゃう?」

と、思ったんですが、行った時間が遅かったせいか?ショーケースの中のケーキの種類や数も少なく、あまり欲しいと思えるケーキがなかったので、

「すいません、今日はいいです・・・」

と言って、立ち去ろうとしたら、

「はぁ~っ・・・」

と、あからさまにビックリするくらい大きなタメ息をつかれました 

「忙しい中出てきたのに、何や、ただの冷やかしか?」と、思ったのかどうかは知りませんが・・・、

私達がお店を出て行ってからならともかく、お客がいる前で聞こえるぐらいのタメ息ついたらあかんでしょ?

おいおい、良くなるどころか、悪くなってはりますやん!!

で、よくよく考えると、他のケーキ屋でも、こういった場面に何回か出くわしたことがあるんですけど、他のお店では

「また、お願いします~」

って、笑顔で対応をされることがほとんどなんですよ。

なのに、こんな対応されたら、今後、お店を覗くことすら躊躇しますよ!
作り手さんだから接客は苦手なのかも知れないけど、あまりにも感じが悪過ぎたので

「あの店には二度と行くもんかっ!!」と、固く誓った junjun でした。



さてさて、前置きが長くなってしまいましたが、今日は 「お久しぶりぃね~♪」 の たま木亭!!

久々だぁ~、前、いつ行ったか覚えてないくらい久々だぞ~~。
(ちなみにググってみたら、2009年1月に行ったのが記事が最新だったんだけど、あれ?1年半以上もご無沙汰っすか

で、久々に行ったらさ、

「見たことないパンが結構あるや~ん、いや~ん、気になる~~~っ 

と、鼻息荒い興奮状態に陥るワタシ。

でも、この日の2日後にワタシの中の現在お気に入りNO1のラボフィセルに行く予定だったし、厳選して以下のパンを購入しました。
(狭い上に混みあってる店内で5分近く悩んでましたから、車で待ってたT君も、あまりの遅さに「まだ?」ってn覗きに来ましたから・・・

<おかきとベルギー産チョコの生クリーム仕立て¥231>
s-20101003_30.jpg

”本日のパン”という札を掲げて冷蔵ケースのクリームクロワッサンの横に並んでたので、お初だったし、毎日あるものではなさげだったので購入してみました。

はりねずみ的な感じでおかき(お米のパフ)で、ブっッツブツコーティングされてます。

断面カットしようと思って、包丁を入れたら、

ムムッ、包丁が硬い物体にぶつかってサクッと切れ~んっ!!

と思ったら、ご覧の通り、厚みのある板チョコが底にデデーンと隠れてましたわ↓
s-20101003_32.jpg

で、食べたらチョコの下に大粒のくるみまで隠れてる~~~っ
このベルギー産のチョコがねぇ、 この時食べた「オレンジーナ」 のチョコと似てて分厚いんだけど、おいし~の。

パン生地はややハード、クリームは、重みがあってポッテリ弾力系。

これねぇ、残念なことが1つあって

”このおかきのコーティングはいらんと思うのです・・・”

この米粒のおかき、甘くも辛くもないの。
無味のままトッピングして焼いてあるだけなので、ほんのりとした香ばしさはあるんだけど、味がないの、米そのものの味なの。
よく、お菓子のあられで塩味が足りないな・・・って思うやつあるでしょ?
あれのもう1つ上をいく味なし版なの。
で、カリッとした感じでなく、ポン菓子のようにちっとやわこいの。

でね、見ての通り、いっぱいのってるでしょ?
味と食感が強烈な存在感を放つもんだから、口の中で他のものと融合しきれなくて何だかバランスが悪く感じちゃうんです。

パン生地とチョコとくるみとクリームの組み合わせはエエ感じだったので、ほんま残念でした。
おかきに甘い味(塩キャラメル風味とか)をつけてカリカリにするか、のせるのやめてくれたら、絶対ウマイと思うんだけどなぁ、改良してくれないかなぁ・・・。

<京風ナポリタン\189>
s-20101004_08.jpg

こちらはぶぶあられでコーチングされてるパ~ン。
さっきの米粒おかきのパンを思い出して、一瞬、不安がよぎりますが・・・、色からもお解かり頂けるかと思いますが、こっちは、チェダーチーズ風味なんです。
ナポリタンっていうから、スパゲティでも入ってるのかと思いきや、中身は↓
s-20101004_13.jpg

チョリソーが1本~~~っ。

チョリソーが入ってるのは、まぁ、普通っちゃ普通なんですけどね、これ、美味しかったぁ~
チョリソーはピリっとパンチが効いてて、あられのサクサク食感と香ばし風味と、チェダーチーズの濃厚な味がマッチして絶妙なウマさを醸しだしてます。
チェダーチーズとぶぶあられを組み合わせるいう発想がたま木亭らしくて変わってるので、単なるチョリソーパンじゃなくちょっと上行くチョリソーパンって感じになってまぁ~す。

<北海キャラメルパン ¥168>
s-20101004_04.jpg

これも、冷蔵コーナーに置いてありましたが、その時点でキャラメルが割れ目からジュワっと染み出してくるぐらい、柔らかいキャラメルです。
断面カットすると↓
s-20101004_06.jpg

ソフトタイプのパン生地から・・・→→→練乳クリームがこんにち~は♪

上で紹介しましたオレンジーナにもこのクリームは入ってたんですけどね、砂糖のじゃりじゃり感が残る練乳クリームと、キャラメルの組み合わせは、はっきり言って甘いですっ!!

結構な甘さなんですが、たまきの練乳クリームって何だかクセになる甘さなんですよねぇ・・・。
何なんでしょうねぇ?
ワタシの主観で言うと、ちょっと苦めのコーヒーと食べると、抜群に美味しいようにできてるなって思います。

ここからは、他にもあった初めて見るパンを押しのけてのリピ買いパンです、久々なので画像のせちゃいます↓
<長崎メロンパン ¥168>
s-20101004_02.jpg

画像からも解る、カリッとしたコーテイング。

s-20101004_03.jpg

この空洞から流れ出たバターの塩味が染みてる部分と、トップのコーティングの甘さが口の中でまじわると、甘じょぱくてうめぇ~~~っ

<博多¥178>
s-20101004_01.jpg

T君お気に入りの一品なので、行ったら必ず買っちゃいます。
最高にオイリーなんですが、これまたやめられないとまらないウマさなんですよね~。
同じ米粒おかきでもこのおかきは気にならないんだけどなぁ・・・。

<マルチニク ¥199> 
s-20101004_09.jpg

これ、前からあるパンなんですが、久々に見たんです。
ブリオッシュ生地にバナナ・ココナッツ・キャラメルクリームがイ~ンという、ワタシの好き好き大好きの組み合わせなんで、見つけたら買わずにいられなかったんです。

s-20101004_12.jpg

これも、パンの底面まで染みるぐらいのやわこいキャラメルクリームがたっぷりで、甘いんだけど、ウマ~イっ
火が入ってより甘さを増したバナナとココナッツのシガシガ感の組み合わせがたまらんのです。


できることならもうちょっと買いたかったけど、現時点ではワタシの中のラボフィセルを追い抜くことはできない
ので、後ろ髪引かれつつ、これだけにしました。

あ~、久々に食べたけど、やっぱ美味し~♪
口の中がたま木亭ワールドになって、その味を思い出すとまた行きたくなるのがたま木亭です。
これはまた行かないといかんなぁ。

<お店の紹介>
「たま木亭」
住所 京都府宇治市五ケ庄新開14-91
TEL 0774-38-1801
営業時間 7:00~19:00
定休日 月曜日・火曜日

並んで買わなくてよかったぁ・・・
2010年10月11日 (月) | 編集 |
「ブタメン、ブヒブヒ、ブタメン、ブヒブヒ、ハァ~ッ、友近でぇ~す 

このCM が衝撃的過ぎて、思わず見入ってしまう junjun でっす。

何気にブタ姿がマッチしちゃってる&ものすごくダルそう(いやそう?)に歩いてる感じが、ツボにはまっちゃっておかしいんですよねぇ

それにしても、友近さん、せっかくダイエットして痩せはったのに、こんな衝撃的なCM、よくOKしはりましたよね・・・、あなた、芸人の鏡ですわ
(私に褒められたところで、嬉しくないと思いますけどね・・・。)


さぁてと、今日はちょっとガッカリだったスイーツネタをいってみよ~っ。

確か1ヶ月ほど前に平日に梅田に行った時、たまたま販売時間の18:00にその辺りをウロついていて、行列もなかったので買ってみました↓
<太陽のスフレ¥998>
s-20100901_13.jpg

 「Patisserie HAMON 」 は「ムッシュマキノ」の牧野さんと、「ファクトリーナカタ」の中田さんという関西を代表するパティシエ2人の夢のコラボで出来た阪急オリジナルの新ブランドなんだそうで、この「太陽のスフレ」は梅田阪急の洋菓子売り場がリニューアルした時の目玉商品として、時間限定販売で発売されるようになりました。

リニューアル当時はものすごい行列で、堂島ロールと同じく整理券がないと買えないような状態だったので、「ほとぼりが冷めた頃に買ってみよう・・・」と、思ってたら、今頃になってしまいました。

s-20100901_14.jpg

大きさは直径17センチと、なかなか大きめです、切ってみましたが、割と弾力系?名前がスフレなのにエアリーというよりは、みっちり密が詰まった感じの手ごたえです。
(この時点で、一抹の不安を感じる

s-20100901_15.jpg

クリームチーズ、カマンベルチーズのスフレということだったですが、食べた感想は

「う~ん・・・・

ん?あれ?えっと、ゴメンなさい、普通っていうか、味にインパクトがなく、ものすごくボヤッとした印象なんですけど・・・

酸味も効いてないし、単調な味なので、正直、食べてくうちに飽きていくんですよねぇ・・・。
なのに、なぜかボリューミー、そして、我が家は2人家族・・・

もうね、2回目からはポッカレモンかけてみたり、ジャム添えてみたりと、ノーマルでない食べ方をさしてもらわないと正直、キツかった。

これはねぇ、関西の有名パティシエのお2人さんに「本当にこれで名前出しちゃっていいんですか?」と、聞きたいぐらいだったんですけど・・・。
なんか、バックについてる人の名前と、行列に惑わされた感でいっぱいです。

はぁ~、並んでまで買わなくてよかった。

そして、続いては
「Love Sweets ANTIQUE」の とろなまドーナツ↓
s-20100917_32.jpg

おっと、何気にパッケージの感じが太陽のスフレに似てますね・・・。
ちょっと前に1番最初に阪神百貨店に催事に来てた時は大行列ができたと聞いていて、その後、阪急百貨店のスイーツショウの催事に来てた時に見た時は他にもいろんなお店があったせいか?ほとんど並んでおらず、その時は用事があって買えなかったので、その後すぐの梅田大丸の催事で買ったんですが、催事続きだったせいか、並ばずに買うことができました。

セット売りしかなかったので、4個セット(¥735)を購入。
s-20100917_34.jpg

セロファンがレインボーな感じで、雰囲気はOK。

<マンゴー>
s-20100917_35.jpg

<フランボワーズ>
s-20100917_37.jpg

<ショコラ>
s-20100917_38.jpg

<バニラ>
s-20100917_39.jpg

断面カットするにもヤワヤワだったので、こんな感じの断面でござります↓
s-20100917_42.jpg

スポンジ→ムース→コーティングゼリーという構造。

ちょっと前に”はな○る○ーケット”で、某女優さんが、おめざとして持ってきて、皆で

「何、これ~?食べたことない不思議食感でおいし~っ

とか言うてるのを聞いた後だったし、私の中の期待感高まった状態での実食だったせいか、

「う~ん・・・、えっと、ゴメンなさい、これまた普通やし、しかも、食感がどうとかというより、根本的にドーナツちゃうやん、ドーナツの形したムースやん、ってかこれ、ドーナツのジャンルに入れてえ~の?」

というのが私の素直な感想でした。

味は可もなく不可もなく普通です、大きさは小さめだし、それで¥175/個は高いでしょ?
辛口で申し訳ないけど、ドーナツなら私はミスドを買わせてもらいますわ・・・

当初、名古屋と東京にしか店舗がないので、母親が実家に帰る時に買ってきてもらおうかと思ったこともあるんですが、わざわざ買いに行ってもらわなくて、本当に良かった。

両方ともブログネタってこともあって、お試しで買ってはみましたが、ゴメンなさい・・・、2度目の買いはないですね・・・。

そういえば、この間、京都大丸と心斎橋大丸で開催されてた北海道物産展を除いたんですけど、一時、あんなに大行列だった、花畑牧場の生キャラメル、見事なぐらいの行列ゼロで、無残に冷蔵ケースにキャラメルがたんまりと売れ残ってました。
田中義剛さんも、ビックリなのでは?

ただでさえ、人それぞれに好みの味が違うこの世の中で、消費者の心を掴み続けるのはなかなか難しいことなんだなぁ・・・と、改めて思いましたとさ。
テーマ:スイーツ
ジャンル:グルメ
久々のビックサイズ
2010年10月09日 (土) | 編集 |
「いっぱい食べる君だから 大盛りおかわりぃ~♪」

本日のネタはT君プレゼンツの画像レポにてお送りしまぁ~す。
(※携帯の画像なので・・・、粗い画像ですみません)

最近、T君が週1で神戸方面に仕事に行ってるという話は以前にしたと思うんですが、彼はあまり神戸方面の土地勘がないので、時々、 ”お昼ご飯の店を探して欲しい” って頼まれるんですよね。
(ちなみに、私も土地勘などこれっぽちもございませんよ)

で、大食いさんピッタシのお店を見つけたので

「ねぇ、ねぇ、ここに、行ってき~や!その代わり、写真も絶対に撮ってきてやっ!!」

ということで、行ってきてもらったのは、甲子園近くにある↓
s-GetAttachment.jpg

「大力食堂~~~っ」

私は、調べてて初めて知ったんですが、メガ盛りのお店で有名なお店みたいですね。
で、食べたものは↓
<カツ丼¥700>
s-GetAttachment2

上から見ると、ちょっと大盛りぐらいに見えますが・・・、横から見ると↓↓↓
s-GetAttachment3

超・テンコ盛りぃ~~~っ 

しかも、これが普通のサイズなんだそうです。
ご飯が1.8キロあるそうで、4/5はご飯らしいです(具はさほど多いワケではないそ~です)
カレーもでっかいらしいから、絵的なものも考えて、違うものをオーダーしてねって頼んだのに2人して同じもの頼んだんだとか

T君は楽勝で完食しましたが、同僚のK君は、半分以上残したとこでギブだったそうです。
s-GetAttachment4

「味は普通、カツはそんなに分厚くなく、ほとんどがご飯で結構ボリュームはあったけど、 新玉亭 の時より全然ラクに食べれたでぇ~

とのこと。

ねぇねぇ、常にモリモリ食べてはりますけど、挙式までにダイエットしてベスト体重にするって言うてたのに間に合わはるんですかねぇ?
(今、ベストより3キロほどオーバーしてはりますけどね

<お店の紹介>
「大力食堂」
住所:兵庫県西宮市甲子園綱引町2-29
電話番号:0798-49-0800
営業時間:10:00~22:00
定休日:月1回不定休
テーマ:B級グルメ
ジャンル:グルメ
久々のケーキ
2010年10月08日 (金) | 編集 |
最近、パンの方に力が入ってて、久々のケーキネタのような気がしないでもないですが・・・
(実際、そんなに買って食べないのも事実)

T君が「俺の実家の近くに新しくケーキ屋ができてるねんけど、知ってる?」と、教えてくれて、その近くに寄った時に行ってみました↓
s-20100522165042.jpg

「町屋洋菓子工房 凡蔵~~~っ」

今年の3月にオープンしたそうで、思っきり町屋な造りなので、パッと見はケーキ屋だとは解らない感じです、2Fは姉妹店のアンティークの着物屋さんなんだそうです。
本店が仁和寺の方にあるらしく、こちらは2号店なんだそうです。

<ショコラムース ¥400>
s-20100912_30.jpg

たまたま行った時、フルーツモリモリ系のケーキががなかったので、チョコ&フランボワーズという王道の組み合わせ+私の大好きなフィアンティーヌが忍ばせてあると書いてあったのでこれをチョイスしました。

見て解ると思いますが、ビターチョコだし、フランボワーズも効いてるので甘過ぎません。
フィアンティーヌのサクサク感がたまらんねぇ~

<チーズケーキ¥350>
s-20100912_33.jpg

こちらはT君用。
一口もらいましたが、キリチーズを使ったチーズケーキだそうで、ほどよい酸味が効いたしっとりしたチーズケーキでウマシ!!でした。

今回は買いませんでしたが、1本ものの「凡蔵ロール」というお店の名前のついたロールケーキや、京都の地名がついた「七本松ロール」、「上七軒ロール」、「北野ロール」や、「フルーツロール」、「キャラメルロール」、「プリンロール」など定番のロールケーキのカット売りが何種類かあるので、お持たせでいろんな味のロールを買って行くのもいいかも知れませんね。

<お店の紹介>
「凡蔵 二条駅前店」
住所:京都市中京区西ノ京小倉町22-22
TEL:075-812-6548
営業時間:9:00~20:00
定休日:火曜


そして、久々にグルニエにも行きました。
マンゴーのタルトを目指して、何回か行ったんですが、この夏の相性は抜群に悪かったみたいで、臨時休業や定休日にブチ当たり3度ほど店の前で、ガックリとうなだれてる私がいました・・・

で、「ギリどうだ!?」と、思っていった9月初旬、見事に販売は終了されていてアウトぉ~ッ
うぉ~っ、私、2年も食べてないんですけどっ!!

<エキゾチック ¥430>
s-20100909_11.jpg
s-20100909_12.jpg

これ、以前にも買ったことありますが、フルーツもりもりで嬉しいですよね♪

「これだって、夏っぽいのにまだ売ってるなら、マンゴーも売ってくれたらいいじゃん、しかも、これにもマンゴーちょっとだけどのってるじゃん・・・ブツブツブツ

不完全燃焼な気持ちのモヤモヤをどうしていいか解らず、食べながらエキゾチックに八つ当たりしちゃいました。

でもね、相変わらずの外さない感じで美味しかったぁ~

<青梅タルト ¥400>
s-20100909_14.jpg

こちらはこの夏からの新製品らしいので、お試しに買ってみました、季節限定かも知れないので今も販売してるかはナゾです。

大好きな木の実のタルトと同じく、常温で日持ちのするタイプのタルトになります。
青梅のコンフィチュールがインされてるんですが、言うときますけど、これ、ビックリするぐらいの酸味が襲ってきますよ!!

酸味大好きの私が「酸っ~ぱっ!!と、思わず声が出るほどのガツン系の酸味だったので、酸っぱいのが苦手な方はお気をつけて下さいマシ~。

9月に イートインできるサロンの方 が若干、場所を移動して、町屋風のサロンになって、通常のイートインの他に

<デセールのコース ¥2,000>
☆始まりの1皿
☆第1の皿
☆第2の皿(2種類よりチョイス)
☆小菓子
☆カフェor紅茶 


が食べれるとかで、めっちゃ気にはなってるんですが・・・、現在、プー真っ只中の私には気軽には行けないのでありました・・・
(こっそり行っても、嬉しがってブログにアップしたら、即バレちゃうからね・・・、¥2,000でケーキのコースを食べるだなんてことは、彼の辞書には何処探しても記述されてないからね・・・

あ~あ、早く、失業保険、入らないかしらね・・・。
(まだまだ入りませんよっ!!ってか、入ってもそんなことに使うなっって怒られるかもぉ・・・)
テーマ:ケーキ
ジャンル:グルメ
今回はムッシュ&ようやくのテイクアウト
2010年10月06日 (水) | 編集 |
「いっぱい食べる君が好きぃ~、ホッペにケッチャップ~♪」

最近、ファンケルのカロリミットのCMソングが頭から離れずに、CMが流れると思わず一緒に口ずさんでる junjun でっす。

このCM、流れ過ぎだと思いません?
だって、私、1日何回もこの歌、歌いますよ!
(あっ、それは、私が時間あり過ぎてて、意味もなくテレビつけっぱだからか?)

つい昨日ぐらいから、男性バージョンまで流れ始めてて、ビックリですからっ!!

ご存知ない方は こちら で聞けますので、ポチッと してみて下さい。
(別に知らなくても、何の問題もありませんので、興味のない方はスルーで!!)

ちなみに、ワタクシ、ファンケルの回し者では決してございませんので、あしからず・・・。
(どっちかと言うと、ダイエットは、DHCのプロティンダイエット派~)

と、最近、何気に前置きとか書き始めてる私、

「ただでさえ、文章長いのに、いらんことすなっ!!」

って、友達の声が聞こえますが・・・、聞こえないフリ
飽き性なんで、言うてる間にすぐ飽きますから、しばしのお付き合いを。

さて、前回、 この記事にて 紹介しました 「CAFE KOCSI(カフェ コチ)」 に再び行きました。

<クロックムッシュ¥650 アイスコーヒー¥100>
s-20101001_01.jpg

平日のランチタイムは食事メニューに+¥100でドリンクがつけられます が・・・、¥100というだけあって、小っちゃっ!!

ん?そういえば、前回、画像はないけど、単品でアイスコーヒーを頼んで「小っちゃっ!!」と思った気がしないでもないので、基本、小さいのかも知れません・・・。

半熟玉子LOVE~としては、今回もマダムにしようかと思ったんですが、同じものばっか頼んでもブログ的にどうなん?と、思って、今回は玉子なしのムッシュにしました。

s-20101001_03.jpg

黄身トロ~ンがないとビジュアル的に寂しい感じがしますけど、黄味で隠れてない分、チーズとベシャメルソースのエエ感じが解るでしょ?

相変わらずのチーズ、カリカリ!ベシャメルソース、濃厚!!でウマし~っっっ 

で、いつも、テイクアウトできるパンを買い損ねてしまうので・・・、今回はフリップアップに行くのをグッと我慢して、テイクアウトしたあるよ。
で、ちょっと雰囲気出す為に、カフェランチちっくにしてみたあるよ↓
s-20101002_04.jpg

<キッシュロレーヌ¥230>
s-20101002_12.jpg

s-20101002_13.jpg

ハム、玉ねぎ、チーズ入りの小型キッシュ~。
小型とは言え、そこそこボリュームありますよ。
トースターで焼き戻して食べたんですが↓↓↓
s-20101002_14.jpg

チーズ、ビヨ~ン、フィリングトロ~リで、バリうまやないのぉ~~~っ

フィリングもクリミーで、タルト生地とのバランスが絶妙、食べながら笑いが止まらない美味しさでした♪

そして、もう1品は
<クロワッサン・ザマンド¥220>
s-20101002_15.jpg

ええ色に焼けてはりますね~

「ダマンド」「オンザマンド」「ザマンド」と、お店によっていろんな呼び名がありますが、基本はクロワッサンとアーモンドクリーム(クレームダマンド)のマリアージュってやつですね。

クレームダマンドの使い方が店によっていろいろ違うんですよね~
味、量、はさみ方、かぶせ方、焼き上がりにシロップを染みこませるか?トッピングは粉糖か?アーモンドスライスか?etc・・・、色々な組み合わせができるので、とっても奥が深い食べ物なんですよね。

s-20101002_16.jpg

ここのは、分厚めのカバーリングに粉砂糖のトッピングですね。
おっと、カットして見ると、中にも結構なボリュームで挟まれてるのでW使いですな~

s-20101002_19.jpg

これがまた強烈に美味しかった!!

カバーリングしてるダマンドの中央部分はホロッと崩れ落ちるくらいの硬さで、垂れ流れてクッキーのように固まった端っこの部分はカリッとしてて、中で守られながら焼きあがったクロワッサンはサクッと、そして、クロワッサンの中に挟まれてるダマンドはフワッとラム酒の香りを発しながら、しっとりまろやかな食感と、上質なアーモンドのコクを醸し出してて、今まで、食べたクロワッサンザマンドの中では1つ上をいくリッチなザマンドって感じだったわ~

ま、ナッツ好きの要望を聞いてもらえるならば・・・、トッピングはアーモンドスライスにしてくれたら最高だったのにな・・・って感じかな?

いやぁ、パンも美味しいって聞いてたけど、本当に美味しかった、フリップアップを我慢した甲斐があったってもんよ。

これは、今度、他のパンも食べてみなきゃだわ~~~。


<お店の紹介>
「CAFE KOCSI(カフェ コチ)
住所:京都市中京区富小路三条上がる福永町123
            黄瀬ビル2F
TEL:075-212-7411
営業時間:12:00~22:30
定休日:木・第3水曜


おまけ・・・、
最近のブーたん(ブー、ブー鼻を鳴らすので、別名ブーたん)、この間、お昼寝の時は私のどっかに触れてないとイヤみたい・・・と、お伝えしましたが、最近、私の足元で、私の足の甲を枕にして爆睡してはります↓
s-20101002_20.jpg

これが、結構、重い&いつもながらの寝てる時の半目がコワイ~っ
テーマ:パン
ジャンル:グルメ
この夏、最初で最後の冷製パスタ
2010年10月04日 (月) | 編集 |
昨日、とりあえず、未アップの記事の画像だけ下書きで保存かけてみたら、記事数が 15個 もあってげんなりしてる junjun でっす・・・

何だかねぇ、夏休みの宿題の日記を溜めこんでる小学生の気分だね、これは。
あ~、期限の区切られてない永遠の夏休み中のプー太郎で良かったと思う今日この頃・・・。

で、その時にPC内に画像が溜まりまくってたから、いらない画像は消していこうと思い、整理したら、その際に何らかの手違いで、未アップのパン画像を2個ほど消してしまい、ショ~ック!!
(ゴミ箱からも消したし、カメラからも消しちゃいましたとさ)

大雑把な性格のO型なもんで・・・、思いつきの勢いでやっちゃうと、こんな感じで失敗に辿りついてしまうというオチがもれなく付いてきます、ハイ。

「もうっ!!こんなに溜めてるからワケ解らなくなるんやんかっ!!」
と、自分自身にイラ立ちを募らせながら、15個の記事をコツコツ減らしてくことにしましょうかね・・・。

あっ、また、前置き長くなってるしぃ・・・

先月の話ですが、ハローワークに行った帰りに烏丸まで出て行き、ランチしました。
狙ってた店があったんですが、お休みということで途方にくれながら、行ったのは、大丸裏側にあるこちら↓

320x320_rect_1385289.jpg

「Daniel's(ダニエルズ)~~~っ」

ブログ書く以前にランチとディナーに1回ずつ行ったことがあったような・・・。
セモリナ粉と卵が原料の手作り生パスタが売りのお店です。

ランチは日替わりの3~5種類の中から生パスタをチョイスし、800円~1600円の4種類あります。

私は 生パスタランチ¥800 に +¥100で、コーヒーor紅茶か特製パンナコッタがつけられる ので、特製パンナコッタをオーダーしました。
※尚、パスタの大盛りは+¥150、フォカッチャのお替りは+¥50です。

<サラダと自家製フォカッチャ>
s-20100907_46.jpg

サラダはまぁ、普通、自家製フォカッチャは塩気が程よくきいておいしゅうございました。

<小エビとトマトの冷製パスタ>
s-20100907_47.jpg

パスタは、オイル、クリーム、トマトソースと3種類のソースからのチョイスになり、麺はクリームソースならフィットチーネだったりするみたいです。

私が行った時は、9月とは言え、残暑が厳しかったせいか?それプラス冷製パスタがあったので、 今年の夏に入ってからずっ~と食べたかったのに、食べれずにいたこの夏、最初で最後の冷製パスタをここに来てようやく食すことに♪
 
「おお~、これはなかなかウマイんでないの!?

麺は希望通りの細麺~、そしてほどよい冷え加減~、ソースは夏野菜とトマトを煮込んだ感じ?の割りとしっかりしたトマトの味で、麺ともよく絡んでますが、時折、私の苦手な セロリ の香りと味がしたので・・・、微量ながらセロリが入ってたと思われる。
(嫌いなものに敏感な私がまぁ、ちょっと気になる程度で済んだからセーフだったけど)

海老もプリプリだったし、麺の食感は焼肉屋で出てくるようなグニグニした冷麺にモチッと感が加わった食感の麺で、なかなか美味し~

<オレンジのパンナコッタ>
s-20100907_50.jpg

おお~、こちらも予想外に、エエ感じのパンナコッタ出てきましたやん!!
大きさもそこそこあるし、オレンジソースにフルーツ(りんご、キウイ、オレンジ)までのってますや~ん

s-20100907_51.jpg

掬ってみてビックリ!!あら?オレンジソースじゃなくて、ゼリーだったのね。
でも、美味しいパンナコッタでしたよ~

超・絶品とまではいきませんが・・・、外さない感じの生パスタがこのお値段で頂けるので、コスパはなかなかよろしいのではないでしょうか?

ランチは11:30~15:00までと時間が長いのでランチタイムを外してもOKなのと、お1人様率が高いので、1人でも気軽に入れるのが魅力でぇ~す。

<お店の紹介>
「Daniel's(ダニエルズ)」
住所:京都市中京区錦小路通高倉西入ル西魚屋町596
    グラマラスフードビル 2F
TEL:075-212-3268
営業時間
ランチ 11:30~15:00
ディナー17:30~23:00
無休
テーマ:ランチ
ジャンル:グルメ
また!また!!また!!!ラボフィセルへ
2010年10月02日 (土) | 編集 |
はぁ、またまた追っつけないまま10月に突入しちゃいました~

と、いうわけで、1ヶ月遅れの記事がまだまだ続きますので、よろしゅうお願い申しあげまする。
(多分、一生追いつけない気がするけどね~)

ってか、これなんか8月末の記事だぁ・・・、前記事の「kamekichi」に行く時に

平日に大阪に行く用事があるならば、その存在を無視できない ラボフィセル へ行きました

私ったら、ハマリ過ぎですよねぇ・・・、この記事の後にも更に2回行ってますからね。

ということは・・・、そ~です、あと2回ラボフィセルの記事があるっちゅーことですね、ハイ。

ちなみに近々、また平日に大阪に行く用事があるので、間違いなく、また行っちゃいますね・・・

なので、しばし、パンネタはラボフィセル中心にお届け致しますね。
(あっ、他にもパン屋いってるわ・・・

<ブルーべりーホワイトチョコ ¥200>
s-20100828_145.jpg
s-20100828_146.jpg

トップからジュワッと染み出してる、ホワイトチョコの白とブルーベリーの紫に萌え~っ
生地にドライブルーベリーと自家製のブルーベリージャムを練りこんでいるそうで、何気に入ってるクルミが嬉しい。
ブルーベリーの酸味とホワイトチョコの甘味がマッチしてウマイ!!

<ジューシーベリー ¥200>
s-20100828_142.jpg
s-20100828_144.jpg

パッと見、上のブルーベリーと似てますが、こちらはジューシーという名前がついてるだけあって、具がてんこもりに入ってます。
生地にブルーベリーとカシスジュースに漬け込んだレーズン、クランベリー、自家製ブラックベリージャム、くるみを練りこんであり、食べるといろんな果実の味が次々押し寄せてきて、楽しいし、食べ応えありで、おいしぃ♪

<ピーナツ生地のチョコアーモンドキャラメル ¥190>
s-20100828_125.jpg
s-20100828_126.jpg

これはピーナツ生地にキャラメル、チョコ、アーモンドが練り込まれて、ピーナツバターっぽい味にチョコとキャラメルの甘味が加わってコクが出てておいし~です。
フルーツ入ってない分、見た目の華やかさにはかけますが、これはナッツ好きさんのツボに入るパンだと思いますよ~。

<玄米パン・きのこといため玉ねぎチーズ¥160>s-20100828_137.jpg
s-20100828_138.jpg

丁度、この週の前の休みにぱんちゃんさん(オーナー)が奈良に遊びに行った時に買ってきたきのこを使ったパンなんですが、和風パスタのイメージで考えたパンなんだそうです。
焼き戻すとチーズがとろんと溶けるんですが、玉ねぎの甘味と香ばしさがしっかり出てて、やめられないとまらない~

<いよかんチョコパンプティング ¥180>s-20100828_139.jpg
s-20100828_140.jpg

自家製のマスカルポーネパンプディングとセミビターチョコ、イヨカンピールがモリモリ入ってまぁ~す。
柑橘とチョコの相性はいいですからね、で、このビターチョコがめっさ美味しいの!!
これ、めっちゃ好きぃ~

<エダム蜂蜜いちごミルクティー ¥190>
s-20100828_128.jpg
s-20100828_129.jpg

フィセルには、 ”エダム蜂蜜○○” という、エダムチーズの焼き菓子をイメージしたシリーズのパンがあって、これはそのいちごミルクティー版。

エダムチーズの焼き菓子をイメージした生地にムジカのアッサム茶葉、セミドライいちご、ベルギー産ホワイトチョコが入ってます。
食べた瞬間、香ばしいチーズの香りがふわ~っと、口いっぱいに広がって本当にお菓子ちっく。
生地に練り込まれてる茶葉のプチプチ感と、ホワイトチョコの甘味がいい仕事してまっせ

<クランベリーとミルクチョコ・みしょうかんパンプティング ¥190>s-20100828_130.jpg
s-20100828_131.jpg

これまたラボフィセルには ”○○パンプディング” というパンプディングが入ったシリーズもあって、今回は上に紹介してる分と2種類ありました。
中に入ってるチョコもこっちはビターじゃなくミルクチョコなので、また全然違う味です。
クランベリーがモリモリ入ってて、これも好きぃ

<アーモンド生地のいよかんミルクチョコレーズン>
s-20100828_135.jpg
s-20100828_136.jpg

玉子を使っていないアーモンドクリームをねりこんだフワッと柔らかい食感のパン生地にいよかんとミルクチョコとレーズンが入ってます。
具モリモリのフィセルのパンの中では具の入り方が落ち着いてる感じ。

生地に玉子が入ってないせいか?全体的にあっさりしてるような気がしますが、美味しいです。

<ソーセージドック>
s-20100828_123.jpg
s-20100828_124.jpg

牛・豚の特製ソーセージがまるごと1本デデーンと入ってます。
肉々しいソーセージはジューシでウマっ、これは男子が好きだね、間違いなく(女子の私も好きだけど)

<ロースハムとじゃがいも玉ねぎチーズ>
s-20100828_132.jpg
s-20100828_133.jpg

このパン、断面見るとシンプルに見えるでしょ?
切った所が悪いってのもあるかも知れませんが、具はまんべんなく入ってますよ~。
私、フィセルの玉ねぎとチーズの組み合わせのパンがツボなんですけどね、玉ねぎが甘味がでるまでじっくり炒めてあるから甘いし、香ばしいんです。
それにチーズが合わさると、これが抜群のウマさ!それにじゃがいものホクホク感とロースハムの旨味が加わるので更にウマイこと間違いなし!!

<スコーン カシスレーズンとくるみ>
s-20100828_149.jpg

断面画像はないですが、小さいスコーンの中に具がモリモリでぇ~す。
しかも、カシス、レーズン、くるみと皆、私の好きなものなので、美味しくないワケがないっ!!

フィセルのブログのメニューを見てもらったら解りますが、パンの種類は定番&日替わりでいろいろあるんですが、基本、自分が好きそうなものしか買わないので、結局の所、どれもおいしくて、いつも満足なんです

また行くぞ~~~

<お店の紹介>
「boulangerie labo ficelle(ブーランジェリー ラボ フィセル)」
住所:大阪市西区立売堀3-8-5
    阿波座2番出口から徒歩2分

TEL:080-5705-0805
 ※お店には置いてなくて予約やお問い合わせの受け付け用になってるそうです。

営業時間 11:00~売り切れ次第終了

定休日:土・日・月・祝
  ※たまに土曜日営業するときは事前にブログでお知らせ有

予約について
  受付時間 7:30~19:00
  (仕事でどうしても上記時間が無理な場合は20:00まで可)


当日分のご予約は10:30までに。
 ※「土曜日と日曜日のお電話はできるだけご遠慮ください」とのこと

予約の商品の引き取りは18:30まで

テーマ:パン
ジャンル:グルメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。