粉もんスイーツ&パンが大好きな京都の主婦です。このブログでは私が食べた物を中心に紹介していきます♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダンテス
2009年11月27日 (金) | 編集 |
すっかりアップが遅くなってしまいましたが、ガッツリの会~♪
今回のお店はこちら↓
s-画像 009

「レストラン ダンテス ~~~っ」


私、こちらのお店、最近知ったばかりなんですが、何と1990年からあるそ~なんです↓
s-画像 010

店内はテーブル席のみで2人掛けが5卓と4人掛けが1卓で計14席とこじんまりしてます。

ランチは

☆ A.:Today's Lunch ¥ 2,500
ポタージュ、サラダ、本日の魚料理または肉料理、デザート、コーヒー


☆B.:Special Course ¥ 4,800 
前菜、魚料理、肉料理、デザート、コーヒー


の2種類ありますが、今回はAで!!

<鴨ロースと生ハムのサラダ>
s-画像 012

鴨と生ハム、どっちも大好き~nico
サラダという名前ではありますが、前菜と言ってもいいくらいの豪華なサラダです♪
付け合せのレンズ豆のプチプチ感がアクセントになっていて、おいしかったです。

<人参のポタージュ>
s-画像 014

トッピングにはガーリック風味を付けてトーストされたバケットが浮かんでます。
人参の甘味を最大限に引き出したドロッという表現がぴったりなほどのクリーミーで濃厚な味わいのスープで、めっちゃおいしかったですハートありがとう

<バケット>
s-画像 013

見た目からも解ると思いますが、クラムはパリッとクラストはふんわりでおいしかったぁ。

<イサキ&イトヨリ&帆立のソテー>
s-画像 015

お肉料理が牛フィレステーキだったので、めずらしくメインに魚にしてみました
(ステーキがそんなに好きじゃないので・・・)

で、イサキ&イトヨリ&帆立の3種盛りぃ~
3種盛りってところが素敵ぢゃあ~りませんか!?
ソースはヴァン・ブランソースかな?バターの風味が効いたクリィーミーなソースで、魚介からええダシが出てて、うっまぁあああ~っ笑う

<小豆とくるみのバターケーキ キャラメルアイス添え>
s-画像 016

ワタシ、小豆が苦手なので・・・、「なぜ、わざわざ小豆なんかいれるのさ!?クルミだけで十分ぢゃんっ!!」と、思いましたが、思ったほど気にならない程度の存在感だったので美味しく頂けました。

<コーヒー>
s-画像 017

昔ながらのオーソドックスなフレンチって感じのお料理で、今時の創作的なフレンチに慣れ過ぎてると、調理法とかに物足りなさを感じる人もいるかも知れませんが・・・、味は美味しいので、外さないこの安定感が人気の秘密のような気がします。

奥様の接客も丁寧で気分よく食事が楽しめます~。

人気がある上に客席が少ないので、事前予約は必須ですよ!!

<お店の紹介>
「ダンテス (Dantess)」
住所:大阪府大阪市中央区南船場4-12-24 現代心斎橋ビル
TEL:06-6243-4843 
営業時間
ランチ  11:30~13:30(L.O)
ディナー  18:00~21:00(L.O)
定休日: 水曜日
スポンサーサイト
讃岐うどんレポその⑥
2009年11月25日 (水) | 編集 |
さて、今回の讃岐うどんツアー最後のしめくくるのはこちら↓

<かけうどん小(ひやひや)¥220>
320x320_rect_2576672.jpg

ここで事件発生、ワタシの体調の悪さがピークに達してしまい(頭痛い、鼻が詰まる、吐き気がする)お店に入ることすらできない状態に・・・jumee☆faceA195f

無念ながら「ワタシの分もしっかり食べてきて」と、レポはT君に託しました。
今はなき宮武の流れをくむうどん屋ということで物凄く楽しみにしていたので残念でなりません・・・orz

機械を一切使わず手で練って足で踏んで、こねて伸ばして包丁で1本ずつ手切りする麺は強烈なコシがあって美味しかったと、T君も両親も大絶賛でございました。

行ったお店は↓
s-画像 001

「純手打ちうどん よしや~~~っ」

次回、必ずリベンジしますよっ!!

<お店の紹介>
「純手打ちうどん よしや」
住所:香川県丸亀市飯野町東二343-1
TEL:0877-21-7523
営業時間
(平日) 7:00~15:00 
(土)  7:00~15:00 
(日・祝)7:00~15:00 
定休日:火曜日 


今回のツアーは3連休前の土日に行ったのと、有名店を敢えて外してみたので、現地で行列に並ぶことはなくスムーズなツアーでした。

今回候補に上がりながら、いけなかったお店は

<まんのう町>
「やましょう」
「丸美屋食堂」

<丸亀市>
「麺処 綿谷」

<高松市>
「穴吹製麺所」
「うどん一福」
「松下製麺所」
「さか枝」
「池上製麺所」
「手打ちうどん たも屋 林店」

と、まだまだ盛り沢山。
あと、何回ツアーに行ったら全部を制覇できるかしら???(既にワタシは今回で4回目)


さて、旅のこぼれ話を2つほど。

実は行きの三木SAで京都府と福井県が合同イベントをやっていました↓
s-画像 003

<舞鶴観光協会提供:カニの味噌汁>
s-画像 002

<高浜観光協会提供:ふぐの唐揚&コシヒカリのおにぎり>
s-画像 004

いずれも無料配布で太っ腹~♪
これからうどん食べまくる予定なのにお腹膨らましていいのか?と思いながらも頂きましたが、とってもおいしいゅうございました。

そして、父親のリクエストに応えて私達も同行した今回唯一の観光は観音寺市にある琴禅公園。
<銭形砂絵「寛永通宝」>
s-画像 035

有明浜の海岸に寛永通宝をかたどった巨大な砂絵があります(砂絵というより砂像みたいな・・・)
この砂絵を見た人は

「健康で長生きし、しかもお金に不自由しなくなる」

という言い伝えがあるそ~です。

(どうやら、うちの父はお金に不自由しなく、健康で長生きがしたいようです)

ご利益に乞うご期待!!
テーマ:グルメ♪食の記録
ジャンル:旅行
讃岐うどんレポその⑤
2009年11月24日 (火) | 編集 |
この日も両親を再び、善通寺横にある 香色山ミニ八十八ヶ所巡り で降ろし、私達は続いてのうどんへGO↓

<冷やしぶっかけ小¥180>
s-画像 031

冷たいうどんはコシがしっかりしていて、おだしといい感じのバランスが取れててウマイっすnico

<卵玉うどん小¥180>
s-画像 029

通常は温めたうどんに卵をのせて食べるらしんですが、お店のおばちゃんに

「あと、4分ほど待ってね~」

と言われ、待っていると茹でたてホカホカの釜揚げ麺を出してくれましたぁ
(タイミングがいいと、こんな風に釜揚げうどんに卵をのせて、釜玉で食べれるんです)

麺の中に生卵が隠れてます↓
s-画像 030

卵を混ぜて、釜玉~↓
s-画像 033

麺に卵が絡んだこの状態に萌え~~~

「うどん自体に塩味きいてるから、醤油はちょっとずつかけて調整してや~」

とおばちゃんのアドバイスに従い、食します。
(同じ製麺所ですが、三島製麺と違って、ここのお店のおばちゃんの愛想は抜群にいいです

口当たりはツルツルで、食感はもちもちで、味はクリミィーでうまぁ~絵文字名を入力してください

行ったお店は↓
s-画像 028

「大川製麺所~~~っ」

善通寺の商店街の一角にあり、50年以上も続く製麺・卸の専門店なんだそうです。
お客さんの強い要望によりほんのつい最近、店で食べられるようになったんだそうです。


s-画像 027

うどんメニューの他にも日本そばや、つけ麺など気になります!!

<お店の紹介>
「大川製麺所」
住所:香川県善通寺市上吉田町3-9-5
TEL:0877-62-0141
営業時間
(平日)  7:00~13:30 (13:15オーダーストップ)
(土)  7:00~13:30 (13:15オーダーストップ)
(日・祝) 7:00~13:30 (13:15オーダーストップ)
定休日:無休 ※卸のうどんの注文がない場合と急用があれば休み


食べたうどんが美味しかったのと、安かったので、思わず買って帰りました↓
<土産用生うどん2人前¥150>s-画像 038

「10分~12分くらい、お好みで茹でてね~」

というおばちゃんからのアドバイスに従い茹でました↓
s-画像 039

素人のワタシが茹でてても、ご覧の通りのツルピカ麺~

s-画像 041

ネギと、すりおろし大根に幻のラー油をトッピングして、麺つゆをかけて冷で頂きました。

「家で食べても、讃岐うどんのコシで、うまぁ~~~~GOOD
テーマ:グルメ♪食の記録
ジャンル:旅行
思い切って買いました!!
2009年11月23日 (月) | 編集 |
讃岐うどんレポにちょいと横槍記事です。

ワタシったら最近、スイーツ情報ショートケーキにはめっきり疎くなってきてるんですが・・・orz
京都タカシマヤ1Fのゆとりうむ特設会場に 「ラデュレ」が期間限定(11月11日(水)~24日(火)迄)で来てるということを知り、急いで行ってきましたぁフンッ2

店内撮影はできないので、京都タカシマヤのスタッフブログより画像を拝借させて頂きました↓
s-20091112145209_0.jpg
s-20091112121032_0.jpg

こんな感じでワゴン売りでマカロン、チョコ、ジャム、焼き菓子等が売ってたんですけど↓
s-20091112123345_0.jpg

「どれもこれもお高い~~~っガーン

ラデュレといえばマカロン↓(画像は公式HPより拝借)
s-2.jpg

そのマカロン、セット売りしかなくて、一番安いのが4個入りで¥1,400とこれまたお高い・・・jumee☆faceA104

確か6個入りで¥2,000前後、8個入りで¥2,500前後だったような・・・、14個入りなんて¥5,080もするんですよ(絶対に無理ですからっ!!)

「¥1,400出したら、グルニエでケーキ3個買えるよなぁ・・・、ランチ1回食べるよなぁ・・・」

と、ブツブツ思いながらも、スイーツブロガーとしては目の前にあるラデュレのマカロンを買わずに帰る訳にはいかないのです。

しかも、この4個入りマカロン、箱の色がローズ、ブルー、パープルの3色と3種類あって、入ってる種類が違うので、これまた悩むわけですよjumee☆faceA195f

悩みに悩んで・・・「ローズ」を買いました
s-画像 016

紙袋も箱もカワイイです~絵文字名を入力してください

ちなみに記事を書こうと思って調べて解ったことですが、バラ売りで買える銀座とかの店舗で買うと¥231/個らしいんです。
ということは、この箱代だけで¥470ぐらいするってことっすか?
食べ終わっても、この箱捨てられませんからっ!!
次回買う時、「これに入れて下さい」って、言いたいですからっ!!

で、帰ってあけてびっくり↓
s-画像 020

「いや~~~~ん、フランボワーズが割れてるぅううう顔文字

ラデュレのマカロンは表面が繊細で断面カットが難しいとウワサに聞いてましたが・・・、カット前に既に割れてるなんて~~~jumee☆faceA129
(慎重に持って帰ってきたはずなのにぃ!!)

撮影用に懸命に誤魔化してみました↓
s-画像 021

左から フランボワーズ→ショコラ→フルール・オランジェ→シトロンオレンジ・フラワー

さてさて、実食&断面カットのお時間がやってきました。
(断面カットの手が震えます)

<フランボワーズ>
s-画像 023

これは最初からひび入ってたから、一番難しかったぁ。
マカロン生地は思ったほど甘くありませんでした、間に挟まれてるクリームというよりゼリーやジャムっぽい感じ。
ペパン入りで甘酸っぱくて私好みの味でした。

<シトロン>
s-画像 024

買う時に見せてもらった説明に、酸味を抑えたレモン味みたいなことが書いてあって、酸味好きの私としてはは「いやいや抑えなくていいんだけどなぁ・・・」と、思いながら買ったんですが、このクリームが予想を裏切るくらいのキュンとした酸味で

「おお~、この酸味が好きぃ~

って感じ。
シトロンのはちゃんとしたクリームで、とても口どけが良かったです
ただ、マカロン生地が甘かった(クリームの酸味がキツ過ぎるからわざと甘くしてるのか?酸味のせいで甘く感じたのかはナゾです)

<フルール・オランジェ>
s-画像 027

これが今回ピカ1の断面だと思います
(我ながら最高にうまくカットできたと思う)

オレンジの花の香りのするマカロンで、口に入れた途端、オレンジウォーターっぽいの香りがファワ~と広がります。

<ショコラ>
s-画像 028

確かどのセットにも、このショコラは入ってた気がするので定番なのかな?
ガナッシュが濃厚&ほろ苦くておいしゅうございました。

さすが、ラデュレ、生地がサクッ&しっとりで、クリームも多めで口どけも良く、生地とクリームのバランスが絶妙でおいしゅうございましたGOOD

エルメのマカロンを食べたのが遠い記憶なんですが、エルメのマカロンと比べると、ワタシはラデュレの方が好きかも知れません。

ちなみにマカロンは全部でこんなけの種類があるそ~です↓(季節限定フレーバーも含む)
s-画像 018

ちなみに以下のものが食べてみたいです↓

☆カシス・ヴァィオレット(カシス味?)
☆フリュイ・ルージュ (ミックスベリー味?)
☆ショコラ・グリオット (チェリー味?)
☆ショコラ・フリュイ・ド・ラ・パッション (パッション味?)
☆ミルティーユ (ブルーベリー味?)
☆マング・ジャスマン (マンゴー味?)


説明書きがないので、名前から勝手に味を想像してみましたが、合ってるんでしょうかねぇ・・・?
(ってか、予想があってたら、全部フルーツフレイバーぢゃん)

期間限定(11月14日(土)→2010年2月末)で心斎橋大丸北館にもショップがオープンしてるみたいだし(バラ売りはないみたいですけど)、知らない間にジェイアール名古屋タカシマに店舗がオープンしたんですね。
(ワタシ、全然ダメダメですやん)

名古屋の次は是非、関西に正式店舗をオープンして欲しいです

さてさて、遅くなりましたが・・・、リプトンリモーネのスイーツコレクション「DEMEL」バージョン。
あんまり好きじゃないのにコンビニでの定価買いが思った以上にネックになってしまい今回はこの4つを買うのが精いっぱいでした↓
(うちの冷蔵庫にリモーネの在庫何本あることやら・・・)
s-画像 016

リンツァーが画像で見るといい感じなのに実物のアーモンドヌガー部分の焼き色とツヤが薄くて、思ったほどカワイくなかったのがちょっとショックでした。
(ソリッドチョコ猫ラベルにすればよかった・・・)

本音を言うと、もう勘弁して欲しい所ですが、ここ2回ほど海外スイーツブランドとのコラボが続いてますので、次回はラデュレなんかとコラぼってくれると間違いなく買っちゃうでしょ~ね大汗
(マカロン以外のアントルメとかも超・カワイイもん
テーマ:スイーツ
ジャンル:グルメ
讃岐うどんレポその④
2009年11月22日 (日) | 編集 |
さて2日目のモーニングうどんはこちらっ↓
<いいだこの天ぷら、ちくわ天、げそ天>s-画像 018

天ぷらは¥90~とリーズナブル。(いいだこは¥120だった気がする)
揚げたてだったので美味しさは格別!!

<かけうどん温大¥240 肉¥130>
s-画像 019

このお肉の画像に見覚えありませんか???

s-画像 021

s-画像 020

T君、満面の笑みを浮かべながら、今回も張り切って盛り放題~♪

<かけうどん冷小¥170>
s-画像 023

おダシがキンキンに冷えてて、麺もキュッと締まってて、口当たりとのど越しが最高で文句なしのウマさ!!

行ったお店は↓
s-画像 024

「手打ちうどん一屋~~~っ」 

ワタシは讃岐うどんの中ではこの店の冷たいうどんが1番好きにこかも知れません。

<お店の紹介>
「手打ちうどん一屋」
住所:香川県丸亀市三条町535-5
TEL:0877-28-9203
営業時間
(平日)  7:00~19:00 
(土)  7:00~19:00 
(日・祝) 7:00~19:00 
定休日:正月3日程
テーマ:グルメ♪食の記録
ジャンル:旅行
讃岐うどんレポその③
2009年11月21日 (土) | 編集 |
実は今回のツアーはT君との2人旅ではなく、ワタシの両親との合同旅行だったのです
(高速代とガソリン代を折半することによって、浮かせる魂胆で声をかけましたヘヘヘな笑い

「うどんばっかりそんなに食べれへんし、うどんは1日2店ぐらいで、後は観光したい」

というリクエストに従い両親を善通寺へ連れて行き

「1時間半後に迎えに来るね~」

といい、私達は次のうどん屋にGO!!

本当はまんのう町にあるうどんに行きたかったのですが、先ほど、そのまんのう町の三島製麺から戻ってきたばかりなのに、また往復20キロの距離の移動はキツイということで、身近な善通寺付近のお店に行くことに。
前回行った時は混みまくりの中で食べたんですが、今回は夕方16時前の来店だったので店内のお客さんもまばらで落ち着いた感じでした。

<醤油うどん大¥330>
s-画像 013
s-画像 016

相変わらずの強烈なコシ、ツルツルとした喉越しは最高です!!

実はワタシ、今回、風邪気味であんまり体調が思わしくなかったので、めずらしく温かいものをオーダー↓
<つきみうどん小¥280>
s-画像 014

おお~、ダシが白い~えぇ
飲んでみるとしっかりとしたイリコ風味のオダシです。

s-画像 015

玉子を混ぜて食べまぁ~す。
温かくても強烈なコシ感は変わらず。
行ったお店は↓
s-画像 017

「山下うどん~~~っ」

<お店の紹介>
「山下うどん(善通寺)」
住所:香川県善通寺市与北町宮の前1015
TEL:0877-62-6882
営業時間
(平日) 10:00~19:00 
(土) 10:00~19:00 
(日・祝)10:00~19:00 
定休日:火曜日 (祝の場合営業、翌水曜日休み) 


テーマ:グルメ♪食の記録
ジャンル:旅行
讃岐うどんレポその②
2009年11月20日 (金) | 編集 |
続いて食べたうどんはこちらっ↓

<うどん小¥120>
s-画像 009

基本は製麺所なので店の大半は作業スペースです。
その傍らに食べるスペースを作った感じなので、はっきり言って、お店の人の愛想はあまりよくありませんし、独特な緊張感が漂ってます。

メニューは、うどん小(¥120) か うどん大(¥220) のみです。
(安っ!!)

玉数と温かいか冷たいかを告げれば注文完了で、後は手渡されたうどんに自分で”ねぎ・七味・一味・生卵(¥30)”をお好みでトッピングし、味の素・醤油をお好みでかけて頂きます。

s-画像 010

これもなかなかのエッジがきいてますね~わほー

ワタシは冷たいの、T君は温かいの。
温かい麺は モチっ とした食感。

冷たいのは 腰があり、口当たりはツルツル食感 で うっまぁ~いアップロードファイル
(ワタシは冷たい方が好みでした

s-画像 011

口に入れた瞬間、驚くほどの小麦の香りがフワ~と鼻を抜けますびっくり

うどんそのものに結構塩味がきいてるので、醤油のかけ過ぎには気をつけましょう。

温かいうどんに玉子をトッピングしたら釜玉も楽しめますよ~♪


行ったお店はこちら↓
s-画像 012

「三島製麺所~~~っ」

昭和38年創業の歴史あるこのお店にはのれんも看板もありませんし、場所がとても解りにくいです。

場所の説明をすると、坂出方面からだと国道438号線を徳島方面へとひたすら走ります。
満濃公園を右手に見ながら通り過ぎ、続いて左手にサンライズヒルズCCを見ながら通り過ぎ、左手に琴南中学を見ながら通り過ぎ、そのすぐ先に現れる琴南公民館手前の小道を左手に入り、土器川にかかる「矢渡橋」を渡った先の右側の民家が目的地となります。
看板はありませんが、画像からも解るようにポスターが張ってありますのでそれを目印にして下さい。

<お店の紹介>
「三嶋製麺所」
住所:香川県仲多郡まんのう町川東276
TEL:0877-84-2266
営業時間
(平日) 10:00~17:00
(土)   10:00~17:00
(日・祝) 10:00~17:00


テーマ:グルメ♪食の記録
ジャンル:旅行
讃岐うどんレポその①
2009年11月19日 (木) | 編集 |
ハイッ、讃岐うどんレポです。

今回は文字で多くを語りませんので・・・、画像にてその美味しさを実感して下さい♪
(って、単なるサボリです・・・jumee☆sweat2Lb

<かけうどん大(2玉):温¥280>
s-画像 005

<かけうどん小:冷¥150>
s-画像 006

この麺のツヤ、エッジがウマさの証です!! ↓↓↓
s-画像 007

揚げたての天かすが運良く出てきたので、どっさりとトッピング~。
人気のえびかき揚のえびが混じっててラッキーひゃっほぅ

行ったお店は↓↓↓
s-画像 008

坂出の

「山下うどん店~~~っ」

(お店についての詳細情報はリンク↑をポチッて下さい)

<お店の紹介>
「山下うどん店」
住所:香川県坂出市加茂町杉仏147-1
TEL:0877-48-1304
営業時間
(平日) 8:00~15:30
(土) 8:00~15:00
(日・祝)8:00~15:00
定休日:月曜(祝日の場合は翌日)



テーマ:グルメ♪食の記録
ジャンル:旅行
充実した有休デー♪
2009年11月17日 (火) | 編集 |
讃岐うどんレポの前にいくつか記事がたまっているので、お先にアップさせてもらいます・・・。

有休を取ったある日、母親に「ランチでも行かない?」と声をかけたら、「今回はやめとく」とアッサリ断られjumee☆faceA129仕方ないから、1人で有休を楽しむことに♪

で、思い立って出かけたのは三条会商店街近くの「mon‐pain」
ちょっと前のリビング新聞のラスク特集で紹介されてのが気になったので行ってみました。
町のパン屋さんって感じのパン屋でリーズナブルなパンがたくさんありました。

そして、買ったのはこれ↓
<サンライスのラスク¥130>
s-画像 021

s-画像 001


クランベリー、紅茶、プレーンと3種類のラスクがあるみたいなんですが、私が行った時はプレーンのみでした(クランベリーが食べたかった)

土台がフランスパンではなく、メロンパンな為、一般的なラスクと違って、カリッという食感というよりはサクッと柔らか食感でオオッ~びっくりって感じ。

そして、お次は 本田味噌本店 に季節のあて味噌を買いに↓
<栗みそ¥525>
s-画像 022

本当はいちじくか梨の味噌が欲しかったんですけど、時期が遅かったみたいで栗栗しかありませんでした。
まだ食べてないので、お味の報告はまた後ほど・・・大汗

そして、平日しかやっていないランチを食べに高辻通り室町西入にあるこのお店にっ↓
s-画像 011

「TRATTORIA LEONE~~~っ」

店内は2人掛けのテーブル席が4席とカウンターが4席というこじんまりしたつくりです。

前調べでは、ランチはパスタ(3種類から選択)にサラダとパンがついて¥900の1種類で、

+¥200 で デザートorコーヒーorエスプレッソ

+¥300 で デザート+コーヒーorエスプレッソ

ということだったんですが、実際行って見ると、¥900のランチに前菜盛り合わせがついた¥1500のランチがありました。

今回、ワタシは¥900のランチに+¥300でデザートとコーヒーをつけました♪

<サラダ>
s-画像 003

これは普通にグリーンサラダですね。

<パン>
s-画像 006

温められてサーブされますが、外がパリッと中がふんわりでおいしかったです。

<パスタ:豚ほほ肉のラグー タリアテッレ>
s-画像 005

パスタは3種類あって、内容は日替わりなのかな?ワタシがチョイスしたこのパスタのみ麺が手打ち麺でした!!
お肉がゴロゴロ入ってて、モチモチの平麺にソースが絡んでウマイッ~~~nico

<デザート:ティラミス>
s-画像 007

デザートも3種類くらいから選べます。
ちょっと汚くなりましたが・・・フォークで断面確保↓
s-画像 010

このティラミスがまたワタシ好みの味だったのでございますjumee☆faceA192Ljumee☆faceA192R

最後はコーヒーで
s-画像 008

¥1200でこの手打ち麺と本格的なデザートが楽しめるのでコスパめっちゃはいいと思いまぁ~すGOOD
平日しかやってないのが残念でなりません・・・、土日も是非、ランチをやって下さぁあああい~。

<お店の紹介>
「TRATTORIA LEONE(トラットリアレオーネ)」
住所:京都府京都市下京区高辻通室町西入ル繁昌町295-1
                        京都1号館ビル 1F
TEL:075-351-3898
営業時間
[月~金]
11:30~14:00(L.O.13:30)
18:00~22:30(L.O.22:00)
[土日祝]
18:00~24:00(L.O.23:30)
定休日:水曜・第3火曜


そして、その後、2ヶ月ぶりのネイルにGOっ↓
s-画像 013

すごぉ~く気を使っていたはずなのに、ネイルチェンジに行って、ネイルを取ったら、またまたカビが2本もコンニチワ~って発生してて、2ヶ月間、ネイル禁止だったのです涙

どうも、水仕事がよくない&カビができやすい体質(指質?)らしいんです・・・。
来年からは梅雨~秋までの間は辞めた方がいいかも・・・とネイリストさんに言われてしまいました。
(今は考えたくないから来年になってから考えようっと)

画像では見づらいので解りにくいと思うんですが・・・、フレンチの白い部分に薄いピンクのレオパード(豹)柄を入れてもらい、シルバーラメラインをひいて、キューティクル部分にポイントでラインストーンをのせてもらいました。

レオパードってワタシのキャラからかけ離れてるので、一生縁がないと思ってましたが、薄いピンクで書いてもらうと淡い優しい感じで、お上品&キュートなネイルになりましたぁ♪

やっぱ、ネイルはいいですね~笑う、見てるだけでテンション上げ上げですぅ↑↑↑

テーマ:ランチ
ジャンル:グルメ
再び
2009年11月15日 (日) | 編集 |
20091115113848
讃岐うどんに来てまぁ~す
幻のラー油をGETしに♪
2009年11月11日 (水) | 編集 |
チャリ圏内に「幻のラー油」を売っている店があると聞き、行ってみることに。
その店とは、京福電鉄「帷子ノ辻」駅すぐにあるこちらのお店↓
s-s-画像 033

「菜館 Wong(サイカン ウォン)~~~っ」

ご主人は香港出身なんだそうです。
言ってはなんですが、微妙な場所にあるんですが・・・、めっちゃ流行ってますえぇ
ランチメニューはこんな感じ↓
s-s-画像 034

私達は麺のセットを頂きました♪
<自家製胡麻坦々麺セット¥880>
s-s-画像 022
s-s-画像 023

濃厚なゴマ味でウマァ~ハートありがとう


<広東風ネギそばセット¥880>
s-s-画像 024

s-s-画像 025

こちらはアッサリ塩味でウマァ~絵文字名を入力してください

セットには
サラダ(かかっている自家製のドレッシンングがまたウマイっ)↓
s-s-画像 027

点心(肉マン)
s-s-画像 031

特製香港粥or白ご飯(後方にある瓶がラー油)↓
s-s-画像 028

ウーロン茶ゼリー
s-s-画像 032

がついてきます。
麺単品だと¥780するので、たった+¥100でこんなけついてくるなら、セットがお得ですよね!?

さて、本題の幻のラー油ですが、以前「スマスマ」で仲間由紀恵さん、「はなまるカフェ」で西村和彦さんが紹介したことから人気が出たそうなんですが・・・、通販とかはしてないので、このお店に行かないと買えないので「幻のラー油」と呼ばれているらしいです。

お店では各テーブルに1瓶置いてあるので、「ご自由にお使い下さい状態」です。
蓋を開けると、香ばしい、いい匂いが鼻をくすぐります、そしてこんな風にお粥にかけて食べて

s-s-画像 029

「いただきまぁ~す」

s-s-画像 030

「うっ、うっ、うっ、うっめええええええ~笑う笑う笑う

あの、餃子とかに使う、一般的なラー油とは明らかに別の物です。
食べるラー油という表現を誰かがしてましたが、まさしくそんな感じ。

口に入れた瞬間、ニンニクとラー油の香ばしいかおりが鼻を突き抜け、コクのある旨みが口に広がった後にぴりりとした辛味が広がります。(ニンニクが揚げてあるのか?サクサクして香ばしい食感がします)
このラー油をかけることによって、かけたものにコクが加わって得も言われぬウマさに大変身~。

T君たら、相当気に入ったみたいで、「ウマイ、ウマイ」と言いながらテーブルにおいてあったラー油を麺&お粥にかけまくり、私達のテーブルの瓶のラー油は激ヘリ(2/3は食べた気がする・・・ほっ

テイクアウトできるのはお1人様2本限りということで、とりあえず1本(¥680)購入しました↓
s-画像 037
s-画像 038

で、家に帰って白ご飯にかけて食べたらこれまたウマイっ!!
これだけでご飯1杯食べれるくらいのご飯泥棒テイストなんです。

この他にも餃子やシューマイ、サラダにかけても美味しいし、隠し味としていろんな料理にも使っても間違いなく美味しいと思いまぁ~す。

ニンニク&ピリ辛が好きな人は間違いなくハマると思います!!
今後、このラー油は我が家の食卓の必需品になりそうな予感です・・・ぷぷ

<お店の紹介>
「 菜館 Wong 」
住所 :京都市右京区太秦帷子ヶ辻町11-53
TEL: 075-872-5216
営業時間
ランチ  11:30~14:30(LO)
ディナー17:30~21:30(LO)
定休日: 月
※火・水は昼のみ営業

テーマ:中華料理
ジャンル:グルメ
OMAGGIOでランチ
2009年11月09日 (月) | 編集 |
とある休日、「ランチでも行こうか」と町に繰り出した私達。
やって来たのは、家具屋さんが並ぶ夷川通にありますこちらのお店↓
s-画像 036

「OMAGGIO(オマッジオ)~~~っ」

倉庫を改装したという店内は天井の梁がむき出しになっていて、そのまま2階の屋根裏が見えており、床は打ちっぱなしのコンクリ調とレトロモダンな空間が広がっています。

こちらで味わえるのは、シチリア・サルデニア島など南イタリアを中心とした料理なんだそうで、ランチは

pranzo A ¥1000 
サラダ・パン・ピアットウニコ(パスタ、メインを盛り合わせたプレート)


pranzo B ¥1400 
pranzoA + デザート&飲み物


のセットメニュー、もしくはアラカルトになります。

今回は2人とも pranzo A で違うメインを頼んで半分こにすることに♪


まずはこんな感じでサラダとパンが一皿で人数分が提供されます↓
s-画像 028

s-画像 029

それを取り皿に取り分けて1人分はこんな感じで結構なボリューム↓
s-画像 031

広島の契約農家から直送される完全無農薬の野菜の野菜を使った焼野菜(カボチャ、ズッキーニ、サツマイモ)とフレッシュなトマト・ルッコラが混ぜてあり、カボチャとサツマイモはほっくり、ズッキーニはシャキっと、トマトはみずみずしくジューシーと色んな食感が楽しめます。

パンは美味しいんだけど、欲を言えば、温めてサーブして欲しいかな・・・。

さてさて、お次はピアット ウニコ(パスタとメイン料理を一皿に盛り付けてある)です↓
s-画像 033

基本、パスタの方は本日のパスタの1種類のみです。
パスタは確か手打ちだったと思うんですけど(パスタを伸ばすパスタマシーンの音がしてたような・・・)、この日は小松菜入りトマトソースのタリアッテレ

メインは5種類くらいから選べますが、私は豚のテリーヌを↓
s-画像 034

このテリーヌ、ものすごいボリュームなんですけど、食感が実に肉々しくて、うまし~~~っにこ

s-画像 035

パスタには削りたてのパルメザンチーズがたっぷり。
モチモチ食感の平麺にトマトソースがよく絡んでブラボーGOOD


T君のメインは若鶏のトマト煮込みを↓
s-画像 032

こちらもウマシ~絵文字名を入力してください

ボリュームあるし、美味しいし、これで¥1000は、お得だと思いまぁ~すウインク

<お店の紹介>
「オマッジオ 」
住所 京都府京都市中京区夷川通麩屋町西入ル木屋町484
TEL 075-211-7791
営業時間
[月~水・土・日]
12:00~13:30(L.O)
18:00~23:30(L.O)
[金]
18:00~23:30(L.O)
※金曜のランチはなし

定休日:木曜日
テーマ:ランチ
ジャンル:グルメ
「キャトルラパン」でハロウィンディナー♪
2009年11月08日 (日) | 編集 |
少しアップが遅くなってしまいましたが・・・、ハロウイン魔女おばけハロウィン当日に行ってきましたのは、このブログではすっかりお馴染みになりつつあるこちらのお店っ↓
s-画像 001

 「キャトルラパン~~~~っ」

s-画像 006

今回の被り物は 前回 に引き続きましてメキシコの覆面プロレスラー「ミル・マスカラス」
(前回と色が違いますが・・・、いろんな色があるらし~です)

料理の前に「パン好きの君の為に用意したから、これ、食べてみて」と、シェフが出してくれたのがこちらっ↓
s-画像 003

パン・カンテのケシノ実のブリオッシュだそうです。
ワタシ、これが実物大だと思ってたんですが、実はシェフの食べさしの為、現物の大きさではないとのこと・・・。
(この外側に更に何巻きかデニッシュ層の生地があったそ~です。)

一番外側の茶色ツブツブがケシの実なんですが、プチプチした食感で、トップのスライスアーモンドのヌガーが甘香ばしくて、うましぷぷ

そして、今回は世間的にもハロウィンということで、ワタシもプチ仮装をしてたりなんかして・・・↓
s-画像 015

いい年こいたバカっぷる・・・大汗

s-画像 012

この店に来るとテンションがダダ上がりアップするT君、今日も笑顔でハイポーズ。

長い前置きにお付き合い頂き有難うございます。
さて、本題にうつりましょう。

今回は¥3,670のコースです

<前菜の盛り合わせ>
s-画像 008

左上から時計まわりに・・・
コック・オ・バーン(鶏肉のワイン煮)→フォアグラソテー→剣先イカのマリネとんぶり和え→貝柱のスラウェスソース→コッパハム&イチジク→平目マリネビネグレソース→エスカルゴ シャンピニオンクリームソース

今回はノッケの1皿に大好きなフォアグラちゃんがjumee☆faceA192Ljumee☆faceA192R↓↓↓
s-画像 011
s-画像 016

この半レアな断面に萌え~~~っハートありがとう

塩胡椒のみのシンプルな味付けですが、間違いなく、うっまぁああああ~いひゃっほぅ

<パン>
s-画像 017

パンカンテのバゲッド。

<ポロねぎとグリンピースの冷製スープ>
s-画像 018

10月末とは言え、日中はまだ暑かったので冷たいスープが丁度いい感じGOOD
グリーンピースの緑臭さをぽろねぎの甘さが絶妙にカバーしてておぃちぃ

<天然鯛のソテー ヴァン・ブランソース>
s-画像 020

ヴァン・ブランソースとはエシャロットを炒め、魚のだし汁を加えたベースに白ワインを加えて煮詰めたもので生クリームやバターなどを加えて仕上げるソースです。

作ってる時から「今日のダシは我ながら、最高の出来やわぁ・・・」と、シェフが自ら絶賛してたんですが、その日は平目とカワハギからダシをとったとかで、コクがあってクリーミーなソースは「これこそフレンチのソースね」って感じで、鯛との相性も抜群ですがなっ!!
そして、間違いなくパンにも合うので、パンが進む、進む→→→

<スペイン産カタロニアポークの豚バラコンフィ オニオンとエシャロットソース>
s-画像 025

「豚が食べたいっ!!」

という私達のリクエストに応えてくれた1品です。
画像では解りにくいかも知れませんが、これがかなりの大きさ。
大人のコブシ大のお肉ちゃんです。

s-画像 026

ナイフがスッと通るくらい柔らかく煮込まれたお肉は、ジューシーで、うっまぁ~~~赤ハート
このソースもねぇ、玉ねぎとエシャロット甘味の中にアクセントの粒胡椒がピリッと効かせてあっておいし~。

が、ここまでに調子にのってパンを食べ過ぎたせいで、完食は無理で、T君にこっそり輸出しときました。

あ~、もう限界だぁ・・・と思っている所にいつものようにとどめのデザートがド・ドーン↓
s-画像 027

フルーツもりもりのせクレームブリュレ。
おいしいけど、別腹じゃないワタシにとっては相当苦しいです怖い

今回もうまうまを有難う~♪

ちなみに、最近は週末だけでなく平日までも1ヶ月先まで予約いっぱいらしいです。
(シェフもちょっとお疲れ気味でした)

今回も予約の問い合わせの電話はジャンジャン鳴ってましたが、その度に「申し訳ございません」と断るシェフの姿を目の当たりにし、”いよいよ私達の予約も取れなくなるかも!?”と不安ながらに帰りに次回の予約を入れようとしたら

「え~、また、来るのぉ!?」

と、いつものように軽~くイヤがられましたが、(変な格好でいって、好き放題するからかしらjumee☆faceA187R

「絶対に行きますからっ!!」

次回はちょっと早いクリスマスクリスマスツリー(´ε`)ノ赤い飾り(白い背景用)バージョンでお届け予定です~ウインク-2

<お店の紹介>
「キャトルラパン」
住所:大阪府大阪市北区堂島1-3-33
            新地萬年ビル5F
TEL:06-6343-8663
営業時間:ランチ  12:00~14:00(平日のみ)
       ディナー 18:00~24:00
※ランチタイムはお肉がなくなり次第終了、12:40以降の来店であれば予約可(前日までに)

テーマ:美味しかった♪
ジャンル:グルメ
第7弾は思ってた以上にカワイイですっ!!
2009年11月04日 (水) | 編集 |
この記事でお知らせした、リプトンリモーネスイーツコレクション第7弾の詳細が解りましたぁあああ。

詳しくは こちら をクリックぅ~!!


いつもは気に入ったやつしか買わないんですが、今回は思った以上のできばえに全種類をコンプリートしてしまう予感・・・

今日の帰りにスーパー&コンビニを要チェキラッチョしなくてはっ!!(もう置いてあるのかな?)

あっ、予想通り、踊りますよっ

<追記>
よくよく確認したら、 今回はコンビニ限定販売 みたいですね・・・汗・2
う~ん、リモーネがそんなに好きじゃないので、定価買いで、コンプリートするのはなかなかキツイなぁ・・・。
テーマ:ホビー・おもちゃ
ジャンル:趣味・実用
サラサ3でランチ
2009年11月03日 (火) | 編集 |
前回 この記事 で紹介した「落花生」に行った後、またまたチャリをコキコキしてやって来たのは、三条商店会の中にあるこちらのお店↓
s-画像 044

「サラサ3~~~っ」

以前 この記事 にて紹介した「サラサ mange」とは姉妹店になります。

こちらのお店は元タバコ屋さんを改装してあり、料理のジャンルはカジュアルイタリアンなんだそうです。
店頭ではパンクロワッサンの販売もされています。

ランチは
●Aランチ(日替わり)……1050yen
     Bランチ
      +
     ・前菜2品
     ・ミニデザート

●Bランチ(日替わり)……840yen
     ・サラダ&フォカッチャ
     ・パスタ
     ・ドリンク
     (オレンジジュース・グレープフルーツジュース・珈琲・紅茶)

●週替わりランチ……840yen
     ・メイン1品(ごはんもの、お肉ものなど)
     ・サラダ
     ・ドリンク
     (オレンジジュース・グレープフルーツジュース・珈琲・紅茶)


の3種類です。

今回はワタシがAランチ、T君が週替わりランチをチョイス。

<Aランチ:サラダ>
s-画像 034

野菜いっぱいのサラダ~。
しかもポーションデカッ!!
フレッシュトマトを使ったソースがおいしかったです。

<Aランチ前菜&フォカッチャ>
s-画像 035

前菜は彩り野菜の入ったオムレツとじゃがいもとボロネーゼのオーブン焼き。
オムレツは野菜がゴロゴロ入ってて、じゃがいものオーブン焼きも香ばしくていい感じ♪

で、見てもらえば解ると思うんですが、フォカッチャがまたデカイんですが、このフォカッチャが、塩加減とオリーブオイル加減が絶妙でバリウマにこ

<Aランチパスタ:確かきのことツナのトマトソースだったような・・・?>
s-画像 040
s-画像 041

即アップしてないので、所々の記憶が曖昧でパスタがキノコだけだったような気もしないでもないんですが・・・、パスタの量もデカイです~びっくり
2人ともパスタを選択すると、同じお皿に盛られてくるので、見た目が更に巨大になります。
茹で加減もいい感じでしっかりとしたトマト味のパスタで美味し~絵文字名を入力してください

<週替わりランチ:鶏肉のソテーきのこ入りクリームソース>
s-画像 036

こちらはワンプレートスタイルで。
画像はありませんが巨大フォカッチャはもちろんついてます。

s-画像 038

こちらのお肉もデカイです。
ひと口もらいましたが、カリッとジューシーで、ソースがクリーミーで美味しかったです♪

<Aランチ:コーヒー&ゆずシャーベット>
s-画像 042

ゆずピールが入ってて、爽やかウマシ~GOOD

夜の料理の内容はよく解らないですけど、ランチのパスタは、カフェで食べるパスタって考えて、この内容でこの値段ならコスパ良過ぎでしょう(カフェのパスタとしてはレベル高い方だと思います)
同じ系列の「mange」と比べると、ワタシはこっちのランチの方が好みでぇ~す。

今回は落花生で買ったパンetc・・・(ワタシは常にパン屋orスイーツ店をハシゴをする女ほっ)があった為、店頭売りのパンが買えなかったんですが、お会計の際に見てるだけでも、かなり魅力的ラインナップだったので、次回は買いたいと思いまぁ~す。
(ランチに出てくるフォカッチャも店頭で¥120か?¥130くらいで買えます)

ちなみに、お店の場所なんですが、京都の街中からはちょっと離れているんですが・・・、人気があるみたいで、休日ランチタイムピーク時はお待ち覚悟でウインク-2
(満席時は、離れが待合室みたいになっているので、そこで待つか、お店の人に携帯番号を言って商店街をブラブラするかという感じになります→私達も離れで待ちました)

<お店の紹介>
「サラサ3」
住所:京都市中京区三条通り猪熊西入る御供町293
TEL:075-811-0221
営業時間 11:30〜23:00
 昼ごはん   ● 11:30~14:00
 お茶の時間 ● 14:00~18:00
 夜ごはん   ● 18:00~22:30

テーマ:ランチ
ジャンル:グルメ
3年越しでようやくGETできそうです♪
2009年11月01日 (日) | 編集 |
ハロウィン魔女が終わったと思ったら一気にクリスマスモードクリスマスツリー(´ε`)ノ赤い飾り(白い背景用)に突入ですね。

この時期になると化粧品メーカーがこぞって発売するクリスマスコフレ~~~っ
結構、お得なセット内容になっているんですよね~♪

で、ここ3年ほど、「欲しいっ!!ブゥーと思った時には、既に予約で完売だった、大人気のクリスマスコフレ↓
<ルナソル パーティコフレ 2009 ¥6,825>img_01.jpg

今年の内容は
☆ルナソル ライティングフォーアイズ EX05
☆ルナソル ジェミネイトライナー EX03
☆ルナソル フルグラマーグロスN EX11
☆ルナソル シャイニングパウダーN EX03
☆ルナソル オリジナルポーチ


今年はぬかりなく、前もって予約開始日を確認し、本日11/1日が開始日だったので、朝1(10時半過ぎ)に大丸京都店で、無事に予約完了~手書き風シリーズ26ピース
開店、30分くらいしか経ってないのに既に予約番号は21番ですからっ!!
(危ね~)

s-画像 047

ふ~、3年越しでようやくGETだぜ汗・2

で、毎年買っていて、今年も買おうと思っているもう1つのコフレがこれ↓
<ボーテ ド コーセー/ファンタジスト コレクション II ¥5,250>
091120bko.jpg

11月20日(金)限定発売で内容は・・・

☆アイ ファンタジスト SP063 / PK857(限定色)
☆ルージュ ファンタジスト アクアヴィニル RO681(限定色ミニサイズ)
☆パフチーク PK800(限定品)
☆グロッシー クリーム(限定品)


ワタクシ、シャドウはアイファンタジストを愛用しているので、限定色が2色入ってるこのコフレはついつい買ってしまいます。

そして、最後にもう1種類紹介しておきましょう↓

<ジルスチュアート スウィートネス コレクション¥7,875>
091106jillstuart.jpg

内容は
☆ジルスチュアート ミックスフェイスパウダー コンパクト 101
☆ジルスチュアート ジェリーアイカラー N 103
☆ジルスチュアート ジェリー リップグロス 101
☆ジルスチュアート ネイルラッカー N 106
☆エメリーボード
☆ネイルアートスティッカー
☆ポーチ


こちら、11月6日(金)限定発売なんですが・・・、今日の時点で大丸京都店では予約完売御礼になってました(大阪なんてだいぶ前に完売になっているんじゃないかと思いますが)
確かに内容的にはカワイイですよね~♪

この HP にこの他のブランドのクリスマスコフレの情報が載ってますのでよかったらご参考にぃ~♪


全然関係ない話なんですが・・・、近所の某大手スーパーに買い物に行ったら、こんなありえない値札に遭遇↓
s-画像 046

確かにその日が賞味期限ではありましたが、この鶏肉、ブラジル産じゃなく、国産なんですよ。
半額くらいなら解るんですが、 ¥18 てぇ・・・・苦笑

2人で「きっと何かの間違いちゃう?」と言いながらも、物は試しに買ってみたら、レジでも普通に

「¥18~」

と、スルーで、お買い上げできちゃいましたぁえぇ

T君が「これ、お買い得品じゃなくて、超・お買い得品やんっ!!」って言うてましたが、まさしくその通り。

その日の晩御飯のお鍋鍋に使わせて頂きましたが、普通においしゅうございました顔

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。