粉もんスイーツ&パンが大好きな京都の主婦です。このブログでは私が食べた物を中心に紹介していきます♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やり過ぎですよね・・・?
2009年08月24日 (月) | 編集 |
お友達4人でランチ~♪
行ってきましたのは北新地にあるこちらのお店↓
tDSCF2335.jpg

「SOPRANO(ソプラーノ)」

こちらはなにわの伝統食材や、箕面・やなもり農園から届く特選野菜、近隣の新鮮な魚介などの大阪近郊の食材にこだわったイタリアンが楽しめるお店なんだそうで、この5月には大阪産(もん)サポーターとして大阪市より認可されたんだとか。

また京都・祇園「旬菜ふれんちキャレドミュー」の姉妹店なんだそうで、「祇園心織CoCoロール(¥1260)」の販売もしてるそうです。
(数に限りがあるそうなので確実に欲しい方は予約した方がいいと思います)

ランチは、VELOCE(¥1,000)、ALTO(¥1,800)、SOPRANO(¥3,000)の3種類があるんですが、今回は真ん中のALTOをオーダーしました。
※SOPRANOは前日までに要予約

<お付き出し:泉州産ヒラマサとパッパポモドーロ>
tDSCF2321.jpg

パッパポモドーロとはトスカーナ地方の料理で、パンのトマト粥なんだそうです。
味は悪くないんだけど、パンが汁気をすってブヨブヨしてる食感が私は苦手でしたぁ・・・かお

前菜は2種類から選ぶことができ、この日のもう1種類は大阪産野菜を使ったシンプルなミネストローネでした。
ワタシが選んだのはこちら↓
<前菜:丹波地鶏のスモークとゴボウのキンピラパルミジャーノのクロスティーニ、トマトサラダ添え>
tDSCF2323.jpg

出て来た瞬間、

「いや~ん、お皿がカワイイ~heart

と、皆で一騒ぎ。

お店の方が教えてくれたんですが、「grass studio」という世界の3星ホテルや有名レストランで愛用されているギリシャのメーカーの食器で統一されてるそうです。
(京都の祇園に取り扱い店舗があるそうです)

お料理の方は、メニュー名で見ると解りにくいかも知れません、簡単に言うと、”鶏肉ときんぴらごぼうのブルスケッタ、パルミジャーノのせ”って感じかな?
パンがフランスパンではなく、食パンなんですが、わりとしっかり目にカリッとトーストされてます。
鶏肉がジューシーで、きんぴらごぼうのシャキシャキ食感がいい感じ(でも、ちょっと味が濃かった)
添えてある緑色(パセリ)のソースをお好みでかけるんですが、パセリの味はさほどキツクなかったです。

<自家製フォカッチャ>
tDSCF2325.jpg

ひと口タイプのフォカッチャです。
このケースがまたカワイイ。
取り分けのお皿もまたカワイイ↓
tDSCF2326.jpg

メインのパスタは3種類から選択できます。
この日は
☆なにわの伝統野菜「鳥飼茄子」のラグーソーススパゲティーニ 浜坂産鯵のフリット添え
☆じゃがいものニョッキ 空芯菜とクルミ入りゴルゴンゾーラソース

と、私が選んだこちら↓
<パスタ:和牛ミンチと南河内産お野菜のアラビアータソース スパゲティーニ>
tDSCF2329.jpg
tDSCF2330.jpg

HPの説明によると、和牛はディナーで使用している山形牛、大阪ウメビーフ等サーロインの端材を使い、食感を楽しめるよう包丁で小さくカットしてあるそうです。
野菜はシェフ自らが羽曳野「しらとりの郷」に買いにいったもので、甘長とうがらし、枝豆、つるむらさき、白瓜、万願寺とうがらし等がダイズカットにされたぁ~っぷり入ってます。

アラビアータソースなので、かなりのピリ辛で最初はビックリしましたが、食べていくうちに口が慣れてきます。

<食後の飲み物>
tDSCF2333.jpg

コーヒーが2人とミルクティーが2人。
ミルクティーは自分でミルクを入れるのではなく最初からミルクティーでサーブされます。
ソーサーもカワイイです。

全体的に味がちょっと濃い目という意見が多かったんですが、私は濃い味が好きな人なので、「言われてみれば・・・」程度で、きんぴらごぼう以外はさほど気にはならなかったです。

お店の雰囲気と食器がめっちゃカワイイので女子は好きなお店だと思います。

<お店の紹介>
「SOPRANO(ソプラーノ)」
住所:大阪市北区曽根崎新地1-5-23 吉紹ビル1F
営業時間
平日 11:00~15:00(L.O.14:00)
    18:00~4:00(L.O.3:00)
土曜 11:30~15:00(L.O.14:00)
    18:00~24:00(L.O.23:00)
定休日:日曜


で、このワタシが「SOPRANO」でデザートを食べてなかったことを不思議に思いませんでしたか?

一応、プラス¥300でつけれたんですが、とある打ち合わせをすべく、お店を移動→→→で、辿り着いたのは西梅田にある

「MARYLEBONE (メアリルボーン)西梅田店~~~っ」

<アフタヌーンティーセット:画像は2人前(¥1500/人前)>
tDSCF2338.jpg

※このセットがオーダーできるのは14:00~です

「おお~っ、豪華な3段で登場~ハート
(※1人前でのオーダーの場合は2段で登場します)

っていうか、私達、上のランチを食べたその足でここに来ましたから・・・顔文字1(背景黒用)
(ハイ、歩いたのは、たったの10分弱で、何のカロリー消化もしてませんともっ!!)

<上段:ケーキ3種>
tDSCF2339.jpg

お店がショーケースの中からチョイスしたケーキが3種のってきます。
この日は、リンゴとクルミのタルト、ベリーチーズケーキ、ハニーシフォンケーキでした。

どれもめっちゃボリューミー汗
シフォンケーキがフワフワエアリータイプじゃなく、スフレタイプのチーズケーキのような食感で、なかなかのワタシ好みだったんですが、今日のお腹具合からいくと、エアリーシフォンが良かったかも・・・。

<中段:スコーン>
tDSCF2340.jpg

生クリームとブルベリージャムが添えられてます。
持ってもズッシリ重く、しっかりめの詰まったスコーンでした。

<下段:サンドイッチ、ベリー入りヨーグルト>
tDSCF2341.jpg

サンドイッチサンドイッチは、ハムきゅうりサンドです。

メニューにはケーキ3種類って書いてあって、お店の人に聞くと「ケーキはお任せになるんです」と言われたので、生ケーキ1つに後は軽い焼き菓子系(パウンドケーキ、マドレーヌetc・・・)を想像してたのに、普通に結構なボリュームのケーキが出てきて、焦りながら、「今日の晩御飯は抜きっ!!」と決意しました。
飲み物の紅茶は6種類ぐらいから選べ、ポットサービスなので、ここのアフタヌーンティセットはとてもお得感があります。

でもね、言うまでもなく明らかに食べ過ぎのやり過ぎでお腹が苦しくてかお、最終的にケーキをモテ余しながらも何とか食べきりました。
夜ご飯を抜くというより、今、この場で食べきれるワタシのお腹のキャパがギリギリでした・・・

場所が西梅田(ブリーゼブリーゼの近く)なんで、穴場かな?と思いきや、入店した14:00頃は空席もチラホラあったのがその後どんどん人が増え、最終的にはお待ちが出るほどの人気ぶりでございました
(しかも、お客さんのほとんどが女子です!!)

アフタヌーンティーセットを食べる人は、お昼は控えめにして望んでくださいね~
(言われなくてもそうしますよね・・・笑

<お店の紹介>
「MARYLEBONE 西梅田店」
住所 :大阪府大阪市北区梅田2丁目4-13 阪神産経桜橋ビル1F
営業時間
[月~金] 9:00~22:00
[土・日・祝] 11:00~21:00
定休日 なし
スポンサーサイト
テーマ:Lunch♪
ジャンル:グルメ
ハリエの「焼きたてバウム」が大阪でも買えるように!!
2009年08月22日 (土) | 編集 |
20090822171407

(※画像をクリックすると大きくなります)

携帯よりレポです。
本日、梅田に用事があり、帰りにデパ地下チェックで阪神百貨店のクラブハリエの前を通ると、こんな看板が。
どうやら、あの守山波璃絵館や近江八幡の日牟禮ビレッジといった滋賀県の一部の店舗でしか買えなかった「焼きたてバウム(¥630)」の販売を始めたようです。
(以前にあった500円のカット売りがなくなってました)
20090822182403


最近、守山で2回連続振られてるので並んで買いました。
お店の人に聞いたら、本日の焼き上がり時間は上の写真の感じらしいんですが、毎日、朝から販売してるそうで、その日によって焼き上がり時間は多少変わるけど、平日は18時半ぐらいの焼き上がりが最終らしいです。

以前、キハチソフトクリームがあった場所が今、バウム工房になっていてそこで随時焼き続けてるから、最終時間まで売り切れとかはないそうです。
但し、個数制限があって1回の購入では1人2個までです。

焼きたてなので、買ってすぐはほんのり温かいので、是非、お試しあれ
※賞味期限は当日中になります
「Le Caneton」でランランランチ♪
2009年08月20日 (木) | 編集 |
久々のkayomaruさんとのうまうまデートぉ~

今回は谷町6丁目にある、一軒家をリノベージョンしたこちらのお店へGOっ↓
tDSCF2194.jpg

「Le Caneton(ル・カネトン)~~~っ」

シェフはホテルニューオータニ大阪のフレンチ「サクラ」の出身だそうで、(ん?最近どっかでも同じフレーズを書いたような・・・)「鴨・フォアグラ料理」を中心としたカジュアルフレンチのお店なんだとか。

鴨のお店ということで・・・ナイフレストは鴨、ショップカードは地図上にあるお店が、飛び出す絵本みたいに3Dで浮き上がるという凝った感じになってます↓
tDSCF2197.jpg

私達、2人揃って大のフォアグラ好きハートありがとうということで、ランチタイムの訪問ではありましたが、ランチコースではなくアラカルト料理を食べました。
(ランチコースはリンクではりつけてるHPを参照して下さい。)

<前菜いろいろ盛り合わせ¥2500>
tDSCF2200.jpg

取り分けたのがこちら↓
tDSCF2204.jpg

自家製のパテ・ド・カンパーニュ→プチトマトの蜂蜜ヴィネガー漬け→磯香るタルタル土居昆布のジュレ→野菜のマリネ→オリーブ→生ハム。

パテとタルタルが好みの味でおいしかったぁ~、けどマリネがだいぶと酸っぱかったぁびっくり

実はもうちょっと豪華な盛り合わせをイメージしてたんですけど・・・、この盛り合わせは割高感を感じてしまいました。

<パン>
tDSCF2202.jpg
温かいのがサーブされます。
ご近所の「ル・アイ」のパンなんだそうです。


<サマートリュフたっぷりの贅沢オムレツ¥1900
tDSCF2205.jpg

フォアグラも好きだけど、卵もかなり好きな私達。

ナイフを入れたら、黄身がトロ~ンを期待したんですが、意外としっかりめなオムレツでした↓
tDSCF2208.jpg

口の中に芳醇なトリュフの香りがグワッ~と広がっておいすぃ~~~絵文字名を入力してください

<冷製フォワグラの3種盛り合わせ¥3000>
tDSCF2209.jpg

お店では全く気つかなかったので、この向き↑で撮影してしまいましたが、帰って画像を取り込んでよ~く見るとアップロードファイル 、ブリオッシュが鴨の形にくり抜かれてましたぁ↓
atDSCF2209.jpg

<フォワグラの燻製 アーモンドと枝付きレーズン>
tDSCF2210.jpg

燻製のフォアグラって食べたことがないのでどんなのかな?と思ったんですが、まんま燻製でした。
口の中に入れるとねっとりと濃厚な味がしますが、フォアグラの味というよりは燻製の風味。
う~ん、フォアグラは燻製にしない方がいいかもぉ・・・汗・2

<未来コーンの冷製スープ フォワグラの粉末アイス添え>
tDSCF2212.jpg

コーンの甘みが凝縮されてておいしかったけど、フォアグラの風味が薄かったかな?

<冷製フォワグラのトーション ブリオッシュ添え>
tDSCF2211.jpg

これはテリーヌかな?口の中に広がる濃厚なフォアグラ味が王道な感じで外さないウマさでした

<フォワグラのヴァプール トリュフのリゾット¥3500> tDSCF2218.jpg

予め、2人分に取り分けてサーブしてもらったのでこれは1/2の大きさです。
フォアグラのこの厚み↓が素敵ぃいいいい~っnico
tDSCF2217.jpg

ヴァプールは蒸し煮のことで、リゾットの上に蒸されたフォアグラがのってるんですが、絶妙な蒸され具合でプルンプルン食感のフォアグラは激うまぁ~にこ

フォアグラの下のリゾットはトリュフの風味がしっかりきいてて、芯の残り具合もバッチグーグー

これはこの日のピカ1メニューでございました。

いろんなフォアグラ料理があるので、フォアグラ好きさんは是非行かれてみてはいかかでしょう?

<お店の紹介>
「Le Caneton(ル・カネトン)」
住所 :大阪市中央区上本町西2-6-23
地下鉄谷町六丁目駅3番出口から徒歩1分
TEL :06-6761-1717
定休日 : 月曜日
営業時間 :
ランチタイム   11:30~14:00 【L.O】
ディナータイム 18:00~22:00 【L.O】
バータイム    22:00~0:00 【L.O】


kayomaruさんから、私が次、東京に行ったら行ってみたいと思っている東京のケーキ屋「エーグル・ドゥース」のクッキーをお土産で頂きました↓
tDSCF2283.jpg
tDSCF2284.jpg

クルミがザックザック入ってて、ナッツ好きにはたまらんウマさ嬉しい
ああ、お店に行きたい・・・、ケーキが食べたい!!と改めて思いました。

kayomaruさん、素敵なお土産をありがと~アップロードファイル
テーマ:Lunch♪
ジャンル:グルメ
送り火に行ってきました
2009年08月17日 (月) | 編集 |
我が家から徒歩1分くらいの桂川の河原から、ものすご~く綺麗にこの鳥居↓が見えるんですが・・・、(しかも、観光客もほとんどいない)
tDSCF2299.jpg

わざわざ混み混みの阪急電車に乗って1駅向こうの嵐山まで行ったのは、阪急電鉄が「夏の京都・嵐山キャンペーンという「ゆかた」をキーワードに展開した夏の京都・嵐山への旅客誘致を図る企画のこのプレゼントが欲しかったから↓
tDSCF2312.jpg

雑誌SAVVYとのタイアップによる「SAVVY ゆかたで嵐山お散歩(8ページ)」と”HANKYU×ABISTE(アビステ)オリジナルアクセサリー”。

tDSCF2313.jpg

阪急3線のイメージしたもの(神戸線「いかり」、宝塚線「ト音記号」、京都線「下駄」)と阪急電車、HANKYU&ABISTEロゴ入りプレートという、計5つのチャームがついたアクセサリーです。
(金具の取り外しが簡単なので携帯ストラップもしくはキーホルダーとして使えます)
下駄の色だけ4種類(ピンク・黄色・黄緑・水色)あるらしいんですが、この色は選べず、もらってからのお楽しみということで私のは緑色でした。

で、これは誰でももらえるものではなく、8月14日~16日の14時から阪急嵐山駅広場で、浴衣着用のうえ、「京都ゆかた割」or「SAVVY ゆかたで嵐山お散歩」を持参した人にだけ進呈されるものだったんです(各日先着600人 計1,800人)

というわけで、またまた着ましたよ、浴衣を・・・↓
atDSCF2307.jpg

もちろん、今回もT君に着せてもらいました。
ワタシ、子供の頃に夏祭りとかで浴衣を着て以来、浴衣といえば温泉旅行に行った時に旅館の浴衣しか着たことのない人だったのに今年、T君が思いついたように浴衣にハマってしまったおかげで、それに合わせるべく自分で着れないくせに3着も購入するハメに・・・ほっ

ついでに最近、このブログに出演することに軽~い楽しみを覚えているT君の浴衣姿もご覧下さい↓
tDSCF2305.jpg

でもね、出演したがるクセに顔がバレないようにとボカシ具合を厳しくチェックされ、ダメ出しまでさられる意味が全く理解できないんですけどっ!!!
(ワタシ、大ざっぱなO型、T君、几帳面なA型なので、ワタシったら私生活でも注意されっぱなし絵文字名を入力してください→でも、全然堪えてませんけどねHA

その日、嵐山では大文字と同時に灯篭流しも行われてました↓
tDSCF2266.jpg

ワタシ、京都に住んでながら、大文字をわざわざ見に行ったことがなく、渡月橋から左大文字が見えることを今回初めて知りました↓
tDSCF2295.jpg

基本、食べ物しか撮らないカメラなので夜景モードでの使い方が全く解らず、ビミョーな写り具合なんですがハムハムヒクヒク、小さく見える大の字の右下辺りに点々とある光が流れている灯篭です。
(左大文字は肉眼ではもっと大きく、綺麗に見えます)

こんな時こそ稼ぎ時じゃないのか!?と、ワタシは思うんですが・・・、嵐山界隈は意外に閉まっているお店が多かったことにちょっとビックリしました。
カフェでお茶するか晩ご飯を食べようと思ってたのに結局、いい感じのお店が見つけられず、中村屋のコロッケだけ買い食いして自宅に帰ってご飯食べました。

灯篭流しと大文字(鳥居と左大文字)と2つが同時に見れるので嵐山で見る送り火も、なかなかおすすめですよ~♪

というわけで、まっさらな浴衣があと1着あるんで、浴衣を着て行っても自然なイベントをご存知の方いらっしゃったらお教え下さいマシ~。
テーマ:おこしやす!京都
ジャンル:地域情報
「中村軒」でマンゴー氷を食べる
2009年08月16日 (日) | 編集 |
お店の前を車で通り過ぎる度に

「今日もすごい混んではるなぁ・・・」

と思うものの、和菓子が苦手な私にはなぜか行く機会がなかったこのお店↓
(お店の前の道路の車通りが激しい為、外観撮影を断念し、HPより画像拝借いたしました)
shop00.jpg

「中村軒~~~っ」

カキ氷カキ氷がおいしいらしい・・・ということをここ2~3年くらいで知って、すご~く気になっていて、マンゴー氷が8/11日までということだったので慌てて行ってきました。

カキ氷の種類は
宇治、宇治金時、ミルク金時、宇治ミルク金時などの定番の他、あんみつ氷(寒天入り、白玉付き、白みつor黒みつ)、大島氷(くろみつ)、こおり華(梅肉ゼリー入り)、ゆず氷
などがあり、とても豊富です。

が、しかし、私はあんこが苦手なので、旬の果物をそのままシロップにした贅沢なフルーツ氷をチョイス。

フレッシュフルーツで作られる季節氷はマンゴーを含めて3種類あり、季節ごとに変わっていきます。

☆いちご氷(4月下旬~6月中旬) 
イチゴをそのままつぶして作ったシロップに練乳がついてくるそうです。


☆マンゴー氷(6月中旬~8月中旬)
熟したマンゴーをミキサーでそのままシロップにしてあります。


☆ゆず氷(8月中旬~9月)
ハチミツを贅沢に使った特製白みつに、スダチの果汁をギュッと絞ってあるそうです。


※いずれも果物の入荷状況によって変更有

s-DSCF2185.jpg

<マンゴー氷¥750>
s-DSCF2188.jpg

トップにマンゴーの果肉がちょこんとのっていて、

「足りなかったら、こちらをおかけ下さい」

と、別添えのシロップもついてきます。

断面はこんな感じ↓
s-DSCF2190.jpg

ドロッととろみのあるシロップはマンゴーの甘みがギュッと濃縮されていて、きめ細やかでふわふわサクサクの氷にからんでおいし~ですnico

アップが遅くなってしまいましたので、残念ながら今年のマンゴー氷は終わってしまいましたので、気になられた方は来年までお待ちを・・・

<冷やしぜんざい¥600>
s-DSCF2186.jpg

T君のオーダー。
お口直しに昆布の佃煮がついてます。
私と同じくあんこが好きなイメージがなかったので、このチョイスにちょっとビックリえぇ

ひと口もらいましたが、私には死ぬほど甘く感じました・・・考える

<麦代餅¥290>
s-DSCF2193.jpg

このお店の看板商品なので、1個頼んで半分こしました。
このお餅、かつて農家の間食として田畑へ直接届けていたもので、 農作業が終わる頃にその代金を麦で払ってもらった事よりこの名がついたんだそうです。

お餅がものすごい弾力があるので楊枝で切るのにひと苦労しました。
食べるとモチモチッとした食感で噛み応えがあります。
あんこ自体は甘め(私にとっては)なんですが、香ばしい黄粉のおかげでほどよく緩和されてる感じ。

私達は日曜日のお昼時に行ったのですが、観光客が来るには便のいい場所ではないはずなのに、めっちゃ混んでるし、私達の後も次々とお客さんがやってきて大繁盛してました。

本当はみたらし団子も食べたかったんですが(実はみたらし団子が好き)、多分、秋冬メニューらしく今回は頂けなかったので、また寒い季節に行ってみたいと思います。

<お店の紹介>
「中村軒」
住所: 京都市西京区桂浅原町61
TEL:075-381-2650
定休日:水曜(祝日は営業)
営業時間 7:30~18:00
 茶店 9:30~18:00 (ラストオーダー17:45)

テーマ:おやつ
ジャンル:グルメ
久々のビックサイズ!!
2009年08月15日 (土) | 編集 |
T君のサーフィンに付き合って、伊勢まで行ってきました↓
tDSCF2252.jpg
tDSCF2257.jpg

私はサーフィンはできないので、日焼けの恐怖に終始、脅えながら、海水浴と昼寝(朝4時起きだったので眠くて、眠くて・・・)を楽しみました♪

水着の上から長袖のラッシュガードを着て、出てるとこは日焼け止めを塗りたくり、完璧なはずだったのに、ねぞうが悪かったらしく、かけていたタオルがはがれて(浜辺でどんなけ熟睡しとんねんっ!!)、お腹の一部分だけ出てたみたいで、あり得ないくらいの真っ赤な日焼け跡がぁあああ怖い

そして、帰りに伊勢自動車道を津で降りて、行ってきたのはこのお店↓
tDSCF2260.jpg

「新玉亭~~~っ」

T君が以前、雑誌のメガ盛り特集で紹介されている「大盛りのうな丼」を見て、すご~く気になっていたお店なんだそうですが、TVチャンピオンの「デカ盛り王選手権」にも出たことがあるらしいです。

場所だけ調べて、他は何の下調べもしないで到着した私達。
こじんまりした町の定食屋さんみたいなのを想像してたのに、お店はドドーンとそびえたつ4階建てのビル。
店に着いたのは18時過ぎだったんですが、店の裏手にある第1駐車場、第2駐車場とも満車!!
そして、店に入ると、まず満席で

「今からですと、お料理が出るのに1時間かかりますが・・・」

と言われる。
う~ん、ここで引きさがるワケにいかないので、待ちましたよ、1時間ハムハムヒクヒク
待っている間にオーダーを聞かれるので私は、並のうな丼、T君はプラス¥200で大盛りをオーダー。

すると、おばちゃんに

「大盛りはかなりのボリュームになりますが・・・」

「ハイ、大丈夫ですんで、大盛りでっ!!」

そしてやってきたのはこちら↓
<左:うな丼並大盛り¥1,155 右:うな丼並¥945>
tDSCF2262.jpg

アハハ、蓋しまってませんから・・・苦笑

蓋を取るとこんな感じ↓
tDSCF2267.jpg

まんが日本昔話盛りriceよりすごいご飯の量!!

とりあえず、並の私の説明をば。
tDSCF2263.jpg
tDSCF2264.jpg

うな丼には肝吸いと香物がついてきます。
うな丼は並・中・上・特上の4種類があり、上にのっているうなぎの切れ数が変わります。
(並は2切れ、特上は5切れという感じ)
1切れの大きさはそこそこあります、炭火で焼かれたうなぎは結構香ばしいです。
並の普通でもそこそこのご飯の量で、いつものごとく半分くらいは輸出したかったんですが、今回は自分のだけで精一杯な感じだったので私も頑張りましたほっ

さぁ、ここからメガ盛りを食らうT君の様子をとくとご覧下さい↓
まずは笑顔でハイポーズ。
tDSCF2269.jpg

ご飯の量は約4合分なんだそうです↓
tDSCF2265.jpg

ポロポロ崩れて食べにくいので、蓋に入れながら食べはじめます↓
tDSCF2272.jpg

隣のテーブルの親子(父、息子)もこの大盛りに挑戦してましたが、ご飯を1/3食べた所で箸が完全にとまってましたが、T君は余裕の笑みで食べ進み、ようやく並のご飯量に↓
tDSCF2273.jpg

これを食べる為にお昼も抑えて万全の腹具合で望んだT君、余裕やんと思ってましたが、本人あと少しのこの時点で、

「う~、だいぶと苦しいでorz

と、めずらしくちょっぴり弱音を吐く↓
tDSCF2274.jpg

でも、男ですから気合と根性で完食ですっ!!↓
tDSCF2276.jpg

よくやったjumee☆oh1b おめでと~

えっと、肝心のお味の方はいたって普通です。
大盛りを目の当たりにするのは、ネタ的にはおもしろい感じなんですが、ただの並盛りを食べるのに1時間並んでまで食べる必要があるのかと言われると、私的には ・ ・ ・ 、螯rヲW、J、O
でも、ビックリするくらいめっちゃ流行ってますので、もし行かれる場合は開店直後の来店が好ましいと思います。

体張ってネタを提供してくれたT君に感謝!!

<お店の紹介>
住所:三重県津市丸ノ内養正町5-1
TEL 059-224-0008
営業時間
(平日 ) 11:00~14:00
16:00~20:00
(土日祝 )11:00~20:00
定休日:月曜日
テーマ:こんなお店行きました
ジャンル:グルメ
お気に入りの「キャトルラパン」にTガーマスクとGOっ♪
2009年08月10日 (月) | 編集 |
ちょっと間が空きましたが、私達、大のお気に入りのこの店に行ってきましたぁ~っ↓(人間ドックの3日前に行くのは恐すぎて、日程変更してもらいました)
s-DSCF2184.jpg

「キャトルラパン~~~っ」

えっと、今回の同行者は 浴衣を着たTガーマスク姿 のT君でございます。

このマスク装着には理由があるんですが・・・(前回の来店の時の話の流れで)、面倒クサイので説明はカットぉ~

ちなみに、この日は淀川花火大会花火当日だったということもあり、浴衣を着てても目立たないということで2人揃って浴衣を着ていったんですが、花火大会にはサラサラ行く気がない2人でありましたアップロードファイル

今回は¥3675のコースを頂きました♪

<前菜の盛り合わせ>
s-DSCF2149.jpg

今回も素敵なラインナップ~

<パンチェッタ&イチジク→海老の何風味だったっけな?>
s-DSCF2150.jpg

生ハムだと思ったら・・・、ベーコンの生ハム版でした。
生ハムに負けないくらいのしっとり感とほどよい塩気でイチジクとの相性もバッチグーグッ

<サーモンのディル風味→クリームチーズ&セミドライトマト&ガーリックを混ぜたムース グリッシーニ添え→水たこのマリネ>
s-DSCF2153.jpg

定番の前菜ですが、間違いなくうめぇ!!!

<帆立のカルパッチョバジルソース→仔牛とフォアグラのパテ>
s-DSCF2152.jpg

私の大好きなパテ~ハートありがとう
口の中で広がる濃厚テイストにノックアウト寸前~

<エスカルゴ&キノコ>
s-DSCF2154.jpg

<パン>
s-DSCF2158.jpg

「さて、これは何処のパンでしょう?」

と言いながら出されたこのパン、前回に引き続き、早い時間での来店の為、ポワールのパンが間に合わないので違う店のパンなんですが、

「前回と一緒でカンテグランテでしょ!?」

「ブー、見た感じ似てるので間違いやすいですが、谷町6丁目のパン屋と言えば・・・」

「イエナ!!」

「お~、イエナを知ってるとはさすがやね・・・」

ということで、イエナの天然酵母のバゲットフランスパンです。
これまた、ラッキーです。


<冷製コンソメ・ド・ロワイヤル>
s-DSCF2160.jpg

一応、スープのカテゴリに入るんですが・・・、フランス風茶碗蒸しってやつで、3/4は固形物です。
この時期に70分煮込まないといけない甲殻類のスープをリクエストするのは気の毒だなぁ・・・と思ったので、前回の予約の際に

「コンソメ・ド・ロワイヤルが飲みたい(食べたい?)nico

と、わがままリクエストしたので私達だけ特別メニューでした。

その日は私達以外に2組いたんですが、その方々のスープは、な・なんと甲殻類のスープ(甘海老)で、何だそりゃあああ!?って感じではありましたが・・・、ワガママオーダーを聞いてくれ、手間のかかるコンソメ・ド・ロワイヤルを作ってくれたことに感謝です(*_ _)

s-DSCF2162.jpg

上部の液体部分は、コンソメに鰹ダシと生姜を入れトッピングには百合根と和風テイストに仕上げてあり、茶碗蒸し部分は生クリームたっぷりの口どけなめらかなパンナコッタ風な感じ。
これがねぇ、和と洋の絶妙なコラボでバリウマだったんですよっ!!

めっちゃウマかったけど、この固形物が、お腹にドド~ンときたりなんかしてくまった…

<鯛のポワレ タスマニアブールブランソース 夏野菜のソテー添え>
s-DSCF2166.jpg

今回は、タスマニアマスタードが入ったブールブランソースです。
皮目をパリッと焼かれた鯛と酸味のきいた濃厚ソースがよく絡んでおいし~です。


<仔牛とフォアグラのロースト エシャロット赤ワインソース>
s-DSCF2169.jpg

今日のフォアグラもでっかくてうれしぃ~~~にこ

久々に積み上げて断面ショー↓
s-DSCF2171.jpg

見にくいかも知れませんが、付け合せがキノコと古代米ソテーしたもので、古代米のモチモチした食感がアクセントになってて、おいちぃ

<パンナコッタ&カシスシャーベット フルーツ>
s-DSCF2172.jpg
s-DSCF2176.jpg

キュンと甘酸っぱいカシスのシャーベットとパンナコッタ。
今回もフルーツはパイン、メロン、マスカット、巨峰、アメリカンチェリーとモリモリでした。

ふ~、今回もお腹一杯で、大・大・大満足~

他のお客さんが帰った後、シェフに店内でTガーマスクさんとの2ショットを撮って頂きました↓
s-DSCF2179.jpg

ワタクシ、顔出しはNGなので・・・、若干ボヤかしております。
ちなみに私、着物、浴衣等、着付けは一切できないので・・・、ネットの浴衣の着方を見ながら、T君が着せくれました。
(自分で見ながらやってみたんですけど、第一段階で即効、つまずきました)

あっ!私のお友達の皆さん、着物に詳しい方が多いのですが・・・、くれぐれも細かいチェックはしないでサラッと流して見て下さるようお願いしますね。
(着方がおかしくても許して下さい

相変わらずの予約ノートのびっしりさを横目に見ながら、次回の予約を入れて帰ってきましたぁ。
次回はT君のお誕生日バージョンでお送りしますのでお楽しみにぃ♪

で、予約の際に年内はあと3回くらい来ると言ったら、「え~、そんなに来るん!?」と、軽~くイヤがられましたが、イヤがっても行きますからっ!!

<お店の紹介>
「キャトルラパン」
住所:大阪府大阪市北区堂島1-3-33
            新地萬年ビル5F
TEL:06-6343-8663
営業時間:ランチ  12:00~14:00
       ディナー 18:00~24:00
テーマ:美味しかった♪
ジャンル:グルメ
昔ながらの洋食屋でランチ
2009年08月06日 (木) | 編集 |
前回の記事で守山のハリエで買ったケーキを紹介しましたが、その時に
「最近、洋食屋に行ってないから洋食が食べたいね~」
と、いう話になり、守山周辺で洋食屋を探し、駅前の銀座商店街の中にあるこちらのお店へ行ってきました↓

s-DSCF2125.jpg

「レストラン カシトラ~~~っ」

開店は昭和39年ということで、ショーケース内のサンプルもかなり年期が入ってるし、店内は喫茶店っぽい感じで、かなりレトロな雰囲気が漂ってますが、「昔ながらの洋食屋さん」として地元の人に愛されているお店なんだそうです。

<Bランチ¥740>
s-DSCF2119.jpg

T君のオーダー。
ハンバーグ、白身魚、ハム、ナポリタンにポテトサラダ(ライスもついてます)
1口ずつもらいましたが、家庭的なお味でした。

<かつオムライス¥640 大盛りプラス¥100>s-DSCF2120.jpg

ワタシのオーダーなんですが、「俺もちょっと食べたいし、大盛りにしといて!!」と言われ、大盛りに。

事前にネットで調べた時に、安い上に美味しそうだと思って狙ってたんですが、その時の情報では¥590でこんな感じ↓
10064434414.jpg

実際行ってみると、どのタイミングでか解りませんけど、どうやら¥50値上げした模様。
で、出てきたものは

「あれ!?私がブログ等で見てたのとカツの量が違うんですけどぉ・・・寝る

実際に出てきたのはこんな感じ↓
s-DSCF2121.jpg

明らかにカツのボリューム違いますよねぇ・・・ムム…

ちなみに断面はこんな感じ↓
s-DSCF2124.jpg

卵は薄焼きで、チキンライスはケチャップ多めで、おしゃれなオムライスというよりは、本当に昔ながらの家庭的なオムライスって味です。
ちなみに上にのってるカツはだいぶと薄かったりします。
¥590で以前の量だったら安いしボリューミィと思うですが、値上げしたのでちょっとお得感は薄れた感じですかね・・・。

気になったのは小物に結構こだわってはること↓
s-DSCF2122.jpg

何気にナプキンのトラはカラーが入ってます。

お会計時にめずらしくT君が自ら

「何でカシトラって名前なんですか?」

ってレジのおばちゃんに尋ねると、元々(初代)はお菓子屋さんを営んでたそうで、2代目が”とらきちさん”という名前で「菓子屋のトラさん」と呼ばれてて、そっからの流れで「カシトラ」という名前になったんだとか。

s-DSCF2140.jpg

ちなみにトラの顔を囲んでる模様みたいなのは、カタカナの「カ」という文字であるということも教えてもらい、なかなか考えられたロゴに2人して感心

T君、小ネタのご協力を有難う~にこり

<お店の紹介>
「レストラン カシトラ 」
住所:守山市守山1-5-10-105
TEL:077-582-3158
営業時間:11:00~21:00(L.O.20:00)
定休日:月曜日
テーマ:Lunch♪
ジャンル:グルメ
珈琲バトン
2009年08月03日 (月) | 編集 |
愛読させて頂いている 「ど35生活」のさんこさん より紹介頂きました 珈琲バトン 
お財布バトンの時もそうだったのですが・・・、今回もまたもや2周遅れぐらい?でアップさせて頂きますあせっ
(さんこさん、またまたすっかり遅くなってすみませ~~~ん

s-DSCF2130.jpg

Q1.毎日コーヒーは何杯飲みますか?

A:平日は朝食時に1杯、会社で10時過ぎに1杯、昼食がパンの時は1杯、16時過ぎのおやつタイムに1杯、夕食後に1杯の計4杯~5杯。
(ちなみに会社にはコーヒーメーカーはないので、会社ではインスタント(ブレンディ)コーヒーを飲みます。)

休日は毎食後の計3杯。


Q2.好きなコーヒーの種類は? 何か中にいれて飲みますか?

A:ワタシはコーヒーメーカーで落とすタイプであれば、コーヒーの銘柄等は特にこだわってないのですが、同居人のT君がこよなく愛しているのがライオンコーヒー。

ハワイを代表とするフレイバーコーヒーでございます。

「こんなバトンがまわってきたし、コーヒーの写真を撮らないとあかんねん」

と話すと、「是非、俺のライオンコーヒーコレクションを載せてくれ!!」と、せがまれましたので、皆様、しばしヤツのコレクションをご覧下さい↓
s-DSCF2127.jpg

ワタシはブラックは苦手なので、砂糖なしミルク多めのオーレ風。

ちなみにヤツは1回に2杯飲みます。
1杯目はブラックで、2杯目はミルクを入れオーレ風。
夏場は氷をこれでもかっ!!ちゅうくらい入れてアイスオーレ風↓
s-DSCF2138.jpg

Q3.どんな時にコーヒーが飲みたいって思いますか?そのシチュエーションとか教えてください。

A:基本、スイーツもしくはパンを食べる時。
例外として寝不足の次の日、お昼ご飯の後に強烈な睡魔に襲われた時に「とりあえず、コーヒーを飲んで目を覚まそう!!」と思い、その時だけ濃いブラックで飲むんですが、飲んでもあまり効果はない・・・苦笑


Q4.あなたにとってコーヒーを飲むお気に入りのカフェや場所がありますか?

A:コーヒーは好きなんですけど、わざわざカフェとかに行って飲むことはほとんどないので家で飲むのがお気に入りです。

Q5.コーヒーのお供は何か必要ですか?

A:言うまでもなくスイーツ(粉もん)ロールケーキが必須!!

Q6.あなたのお気に入りのコーヒーカップはありますか?

A:実家にいる時はキャラクター系のカワイイやつ(クッキーモンスターとかスヌーピー)を使ってましたが、今はT君の家に入りこむ形で暮らしておりますので、T君のコレクションのライオンコーヒーカップで。
これ、意外と厚みがあるし、重いし飲みにくいんですよねぇ・・・


Q7.外で飲んだ珈琲カップで印象深いものはありますか?

A:カワイイと思ったのは「レストランマエカワ」でのこのカップ↓s-PA194699.jpg

と、「Restaurant RENARD BLUE」でのこのカッップ↓
s-DSCF0829.jpg

Q8.あなたにとってのコーヒーとは?一言で教えてください!

A:「スイーツショートケーキのお供」

Q9.最後に、、、珈琲党ですか?紅茶党ですか?

A:「珈琲党」
紅茶専門店に行っても、珈琲を飲もうとするぐらい完全なる珈琲党です。
ロイヤルミルクティーであればたまに飲みたくなるんですが、基本、ワタシが紅茶を飲むのはリプトンリモーネでスイーツコレクションがおまけでついてる時ぐらいかな???

最近のコーヒーのお供は守山のクラブハリエで買ったケーキ達↓
<マンゴーココナッツ?¥399:正式名称失念>
s-DSCF2132.jpg

s-DSCF2136.jpg

土台からココナッツのダックワーズ→マンゴーの果肉入りムース→ココナッツムース→スポンジ生地→マンゴームース。
トップにはミント入りマンゴーソース。
トロピカルテイストでうっまぁ~

<カシスレアチーズ?¥420:正式名称失念>
s-DSCF2133.jpg

土台からタルト生地→カシス果肉入りカシスムース→ジェノワ生地→レアチーズムース。
トップにはカシスソースとカシスの果肉をトッピングー。

キュンとした甘酸っぱさがたまらんウマイッすすきすき!

で、守山のハリエと言えば、焼きたてバームクーヘン

以前は時間も気にせず、行ったタイミングで簡単にGETできたのに最近は行くタイミングが悪いのか?焼き上がりまで30分、しかも並ばないと買えないという状態で2回連続でGETできず~ぐすん…

悲し~~~泣く


テーマ:コーヒー
ジャンル:グルメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。