粉もんスイーツ&パンが大好きな京都の主婦です。このブログでは私が食べた物を中心に紹介していきます♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
坂の上のケーキ屋
2009年05月30日 (土) | 編集 |
チレージオのランチの後、真田山ロールが有名なケーキ屋 「ミルアーブ」 に行き(ワタシは次にお目当てがあったので買いませんでしたが)、その後、てくてくと歩き、えっちらおっちら坂道を登って辿り着いたのはこちらのお店っ↓
s320x320_1205256.jpg

「BROADHURST'S(ブロードハースト)~~~っ」

シェフのピーター・ジョン・ブロードハーストさんは、英国王室御用達の店等で実績を積んだ後、あの「なかたに亭」でスーシェフを勤めたこともある実力者なんだそうです。

雑誌のケーキ特集なんかにもよく載ってるし、名前は知ってるんですけど、何せ私には玉造に行く機会がないっ!!

以前にとあるイベントでオアシスとトライフルのケーキは食べたことがあるんですが・・・、店舗に行くのは初めてなので今回、かなりワクワクモードでの訪問とあいなりました♪

店では生ケーキとモーニンググッズ(パイ、デニッシュ、タルト、パン)を販売しています。
生ケーキは、斬新&ユニークかつエキサイティングで今時風、一方、モーニンググッズの方の焼き菓子達は英国の昔ながらの手法で、粉の味わいとバターの香りをしっかり残し、伝統を生かしたお菓子達という異なるラインナップ。

本当はテイクアウトだけのつもりだったのに・・・、店に辿り着いたら、店先のテラスでイートインしている人を発見!

「イートインできるなら、食べとく??? ぷぷぷぷぷぷ

と、自然な流れでメンバーの口から一斉に同じ言葉が発せられ、イートイン決定!!
(ハイ、ほんの30分くらい前までデザートつきのランチ食べてましたともっ!!)

で、各自食べたのはこちら~↓
<バナフィーパイ¥470>s2009_0516(020).jpg

私、セレクト~♪
ケーキはくるみを加えたバナナケーキの上にハニーコムチョコとフレッシュバナナをのせ、トフィーフレイバーのクリームで仕上げてあります。

ナイフがなかったし、バナナにチョコと、固形物が多く、お得意の断面確保できませんでした苦笑
土台のバナナケーキはしっとり系、ハニーコムチョコは大きな塊が何個か入っててザクザクッとした食感でバナナとの相性もバッチシグー

で、トフィーとは練乳の缶詰をそのまま2~3時間湯せんにかけてキャラメルしたもののことを言うらしいんですが、ブロードハーストではこれに生クリームを加え、クリームにしています。

で、このクリームがキャラメル風味なんですが、甘すぎなくてめっちゃ美味しい絵文字名を入力してくださいんです。

<名前も値段も解りません(HPに載ってなかったぁ・・・)>s2009_0516(021).jpg

Kちゃんセレクト~♪♪
アプリコットがゴロゴロ入った、シブーストちっくなケーキ。
一口もらいましたが、おいしいかったです。

<SAVOIR(サヴォワール)>
s2009_0516(025).jpg

s2009_0516(029).jpg

これはSちゃんセレクト~♪♪
雑誌「SAVVY」のおねだりスイーツとして考案されたもので5/22日迄の限定販売商品だったらしいです。
こちらも一口頂きましたが、フランボワーズのキュンと甘酸っぱい系で私好みの味でした

<これまた詳細解らず・・・>
s2009_0516(023).jpg

s2009_0516(028).jpg

Cさんセレクト~♪♪♪♪
お約束で一口頂きましたが、ほろ苦キャラメル味でモチッとした食感のケーキでおいしかったきゃっ

4人がそれぞれ違うものを食べると4種類の味が味わえてお得な感じですね
皆の感想としては、

「イギリスの食べ物ってあんまりいいイメージがないから、食べるまで不安はあったものの食べてビックリ、甘過ぎないし、美味しかった!!」

と気に入ってくれたようです。

そして、悩みながら、私がテイクアウトしたのは以下のもの↓
<MANBO(マンボ)¥470>
s2009_0516(033).jpg

このにこちゃんマークのケーキ、雑誌やブログ等での紹介率も高いのでご存知の方も多いと思います。
チョコチップ入りのジェノワーズの上にチョコレートムースがインした、ライムとマンゴーのムースがのってます。
断面はこんな感じ↓
s2009_0516(036).jpg

ライムとマンゴーで甘酸っぱさをチョコムースが緩和していて、おぃす~いハート
ジェノワーズに入ってるチョコチップのアクセント感もいい感じです。

以下はモーニンググッズのコーナーから

<これまた名前が解りません・・・¥390>
s2009_0516(034).jpg

いわゆるプディングケーキですかね?
パイ生地の上にオレンジピール&レーズン入りのプディングがのってます。
表面のキャラメリゼ加減といい、中身のプルルン感といい、これは私のツボにはまるケーキでした。

<フォカッチャ¥270>
s2009_0516(031).jpg

フォカッチャは、どど~んと大きめで、生地の上に粗めの岩塩とローズマリーが乗ってます。
中生地にはほどよくオリーブが染み込んでて、パスタと一緒に食べたんですけど、美味しかったです。

<メイズオブオナー¥320>
s2009_0517(008).jpg

これは英国ヘンリー8世の愛したチーズタルトで600年前には既に存在したチーズケーキの原型でなんだそうです。

s2009_0517(010).jpg

土台はサクッとしたパイ生地で中にチーズフィリングが流し込んであるんですが、解りますかね?フィリングの中に粗めの粒々が見えません?
何とカッテージチーズが入ってるんです!このカッテージチーズは食感や味の面でなかなかエエ仕事してはります。

チーズフィリング自体は濃厚味なんですけど、濃い卵味にほんのりチーズって感じかなぁ・・・?
私的には初めて食べる味で、これもなかなか美味しかったです。

<ショートブレッド¥130>
s-DSCF1803.jpg

私、ウォーカー社のショートブレッドが大好きなんでラスト1個だったのをすかさずGET。

ブロードハーストのショートブレッドは北海道江別産の小麦、和歌山産の寿恵卵、北海道産の発酵バター、牛乳、ニュージランド産のブラウンシュガーを使って作っているそうなんですが、ヴァニラがほんのりきいててサクサクホロホロ食感なんだそうです。

s-DSCF1805.jpg

これが、本当にヤバうまだったのよ~~~っjumee☆LoVe3

食感、味ともに繊細さが解るっていうのかなぁ?粉っぽすぎてないし、甘すぎないし、バターが効いててしっとりサクホロッなんです。

クッキー類がそんなに好きでないT君はきっと好きでないだろうと確信した上でちなニヤリ

「ショートブレッドって好き?食べれる?」

って聞くと

「何それ?でも、ちょっとだけ頂戴」

と、興味本位で意外な答えを返してき、恐る恐る食べたT君・・・、そして

「うん、これはウマイ、これは好きな味やし食べれるでっ!!」

と言われ、半分あげるハメに・・・ハムハムヒクヒク
(1人でこっそり食べればよかった)

ケーキももちろん美味しかったんですけど、私はモーニンググッズコーナーのお菓子達の方が結構ツボにはまってしまいました

ベーグルを7個も買ってたので、荷物が重すぎてフォカッチャと迷ったあげく今回、買うのを断念したスコーンが後から調べたら絶品なんだそうで、ただ今、激しく後悔中jumee☆faceA129

今回は行ってませんが、玉造には他にも気になるパン屋も2件ほどあるので、また機会を作って行きますよ!!

<お店の紹介>
「BROADHURST'S(ブロードハースト)」
住所:大阪市中央区玉造2-25-12
TEL:06-6762-0009
営業時間:10:00~20:00
定休日:月曜(月曜が祝日の場合は火曜)
スポンサーサイト
テーマ:スイーツ
ジャンル:グルメ
「H・L BAGELS」
2009年05月26日 (火) | 編集 |
横槍り記事が続きましたが・・・、「チレージオ」が玉造にあると解った時、真っ先に思いついたのがこちらのお店っ↓
s2009_0516.jpg

「H・L BAGELS~~~っ」

大阪では人気があるベーグル屋と聞いていて気になっていたんです。
こちらのベーグルは安心・安全・健康を意識してできるだけオーガニックに近い食材を選び、残留農薬の少ない国産小と浄水器を通した美味しい水、イーストではなく、自然界で作られた天然酵母、ミネラルたっぷりの天日塩、きび砂糖を使って毎日手作りしてるそうです。

HPのベーグル一覧のページを見たら種類が多いのでテンションが上がってしまい、悩みに悩んで・・・jumee☆think1厳選し、以下のベーグルを予約し、オフ会前に取りに行きましたぁ↓

あっ、ベストな断面カットが解らなくて、カット面が縦方向だったり横方向だったりして統一感がありませんがお許しを・・・

<フルーツミックス¥180>
s2009_0517(012).jpg
s2009_0517(014).jpg

ベーグル生地にドライフルーツが練り込まれ、トップはクッキー生地でコーティングされてます。
ドライフルーツ好きとしては楽しみにしながら断面カットしたのに、予想以上に少なくて、あれえぇ?って感じでした。
クッキー生地が美味しかっただけにフルーツの少なさが残念でした大泣き

<サラミ&チーズ¥180>
s2009_0517(004).jpg

s-s-DSCF1730.jpg

サラミソーセージとチーズのベストコンビぃ、外さないウマさです♪

<オリーブ&チェダーチーズ¥180>
s2009_0517.jpg
s2009_0517(002).jpg

NEW商品だそうで、生地にブラックオリーブとチェダーチーズを練り込み、ブラックペッパーがトッピングされてます。
これも予想以上に具が少なかった・・・

<キャラメルバナナ¥190>
s2009_0517(015).jpg
s2009_0517(018).jpg

生地にキャラメルとバナナバナナが練りこまれてて、トッピングはアーモンド。
キャラメルの甘さとバナナの甘味がマッチぃグー

<ライ麦(ダークチェリー&クルミ)¥190>
s2009_0517(019).jpg
s2009_0517(021).jpg

北海道産ライ麦を20%使用したベーグル生地にダークチェリとクルミが練り込まれてます。
ダークチェリーが甘酸っぱく、クルミが香ばしかったです。

<ブルーベリー¥170>
s2009_0517(022).jpg
s2009_0517(023).jpg

フレッシュとドライの両方が生地に練り込まれてます。
クリチを塗って食べたら最高でした~

<ホールウィート(全粒粉)¥150>
s2009_0517(024).jpg
s2009_0517(025).jpg

すんませ~ん、これだけローストビーフサンドにしようと思ってて、まだ食べてません。

今回気に入ったのはキャラメルバナナとブルーベリーでした。
ベーグル自体の食感はひと口めはスッと噛めるやわらかソフト系で、噛み締めていくとモチモチするって感じって言えばいいのかなぁ・・・?
決してマズイとかではなく、美味しいんですけどね、最近、「Flip up!」 や「komugi」など、モッチモチ弾力系ベーグルを食べ慣れているせいか、私的にはちょっとインパクトに欠ける印象のベーグル達でしたぁ・・・苦笑
(練り込まれてる具も少なめだったのでテンションも上がりきれませんでした)

あっ、あくまでもモチモチ弾力系が好きな私の意見なので、ソフトモチモチが好きな方にはお好みなベーグルだと思うので気になる方はお試し下さいね~(通販でも買えます)

今回改めて思ったんですが、京都のパン屋&ベーグル屋のベーグルはどこもそこそこレベルが高い絵文字名を入力してください気がするのは気のせいでしょうか?

<お店の紹介>
「H・L BAGELS」
住所:大阪市天王寺区玉造本町12-1 仙野ビル102号
TEL/FAX:06-6767-8658
営業時間: 水~金11:00~19:30
       土・日・祝 10:00~売り切れ次第終了
定休日:月・火(※月曜が祝日の場合は営業)

テーマ:パン
ジャンル:グルメ
お気に入りのあの店がリニューアル☆
2009年05月25日 (月) | 編集 |
この店↓は一体何処でしょう・・・???
s-DSCF1759.jpg

メインに使ってくれたフォアグラをカウンター越しにパシャリ↓
s-DSCF1781.jpg

そのお店とは・・・
s-DSCF1760.jpg

「キャトルラパ~ンっ」

このG.W.期間中に店内改装されて、カーテンで覆われてた壁がシックな色の木目調になり、雰囲気がガラッと変わりましたぁ

ちなみにぐるなびに載ってる改装前の店内の様子がこちら↓
k457400v.jpg

店自体の大きさは変わってませんが、テーブルの幅が広くなったり、イスの高さが変わってたり、出っ張ってたものが取りはらわれたりで以前より気持ち広くなった感がします。

今回も前回と同じで¥3750のコースを頂きました

<前菜盛り合わせ>
s-DSCF1761.jpg

毎回のことながら、この盛り合わせを目の前にするとテンション上げ上げ絵文字名を入力してくださいスイッチがON!!

「これはヤバイから、温かいうちに食べてみて~」とシェフに言われたのがこちら↓
<うなぎの白醤油カバ焼き> 
s-DSCF1762.jpg

この前菜の盛り合わせは季節によって素材や味つけは変わったりはするんですけど、定番のものもいくつかあり、その時々でいろんな組み合わせで出される感じなんですが、このウナギの前菜は初めてお目にかかりました。

私、ウナギ、大好きなんですぅ~
このウナギちゃん、身はふわっとして、皮目はパリッと絶妙な感じで焼かれてて、脂ノリも抜群でうっまぁ~い
バルサミコとハチミツを煮詰めたソースで頂くんですが、煮詰めたことによって、バルサミコの酸味はきれいにとんで、コクがありながら甘みのあるソースになって、うなぎとめっちゃ合ってますグッ

以下の前菜達は今までに紹介したことがあると思われるので、画像のみあげておきますね~
(どれもこれも間違いなく美味しいのよ~)

<ノルウェーサーモンマリネ&タイ風シュリンプ>
s-DSCF1763.jpg

<アジのマリネバジルソース&地鶏のケイジャン風>
s-DSCF1766.jpg

<きのこ&エスカルゴ>
s-DSCF1769.jpg
s-DSCF1771.jpg

<かぼちゃのババロア&北海道産水たこのマリネとんぶり合え>
s-DSCF1770.jpg

<パン>
s-DSCF1772.jpg

いつもは”ポワール”のバゲッドなんですが、今回、私達の行った時間が早い時間帯でポワールさんの焼き時間に間に合わなかった為、特別にカンテのバゲッドをシェフが用意してくれましたぁ(ラッキー♪)

天然酵母のバゲッドだとかで、外側はパリッと香ばしく中はフンワリです♪

<グリンピースとポロ葱の冷製スープ>
s-DSCF1773.jpg
s-DSCF1774.jpg

気温が20度を超えると冷製スープを出すことにしてるとかで、今回初めて甲殻類じゃないスープを頂きました。
グリンピースというので青クサイかなぁ・・・?と思いきや、豆の濃い味がしながらもポロ葱の甘味がしっかり出てて、クリーミィで喉越しもよく、大変おいしゅうございましたハート

そして、お次はシェフが

「ああ、しまったぁ~、スープが緑やったのにこのソースも緑で色がかぶってる・・・焦る

と、悔しそうな顔をしながら出してくれたのは
<高知産きんめ鯛のスナピッチソース 夏野菜煮込み添え>
s-DSCF1778.jpg

スピナッチとはほうれん草のことだそうで、ほうれん草クリームソース的な味を想像しながら、口に入れると

「おお~、この爽やかな酸味はブールブランソースぢゃないですかぁ~絵文字名を入力してください

単なるブールブランじゃなくて、ひと手間加わってるとこが憎いですねぇ。
バターがたっぷり使われてるはずなのにサッパリしながらクリーミーでほどよく脂ののったきんめとマッチしてうまいんだな、これが。
で、夏野菜(なす、ズッキーニ、パプリカ、新玉葱)の煮込みが野菜の旨味がしっかり出ててこれまた私の好きな味なのでウマイんです。

そして、パン泥棒ソースなので、ついついパンを食べ過ぎてしまいますぷぷ

そしてお肉ぅ~↓
<鴨とフォアグラ 赤ワインソース>
s-DSCF1786.jpg

「や~ん、鴨 や~んフォアグラjumee☆yippee3Ljumee☆yippee3R 」

私、鴨好きなんですけど、最近、食べる機会がなかったので、鴨食べたいなぁ・・・と思ってたので、あまりの嬉しさに積み上げてミルフィーユ仕立てでハイポーズも忘れて思わずガッツき苦笑

「うぉおおお~、ウマイ~~~

好きなもの同士の組み合わせなんで、美味しいに決まってるんですけどね、それにしても美味しかったぁ。

お腹いっぱいですが・・・、いつものようにデザートもモリモリで↓
<クレームブリュレ、チョコアイス、フルーツモリモリで>
s-DSCF1788.jpg

シェフ、今回も最初から最後までおいしい料理を有り難うございましたぁ~<(_ _)>

相変わらずの人気ぶりらしく、私達が伺ってる最中も何本か予約の電話が入ってるんですがその度に

「申し訳ありません・・・」

と、断っているシェフ。
よ~く聞いてみると、6月の週末の予約は既に満員御礼なんだそうです。
そして、7月の週末も既に予約で埋まり初めていたので、私達もすかさず次回の予約を入れて帰ってきました

ということで、次回は7月にご紹介しまぁ~す♪
(ちなみにラパンに行くの3日後に人間ドックの予定が入ってる私・・・。ダイエットしなくていいのか!?大丈夫なのか!?)

<お店の紹介>
「キャトルラパン」
住所:大阪府大阪市北区堂島1-3-33
            新地萬年ビル5F
TEL:06-6343-8663
営業時間:ランチ  12:00~14:00
       ディナー 18:00~24:00
テーマ:美味しいもの
ジャンル:グルメ
裏切ってしまいました・・・
2009年05月23日 (土) | 編集 |
今月のネイル~~~↓(サロンが撮ってくれた画像)
img20090522_p.jpg

今回、実はずっと通っていたネイルサロンを裏切って、新しいサロンに行ってしまいましたぁ・・・。
今までのサロンのネイリストさんとはすごく仲良しだったので、裏切るのはとっても心苦しかったんですが・・・、会社から近いのと、受付時間が19:00迄OKなので会社帰りにも通えるし、最大の魅力は値段の安さっ!!
(正直、安さに心が揺らいでしまいました)

ちなみにこちらが自分で撮った画像↓
s-DSCF1795.jpg

今回、白フレンチにシルバーラメでラインをひき、大小3色のパステルホロを散らし、3Dのお花を4本に書いてもらって、メール予約の特典で¥500OFFがあるので、このネイル(オフ代込み)で¥8,300と、ネイル界では超・破格的なお値段!!なんです
(今までのネイルは平均¥12,000前後でしたから・・・)

で、今回、担当してくれたネイリストさん、OLからネイリストに転身されたそうで、ネイルの出来を見てもらうと解ってもらえれるかと思いますが・・・、ネイルコンテストで受賞歴がある実力の持ち主なんですが、なんと、今月末でこのサロンを辞めちゃわれるそうです

最初で最後の施術ではありましたが、楽しいひと時とカワイイネイルを有難うございましたぁ

ちなみに、写真ではうまく隠してますが、油断してたら私の右手人指し指、今年もカビが生えてしまいましたぁ・・・怖い
ということで、2ヶ月くらい人指し指のみネイル禁止なので、めっちゃヘコんでますorz

ネイルをされてる皆さん、これからの時期、ネイルが浮き始めたら、水気に気をつけましょ~。
(っていうか、他の指にもカビが生えないように私が気をつけろって感じですね・・・苦笑
玉造でイタリアンランチ♪
2009年05月20日 (水) | 編集 |
はいっ!またまたガッツリの会ですぅ~♪
今回は大阪~♪♪ということで・・・、やってきましたのは、玉造にあるこちらのお店っ↓
s2009_0516(001).jpg

「cilegio(チレージオ)~~~っ」

確か3月だったか?4月だったかな?にオープンしたばかりなんですが、契約農家さんの井戸水をたくさん吸って育った新鮮な旬のお野菜をふんだんに使用したリーズナブルなイタリアンのお店なんだそうです。

ランチは”パスタランチ¥950、ドルチェランチ¥1200、メインランチ¥1600”の3種類があり、今回私達はメインランチ¥1600を頂きましたぁ。

<前菜>
s2009_0516(004).jpg
s2009_0516(006).jpg

河内鴨の生ハム・青森産ホタテ小柱のタイムソース・ゴボウのスープ。

ゴボウのスープが激ウマで、デミカップではなく、コーヒーカップで飲みたかったぁ~絵文字名を入力してください
鴨の生ハムもしっとり感がグーで、「もう1切れ下さいっ・・・」って感じ。

<バゲッド>
s2009_0516(008).jpg

1人1切れ、温められてサーブされます。
お代わりは聞いてくれなかったので(別にいらなかったんでいいんですけど)、お代わりがあるのかどうなのかは解りませ~ん。

<ホウレン草とスナックえんどうのトマトソースパスタ>
s2009_0516(009).jpg

パスタは本日のパスタが出てきます。
お野菜以外にもハムだったか?肉だったか?、何かそれらしきものが入ってました。

<南州ポークのカツレツ>
s2009_0516(011).jpg

これ、メインなんですけど・・・、予想以上に小さい・・・。
付け合せのサラダの黄色いのはパパイヤです。
私、パパイヤのねぼけた感じの味が苦手なんですけど、このパパイヤはそこそこ甘みがありました。

s2009_0516(014).jpg

年のせいか?最近、揚げ物摂取率が減っているので、久々にカツレツを食べました。
カリッとジューシーで美味しかったです

<ココナッツのパルフェ>
s2009_0516(015).jpg
s2009_0516(019).jpg

これが美味しかったぁ~~~jumee☆LoVe3
タピオカとか入ってて、ココナッツの風味が効いてて私の好きな味でした。

で、〆なんですけど、私ったらウッかり写真撮るの忘れましたが・・・、食後の飲み物は¥200で別途オーダーになります。
私はコーヒーを頂きました。

う~ん、全体的に味は悪くないんですけどね・・・、パスタがフィックスなので選択できないのと(苦手な食材だったら逃げ道がないので)メインの小ささと、飲み物代が別途要ってので、ちょっと割高感を感じてしまいましたぁ苦笑
(パスタの量を減らして、メインガッツリにするか、値段上げて、メインをガッツリにした方がいいような・・・。)

まだまだ新しいお店なので・・・、今後、いろいろ変わっていってくれることを期待します。

で、めったに行かない「玉造」まで行って、タダで帰ってくるワタシではありませ~んぷぷ

「玉造」という地名でピンと来られた方もいるかも知れませんけど・・・、あのベーグル屋とあのスイーツ店ショートケーキにも、抜かりなく行ってきたので、それについてはまた別記事でのお楽しみにぃ~ウインク

<お店情報>
「cilegio(チレージオ)」
住所:大阪市中央区玉造2-16-22
TEL:06-6763-0535
営業時間
ランチ  11:00~15:00(L..O.14:30) 
ディナー 17:30~21:00(L..O.20:30)
定休日:水・第3火曜日 

テーマ:イタリアン
ジャンル:グルメ
平日しか営業していないパン屋~「Clover」~
2009年05月18日 (月) | 編集 |
今更ながらのアップになってしまいましたが・・・、G.W.が8連休だったワタクシ、世の中でいうとこの平日がお休みだったんですよね。

で、ふと、「あの店に行こうと思い立ってやってきましたのは、室町通りの二条上がって西側にあるこちらのお店↓
s-DSCF1504.jpg

「焼きたてぱんの店 Clover(クローバー)~~~っ」

もうねぇ、だいぶ前から気になってたものの、この店の営業日は平日のみなので、近所に働いてるワケでもないOLの私が行くのは物理的に難しかったんです。

外観写真の撮り方がヘタくそなんで、解りにくいかも知れませんが・・・、看板の左後方の白い壁に格子窓の建物がお店になります。
お店は町屋を改装した感じで、店の前にはお花の咲いたプランターが並べられ、ほんわか&カワイイ雰囲気が漂ってます。

店内に入ると白や生成色をしたソフトタイプなパンがこれまたカワイイ感じで並んでて、サイズも価格もプチプライスなんです。
私が訪問したのは14時前くらいだったんですが、その時点でもどれを買うか悩むくらいの種類はあったんですが、それでも、売り切れで外されてる札の数も尋常じゃなかったんです。
(T君用に狙ってた白パンは売り切れてました・・・q(T▽Tq)(pT▽T)p )
後で調べてみると、パンの種類は全部で90種類ぐらいあるそうです。


平均130円前後くらいのパンが多く、プチプライスなので思わずたくさん買ってしまいます。
で、あれこれ迷いながら厳選しながら買ったのはこちらっ↓

<クリームパン¥105→帽子パン¥84→オバケぱん¥105>
s-DSCF1512.jpg

この店には板チョコ入りのうさぎパン&あざらしパンというパンがあるんですが・・・(ちなみにこれがうさぎぱん↓)
susagi.jpg

そのNEWバージョンがおばけぇ~m(~ー~m)~なんです。
断面はこんな感じ↓
s-DSCF1532.jpg

この白パンがモチモチしてておいし~の

<帽子ぱん>
s-DSCF1534.jpg

表面がクッキー生地でコーティングされ、具はなしのシンプルパン~♪
素朴だけどおいしぃ~です。

<クリームパン>
s-DSCF1536.jpg

これが人気のクリームパン。
ふかふかもっちりパンの中にアッサリ味の自家製カスタードがいっぱい入ってまぁ~す笑う
クリームパン大好きのT君も大絶賛な味


<オレンジフロマージュ¥126→くるみベーグル¥126→アップルシナモンケーキ¥136>
s-DSCF1514.jpg

ベーグル裏面↓
s-DSCF1518.jpg
断面↓
s-DSCF1519.jpg

大粒のクルミがゴロゴロ~で、ベーグル生地も、もちろんもっちり~jumee☆LoVe3

<オレンジフロマージュ>
s-DSCF1540.jpg

もっちりパンの中にオレンジが練り込まれた生地にクリームチーズがイン。
オレンジとクリームチーズが合って、爽やかな味~。

<アップルシナモンケーキ>
s-DSCF1515.jpg

これもしっとりモッチリ~で、アップルりんご2がゴロゴロ入ってておぃちぃ。

基本、優しい素朴な味なんですが・・・、不思議とそれが美味しいんですグッ
ソフト&モチモチ食感のパンが好きな方にはおススメのお店です。
(本当に「もっちりパン」っていう名前の一口パンもあるんです)

今回はほんの一部しか買えなかったし、惣菜パンも気になったので、是非、機会を作って再訪したいでぇ~す。
っていうか、できたら土曜日営業を希望~<(_ _)>


近頃、行きたいパン屋を着々と制覇していってるので、ちょっとご機嫌なjunjunでっすルン♪
(でも、京都にはまだまだ行けてないパン屋がたくさんあるのであります・・・)

次はどのパン屋に行こうかしら・・・ちなニヤリ

<お店の紹介>
「焼きたてぱんの店 Clover(クローバー)」
住所:京都市中京区室町二条上る西側
TEL:075-212-5766
営業時間:7:30~18:30
定休日:土・日・祝

テーマ:パン
ジャンル:グルメ
むっちりもっちりむぎゅっむぎゅベーグル♪
2009年05月16日 (土) | 編集 |
あ~さてさて、前記事にて言ってましたベーグルを予約してたお店とは・・・、叡山電鉄「元田中駅」を約5分程北にあがった所にあるこちらのお店っ↓

s-DSCF1635.jpg

「komugi~~~っ」

これまた私の認識では、つい最近オープンした感覚だったんですけど・・・、2008年4月8日にオープンされてたということで比較的新しいとは言え、もう1年も経っているようです・・・(゜O゜;

ここもお客さんが、2人も入るともういっぱいになるぐらいの小さな店内に10種類ほどのベーグルとレジ横の冷蔵ショーケースにはシフォンケーキ、ロールケーキ、プリンなどのスイーツも並んでます。

オーナーである娘さんとお母さんの親子2人で営んでいるというウワサでしたが、私が行った時はいずれも娘さんがお1人でやっておられました。
このオーナーさん、元々はパティシエールだったそうなんんですが、独学で作りあげたという北海道産の小麦粉「キタカオリ」を使用したベーグルが評判なんだそうです。

1回目は夕方に訪問したのでベーグルの種類も少なく、これだけしか買えませんでした・・・↓
上から時計周りに
<クランベリー¥160 プレーン¥140くるみ¥160 >s-DSCF1482.jpg

プレーンの裏面のこのツヤッツヤ加減がおいしそ~でしょ?
s-DSCF1485.jpg

断面もいっときましょ~↓
<くるみ>
s-DSCF1483.jpg

<クランべりー>
s-DSCF1484.jpg

ご覧の通り、具はモリモリではないんですが・・・、この生地がねぇ、バリウマなんですわ!!

ベーグルのウマサの詳細は第2回目購入時のベーグルの時にご紹介ということで、2回目は予め電話にて予約↓
2回目もプレーンを2個買って、後は以下の新フレーバー↓
左上から時計周りに
<チーズ¥170→チョコ¥170→さつまいも¥160→ウインナー¥200>
s-DSCF1644.jpg

この店のベーグルのすごい所は、そのまま食べた時のこの生地のひき感↓
s-DSCF1653.jpg

「モチモチ、ビヨヨ~ンッ」

手でちぎろうたって簡単にはちぎれませぇ~ん苦笑

むっちりもっちりと弾力のある生地を噛み締めると生地がむぎゅむぎゅと歯にまとわりつく感じでモチモチ好きにはたまらない食感なのです~ぅハート

ちなみに焼き戻すと、外側はパリッと中はふんわりとなりますが、モチモチ感は消えませ~ん。
生地に少し塩分を効かせてあるのかなぁ・・・?プレーンなんかは小麦の風味がすごくしてシンプルなんだけど、クセになる美味しさなんです絵文字名を入力してください

ちなみに断面も確保↓
<チョコ>
s-DSCF1657.jpg

<さつまいも>
s-DSCF1655.jpg

<チーズ>
s-DSCF1652.jpg

オーナーさんに聞いてみると、春先にさくら味があるらしいんですが、基本は10種類だそうです。
(プレーン、チョコ、チーズ、黒糖、さつまいも、レーズン、くるみ、粒あん、ウインナー、あと1個なんだ?)
私は苦手なんで買いませんが・・、粒あんベーグが人気らしいですよ~。

大好きな「Flip up!」のベーグルのモチモチ感とはまた違う食感なので、ムッチムチベーグルがお好きな方は是非お試しあれ~~~♪

私&T君は、このベーグルの食感にはまってしまったので今後、頻繁に買いに行く予定にしておりまぁ~す。
(プレーンでベーグルサンドを作ったらこれがまたウマかったので絵文字名を入力してください

<お店の紹介>
「komugi(コムギ)」
TEL:075-702-1791
京都市左京区田中大久保町27-1
           ル・サントラル1F
営業時間:10:00~19:00
定休日:水曜、第2・4木曜


で、この「komugi」に行くまでにあるこのスイーツの店もご紹介↓
030104_sweet_fountain[1]

「Sweet Fountain Cake shop (スイートファウンテン ケーキショップ)~~~っ」

こちらは元田中駅よりすぐです。
店内は「komugi」より更に狭いです。
2002年12月にオープンしたんだとかで、女性が一人で作っておられるんですが、ケーキはタルトやクラフティ、チーズケーキ、キッシュetc・・・素朴で家庭的なものが多く、値段は¥200~¥250と今時ないようなプチプライスです(値段が安いからと言って、大きさはミニサイズでもなく、普通です)

買ったのはこちら↓
<キャラメルチーズケーキ¥200>
s-DSCF1487.jpg

安いでしょ~?
キャラメル味もきちんと効いてて美味しかったです。

<チーズクリームパフ¥120>
s-DSCF1488.jpg

s-DSCF1490.jpg

これも安いでしょ?
これは、パフがちょっとモサついてたような・・・(クリームは美味しかったです)

ケーキ自体はタルトのような焼きっぱなし系で、一般のケーキ屋のような繊細さはないので、絶品とまではいきませんが・・・、普通に美味しいので、このお値段でこの味ならお得なんじゃないかなぁ?

<春キャベツとベーコンのキッシュ¥250>
s-DSCF1481.jpg

キッシュがこの値段で買えることが嬉しいですよね。
キャベツがたっぷりで、ベーコンからも旨味が出てて美味しかったですぅ

この2店はセットで行かれるといいかも知れませ~ん。

<お店の紹介>
「 Sweet Fountain Cake shop (スイートファウンテン ケーキショップ)」
TEL: 075-722-3448
住 所: 京都市左京区田中大久保町22
時 間: 11:00~20:00
定休日:月曜日

テーマ:パン
ジャンル:グルメ
「京料理 藤本」でデザート全部盛りっ!!
2009年05月14日 (木) | 編集 |
今月のガッツリの会は、はんなり京都~で開催。

実はワタクシ、ちょっと前から気になっていたお店がありまして・・・、幹事さんにリクエストさせて頂きましたぁルン♪
そのお店とは・・・三条衣棚をちょい下がった路地にあるこちらのお店↓
s-DSCF1604.jpg

「京料理 藤本~~~っ」

大将は30歳と、まだお若く、東山にある「修伯」で修行された後、2008年4月に独立され、

「魚をたっぷりと、でも飽きずに食べていただきたい」

との思いから、魚と京野菜、旬のものを常に組合わせて、油っぽくならないように、サラダ感覚で魚を食べられるように・・・と料理に工夫をされているんだそうです。

築100年ほどの民家を改装した店内には玄関で靴を脱いであがります。
1Fは8席のカウンターと、2Fには8名ほどが入れる座敷があり、今回、私達は7名で2Fの座敷にて¥3,045のコース料理を頂きました。

<突き出し:とり貝、ほたるいか、たけのこの土佐酢ジュレがけ>
s-DSCF1605.jpg


他にもしめじとスナップえんどうだったかな?が入ってました。
貝とお野菜はシャキシャキと歯応えがあり、ほたるいかは、甘ぁ~い
土佐酢のジュレは思ったほどすっぱ過ぎず、爽やかな口当たりで、素材の味を殺さない程度にほどよく絡んでおいし~です。

<碗物:太刀魚の唐揚げ、九条葱甘酢あんかけ>
s-DSCF1610.jpg

太刀魚の他に、粟麩、なす、ブロッコリー、帆立、パプリカが入ってます。
太刀魚はふっくら、粟麩がモッチモチ~ハート
先ほどは土佐酢、今回は甘酢と、軽~い酢攻め感ではありますが・・・、こちらはやや濃い味の甘酢あんが、揚げ衣にいい感じでなじんで、「白ご飯rice下さい!!」と言いたくなる美味しさです!!

<向附け:お造り盛り込み>
s-DSCF1614.jpg

重たく立派な一枚板のお皿にのって登場しました。

s-DSCF1612.jpg
甘海老、たこの酒入り(梅肉醤油&昆布)、いさきの炙り(辛子おろし添え)

s-DSCF1613.jpg
こしび(マグロとヨコワの中間)、カレイ。

どれも1口サイズですが、タコのプリプリ感と、いさきの皮目の炙った感じが私好みでおいしゅうございました。

<焼物:石川県ます味噌幽庵焼き 大根のたいたんと、白板昆布の唐揚げ添え>
s-DSCF1617.jpg

幽庵たれでしっかり味付けされ、皮がパリッと焼かれたますと、カラッと揚がった昆布はオイシイです!!
ただ、大根がねぇ、私の予想してた味と違って、ちょっと苦味があってクセのある味がしたような・・・苦笑

<ご飯:たけのこご飯、香物>
s-DSCF1620.jpg

今の季節、やはりご飯はたけのこご飯~♪
ちょっと量が少なめなので、お代わりが欲しかったくらいです。
あっ、今、書きながら思ったんですけど、お味噌汁ってついてないですね、つけて欲しかったかも。

そしてこの後はデザートです。
ランチのデザートは「修伯」風にということで、その日のデザート6種類のミニサンプルが持ってこられ、それぞれの説明を受けた後、

「お好きなデザートをお好きなだけどうぞ」

と言われるので、一同声を揃えて満面の笑みを浮かべながら

「全部盛りでお願いしますっ!!」

と、力強くオーダー。

そうですっ!今回の私の狙いはこのデザート全部盛りをオーダーすることだったのですっぷぷ

<黒糖入り葛羊羹、きなこまぶし>
s-DSCF1622.jpg

私、羊羹ってあんまり好きぢゃないんですけど、この羊羹は甘過ぎず、モチモチッとしてまぶされたきなこの味が前面に出てておどろきえぇのウマサでした。

<ココナッツゼリー、黒蜜がけ抹茶シャーベット>
s-DSCF1623.jpg

私、抹茶もそんなに好きぢゃないんですけど、ここの抹茶シャーベットは緑々してなくて、ほどよい苦味と甘さがあって、ココナッツゼリーにもマッチして美味しかったです。

<赤ワイン&レディグレーのソルベ>
s-DSCF1634.jpg

赤ワインアップロードファイルは結構アルコール効いてました
レディグレーが爽やかな柑橘味で一同大絶賛

<いちご、練乳シャーベット、小豆>s-DSCF1628.jpg

これは苦手な小豆が入ってたので・・・、私的には練乳シャーベットと苺だけで良かったんですけどね。

<りんごのコンポート入りクリームチーズのミルフィーユ>
s-DSCF1631.jpg

これは、唯一の完全な洋菓子~
サクッとしたパイ生地にりんごのコンポートとクリームチーズのクリームがマッチしてバリうまぁ~~~~っjumee☆LoVe3
皆も大好きな味で好評価な一品

新地の「秋やま」みたいにガッツリお腹一杯にはなりませんが・・・、この最後のデザートのパフォーマンスは乙女心ワシ掴みなのではないでしょうか?

女性におススメな京都の和食のお店です~♪

<お店の紹介>
「京料理 藤本」
住所:京都市中京区衣棚通り三条下ル了頓図子町475番地10
TEL:075-211-9105
定休日:水曜


今回もメンバーを「Flip up!」へご案内~。
皆、かなりのお気に入りの様子で事前予約にて大量買いされてました。

私は別の店でベーグルをお取置きしてた為、今回は季節ベーグルのNEWバージョンのこちらだけ購入↓

<ブルーベリーベーグル¥160>
s-DSCF1641.jpg
表面~♪


s-DSCF1643.jpg
裏面~♪♪

s-DSCF1658.jpg
断面~♪♪♪
ピューレのブルーベリーが練りこまれたマーブル状の生地の中に粒々のブルベリーがイン


もう、買った瞬間から「これはクリチで食べるしかないでしょ!!」とイメージングしてたので、kiriのクリチを塗り塗りして「いただきまぁあああ~す」

s-DSCF1660.jpg

「やっぱ、うめぇ~~~~っ絵文字名を入力してください


爽やかな甘酸っぱさで、もう最高にうっま~です。
クリームチーズとの相性もバッチグーグーグーです
今まで食べたことがある「Flip up!」のフルーツフレイバー(ベリー、マンゴー)では、このブルーベリーが私の中ではNO1のウマさでした。

ブルベリー好きな方は是非是非お試しあれ!!
テーマ:和食
ジャンル:グルメ
三度目の正直にてようやくGET~♪
2009年05月11日 (月) | 編集 |
最近、雑誌にもよく載っていて、会社の人からも「ガーリックトーストがめちゃウマやで!!」と聞いていたので、すご~く気になっていたのは、西洞院四条にあるこちらのパン屋↓
s-DSCF1602.jpg

 「Croix - rousse(クロワルース)~~~っ」

私の勝手な思い込みではつい最近、オープンした印象だったんですが、08年5月にオープンしたそうで、丁度1年ということで私が伺った時は「祝・1周年」とかかれたお花が届いていました。

こちらのオーナーシェフは、日本とリヨンで約10年フレンチを勉強された後にパン職人になられたそうで、生ハム、リエット、ローストポーク、パテなどといったフレンチの1品として出てきそうな食材を使ったサンドイッチサンドイッチが大人気なんだそうです。

お店は人が3~4人も入ればぎゅうぎゅうなくらい小さいです。
看板商品として雑誌で紹介されていたリエットサンドがど~しても食べてみたくて、過去2回行ったもののいずれも売り切れで(11時オープンで11:50分頃行ったらほとんどのパンがなかったんですよjumee☆faceA129)悔しい思いをしているので、今回は気合を入れてオープン直後に訪問してみました。

で、今回、行ってみて早い時間に売り切れる謎が解けました。
オープン直後に多分、ご近所さんだと思われる人々が続々やってきてすごい勢いで(特にサンド類)を買って行くんです。
私が店に入った時にはたくさん並んでたサンドがお会計が終わる頃には半分以下に減ってましたから・・・。

で、せっかく念願叶って、買いたい放題&選びたい放題の状況に辿り着いたんですが、その日は別のパン屋でベーグルを6個も予約してたので、今回は控え目にこちらを購入↓
s-DSCF1636.jpg

すいません・・・、できたてをゲットしたものの暑い日に長い時間持ち歩いたので、リエットがゆるくなり、クリームパンもシワシワになってしまってます・・・(>▽<;;

<リエットサンド¥210>
s-DSCF1639.jpg

「きゃ~ん、リエットたっぷり~絵文字名を入力してください

自家製の豚リエットアップロードファイルをフランスパンで挟んであるというシンプルなサンドなんですが、これがね~、ウマイjumee☆LoVe3
フランスパンフランスパンはソフトタイプで柔らかいので、気合入れて噛まなくてもいいし、ボロボロこぼれることもないからとても食べやすいし、リエット自身は塩気が控えてありマイルドな味わいでパンとのバランスも合ってていい感じぃグッ

<クリームパン¥147>
s-DSCF1662.jpg

確かシェフ自慢のカスタードクリームって書いてあったような・・・?
パン自体がへなってしまったので画像からは解りずらいと思いますが・・・、うす皮のパンにクリームがた~っぷり入ってます
バニラビーンズは入ってませんが、テロっと口の中で溶けていく食感のこのクリーム、甘すぎなくてクリームの旨味があって、ウっまぁあああいハート
クリームパンマニアのT君もご満悦でした~。

サンド類はかなり高い確率で12時前には売り切れると思われますので・・・、「予約、お取り置きはお気軽に♪」とレジ横に書いてあったので、是非、予約してこのフレンチテイストのパンを食べてみて下さい~。

<お店の紹介>
「Croix-rousse(クロワルース)」
住所:京都市中京区西洞院四条上る蟷螂山町468-4
                 シティーファースト1F
TEL:075-204-9049
営業時間:11:00~19:00
定休日:木


そして、久々に「たま木亭」にも行ったので、私が今まで食べたことのなかったお初パンのみご紹介↓
s-DSCF1595.jpg

今回ご紹介するのはいずれも冷蔵ケースに並んでいた商品でした。
<焼きベリーのチーズケーキ¥241>s-DSCF1599.jpg

ぱっと見、デニッシュにクリームチーズとブルーベリーソースがかかったパンなんですが、断面を確保してみると、とろっとろで濃厚なチーズクリームとベリー&ベリーソースの海~~~波

甘酸っぱくてんまぁ~っjumee☆yippee3Ljumee☆yippee3R
チーズフィリングとデニッシュの間にアマンド生地も入ってて、まさに名前の通り、これはパンというよりケーキですな!
トッピングのピスタチオやホワイトチョコもアクセントの役割をうまく果たしていて、どこをかぶりついてもウっマイ~~笑う

<クランベリーの練乳仕立て¥189>
s-DSCF1597.jpg

生地はソフトなパンの中にたっぷりの練乳クリームとクランベリーがてんこもり~絵文字名を入力してください
で、この練乳クリームが私のストライクゾーンど真ん中なウマさなんですぅ~~~

クランベリーの甘酸っぱさを練乳クリームの甘さがいい具合で緩和してくれてます絵文字名を入力してください
クランベリー好きな方は是非是非食べてみて下さいまし~

そしても1つ、G.W.中に梅田大丸に催事で来てた大好きな鎌倉ニュージャーマンの「かまくらカスター」
s-DSCF1548.jpg

<グレープフルーツ¥126>
s-DSCF1550.jpg

<クリームチーズ¥158>
s-DSCF1584.jpg

確か、どちらも季節限定商品だったんですが、現在、公式HPには載ってないので、販売期間は終了したみたいです。
グレープフルーツは酸味の中にも皮のほろ苦さがあって、クリームチーズの方はパッション果汁入りで
どちらもいい感じで酸味が効いていて、私好みで美味しかったです♪

このかまくらカスター、お手頃価格なんですけどスポンジのきめの細かさとふわっふわエアリー感とクリームの美味しさが素晴らしいんです
食べてるとその美味しさについついニヤけてしまうegaoので催事で見つけるとついつい買ってしまいます。

公式HP見たら、今の季節フレイバーは「バナナバナナ」、「ヨーグルト」、「緑茶」みたいで、バナナ好きとしてはめっちゃ気になる所~~~。

お願いです、関西にもっと頻繁に来てくださぁ~い<(_ _)>
テーマ:パン
ジャンル:グルメ
あの人気生キャラメルのNEWフレイバーを頂きました♪
2009年05月05日 (火) | 編集 |
両親が北海道旅行に行ってきて、この人気商品をお土産に買ってきてくれましたぁ~↓
s-DSCF1551.jpg

「花畑牧場の生キャラメル~~~~っ」

今回はバナナ大好きの私が気になってリクエストした3/9日に発売された「バナナバナナと、 「プレーン」と、4/25日に新発売されたばかりという限定生産、限定発売の~プレミアムフルーツシリーズ~の 「宮崎マンゴー」 の3種類を買ってきてくれて、mixにしてくれましたアップロードファイルルン♪

s-DSCF1554.jpg

左からマンゴー→バナナ→プレーン。

バナナ味
”今は簡単に手に入るけど、昔は高級品としてなかなか食べることができなかったバナナを何とか「生キャラメル」と組み合わせて、だれもがおいしく食べることのできる生キャラメルバナナ味ができないか?”
という田中義剛さんのバナナに対する強い思いから生まれた商品なんだそうです。

宮崎マンゴー味は宮崎県知事の東国原知事と田中義綱さんとの友情がきっかけでできた商品で、
”宮崎マンゴーは有名ですが、高級でなかなか食べられないものなので、それを生キャラメルにすることにより、いつでもたくさんの人に食べてもらえるようにしたい”
そんな思いがこめられてるそうです。
この商品は花畑牧場直営店やネット販売以外に宮崎県内(宮崎空港、みやざき物産館、西米良村の西米食品の工場売店など)でも買うことができ、売上の一部は宮崎県に寄付されるんだそうです。

以前、生キャラメルのプレーンとチョコ味は食べたことがあるんですが、私の感想は

「確かに口溶け感は素晴らしいけど、甘過ぎるぅ・・・、これは1個食べれば充分だなぁ・・・苦笑

って感じだったんですが、今回食べたNEWフレイバーのバナナもマンゴーも口の中に入れた瞬間は

「おおっ、これはキャラメルというよりは生チョコっぽい感じ???」&「確かにほんのり程度でそれぞれのフレイバーの味はするんだけど、基本、バターの味が勝ちすぎてやしませんか???」

そして、素晴らしい口溶け感でアッという間に溶けてなくなり、最終的には口の中が やっぱり甘い・・・sn

バナナは、私、青くさいバナナが好きなんで加工品にはその味が期待できないので、まぁ、こんなものかなって思えたんですけど、マンゴーはマンゴー特有のキュンとした酸味を期待してただけにちょっと、かなり拍子抜けぇ・・・orz

ウワサによるとプレミアムフルーツシリーズの「ハスカップ味」が酸味があるみたいなので、酸味好きとしてはそれが食べてみたいとこなんですが・・・、でも、基本、粉スイーツが好きな人なんで、キャラメル味のケーキとかならそそられるんですが、同じ味ばっかりのキャラメルだけの為に物産展で並んでまで買うのも、¥850というお値段を出してまで買いたいという気持ちにはなれないんですよね・・・汗・2
(今回、頼んでもない味まで計3箱も買ってきた母の太っ腹さにビックリしましたからっえぇびっくり

とりあえず、入手困難品の新フレイバーを簡単に食すことができたので、母に感謝~
テーマ:生キャラメル
ジャンル:グルメ
知らない間に京都にもあのドーナッツ屋がOPENしてました
2009年05月03日 (日) | 編集 |
T君とブラブラと御幸町通りを北上している最中に、前方から歩いてきた女の子の手に「はらドーナッツ」と書いてあるナイロン袋が持たれているのを発見!!

「えっ、何?はらドーナッツがこの辺にできたんやろかえぇ!?」

と、私が言うとT君が

「あっ、ドーナツ屋なら俺、知ってるで!もうちょっと行った所にできてるねんっ!!」

と自慢気に言われましたが・・・、スイーツ&パンの新店見つけたらいつも報告してくれるのに
「今回、そんな報告、全く受けてないしぃ・・・ブゥー
と、心の中で思いながら、案内してもらい行ってみるとありましたよ、このお店が↓
s-DSCF1559.jpg

 「はらドーナッツ~~~っオールドファッション」 

この「はらドーナッツ」、 ”美味しくヘルシーで安心な品”をコンセプトにし、昨年の5月に神戸の湊川にオープンしたんだそうです。

ちょっと前の「Hanakoのパン特集」で紹介されたのを見て気にはなってたんですが・・・、何せお店があるのが神戸の湊川だったので諦めてたんです。
そしたら私の知らない間に4/28日に関西3店舗目として京都河原町店がオープンしてたので神戸まで行かずしてGETすることに成功してしまいましたぁ~♪
(※ちなみに2店舗目は神戸岡本店。そして、関西だけでなく、東京、名古屋など着々と店舗を拡大していっているみたいです)

店構えもそうでしたが、この袋とかもカワイイでしょ?↓
s-DSCF1561.jpg

こんな風に包んでくれます↓
s-DSCF1563.jpg

で、今回買ったのはこれっ↓
s-DSCF1564.jpg

こちらのドーナツ、原材料は湊川にある老舗のとうふ店「原とうふ店」の高品質の豆乳とおからを基本に全粒粉や三温糖など厳選した素材を使い、防腐剤や保存剤は一切使用しないで子供の頃にお母さんが手作りしてくれたような、懐かしい素朴な味わいのドーナッツを作っているんだとか。

上のチラを見てもらえば解りますが、種類は常時10種類くらい置いてあるみたいです。
HPのドーナッツメニューと内容が若干違いました。)

<いちご¥160>
s-DSCF1567.jpg

季節のフルーツフレイバーのドーナッツで、今の時期はイチゴ苺
(ちょっと前だとみかんオレンジとかだったみたいです)
いちごのアイシングがかかってます。
このアイシングが果肉入りで甘酸っぱくておいかったぁ~笑う

断面はこんな感じ↓
s-DSCF1574.jpg

この画像では解りにくいと思いますが・・・、全粒粉と解る粒々感が見えます。

<はらドーナッツ¥120>
s-DSCF1570.jpg

これは基本中の基本、プレーン味ですね。
ほのかな甘さ&ものすごく素朴な味がして、まさしく「お母さんの味!!」って感じ。

<コーヒー¥130>
s-DSCF1568.jpg

ドーナッツ生地に細かく砕いたエスプレッソ豆が混ぜ込まれているいるんですが、ほろ苦くてビターテイストです。

<ホワイトチョコ¥130>
s-DSCF1566.jpg

ホワイトミルクチョコでコーティングされてます。
とってもミルキー♪

全体的な感想としては、土台のドーナッツ自体は、モチッとしてて生地の目が詰まったしっかりと噛み応えのある食感で、甘さは控えめで、とても素朴な味がします。
甘さ控えめなので、コーティングさらてるものの方が満足感はあるような気がします。
(さられてないものだとパンチがなくて物足りなさを感じるかも・・・)

で、ワタクシがひじょ~に気になったのは、ヘルシーをうたっているのに、表面がものすごく油っこいこと・・焦る
断面確保の為に、包丁入れたら、ジュワッと油が生地から染み出すし、写真を撮る段取りをしてる間にあちこちがベトつくし。
(名刺に油ついてるでしょ?)

中まではベトついてないんですけど、表面の油こさがひじょ~に気になってしまったjujunです。
(1日置いたら油がまわってエライことになりそうな気がする・・・怖い

油こさがなければ材料にもこだわってるし健康志向でいいと思うんですが、あの染み出す油を見ると太りそうでめっちゃコワイ・・・。
京都店だけがたまたまそうだっただけなんでしょうか?
それとも基本的にここのドーナツは油っこいんでしょうか?
誰か食べたことある人がいたら教えて下さぁ~~~い。

<お店の紹介>
「はらドーナッツ 京都河原町店」
住所:京都市中京区御幸町通り六角下ル伊瀬屋町341-2
もしもし:075-252-4887
営業時間:10:00~19:00頃(売り切れ次第終了)
テーマ:スイーツ
ジャンル:グルメ
「hikari-yurari 」でランチ
2009年05月03日 (日) | 編集 |
とある休日、市バスの1日乗車券を買って出かけることにしたので、以前から雑誌で見て気にはなっていたもののお店に駐車場がないのでなかなか行く機会がなかった百万遍近くにあるこの店へ行ってきました↓
s-DSCF1479.jpg

 「hikari-yurari (ヒカリ ユラリ)~~~っ」

お店は鞠小路通り沿いの住宅街の中にポツンとあります。
(以前紹介したことのある「つけ麺や ろぉじ」や阿闍梨餅で有名な「満月」の本店と同じ通りにあります)

店内はシックな感の雰囲気で、テーブル8席、カウンター4席ほどとこじんまりしており、シェフが全部を一人で切り盛りしてはります。
(満席時は料理が出てくるのに少し時間がかかるかも知れません)

ランチは
☆ランチA¥1000
自家製パン、前菜(4種類ほどから選択。※プラス料金メニュー有)、パスタ(2種類より選択)、デザート

☆ランチB¥1700(ランチA+本日のメイン料理)
の2種類があり、今回はAランチを頂きました絵文字名を入力してください


<自家製パンとグリッシーニ>s-DSCF1470.jpg

<前菜:京都ポークと白レバーのパテ(+¥250)>
s-DSCF1472.jpg

その日の前菜は新玉葱のポタージュ風スープ、人参とオレンジのサラダ自家製チーズ添え、ゴルゴンゾーラチーズのプリン仕立て(+¥250)とパテの4種類あり、チーズのプリン仕立てと悩んだあげく・・・ムム…、2人揃ってパテをチョイスしました。

レッドキャベツのマリネ、コンソメジュレと粒マスタードが添えられてます。
豚のバラと肩ロース、鶏の白レバーをある程度の大きさのまま残してつくってあるので肉々しさと肉の旨味がいい感じで

「うっま~いアップロードファイル

<パスタ:イワシとくたくたブロコッリーのスパゲティ トマトソース>
s-DSCF1474.jpg

私、チョイス。
ブロッコリーが本当にクタクタになるほど柔らかく煮込まれてます。
トマトソースも酸味がキツ過ぎるタイプではなく、ほどよい感じで、イワシの旨味がプラスされていて麺にもしっかり味が絡んでおいし~です。


<自家製スモークチキンと春キャベツのパスタ(オイルベース)>
s-DSCF1473.jpg

こちらはT君、チョイス。
一口もらいましたが、スモークチキンはいい感じでスモークされてて美味しかったですが、全体的には少し味が薄くてパンチ不足だったような・・・苦笑

<デザート:キャラメルシャーベットを添えたパンナコッタ>
s-DSCF1478.jpg

雑誌に載ってる時も、他のブログで見た時もこのデザートだったので、多分、ランチタイムはこれが定番デザートなんだろうと思います。
ごまのチュイルがトッピングされていて、これがカリッとしてて香ばしい。

で、キャラメルのアイスじゃなくて、シャーベットというのがめずらしいと思いません?
アイスじゃないので、甘さ控えめでサッパリしてます。
で!で!!このパンナコッタが激ウマだったぁ~ハート

私、学生時代、イタリアンでバイトしてて(もうそのお店はないんですが)そのお店のパンナコッタが大好きだったんですが、まさにそれと同じ味だったんです。
ちゅるるんとろんとした食感としっかりと濃厚な生クリームの旨味が最高グッ

私は丁度いい感じのお腹具合でしたが、T君は

「こんなんじゃ足りない、この後どっかで買い食いせなあかん・・・考える

と、ボヤいてましたので、男性には少し物足りないかも知れません。
(多分、パスタがオイルベースでアッサリ系だったせいもあると思いますが・・・、ちなみにヤツはこの後、本当にミスドで汁そばとドーナツ1個食べてましたからほっ

メニューの端々からも解ると思いますが、自家製にこだわっていろいろと作っておられ(手打ち麺、ハム、チーズ、パン)、中でも手打ち麺はいろんな麺のサンプルがおいてあったので期待できそうな感じです。
私達が訪問した日は違いましたが、ランチタイムに手打ち麺が出てくることもあるみたいです。

市内から少し足を伸ばさないといけませんが・・・、場所が場所だけに穴場的なイタリアンなのでよかったら行ってみて下さい。
(知恩寺の近くなので、遠方の方は手作り市のついでに行くのもいいかも知れないです)

<お店の紹介>
「CUCINA ITALIANA hikari-yurari (ヒカリ ユラリ) 」
TEL: 075-703-7021
住所: 京都府京都市左京区田中大堰町202

営業時間
 lunch : 11:30~14:00(L.O.)
 dinner: 18:00~22:00(L.O.)

定休日:月曜日
テーマ:イタリアン
ジャンル:グルメ
「Flip up!」季節限定ベーグル(もう終わってしまったものもあります)
2009年05月01日 (金) | 編集 |
昨日からG.W.に突入→→→してますjunjunでございまぁ~す。

普段より時間に余裕があるこの休みの間に溜まりまくっているネタを消化しまくりたい所なんですが・・・、書くことよりネタ収集(遊びに行くこと)に力が入ってしまいそうなので、ボチボチ頑張ります。

まずは大・大・大好きな「Flip up!」のベーグルのNEWバージョン達をご紹介~♪

2週間ほど前に行った時にGETしたのは

<桜とえんどう豆¥160>
s2009_0422(001).jpg

春の新作ベーグルだったみたいで、昨日行った時はもう並んでませんでした。
甘い豆があんまり好きではないので、えんどう豆がしょっぱいのか甘いのか解らなくて一瞬、躊躇はしたものの・・・考える「エイッ」と、買ってみました。

s2009_0422(002).jpg

ベーグル生地に桜の塩漬けとえんどう豆が練りこまれてます。
で、えんどう豆はアリコベールに入ってる感じの甘さの味で、全体的に和菓子テイストなベーグルでしたぁ・・・。
(ごめんなさい、和菓子が苦手なので私のお気には召しませんでしたぁあちゃー

アリコベールが好きな人は多分好きだと思いますが・・・、すいません、もう売ってないと思うので来年に買ってみて下さい。

<ペッパーポークベーグル>
 s2009_0422.jpg

値段失念してしまったんですが・・・、¥160か¥180だった気がします。
これも昨日はなかったんですが、別に季節に関係ないフレーバーのような気がするのでたまたま売り切れだっただけかも知れません。

生地に細かく切ったポークとブラックペッパーが練り込んであります。

s2009_0422(005).jpg

ブラックペッパーがかなり効いてるのでピリリとスパイシーです。
細かく切られながらも、塩気の効いたポークらぶ太の旨味がしっかり出ててウマイです。
ちょっとジャンキーな味がするので、男性受けもしそうな感じかな(ビールとかに合いそうです)

そして、昨日買ったベーグルは
<左:マンゴー¥160右:はちみつレモン¥160>
表面はつやつや~↓
s-DSCF1516.jpg

裏面はキュッとしまってます↓
s-DSCF1517.jpg

<はちみつレモン¥160>
s-DSCF1520.jpg

多分、初夏の新作だと思います。
生地にレモンピールとキューブ状のはちみつhatiが練りこまれてます。

レモンピールの酸味とはちみつの甘さが混ざり合って、爽やかな甘さが口の中に広がり夏向きな感じです。

<マンゴーベーグル¥160>
s-DSCF1521.jpg

7月頃からの販売だと思ってたから、思いの外に早く出ててビックリえぇびっくり
しかも、去年は¥180だった気がするんですけど・・・、気のせい?

今年もマンゴーゴロッゴロは健在でマンゴー好きにはたまりませぇ~ん絵文字名を入力してください
今年は何回、このマンゴーベーグル食べるかな?

こうやって季節ごとにいろいろ新作が出るのでついついかっちゃいますが、やっぱ、定番のチーズ、チョコ、アーモンドが好きだったりします。

そして今月のネイル~↓
s-DSCF1529.jpg
s-DSCF1525.jpg

ピンクベースにパステルホログラムをドット風にあしらい(最近、ドットばっかりしてるような・・・)、シルバーのラインを入れ、今、サロン内でも大流行りという押し花シールとラインストーンをのせてみました。

押し花は本物を使うと早い人だと1週間ほどで色があせてしまって茶色くなったりするので、私が行ってるサロンでは押し花シールを使用してはるんですが、じっと見るとシールなんだけど、遠目で見たら本物のお花っぽいのでこのシールはヒットアイテムなんだそうです。

うん、今月もカワイ~ですっルン♪
テーマ:パン
ジャンル:グルメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。