粉もんスイーツ&パンが大好きな京都の主婦です。このブログでは私が食べた物を中心に紹介していきます♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Merry Christmas~☆彡
2008年12月25日 (木) | 編集 |
santa Merry Christmas~ クリスマスツリー

皆様、ご無沙汰しております。
すっかりサボリぐせがついてしまってるjunjunでございます・・・苦笑

サボってる間に、ちょこっとですが、お江戸に潜伏してました↓
<カレッタ汐留の東儀秀樹プロデュースのツリー>
s2008_1221(001).jpg

<日テレ前のホワイトツリー>
s2008_1221(012).jpg

<銀座ミキモトのツリー>
s2008_1222(004).jpg

今回、タイトなスケジュールだったので、たくさんの店をまわることはできなかったのですが、
ど~しても行きたかったパン屋とケーキ屋、各1軒ずつ行けたので、とりあえず満足です笑う 

その模様はボチボチUPしていきますので、気長にお待ちくだされば幸いです。

とりあえず、小ネタを1つだけ。
たまたま渋谷の町を歩いてたら、渋谷にできた「クリスピー・クリーム・ドーナツ」を発見し、恐る恐る店内を覗いてみたら、さすが都内に3軒もできるとお客さんが分散するのか?全く並ばずに買える状態だったのでドーナツを買いました。
しかも、待ち時間の苦痛もないのにオリジナルグレーズドをサービスで1個頂くことができラッキー笑う
前回のイトシア店ではもらえなかったので、今回初めて食べたんですが、さすがにこのできたてはウワサ通りのおいしさで前回よりいいイメージになりました。
(それでもやっぱり私には少し甘過ぎるのでグレーズドは剥ぎながら食べましたけど)

いろいろ買ったのですが、今回は期間限定のドーナツのみご紹介~
<クランベリー パーティー¥180>
s2008_1223(001).jpg
11/26日に発売された期間限定ドーナツです(1月上旬迄販売予定)

s2008_1223(002).jpg
ふわっふわのシェル形ドーナツにクランベリーの果肉入りフィリングが入り、表面をホワイトチョコレートとクランベリーソースをデコレーションし、ローストしたピスタチオがトッピングされたまさしくクリスマスを意識したような見た目のドーナツです。

クリスピーは基本的にどのドーナツも甘いんですが、これはクランベリーということで酸味があったので甘味が緩和されていて食べやすかったです。

「長時間並ばなくてもいいならクリスピーはありかもぉ~」とクリスピーに対する考えが少し変わったjunjunでした。
渋谷は空いてたんですけど、新宿と有楽町のお店はどうなんでしょう・・・?
スポンサーサイト
テーマ:国内旅行
ジャンル:旅行
今回はディナーで訪問♪
2008年12月15日 (月) | 編集 |
前回、この記事にて、T君が余裕の笑みを浮かべながらポンドステーキを食べ切った 「キャトルラパン」に、今回はディナーに行ってきました。
今回も¥5250のコースを頂きました顔

<前菜盛り合わせ>
s2008_1213(001).jpg
画像が見にくくて申し訳ありませんが、上から水タコのマリネ、かぼちゃのババロア、パンプキンシードパンの上にスモークサーモン、クリームチーズ、ドライトマトを混ぜたムースがのったもの、サンマのマリネバジルソース、佐賀牛ハネシタのカルパッチョ、鶏肉のケイジャンソース、海老のタイ風シュリンプ、ムール貝の白ワイン蒸し、真中のが豚のナンコツを煮込んだものと9種類の豪華盛り合わせ

どれも美味しかったんですが、特に佐賀牛のカルパッチョがトロけるウマさで2人して悶絶ハート

そして豚のナンコツもトロットロッでゼランチン質がブリンブリンでうっまぁ~らぶ太

<甲殻類のスープ>
s2008_1213(005).jpg
ラパンに行ったら必食しなければならないと私の中で勝手に決まっているこの甲殻類スープ。
今回も事前にリクエストしておきましたちなニヤリ
今回は甘海老から採ったということで、毎度毎度、濃厚過ぎてバリうまよぉ~~~アップロードファイル

<アワビ&鯛のソテー アワビの肝のソース>
s2008_1213(008).jpg
でっかいアワビ1個だけでも充分な1品になるはずなのに鯛までついてる所が太っ腹で素晴らしい
付け合せの野菜はパプリカと葱とサヤエンドウと、姫大根のマリネです。

s2008_1213(010).jpg
T君はアワビが大好きなんですが、私の方は食べれなくはないんですけど、そんな取り立てて好きではないんですよねぇ・・・(磯臭いのとコリコリした食感があんまり好きぢゃない)

でも、このアワビ、食べてビックリえぇびっくり

「なんじゃこりゃ~、めっさ柔らかくてめっさ旨ぁああああ~っ絵文字名を入力してください

肝のソースが濃厚でアワビと絡むと更にウマイんです笑う
あ~、ビックリした。
このアワビなら間違いなく好きと言えるほど美味しかったです。

<佐賀牛のステーキ&フォアグラ>
s2008_1213(015).jpg
今回の付け合せは小芋の煮付けでちょっと和風な感じでした。
s2008_1213(014).jpg
レアに焼かれた佐賀牛は脂ノリ抜群で、口の中で溶けていき、濃厚テイストのフォアグラとのコラボも文句なしですグッ

<デザート>
s2008_1213(019).jpg
チーズケーキチーズケーキと柑橘系のシャーベットとフルーツの盛り合わせです。
今回、ラパンで初めてケーキ系のデザートを食べたんですが、ラパンのチーズケーキはチーズフィリング部分には一切、粉を使ってないそうです。
まったりと濃厚でクリーミィなチーズケーキでとても美味しく、チーズケーキ好きのT君は超・ご満悦でしたウインク

一方、私はといえばトータル的に終始、濃厚なラインナップだったせいか今回も最後の方はお腹一杯でキブ寸前でした・・・汗・2
(アワビくらいからT君へちょいちょい輸出したのにも関わらずお腹一杯)

今回も、いつもと変わらず大・大・大満足でございましたぁ~。
(この内容で本当に¥5250で儲けがあるのか心配になってしまいます)

シェフ、美味しい料理&T君とのボケ&ボケとオヤジギャグ合戦にて楽しいひと時を演出してくれて有り難うございました<(_ _)>

尚、相変わらずディナーは大人気らしくて、予約ノートを覗かせてもらったら土曜日は既に2月の予約が埋まり始めてるという盛況ぶりなんだそうです。
ちなみにそれを知った私達も何かに追われるかのごとく慌てて次回のディナーの予約を入れて帰ってきたので、また近々ご紹介できると思いまぁ~す。
(ラパンディナーが恒例行事になりはじめてる予感です)

<お店の紹介>
「キャトルラパン」
住所:大阪府大阪市北区堂島1-3-33
            新地萬年ビル5F
TEL:06-6343-8663
営業時間:ランチ  12:00~14:00
       ディナー 18:00~24:00


ちなみにラパンの後に何年かぶりにルミナリエに行ってきました↓
s2008_1213(020).jpg
s2008_1213(021).jpg
最終土曜日ということもあったせいか、8時半ごろに元町の駅に降り立ったのに、そっから会場と反対方向に並びながら延々と歩かされ、ようやく大丸付近まで来たと思ったら、またグルグルと遠回りさせられルミナリエ会場に辿り着いたのは、な・なんと1時間後の9時半過ぎ。
消灯まで30分くらいしかなくて慌しかったのに加え、予想外に並ばされたことに疲れてしまいorz、テンションもあがりきれないままパチッと写真だけ撮って足早に会場を後にしました。
ふ~、あんなに混んでるなら来年からはもう行かないかも・・・焦る3
(平日は空いてるのかなぁ???)

そして今月のネイルはこちらっ↓
s2008_1211(001).jpg
つい最近、デジカメを替えたんですが、どうも接写がウマく撮れないんですあちゃー
(説明書を読むのがめんどくさくて感覚でやっているせいもあると思うんですが苦笑
なので、解りにくいと思いますが・・・、ピンクのフレンチにゴールドのラインを入れ、黄色のパステルホログラムとシルバーホログラムを散りばめました。
キラキラしてて今回もカワイイです~ルン♪
テーマ:美味しかった♪
ジャンル:グルメ
芦屋にてセレブランチを堪能♪
2008年12月09日 (火) | 編集 |
親友のMちゃんと約1年ぶりに会うことになり(前回会ったのはこの時)、積もる話もあるだろうから美味しいものがゆっくり食べれる所がないかなぁ~と探してた所、Mちゃんがテレビで観てすごく気になったという芦屋のこのお店に行くことに↓
sraffi-015.jpg

「raffinato(ラッフィナート)~~~っ」
このお店、元々大人気で予約が取りづらいそうなんですが・・・、つい最近テレビで紹介されたもんだから更にハードルが上った絵文字名を入力してください模様。
「予約は取れないかも知れない・・・」と思いながら来店2週間前にMちゃんがダメモトでTELしてみたら奇跡的に予約が取れて私達ってばラッキぃーピース

約1年ぶりのご対面で、積もる話がメインだったし、今回は全くメモを取らなかった為、メニュー名とか料理の記憶がものすごく曖昧なので、画像中心にお楽しみ頂ければ幸いです・・・焦る3

ランチタイムは、コースが2種類のみ(多分、もう1種類は¥7000強ぐらいだったような・・・)
今回は下の方の¥4200(冷たい前菜2品、温かい前菜、冷製パスタ、温かいパスタ、メインのお料理、グラニータ、ドルチェ)のコースを頂きました。
※別途サービス料有

<甘い人参のスプーマ 北海道産生うにとコンソメのゼラティーナ>
2008_1206(001).jpg
こちらはシェフのスペシャリテだそうです。
スプーマとはムースのことで、黄金色に輝く透き通ったコンソメのジュレの海に生うにがのったムースが浮かんでます。

「うぉおおおお~、このウニ、甘ぁ~っえぇ、ムース、うまぁ~ハート

まず、ウニが めっさ甘い!!
臭みも一切なく濃厚な深みのある味で、このウニで腹一杯のウニ丼食わせてくれぇ~って感じ。
続いてムースなんですが、生クリームがたっぷり使われてるせいか?人参と言いながら、私の苦手な人参独特の味はほとんど解らない感じ。
フルフルでプリンプリン食感のムースはコクのあるクリームチーズのような味で濃いめのコンソメジュレともウニとも相性はバッチリで今まで食べたことのない味でウマ過ぎぃ~~~グッ
「これ、丼で食べたいよね~~(^¬^)」と、2人が口を揃えていうほど好きな味でした。

<パン>
2008_1206(002).jpg
全粒粉のパンです。
プチプチして香ばしくておいしかったし、なくなればお替りも持ってきてくれます。

<生ハムと神戸の契約農家の野菜のサラダ>2008_1206(003).jpg
生ハムをのけると色とりどりの野菜たちが↓
2008_1206(004).jpg
生ハムはしっとりしてて私の好きなタイプで、野菜はとてもみずみずしかったです。

<神戸の契約農家の野菜を使ったミネストローネ>
2008_1206(006).jpg
こちらもお野菜たっぷりですが、これはちょっと薄味でした汗・2
シンプルな味つけなので野菜の風味はよく解るんですが、私が思っているミネストローネとはちょっと違いました。

サラダに引き続きお野菜ベースのメニューだったので、ここはもうちょっとひねりが欲しかったかなぁ。

<徳島産フルーツトマトのカッペリーニ>
2008_1206(007).jpg
これもブログとかでよく見るので多分、定番メニューなんでしょうね
(モッツアレラがのってたりと若干の違いはあるみたいですが)
2008_1206(008).jpg
このパスタ、キンキンに冷やしたお皿で出てくるんですが、この寒い時期にカッペリーニが出てくるとはちょっと意外でした。
徳島指定農家より取り寄せたフルーツトマトは名前の通りフルーティーな甘みがあってとっても美味し~きゃー

<野菜とベーコンのトマトソース>
2008_1206(009).jpg
続いては温かいパスタ。
ベーコンの旨味と野菜の旨味がトマトソースに馴染んでておいしいです。

で、ちょっと気になったのはパスタの時にスプーンがつかないこと。
普段スプーンの上で巻くことになれてしまっているので、フォークに直に巻きつけるのがウマくできない私としてはちょっと食べにくくて軽~いストレスを覚えてしまいました

メインは魚か肉を選べるんですが、今回は2人ともお肉にしました。
<もち豚のロースト>
2008_1206(011).jpg
添えてあるのは万願寺唐辛子、お肉の下にはキノコ達が隠れてました。
粒マスタードと塩が添えられててお好みでつけて食べます。
豚肉らぶ太は適度に脂が乗り、焼き加減もベストでジューシーでした。

<お口直し>
2008_1206(013).jpg
ヨーグルトのグラニテで、上にのっている黄色いのは柚子味のジュレです。
これ、思いのほか、私好みだったんです。
お口直しにピッタリの爽やかテイストでおいしかったです。

<デザート>
2008_1206(014).jpg
エスプレッソを浸したスポンジの上にアイス、生クリームとカリサクッ食感のプチメレンゲをのせ、アングレーズソースと甘栗がちらしてあるんですが、何気にハリネズミの形に見えませんか?
噛むとジュワッって口の中にエスプレッソが染み出すくらい、しっかりと浸してあります。
エスプレッソの苦味がその他の素材の甘みとうまい具合に中和させてくれててティラミスっぽい感じでなかなか美味しかったです絵文字名を入力してください

<コーヒー>
2008_1206(016).jpg
食後の飲み物はコーヒー、紅茶、エスプレッソから選べるんですが、このコーヒー、エスプレッソ並みに濃かったのでミルクをたっぷり入れてしまいました。

食後のタイミングを見計らって、シェフが直々に各テーブルへと出向き、ご挨拶と、本日の料理に不備がなかったかという確認をしはります。
顔を拝見したら予想以上に若かったのでビックリしましたが、笑顔いっぱいでとても感じのいいシェフでした。

芦屋というセレブ感が漂うゆったりとした雰囲気の中で、料理のボリュームはガッツリって感じはないですが、少しずついろんな味が楽しめるので女性好みなお店だと思いまぁ~す。

とりあえず ”甘い人参のスプーマ 北海道産生うにとコンソメのゼラティーナ” は食べる価値あり!!のウマさなのでご興味を持たれた方は一度お試しあれ~~~ウインク
(予約取るの大変みたいなので頑張って取ってみてくださぁ~い)

<お店の紹介>
「raffinato(ラッフィナート)」
住所:芦屋市親王塚町13-15 岸の里ビル2F
TEL:0797-35-3444 (予約必須)
営業時間
ランチ  11:00~14:30
ディナー 17:30~21:30
定休日:火(祝の場合翌日)
駐車場:12台有
テーマ:Lunch♪
ジャンル:グルメ
「Restaurant RENARD BLUE」でウマウマディナー(^¬^)♪
2008年12月08日 (月) | 編集 |
コヤマのうまうまデートに引き続き、kayomaruさんと先月に行ったディナーデートのご紹介~♪
今回は京都までお越しいただき、オープン1年のというまだまだ新しい店にも関わらず、最近、京都のフレンチで評判が上々絵文字名を入力してください「青いきつね」という意味のこちらのお店へGOっ↓

s-2008_1129.jpg

「Restaurant RENARD BLUE(ルナール ブルー)~~~っ」

京都のフレンチ店 「DOUZE GOUT12+」で修行されたシェフがチーズソムリエのマダムとオープンさせたお店なんだそうです。

ディナーはアラカルトとコースがあり、コースは
Aコース¥4,200
<前菜・本日のスープ・メイン(魚or肉)・チーズorデセール>

Bコース¥6,300
<前菜・スープ・メイン(魚と肉)・チーズorデセール>

本日のシェフのおまかせコース¥8400
の3種類で、どのコースも前菜、メインが選べるプリフィクススタイルになっています
(チョイスによりプラス料金有)

最初にメニューの説明があり、
「料理のポーションが大きめなので女性の方ならAコースでも満足していただけると思います・・・」
と、言われたのでAコースとアラカルトで前菜を1品プラスすることにしました。
※それぞれ違うものを頼んでシェアし、たくさんの種類を楽しむことにしましたぷぷ

<パン>
s-2008_1129(001).jpg
クルミ入りパンとバケッドの2種類で、タプナードとバターが添えられてきます。

<シャラン村ビュルゴー家の鴨を使った特製テリーヌ>
s-2008_1129(006).jpg
こちらは追加で頼んだアラカルトです(画像は1/2サイズ)
これはシェフのスペシャリテ的料理で、窒息鴨を使った特製テリーヌです。
少し身を残した皮に、ミンチにし滑らかにした鴨肉を巻いてテリーヌにしたものだそうです。
まずは高温で脂を落とした後に、低温でじっくりと火を通しているため、余分な脂が落ち、濃厚でありながら、上品な味わいに仕上がっているそうです。

オーダー前の説明ではパテっぽい感じのものを想像してたのですがテリーヌとパテの中間って感じでした。
ほどよい脂のり加減でおいしかったです。

<仏産フレッシュフォアグラのテリーヌ はちみつ添え>
(※プラス料金有、画像は1/2サイズ)
s-2008_1129(008).jpg
ブリオッシュが添えられています。

s-2008_1129(010).jpg
こんな風にはちみつが添えられてくるので、こんな感じで頂きます↓
s-2008_1129(011).jpg

「いや~ん、これめちゃうまぁ~~~っ絵文字名を入力してください 

鼻血( ̄TT ̄)出そうなくらいの濃厚フォアグラ味がたまらない~
で、このフォグラ、はちみつをかけると、全然違った風味になるんですが、それもまた激ウマっ

<北海道産くもこ(白子)と濃厚タマゴのオムレツ>
※プラス料金有
s-2008_1129(012).jpg
黄金色に輝く半熟のタマゴの上にどでかいくもこが乗って登場~♪
取り分けたのがこちら↓
s-2008_1129(016).jpg
オムレツというより、スクランブルエッグっぽいんですが、白子は表面に味付けした衣がまぶされていて、カリッと絶妙な感じで火入れされています。
タマゴの濃厚さと白子の濃厚さというW濃厚でコレステロール値も急上昇しそうな組み合わせなんですが、これまたテリーヌに負けないくらいうっめぇ~顔

<スープ>
s-2008_1129(018).jpg
スープは2種類から選択でき、この日は栗のポタージュとカリフラワーのポタージュでした。
私達は2人揃って栗をチョイスしました。
仏産の栗を使用しているということで栗の甘さがしっかり出てる、甘めのポタージュでした。

メインは魚と肉から1種類ずつチョイスしました。
<本日の鮮魚3種盛り合わせ>
s-2008_1129(020).jpg
スズキ、的鯛、ホタテ白ワインとバターのソースで頂きます。
付け合せのお野菜は京都らしく聖護院大根と九条葱です。
今まで濃厚メニューが続いたのでこのお魚はアッサリしてて美味しかったです。

<豚舌の赤ワイン煮と豚足の詰め物(ひき肉、フォアグラ)の盛り合わせ>
s-2008_1129(024).jpg

見てくださぁ~いこの豚舌の分厚さを↓
s-2008_1129(025).jpg
私、豚舌って食べるの初めてだったんですが、ホホ肉やタンシチューと似た口の中でホロホロと崩れる食感で、うまい~グッ

s-2008_1129(026).jpg
こちらは豚足で、中にひき肉とフォアグラが入ってます。
う~ん、このコラーゲンのプルプル食感がお肌に効きそうだぁ~jumee☆yippee3Ljumee☆yippee3R

1皿でいろんな味が楽しめるので大満足な1品でしたぁ。

<デザート>
s-2008_1129(028).jpg
デザートはシェフではなくパティシエさんが作ってるそうです。
3種盛りでシナモン風味のパンナコッタ、フランボワーズ&チョコロールケーキ、洋ナシのソルベです。

s-2008_1129(031).jpg
このロールが私好みの味でおいしかったですウインク

kayomaruさんがフランボワーズとチョコと洋梨が苦手だと伝えるとパティシエさんに相談してくれ、こちらのデザートに変更してくれました。
s-2008_1129(029).jpg
チーズケーキとバニラアイス。

<カプチーノ&小菓子>
s-2008_1129(033).jpg
小菓子がつくところがナイスぅ~

濃厚好きの2人なのでチョイスが濃厚テイストなものが多く、それぞれに味付けがしっかりしてたし、言われた通りボリュームもあったので、追加の前菜がなくてもよかったくらいお腹一杯で大満足ちなニヤリ
女性は¥4200のコースで充分満足できると思います。

いろんなブログでも書かれてますが、マダムの笑顔の接客が最高なので、終始、気持ちよくお料理が頂けます。
最後はシェフとマダムと揃ってお店の外までお見送りしてくれ、
「ここにはまた来たい!!」と思ってしまうほど久々にトータル的に素敵なお店を見つけてしまいました

また、必ず行くぞ~走る1

<お店の紹介>
「Restaurant RENARD BLUE(ルナール ブルー)」
住所:京都市中京区姉小路通高倉東入南側 加藤重ビル1F
TEL:075-231-0972
営業時間
ランチ:11:30~14:30(L.O)
ディナー:18:00~22:00(L.O)
定休日:月曜・第1日曜休
テーマ:+お外でごはん+
ジャンル:グルメ
観光シーズンの混雑を避け、亀岡へGO!!
2008年12月04日 (木) | 編集 |
先週くらいまで京都は紅葉シーズンまっさかりでたくさんの観光客で賑わっておりました。

嵐山近辺という観光地メッカに住んでいる私達はそんな京都市内を脱出することにアップロードファイル
そこでやってきたのは亀岡にあるこちらのお店↓
s-2008_1130(018).jpg

「ルイジアナママ~~~っ」

こちら、カジュアルイタリアンのお店でパスタとピザがメインです。
亀岡では人気のお店らしく(京田辺にも支店が有)一度行ってみたいと思いつつ、なかなか行けてなくて今回が初訪問だったのですが、国道9号線矢田口交差点から脇の細い道に入り、住宅街の道沿いに店はあるんですが、看板が木の枝で隠れていたので思わず通り過ぎてしまいました・・・。

南ヨーロッパの片田舎をイメージしたという店内はカントリー調な雰囲気です、天井がとても低いので、広々というよりはこじんまりした感じです。

ランチメニューにはもれなくカボチャのマリネ等、季節の野菜を使ったイタリアンサラダバー(約7種類)と、フレッシュジュース・挽きたてコーヒー・ハーブティーを取り揃えたドリンクバーがついてきます。
<ドリンクバー>
s-ruijiana5.jpg
<サラダバー>
s-ルイジアナ

s-2008_1130(009).jpg
パンがくるみ入りのパンなんですが、ふんわり柔らかくてとても美味しいパンでした。
ちなみにグラスに入っている鴨肉入りの前菜をT君は1人で5個も食べてました汗・2
(大食いの彼はバイキングではボロ勝ちする人です)

ピザランチやチーズフォンデュのついたランチもあるんですが、今回は2人ともパスタランチにしました↓
<カルボナーラ炭焼風¥1449>s-2008_1130(010).jpg
こちら人気NO1メニューということでオーダーしました、お好みでチーズと胡椒をかけてくれます。
厚切りベーコンとクリーミィなパスタがおいし~絵文字名を入力してください

<明太子¥1186>
s-2008_1130(014).jpg
本場九州産の明太子使用しています。
レモンをしぼってアッサリテイストで頂きます。

ランチセットにプラス¥315するとワゴンデザートよりお好みのものを3種盛りにしてもらえます
s-ルイジアナ4

今回は私だけがオーダーし、チョイスしたのはこちら↓
s-2008_1130(015).jpg
上から時計周りにチーズケーキ、ティラミス、フランボワーズムースです。
どれも美味しくてグーグッ
特にチーズケーキは濃厚で酸味も効いてておいゅうございました

店員さんの感じもとてもよくて、気持ちの良いランチタイムが過ごせました。
人気のお店なので週末は予約必須ですよ~
(※ランチタイムは11:30迄に入店する場合のみ予約可能)

<お店の紹介>
「ルイジアナママ 亀岡店」
住所:亀岡市中矢田町岸ノ上15-2
TEL:0771-25-5456
営業時間
ランチ: 11:00~15:00
ディナー:17:30~22:00
年中無休
駐車場:有


帰りに亀岡スイーツチーズケーキも要チェキラッチョ~ということで、今年オープンしたという「パティスリー FONTAINE」というケーキ屋に行きました。
買ったケーキはこちら↓
s-2008_1130(019).jpg

<アネモネチーズケーキ¥320>s-2008_1130(027).jpg
表面の焦げ模様を見てT君は、ひょう柄チーズケーキと命名してました。
デンマーク産チーズを使ったというチーズケーキなんですが、濃厚で酸味も効いていてトロンとした口どけでバリうまハート

<名前は失念¥320>
s-2008_1130(025).jpg
ナッツとキャラメル&チョコムースケーキです。
ムースの中にキャラメルをからめたナッツが入ってるんですが、これも、香ばしい&ナッティで超・私好みぃ~~~笑う

<ロールケーキ¥280>
s-2008_1130(029).jpg
1本売りで売っている分のカット売りです。
ロール生地がふんわりときめ細やかで、軽やかな食感で、クリームも甘過ぎず予想以上の美味しさにちょっとビックリでしたえぇ

置いてあるケーキの種類はそんなに多くないんですが、今回買ったケーキはどれも私好みだったので、また亀岡に行く際には是非、立ち寄りたいと思います。

<お店の紹介>
「パティスリー FONTAINE」
住所:亀岡市横町41
TEL:0771-25-5570
営業時間:10:00~19:00
定休日:木
駐車場:有
テーマ:Lunch♪
ジャンル:グルメ
夢の国☆テイクアウト編
2008年12月01日 (月) | 編集 |
さてさて、夢の国レポ、続いてはテイクアウト編~♪♪♪
まず、ブーランジェで買ったのはこちらのサンドイッチ達↓
s-PB195159.jpg

<カツサンド¥578>
s-PB195160.jpg
分厚い豚肉らぶ太は沖縄産、ソースは完熟トマト、玉葱、人参、ガーリックをベースに煮込んだものにりんごとマーマレードを加えた自家製ソースなんだそうです。

s-PB195161.jpg
見てくださぁ~い、この分厚いカツにたぁ~っぷりキャベツを!!
少しオーブントースターで温めて食べたんですが、豚肉がジューシーで、ウマッ
自家製ソースとの相性もバッチグーですグッ

<NEW播州地鶏のたまごサンド¥263>s-PB195164.jpg
NEWということで以前と何が変わったのかというと、3つのうち1つだけカツサンドに使用している野菜で作った特製とんかつソースを挟んであるんですアップロードファイル

濃厚なたまごが美味しいのはもちろんなんですが、トンカツソースの入ってるやつが更にヤバうまぁ~jumee☆LoVe3

<真っ赤なナッツとピスタチオのマフィン¥315>
s-PB195152.jpg
s-PB195153.jpg

キラキラと赤く輝く甘酸っぱそうなこのマフィン、実はこの赤いプチプチはフランボワーズのピューレでナッツをクリスタリゼしたもので、甘酸っぱくなく、甘くて香ばしいんです。
で、マフイン生地に練りこまれてる緑色のピスタチオのクレームダマンド部分が、濃厚なナッテイ味でたまらないウマさ!!
しかも、そのナッティ部分にフランボワーズの果肉も入ってて、甘酸っぱさを演出しているという凝ったつくりになってます。
表面はサクッカリッ、中はしっとりでめさウマよぉ~~~きゃっ
これが今回のテイクアウトの中ではピカ1の1品でした。

続いて、kayomaruさんに頼んで事前予約してもらったエスコヤマのスイーツ達絵文字名を入力してくださいプリン
(※予約しておくと、混んでても並ばずにケーキが買えるのでとてもラクですよ~
以前と違って、電話もすぐつながりますし、HPにアップされているケーキのほとんどは買うことができます)


<小山ぷりん彩りberry(フランボワーズ&カシス)¥262>
s-PB205170.jpg
s-PB205179.jpg
小山プリンの季節フレイバーで、氷上牛乳を用いたミルキーなプリンとベリーのハーモニーが味わえる1品です。
フランボワーズの酸味とカシスのコクがほろ苦キャラメルと意外にあってこれも好きぃ~

<キャラメルバナーヌ¥367>
s-PB185136.jpg
s-PB185142.jpg

ジェノワーズショコラの間には完熟バナナバナナ2で作ったムースとサクサクとした食感のフィアンテイーヌショコラが挟んであり、トップにはキャラメルソテーしたバナナとヘーゼルナッツをトッピングぅ~♪

「きゃあ~、これ、最高にうっま~いjumee☆yippee3Ljumee☆yippee3R

「hanare」でイートインしたケーキと極似だったので一抹の不安があったものの、こちらはタルトではなくジェノワーズにフィアンティーヌショコラということで「フワッ・シャリッ・サクッ」という私の大好きな食感だった為、終始ニヤけっぱなしのまま完食させて頂きましたぁルン♪

<チーズケーキ¥294>
s-PB195167.jpg
s-PB195168.jpg
これは言わずと知れたT君用です。
フランス産キリのクリームチーズを使用したニューヨークスタイルのチーズケーキチーズケーキで、アクセントでラムレーズンが入ってます。
口の中でまろやかに溶けていくloveクリームチーズの濃厚さはお見事といか言いようがありません。
私の好きな酸味も効いててこれまた文句なしっ!!
私からイヤというくらい小山シェフのケーキの話は聞いてたものの今まで”小山ロール”しか食べたことなかったT君、
「これ、ウマいわぁ、コヤマさんってホンマにスゴイねんなぁ~」
と、ご満悦でした笑う

<ミルフィーユ¥420>
s-PB185144.jpg
s-PB185146.jpg
折込バター生地のフィユタージュに濃厚なクレームパティシエールがはさまれたシンプルなミルフィーユです。
通常のミルフィーユみたいにイチゴが入ってない、パイ生地とクリームだけで勝負できるのはそれぞれのレベルが高い絵文字名を入力してくださいからですよね~。
パイ生地のサクサク感とバニラビーンズいっぱいのクレームパティシエールのコクを楽しむことができてこれも素晴らしい1品でした。

やっぱり、私はコヤマが大好きよぉ~~~ハート

この他にコンフィチュールと焼き菓子も買ったんですが、コンフィチュールがまだ開封されてないので、その紹介はまた別記事で~
(しかも、我が家にはこの他にも封の空いてない他のお店で買ったコンフィがいっぱいあるのでありました・・・焦る3

テーマ:美味しかった♪
ジャンル:グルメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。