粉もんスイーツ&パンが大好きな京都の主婦です。このブログでは私が食べた物を中心に紹介していきます♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そして・・・久々にパ・パンがパンもやっておこ~!!
2008年05月27日 (火) | 編集 |
この間のケーキいちごケーキに引き続きまして・・・パンフランスパンの画像も恐ろしくたまっているのでこれまたサラッとあげときますねぇ・・・苦笑
(これ以外に冷凍庫にまだまだたくさん入ってたりするんだけどねぇ・・・汗・2→T君から「冷凍庫がパンだらけやんかいさっ!!」と、軽~いクレームまで出ておりますオホホ・・・ちなニヤリ

まずは、一乗寺にある「REBONDIE(ルボンディー)」のパンです。
本当は 「焼鯖さんまが入ってるサンドイッチ」 ってのと、買う時にその場でクリームを詰めてくれる 「3種類(生クリーム・チョコクリーム・カスタード)のコルネ」 が名物だと聞いて買いに行ったのですが、12時過ぎに行ったら2つとも既に売り切れ大泣きで、仕方ないので以下のパンを買いました↓
ルボンディー2

<アップルデニッシュ¥168>
ルボンディー3

チョコバナナのディニッシュと、どっちを買うか迷ったあげくこっちをお買い上げ。
ゴロンと大ぶりのリンゴりんご2とカスタードクリームが入っていて、ビッシリのったトッピングのアーモンドが香ばしくてうっま~いは-と

<クリームパン¥147>
ルボンデー

クッキー生地のクリームパンです。
黄身色のカスタードクリームは優しい卵の味がし、ほのかに甘く軽い食感のパン生地との相性もバッチグーでした。
う~、焼鯖サンドとコルネがど~しても食べたいから、近々リベンジしますからねっ!!

続きましては京都市役所の裏手にある「BRED☆ROOM」のパン↓
<クリームパン¥147>
s-P5112660.jpg

s-P5112665.jpg

見た感じ素朴な感じの外見なのであまり期待せずに食べたら、これがウマかったぁ~っ顔
断面を見てもらうと解ると思いますが、このバニラビーンズたっぷりのカスタードがウマウマだったのサにこり

<フランボワーズ&アップル¥198>
s-P5112661.jpg

s-P5112663.jpg

フランボワーズにアップル、どちらも好きなんでねぇ、美味しいに決まってるんですっ!!

続いて「汎洛」のパン
以前に紹介したパンを結構リピッてしまったので今回は初めて買ったパンのみのご紹介↓
<ラタトゥーユ¥値段失念>
s-P5112668.jpg

s-P5112669.jpg

ラタトゥーユ、ベーコン、チーズがのったピザっぽい惣菜パンです。
トースターで焼き戻して食べました。
チーズがトロ~ンとなって野菜の甘味と旨味がしっかり出てるラタトゥーユと混じるとピザみたいでおしし~ハート
また、汎洛の 溶岩窯独特のフカッモチッ食感生地 のパンがウマいんだわさっ!!

続いては大好きな「Flip up!」のパン。
最近、土曜日は どの時間帯に行っても品薄なことが多い ので今回は前もってTELして取り置きしてもらいましたからっ!!
<マンゴーベーグル¥180>
s-P5242872.jpg

季節限定の「マンゴーベーグル」、去年食べ損なったので・・・、今年こそはっ!!と思い、購入しました。
私は「Flip up!」のベーグルが1番好きなんですが、その好きなベーグルが大好きなマンゴーとコラボしたとなると期待大!!
ああ、相変わらず、ムッチりつやつやのこのフォルムに萌え~jumee☆LoVe4

s-P5242881.jpg

「ご覧の通り、マンゴーがゴロゴロ~ンっアップロードファイル

う~ん、美味しいのは美味しいんだけど・・・、何だろう?チーズベーグルやチョコベーグルほどの感動がないのはないのはなぜなんだろう?
(マンゴーだけだと何だか物足りない気がするわ)

<マンゴークリームチーズ¥150>
s-P5242873.jpg

予約の時に「他にマンゴーを使ったパンはありますか?」と聞くと、このパンがあると言われたので買うことに!!

s-P5242879.jpg



 「今度はクリームチーズとマンゴーが大量ぢゃん~笑う

で、食べてビックリアップロードファイル画像では見えませんが、ベースのパンがソフト生地のクルミパンでクルミがたくさん入ってるんですぅ~。

「ああ、マンゴーとクリームチーズの組み合わせって何でこんなに美味しいのぉ~、しかも所々に入ってるクルミが香ばしくてエエ感じぢゃないのぉ~

どうやらこのパンは以前に この記事で紹介した「くるみパンにクリームチーズにクランベリー」のマンゴーバージョンっぽいです。

解ったぁ~マンゴーベーグルに足りなかったのはクリームチーズに違いないっびっくり
コラボったら絶対に美味しいと思うんだけどなぁ(ココナッツでもありな気がするケド)

<クリームパン¥120>
s-P5252884.jpg

かなり小ぶりでカワイイクリームパンです。

s-P5252885.jpg

断面画像からはクリームが少なく見えるかも知れませんが、両端に大量に入ってて、このクリームがまた美味しいheart0

続いて、「パリ・オランジュ」に行く時についでに買いに行った「ブーランジェリーイエナ」のパン
せっかく大阪に行って売り切れはツライのでこちらも予約して買いました。
<クリームパン¥110>
イリエ

「イエナと言えば・・・、クリームパンとバゲッド!!」

と思い浮かぶくらい有名だし、あの「イルギオットーネ」の笹島シェフも「最愛のパンはイエナのクリームパン」とあげているこの店のクリームパンをクリームパン好きのT君にど~しても食べさせてあげたかったのです!!

イリエ2

ここのクリームパンはご覧の通り、クリームがたっぷりなのでトングじゃなくフライ返しみたいな専用のヘラで取るんですよ~。
生地は薄皮でフワフワ、クリームが主体と言っても過言ではないこのクリームパン、

バニラビーンズたぁ~っぷりで、とろとろした食感のクリームがおいすぃ~

クリームメインなんですが・・・、甘過ぎず、重すぎず、とても美味しく頂けます。

<プリンパイ¥110>
イリエ3

事前調査でこれも名物だと解ったので購入しました。
持ち運びに失敗して生クリームがグシャグシャになりましたけどね・・・
イリエ4

パイ生地の上にプリン生地、生クリームをのせ、ナッツがトッピングされてます。
これ、パイ生地が驚くほどザックリしてますっえぇ!!
ほろ苦カラメルは噛むとジュワッと口の横から流れ落ちそうほどの柔らかソースタイプで、プリン生地の甘さのバランスも絶妙でうっまぁ~い

そして、最後は「hohoemi」のパン。
またまた気の利く営業君が買ってきてくれたのサ
しかも、私ったら欲しいパン(大好きなバナナキャラメルチーズサンド(右下)とフロマージュ(右上))までリクエストしたしぷぷウフフ

hohoemi


これだけリクエスト外のもので・・・<シトロン>
hoho2


パウンドケーキのトップにレモンピールとレモン風味のアイシングがコーティングされています。
バターたっぷりのしっとりケーキにレモンの爽やかな酸味がしてとても美味しゅうございましたぁあああ笑う

それにしても、最近、クリームパン購入率が高いのは気のせいぢゃありませんからっ!!
(クリームパン評論家になれそうなくらいの勢い!?)
スポンサーサイト
テーマ:パン
ジャンル:グルメ
生パスタの美味しいお店「オステリア・ヴェント」&「グルニエ」改装情報
2008年05月23日 (金) | 編集 |
つい先日この記事でうまうまディナーを堪能したkayomaruさんに、「大阪に出るのがちょっと不便になった・・・と、グチったら

「私が京都まで行ってあげるよ~絵文字名を入力してください 

と、言ってお天気の悪い中、遠路はるばる京都まで来てくれましたぁ~~~
(ありがとう~は-とkayomaruさんっ!!)

で、行ってきたのはこのお店っ↓
s-P5102630.jpg


「オステリア・ヴェントぉおおおお~っ」

2007年6月オープンしたこのお店、オーナーシェフの山田さんは、32歳とまだお若いです。
京都の老舗イタリアンレストラン「フクムラ」で修業されたとかで、パスタはすべて自家製麺の生パスタで、そのパスタの美味しさが評判を呼んでるそうです。

お店はまだ新しいのですっきりと落ち着いた感じで、ホールは奥様が担当されているのですが、カワイらしくとても感じのいい奥様です。

ランチはコースが3種類とアラカルトがオーダーできます。
ランチコースは

A・・・パスタ・パン・エスプレッソ¥ 1050
B・・・前菜・パスタ・パン・エスプレッソ ¥1470
C・・・前菜・パスタ・パン・デザート・エスプレッソ ¥1680


とあり、パスタのみ4種類くらいから選択ができます。
事前調査の段階ではBかCのコースにアラカルトのメインを1品頼んで、分け分けしようと思ってたんですが・・・、丁度その日に選択できるパスタが今イチ好みではなかったのと、アラカルトのパスタがこのように魅力的なラインナップだった為↓
s-P5102589.jpg


急遽、予定をアラカルトに変更~♪♪♪

<4種のチーズが入ったムース¥840>
s-P5102594.jpg

s-P5102598.jpg


4種のチーズはゴルゴンゾーラ、ブルー、マスカルポーネ、パルミジャーノだそうです。
4種類のチーズがケンカすることなく、うまい具合に混ざりあって濃厚テイストを産み出してバリうっまぁ~~~loveでしたぁ。

以下から1人前を2人分に分けてサーブしてもらいました↓
<ウニのトマトクリームソース バジルの香り¥1890>
s-P5102600.jpg

s-P5102603.jpg


<ポルチーニ茸のクリームソース パッパルデッレ¥1570>
s-P5102606.jpg

s-P5102611.jpg


評判通り、生パスタはモチモチッでソースと、絶妙に絡んでうっまぁああああ~ですぅアップロードファイル

ウニもポルチーニも基本、濃厚風味を醸し出す食材なんですけど、ベースがトマトとクリームと全く別ジャンルで濃厚さが違うので、濃厚味が連ちゃんでも問題ナッスィングゥっ~


メインは<和牛ホホ肉の赤ワイン煮込み ゴルゴンゾーラソース¥2500>
s-P5102615.jpg

お約束の勝手にミルフィーユ仕立て↓
(4種のチーズムースをこれまた勝手にトッピングぅ~)
s-P5102629.jpg

ホホ肉はナイフを入れなくてもいいくらい柔らかく、口の中でトロロンと溶けてゆきました。
美味しかったんですが、ゴルゴンゾーラソースのゴルゴンの風味がほとんど解らなかったです・・・。

生パスタがバリウマ最高だったのでまた行くぞ~走る1

<お店の紹介>
「オステリア・ヴェント」
住所:京都市下京区寺町通り松原下る植松町717 幸兵ビル 1F
TEL:075-352-5501
ランチ11:00~14:00
ディナー17:30~21:00(L..O.)
定休日:火曜日



さてさてその後は「汎洛」でパンクロワッサンフランスパンを買い、私と同じくスイーツjumee☆LoVe4のkayomaruさんが「グルニエ」でケーキアップロードファイルをお取り置きしていたので取りに行くと、その日は雨だったせいか、いつも並んでるイートインのお待ちが1組しかいなかったので、イートインすることに!!

<プティ・ポ・オ・フロマージュ¥440(イートイン価格)テイクアウトは多分¥490>s-P5102639.jpg

ホワイトチョコとフランボワーズのフロマージュなんだってさ。

真ん中が手書き風ハートにくり抜かれたホワイトチョコレートの蓋を外すと・・・↓↓↓
s-P5102640.jpg

フランボワーズのソースがたっぷりとかかったクリームチーズ風味のクレームブリュレが登場~v(≧∇≦)v いえぇぇぇぇいっ♪

で、蓋になっているホワイトチョコレートの裏にこんな感じで黒胡椒がくっつけられているんです
s-P5102647.jpg


それをこんな風に砕いて食べるんだとか↓↓↓
s-P5102649.jpg


スプーンですくうと、ブリュレはトロットロぉ~~~っ笑う
s-P5102654.jpg


ブリュレのお味の方は濃厚でクリーミー、クリームチーズの風味はさほどきつくなく、甘さの中にほんのり爽やかな酸味を感じます。
その上のかかっているにフランボワーズソースのキュンとした甘酸っぱさ、砕いたホワイトチョコの甘味、黒胡椒のピリッとスパイシーな風味が味を引き締めていて、それぞれが絶妙にマッチングーグッ

さすが、西原シェフ、よく考えられてますね~

でもやっぱり粉もん好きとしては・・・、やっぱ西原シェフのタルトが好きだからぁ~~~ハート

ところで、グルニエは7/10(金)にリニューアルオープン(予定)に向け、以下の日程↓で改装工事が始まるそうなので、遠方から来られる方は営業日にはご注意を~

5/28(水)~5/30(金)は休業

5/31(土)~6/24(火)まで現店舗をリニューアル工事
※その間、冨美家北ビル2F(現店舗より北に50メートル)でテイクアウトとイートインは可能

6/25(水)~7/9(木)は夏期休業

7/10(金)リニューアルオープン予定


リニューアルに伴い、現店舗はテイクアウト専門店になり、冨美家ビル2Fがサロン・ド・テ(イートイン)になるみたいですよウインク-2

今までちょっと落ち着かなかったイートインがのんびりできるようになるのはいいことですね~。

テーマ:美味しかった♪
ジャンル:グルメ
久々にケーキ!ケーキ!!ケーキ!!!
2008年05月22日 (木) | 編集 |
またまた画像が溜まりまくってきたぞ・・・苦笑ってことで、最近、食べたケーキを簡単ながらずずずぃ~っとご紹介しときますねぇ♪

まずは、この間、この記事で「シトロンサレ」のスイーツを買ってきてくれた気の利く営業君が、会社から初めてもらった報奨金のお裾分けということでまたまた買ってきてくれたのは
「京洋菓子司 ジュヴァンセル」 のケーキです↓

s-P5142730.jpg

<さがの路>
s-P5142752.jpg

こちら、ご存知の方も多いと思うんですが、この店の人気商品であるケーキなんですが・・・、私、抹茶テイストがそんなに好きではない怖いので、買おうという気になれなくて存在は知っていたものの食べる機会もなく、遅らばせながらの初実食です。

こちらは、チーズケーキでよもぎ餅をサンドし抹茶餅で包んだケーキです

これはねぇ、私の抹茶フレイバーのケーキの先入観を覆してくれる味で、なかなかイケてたんですよグー
抹茶抹茶してなくて、ほんのり抹茶が香りモチモチ食感のするチーズケーキチーズケーキって感じ。
外側の抹茶餅が食べる時にビヨヨ~ンって伸びてフォークが入りにくいという難点はあるものの甘過ぎずお上品でアッサリテイストなので甘い物が苦手な方や年配の方にも喜ばれそうな感じです。

続きましては→→→梅田大丸の 「FOX」 で買ったケーキです。
レシートを紛失したので値段とケーキ名前が曖昧でございますがお許しを・・・ハムハムヒクヒク
s-P5182820.jpg

<バナナキャラメル>
s-P5182827.jpg

ちょっと前にグルニエのバナナバナナ2のタルトを食べたんですが(持ち運びに失敗してひっくり返した為、画像のアップはないです)それがものすご~く美味しくて私好みハートだったので、それと比べてしまうと、バナナの酸味が足りないのと、思ったほどキャラメル風味が効いてなかったので、私的にはちょっと微妙な感じでした。

<パッション何とか>
s-P5182822.jpg

パッションとフランボワーズのムースとスポンジからなるケーキです。
キュンとなるくらいの酸味&酸味のコラボなので、めっちゃ好きな味でこれは大当たりでした♪♪♪
パッションの種のプチプチ感も絶妙でウマウマぁ~笑う

トッピングされてるマカロンにもこんな感じでちゃんとクリームが入っていて↓パッション味がしっかりして甘酸っぱくてうまかったぁ~
s-P5182831.jpg


で、最後は伊勢丹の催事に来てた滋賀のケーキ屋「W.Bolero(ドゥブルベ・ボレロ)」のケーキ達です。
(気に入ったから2回も買いに行きましたから!!)
s-P5142735.jpg


<ガトーフレーズ¥378>
s-P5142743.jpg

スペイン産のビターアーモンドがブレンドされているドイツの製菓材料メーカーのマジパンを使用してるアーモンド風味のスポンジに、苺のバタークリームと木イチゴのジャムをサンドしたケーキです。
センガセンガナ種のフリーズドライ苺を使用していて、バターやアーモンドに負けない濃縮されたイチゴの風味を楽しめる1品なんだとか。

これ、見た目もめっちゃカワイイんですが、食べてもキュンと甘酸っぱくてめっちゃ美味しかったですぅ~アップロードファイル
バタークリームなんだけど、苺風味なのでクドさがないし、スポンジからはアーモンドの芳ばしい風味がしっかり出ててウマウマでしたぁ手書き風ハート

<マール¥399>
s-P5142750.jpg

土台はカシスの果実入りタルト、その上にホワイトチョコlババロア入りで色鮮やかなカシスのムースがのっています。
マール酒(ワイン用ブドウの絞りかすが原料のブランデー)を使っていることから、この名前がついてるそうです。

これもねぇモロ私好みでしたぁは-と

カシスの甘酸っぱさとコクがしっかり出てるし、タルトもサックリと芳ばしくて、食べてると自然に笑みにこりがこぼれてしまうくらい私のストライクゾーンど真中のケーキでございましたぁ。

<マカロン¥189>
s-P5152759.jpg

ここのマカロンは、要冷蔵品で3日ほど日持ちがします。
大きさはかなり大きめ~で、生地はザックリと乾燥気味系です。

<キャラメルサレ>
s-P5152760.jpg

塩味のキャラメルとコーヒー風味のクリームをサンドしてあるそうなんですが、キャラメルはやや糸ひくような噛み応えで、味はほろ苦&甘しょっぱいテイストです。
で、私にはコーヒーの風味があんまり解りませんでした・・・あせあせうさ
生地は乾燥気味なんですが、クリームが生チョコのようになめらかに口の温度で溶けていくのでおおっ~アップロードファイルって感じでした。


<フランボワーズ・エ・フィグ>s-P5192859.jpg

ピンクのマカロン生地はフランボワーズ風味。
中にはフランボワーズのクリームとイチジクの果肉がインされてます。
フランボワーズの甘酸っぱさの中からイチジクの甘味とプチプチした食感がにじみ出てきてなかなかおもしろい組み合わせを楽しめました。

<アイアンシュッケ¥336>
s-P5172768.jpg


これは「とんねるずのみなさんのおかげでした」の食わず嫌い王決定戦で大杉漣さんのお土産として紹介したケーキなんだそうです。
「アンアンシュッケ」とはドイツ東部ドレスデンの地方菓子でドイツ語で“まだら馬”という意味があるそうです。
構成としてはそぼろ状のクッキー→バターとカスタードクリームの生地→レーズン入りクリームチーズ主体の生地→クッキー生地という4層仕立てのベイクドチーズケーキです。

とっても濃厚なチーズケーキで、レーズン好きとしてはレーズンが入ってるのがうれし~感じルン♪
美味しかったんですけどね・・・、クッキー生地部分がサックリじゃなくて、ちょっとモッサリって感じだったので、口の中の水分を持ってかれるような感じがしたのが、私にはちょっと気になっちゃったかなぁ・・・汗・2

<フランボワジエ ¥483>
s-P5172765.jpg

ショーケースの中で発見した瞬間、

「うわっ、あのイスパハンストラップと並べて撮りたいっ!!」

と思ってしまい、ジャケ買いしちゃいました。
乾燥系なので、断面カットはかなりの悪戦苦闘を強いられてちょっとグシャグシャになっちゃいました↓
s-P5172773.jpg

新製品とかで、フランボワーズのマカロンの中に白ワイン風味?のムースとフレッシュなフランボワーズが入ってます。

このケーキはズバリ!!ジャケ買いなんでね、味がどうのこうのと言うよりこのカワイさが重要だったんです。
でも、フランボワーズがみずみずしくて、ムースとの相性も良くて思ってた以上に美味しかったのでラッキーでしたよ。

で、スイーツアクセサリーつながりということで、5/29日におもちゃメーカーの「タカラトミー」からこんなキットが発売されるらしいんですっ!!

自分で作らないとダメだけど・・・、マカロンが、超・カワイくて気になります!!
Q-pot.のマカロンストラップとかを買うことを考えれば、うまく作れればカワイイのができそうだから買ってみようかなぁ・・・。

でも、問題なのは・・・、私が人一倍不器用ってことっ!!!

どーする、私!?
テーマ:スイーツ
ジャンル:グルメ
京都のバームクーヘンの店「ズーセス ヴェゲトゥス」
2008年05月20日 (火) | 編集 |
私の中で美味しいバームクーヘン絵文字名を入力してくださいと言えば・・・、「クラブハリエ」 「ぴゅあ樹 光」 の2店になるんですが、この2店のバウムは「空気のようなフワッフワ感」「シュワッとした食感で超しっとりぃ~っ」と全く異なるタイプが違うので甲乙つけ難いんですが・・・、
最近、京都にもバームクーヘンを売りにしているお店があるということで行ってきましたのは京都の北区紫竹という所にあるこちらのお店↓↓↓
s-P5182836.jpg

「焼き菓子と野菜惣菜の店 ズーセス ヴェゲトゥスぅうう~」

舌噛みそうだし、横文字が大の苦手である私には絶対覚えられそうにない名前なんですが・・・、ドイツ語で「美味しい野菜」という意味があるそうなんです。

2007年8月にオープンしたというこのお店、最近、雑誌やネットで取り上げられているのをよく目にするんですが、店舗は町屋を改装してあり、入り口からうなぎの寝床のようになっている細長い通路を通り抜けると売り場に到着します。
天井がとても高く、奥には坪庭もあり、とってもおしゃれな雰囲気です。

オーナー兼作り手である森さんは薬剤師とドイツ菓子マイスターという、ちょっと風変わりな肩書きを持ってはるんだとか。

さてさて今回、買ったのはこの3品です↓
s-P5182838.jpg


<バームクーヘン(プレーン)¥450>
s-P5182844.jpg

s-P5182847.jpg

この店のバームクーヘンは、量り売りになり、一番小さいのが約100gで450円(税込み)になります。
フレイバーは「プレーン」と「抹茶」の2味が基本で、私が行った時は「ココス」というココナッツ味のものがありました(3月~4月の期間限定商品が好評により継続されてるらしいです)

この丸い焼き印の模様が何だかとってもキュートですねウインク-2
ドイツ菓子マイスターという称号を持っているので、本場ドイツのバームクヘーンを忠実に再現してるとかで、材料も吟味し、添加物も使用してないんだとか。

基本材料は ”卵、粗製糖、バター、浮き粉、中力粉(南部小麦)、蜂蜜マジパン(アーモンドと砂糖をすり潰し合わせたペースト)生クリーム、キルシュヴァッサー、レモン、塩、ヴァニラ” を使用してるそうです。

食べてビックリえぇ

「おおっ~、これはまた新しいタイプのバームクーヘンぢゃん

って感じ。
層の断面を見てもらえば解ると思いますが、生地はしまっているんですが、とってもしっとりとしてるんです!!
蜂蜜と粗製糖が素朴で優しい甘さを生み出し、卵の風味とマジパンがコクを出し、とてもリッチなテイストに仕上がってる感じグッ
口の中で生地が溶けていく瞬間に、様々な風味が広がっていくのでなかなかの味わい深さに驚かされます。

日を置くとしっとり感が倍増するとかで、1日後に食べると生地が馴染んで、更にしっとりウマウマハートになってました。

<ココスの端っこ¥130>
s-P5202860.jpg

s-P5202861.jpg

こちらはバームクーヘンの端っこです。
バームクーヘンの端っこって1つのバウムから2つしか取れないので貴重ですよね。
私が行った時、この端っこがラッキーなことに3種類ともあったんですが、ココナッツが好き手書き風ハートなのでココスを買い、期待に胸を膨らまして食べてみると

「えっ、何?ココナッツというよりだいぶとジンジャーの味がするんですけどぉ・・ムム…

プレーンの生地の材料の他に生姜の絞り汁と繊維、ココナッツリキュールとココナッツの砕片、レモン(果汁と皮)が加わっているらしいんですが、確かにココナッツの食感はするんですが、生姜の味が勝ってしまっていてかなりスパイシーな感じのバウムクーヘンになっています。

何だか薬膳チックな味で、う~ん・・・私、ジンジャーがあまり好きではないし、爽やかなココナッツ風味をイメージして食べたのであまりのギャップに驚いたせいもあってこのフレイバーは微妙でした・・・うーん

<クグロフ(1/4サイズ¥130)>
s-P5182840.jpg

s-P5182841.jpg


前日焼き上げのものがディスカウントで売られていたので、レーズン好きとしては見過ごすことができず思わず購入してしまいました。
中にはラムレーズンが入り、てっぺんには大粒のアーモンドと粗糖がトッピングぅ~されてます。
買った時にお店の人に

「食べる際に、オーブントースターで少し温めて頂くと、一層おいしく召し上がれますよ~」
というアドバイスをもらったので、その通りにして食べました。

焼き戻すように薦められたので、バターのジュワッと感と生地のフンワリ感を想像してたんですが・・・、バターと甘みがかなり抑えられてるタイプだったんですよねぇ・・・、螯rヲW、J、O
小麦の風味と香りは充分に味わえるので、ヘルシーさを追究するのであれば、完成度は高い絵文字名を入力してくださいと思うんですが、私的にはジュシーなクグロフの方が好みなんで・・・、ラムレーズンの豊かな風味とアーモンドの芳ばしさがグーグーだっただけにちょっと残念な感じでした。
(人それぞれ好みがあるんで、このタイプが好きな人もいると思いますよ)

この店には以上の商品の他にも野菜のキッシュや、果物のタルト、プリンや、デリも売られています↓
s-P5182837.jpg


後で解ったんですが、バームクーヘンは抹茶フレイバーが1番しっとりしてる らしいんです。
私、抹茶味はあんまり得意ではないんですが・・・、しっとり感がかなり気になるのでまた行かなくては!!

<お店の紹介>
「焼き菓子と野菜惣菜の店 ズーセス ヴェゲトゥス」

住所:京都市北区紫竹下竹殿町16
TEL:075-634-5908
営業時間:11:00~19:00  
定休日:水・木曜
テーマ:スイーツ
ジャンル:グルメ
バラのティールーム「ラビアンローズ」本日、バラが満開でしたぁ♪
2008年05月18日 (日) | 編集 |
つい先日、この記事で紹介しました期間限定オープンのバラのティールーム「ラビアンローズローズ 」ですが、「今日あたり満開ちゃうかなぁ・・・?」と思い、外出する際に店の前を通ってもらったら、満開でめっちゃ綺麗だったので外から激写kissDNってきましたぁ~↓↓↓

s-P5182833.jpg

s-P5182835.jpg

s-P5182832.jpg

s-P5182834.jpg

お店の場所の問い合わせがあったので、行き方を説明しときますね~ニコッ♪

京福電車嵐山線の「嵯峨駅」で下車してもらい、駅南側に下っていくこと20秒ほどすると目の前に100円パーキングが現れ、道がY字路になっていますので、左側に進んでもらえばすぐ、バラが咲き乱れているこの一軒家が現れます~。
(※正確な番地までは解らないのですが、住所は京都市右京区嵯峨天龍寺今堀町になります。)


今週末がピークだと思いますので、気になる方は行ってみてくださぁ~い!!

テーマ:おこしやす!京都
ジャンル:地域情報
「SPEAK EASY」でモ~ニングゥッ
2008年05月15日 (木) | 編集 |
ある休日の朝、早起きをしてやってきたのは、左京区の叡山電鉄「修学院」駅の近くにあるこのお店↓
s-P4292377.jpg

「SPEAK EASY(スピーク イージー)~~~っ」

1987年のオープン以来、古き良きアメリカを感じさせるアメリカンスタイルのコーヒーショップとして京都在住の外国人に長年愛されてきたというこのお店、店内にあるTVモニターでは衛星放送のアメリカのテレビが常時放映され、BGMはアメリカンミュージックとアメリカンな雰囲気がムンムンです。
(私達が行った日も外人のお客さんが結構いました)

このお店では、本場アメリカさながらのボリューミィーなハンバーガーやサンドイッチも人気なんだそうなんですが、今回はこの店の看板メニューの1つでもある「ブレックファースト」を食べに行ってきました。
(ブレックファーストという名前ではありますが、開店の9:00から閉店の18:00まで食べることができます。

この店のブレックファーストは No1~No6の6種類があります
(リンクのHPのメニューを参考にして下さい)

そして、このブレックファーストでは卵料理は7種<スクランブル、ポーチドエッグ、目玉焼き(片面焼き、両面焼き)etc・・・>、肉料理は3種(ベーコン、ハム、ソーセージ)、トーストは3種と、自分の好みでオーダーし、いろんな組み合わせを楽しむことができるんです。

<コーヒー¥200>
s-P4292361.jpg

コーヒーのお替り自由です。

で、T君は
<No1(2eggs. toast.. )¥300>
s-P4292363.jpg

No1は、卵料理とトーストの組み合わせです。
卵料理はスクランブルエッグ、トーストは全粒粉パンをチョイス

卵料理は、No6以外は2個の卵を使って作っています。
スクランブルエッグはトロトロ~ンッウマソウ

s-P4292367.jpg

この全粒粉のトースト、香ばしくて歯応えが抜群でうっまぁ~い笑う

私はフレンチトーストが食べたかったので
<No3 (2eggs. french toast.. & hash browns.)¥500>
s-P4292365.jpg

No3は、卵料理とハッシュブラウンとフレンチトーストの組み合わせです
s-P4292373.jpg

卵料理は目玉焼きの半熟焼きにしました。
黄身を潰すとトロ~ンッとしてうまそ~ぉおおおおアップロードファイル

s-P4292372.jpg

フレンチトーストは別添えのメイプルシロップをお好みでかけて食べるんですが、このまま食べると、ただの表面に卵塗って焼いただけっぽいトーストで特別ウマイって感じではないんですが・・・、このシロップをかけるとねぇ、不思議なことに美味しさがググ~ンとアップ上するんです。
甘過ぎないシロップなのでた~っぷりかけてもクドくなくてうっまぁ~いんですは-と

で、最終的には2つのメニューをコラぼって楽しむ私達・・・↓s-P4292376.jpg

全粒粉トースト&目玉焼き&ハッシュブラウン

s-P4292374.jpg

全粒粉トースト&スクランブルエッグ&ハッシュブラウン
ハッシュブラウンもサクパリッしててトースとのサクサクコラボがエエ感じぃ~

アメリカの食べ物ってボリュームがメインで味は大味的なイメージがあったんですが・・・苦笑、普通に美味しく頂けて

「特に全粒粉のトーストが、サックサクでか・な・り気に入りましたからぁ~っあ

<お店の紹介>
「SPEAK EASY (スピーク イージー)」
住所:京都市左京区山端川原町7-7
TEL:075-781-2110
営業時間:9:00~18:00(L..O.17:00)
定休日:木曜
期間限定オープンのバラのティールーム「ラビアンローズ」
2008年05月12日 (月) | 編集 |
T君に
「バラローズ2トールローズが咲く時期だけオープンしている喫茶店があるの知ってる?」
と聞かれ、連れて来られたのは、京福電車の「嵯峨駅」から南へ2~3分の閑静な住宅街の中にあるこのお店っ↓
s-P5112702.jpg

s-P5112703.jpg

s-P5112704.jpg

s-P5112692.jpg


s-P5112696.jpg

「ラビアンローズぅううう~」 

ご覧の通り、見た目は一軒家そのものです。
このお店のオーナーがバラ栽培で有名な方なんだそうで、自宅の裏にティールームを作り、バラの咲くこの時期だけオープンさせているみたいです。

手書きの案内板があるだけで大々的な看板があるわけではないので、うっかりすると見過ごしてしまいそうなお店なんですが、乙女心をワシ掴みにするような素敵なお店でしたぁ~

店内入り口にはこんな感じでバラグッズなども販売されています↓
s-P5112687.jpg


s-P5112684.jpg

メニューは飲み物のみで、バラ関連の飲み物(ローズティ、ローズコーヒー)や普通のコーヒーや紅茶アップロードファイルなんかがあります。(普通のお店と比べると、ちょっと割高な感じです)
s-P5112677.jpg

<ブレンドコーヒー¥500>
s-P5112678.jpg

カップとソーサーもバラ模様ローズ

<ローズミルク¥700>
s-P5112679.jpg

私がオーダーしたんですが、ヨーグルト、ミルク、ローズウォーターをブランドし、バラのジャム(底にたまっている赤いもの)を入れた飲み物です。
生のバラの花びらが浮かべてあってキュートでぇ~す。

s-P5112689.jpg


このミルク、飲むと、フワァ~ッとバラの香りが鼻を突き抜け、この香りは好き嫌いが分かれそうなんですが・・・、私は香りとかが好きな人なので全然OKグー!

うまく説明できないんですが、バラのジャムがほんのり甘酸っぱく、ミルクの甘味とヨーグルトの酸味がうまい具合にマッチしてて、お上品な飲むヨーグルトって感じって言えばいいのかなぁ???
このバラのジャムが、意外な感じでとてもおいしくて思わず「欲しいっ!!」と思ってしまいました。

s-P5112694.jpg

s-P5112697.jpg

s-P5112698.jpg


ショップカード的なものがなかったので、「ネットでクグれば情報が出てくるだろう・・・」と思ってタカをくくっていざ調べてみると、趣味的にやってるお店ぽくて詳細情報がほとんど載ってなかったのですが・・・、螯rヲW、J、O、かろうじてお店で聞いた情報を載せておくと、今年のオープン期間は「5月いっぱいは確実に営業している」とのことです!!(木曜が定休)
私が行った時は、まだ満開ではない感じでしたが、今週末~来週くらいにかけて満開になると思われます。
満開になると、更に綺麗だと思うのでバラ好きの方におススメでぇ~すウインク-2

さてさて、以前に この記事でご紹介したこのパンアンパンマンをリベンジで買いましたので、載せておきまぁ~す。

s-P5112671.jpg

今回も右部分がちょっとヤバいですけど、前回の老け顔より全然マシでしょ?
このクリームパン、カワイイだけでなく、顔の端までたっぷりとクリームが入ってるし、美味しいので大のお気に入りです~笑う手書き風ハート
ある日のご飯
2008年05月10日 (土) | 編集 |
ある日のご飯3連発~♪♪♪

<アクアパッツア&きのこベーコンの和風パスタ>s-P5062585.jpg


アクアパッツアは私が担当↓
s-P5062574.jpg

本当はお店で出てくるみたいに小ぶりな1匹鯛を使いたかったんですが・・・考える、行きつけのスーパーにその日に限って置いてなかったので切り身を使用しました。

その他の材料は、鮭、ズッキーニ、エリンギ、玉ねぎ、プチトマト、ブロッコリー、黒オリーブと塩干狩りで採ったアサリ、バカ貝です

私のアクアパッツアはフライパン1つで簡単にできるんです~にこり
まず、オリーブオイルでニンニクを炒め、香りを出し、塩胡椒で下味をつけた魚の表面を軽く焼いて一旦あげます。
その後、そのフライパンで玉ねぎ、ズッキーニ、ブロコッリー、エリンギを炒め、しんなりしてきたら、火をとめ、魚の切り身、貝、オリーブ、プチトマトを入れ、魚がひたるくらいに水を入れ、タイム、白ワイン大さじ1を入れ火を入れ、アクを取りながら煮詰めます。
アサリが開き、煮汁が減り、トロみがついたら味をみて、お好みで塩胡椒をふり、最後に香りづけにオリーブオイルと乾燥バジルをふりかればできあがり~↓

s-P5062587.jpg

鯛と貝からいいおダシが出るので、簡単なのに超ウマウマは-とです!!
このスープでリゾットとか作ったらヤバイですよぉぷぷ

パスタはT君担当~
s-P5062578.jpg


s-P5062586.jpg

アクアパッツア作りと並行で作られてたから・・・、気がついたらできてましたぁ~驚く
和風なので醤油ベースの味です。
今回もお上手にできてて、なんかちょっと悔しいぞぉ(=`(∞)´=) ブーブー!!

<梅鮭ご飯&アサリの酒蒸し>
s-P5052566.jpg

この日のご飯はT君がメインで私はまたまたお味噌汁しか作らせてもらえずムム…
牛肉のタタキは買ってきました。

炊飯器で炊くのかと思いきや、鍋で炊きます↓
s-P5052562.jpg

しかも、甘塩鮭と梅干しを入れるだけでおダシも調味料といった味付けはなしです

s-P5052565.jpg

炊けたら、鮭の身と梅干しをほぐしてできあがり~

s-P5052573.jpg

ちなみにお家では何回もお代わりするのがめんどくさいから「まんが日本昔話盛りごはんで頂かはります。

梅干しと鮭が意外なくらいに合って、うっまぁ~いポッです。
アッサリしてるのでいくらでも食べれそうなんですウマソウ

s-P5052570.jpg

貝から濃厚エキスが出てて、うまかったぁ~手書き風ハート

<カルボナーラ&明太子パスタ&野菜のオリーブオイル焼き&帆立のガーリックパン粉焼き>
s-P4272352.jpg

ようやく、ようやく全部の料理を担当させてもらえたわっ!!

s-P4272356.jpg

s-P4272357.jpg

生クリームが多過ぎたみたいで、ちょっとコッテリになってしまいましたぁ・・・焦る3

s-P4272354.jpg

s-P4272358.jpg

パンフランスパン「ブーランジェリータカギ」で買ったオリーブのパンとコルゴンゾーラのパン
オリーブがゴロゴロ入ってて、めっちゃ美味しくてグーオリーブパンなら「タケウチ!!」という、私の中の常識を軽く覆してくれました。

私も和食とか作ってみたいんですけどぉ・・・duzuiorz
テーマ:+おうちでごはん+
ジャンル:グルメ
「パリ・オランジュ」でうまうまデートv(≧∇≦)v ♪
2008年05月07日 (水) | 編集 |
最近、大阪ではフレンチの新店オープンが相次いでますよね~。
気になる店はたくさんあるものの引越ししてから、少し大阪が遠くなってしまい、なかなか行くタイミングがないんですよねぇ・・・苦笑

そんな中、久々にこのブログの愛読者である kayomaruさん とディナーデートは-とに行くことになり、行ってきたのは谷町四丁目にあるこのお店↓↓↓
s-P4302454.jpg

「PARIS ORANGE(パリ・オランジュ)ぅううう~」

最近、ブログ等でランチに出てくるココット入りのスープの画像を目にする機会が多いこのお店、昨年の11月にオープンしたお店だそうです。
シェフは見た感じと~ってもお若かったんですが・・・、ルクセンブルクとパリの星付きレストランで修行を積んだというすご腕の持ち主らしいです。

ディナーは、アラカルトとコース料理(¥5250の1種類のみ)が頂けるんですが、今回は¥5250のコース(アミューズ・パン・前菜・魚・肉・デザート・食後の飲み物)を頂きましたぁ。

<新玉ねぎの冷たいスープ>
s-P4302455.jpg

まずは、デミカップに入って出てきたスープ。
スープって飲みたいけど、お腹が膨れると困るので・・・、このくらいの量がアミューズとして出てくるのはなかなか嬉しい感じですね。
新玉ねぎの甘味がギュッと詰まってて冷たいスープは、口当たりが良くてうっまぁ~いですは-と

<パン>
s-P4302457.jpg

ライ麦パンだそうです。
パリパリハード系ではなく、表面がややハードで中身はモチッと柔らかいパンでした。

前菜は何品からか選べるプリフィクススタイルなんですが、この前菜がどれもこれも魅力的なラインナップで非常に悩みました。
(フォアグラを使ったものが3品もあってフォアグラ好き手書き風ハートとしては苦渋の選択を迫られるハメに・・・ムム…

で、kayomaruさんと何が食べたいか相談して、シェアすることにしましたぁ。
<フォアグラのクレームブリュレ>
s-P4302459.jpg

この前菜はよくブログ等で目にするメニューなので、「絶対に食べよう!!」と決めてたんです。

付け合わせとしてビーツのクリーム、ブルーチーズ、プラムの赤ワイン煮、クルミ入りパンが添えられてます。

s-P4302463.jpg

表面をパリパリに焦がして登場したブリュレ、中にフォアグラの形跡でもあるのかとワクワクしながらすくって断面を確認しましたが、見た目はデザートに出てくるクレームブリュレと何ら変わりはございません。

「クルミパンにいろいろつけて楽しんで下さい」と、マダムに言われたんですが、2人でシェアしてるのでクルミパンが1切れしかないから、全然足りないよぉ~。

とりあえず、お約束の全部のせ勝手にミルフィーユ仕立てにして、いっただきまぁ~す↓↓↓
s-P4302468.jpg


「何これっ!?めっちゃうまぁ~~~~いっハート

トロ~ンと口溶けなめらかなブリュレは口に入れると、キャラメルのほろ苦さ&甘さ、フォアグラの濃厚さ、カスタードのコクが絶妙なハーモーニーを奏でて、ウマウマ天国へひっととび~

ブリュレだけでもうまうまなのに、クルミパンのナッツの香ばしさやブルーチーズの濃厚味、プルーンの爽やかな甘味が加わると、また新しいウマウマ味が産みだされ、組み合わせで1度にいろんな味が楽しめるスペシャルな1品なのです!!

あと私、ビーツを初めて食べたんですけど、色鮮やかな赤なので酸味系の風味を想像してたんですが、結構土臭い風味がして私の好みには合いませんでした・・・

残ったフォアグラブリュレは、ライ麦パンにつけて食べましたぁ。

<サーモンのマリネ温玉添え>
s-P4302471.jpg

私達、2人揃って大の卵好きheart0
隣の席に運ばれて来たこの1品に完全に釘付けになり、即座にオーダー決定!!

「低温でじっくり火入れするのでお出しするのに少々お時間を下さい」

とマダムに言われ、フォアグラブリュレをみちみち堪能してると出てきました。

「おおっ~、サーモン分厚いし、トリュフまでのってるじゃ~んアップロードファイル

s-P4302474.jpg

温玉にナイフを入れ、トロ~ンとした黄身と絡めて、いっただきまぁ~す(^¬^)

「おおっ~、これもうめぇ~~~よ笑う

分厚いサーモンに絶妙な感じで火が入っていて、脂の乗ったサーモンと、まったりした黄身のコクが絡みあってウマウマなのです。

<鯛のポワレえんどう豆と玉葱のソース>
s-P4302475.jpg

魚料理は選択できず、その日の魚料理が自動的にサーブされます。
この日は鯛のポワレで、空豆とじゃがいものニョッキを散りばめ、緑色がえんどう豆、白色が玉葱のソースです。

お約束なので、勝手にミルフィーユ魚編もやっておきましたっ↓
s-P4302479.jpg


これも相当おいしかったんですよ~~~グー

ちょっと前のブログで、”タラのポワレ春菊のソース”を目にしてたのと、お魚料理の評判が微妙だったりしたので、出てくるまでドキドキだったんですが(春菊が嫌い)、魚も鯛で皮目はパリッと身はフンワリしてて、泡々仕立てのソースが、それぞれに素材の味がしながらクリーミーな濃い味で私好みの味でしたぁルン♪

<鹿児島産もち豚のココット焼き>
s-P4302483.jpg


肉料理は選択できるんですが、2人前で作られているので2人で1品のみの選択になります。
肉の種類は鴨、豚、鶏、羊があり、一番人気は鴨のココット焼きなんだそうなんですが、kayomaruさんが鴨があまり得意ではないうことだったので豚肉のココット焼きにしました。

ココット焼きと言うのでココットルクに入って登場すると思いきや、各自のお皿に取り分けてサーブされます。

実はこのお店の売りの1つが、肉料理の火入れ なんだそうで、パリの3つ星レストランが始めたオーブンを一切使わず、弱火で時間をかけてじっくり肉に火入れる調理法を徹底しているんだそうです。

食べてなるほど 驚くびっくり  確かに、何とも言えない絶妙な火入れ具合で

「うっまぁああああ~い笑う

噛むと柔らかいんですが、ちゃんとお肉の弾力もあり、肉の脂がジュワ~ッと出てきてめっちゃジューシー。
しみじみと「お肉が美味しい!!」と、実感できるんです。


付け合せの野菜もそれぞれの野菜の風味がきちんと残っていて仕事の丁寧さが伺えます。

いやはや、ウワサには聞いてましたが、この絶妙の火入れ技は拍手もんです拍手

デザートも選択可能です。
本当はモワールショコラ(フォンダンショコラ)が食べたかったんですが・・・、売り切れだったので大泣き、2人揃ってこれにしました↓
<ピスタチオのクレームブリュレとチャイアイス>
s-P4302488.jpg


s-P4302491.jpg

「これ、めっちゃナッツの風味効いてて好きな味ぃ~~~きゃー

これまた2人揃ってナッツjumee☆LoVe4なので、ナッツの香ばしさのするこのブリュレに確実にハートをワシ掴まれちゃいましたからっ

s-P4302494.jpg

チャイアイスは刻みナッツがトッピングされてて、これまたうれしい感じ。
でも、シナモンがちょっとキツ過ぎたかな・・・絵文字名を入力してください

<コーヒー>
s-P4302496.jpg

〆はコーヒーで。

久々の力説レポだったので、読んで解って頂けたと思いますが・・・、この店は私好みで大当たりでした!!

行く前に調べた「食べログ」で賛否両論な意見があったので「どうなんだろう・・・?」と不安もあったんですが、私の好みにはズバリはまったので行ってよかったです。
マダムの丁寧な接客にも好感がもてたし(予約の電話を入れた時からかなり感じはよかった)、お店の雰囲気もよかったし、お料理も美味しかったしここには、絶対にまた行きたいですぅ~。

あっ、そういえば、この日はウワサで聞いてた英語しかしゃべれないというサービスの外人さんがいなかったんですけど、たまたま休みだったのかなぁ・・・?
英語は大嫌いなのでしゃべりかけられると困るんだけど、見てみたかったなぁ・・・汗・2

<お店の紹介>
「PARIS ORANGE(パリ・オランジュ)」
住所:大阪市中央区谷町3-2-15 松本ビル1F
    (地下鉄谷町線「谷町4丁目」駅下車 2番出口よりすぐ)
電話番号: 06-4793-0266
営業時間: ランチ11:30~14:00
       ディナー17:30~21:30
定休日: 月曜
テーマ:フランス料理
ジャンル:グルメ
潮干狩り&ブイヤベースを作りましたぁ♪
2008年05月04日 (日) | 編集 |
バスツアーで三重県津市にある 「御殿場浜」に潮干狩りに行ってきましたぁ~。

新名神ができたので、G.W.さなかではありますが、渋滞にもほとんど巻き込まれることなく、お子様向けに流されてた「ドラエもん」のビデオに見入ってたらアッという間に現地に到着~(京都から2時間ほど)

この御殿場浜、入海料は無料なんだそうで、潮干狩りをすること自体には料金はかかりません。

駐車場代と、海の家を使用した場合は使用料(コースにより¥500/人~)がかかりますが、割とお手軽な料金で潮干狩りを楽しむことができるせいもあってか?家族連れでかなり賑わってましたよぉ~っ。
この日の満ち潮が10時25分で、私達が潮干狩りを開始したのが11時前。
既に潮が満ちてきてたので時間と闘いながら、貝採りを開始~絵文字名を入力してください

s-P5032541.jpg

ここでは「バカ貝」ってのがメインで採れるみたいで熊手でホジホジしなくても、目で見えるくらいゴロゴロしてましたぁ。
アサリはねぇ、採れるみたいなんですけど、この時間帯になるとそんなにたくさんはなかったですね汗・2
他にはアオヤギ貝、しおふき貝、マテ貝という貝なんかが採れるみたいです。

日焼けが気になったのと、みるみる水位が上ってきてビシャビシャになりそうだったので、貝を採る時間は1時間くらい設定されたんですが、30分くらい楽しんでサッサと退去~
(朝1から来てるらしきジモティの人達は大きなバケツいっぱいにアサリだのアオヤギだの採ってはりました)
今回の私の戦利貝はこちらっ↓↓↓
s-P5032545.jpg

アサリはあんまり採れなかったんですが・・・、お土産でアサリがもらえて、もらえることを知らなかったので何だか得した気分アップロードファイル
s-P5032551.jpg


帰りも渋滞に巻き込まれず、18時過ぎには京都に帰ってこれたのですが、ツアーのお決まりともいえるSAでの買い食いのせいでお腹がそんなに減ってなかったので、お土産でもらったアサリを砂抜きをして軽い晩ご飯でもしようかと、鯛とイカを買ってきて、ズッキーニ、アスパラ、玉ねぎ、人参、かぼちゃ等の野菜も入れてブイヤベースを作ってみました(今回は私が担当させてもらえました)
s-P5032546.jpg

バケッドフランスパンは谷六のブーランジェリーイエナのものです(この間買ってきて、冷凍しておいたもの)

s-P5032548.jpg


「おおっ~、我ながらめっちゃうまくできたぁ~~~~っ笑う

魚介からエエ感じでエキスが出て、野菜からは甘味が出てお店で出てきそうなくらいのうまうまブイヤベースができてしまったのです!!
T君はブイヤベースを初めて食したらしく

「これはウマイねぇ~、気に入ったわぁ~は-と

と、喜んで食べてくれましたv(≧∇≦)v いえぇぇぇぇいっ♪

また、イエナのバケットがねぇ、外側がパリッと香ばしくて、スープにつけて食べるとバリうまだったんですよ~。
今まで「バケットはタケウチのが1番!!」と思ってたんですが、これはなかなかいい勝負な感じで、新たな発見でした。

この冬、何度となく「ブイヤベースが食べたい・・・ウマソウ」と思いながら、食べる機会に恵まれなかったんですが、わざわざお店に食べに行かなくても、うまうまブイヤベースが自分でも作れることを発見してしまいましたとさ。

「さて、残ってる貝達で次はあの料理に挑戦してみよう!!」

と、料理心に火がついてしまったjunjunでございまぁ~すルン♪
テーマ:+おうちでごはん+
ジャンル:グルメ
カメメロンパン対決っ!?
2008年05月03日 (土) | 編集 |
ちょっと前だったか?だいぶ前だったか?の「Hanakoのパン特集」で紹介されてて、クリームパンと同じくらいメロンパン好きのT君を釘付けにしたこのパンっ↓
s-P3011627.jpg


チャイで有名な「カンテグランテ」のベーカリー店「パン・カンテ」の人気商品の

「トータス松本~~~~っ(¥200)」

ウルフルズのトータス松本さんがメジャーデビュー前に「カンテグランテ」でバイトしてたことは有名な話ですよね。
詳しいことは解りませんが・・・、「トータス」には「陸亀」という意味があるらしくて、多分、そっからこのネーミングがきてるんでしょうね。
(このパンをトータスさんが好きなのかどうかは解りません・・・orz

実は前回夕方に買いに行ったら売り切れててなかったので、「今回は確実にゲットを!!」と思ったので今回は開店(11:00)同時に買いに行きました(必死やんっ)

で、苦労してゲットしたこのパンのこのカワイさにT君はメロメロでわほー

「わぁ、これに首輪つけて歩きたいわぁ~、今晩、抱いて寝ようかなぁ・・・、ああ、食べるのもったいなぁ~い焦る

と、テンション上り気味で絵文字名を入力してくださいだいぶとブツブツ言いながら嬉しそうに眺めてて結局、買った日には食べずじまい(おいおい、食べようよっ!!)
翌日もまだブツブツ言うてるT君をなんとかたしなめて、いよいよ実食~

トップのクッキー生地部分は見てお解りのようにザラメ感の残っててカリッジャリッとした食感です。
パン生地自体は四葉バターがしっかりきいたブリオッシュタイプで、シュワッとした口解けの軽い食感で

「ウマァ~~~っはーと

私、メロンが好きじゃないんで、メロンパンもそんなに好きではないのですが・・・、このメロンパンはなかなか美味しかったですよ~グッ

で、この間、大丸京都店の地下をブラブラしてる時にまたまたこんなメロンパンを発見しちゃいましたぁ~

s-P4272347.jpg

「リーガロイヤルホテル グルメブティックメリッサのカメロンパーン(¥189)」

人気NO1商品と書いてありました。
しかも、「トータス」と違って目まで書いてあって見た目がキュートはーと2こ2こじゃないですかぁ~

「これは買ってT君に見せてあげないとっ!!」と思い、お買い上げ。
これを見たT君は、

「ウワッ、何これ?目書いてあってカワイイやんかいさっえぇ

ウフフ・・・予想通りのナイスリアクショーングー!

前回と同様、こちらも買った日には食べずに

「ああ、どっから食べよう・・・泣き顔

と悩みに悩んだあげく、足から食してましたぁ・・・苦笑い

こちらのパンはトップにはザラメもボコボコもなしですが、シュガーコーティングがされていてかなりとカリッとしてます。
で、パン生地は普通にパン生地で、お味の方は可もなく不可もなく、う~ん・・・といった感じ。

この対決雷、見た目のカワイさではメリッサだったんですが、お味はパン・カンテで、トータル的にはパン・カンテの勝利王冠


さてさてネタがたまってるのでついでではございますが・・・、またまた滋賀県に行く用事があり、

「クラブハリエにも寄っておく?」

という、T君の素敵な提案で「守山玻璃絵館」にまたまた 焼き立てバウム を買いに行きました
(本当にこのバウムは、ヤバうまだし、並ばなくても買えるので軽~く虜な私達)

で、今回はこのプリンも購入(値段失念しましたが、多分¥150くらい)
s-P4292379.jpg

s-P4292387.jpg

今時のトロけるプリンではなく、表面に膜がはっててしっかりした固さのある、昔風なプリンです。

ラム酒がほんのり効いてて、お酒は飲めないけど、ラムレーズン好きの私的にはツボにはまるお味
バウム同様、「いい卵使ってるな」と解る卵の濃いがしてこれも美味しかったぁ手書き風ハート

で、ここは生ケーキも売ってて、いつも気になるんですが・・・、常についでに寄って、その後真っ直ぐ帰らないので買えないんですよね・・・。
いつか食べれる日が来るかしら・・・?

さてさて、今月のネイルもご紹介しておきましょ~↓
s-P5012531.jpg


今回のカラーはホワイトベースで先だけ薄いブルーのグラーデーション、それにラメを散らばせ、3Dのお花花(白と黄色と2色のお花で芸が細かいの)にラインストーンを散りばめ、

「ちょっと早めの夏&南国テイストで、超・ラブリ~~~

カワイ過ぎて大のお気に入りなので、完全に守りに入ってしまい、只今、危険を伴いそうな家事類を軽~く放棄中でございます・・・ぷぷウフフ
(ゴム手袋は必須!!←しっかりコーティングされてるので多分、問題はないんですけどね)

う~ん、家事とネイルの共存って、なかなか厳しいですなハムハムヒクヒク(でも、辞められない・・・)
テーマ:パン
ジャンル:グルメ
造幣局の桜見物&ランチ
2008年05月02日 (金) | 編集 |
ワタクシ、只今、G.W.8連休中ですぅ~笑う

休みが終わるとまた忙しくなるからね・・・、この隙にたまりに貯まったネタをアップしとかなくっちゃフンッ2
(文章短めの画像中心で行きますね~←そんなことできるのか・・・苦笑

いつの話やねん・・・って感じですが、T君が

「30ン年間、生きてきて今まで一度も造幣局の桜さくらの通り抜けに行ったことがない」

と言うから行ってきましたぁ~
s-P4202283.jpg

s-P4202279.jpg

s-P4202284.jpg


私、基本、食べ物しか撮らない人なので、食べ物の時とはまるで人が違ったかのようにものすごい速さで「ハイッ、ハイッ、ハイッ終了!!」と、全て一発勝負でシャッターkissDN切りました。

八重桜ってソメイヨシノと違って、色も濃いし、モコモコとボリュームがあって満開だと圧巻の美しさですよね~

この日は桜が満開&日曜日だったので、ものすごい人出で
「桜を観に来たんだか、人を観に来たんだか・・・?」
って感じで、慣れない人混みにT君は軽~く酔って怖いしまってました。

その後、ミナミに移動してこちらのお店でランチタイム~
s-P4202304.jpg

「火鍋楼 朱夏~~~っ」

点心セット¥1000(前菜、肉焼売・海鮮焼売、春巻・胡麻団子、ミニ汁そば、杏仁豆腐・マンゴープリン)と、四川坦々麺セット¥1000(前菜、四川坦々麺、杏仁豆腐・マンゴープリン)をオーダーしてわけわけしながら食べましたぁ~

<前菜:共通メニュー>
s-P4202287.jpg

甘酢テイストの野菜の煮物です。
メニューには前菜って書いてあったんですけど、2口ほどなので付きだしっぽい感じです。

<肉焼売・海鮮焼売:点心セット>
s-P4202292.jpg


s-P4202298.jpg

肉々しくてとってもジューシーな焼売でございました手書き風ハート

<春巻・胡麻団子:点心セット>
s-P4202290.jpg

アンコは嫌いなんですが、胡麻団子は食べれるし好きなのでうれし~ですぷぷ
でも、デザートとして食べたいから、最後に持ってきてくれるとうれしかったんだけどなぁ・・・

<汁そば:点心セット>
s-P4202300.jpg

ミニサイズの汁そばです。
塩ベースで濃い目のスープで、鶏肉とネギがトッピングされてます。
味はものすごく私好みだったんですが・・・、麺がねぇ私好みではありませんでした涙(ツルッとした麺じゃなく、モサッとした食感の麺だった)

<四川坦々麺:坦々麺セット>
s-P4202293.jpg

「おおっ~、濃厚そうでうまそ~ぢゃん!!」

s-P4202295.jpg

あれっ!?胡麻の濃厚さはあるんだけど、味のパンチが足りないような気が・・・
ミニサイズの汁そばと違ってこっちはツルツル麺で、後味がピリリ雷と辛いんだけど、スープに何かひと味足りない感じなんです。

<杏仁豆腐&マンゴープリン:共通メニュー>
s-P4202301.jpg


s-P4202303.jpg

どっちかじゃなく一度に両方食べれるのがうれし~は-とです。
杏仁はプルプルなめらかタイプで、マンゴープリンは私好みの酸味がしっかりきいてる系で

「おぃすぃ~~~~love

お得感からいうと、一度にいろんな味が楽しめるから飲茶セットがお得かな?

<お店の紹介>
「火鍋楼 朱夏」
住所:大阪市中央区心斎橋筋1-4-14 燕京ビルB1F
TEL:06-6261-8111
ランチ:11:30~15:00
ディナー:17:00~23:00
テーマ:Lunch♪
ジャンル:グルメ
ある日の晩ご飯 その②~見事に巻かれたダシ巻き玉子編~
2008年05月01日 (木) | 編集 |
さてさて、私を驚愕させたもう1品とはこちらっ↓↓↓
s-P4292412.jpg

「ダシ巻き玉子ぉ~っポッ

見てください、このきれ~な層をびっくり

玉子3個を使って、こんな見事な手さばきでサラッと作りあげはりましたぁ~拍手 パチパチ
s-P4292399.jpg


s-P4292400.jpg


s-P4292401.jpg


s-P4292403.jpg


s-P4292405.jpg

s-P4292408.jpg


皆さんもご存知の通り、私、大の玉子好き手書き風ハートで、中でもダシ巻きは大・大・大好きうっとり-2なんですが、基本、不器用な人なんで、玉子焼きってなかなか上手に巻けないんですよね・・・苦笑

こんなけ上手に巻きあげたことだけでも軽く尊敬なんですが、このダシ巻き、フワッフワでおダシの利き具合もバッツグン

「ぶらぼぉ~~~っグー!

ちなみにこれも作ってくれました。
<ほうれん草とじゃこのおひたし>
s-P4292434.jpg

和風じゃなくて、鶏がらスープの素で味付けた中華ちっく風なおひたしだったんですが、これもなかなかイケてました。

で、この日、私が作らせてもらえたのはこれ↓と味噌汁のみ汗;
<筍のワカメ煮>
s-P4292433.jpg

準備不足でワカメが乾燥のカットワカメしかなかったので煮込んだら、ワカメがモロモロになってしまいましたが・・・orz、私の実家のある所が筍の産地で、この時期は道端に1盛り¥500とかで朝堀り筍が売ってるんです。
その新鮮な筍を使って作ったので、

「これまた、我ながらうまくできたのさ~うふ

ウワサによると、まだ何品か得意料理があるんだとかで、う~ん、それにしてもこのままでは私の立場が危うい気がするのは気のせいだといいんだけど・・・。
(負けるもんかっ!!)
テーマ:+おうちでごはん+
ジャンル:グルメ
ある日の晩ご飯 その①~激ウマ紅茶豚~( ̄(∞) ̄) ♪
2008年05月01日 (木) | 編集 |
ある日の晩ご飯をご紹介~絵文字名を入力してください

後方真中にあるお肉料理は「紅茶豚」s-P4292436.jpg


この豚ロースのブロック肉を使ってぇ~
s-P4292389.jpg

誰が作ったかと言いますと・・・、またまたこの人(T君)が作ってくれましたぁ~↓↓↓
(得意料理なんだそうです)
まずは、たこ糸で豚肉をグルグルっとしばってぇ~
s-P4292393.jpg


紅茶と一緒に煮込みまぁ~す。
(豚の脂分を落とすんだってさ)
s-P4292395.jpg

s-P4292396.jpg


で、その後はこの特製タレで煮込みまぁ~す
(チクショー、レシピは教えてくれなかったぞぉ怒り
s-P4292411.jpg

s-P4292415.jpg


で、できあがったお肉をスライスしまぁ~す。
s-P4292425.jpg

s-P4292429.jpg

肉汁ジュワ~ッで、うまそ~だ笑い。LOVE

お皿に並べて、葱をトッピングぅ~グッ
食べる前に煮込んだタレをかけ、お好みでからしをつけて食べるといいそうです。
s-P4292430.jpg

さてさて、お味のほどはいかがなもんでしょう???

「おおっ~、うまいぢゃないかぁああああ~えぇびっくり

お肉はすっごく柔らかくて、噛むと肉汁が口の中いっぱいにジュワ~ッてなるんですけど、全然脂っこくないんです。
私、焼き豚系が好きな人なんで、この紅茶豚はツボにはまりましたよ~~~
(軽く虜になりました)

そして、紅茶豚を使って、紅茶豚丼も作ってくれたのさ(T君作)
紅茶

スライスしたお肉をタレにしばし漬け込み、熱々ご飯の上にのっけて、ネギをトッピングぅ~グッ

そして、私も閃いたので負けずに作ってみたのさっ↓
s-P4292442.jpg

キムチと韓国海苔をトッピングぅ~グッしてビビンバ風にしてみたんですけど・・・

「我ながらうまくできたぁ~あああっアップロードファイル

で、紅茶豚も美味しかったんですけどね、それ以外にもサラッと作って私を驚愕させたアップロードファイル1品があるので、その模様は別記事にてぇ→→→
(殿方にこんなにサラッと料理を作られると、私の立場がないんですがぁ・・・カエルさん(落ち込む)
テーマ:+おうちでごはん+
ジャンル:グルメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。