粉もんスイーツ&パンが大好きな京都の主婦です。このブログでは私が食べた物を中心に紹介していきます♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新生☆彡「サトゥール」でウキウキガッツリ満喫ディナー♪②
2007年11月28日 (水) | 編集 |
続きましてのお肉料理は

サトゥールで私と言えば「フォアグラ!!」ということでぇ・・・

<フォアグラステーキ&フォアグラと牛肉のパイ包み ベリーソース>
20071125195628.jpg


「きゃあああっ~アップロードファイル、いつものことながらフォアグラがめっちゃ分厚くて素敵ぃいいいハート

付け合せはサツマイモのバニラクリーム煮です。
これがねぇ、ほっこり甘くておいしいのよね。

パイ包みにフォアグラが入ってるけど、手前にも分厚いフォアグラステーキがあってWフォアグラで、フォアグラ祭りじゃないのぉ~っ絵文字名を入力してください

ちょっと画像がボヤケちゃったけど、またまたお約束のミルフィーユ断面を作ってみましたっ↓
20071125195644.jpg


大好きなフォアグラは

「まったり濃厚で文句なくウマ~ッうっとり-2

ベリーの甘酸っぱさとフォアグラが合ってるし、サシの入った分厚い牛肉はお口の中でトロけていくし、パイ生地には肉汁が染み込んでてウマ過ぎぃよぉ~love

う~ん、大・大・大満足でお腹いっぱぁ~いグッ

でもでも、私でサトゥールといえばデザート盛り合わせいちごケーキということでぇ↓
<デザート盛り合わせ>
20071125195706.jpg


「きゃあ~、これまた盛り沢山でス・テ・キきたは-と

<アップルパイ>
20071125195732.jpg


パイ生地の上にスライスされたリンゴりんご2がてんこもりでのって焼き上げられていて、トッピングにシナモンシュガーがかかってます。
で、その上にバニラアイスクリームがのってます。

「りんごが甘酸っぱくてシャキシャキでうまぁ~い笑う

20071125195752.jpg


ほんのり温かい状態でサーブされるので、温かいと冷たいが同時に味わえてグーッグッ

<チョコバナナタルト>
20071125195808.jpg


私の大好きなチョコとバナナの組み合わせぇ~ルン♪

「若いバナナバナナ2のしっかりした歯応えと風味がして、めっちゃ好きな味ぃ~」

<オレンジゼリー>
20071125195824.jpg


これはオレンジオレンジベースですが、中にはグレープフルーツが入って、アッサリ、サッパリしててお口直し的存在でした。

画像はありませんが、〆はコーヒー紅茶で。

いつ来ても、私好みのフレンチが食べれるのでやっぱり「サトゥール」は最高でぇええええすheart0

で、美味しい物を食べさせてくれたシェフにお礼の気持ちをこめてちょっとばかし、お店の宣伝をしときますね。

2007年クリスマスメニュー
20071125200815.jpg


リニューアルして高級感が出たのでクリスマスデートにもピッタリでは?

そして、おせち(魚とお肉の2段重¥20000)の予約も始まったそうです。

<魚重>
☆有頭海老の軽いスモーク胡椒風味
☆自家製サーモンマリネ バジル風味
☆活けオマール海老と貝柱のサラダ
☆活けアワビの白ワイン蒸し
☆海の幸のカクテル仕立て
☆自家製燻製の取り合わせ

<肉重>
☆和牛ローストビーフ柚子胡椒風味
☆仏産鴨のロースト赤ワインと蜂蜜のマリネ
☆フォアグラのコンフィ
☆ほろほろ鶏のテリーヌ
☆イベリコ豚のスモークパストラミ仕立て
☆生ハムとリエットのルーロー

(※食材の入荷状況により内容が変更になる場合有)


去年の内容とは若干内容が変わっていますがご参考までに、ちなみに去年のおせちはこんな感じです。

とても美味しかったので興味のある方は一度お試しあれぇ~ウインク-2

<お店の情報>
Satour(サトゥール)
大阪市西区江戸堀2-7-22ガーデンハイツ江戸堀1F
TEL 06-6444-6344
ランチ 12:00~(L.O.14:00)
ディナー 平日 18:00~(L.O.22:00)
     土日祝18:00~(L.O.21:30)
定休日 :月曜



スポンサーサイト
テーマ:美味しかった♪
ジャンル:グルメ
新生☆彡「サトゥール」でウキウキガッツリ満喫ディナー♪①
2007年11月25日 (日) | 編集 |
このブログをご贔屓に愛読して頂いているkayomaruさんとの2回目のディナーデートは-と
改装が終わったこのお店↓

20071125195254.jpg


「新生☆彡サトゥールぅうううう~っ」

「店、綺麗になったぞぉ~!!」

と、シェフからは聞いてたんですが・・・、行ってビックリえぇ

「うわっ、何か高級感溢れるキラキラフレンチ店って感じになってるやんっ!!」

あまりにも雰囲気が変わっていたので思わず入るのをためらってしまうほどでしたぁ・・・汗・2焦る3

20071125195310.jpg


パーテーションで喫煙席と禁煙席を区切り、カウンター席がなくなってしまい、料理を作っているシェフの姿が見えなくなってしまいました。
(シェフとおしゃべりしながら食べるのが楽しかったりもしたんだけどなぁ・・・涙
20071125195333.jpg


20071125195352.jpg

20071125195424.jpg


改装を機にメニュー構成も変わり、ディナーコースは¥5250と¥10500の2種類のみになったそうです。
(平日の忙しくない時はアラカルトもやってくれるそうですが、基本はコースのみだそうです)

とか言いながら・・・、すんません、いつものごとく
「白子とフォアグラが食べたいのウマソウ

と、リクエストをして「特別お任せコース」をお願してしまいましたぁ苦笑
(シェフ、いつもいつもありがと~<(_ _)>)

<スズキとカニのクルート くるみドレッシング>
20071125195446.jpg


いつもながら前菜は、美しい~ですっ
で、スズキの中には↓↓↓

20071125195504.jpg


カニ身がド・ド~ンっアップロードファイル

ではでは、いっただきまぁ~す。

「きゃあああ~、おいしぃわよぉ~おおおっ笑う

スズキって淡白なイメージがあるんですけど、このスズキ、脂のっててめちゃウマlove

カニは甘いし、イクラはプチプチして濃厚な旨味を放つし、トッピングのオレンジはフルーティで、きゅうりは歯応えでアクセント的役割になっていて、少し酸味の効いたくるみドレッシンングと口の中で混ざると極ウマなんです!!
のっけから知らず知らずのうちにパンが進んでしまって、ひっじょ~に危険な前菜でした。
って言うか、のっけからカニとか食べちゃったよ!!

<白子のグラチネ>
20071125195524.jpg


ウフっ、この冬、初めて食べる白子ちゃんきたです。

ホワイトソースグラタンの上に巨大な白子が2つものっていて(多分、表面に甲殻類の粉をまぶして軽くソテーしてありました)付け合せに生ハムとポーチドエッグがついてます。

もう、私の好きなもののオンパレードですからぁ!!!
まずはポーチドエッグを崩して、お得意の勝手にミルフィーユ仕立てに積み上げて、いっただきまぁ~す↓

20071125195543.jpg


「くぅ~っ、まったり濃厚でぇ、幸せよぉ~っ絵文字名を入力してください

とりあえず、一言で言えばウマ過ぎですからぁああああっjumee☆LoVe4

二言三言で説明すると、甲殻類の粉でちょっと香ばしめの白子にホワイトソースが絡み、カリッと火の入った生ハムの塩気とポーチドエッグの黄身のまろやかさが絶妙に混じって得も言われぬウマさを生み出してるんです。

白子って味つけをミスるとぼやけた感じになってしまいがちですが・・・、これはねぇ本当にいい感じで白子のうまさを引き出してて、白子好きの人は是非食べてほし~一品に仕上がっておりましたぁウインク-2

さすが、シェフ、お見事グッ
今年初の白子がこの味でよかったぁ~っアップロードファイル


はぁ、私のテンションもコレステロール値も一気にきゅ~じょ~しょ~っ絵文字名を入力してください

そして、またまたパンフランスパンが進む~
(ヤバイ、お腹いっぱいになっちゃう~まいった-2

この後、肉料理→デザートと続くのですが、続きは次の記事でぇアップロードファイルアップロードファイルアップロードファイル
テーマ:美味しかった♪
ジャンル:グルメ
「レストラン田むら」でランランLUNCH♪
2007年11月24日 (土) | 編集 |
京都でランチを楽しむ会(with Sちゃん)の第2回はこちらのお店へ行って参りました

20071123075139.jpg


「レストラン田むらぁああああ~っ」

「レストラン田むら」は祇園にあり、民家を改装したモダンな店内で伏見の契約農家から届く野菜と旬の魚を中心にしたお箸でいただくフランス料理が楽しめるお店として最近、よく雑誌に紹介されていて2人して気になっていたので、行ってみることにしました。

シェフの田村さんの実家は京都の老舗料亭であり、田村シェフ自身は京都のフレンチの老舗 「おがわ」「Maison de vin 鶉亭」でキャリアを積んだ後、実家の料亭の八寸場で和食の修業を積み、このお店をオープンさせました。

和食を勉強しただけあって、このお店の料理はフランス料理というジャンルでありながら、和の食材や技法を使い、和の要素を盛り込んだコース構成になっています。

お昼は、おまかせAコース¥3780、Bコース¥2840、特撰おまかせコース¥5250の3種類なんですが、

今回はBコース(一口前菜、前菜、パン、スープ、魚or肉料理、ご飯・赤出汁・香の物、デザート、コーヒーor紅茶)を頂きました。

20071123075829.jpg


食器はロイヤルコペンハーゲンのものを使用しているそうです。

<パン>
20071123075638.jpg


<一口前菜>
20071123075210.jpg


ズワイガニ、イクラ、水菜を甘酢で和えた前菜です。

 「カニ、甘っきた」 

カニの甘味と水菜のシャキシャキ感がいい感じグッ

<スープ>
20071123075256.jpg


ガラス製のおしゃれなデミカップに入って出てきたのは、じゃがいもと洋ネギの温かいポタージュです。

20071123075348.jpg


「おお~っ、汲み上げ湯葉が入ってるぅえぇ

スープ自体はじゃがいも味がメインな感じでネギ独特の苦味や青みの風味はさほど感じられません(どっちかというと甘味が溶け込んでる感じ)

トロトロッの湯葉はお口の中で優しく甘い大豆の味を放ちながらトゥルルンと溶けていき、うまぁ~い。

<前菜>
20071123075415.jpg


伏見羽束師の契約農家である「辻さんの作ったカブ」を使ったサラダ仕立ての前菜。
上にはおいしそ~な生ハムがトッピングされてますは-と

20071123075442.jpg


で、生ハムと葉ものの野菜の下には、太刀魚、蛸、カブ(生・千枚漬)、四角豆が隠れていて柚子味噌ソースで頂きます。

「カブ、めっちゃみずみずしくて甘ぁあああ~OH

このカブ、甘味があって噛むとジュワッて口いっぱいに水分が溢れ出すくらいのジュシーなんです。
この前菜がサーブされる度にあちこちの席から「カブ、おいしぃ~」という声が聞こえて来たほどですから。

契約農家の辻さんったら、なかなかええ仕事してはりますわぁグッ

で、カブだけじゃなく、蛸と太刀魚もプリプリでバリうまheart0

で、生のカブだけじゃなく、千枚漬けが使われている演出が憎い感じだし、柚子味噌ソースがまたこのサラダに合うんです。

<魚料理>
20071123075512.jpg


Sちゃんオーダー。
ダシで煮込んで味がしっかり染み込んだ大根の上に糸よりのソテー、バジル風味のホタテがのり、白インゲンのスープ仕立てのソースで頂きます。

ひと口頂きましたが、大根は洋風おでんって感じで柔らかくてほっこり甘く、糸よりは皮目パリッと身はフンワリ、帆立はプリ甘です。
インゲン豆ソースは見た目はスープっぽいのに、食べたら結構、豆の存在感が残ってました。

<肉料理>
20071123075530.jpg


私のオーダー。
鴨肉と九条葱のソテーポーチドエッグ添えで、赤ワインとポルチーニのソースでいただきます。

ではでは、お約束のポーチドエッグの黄身の雪崩、行ってみよ~っ↓↓↓

20071123075613.jpg


「きゃああああ~っ笑う、おいすぃいいいいいい~っハート絵文字名を入力してください

鴨&ネギの最強コンビに、ポルチーニ風味の赤ワインソース。
葱が入ってましたが、ポルチーニの旨味が凝縮されたソースも濃厚な感じだし、これが唯一、フレンチフレンチしてる料理だった気がします。

まったり濃厚なソースにポーチドエッグの黄身のまろやかさが加わって

「ウマウマよぉおおお~っアップロードファイル

そして、デザート前に白ご飯と赤出汁と香の物が出てきます。
20071123075856.jpg


20071123075911.jpg


ご飯の量を聞いてくれるので、少なめにしてもらったんですが、う~ん、これがここの売りなのかも知れないんだけど、今までの料理は和風テイストって感じだったんですが、これは明らかに「和」なんでぇ、

「マズいとかはないんだけど、パンも出てきてることだし、お腹いっぱいだし、バランス的にこのセットはなくてもいい気がするんだけどなぁ・・・」

私の中では、これだけが今回、唯一、ひっかかる点でした・・・。

<デザート>
20071123075953.jpg


「いや~ん、秋らしくてかわいい盛り付けぇ~jumee☆faceA6

モンブラン、さつまいものアイス、紅茶のブリュレ、ぶどうの盛り合わせです。
3種類以上の盛り合わせとはポイント高しっキラキラ

<モンブラン>20071123080033.jpg


でも、私、モンブランは苦手なのぉ~焦る

<さつまいものアイス>
20071123080055.jpg


さつまいもチップがパリッと香ばしく、アイスはさつまいもの甘味とほっこり感がしっかり出てて うっまぁ~いハート

<紅茶のブリュレ>
20071123075555.jpg


ノーマルなブリュレでなく、紅茶味ってとこがナイスですねウインク-2
サーブする直前に表面をバーナーで焦がしてあるのでパリッとした食感で甘過ぎずなめらかな口どけ、紅茶の茶葉の風味が聞いてて甘過ぎなくてこれもおいし~ルン♪

<コーヒー>
20071123080126.jpg


最近、雑誌に載りまくってるお店だったので気にはなってたたものの「お箸で頂くフレンチ」っていうコラボ的なジャンルがねぇ、どうなんだろう・・・?って、ちょっと不安もあったんですよね。

でも、予想以上に大・大・大満足でしたぁ。

フレンチの中に和と京都のテイストをふんだんに盛り込んで、全体的にアッサリめに仕上げているので、女性やご年配の方に好まれそうな感じです。
(この日のランチタイムのお客はオール女性で、しかも優雅なマダム風な方も多かったです)

お店の雰囲気はいい感じだし、お料理も美味しかったし、料理を出し下げするタイミングも自然だったし、今回、カウンター席で頂いたんですが、質問にも丁寧に答えてくれるし、終始、気持ちよく食事をすることができました!!
帰りは田村シェフ自らが、上着を出してくれ、玄関まで出て笑顔でお見送り頂きました。

「かなり気に入ったし、ここにはまた来たいよねぇ~きゃー

っていうのが2人の感想でした。

おすすめなので、よかったら行って見て下さいね~おんぷsan

<お店の紹介>
「レストラン 田むら」
住所: 京都市東山区古門前大和大路東入ル元町391-1
電話番号: 075-525-7023
ランチ:11:30~14:00
ディナー:17:00~22:00
定休日: 日曜
テーマ:♪おすすめ♪
ジャンル:グルメ
キラキラ☆彡
2007年11月21日 (水) | 編集 |
会社を1週間休むってことは恐ろしいことで、やってもやっても全然仕事が減りません・・・。
しかも、うちの会社、KYの人ばっかりで忙しいオーラを放ってても次から次へと用事を言ってくるんです怒り

とりあえず、声を大にして

「頼む前にまず、忙しい?とか時間ある?とか聞こうよ!!」

と言いたい。
明後日から3連休だし、そのまま月末突入でどうなる私!?って感じ。
(考えたくないから考えないことにしよう)

ネタが溜まっててなかなかアップできなかったんですが、ちょっと前にネイルを塗り変えてもらい今月のネイルはこれっ↓

20071120211507.jpg


なぜか、いつもの食べ物を写す時のノリで皿の上に手をのせて撮りましたぁ~(何でやねんっ!?)

今回はホワイトラメグラデで変形フレンチにしてもらい、薄緑のホログラムで線を斜めに入れてもらいました。
アートはピンクの3Dリボンにしてもらいましたぁ~りぼん

ウフッ、キラキラキラキラ(緑)好きにはたまらないキラキラ加減がいい感じぃ~グッ

で、ちまたでは”クリスマスコフレ”が出回るシーズンになりましたが、私も一応、女子なので、メイクグッズとかにも興味があったりするんです。

去年は、「LUNASOL(ルナソル)」のクリスマスコフレが欲しかったのに欲しいと思った時には予約時点で完売で、その時「来年こそは!!」と誓ったはずなのに、食べることに必死の毎日ですっかり忘れてて、雑誌で見つけた今年のコフレ「ああっ~えぇと思った時には、時既に遅しでまたもや完売・・・と学習能力ゼロの自分の愚かさに軽くイラ立ちながら(でも懲りずに来年こそは!!と思ってます)第2希望の「ボーテ ド コーセー」のクリスマスコフレ「スノーフレイクコンパクト」を買いました↓
20071120211527.jpg


20071120212141.jpg


もともとこのブランドのアイシャドーであるアイファンタジストのキラキラ感が大好きで愛用してるんです。
これがねぇ、新色が出る度にキラキラ度がパワーアップするので、まんまと戦略にはまってしまい、その度に買ってしまうんです。

今回もショップのお姉さんに

「これって、キラキラキラキラですか?」

って聞いたら

「はい、キラキラですよ、キラキラ好きなら是非~ウインク-2絵文字名を入力してください

と言われてしまい、迷うことなく即買いです汗・2
で、今回のキラキラも期待通りで大満足ぅ~ルン♪

ちょっと前に会社の男の先輩に

「自分、ちょっとキラキラし過ぎちゃうか?」

と言われたことがあるんですが・・、そんなの関係ねぇ~!!、キラキラやんって言われることこそが本望なのです。

キラキラ好きのカラスにあのでっかい口ばしでつつかれる日も近いかも・・・!?

で、話は最初に戻って私の行きつけのネイルのお店が「京都ロイヤルホテル&スパ」すぐの近くだったので、帰りに念願の「タンタシオンダンジュ」に行って参りました。

オープン時の大行列&大混雑がウソのように静まりかえってて、

「あれれ?大丈夫???」

と、心配になったほど。
お店には生ケーキだけじゃなく、パンや焼き菓子も結構おいてあってなかなかいい感じでした。

で、私、いつものごとく真っ直ぐ帰る予定じゃなかったので、長い持ち運びに耐えれそうなタルト系をチョイスしました↓
20071120211611.jpg


<ぶどうのタルト¥450>
20071120211632.jpg


クレームダマンドの中にぶどうをたっぷり入れて焼き上げ、トッピングにもブドウがのってます。
ぶどうの果汁が染み出して、しっとりジューシーで甘酸っぱくておいし~ポッ


<松の実のタルト¥380>
20071120211655.jpg


こちらは、表面に松の実を敷き詰めたタルトです。
こちらは、ザクッ(松の実)サクッフワッ(タルト)とした食感。

基本、口の中でダマンドのアーモンドの風味と松の実の香ばしさが広がるので、ナッツナッツでナッツ独特の濃いテイストと思いきや、表面のアプリコットジャムが甘酸っぱさを演出してすっきりした後味に仕上がってます。

とりあえず、私、ナッツ好きですからぁ!!で、ナッツLOVEにはたまらないウマさですからぁ~っjumee☆LoVe4

次回はフワフワのスポンジ系ケーキとパンも買ってみよっと。
♪四ツ谷でフレンチディナー♪
2007年11月19日 (月) | 編集 |
話があちこち飛んで申し訳ありませんが・・・えへへ・・・お江戸ネタに戻ります。
お江戸2日目の夕食は四ツ谷にあるこのフレンチレストランでディナーですぅ~っ↓↓↓
20071112075537.jpg


tete-a-tete(テート・ア・テート)ぅうう~っ

リンクしてあるHP↑を見てもらえば解るんですが、ディナーコースは¥2940の1コースのみで前菜+メイン+デザートをそれぞれ選ぶプリフィクススタイルなんです。

でね、それぞれに選択肢が7~9種類もあってどれも魅力的なメニューばかりなのでひっじょーに悩みます(プラス料金のあるものも若干ありますが、確か300円~1000くらいまでですし、ほとんどのものはプラス料金なしでイケたはず)

まずは、シェフからのサービスで
<鹿肉の生ハム風※2人分>
20071112075611.jpg


イチジクが生ハムに巻かれて登場~絵文字名を入力してください
ひと口サイズではありますが、サービスが鹿肉の生ハムってスゴくありません?
でも私、鹿肉はそんなに得意じゃないんですよね・・・焦る3、だから、恐る恐る食べてみる。

「うわっ、この鹿、臭みがなくて、うっまぁ~いは-と

臭みがなくて、しっとりしてて予想外のウマさです。

<パン>
20071112075630.jpg


そして私の前菜は
<渡りガニのキッシュ生ハム添え>
20071112075651.jpg


他にも大好きなパテや、ウニ入りラビオリってのがあって、相当迷ったんですが、結局、「渡りガニ」という名前に負けてしまいました汗・2

20071112075711.jpg


アップでご覧くださぁ~い。
どうです?おいしそ~でしょ?
ご覧の通り、見た目では渡りガニの存在なんて一切、解らないんですがぁ、

「う~ん、渡りガニの旨味が凝縮されててうっまぁ~いきゃー

外側はサクッとして、中身はフワップルンとしたこのキッシュ、渡りガニのエキスがギュギュッと詰まっててバリうまよぉ~love

そして、同行者のオーダーは
<炙りサーモンのマリネ、カルパッチョ仕立て天然茸添え>
20071112075735.jpg


表面を軽く炙られたサーモンは脂がのってプリプリでおいしゅ~ございました。

で、この前菜には何と別添えでこのサラダがつくんです↓
20071112075805.jpg


ま、普通に野菜サラダなんですけど、別添えで出てくるとちょっと得した気分になりますよね。

そして私のメインは
<フランス産ホロホロ鳥のロースト、ワイルドライスとキノコ詰め>
20071112075833.jpg


これは行く前からHPでチェックして食べるぞ!!と決めてたメニューです。
ポテトクリームグラタンの上にローストされたホロホロ鳥の中にキノコとワイルドライスがたっぷり入っててめっちゃボリューミィーな一品です。

20071112075850.jpg


皮目はパリッと焼かれてて、お肉はプリッとしててジューシーで

「うまうまよぉおおお~っアップロードファイル

キノコもワイルドライスもお肉とマッチしてます。
とりあえずものすごいボリュームで食べ終える頃には軽くお腹いっぱいになってしまいましたぁ・・・。

同行者のオーダーは、本日の魚料理で
<目鯛のグリル、仏産ジロール茸添え、アサリのソース>
20071112075934.jpg


ひと口もらったんですけど、ソースが私好みでバリうまheart0
ちょっとガーリックが効かせてあるんですが、アサリと目鯛からええダシが出てて目鯛に合うし、パンにも合うっグッ

前菜もメインもしっかりめのポーションなので、お腹がいっぱいではありますがデザート行ってみよ~フンッ2
同行者オーダーの
<紅玉りんごのタルトタタン>
20071112080004.jpg


デザートの中でサーブするのに時間がかかるものが2つあって、それは前菜やメインと同じ時に言っておかないとダメで、これがその1つでした。

画像では隠れてて解りにくいと思うのですが、パイ生地で煮詰めたリンゴりんご2とアイスクリームを挟んでミルフィーユ仕立てにしてあり、アングレーズソースがかかってます。

これ、リンゴが温かくされてサーブされます。
紅玉なので酸味があって甘酸っぱいんですが、しっかり煮込まれたリンゴは柔らかくておいしぃ~トロ
リンゴの温かさとアイスクリームの冷たさが絶妙なバランスだし、パイ生地のサクッとしててめっちゃエエ感じです。

私のデザートは
<旬のタルト(プルーン&ルバーブ)>
20071112080140.jpg


ルバーブが未だ私の中ではマイブーム食材なので、あるとオーダーしちゃうんですよねぇ。
お決まりの断面はこんな感じ↓

20071112080202.jpg


赤いのがプルーンでうっすら見える緑のがルバーブです。
バターとアーモンド風味がしっかり効いててサクッとした食感のタルトにルバーブとプルーンの甘酸っぱさがアクセントになってて

「おいすぃ~~~っアップロードファイル

ここまでがコースで食後の飲み物は別料金です。
撮り忘れたみたいで画像がないんですが・・・、多分、カプチーノ(¥500)を頼んだと思います。

この内容でこのお値段はお得絵文字名を入力してくださいだと思いませんか?
東京の飲食店は「お値段が高くてボリュームが少ない」っていうイメージがあったんですが、このお店はそんな私のイメージを見事に打ち破ってくれました
^(ノ゚ー゚)ノ☆パチパチ☆ヾ(゚ー゚ヾ)^

同じような感じのメニュー構成のこのお店より断然良かったです。

このお店は次回もまた行きたい~~~!!っていうか、かなり気に入ったのでまた行きますよウインク-2

はぁ~、お江戸へGO!!の第2弾は画像消失→画像復活とレポるのに長々とかかってしまいましたが、これにてしゅ~りょ~。

さぁ、次はいつお江戸に行こうかなぁちなニヤリ

テーマ:美味しかった♪
ジャンル:グルメ
タイに行ってましたぁ
2007年11月18日 (日) | 編集 |
今の会社に勤めて早やン年、とうとうリフレッシュ休暇の権利を得てしまい・・・、火曜日から両親とタイのバンコクに旅行に行ってて今朝帰ってきましたぁ~っピース

で、日本を出発する時は温かかったので油断して上着はカーデガン1枚で行って戻ってきたら、この有り得ないくらいの寒さに思わず

「なんぢゃこりゃ~っマジですか

と叫んでいまいました。
皆、普通にダウンとかファーとか着てる中、Tシャツの上にカーデをはおってるだけの私は明らかに浮いてましたぁ・・・(カッコ悪ぅ~うーん

で、帰ってきて見た芸能ニュースで鎧塚シェフが婚約したことを知って、ビックリえぇ
鎧塚シェフが独身だったとは知らなかったわ・・・。
しかも、お相手さんが私の中では微妙な人でちょっとガッカリまいった-2
(「いや、ほっといたりーや」って感じですよねぇ・・・)

たった5日間の間でいろんなことが起きるものなのね・・・と、事件が現場で起きていることを実感させて頂きました。

あっ、ただでさえ文章が長いくせに前置きが長くなってしまいすみません。
もうねぇ、どうしよ~って思うくらいアップできてないネタがいっぱいあるんで・・・、今回のタイネタはサクッと行っときます。

<エメラルド寺院>
20071118124946.jpg


<アユタヤ>
20071118125003.jpg


20071118125609.jpg


人ってテレビで観たことある観光地に行くと

「おおっ~」

って感じになりますよね?
料理以外の写真は撮らないぞぉ~っと思っていたはずなのにワタクシ、おのぼり状態でシャッター押しておりました汗・2

今回の旅で食べ物ではいつものように「おぃしぃ~っ」ていう感じにテンションが上がりませんでした・・・大泣き
(ツアーということもあり、私の好きでない中華も多かったし)
だから、今回、食べ物の写真はあんまり取りませんでした。

そんな中、ちょこっとだけ食べ物ネタをご紹介~↓
※ご参考:1バーツは約3.3~3.5円くらい

<揚げバナナ>
20071118125314.jpg


これ、今回気に入った現地の屋台で売ってるおやつ的食べ物です。
添乗員さんが試食でくれたんですが、まだ若い青くささの残る歯応えのあるバナナに衣をつけてカラッとあげてあります。
私好みのバナナ味~うっとり-2
バナナってこうやって食べてもおいしいのねと新たな発見

<ジャックフルーツ:90バーツ>
20071118125405.jpg


好奇心旺盛な性格なので「一度でいいから生のドリアンを食べてみたい」と思っていたんです。
で、たまたま屋台で売ってるのを見つけてドリアンだと思って買い、ドリアンだと思い込んで食べました。

ご覧の通り予想外なくらい袋いっぱいに入れてくれたので食べきれなかったんですけどドリアンはホテルに持ち込み禁止だから、残ったものは捨ててしまったんですが・・・(食べ物の神様ゴメンナサイ!!)、後から似てるけど違う果物のジャックフルーツだということが判明しました。
(詳しい説明はリンクをポチッと押して参照して下さい)

20071118125346.jpg


若干、青くさい感じで臭うんですが・・・、何だ思ってたより全然臭くないじゃんっ!!これなら楽勝グッって感じです。

食感はウリみたいな感じで結構歯応えが有りなんですが、味はライチとマンゴーを掛け合せたみたいな感じで甘酸っぱくておいしかったです。
ドリアンと思って食べた私達は

「さすが、果物の王様、おいし~ぢゃん」

家族3人の食べた感想が一致したくらい味はおいしかったです。

<ホテルのスイーツ>
20071118125628.jpg


お昼のバイキングで出てきたスイーツ達。
見た目からあんまりおいしくなさそうなのは解ったんですが、口に入れて

「がぁ~っ、甘~っあせあせうさ

と、マンガの1コマみたいな顔になってしまったくらい、とにかく甘いんです!!
ここ以外でも何回かホテルのバイキングで出てくるスイーツを食べましたが基本、スポンジがパサパサだし、クリームは甘くて重くって確実にテンション下がりましたねぇ・・・ガーン

<ココナッツのアイス:69バーツ>
20071118125023.jpg


DFSで買ったシャーベットのアイスです。
他にマンゴー、ドリアン、ライチetc・・・があって、ドリアンと迷ったんですが、晩ご飯前だったので冷を取る為に1個を皆でわけわけすることにしたので無難なココナッツにしました。

20071118125040.jpg


これはココナッツの果肉もたっぷりトッピングされてて、クリミィーなココナッツ味でおいしかったぁ~ポッ

で、今回の旅は私にはめずらしく旅の全てを親にゆだねたので基本、旅行会社のツアーなのでほとんど食事&観光付きだったんですが、フリータイムの日にガイドブックを観てここだけは行きたいっ!!と懇願し、行ったのはこのお店

20071118125101.jpg


「マンゴー・タンゴぉおおお~っ」

(実はお店に張り紙が張ってあったんですが、今年の6月に代官山にもお店ができたらしい・・・焦る3

20071118125234.jpg


ショーケースにはマンゴーがいっぱぁい~っ。

<マンゴー・タンゴ:100バーツ>
20071118125120.jpg


「このお店ではこれを注文しよう」とガイドブックにも載っていたメニューです。

フレッシュマンゴーの半身、マンゴーアイスクリーム、マンゴープリンの3種盛りで、一度で3度おいしいマンゴーづくしのデザートです。

アイスにもプリンにも果肉がゴロゴロ入ってて

「んまぁああああ~いっ笑う

さすが、本場(あれ?本場はフィリピンだったような・・・)

「マンゴーがフレッシュでおいし~~~~っ興奮うさ

でもそういえば、本場といいながら、ホテルのバイキングやお店のコース料理のデザートとして出てくるのはフレッシュフルーツは大抵、パイナップル、パパイヤ、スイカ、ドラゴンフルーツ、メロン、バナナが主流で意外なくらいマンゴーにはお目にかからなかったなぁ。
ドライマンゴーはあちこちで目にしたんだけどなぁ・・・。(何だろ?)

<マンゴースムージー:55バーツ>
20071118125651.jpg


「マンゴーの味が濃厚で甘酸っぱくて、ちめたくて最高ぅ~heart0

<マンゴーアロハ:65バーツ>
20071118125145.jpg


20071118125208.jpg


マンゴー果肉&タピオカ入りココナッツミルクぅ~。

「もう、うまいに決まってるぢゃん!!」

はぁ~、マンゴーづくし、めっちゃ素敵で大満足だったわ

ちなみに店内は女子校生や女子大生、私達のような観光客と基本、女子率90%で大人気で満席状態。
うちの父親は軽~く、浮いてましたからぁ・・・。

この他にもいろんなマンゴーメニューがありますし、スムージーはマンゴー以外の南国フルーツ味もありますので、バンコクに行く機会があれば是非行ってみてくださぁ~い。
(あっ、東京在住の方は代官山のお店に行かれてもよろしいかと)

で、バンコクって私の思ってた都会的なイメージとはたいぶとかけ離れていて・・・、かなりのカルチャーショックを受けてしまいました。
(トイレ事情、屋台事情、交通事情etc・・・)
普通のタイ人には日本語も英語も通じないので結構不便だし、私、潔癖症とかじゃ全然ないんですが、衛生的な面で潔癖症の方とかにはかなりキツイんじゃないのかなぁ~と思ってしまいました。

寺院とか遺跡とかは素晴らしいんですけど、その他の面で魅力が半減しちゃうので、1回行けば充分かなぁっていう感想です。

あっ、マーサージは天にも昇るくらいのレベルの高さキラキラですよ。
私、2時間やってもらったんですけど、ソフトなもみほぐし具合に気持ち良過ぎて爆睡しちゃって仰向きからうつ伏せになる時には、叩き起こされるし、うつ伏せから起き上がる際には枕にでっかいヨダレのシミとかできてて超ハズかしかったです。

ああ、1週間休んだ後だから、明日、会社に行くのがめっちゃ憂鬱です、その上、この寒さでますます行く気が失せちゃうわ。

もっかい、どっかに逃亡したい~っjumee☆escape2


テーマ:海外旅行記
ジャンル:旅行
新宿高島屋パティシェリアへ再訪~レピキュリアン~
2007年11月16日 (金) | 編集 |
「ポム ド テール」を後にして次に向かったのは、前回の旅でも訪問した

「新宿高島屋のパティシェリア~っ」 
         
基本、ケーキ星人いちごケーキなので1日1個はケーキを食べないとかないとねっウインク-2
(なんでやねんっ!?)

この後、フレンチディナーが待っていたので、今回は1個だけをイートイン。
めっちゃあるケーキの中で1つを選ぶのは至難の技ですからっ!!

もう、動物園の檻の中の動物のようにショーケースの前を左右に行ったりきたりを5分以上繰り返してめっちゃ悩んだあげく選んだケーキはこちらっ↓

<レピキュリアンの「ル・サンク¥450」>
20071105223207.jpg


実は前回来た時にも、このケーキは気になってたんで、ようやく食べることができましたぁ。

「レピキュリアン」のオーナーシェフの金子哲也氏は1965年生まれ。
「ルコント」「シェシーマ」「オーボンヴュータン」等で修行後、約3年半渡仏し、パリの2つ星レストラン「ジャック・カーニャ」で約2年間シェフ・パティシエを務めた後に帰国し1996年、吉祥寺に「レピキュリアン」オープンさせました。

20071111201330.jpg


これ、トップにのってる食用ホオズキです。
フルーツトマトみたいに甘酸っぱくておいしかったぁ~トロ

で、いつものように断面ショー↓
20071111201409.jpg


ケーキの構成はタルト生地の中にパッションフルーツのクリーム、アーモンドダックワーズ、ピスタチオクリームを流し込み、ラズベリー、オレンジ、ブルーベリー、洋梨、食用ホオズキなどのフルーツをトッピングしてあります。

「きゃあああ~っ、パッションクリームがうんまぁああああい」

もう予想通り、期待通りの味!!この甘酸っぱさがたまらなく好き~は-と

タルト生地はサクッとした食感で、アーモンドのダックワーズの香ばしさ、パッションフルーツのクリームの甘酸っぱさ、ピスタチオクリームのコクとフレッシュフルーツのみずみずしさと、

全てのバランスがパーフェクト!!

直径15cmくらいのでっかいホールで食べたい~。

はぁ、今回は外さなくて良かったぁ。
でも、今回も新たに気になるケーキを2つほど見つけてしまいました。
定番なのか、季節メニューなのか解らないけど、次回来る時はあの2つを食べたいわ絵文字名を入力してください

こうやってリピしたい所ばかりが増えて行き、そのうちお江戸での身動きが取れなくなって行くんだわ・・・汗・2

割烹 秋やまの平日ランチ♪
2007年11月14日 (水) | 編集 |
お江戸レポの最中ではございますが・・・、10月にガッツリの会で松茸懐石を堪能させて頂いた北新地の「割烹 秋やま」

その時に大将に平日ランチの再開を教えてもらって期間限定のランチメニューの「松茸入り親子丼」がど~しても食べたかったんですが、10月中は有休が取れなかったので、結局行けずじまい・・・大泣き

で、11月に入って、有休が取れたので行ってまいりましたぁ~ルン♪

で、ここで言い訳です。
大将&皆様、ごめんなすってぇ~・・・orz

秋やまのテーブル(カウンター)と私のカメラの相性がどうもよくなくて、いつも写真がうまく撮れないんですよねぇ・・・。

今回もフラッシュたかないで撮ったら全体的に淡い色だし、フラッシュたいたらどギツイ色になって何だかおいそうに見えない・・・、更にブログ用に画像のサイズを縮小したら、更にびみょ~な画像になってしまいましたぁがっくり


と、いうことで、本当はめっちゃおいしそ~なんで、それをイメージしてご覧下さい!!

平日ランチは日替わりで3種類あり、私が頂いた「海鮮丼」のみ鉄板メニューであとの2種類は日によって違うみたいです。
私が行った日は「カレイの煮付け」と「松花堂弁当」というメニューでした。

<海鮮丼セット¥1000(単品¥900)>※フラッシュたかない画像で↓
20071113063622.jpg


※以下、フラッシュたいちゃいました画像↓↓↓
20071113063721.jpg


出てきた瞬間

「きゃあああっ~、ウニのってるぅ~、イクラのってるぅ~えぇめっちゃ、うまそぉおおっ~笑うheart0

でね、100円プラスするだけでうどん(そばの時もあるらしい)がつくんですけどね、しかも、ただの素うどんぢゃないんです。
見て頂いたら解りますが↓でっかいニシンが入ってるんですよっ!!
20071113063802.jpg


オーダーする時に「炭水化物&炭水化物」って、ダイエットの的なんで(しかも、私、米粒食べると太る人)、

「単品にする?セットにする?どうするよ!?」 

ってめっちゃ悩んだんですが、セットにして大正解~絵文字名を入力してください

で、さすが、和食さん。
おうどんのお出汁がめっちゃうまぁ~゚で、ニシンも箸でほぐれるほど柔らかいし、ええ感じで味ついてておうどんとマッチしててグッ~グッ

100円プラスするだけでいいんだからこれはつけた方が絶対にお得だと思います。

20071113063742.jpg


で、肝心の海鮮丼ですが、こちらもスゴイ。
御飯の上にもみのりがのり、その上に基本、サーモンと帆立がメインでてんこ盛り、あと、鯛とイクラと生ウニとネギがトッピング的にのってます。

「おおっ~、サーモンは脂のってプリプリぃ~、帆立もプリ甘ぁ~、イクラはプチプチ、生ウニは極甘~、で、具の量が半端じゃなくて食べても食べてもなくならなぁ~いハート

私ったら、あまりのボリュームに食べきれずに御飯もおうどんも少し残してしまいましたぁ・・・焦る3(女性で少食の方はセットにするならご飯少な目にしてもらった方がいいかも汗・2

はぁ~、満喫、満足、おいしかったぁあああ~っheart0

食べた終わった後、大将と少しお話をしました。
今月と来月のお昼の懐石はカニ懐石¥5500だそうで

「カニしゃぶ、カニ真丈、カニ天ぷら、カニ御飯」

って感じのコース構成だそうです。
めっちゃ魅力的なメニューで、めっちゃ行きたぁ~い!!
(特にカニ天は死ぬほど好きなのよぉは-と

カニ好きのお友達に告ぎまぁ~す、誰か一緒に行きませんかぁ~?
連絡、待ってるからぁ~。
(おいおい、連絡網代わりにブログを使うなちゅ~ねんえへへ・・・

あっ、ちなみにおせちの予約も始まったらしくて一番安いのは1段(1~2人前)で¥10500であるそうです。
割烹の作るおせちも非常に気になる所だわ。

とりあえず、カニ懐石に行きたぁ~いっフンッ2
(誰に対してか解らないけど、懇願)



<お店の紹介>
割烹 秋やま 
大阪市北区堂島1-2-23 田園ビル2F
TEL:06-6341-1608

平日ランチ
11:30~13:00(L.O.)
※昼懐石は要予約

土曜ランチ
11:30~、13:30~の2部制(総入替制)
限定コース3300円~(要予約)

通常営業
17:00~22:00(L.O.)

定休日:日曜・祝日


東京のうまうまベーグル~ポム ド テール~
2007年11月12日 (月) | 編集 |
「ブランジェリー ケン」を後にした私は池袋まで戻り、そこから新宿へ移動し、中央線に乗って「西荻窪駅」に到着。
はいっ、ここでピンっと来たそこのあなた!!ベーグルが大好きはーと2こ2こですねっ!?
そうです、私が向かったのはこちらのお店↓

20071111163440.jpg


「Pomme de terre(ポム ド テール)ぅうううっ~」

2003年10月にオープンしたカフェのテイクアウト限定で作り始めたベーグルがたちまち大人気となり、今、現在に至るそうです。
こちらもパン系のブログでよく名前を見るので気になってたので行ってみることに走る1絵文字名を入力してください
駅から徒歩10分ほどの所にお店があるんですが、ご覧の通りの大行列です。

本当はカフェでカフェメニューをイートインしたかったんですが、席数が少ない上に満席で2時間後の案内と言われたので諦め、KENさんとこで買ったパンもあったので、今回は4個だけお買い上げ。

具材によって巻き込み方が違うので、どうやって切ったら美味しそうに見えるか解らなくていろんな切り方してます・・・あせあせうさ

<カシス&チョコチップベーグル¥220>
20071111163543.jpg

20071111163514.jpg


20071111163603.jpg


きれ~なカシス色~、そして目で見て解るきれいなウズぅ~

見て解ると思いますが、ポムのベーグルは基本、表面がかなりのハード系で
噛むと「バリッカリッ」て言います。
で、中生地はモッチリビヨーンと伸びる感じのひき感があります。
で、底面はガシガシッとしっかりした食感

何て言ったらいいのかなぁ・・・?ひとことで言えば、

「今まで食べたことのない食感のベーグル」

です。

ベーグルを食べるようになってからまだ日が浅いので、そんなにいろんなベーグルを食べてる訳ではないんだけど、私が今まで食べてきたベーグルの食感とは明らかに違う感じ。
(表面のバリッと感は京都のブラウニーと似てるかなぁ?)

このカシスは、口に入れると、カシスの香りと酸味がフワッて広がり、中身のチョコもたっぷりで、

「おいしかったぁ~love

<ヘーゼルナッツ&チョコチップベーグル¥220>
20071111163628.jpg

20071111163651.jpg


ナッツ好きなんで、抑えときましたぁ~。
これもナッツたっぷりで香ばしくてグーッグッ

<ポムシナモンベーグル ¥220>
20071111163714.jpg

20071111163814.jpg

20071111163752.jpg


煮詰められたりんごりんご2が大好きなんでこれも抑えときましたぁ~。
(シナモンレーズンとかなり迷ったのよね)

ご覧のようにりんごがいっぱい入ってて、甘酸っぱくて最高~興奮うさ

<赤味噌ナッツベーグル¥220>
20071111163945.jpg


20071111164005.jpg


今回の中ではこれが唯一の変わり種かな?
ベーグルとみその組み合わせってどんな感じ?と思って買ってみました。

数種類の味噌にアーモンド、砂糖、赤ワインなどなど加えたオリジナルな味噌だれを使っているそうです。
画像では見えませんが、中生地にはナッツが入ってました。

トースターで温め直したら、味噌だれが溶けたので、口の周りをベットベットに汚しながら実食~ウマソウ

「甘みとコクがあって、ものすごく香ばしくてうんまぁ~い笑う

味噌のコクとナッツの香ばしさが口の中で混ざり合い、まるで洋風な五平餅を食べてるかのようです。
五平餅が好きな私としてはツボにはまるウマさぁ~アップロードファイル

いやぁ~、これまたどれもおいしゅうございました。
行列の意味を実感させて頂きました。

ここにもまた行って、もっとたくさん買い占めたい~っおんぷsan

憧れのパン屋~BOULANGERIE KEN(ブランジェリー ケン)~
2007年11月11日 (日) | 編集 |
お江戸2日目は、同行者が用事があった為、ディナーまではフリーということで、私はパ・パンがパンフランスパンを攻めることにしました。

まずは、山手線で池袋まで行き、そこから東武東上線に乗り換え、全行程1時間弱の移動時間の末、降り立ったのは「下赤塚」という駅です。

ここで既にピンと来たそこのあなたっ!!は、パン好きさんに違いないっちなニヤリ
そうです、私が辿り着いたのはこのお店↓

20071111083907.jpg

20071111083845.jpg


「BOULANGERIE KEN(ブランジェリー ケン)っ~~~~」

このパン屋さん、パン系のブログでよく目にするお店で、関西で言う所のアッシュ系(具沢山)のパン屋だったのでひっじょーに気になってたんです。

ちなみにパンの参考画像ページは→こちら
(※注:画像盛りだくさんでとっても素敵なページですが、重い┗(-_-;)┛ので読み込むのが大変かも知れません・・・→そして、これを見ると200%くらいの確率でこの店に行きたくなるので、意を決してのぞきましょう!!←行きたくなっても私は責任はとれませんのであしからず・・・汗・2

私は画像にノックアウトされたので行っちゃいましたからぁ!!!
お店自体、町のパン屋って感じでそんなに大きくもないし、都心からも離れてて立地的にも微妙な感じなのにさすが人気店、近所の人らしき人や、私みたいにパンを求めてわざわざ遠方から来たと思われる人と次から次へとお客さんがやって来て、店内で身動きが取れないほどの混雑ぶりでした。

で、私が買ったパン達↓↓↓

<リエットのカスクルート¥200>
20071111083950.jpg


南部小麦のバゲットを使ったカスクルートです。
このお店、こういったカスクルートが約20種類くらいあるんですが、オール¥200なんですよ(安っえぇビックリみっちゅ
普通、パン屋のこういったサンドって300~500円くらいするでしょ?

もうねぇ、これが最終日だったら、この日この後に予定がなかったら、次の日、エルメのサンデーブランチに行かなければ3種類は買いたい所だったんですが、この短い旅の間の私の食い倒れ予定はギッシリなので、欲望のままに買うことはできないんですよ雷もう、悩みに悩んで1つに絞りましたよ。

とりあえず、パテ系が好きなんで、このリエットサンドにしましたぁは-と

20071111084007.jpg


で、移動中にお昼ご飯代わりに実食しましたぁ~絵文字名を入力してください
中にはトマト、オニオンスライス、ピクルス、そしてリエットもたっぷり入ってます。
塩胡椒と粒マスタードが程よくきいてて

「うっめぇ~~~~~よっきた

本当はオーブントースターで表面だけ軽くあぶって食べたい所ですが、旅先なんで、我慢、我慢・・・。
バゲッド自体はかなりハードで噛み応えありで、噛むごとに小麦の香ばしさがジワジワと口の中に広がります。

本当は何かもう1個くらい食べようかと思ったのにボリューム大なので、これ1個でお腹いっぱいです。

それにしても、これで¥200って安過ぎるぅ~、経営的に大丈夫なのぉ~?(他にも海老カツサンドみたいなのもあったのよ)

<マンゴークロワッサン¥190>
20071111084034.jpg


このパンこそが今回の画像消失事件の犯人ともいうべきパンです!!
(いや、パンは何も悪くないんですけどね・・・orz

本当は「キウィのクロワッサン」ってのがいろんなブログで大絶賛さられてて、その日も目の前に残り1個が売ってたんですけどね・・・、マンゴー好きとしては、ついついマンゴーの方に手が伸びてしまいましたぁ。

で、次の日、ホテルの部屋で朝食としてこのパンを食べようとして、今回の旅に持参したMYカトラリーのプラスチック製のナイフで断面カットして、この画像↓を撮った後に、画像を確認しようとした瞬間、あのおぞましい事件が起きたのです!!
(ガッツリの会のみんなぁ~、この断面、プラスチックのナイフの割にはなかなかいい仕事してると思わない???)

20071111084056.jpg


おお~、なかなかきれいな層~。
これも焼き戻せないのが残念でしたが・・・、パリサクッではなくしっとり系でした。
中にはマンゴーの果肉とサワークリーム?クリームチーズ?が入ってます。
生地にもマンゴーピューレが練りこまれてるみたいで生地もマンゴー色できれ~。

「おおっ、これはフルーティーでうまいっハート

<南瓜×チーズベーグル¥150>
20071111084115.jpg


こちらのお店、ベーグルも人気商品なんですが、ベーグルの焼き上がり時間が11時過ぎだったらしく、私が着いたのが10:50くらいだったのでお店に行ったら1つも置いてなくて軽く焦りました焦る3

少し待って、ようやく出てきたら、皆、ベーグル狙いで待ってるもんだから出てきた瞬間、1人で同じベーグルを買い占めてく人とかいて1個しか買えませんでした大泣き
20071111084131.jpg


具沢山過ぎて、真ん中の穴が潰れちゃってるこのベーグル。
かぼちゃを練り込んだ生地に、かぼちゃマッシュとベーコンオニオンソテーと角切りチーズが入っていてトップにはレッドチェダーチーズがトッピングさられてます。

これ、持ってもズッシリ重かったんですが、帰って量ってみたら250gもありました!!
(どんだけぇ~~~~ビックリみっちゅ

「うわっ、うわっ、モッチモッチでムニッとしてて好きぃ~~~っアップロードファイル

いやはや、スゴイです。
具沢山の上に私の大好きなモチッとムニッと食感系。

ああ、1個しか買えなかったことが悔やまれるぅ~sc07

<トマト&ブラックオリーブフォカッチャ¥150>
20071111084607.jpg


20071111084626.jpg


フォカッチャもいろんな種類があって、迷いに迷いました。
で、こちらも具沢山で、重い(これも重量160gくらいありました)
これは、自宅でトースターで焼き戻して食べましたぁ。
こちらは噛んだ瞬間はフワッと柔らかく、噛み締めるとモッチモチしててかなりウマかったぁあああheart0

<キャラメルナッツのバトン¥150>
20071111084154.jpg


お持ち帰りに有利なハード系も買っておこうと思いセレクトしたパンです。

20071111084238.jpg


断面はこんな感じぃ~
ハード系なんだけど、水分量が多いみたいで焼き戻したら食感はムチムチで、具沢山!!
溶け出たキャラメルの甘さとナッツの香ばしさで

「ウマウマよぉおおお~」

20071111084213.jpg


食べ進んで行くと胡桃がこんなにゴロゴロ。

もう、どんなけぇ~~~~っ笑うアップロードファイルっていうくらい、基本、具沢山なパンだらけでテンションが上ります絵文字名を入力してください

いやぁ、画像に魅せられて、下赤塚まで行った甲斐がありましたよ!!
こんなけしか買えなかったことが、本当に本当に悔やまれます。
次回上京の際も間違いなく行ってしまうであろう・・・えへへ・・・

もうっ、東京のパン屋ったらだいぶとイカしてるやんアップロードファイル、ケーキ星人絵文字名を入力してくださいのこの私が軽い虜やでぇ・・・わほー

テーマ:パン
ジャンル:グルメ
「トシ・ヨロイヅカ」で再び大満喫の巻♪♪♪
2007年11月10日 (土) | 編集 |
そして17時半頃に再び「トシ・ヨロイヅカ」に戻って参りましたぁ~
(ちなみに前回訪問した時の記事はこちらっ
依然、イートインは3時間待ちを継続中でした・・・汗・2
20071109211609.jpg


飲み物はコーヒーでぇ
20071109211542.jpg


そして、私のオーダーはこれっ↓
<幻の卵、関東初登場・卵のスフレ>

tosi.jpg


焼きたてのスフレは、サーブされた瞬間はぷっくりと盛り上がってますが、モタモタしていると刻一刻としぼんでゆきます。
(まず、携帯で撮って、その間にフォロマージュサレも撮ってたらみるみるしぼんでゆきましたぁ・・・↓)

20071109211633.jpg


テレビ「ソロモン流」でも紹介された秋の新作『卵のスフレ』!!

鎧塚シェフが自ら那須高原へ素材を探しに出かけ、吟味された野菜を食べ、那須高原を駆け巡っている放し飼いの鶏の楊枝をさしても崩れない黄身の濃~い有精卵に出会い、その卵を使ってできるスイーツを考えた結果、生卵黄を入れて焼き上げるこのスフレが誕生したんです。

卵好きとしてはテレビで見た時から食べるって決めてましたからぁ。


20071109211739.jpg



そして、スプーンを入れるとその圧力でプシュッて感じで縮んでいくほどに繊細なんです。
卵と砂糖だけでできているこのスフレは口にいれた瞬間、甘みを放ちながらふわっと消えていくほど軽い食感です。

でも、予想外の甘めテイストだったのでちょっとビックリ。

20071105222855.jpg


食べ進んで行くと、お待ちかねの卵黄が「こんにちわ~」と登場します。
オーブンで温められた卵黄にはやや薄い膜が張って、半熟な感じ。
スプーンを入れると、トロ~ンと黄身が流れ出します。
まず、黄身だけを食べると、

「おおっ~さすがに、濃厚~っ、濃い黄身の味がする~えぇびっくり

で、添えられているアングレーズソースをお好みでかけるんですが、ただでさえ結構甘めなんで、このソースをかけることによって甘味が倍増するのでは・・・と思うと、ちょっと戸惑ってしまいます。

でも、せっかくだしね・・・と、恐る恐るちょっとだけかけて食べてみる

「んんっ、これはかけた方が断然、うまいぢゃないのぉ~っうっとり-2

何もかけないと卵黄テイストがちょっと濃厚過ぎる気がしないでもないんですが、アングレーズソースをかけることによってまろやかクリーミさがプラスされて丁度いい感じになりましたぁ絵文字名を入力してください

美味しいと解れば、ドバァ~ッとかけていっただきまぁ~っす。
ヨロイヅカにはシーズンによって、桃やイチジク、フランボワーズチョコバナナといったフルーツの入ったスフレがあるらしいんですが、今度はフルーツのスフレも食べてみたいですぅ。

そして、こちらは同行者オーダーの
<フロマージュサレ(フロマージュのタルトとアイス、塩風味)>
20071109211816.jpg


もう1つの秋の新作「柿のグラタン」にするか、「フォンダンショコラ」にするか・・・と、相当迷ったあげくのチョイスです。

このデザートは鎧塚シェフが

「最初からお酒と合わせることを意識した塩味のデザートがあってもいいんじゃないか?」

という考えから10種類以上の塩を試し、お酒とのマリアージュを考え、約1ヶ月かけて作り上げた夜だけのデザートだそうで、18:00以降でないと食べれない代物なんだとか。

20071105222926.jpg


構造としては、パイ生地で包んだフロマージュ風味のタルト生地の上にシナモン風味のシュトロイゼル(そぼろ)をのせ、その上に沖縄の宮古島の地下からくんだ海水で作られる「雪塩」を入れた濃厚なフロマージュアイスを添え、ほのかなピンク色が美しいボリビア産の岩塩「ローズソルト」をふりかけ、枝付レーズンで飾り付け、キャラメルソース、ピンクペッパー、糖衣かけのローストアーモンドをトッピングであしらってあります。

「雪塩」はマイルドで旨味があり、「ローズソルト」はピリッとパンチがあるのが特徴なんですが、このデザートは2種類の異なる風味の塩味の特性を生かして赤ワインや、辛口の白ワインなどに良く合う大人のデザートなんだそうです。

しかし、2人ともお酒はまるっきりダメな人なので、マリアージュなんて関係ねぇ~っ!!なんですけどね・・・

タルトほんのりと温められてサーブされるのでアイスがほんのり溶けています。
サクッとして温かいパイ生地、口に入れるとフロマージュの爽やかな味がフワ~ッと広がり、冷たいアイスと口の中で混じると

「おおっ~、これはウマウマではないですかぁああああ~っきゃー

この塩使いがねぇ、さすがキラって感じグッ
マイルドな塩味とピリッとした塩味と2種類の塩がうまい具合にアクセントになり、絶妙なウマさを醸し出してます。

私的にはスフレよりこっちの方が好みでしたぁ~ポッ

ああ、今回も大・大・大満足ぅ~。

3時間以上待っても、やっぱり食べたい!食べとかなきゃっ!!って感じなので次回もお江戸に行く時は行ってしまう予感でございます。

そして、余談ではありますが・・・食後にミッドタウン内をブラブラ散策していると、「DEAN&DELUCA」で、たまたまデリの無料試食会が開催されていて、並べば食べれるということなので、並んでそれに飛び入り参加しました。

ローストビーフとか、パスタとか15種類くらいのデリを大盤振る舞い的に試食させてくれて何だか飛んで火に入る超ラッキーjumee☆peace1って感じでした。

3時間待ちじゃなかったらこの試食会に巡り合えなかったので、3時間待ちにちょっとだけ感謝ウインク-2

ってな感じで、お江戸初日は、いい感じでしゅりょ~ルン♪

テーマ:おすすめスイーツ♪
ジャンル:グルメ
「bills cafe」にて世界一の朝食メニューを食す♪
2007年11月08日 (木) | 編集 |
画像の復活をお知らせした所、皆様から私以上の喜びのコメントを頂いて、ちょっと、だいぶ、かなりとプレッシャーがかかっているjunjunでっす焦る3
(私ったら、皆様の期待に応えるレポをできるのかしらぁ・・・汗・2

初日、お昼前に伊丹空港を飛び立ち、羽田に着いたのは13時頃。
お昼御飯代わりにまずは「トシ・ヨロイヅカ」のスイーツを食べようと思い、ミッドタウンまで移動フンッ2
そして、店に行くと

「今からですと、17時半頃のご案内になりますが・・・」

と言われ、ガーンマジですかBOMB

1時間待ちくらいは予想はしてたけど、そっかぁ、3時間超えかぁ・・・。
でも、引き下がる訳にはいかないので、とりあえず名前だけ控えてもらい、そそくさと「代官山」へと移動しました。

そして、たどり着いたのはこちらっ↓
20071106210731.jpg


「Sign daikanyama(サイン ダイカンヤマ)~あああっ」

実はこのカフェで10/2日~31日の間、期間限定で「bills cafe」がオープンしてたんです。

で、「bills cafe」って何?と思う方の為に説明をしときますと、
その店がオープンしてからシドニーの朝食文化が変わったというほど多大な影響力を持つ「bills」というレストランがオーストラリアのシドニーにあるんです。
そのお店はトム・クルーズやキャメロン・ディアス、レオナルド・ディカプリオなどハリウッドセレブも通う人気店なんだとか。

その店のオーナー&シェフがビル・グレンジャー氏であり、彼の作るスクランブルエッグは、「世界一の朝食」と称されているそうなんです。

まず、「世界一の朝食」っていう肩書きを名乗る朝食が「神戸北野ホテル」の朝食以外にもあることにビックリえぇ

そのビル・グレンジャー氏のお店が来年の3月に湘南の七里ガ浜にオープンを予定しており、その前イベントとして代官山の人気カフェ「Sign」とビル・グレンジャーがコラボして今回の「bills cafe」が期間限定でオープンする運びとなったそうです。

その情報をたまたまGETした私は、「世界一の朝食」というフレーズにハートは-とをワシ掴みにされてしまったので今回の旅の予定にここへの訪問を組み込んでしまいました。
(だって、卵が好きなんだもんっ!!)

今回、大塚製薬の「野菜の戦士」ともコラボ企画だったらしくまずサービスで野菜の戦士(食べるタイプの赤やさい)が出てきます↓
20071106210749.jpg


これ、野菜と植物性乳酸菌から作ったヨーグルトなんだそうですが、濃厚なトマト味の中に酸味と甘味があってフルーツトマト味ヨーグルトって感じです。

そして
<有機栽培のフリーレンジ卵を使ったスクランブルエッグ グラブラックスサーモン、トースト ¥1200>20071106205802.jpg



<スクランブルエッグ>
20071106205916.jpg


フリーレンジとは「放し飼いで育てる」という意味で、その放し飼いで育てた鶏の卵を使って、たっぷりの生クリームと塩とバターのみというシンプルな材料だけでかき混ぜすぎないように素材の味を生かしながらこのスクランブルエッグは弱火でゆっくり焼き上げられています。

見てくださぁ~い、このトロ~リ感。
口に入れると、とってもフワッフワッなんですよ~。
トロ~リなめらかフワッフワッで食感は最高なんですがぁ・・・、私的にはちょっと塩気が足りなぁ~い

塩胡椒プリーズ!!って思ってしまいましたぁ。

<グラブラックスサーモン>
20071106205854.jpg


グラブラックスサーモンとはもともとはスカンジナビア料理で新鮮なサーモンに塩、砂糖、胡椒、フェンネル、ディルをまぶし容器に入れ、重しをのせ、水気を切りながら3日ほど漬け込んだものです。

最初、食べた時

「うわっ、何?このスモークサーモンうまっlove!!」

って思ってしまったくらい、スモークサーモンに似た味わいなんです。

スモークされていないのに、まるでスモークされたかのような香りと風味に驚かされました。
こちらはいい感じで塩気がきいていて、しっとりジューシィでおいしかったぁ~。

で、パンに全部のせて食べてみたぁ~↓
20071106205944.jpg


「うっ、うまぁああああ~いっ興奮うさ

スクランブルエッグは薄味なんだけど、サーモンに塩気があるから一緒に食べるとエエ感じぃウインク-2
で、このシンプルな見た目のトーストが予想外に香ばしくてうまかったのさ!!

いやぁ、さすが世界一!!美味しゅうございましたぁ~

<リコッタパンケーキ バナナとハニーコームバター ¥1200>
20071106210026.jpg


こちらはシドニー中のカフェがまねをしたというビル考案の「ハニコームバター(パリパリとしたはちみつ入りのバター)」をのせたリコッタチーズ入りのパンケーキです。
このメニューはレオナルド・ディカプリオも大ファンなんだとか。

20071106210114.jpg


リコッタチーズ、ベーキングパウダー、泡立てたメレンゲでふわふわとした食感を出して焼き上げたパンケーキに私の大好きなバナナが添えられています。

20071106211212.jpg


「これも驚愕のうまさでしたぁ~トロ

フワッフワッでほんのり甘いパンケーキの中にはリコッタチーズがたっぷり入ってて爽やかな酸味を演出しています。
そして、パンケーキの上でとろけているハニコームバターは甘いながらもとっても香ばしくてパンケーキとめっちゃ合うんですよ!!

で、添えてあるバナナは私の大好きなまだ若くて歯応えのしっかりした青くささのあるバナナで酸味と甘味のバランスが絶妙で、

「ブラボ~~~~ッグッ

私もディカプリオと同じく見事にこのパンケーキの虜ハートになってしまいました。

どちらも¥1200と、少しお高めの値段設定ではありましたが、貴重な期間限定の味を楽しむことができてとってもラッキーピースでした。

さて、その後お腹を空かせる為に、代官山から渋谷まで軽くウォーキングをし、待ちに待った「トシ・ヨロイヅカ」へGOっ!!

テーマ:美味なるもの
ジャンル:グルメ
やりましたぁ~♪
2007年11月05日 (月) | 編集 |
マイミクのEちゃんにせっかくデータ復旧ソフトを貸してもらったんですが・・・、説明を読んでもよく解らない部分があって、

「解らないまま、エイヤッーってやってしまってデータが復旧できなかったらどうしよう・・・うーん

と思うと、恐くて実行できなくて・・・。
結局、家電量販店の店員さんが進めてくれたデータ復旧ソフトを「amazon」にて定価よりも少し安くで購入しました。
(Eちゃん、せっかく貸してくれたのに使いこなせなくてゴメンね)

<フォトリカバリー2007(AOSテクノロジーズ)>
20071105222820.jpg


「これ、めっちゃスゴイんですっ!!」

メカオンチの私にも、簡単な操作で見事に画像の復旧に成功しましたぁ~アップロードファイル

復旧データの選択範囲をどう指定すればいいかがよく解らなくて、詳細スキャンってので、全部スキャンをかけたら過去に自らの意思で削除した画像まできれいに復元してくれちゃいましたけどね・・・汗・2

そして、見事に甦った画像達~アップロードファイル↓↓↓

20071105222855.jpg


20071105222926.jpg


20071105223017.jpg


20071105223058.jpg


20071105223207.jpg


20071105223234.jpg


これで皆様にお江戸での感動をお伝えすることができまするぅ~キャハハ-2

ボチボチアップして行くのでお楽しみにぃ~絵文字名を入力してください


ブションでがっつりディナー
2007年11月04日 (日) | 編集 |
お江戸のネタのデータ復旧作業がまだできてないんですが・・・、お江戸から帰ってきてからちょこちょこと外食に出かけてるのでとりあえず、関西ネタをレポします。

最近、頻繁に活動している「女だらけのガッツリの会」が、京都へ初進出~ピース

その記念すべき第1弾として選ばれたのは京都市役所の裏手にあるこのお店↓

20071104164556.jpg


ブション~~~~っ

私、一応、京都人なので・・・お店の存在は知ってはいましたが、ブションといえば、メイン料理の1つであるステーキのボリュームとそのステーキに添えられてくるてんこ盛りポテトのイメージしかなくて・・・汗・2

で、その「ステーキとポテト」ってのが、私の中ではフレンチというよりアメリカンなイメージがしてたのと、私、メインのお肉といえば牛より鶏or豚派の人なので・・・という訳で今まで行く機会がなかったんです。

で、今回、オフ会のご案内の時に「ブジョン」があの京都の老舗フレンチ「ベルクール」の姉妹店であることと、ステーキ以外にもいろんなメニューがあるということを知って、初来店とあいなりましたフンッ2

お店はカジュアルな雰囲気でビストロ風ちっくです。

今回は、プリフィクスで前菜+主菜+デザートorチーズが選べる¥2500のコースを頼みました。

まずは、付きだしの<オリーブ>
20071104164634.jpg


<パン>
20071104164740.jpg


大人の男の人の手のひら大の大きさにカットさられたビックサイズのフランスパンフランスパン「ドンク」のパンだそうです。

<タプナード>
20071104164705.jpg


この店ではバターではなく、このタプナードをパンに塗って頂きます。
オリーブ、アンチョビ、ガーリックの味が絶妙でウマウマheart0
あまりの美味しさに思わずパンを食べ過ぎてしまいます・・・orz

前菜もメインもデザートもそれぞれにこんな感じで10種前後の選択肢があったので、どれにするかひっじょーに悩みましたソ猝ヨ

パテ好きなんで、田舎風パテと最後の最後まで悩んだあげく・・・、私がチョイスしたのは

<オマール海老のテリーヌ>
20071104164819.jpg


マスタードが添えられてます。
見た目はとってもきれ~キラキラ

20071104164857.jpg


オマールは結構、大ぶりにカットされたものがゴロゴロ入ってます。
ピスタチオもいっぱい入ってて、この食感がアクセントになっててナッツ好きには嬉しい感じ。
で、具材はいい感じなんだけどテリーヌ自体がちょっとハンペンちっくな食感と味だったので

「ああ、パテにしとくべきだったかもぉ・・・涙

と、少し後悔です。

そして、メインは<カスレ>をチョィス
20071104164924.jpg


カスレとはフランス南西部の豆料理で、豚肉ソーセージ、羊肉、ガチョウ肉を白インゲン豆と共にカソールと呼ばれる専用の深い土鍋に入れ長時間煮込んで作るもので、簡単に言うと「具沢山の豆のシチュー」って感じかな?

このカスレ、地方により様々なバリエーションがあるそうで、山ウズラのブレゼやガチョウのコンフィが加わるのものもあるそうですが、日本のフランス料理店では「ソーセージに鴨のコンフィという組合せ」が一般的みたいです。

20071104165016.jpg


私、ビーフシチュー、タンシチュー、ホホ肉の煮込みとか結構、煮込み系が好きは-となんですけど、今までカスレにお目にかかる機会がなくて食べたことなかったんで一度、食べてみたかったんですよねぇ~。
だから、これは、メニューで見つけた途端に即決でした!!

カスレのベースもお店によって、トマトベースとホワイトベースがあるみたいですが、ブションのはホワイトベースで、具材は「粗引きソーセージ、豚肉、骨付き鴨肉」が入ってて、めっちゃボリューミィアップロードファイル
食べても食べても一向に減らなくて・・・、完食できずに残してしまいましたぁ。

特別に「何かがスゴイッ!!」って感じはないんですけどね、ドロッとした食感のシチューは、
豆のほくほく感と甘味が存分に出てて優しく温かみのある家庭料理って感じ
でおいしかったぁ~っ笑う

これから寒くなる時期にハフハフッ言いながら食べたい感じですぅ~っegao

私、この「カスレ」という料理がなかなか気に入ったので、この冬はいろんなカスレを食べてみたい気がしてますちなニヤリ

そして、この日、参加メンバーの注目をかっさらった料理はKちゃんチョイスのメインのこちらっ↓
<牛の胃(ハチの巣)のパン粉焼き>
20071104165045.jpg


運ばれてきた瞬間、余りの巨大さに一瞬、一同、釘付けになり・・・、そして、次の瞬間

「写真kissDN、撮らせてぇええええ~っ」

たたでさえお皿からはみ出しそうなくらいに面積があるんだけど、焼かれたせいで空気が入ったのか?中に何か入ってるのか?プクッ~って感じでふくれてて体積もあるんです。

Kちゃん、必死でナイフで切ってましたが、なかなか切れずにかなり悪戦苦闘してました。(中に何かが入ってるわけではなかったようです)

ご好意により、ひと口頂きましたが、ものすごい噛み応え&弾力で、シガシガ噛み続けていましたが、いつまで経っても口の中からなくなってはくれませんでしたぁ・・・うーん
これを完食する人はいるのだろうか?そして、この料理が好きな人はいるのだろうか・・・?と、思ってしまうほどこれはかなり不思議な料理でした。

そして、デザートは<季節のタルト>をチョイス。
20071104165107.jpg


今の時期はリンゴりんご2のタルトでした。

アップルパイとかが好きなんで、こちらもわりと迷わずに即決。
大きくカットされた角切りリンゴがザクザクのってて、これもおいしかったぁ。

食後の飲み物はコースには含まれてないので、別オーダーです。
コーヒーがなかったので、カフェラテをオーダー(確か¥500超え?くらいだったような・・・)
20071104165133.jpg


コーヒーカップに半分くらいエスプレッソが入ってきて、そこに別添えで出される温められたミルクを注いで飲みます。

エスプレッソダブルを頼んだメンバーもそうだったんですが、基本的にエスプレッソがめっちゃ濃いんです。
私を含むカフェラテ組にはミルクがあったからよかったけど、エスプレッソダブル組はその濃いエスプレッソがなみなみと注がれてくるので逃げ道なしっ!!て感じで、私達の余ったミルクをまわしたあげくにお代わりしたくらいなので相当な濃さです。
(だって、ミルク入れても色が濃い茶色のままだったですもん)

この濃さは豆の分量でも間違えたのか?と思ったけど、よくよく調べると他のブログとかのコメントにもあったので基本この店のエスプレッソはビックリするほど濃いみたいですので、コーヒーがないからってその代わりに安易な気持ちでエスプレッソを頼むとエライ目に合いますのでご注意を!!
(紅茶をセレクトした方が無難ですね)

う~ん・・・、チョイスする料理にもよると思いますが・・・、参加したメンバーの感想とかも参考にすると全体的に大味な印象です。

私、フランスにも行ったことがないので、本場のビストロがこんな感じかどうかもよく解ってないんですが、どっちかというと同じ系列店ならベルクールの「正統派フレンチ」って感じの方が私は好みです。
(遠い過去に2回ほど連れていって頂きました)
手頃にガッツリ食べたい人にはおすすめですが、一般女性には完食するにはちょっとキツイかも?って感じかな。

カスレは、よかったんですけどねぇ・・・。

ああ、データ復旧できるか解らないんだけど、東京でいった四ツ谷のフレンチがこんな感じの値段設定でプリフィクススタイルだったんですけど、満足感が断然良かったなぁアップロードファイル
ああ、あの店にまた行きたい・・・。

<お店の紹介>
「ブション(Le Bouchon)」

住所: 京都市中京区寺町通二条榎木町71-1 グランデヴェラ 1F
TEL:075-211-5220
営業時間:11:30~23:00
定休日 木曜日(祝日の場合は営業)
テーマ:フレンチ
ジャンル:グルメ
素敵な食べものを発見~フォアグラ入り西洋肉まん~
2007年11月02日 (金) | 編集 |
毎月のことですが、月末月初は仕事が忙しく帰ってくるのが遅いので記事のアップが全然できぬぁあああい~・・・・大泣き

簡単レポで申し訳ありませんが、小ネタをアップしときますね~。

東京からの帰り、羽田空港に向かう前に東京大丸の地下を散策~絵文字名を入力してください
そして、「ホテル西洋銀座」のデリコーナーの前で私を釘付けにしたのはこちらっ↓
<大丸東京限定オリジナル西洋肉まん¥294>
20071102221415.jpg


説明書きにブリオッシュの中にフォアグラとトリュフが入った西洋肉まんと書いてあって、フォアグラ好きとしては見過ごすことができずにお買いあげ~。

切ってみると、中身は肉まんの具みたいなひき肉が入ってます。
黒いのがトリュフなんですが、トリュフの香りや風味は今イチよく解らず・・・汗・2

20071102221442.jpg


トースターで温めて、口に入れるとまずブリオッシュ生地のバターの旨味がジュワッときて、その後、ひき肉のジューシーな旨味がやってきますheart0

見た目は洋風でパンみたいな感じなんですが、食べるとなるほど肉まんちっくな味がします(ピロシキと似てる感じかなぁ?)

20071102221500.jpg


そして食べ進んで行くと、中からお待ちかねの大好きなフォアグラちゃんがが

「こんにちは~きた

と登場します。

きゃあ~思った以上にデカイフォアグラが入ってて、うれしぃ~っアップロードファイル

さすがにフレンチのお店とかで食べるフレッシュなフォアオグラには及びませんが・・・、

200円台で買えるホテルのデリでこの味なら上出来ぢゃんっ!!

って感じグッ

ああ、近くのデパ地下で売ってたら、お手軽なフォアグラ摂取として週1回は食べるのにぃ。
関西のホテルでも似た感じのものを作って、デパ地下で売ってくれないかしらぁ~?

テーマ:美味しかった♪
ジャンル:グルメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。